「看護師になりたい」、いつでも女の子の「なりたい職業ランキング」に看護師が入っています。看護師になるには「看護学校を卒業して看護師国家試験に合格すること」が必要です。その看護師国家試験の受験資格を得るには、大ざっぱに分けると3つの選択肢があります。

1.4年制大学の看護学部を卒業する

2.3年制の看護専門学校、看護師養成所などを卒業する

3.准看護師資格を取得後、2年制の看護専門学校や高等専攻科などを卒業する

最近では、短大や専門学校は4年制大学に吸収されたり、看護大学に昇格したりして、2.の3年制の看護学校は徐々に減少しています。一方で看護学部を有する4年制大学は200校を超えるようになりました。

年月が進むとともに、看護大卒のナースが増えてくるのは明白です。看護大卒のナースとそれ以外のナースとの差は、勤務先の病院で、それまでの経歴とは関係なく、待遇や昇進で顕著に現れてくるでしょう。

「正看護師資格をもっていれば就職やその後のキャリアアップに困ることはない」時代から、「より高度な知識をもち専門性を生かす看護大卒の看護師が切望される」時代となりました。

しかし、あなたが「看護大卒になりたい」と一念発起して看護大学の3年次に編入するとすれば、大学編入のための受験勉強や合格後の2年間の学費や生活費が必要となります。

無収入となったうえで、学費や生活費に必要なお金を試算すると学費2年間で300万円+生活費月10万円×24か月で、おおよそ540万円必要となります。本来働いていれば得られていた年収450万×2年間の計900万円の損失もあります。損失と出費費用は合計で1440万円という計算になります。

大卒看護師となって得られる生涯賃金に1440万円以上、上乗せされないと投資したお金や努力が無駄になってしまいます。

しかし大卒看護師となる予算が「30万円以内」で、しかも「働きながら」、「1年という短期間」で、「入学試験も不必要」だとしたらいかがでしょうか。

「それならば挑戦して、大卒看護師になってみたい」と思われた人もいるのではないでしょうか。それでは、このことについて詳しくお話ししていきたいと思います。

学位授与機構で大卒看護師になる

みなさんは「学位授与機構」についてご存じでしょうか。この学位授与機構というのを上手に利用することで大卒看護師になれる可能性が高くなります。

まずは、大学と短大・看護学校の違いについて解説していきます。

大学と短大・看護学校は単位が異なる

4年制大学を短大や専門学校と比較してみると、修業年数と単位数が多いという違いがあります。下記の表を見てください。

修業年数 卒業要件単位
4年制大学 4年 124単位
3年制短大 3年 93単位
2年制短大 2年 62単位

もちろん入学するときの試験内容や偏差値、競争率は4年制の看護大学のほうが高い傾向にあり、狭き門といえます。しかし、カリキュラムに着目して比較してみると、4年制と3年制のその差は1年と31単位ということになります。2年制との差でいうと2年と62単位です。

「この差を埋めることができたら、4年制大学卒業の看護師として認めてもいいのではないか」というのが、先ほど出てきた学位授与機構なのです。

学位授与機構とは

この学位授与機構とは、東京都小平市に本部を置く独立行政法人です。こちらの機関ができた当初、平成3年の時点では国が管轄していました。今は独立行政法人として法人化された外部機関となっています。

正式名称は「独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構」といいます。その名の通り、大学等の高等教育機関を評価することと、学位を授与する機能を有しています。(このサイトでは分かりやすく学位授与機構と呼びます)

この学位授与機構は教育機関や教育課程のような一般の大学としての機能はありません。しかし、学位を授与できたり、教授や准教授という教員ポストが存在していたりするため、実質的には大学と同じような機能があるということになります。

「学位授与機構は文部科学省の管轄ではないし、教育機関をもっていないから4年制大学卒業と学位授与機構の学士は同じではない」と主張する人もいます。

しかし、厚生労働省が所轄する国立看護大学校(東京都清瀬市)という学校があります。こちらの看護大学校は文部科学省の管轄でないため、自校で学位を授与することができません。

そのため、学位授与機構から学位が授与される仕組みになっています。この看護大学校の卒業生は、もちろん大卒看護師として扱われ、国立高度専門医療研究センターなど最先端の医療現場での活躍を期待されています。

このようなことから学位授与機構から学位を授与してもらい、国立看護大学校の学生と同様に大卒看護師になることができます。

大卒看護師になるとキャリアが広がる可能性が高まる

看護師としてのキャリアアップのために取得したい資格として、日本看護協会が認定する「専門看護師」があります。この資格は看護師にとっては憧れですが、大学院に2年間通う必要があります。

専門看護師に必要な大学院の修士課程(博士課程前期ということもあります)の入学資格として、「4年制大学を卒業」しているか、「学位授与機構で学士を取得している」ことが条件になっているところがあります。

4年制大学を卒業していなくても、学位授与機構で学士を取得すれば、憧れの「専門看護師になれる」可能性が高くなります。

専門看護師以外にも、大卒看護師のほうがキャリアアップできる選択肢が増えてくるでしょう。

大卒看護師になると昇進・昇給・好待遇での転職が行なえる

いままでは学歴に関係なく、それまでの経歴により判断され、昇給や昇進があったり、看護教員になったりといった道が広がるのが、看護師の世界です。しかし、大卒看護師が増えるこれからの時代は、大卒看護師が厚遇される可能性が高くなります。

基本給は大卒看護師のほうが一般的に月給で1万円高く、それにより賞与の増額も期待できます。年間にすると12万円+賞与増額分が増える計算となります。

学士という称号は、今後の看護師のキャリアアップの手段となりえるのです。

もし勤務先で大卒とそれ以外の看護師で給与に違いがあるようならば、大卒看護師となることで昇給や昇進のチャンスが広がるはずです。しかも、もし何らかの都合で転職をすることになっても、今後の看護業界からすると大卒看護師が優遇される可能性が高いといえるでしょう。

短大・専門学校卒の看護師が大卒になるための実際のプロセス

それでは短大・専門学校を卒業した看護師が大卒になるためのプロセスや費用について解説していきたいと思います。

1.基礎資格を確認する

まず基礎資格というものを確認する必要があります。学位授与機構を利用するには、最初の前提条件として基礎資格というものが必要となります。

学位授与機構が定める基礎資格とは、下記の通りになります。

区分 基礎資格の条件
第1申請区分 ・修業年限2年の短期大学を卒業した者

・高等専門学校を卒業した者

・修業年限が2年以上で、かつ課程修了に必要な総授業時数が1,700時間以上の専門学校を修了した者

第2申請区分 ・修業年限3年の短期大学を卒業した者

・修業年限が3年以上で、かつ課程修了に必要な総授業時数が2,550時間以上の専門学校を修了した者

第3申請区分 ・大学に2年以上在学し、62単位以上を修得した者

あなたが卒業した看護学校は、どの区分に該当するか確認してみましょう。

3年制の短期大学とは、修業年限が3年以上あり、卒業要件単位が93単位以上の短大です。もし定時制で修業年限が3年にもかかわらず、62単位しか取得できない学校であれば、2年制の短大のほうに分類されます。

3年制の専門学校とは、修業年限が3年以上あり、3年間の総授業時間数が2,550時間以上の学校のことをいいます。もし定時制で修業年数が3年にもかかわらず、1,700時間しか総授業時間数がない学校であれば、2年制専門学校のほうに分類されます。

3年制の短期大学と専門学校は、いわゆる3年制の看護学校です。

2年制短期大学とは、修業年限が2年以上で、卒業要件単位が62単位以上とする短大のことをいいます。

2年制専門学校とは、修業年限が2年以上で、総授業時間数が1700時間以上の学校のことをいいます。

2年制の短期大学と専門学校は、准看護師資格をもっている人を対象とした看護学校となります。

もしあなたが卒業した学校がどこの区分に該当するかわかりにくい場合は、卒業した学校や管轄する行政機関(文部科学省か都道府県)に問い合わせてみるとよいでしょう。

注意しておきたい点は、看護学校の中には上記にあげた短大や専門学校と同じカリキュラムをもっていながら、学位授与機構が認定する基礎資格に該当しない看護学校が存在するということです。この場合、学位授与機構の利用はできません。

例えば、「A市医師会付属B看護学校」や「医療法人C会付属D看護学校」といった学校法人ではない看護学校の場合です。こちらは文部科学省が所轄する学校ではなく、厚生労働省が認定している看護師養成所になります。そのため基礎資格を有していないことになります。

他にも、学校法人や公立学校にもかかわらず、短大や専門学校の分類に入らず各種学校としての扱いをされている看護学校などもこれに該当します。

まずは第一関門である学位授与機構が規定する基礎資格に該当しているようであれば、次のステップに進みましょう。

2.足りない単位を確認し、補充する

基礎資格を取得したら、次に足りない単位を確認する作業に移ります。先ほど大学と短大・専門学校での取得単位の違いでお話した通り、3年制短期大学や専門学校を卒業した人は、単位として足りない分の31単位以上、2年制短大や専門学校を卒業した人は62単位以上を修得し、単位の補充を行ないます。

この単位の補充のことを「積み上げ単位」といいます。

積み上げ単位を行なうには、「4年制大学」「大学院」「学位授与機構が規定している短大専攻科」で修得する必要があります。

「短大専攻科」とは短大に併設されている保健師や助産師の国家試験受験資格取得を目的とした専攻科です。ここを卒業すると積み上げ単位として必要な31単位がすべて修得できます。

学位授与機構が規定している短大専攻科を利用しないのであれば、4年制大学か大学院で積み上げ単位を修得することになります。

「大学か大学院に行く必要がある」のではなく、あなたに不足している必要な科目だけを選択して履修する「科目等履修生」という制度を利用します。

実際に大学での科目等履修生となると、一般の大学生と同様に大学に足を運び90分の講義を15回受け、修了試験に合格することで2単位取得できます。1科目2単位あたり数千円~数万円がかかります。これを31単位以上行わなければなりません。このような単位取得方法は「働きながら大学に行く」ことになるため、あまり現実的ではありません。

そこでおすすめしたいのが「大学通信教育」です。これならば、自宅にいながら、空き時間を利用して自分のペースで学ぶことができるからです。

大学通信教育での通信授業は、テキストや通信教材を利用して自習することで一般の大学で行われている授業に代えることができます。

そのため、学生は送られてきたテキストを読んで与えられた課題に対してレポートを作成し大学に送り、添削を受け、試験に合格すると単位を認定してもらえます。科目履修生ですと、1科目2単位あたり数千円といった費用で済みます。

通信教育課程のある大学は日本全国にありますが、大学名で選ぶのではなく、できるだけ早く単位を修得するためにも、通信添削の返却が早い大学を選ぶようにしましょう。なかにはなかなか提出したレポートが返却されずに半年も待たされるといったことも起こっています。

「この大学で履修してみたい」と思ったら、大学に直接連絡して「レポートの返却期間」を事前に調査しておくといいでしょう。通信添削の理想的な返却期間は2週間~1カ月以内が理想です。具体的な期間を事前に調査しておくことが、失敗しない大学選びのポイントです。

3.どの単位を積み上げていけばいいのかを知る

あなたが卒業した学校の成績表をみて、足りない分野の科目を知る必要があります。

基礎資格が3年制短大・専門学校を卒業した人と、2年制短大・専門学校を卒業した人では積み上げ単位の要件が異なります。そのため、分けて説明していきたいと思います。

3年制短大・専門学校を卒業した人

3年制短大・専門学校を卒業した人は、成績証明書に「93単位以上の単位を修得」しているのか記載を確認してください。2550時間以上の授業時間数が単位換算されているはずです。この93単位に積み上げ単位31単位以上を修得し、合計124単位にする必要があります。

その31単位のうち、看護専門科目を1単位以上選択しましょう。具体的にいうと、基礎看護学、母性看護学、小児看護学、成人看護学、老年看護学、精神看護学、地域看護学に関する科目です。

さらにこの科目に関連科目を加え、これらが合計で16単位以上必要となります。医学、保健学、社会福祉学、医療情報科学といった科目です。

あなたの成績証明書を照らし合わせながら、履修しなければならない科目を見つけてみましょう。

少し難しく感じるようにみえますが、以下の要件を満たすように科目を履修していけば、看護学の学士取得(大卒看護師)に必要な要件が足りることになります。

① 看護学の専門科目を1単位以上修得する

② 看護学の専門科目と関連のある科目を16単位以上修得する

③ 残りの15単位は専門科目以外で構わないため、興味のある科目を履修する

3年制の短大・看護専門学校を卒業した人は、看護師国家試験の受験資格を与えるために、どこの学校を卒業してもほぼ同じ科目のカリキュラムになっています。

そのため基礎資格取得時には、必要な単位である看護実習や外国語、専門科目の単位を取得しているため、ほとんどの科目を履修し終えているはずです。積み上げ単位として選択する科目で注意したい点は上記の3点だけになります。

2年制短大・専門学校を卒業した人

2年制短大・専門学校を卒業した人は、成績証明書に「62単位以上の単位を修得」しているのか記載を確認してください。1700時間以上の授業時間数が単位換算されているはずです。この62単位に積み上げ単位62単位以上を修得し、合計124単位にする必要があります。

その62単位のうち1単位以上、専門科目を修得しましょう。こちらも〇〇看護学といった科目が該当します。

さらに、31単位以上が専門科目と関連科目を修得しなければなりません。こちらも下記にまとめてみました。

① 看護学の専門科目を1単位以上修得する

② 看護学の専門科目と関連のある科目を31単位以上修得する

③ 残りの31単位は専門科目以外で構わないため、興味のある科目を履修する

こちらも上記の3点に気を付けて履修科目を選んでいけば、ほとんどすべての人が必要な要件を満たすことができるでしょう。

詳しい科目は学位授与機構の「新しい学士への途」に書いてあります。そちらを参考にしてください。

学位授与機構での効率よい単位認定の方法

学位授与機構で効率よく単位を認定してもらう方法について解説していきます。「単位認定は面倒くさいなぁ」と思ってしまうと、なかなか重い腰が上がりません。そこで「思っていたより簡単だ」と感じてもらえるようなアドバイスをお話しておきたいと思います。

科目履修の方法は意外と簡単

一見複雑に思える科目履修ですが、意外と簡単です。

上記の項目でごちゃごちゃと書いてきましたが、3年制の短大・看護専門学校を卒業した人は、看護学系の専門科目を1単位以上履修し、残りはそれを含む関連科目31単位をすべて履修すればOKです。

2年制短大・専門学校を卒業した人は、看護学系の専門科目を1単位以上履修し、残りはそれを含む関連科目62単位をすべて履修すればOKです。

要するに、大学通信教育で専門科目である看護学を1科目履修し、残りすべては関連科目を取得して、31単位(もしくは62単位)を積み上げ単位とすればいいのです。

あとになって「関連科目の単位が足りない」などとなって困る事態が起こらないようにするためにも、積み上げ単位の多くを関連科目として選択しておくと安心材料になります。

できるだけ1つの大学で履修するほうが楽

積み上げ単位をどこの大学で行なうか悩んでいる場合は、できるだけ1つの大学で履修するほうがもちろん楽です。

1つの大学に絞ってしまうほうが、入学諸経費として必要な選考料や登録料が1校分で済みますし、どのように通信教育を進めていくかのシステムも統一されています。通信教育の進め方が違うと「一からその方法を知らなければならない」などのストレスを感じてしまうことがあるため、途中で投げ出す一因となってしまいます。

そのようなことから、1つの大学だけで学んだほうがストレスなしで楽に進めていけます。

いまでは数校の通信制の大学に学位授与機構に対応したカリキュラムが備わっています。放送大学をはじめとして、人間総合科学大学、京都橘大学、武蔵野大学などです。

得意な科目を重複して履修しても良い

あなたは「老年看護学を得意とする特別養護老人ホームの看護師」だと仮定します。この場合、「老年看護学」は得意なはずです。

学位授与機構の規定によると、老年看護学など得意科目を重複して履修してもよいことになっています。そのため「忙しくて勉強する時間がない」というような人は、同じような得意科目を履修すれば単位の取得が楽になります。

例えば、A通信大学で「老年看護学」を履修し、単位を修得できたとします。次にB大学、C大学にも老年看護学があれば、そちらを選択しても単位として認められるということです。

このように得意科目があれば、1つの大学に絞らず、大学を渡り歩いて同じような科目を重複して履修しても構いません。こちらは通信教育課程ならではといえます。

費用も低予算で済むことが多い

学士という大卒看護師になれるにもかかわらず、看護師の他の資格取得と比べて、いつでもどこでも学習できるうえ、費用も低予算で済みます

放送大学でいえば、授業料は1科目2単位で11,000円です。他の通信制大学の場合でも、1年間の授業料は7万~10万円といった相場になっており、1年間で何単位でも修得できます。あなたの都合や好みに合わせて、大学を選択するとよいでしょう。

放送大学の場合、31単位を修得するためには合計で170,500円となります。入学金は24,000円です。さらに学位授与機構の学位審査手数料32,000円を合計しても総予算は23万円程度となります。

学歴ではなく優秀な看護師になる

実は簡単に大卒看護師になれるということがお分かりいただけたかと思います。

あなたの周囲にはどこかの看護大学を卒業したことを鼻にかけている看護師がいるかもしれません。いまは大卒の看護師といった学歴のある看護師がまだまだ少ないために、「大卒」というだけで希少価値を感じているのかもしれません。

しかし、あなたにこの大卒看護師になる方法を教えたのは、そのような大卒看護師になってほしくないからです。大卒看護師が増えてくると、大卒看護師の価値は下がってきます。

あなたが優秀な看護師だからこそ、一般の大卒看護師に負けないくらいの看護力を磨いていき、より高度な専門知識を身に付けていってほしいと思っています。大学院を受験できる試験場までの通行手形として、「大卒」を手に入れておいてほしいのです。

優秀な看護師とは学歴では決まりません。優秀な看護師とは、常に前向きに新しい知識を取り入れ、学んだ知識を実践し、患者さんの役に立てる人のことを言います。

それは看護師同士が決めることでも、あなたが決めることでもありません。患者さんが決めることです。ただ、患者さんに「優秀な看護師」と思われるだけの道を歩む最初のステップとして「大卒」を手に入れていただけたらと思うのです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く