当サイトは看護師の求人・転職に関する情報サイトです。看護師として働き、1年半で3回も病院を変えた経験から「看護師が行うべき求人の探し方」「転職サイトの科用法」などを伝えていきます。

自らのキャリアを考えることは看護師として必須です。いまの職場を見つめなおすきっかけとして当サイトを利用してください。

看護師の求人・転職の人気ランキング

当サイトが掲載している看護師転職サイトの人気ランキングです。転職エージェントごとの特徴を踏まえ、1~3位までを掲載しています。

看護roo!

求人数と取り扱う仕事の多さに一番優れた転職サイト

看護師の転職では、病院やクリニックなどが一般的です。ただ、看護roo! では訪問看護や介護施設、一般企業、美容クリニックの求人まで数多く取り揃えてあります。

あらゆる転職サイトの中でも、最も求人の数と仕事の種類が豊富です。美容系の求人も存在するため、病院で働く以外にも看護師では多くのキャリアを実現できます。

応募対象 看護師・准看護師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、中部(愛知・三重・岐阜・静岡)、関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

 

看護のお仕事

地方求人に強く、全国対応の「看護のお仕事」

地方での就職(転職)を希望している人であれば、「特定の地域だけを対象にしている転職サイト」を利用することはできません。また、転職サイトによっては非常勤(パート)に対応していないことがあります。

そうした中、全国対応で地方求人に強みをもつ転職エージェントとして「看護のお仕事」があります。地域ごとに専任のコンサルタントが付くため、地域密着型の転職支援が可能です。看護のお仕事では非常勤(パート)でも対応してくれる点も優れています。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤、非常勤・パート(派遣を希望する場合は不可)

 

マイナビ看護師

看護師との面談に力を入れるマイナビ看護師

転職エージェントの中でも、マイナビが力を入れているのは面談です。転職サイトを利用するとき、電話やメールだけで終わることは多いです。ただ、それでは細かいニュアンスなどが伝わらず、求めている条件と異なる職場で働くようになってしまうことがあります。

これを避けるため、電話やメールだけでなく、全国にあるマイナビの相談会場へ出向いて面談を受け、話の中でどのような求人が最適なのか把握してもらうことができます。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤、非常勤・パート(派遣を希望する場合は不可)

看護師としての働き方

キャリアの幅を広げる

転職を検討している看護師の方に向けて

転職をするには大変な勇気が必要です。「この病院やクリニックで間違いない」と思って入職した転職先であっても、あなたが思い描いていた職場と違うことはよくあります。

「労働条件が悪い」「人間関係に亀裂が入った」「引っ越しをすることになった」など転職理由はそれぞれ人によって違うと思いますが、あなたの人生をより有意義にするために、転職を決意したのだと思います。

しかし、転職に失敗してしまっては意味がありません。

それでは、どのようにすれば良い求人先を見つけ、思い通りの職場へ就職することができるのでしょうか。

転職は一生に何度もするものではありません。そこで、どのようにすれば看護師での転職失敗を避けることができるのかについて、当サイトでは私の経験を踏まえて情報発信しています。

私(管理人)の転職理由

実は私自身も看護師であり、何度も転職した経験があります。

私は30代前半まで一般企業で社会人をしていました。33歳で看護系の大学に入学し、30代後半で看護師になったため、新卒で入職したときは「この病院で定年まで勤めあげるのだろう」と人生設計を行ない、転職など全く考えていませんでした。

しかし、配属先は思い描いていた職場とは程遠く、「おむつ交換」「入浴介助」「食事介助」の繰り返しばかりの慢性期病棟でした。その病棟では、看護師としてキャリアアップできないと分かり、わずか10ケ月で退職しました。

そして次に転職した眼科クリニックでは人間関係の悪さから、わずか6ケ月で退職しました。30代後半、新卒にもかかわらず、わずか1年半で2回も退職を経験したのです。

私の転職歴をみた人は、「なんて根性がないのだろう」「理想と現実はギャップがあるのは当たり前で、いい年齢なのにそれが分からないの?」「看護経験がまだない新人の段階でキャリアアップを考えるなんて」と思うことでしょう。

たしかに、私には根性が無かったのかもしれません。

しかしこの1年半の間、2回も転職を繰り返したことを、私は私の人生の中で最大限苦しみました。決して「看護業界なんて人材不足だし、自分に合わなかったら転職しよう」などと軽はずみな気持ちで退職をしたわけではありません。もちろん転職したら「何があっても定年まで頑張って働く」と強く決意して、いずれの病院も入職したつもりでした。

それでも私には合わなかったのです。私は「我慢しながら仕事を続ける」という先のみえない仕事ができなかったのです。

しかも、私はそんなに強い人間ではありません。

「もうここの病院で働くことは無理だ」と思うたびに、自分のことを「社会人としてダメな人間なのではないのか」と自責の念に駆られることが何度もありました。「私は看護師に向いていないのではないか」「キャリアアップできなくても妥協して仕事を続けるしかないのか」といったネガティブな想いがずっと頭の中を交錯し、ずっと自分自身を苦しめ続けていました。

このときは本当に苦しかったです。

いま、あのときの私と同じ気持ちで転職を考えている場合、「私は弱くてダメな人間である」と自分自身を責めていないでしょうか。また、周囲から「仕事をするのに困難はつきものだし、どこの病院に行っても同じ」といわれていないでしょうか。

しかし、そのようなことは気にしないでください。あなたは根性がないわけでも、弱いわけでもありません。いま勤めている病院やクリニックがあなたに合わなかっただけです。いまの苦しみから逃れる方法は「満足いく転職を行なう」ことです。

実際、私は3度目の職場で「人生を変える」ことができました。現在、看護師を辞めずに勤務できています。

それどころか、1回目の病院で実現できなかった「キャリアアップ」、2回目の転職で嫌気がさしていた「看護師間の人間関係」を、いまの職場で両方手に入れることができました。

仕事終わりに仕事仲間で自主的に「認定看護師を目指した勉強会」を開き、看護力を磨くために切磋琢磨しています。笑い合い、励まし合い、ときには自分の看護を見直す気づきを与えてもらえる場として、勉強会を開くことが皆の息抜きにもなっています。

そのため私は、「勇気を出して転職してよかった。このような充実した看護師人生を送ることができるようになった」と転職を通じて思えるようになりました。

たった一度の人生です。ずっと苦しい想いをして、泣きながら自分を押し殺して働き続ける必要はありません。きっと、あなたに合った転職先が見つかります。

あなたが笑って、あなたらしく行動することで、あなたに看てもらった患者さんが笑顔になれたら、看護師冥利に尽きると思わないでしょうか。

前述の通り、私は眼科クリニックを退職していまの職場に移りました。このとき、眼科クリニックのときの患者さんが「私がいま勤めている内科クリニック」を訪ねてわざわざ会いに来てくれたことがありました。そうして、「あのとき看護してくれてありがとうございました。あなたがそばにいてくれたから手術を受ける気になれました」と言ってくれました。

その言葉を聞いて、忙しいことを理由に業務ばかりを優先せず、患者さんの立場に立って看護をしてきた私の行動は間違っていなかったと確信することができました。

そしてあなた自身にも、私のような転職の成功体験をしていただきたいです。あなたは、わざわざ遠回りをして私のように苦しい失敗を経験する必要はありません。私は、あなたが行う転職を「これで最後にしてもらいたい」と思います。

そこで私がしてしまった転職の失敗理由、成功理由をあなたにすべてお伝えしていきたいと思います。これらを知ることで、あなたが転職で失敗する可能性はかなり低くなります。このサイトを利用して、あなたらしく、焦らず、正しい転職先を選択できる道しるべに活用して頂ければと考えています。

〈関連記事〉
転職サイト(転職エージェント)を活用した看護師転職の体験談

転職はどのような看護師がするのか

そもそも、なぜ転職を決意する看護師がいるのでしょうか。看護職というハードな仕事を日々行ないながら、履歴書を書いたり、面接を受けたり、転職には次々と困難なハードルが待ち構えています。

それでも現状に満足いかず、転職を決意して「現状を打破したい」と考える看護師が多く存在するのです。

看護業界はまだまだ人材不足ということもあり、他職種と比べて転職しやすいといえます。こうした他の看護師が考える転職理由としては、多くは以下のような理由が挙げられます。

給与アップさせたい

看護師が転職を考える大きな理由の一つに「給与アップ」が挙げられます。

看護師の給与は、同じ年代の女性の労働賃金に比べて高額といわれています。ただ、それは夜勤などをした分が基本給にプラスされているからです。

専門職でハードな勤務体系であるものの、もともとの基本給は低いです。長く勤めたとしても、一般企業のように賃金が上がっていかないこともしばしばあります。しかも夜勤のない師長クラスになると、夜勤をする新卒の看護師よりも手取りが低くなることもあります。

「いままでキャリアを積んできたことはなんだったのだろうか」「ここの病院で長く勤めても、これだけしか賃金が上がらないのであれば何の希望もない」と幅広い年代の看護師が給与アップを理由に転職を考えています。

一方で、一般の病院より年収を高めに設定して、働くスタッフのモチベーションを高めようとする病院やクリニックが存在するのも事実です。

給与が高い求人票だけにつられてはいけませんが、給与水準が高いに越したことはありません。給与が高いことは、あなたの仕事の意欲を高めてくれる大切な要因の一つとなります。

また毎月の給料の額だけでなく、夜勤手当、残業手当、福利厚生、ボーナスなども含め、あなたの満足いく年収や待遇を実現できるのかを総合的に判断する必要があります。これらをよく吟味し、求人を検討するとよいでしょう。

キャリアアップ・スキルアップをしたい

看護師は専門職ですので、キャリアアップやスキルアップの道は果てしなく広がっています。しかし、その一方でキャリアアップやスキルアップの道が閉ざされている病院やクリニックが存在するもの確かです。

日々の看護業務さえ問題なく終わらせてくれれば、キャリアアップやスキルアップは特に必要としてない病院やクリニックがあり、これではやる気のある看護師にとっては辛くなってきます。

例えば、私の慢性期病棟時代(最初の職場)の友人は、もともと急性期病棟での勤務を希望していました。師長に異動の希望を出したのですが「あと3年は慢性期病棟で働いてもらわないと困る」といわれ、転職を決意しました。

それからその友人は3次救急の病院(集中治療室に入るような重症患者を扱う救急医療)で働き、多くの講習を受け、救命救急で必要な資格を多々取得しました。いまでは立派な救命救急の看護師に成長しています。

その友人とランチをして近況報告をしたとき、「次はフライトナースになるため、日々切磋琢磨している」と、目を輝かせながら教えてくれました。「あのまま、あの病棟で勤務していなくてよかった」といっていました。

もちろん、慢性期病棟が合っている人もいて、慢性期病棟でキャリアアップ・スキルアップしていくことも可能です。

要は、あなたが「将来どのような看護師になりたいのか。そのためには、いま何ができるのか。また、転職した病院であなたが行いたいことは実現可能なのかどうか」ということを確認するようにしましょう。

そのためには、「転職先の職場では、あなたのキャリアやスキルを向上させる環境が整えられているか」「あなたの将来像である先輩(目指すべき看護師)が在籍しているか」を確認することが大切です。

〈関連記事〉
内科の看護師が専門性向上のために取得したいキャリアアップ資格
訪問看護師のレベルアップにつながる資格取得の方法

人間関係が悪い

また、看護師が「職場を変わりたい」と考えるので一番多い潜在的な理由で多いのはやはり「人間関係」です。

とくに看護職は女性の多い職場であるため、女性特有のいじめが存在します。私も看護師になってからはじめて、女性特有のいじめを受けた被害者の一人です。

私が勤めた眼科クリニック(2番目の職場)では、いじめが当たり前のように横行していて、2ヶ月続いた新人がいないことで有名でした。そのクリニックでは主に師長が主犯格で、院長がそれを黙認しているような状況でした。

これが大きい病院の場合であると、たとえ病棟にあなたの苦手な看護師が1人は存在しても、看護師の人数が多く、シフトも変わるため、毎日同じメンバーではないため逃げ場があります。

しかしクリニックなど少数精鋭の職場であると、シフト変更などがないため、苦手な人が1人でもいると毎日就業時間に顔をあわせて働かなければなりません。

少数精鋭のクリニックのような職場を狙う場合は、人間関係の良い求人を探す必要があります。

私のような人間関係が劣悪な職場に転職しないためにも、職場見学を行い、スタッフ間のコミュニケーションの取り方を確認したり、現場の看護師に内部情報を教えてもらったりするようにしましょう。もちろん、転職サイトのコンサルタントに頼む方法も有効です。

また、あなたが現役看護師で他の病院へ転職することを考えている場合、いまの職場に出入りしているMR(製薬会社の営業マン)をつかまえ、転職を検討している病院の内部がどのようになっているのかをヒアリングしてもいいです。

求人を探す際に、特に人間関係を重視したい人は、1人の意見だけで判断するのではなく、出来る限り複数の人から内部情報を集めて情報が偏らないよう心がけてください。

〈関連記事〉
看護師の人間関係のコツとは?女性の職場で攻撃を受けない方法
ストレスでうつ病になった看護師が転職に成功するポイント
人間関係の悩みをなくす、新人看護師が行うべき3つの対処

労働条件が悪く、割に合わない

看護業界は、専門職ということもあり閉鎖された環境であるため、労働条件が悪く、割に合わない職場がたくさん存在します。

例えば、院長が儲け主義に走っている病院などは、サービス残業は当たり前です。また、用途不明の積立金などが給与から天引きされているなど、割に合わないことが入職してから判明することがあります。

私が2番目に勤めていた眼科クリニックでは、朝1時間くらい早く来て院内や駐車場の掃除を行い、規定時間になったらタイムカードを押すのが慣習となっていました。またその眼科クリニックでは近隣のクリニックより給与が高めに設定されていましたが、毎日4時間前後のサービス残業があったため時間給に直せば、満足いくものではありませんでした。

こうした職場は当然ですが、長く働くことは難しくなってきます。

また、いままで快適な職場環境で満足いく働き方をしていたにも関わらず、ある日突然労働環境が悪化することがあります。

例えば、院長婦人からの命令により、病院長の方針が変更となるようなときです。

整形外科クリニックに勤める看護師の友人の例を挙げます。院長は穏やかな性格の医師で、懇切丁寧に診察をすることで有名で、スタッフからの人望も厚い人でした。

しかしある朝、いつもと同じように友人が出勤すると、都心部で別居生活をしていた院長夫人が戻ってきていました。そして院長婦人にスタッフ全員が呼び出され、「ここのクリニックは他のどのクリニックよりもたるんでいる」と怒鳴られ、クリニックの方針変更を伝えられたそうです。

それからというもの、クリニックの前の道路にごみが落ちていたら院長婦人から呼び出されて怒られたり、土日に院長婦人の趣味である「お茶」や「生け花」に参加させられたりしたそうです。また、就業時間終了後に毎日1時間ほど院長婦人の手話教室が始まるようになりました。「あの日からスタッフの笑顔が消えてしまった」と嘆いていた友人がいました。

ここまではいかなくても、ある日突然、環境が変わり、割に合わない労働環境を強いられる恐れもあるのが看護職です。このような労働環境を強いられ続けると、我慢の限界を超え、転職を考えはじめる看護師がいるのです。

ライフステージの変化

看護師の大多数は女性です。女性の場合、結婚、妊娠、出産、育児といったライフステージが変化するときがあります。

このような場合、夜勤や残業、勉強会、研究会などで深夜まで残ることが多いと、いまの職場では働き続けられなくなることがあります。

このような場合は、妊娠や出産、育児に理解がある病院やクリニックも多く存在するので、そちらへの転職をおススメします。そうした職場であれば、仕事も育児も両立できるため、働くママさん看護師には「働きやすい職場」であるといえます。

また「子どもが小さいうちは一緒にいてあげたい」「子どもが寝付くときは一緒にいる必要がある」と考えるママさん看護師の中には、正職員ではなく、パートや派遣として勤務する方法もあります。

転職する際には、「育児に理解のある職場であるかどうか」「職場で働く他のママさん先輩看護師はどのように育休や時短勤務をしているのか」を実際に確かめてみるとよいです。そうすることで、あなたが転職した際のイメージが湧きやすくなり、理想と現実のギャップが少なくなります。

〈関連記事〉
子育て中のママさん看護師が転職を成功させる秘訣とは

引っ越し・転勤など

看護師が転職を考えるさまざまな理由を述べてきましたが、当然ながら引っ越しや夫の転勤などの理由で転職をする看護師もいます。せっかく満足した環境で働いていたのに、また最初から転職活動をしなければならない看護師もいるでしょう。

このような理由に当てはまる方は、面接時に変に転職理由を取り繕わず、面接官には「以前の職場で働き続けたかったけれど、夫の転勤で転職することになった」と自分の置かれた状況を正直に述べましょう。

また「もしかすると、すぐにまた引っ越すかもしれないから適当に転職先を探そう」といった安易な理由で求人先を選ばないようにしましょう。いついかなるときでも、快適な職場で信頼のおける仲間と仕事をするほうが、人生は充実したものになります。

各年代ごとの看護師転職の注意点

なお、看護師の転職において、年代ごとに転職での注意点が異なります。各年代に応じて、転職時に何を注意したらよいのかをお話していきます。

20代での転職

新卒でどこかに就職した後で、すぐに退職して転職を希望する20代は多いです。私の場合は20代ではありませんでしたが、看護師として新卒で働き始めてすぐに転職したため、これに該当します。

「3年は我慢して働かないといけない」という人はいますが、自分を殺してまで働く必要はありません。無理をして働いた結果、あなたが精神的に病んでしまっては意味がないからです。

20代の転職の場合、早いうちに2~3回目の転職を既に経験した人であっても、希望する職場に受け入れられる可能性が高いのが特徴です。「20代では看護経験が少なく、転職に不利なのでは」と思う人もいるでしょう。しかし採用側は、20代の応募者の場合、経験をみるのではなく、その後の伸びしろをみています。

看護師経験が少なくても、その人にやる気さえあれば、採用される可能性が高いといえます。「転職回数が多いけど、この人なら育てがいがある」と思われるような人柄であれば、不合格の心配はあまりありません。

ただ面接時に「すぐにまた辞めてしまうのではないか」と採用側に思われてしまうと、内定から遠のいてしまう恐れがあります。こうした事態を避けるため、面接の対策をしっかりとるように心がけましょう。

また美容外科クリニックなどの独特な業界にも、20代の若い看護師は引く手あまたです。美容外科クリニックは好待遇、高給与、夜勤・残業なしというところも多く、プライベートな時間を大切にしたい人にはおススメの求人です。

若さを武器に何事にもチャレンジできるのが、20代の転職といって良いでしょう。

〈関連記事〉
美容クリニックに転職希望の看護師が知るべき面接合格の回答例

30代での転職

30代の看護師となると、一般的には中堅看護師となります。30代になると、結婚、妊娠、出産、育児といったライフプランが加わります。仕事と育児の両立が難しくなってくるヤマ場ともいえるでしょう。早めの保活(保育園に入るために保護者が行う活動)もしなければなりません。

いままではバリバリ働いていた看護師でも、30代は妊娠・出産・育児を行い始めると、ある程度仕事をセーブして「子どもとの時間を大切にしたい」と考え始める時期でもあります。

そのような方が転職を決意するといったことが多いです。看護師であれば、様々な雇用形態で働き続けることができます。

このときは正職員として頑張る方がいれば、正職員であって時短・夜勤なしを条件に出す人もいます。非常勤(パートやアルバイト)や派遣として働くことで自分の時間を作る人もいるでしょう。

各家庭の事情に合わせ、働く時間とプライベートな時間を上手に使い分け、仕事と育児を両立させていく方法を知っておくと良いでしょう。

〈関連記事〉
派遣看護師に転職するメリット・デメリットと注意点を知ろう

40代での転職

「40代の転職は不安だ」と思う方がいらっしゃいますが、40代で転職される看護師はたくさんいます。一般企業に勤める人が40代で転職するとなると、非常に難しいです。しかし看護職は違います。

クリニックや老健(介護老人保健施設)などの施設などは、その分野の経験(特別な専門性)がないとしても転職することができます。

こうした職場であれば、看護師として問題なく求人へ応募できます。

ただし、大学病院や美容外科クリニックなどでは、それなりの知識やスキルを磨き、専門の資格を有する人でないと転職は厳しいといえます。自分のいままでの培った専門知識やスキルをさらに向上させたいとする方は、40代でハイキャリアでの転職を行えます。昇格も給与アップも狙えるといっていいでしょう。

また育児がひと段落して、パートや派遣として看護師に復帰する人も多いのが40代です。

50代での転職

50代の看護師の転職は、最後の転職となるでしょう。転職理由は人によって、給与アップや体調の変化によるもの、定年年齢の延長などさまざまです。

クリニックや施設によっては、定年年齢が65歳や70歳というところがあります。定年後も働ける職場に早めに転職しておけば、老後の不安材料が減ることにつながります。

そして50代の転職の場合、ある程度、看護師経験があったとしても、新しい職場では謙虚な態度で臨むことが大切です。

50代となると、新しい仕事をなかなか覚えづらく、いままでの経験から培ってきた看護ケアのクセが抜けきれない人もいます。そのため、周囲のスタッフから少し敬遠されやすくなってしまうかもしれません。

いくら年下の先輩であったとしても「教えてもらう」という気持ちで仕事に当たりましょう。

入職したては大変かもしれませんが、徐々に仕事に慣れてくれば、それまでの経験があるため活躍できるようになります。同年代の管理職の看護師とも話しが合うことも多く、上手な人間関係を構築することも可能です。

〈関連記事〉
40代・50代の看護師転職の成功者が増えている5つの理由

成功する転職の秘訣とは

それでは、成功する転職の秘訣とはどのようなものなのでしょうか。

求人先の情報を多く集めた人が成功する

成功する転職の秘訣とは「求人先の情報をいかに多く集めるか」ということです。

あまり情報を集めていないうちから、求人票に載っている雇用条件や給与だけをみて、「これなら給与もいいし、働きやすそう」として安易に決めてしまうと転職で失敗しやすくなります。

「採用=転職に成功した」のではなく、「転職で満足いく働き方ができた=転職に成功した」と判断できます。採用されたからといって、手放しで喜んでいてはいけません。

あなたは転職の際に、下記のような情報を集めることはできたでしょうか。

・サービス残業の有無

・人間関係はどうなのか

・離職率は高くないか

・仕事内容はどのようなものか

・キャリアアップやスキルアップできる環境なのかどうか

・子育てしながら勤務することは可能か

・育児休暇取得可、と記載があるが本当に取得できているのか

・昇給はあるのか

このように、あなたが求人先に求める条件を「本当に満たしている」といえるといえるのでしょうか。看護師が離職する理由として、上記のような理由があがっているのです。これらのことを知らずに、また入職することに不安は無いでしょうか。

もし、求人先があなたの希望する条件を満たしていなかったり、条件交渉がうまくいかなかったりした場合、その求人先はいくら給与が良かったとしても、あなたは長く勤めることはできないでしょう。これでは「転職に失敗した」といえます。

転職で失敗する原因として、求人票だけで判断することがあります。つまり、求人先の会社について深く調べていないのです。こうしたことを避けるため、転職サイト(転職エージェント)を活用するなど、求人についてリサーチするようにしましょう。

転職は賭けではありません。しかし裏を返せば、賭けではないので、「勝ち方=成功する方法がある」ということです。その方法とは、この項目の冒頭で紹介した「求人先の情報をいかに多く集めることができるか」ということです。

「職場見学をセッティングしてもらう」「先に入職した先輩から、内部情報を教えてもらう」など情報を多く得ることで、あなたの条件に合った求人を選ぶことができ、満足いく働き方を叶えることができるのです。このようになって、はじめて「転職に成功した」といえます。

〈関連記事〉
看護師が転職サイト(転職エージェント)を上手に利用する裏ワザ

看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く