3ba002af4d82916b56a7eacabd13152f_s

美容系のクリニックでは「ハイセンスで汚れのない空間」「丁寧な受付さん」「格好いい制服に身を包んだ看護師」「笑顔の素敵な医師」など、一般の病院とは違った空気が流れているように思えます。

美容外科・美容皮膚科クリニックに対して、看護師免許をもっている人なら誰しも一度は「このような環境で働いてみたい」と憧れをもつのではないでしょうか。

しかし、一概に美容系のクリニックといっても、美容外科(美容整形外科)、美容皮膚科、さらには形成外科といったさまざまな名称が存在するため、どこでどのような施術が行われているのか分かりにくい一面があります。

大まかに説明すると、形成外科では身体の表面の欠損・変形した形態を再建させる治療を行います。この形成外科の技術を応用したのが、美容整形です。さらに美容整形は美容外科と美容皮膚科の2つに大きく分けられます。

そこで今回は形成外科、美容外科、美容皮膚科が行う施術内容や、そこで働く看護師の具体的な仕事内容についてご紹介します。

形成外科とはどういう科なのか

まずは、形成外科についてお伝えします。形成外科は、身体の表面にあるさまざまな部位の異常や欠損・変形を治療の対象としています。呼吸器や脳神経、消化器など特定の臓器にできた疾患が治療の対象というわけではありません。

形成外科という科は一体どのような科であるのか、具体的に解説していきます。

形成外科は再建外科と美容外科の両方が大切

形成外科とは、身体の表面の欠損や変形の治療を行うため、「身体の表面の外科」ともいわれています。さらに、形成外科には大きく分けて2つの専門領域があります。

一つ目は、組織の異常、変形や欠損などの疾患を対象として再建を行う「再建外科」です。そして、もう一つは疾患ではなく、患者さんが気にする微細な形状を治療対象として美しく整える「美容外科」です。美容外科も形成外科の領域の一つです。

再建外科は、先天性、もしくは事故の外傷やガン手術などで欠損・変形した体の一部分を正常に近い状態に再建させ、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)を高めます。

また美容外科は、疾患とはいえない程度の細微な形態を外科の手を加えて修復し、本人の満足度を向上させる役割があります。

形成外科医の役割について、具体的な例を挙げてお話しします。

形成外科医は、交通事故などで顔などが傷ついてしまった患者さんに対して、手術を外科医とともに行います。命を救うだけではなく、形成外科医がキレイに修復を行います。

また別の例としては、形成外科医はガン専門医と一緒にオペに参加し、ガン患者の腫瘍を切除した部分に、身体の別の一部の皮膚を移植し傷口を修復する施術を行います。これにより、腫瘍切除に伴い、本来は皮膚組織に欠損が生じるのですが、できるだけ傷口を最小限にし、もともとの皮膚の状態に近づけることができます。

このように形成外科では、ただ傷や疾患を治すという目的だけではなく、治療後の生活まで視野に入れ、本来の状態に修復する治療を行うのです。

例として、形成外科治療の特徴をよく示している切り傷の縫合方法の一つである「中縫い」について下記にお話しします。

交通事故で顔に長さ2センチほどの傷ができ、出血した患者さんがいたとします。

一般外科ではこのような場合、止血を行い、専用の糸を使用し皮膚表面に均等に1センチ間隔で縫っていきます。2週間程度経過したら、傷の治り具合を見て抜糸を行います。

しかし、このような一般的な縫い合わせの手術は多くの場合、抜糸後、線路のような傷あとが残ります。この傷あとが気になるようであれば後日、レーザー照射などで薄くすることができるのですが、大変な手間と労力がかかり、完全にきれいに修復できることはありません。

一方で形成外科では、「中縫い」という縫合法を行い、最初の手術の段階から傷あとが残らないような縫合方法を選択します。形成外科は、一般外科のように上の層の表皮を糸で縫い合わせるのではなく、下の層から筋肉・皮下組織・真皮の組織をそれぞれ縫い合わせていきます。

下層の真皮をしっかり縫い合わせているため、表皮は糸で縫わずテープで貼るだけにします。もし傷口が広く、糸で縫った方がいいと判断した場合も、なるべく細い糸を使い、5ミリ間隔で縫い合わせ、3~5日といった短期間で抜糸します。

このようにすると治癒したときに傷がほとんど目立たなくなります。

形成外科においては、「再建外科」と「美容外科」のどちらも欠かすことのできない必須の項目です。前者の「失われた機能を再建する領域」と、後者の「形態を修復する領域(美容外科)」は形成外科にとってはどちらも重要だといえます。再建・修復することで初めて、傷あとを最小限にし、もと通りに近づけることが可能だからです。

実は一般外科では、ほとんどの病院で、上記にあげた中縫いは行いません。本来の治療目的からすれば傷あとを真皮まで縫ってきれいに修復する必要はないので、「中縫い」の技術までは外科の医師が修得していないことが多いからです。

中縫いは形成外科医ならではの高度な技術といえます。最近では日本でも、大学病院などほとんどの大きな病院には形成外科があり形成外科医がいます。

アメリカでは、女の子の顔などに傷がついてしまったら、最初に一般外科にかかったとしても、受傷後1週間以内に形成外科に連れていきます。そこで再手術を行い、顔に傷あとが残らないようにするのが常識となっています。

形成外科のすべての治療が保険適応ではない

形成外科は「美容」という言葉が付いていないので、健康保険の適応内の範囲でのみ治療を行うイメージがあると思います。

しかし、形成外科が取り扱うすべての施術や治療が健康保険の適応というわけではありません。中には形成外科と看板を掲げていても、美容外科の範囲の施術を行っているクリニックもあります。

例えば、先天性の病気による変形・欠損の再建治療や、ガン切除後の乳房再建術などは保険適応となります。一方、フェイスリフト、脂肪吸引、シワ・タルミとり術、豊胸術、脱毛術など、美容外科の要素を含む手術は自費診療になります。

同じレーザー治療でも、太田母斑、異所性蒙古斑、扁平母斑などは保険適応ですが、加齢性色素沈着(一般的な加齢によるシミ)や入れ墨などは自費診療となります。

さらに、ケンカや交通事故など第三者の行為によって起こったケガや、労災事故といわれる仕事上でのケガを形成外科で治療した場合も健康保険の適応外となります。

整形外科と形成外科の違い

では、整形外科と形成外科の違いは何でしょうか。整形外科と形成外科は言葉の響きが似ているため、混同されることがよくあります。

整形外科は骨、関節、靭帯、脊髄、筋肉、神経などの運動器の疾患を主に扱っています。添え木を使って曲がった骨を矯正することから、昭和初期に整形外科という名称になりました。

整形外科は、ケガや病気によって生じてしまった身体や運動能力の欠損による治療やリハビリテーションを行う科になります。

形成外科の看護業務とは

形成外科の看護の対象は、皮膚の表面の治療や手術を受ける患者さんとなります。心臓外科や脳外科、消化器外科などと異なり、さまざまな年齢層が対象となる科です。

形成外科に来院する患者さんの目的は、下記のとおりです。

① キズや疾患の治癒

② 外傷やガン摘出などで失われてしまった機能の回復

③ 外見上の修復・美容

④ キズや変形によって生じた精神的苦痛の解消

上記で挙げた①や②など治癒や機能の回復といった治療は、患者自身のゴールが明確で、数年で治療が終わることが多いです。

しかし、③や④の美容や精神的苦痛の解消といった問題は患者自身もどこがゴールかはっきり決まっていないことが多く、患者さんが治療に納得しない限り、十数年も通院するケースがあります。

このようなことから、形成外科の看護は、術前・術後の外科看護の一面を持つだけではなく、心身の回復(リハビリテーション)をサポートする看護が非常に重要です。術前・術後を通して、患者さんの身体面や精神面に対して、深い洞察力とケア技術が求められ、サポートしていくことが大切です。

内臓疾患の手術が成功したかどうかなど、患者自身が実際に目で確かめることができない外科手術とは異なり、形成外科手術は主に身体の表面の治療になります。

そのため、患者さんは患部の手術の経過を実際に見て、治療の目的を達成できたかどうか逐一確かめることができます。

術後に「こんなふうになるとは思っていなかった」といったボディイメージ(本人が自分に抱く外見上のイメージ)に不満をもつ患者さんが多くいます。これは治療の目的が果たせなかったことを意味します。

患者さんが治療の説明を充分に理解・納得していなければ、せっかく形成外科手術を受けたにもかかわらず、「この手術は意味があったのか」と悩むことがあります。医療を施したことによって自己概念が歪み、自尊心が低下してしまう可能性を秘めているのです。

例えば、乳がんのために乳房再建術を受けた患者さんが、皮膚移植した腹部に自分が思っていた以上に大きな傷跡が残ってしま術後に不満を抱く方がいます。乳房の再建は行えても、腹部に新しくできてしまったキズに納得がいかないのです。

上記のような患者さんは新しくできた外見上の変化を受け入れられず、精神的に落ち込んでしまう可能性があります。

このようなことが生じないようにするため形成外科の看護師は、術前術後の説明をしっかり行い、医師と患者が思い描いているボディイメージの相違が無いか確認することが大切です。

さらに、術前術後の患者さんに対して深い洞察力をもち、傾聴することで患者さんが術前術後に感じている悩みを把握し、精神的なサポートを行う看護が求められます。患者さんは治療に関する悩みが解消されたり、軽減されたりすることで、術後の新しい自分を受け入れられる体制が徐々に整っていくのです。

美容外科での仕事内容とは

では次に、美容外科について解説していきます。

形成外科技術をさらに発展させたのが美容外科

美容外科医を専門的に目指す医師は、形成外科の医局で3~5年の研修期間を経て美容外科の研修を受け、「日本形成外科学会専門医(JSAPS)」の試験に合格すると資格を取得できます。その後、美容外科医院に入職し、研修を受けたのちに実践して腕を磨いていきます。

医学部を卒業後10年程度かけて、ようやく「美容外科専門医」として一歩を踏み出すことができます。美容外科専門医を始めるためには、形成外科のトレーニングを受けるのは必然といっても過言ではありません。

内科医がある日突然「やっぱり美容外科医になろう」と思ってなれるものではありません。法律上は診療行為を行うことが可能だったとしても、どんなに優秀な内科医だったとしても、いきなり一流の腕をもつ美容外科医にはなれないのです。

美容外科の治療において、最大の特徴といえば、健康な体や顔にメスを入れたり、レーザーなどの熱を加えたり、注射を行なったりすることです。美容外科手術を行って、健康だった体が不健康になったり、精神的な疾患になったりするようなことがあっては勿論いけません。

今の日本で、高度な技術や設備・スタッフを必要とするのは心臓外科とされていますが、美容外科もまた同様に最高の環境を整え、高度な技術をもって全力を挙げて取り組む必要があるのです。

さらに、形成外科は欠損や変形などを元の状態に戻すことが主な目的でしたが、美容外科は健康な状態をより美しく整え、若々しくしていくことをゴールとしている科です。美容外科は形成外科の技術を応用したもので、さらに高度な技や感性を必要としています。

具体的な施術内容としては、メスを使った外科的な手術を行います。下記に一例を挙げてみます。

非抗加齢の美容外科手術

・ 重瞼術(埋没法)

・ 高鼻術

・ 脂肪吸引術

・ 豊胸手術

抗加齢目的の美容外科手術

・ フェイスリフト手術(顔のたるみを引き上げる手術)

・ 上眼瞼・下眼瞼除皺術(たるみ取り術)

その他の美容外科手術

・ 腋臭症による手術

・ 植毛術

いわゆるプチ整形から、本格的な美容整形手術までさまざまな手術が行われています。

最近では、美容外科クリニックが美容皮膚科を併設して診療を行っているケースが多いです。そのため区別がしづらいのですが、外科的な施術を行うのが美容外科ということになります。

美容外科の看護業務とは

美容外科の看護業務とは、受付からカウンセリング、オペの介助など多岐に及びます。

特に美容外科で大切にしたい看護業務とは、患者さんのコンプレックスを一旦は受け入れることです。コンプレックスが軽度であれば問題はないのですが、重度のコンプレックスになると、病的な状態といえます。

美容外科に来て、看護師に自分がつらいと感じているコンプレックスを「苦しかったですね」と受け入れ共感することで、患者さんの気持ちはとても楽になります。

患者さんは看護師に「あなたの抱えているコンプレックスは大したことではない。日帰り手術ですぐに良くなる」といわれるよりも、まずは今まで独りで苦しんできたことに対して共感を得てもらいたいと考えています。

もちろんすぐに良くなりたい気持ちはあるのですが、まずは受け止めてもらいたいのです。またすぐに良くしたいわけではなく、少しずつ美容整形を受けて周りに気づかれないように変わっていきたいと希望する人もいます。

そのような患者さんの繊細な気持ちを汲み取り、精神的なサポートを行う看護が美容外科では重要です。

一般に日本人のコンプレックスが多い部位は眼瞼(まぶた)で、次いで鼻です。顔は毎日鏡で見るので、女性だけでなく男性にとっても悩みやすい場所ともいえます。

「クレオパトラの鼻がもう少し低ければ、世界の歴史は変わっていたであろう」との言葉が存在するくらい、顔のパーツの一部分が少し違っているだけで、表情が全く異なって見えることがあります。

他の人からみると、「大したことではない」といえることも、本人にとってみれば大変な問題です。たった1mmだけ二重瞼の幅が違っていたり、術前に希望した目じりのカーブの角度が若干違っていたりするだけで、患者さんの抱えていたコンプレックスは解消されないままになってしまう可能性が高いのです。

反対に、美容外科手術が成功しコンプレックスが解消されることで、日々の精神的な苦しみから解放され、日常生活が潤うことは確かです。美容外科手術は受けた人の人生に大きな意味を与える力を持っています。そのような意味で美容外科手術は非常に喜ばしい手術ともいえます。

美容外科の看護師は、患者さんの自信を得るための大切な一歩に軽く手を添えて、一緒にそばを歩いてあげられるような看護を行うことが大切です。

美容皮膚科の業務内容とは

では、最後に美容皮膚科について解説します。

美容皮膚科は本来の美しさを取り戻す治療を行う

美容皮膚科とは、美容外科のように手術をすることはありません。その代わり、身体に侵襲の少ない美肌などを目的とした施術を行います。

患者さんとして来院される方は、「手術は行わないで、今ある自分の良さを引き出したい」「エステよりも短期間で美肌の効果を出したい」といった自分の皮膚をよりよく改善させたいという要望がある人が多いです。

皮膚の本来の美しさを取り戻すための治療ともいえます。美容外科よりも敷居は低く、相談しやすい環境にあるといえます。

美容皮膚科と一般の皮膚科との違い

一般の皮膚科は健康保険の適応内で治せる皮膚の病気の治療を行います。やけどや皮膚炎、かぶれ、とびひ、ニキビなどの皮膚疾患のトラブルに対処します。

それに対して、美容皮膚科は病気ではないのですが、老化や日焼けなどによってダメージを受けた皮膚に施術を行います。そして、皮膚が本来持っている力を底上げしたり、サポートしたりする施術によって、美肌を取り戻すという治療をします。

同じニキビの対処方法でも皮膚科では毛穴の炎症を抑えるための外用薬や内服薬が処方されることが多いです。炎症がおさまったら、治療は終了になります。この場合、肌は凸凹になったままということもあります。

一方、美容皮膚科では赤みを帯びたニキビに対して患者さんに合わせた施術を選択し、跡を残すことなくきれいな元通りの状態にすることを目的としています。

下記に美容皮膚科で行う施術の一例を挙げておきます。

・ ケミカルピーリング(表皮の角栓を再生する治療)

・ レーザー治療

・ ヒアルロン酸やボトックス注射

・ レーザー脱毛

・ ニキビ治療

・ あざ・ほくろ・傷あとの除去

ニキビひとつとっても、化膿中のニキビはレーザー治療(炭酸ガスレーザーなど)や毛穴集中ピーリングを行います。また、ニキビによって赤ら顔になった場合は、レーザー治療よりもアイソレイズプロやオーロラといったレーザー治療よりも優しい光を当てて、肌質向上を狙います。

ニキビに対してもさまざまな施術を選ぶことができるため、肌トラブルが起こったらすぐに美容皮膚科に相談に行くという熱狂的なファンもいるくらいです。

美容皮膚科の看護業務とは

美容皮膚科の看護業務は、こちらも美容外科と同様、受付やカウンセリング、施術のお手伝い、片づけなどがあります。

美容皮膚科の看護師として、その中でも特に大切にしておきたい仕事の一つが、患者さんの相談役に徹することです。医師が多忙で、説明を充分にできなかったときなどは、看護師が医師に変わって患者さんに今から行う施術に関して充分納得いく説明を行うことが大切です。

下記に私の実体験から例を挙げておきます。

私は以前に美容皮膚科ではなく、一般の医療皮膚科でレーザーを使いシミの除去を行ったのですが、1年もたたないうちに再発してしまいました。その医療皮膚科に再度相談に行くと、医師に「老化だから再発は仕方ない」と言われました。そのためシミが再発してしまうのは仕方ないと諦め、コンシーラーなどを使って毎日カバーをしていました。

しかし友人から「ある美容皮膚科でシミをとって再発していない」ということを聞き、「濃くなったシミをもう一度除去できないか」と、その美容皮膚科へ相談にいきました。

私の皮膚における心配事は「シミはレーザーでとっても、すぐに再発してしまうのではないか」ということです。その美容皮膚科の看護師は美容皮膚についてとても研究をしており、以前に通っていた皮膚科のレーザー機器とこちらのクリニックに設置してあるレーザー機器の違いについて説明してくれました。

・・・・・・・・・・・・・・

あなたにできてしまったシミには、こちらのレーザーの光エネルギーを当ててみるとよいでしょう。シミが再発しないわけではないですが、こちらの機器を活用すると再発リスクが少なくてすみます。

あなたが以前に通っていたクリニックで使われているシミ除去のレーザーは、サイトにも掲載されている通り「ヤグレーザー」といわれる機器です。ヤグレーザーは、私たちのクリニックで使っている「Qスイッチルビーレーザー」よりもシミが再発しやすいといわれる方が多いです。人によっても合う合わないがあるとは思いますが、違うレーザーになるので、もう一度試してみる価値はあると思います。

また、レーザー後の肌は皮膚が薄くなり、とても敏感になっています。そのため最低6ケ月はいつもより紫外線に注意して日焼け止めなどでケアし、ビタミンCの配合された外用薬を朝晩2回塗ってください。

さらに再発予防の意味で、美白効果を高めるビタミンCや、肝斑(頬骨全体にできる薄いシミ)にダイレクトに反応するトラネキサム酸を服用しておくと、徐々に白肌に近づけることができます。

今はビタミンCやトラネキサム酸が配合された市販品がドラッグストアで数多く登場していますが、純度の高いクリニック処方による内服薬が一番だと思います。

・・・・・・・・・・・・・・

このようにしてその看護師は、シミが再発しないためのレーザー機器の説明や、レーザー後のアフターケアの仕方を詳しく教えてくれました。

上記のような詳しい説明を受けると、「ここの看護師は知識が豊富で、美容皮膚のことについてよくわかっている。信頼して、もう一度シミをとってみる価値があるかもしれない」と来院した人は希望を持つことができます。

実際に私は1年以上経った今でも、4ケ所あったシミが全く再発していません。「これから毎日コンシーラーでカバーして、汗などをかくたびに化粧くずれをいつも気にしないといけない」といったストレスから解放されることができました。

患者さんが不安に思っていることを美容皮膚という専門家の立場から詳しく説明をすることで、患者さんが抱きやすい術前術後の不安を解消できます。上記の例では実際に、私が抱いていた「シミが再発してしまうという不安」を取り除き解決することができました。

美容皮膚科の看護師は「美容皮膚のことに関しては誰にも負けない」というくらいの知識をもって看護業務にあたると、患者さんから信頼されやすいです。

また女性は「キレイになった」ということを友人に伝えたい欲求をもっていることが多いです。私もシミで悩んでいる人がいたら、すぐに「あの美容皮膚科でレーザー治療を受け、再発していない。しかもそこの看護師の説明はわかりやすくて良かった。レーザーはヤグよりルビーが私には合っていたようで…」と美容皮膚科の看護師が説明してくれた同じ内容を繰り返すでしょう。

このようにして「そこの美容皮膚科の良さ」というのが医師の腕だけでなく、美容皮膚科の看護師の力によっても広まっていくのです。

形成外科・美容外科・美容皮膚科は患者さんの笑顔が見られる

以上、色々お話をしてきましたが、形成外科・美容外科・美容皮膚科は、他の科よりも治療が順調であればあるほど、患者さんの笑顔が見られる科ともいえます。

外見上のコンプレックスが解消されると、内面もまた美しく明るくなっていく人が多いのです。

そのようなサポートを行える形成外科・美容外科・美容皮膚科の看護師になってみたいと思った方は、ぜひ一人でも多くの患者さんを笑顔にできるように看護を行っていってください。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く