5466716b5c5e966755ec851b22ed073d_s

夜勤がなく、残業が少なく、高給与で、さらには自分も美しくあり続けられる美容クリニック(美容外科)、美容皮膚科に看護師なら一度は転職してみたいと思ったことはないでしょうか。

しかし「20代で若くて美人な看護師だけが美容皮膚科に勤められる」と考え、最初から何も知らずに美容関連のクリニックに勤めることを諦めている30代・40代の看護師が多くいます。

実は情報を得ていないというだけで、30代や40代でも美容クリニック(美容外科)への転職は可能です。実際、美容外科で働いている看護師は20代から40代まで幅広くいます。

今回は年齢を気にして美容クリニック・美容皮膚科への転職を最初から諦めてしまう前に、30代や40代の看護師の美容クリニックの転職事情や病院選びについて知ってもらいたいと思います。

本当は美容クリニックへ転職できる可能性があるにもかかわらず、最初から「私には無理だ」と諦めてしまうのは大変もったいないことです。

今回の内容を知ることで、「30代、40代の私でも美容クリニックに転職できるかもしれない」という希望が湧いてきます。

美容クリニック(美容外科)の応募資格とは

では実際に、美容クリニックでの求人の応募資格についてみてみましょう。

個人クリニックは年齢制限がないところがある

美容クリニック(美容皮膚科など)の求人欄や転職サイトでの応募要項などを見てみると、大手の美容クリニックなどは「30代まで」もしくは「35歳まで」と記載されていることがあります。

しかしその一方で、個人が経営している美容クリニック(美容外科)ですと「年齢不問」としているところも多くあります

実は、年齢よりも新しい転職先での「やる気」や「美容への興味」を重視し、年齢での募集要項に制限のないクリニックは意外に多いのです。

実際に私が顔にできたシミのレーザー治療をしてもらおうと訪れた、個人経営の美容皮膚科の看護師は40代後半の方でした。

レーザー後の冷却処置をしてくれたあと、「本当にレーザー治療は効果があるのか」という疑問をその看護師に尋ねたところ、マスクを外して自分の顔を見せてくれました。

その後、クリニックの壁に掛けてあった「レーザー治療をする前のシミや毛穴のある顔の状態」と「レーザー治療をした半年後のシミや毛穴のない状態」の写真を指さして、「実はあの肌は私です」と恥ずかしそうに教えてくれました。

きめ細かな肌で、しかも顔にシミが一つもなく、笑顔がとても素敵な方でした。しぐさの一つ一つが上品で、美しい歳の取り方をしていました。

私はこの看護師に出会い、「無理に若作りをした40代ではなくて、患者さんにも自分にも細かいところまで気を配れるこんなキレイな40代になりたい」、「歳を重ねることはマイナスなことではなく、素敵なことなのだ」と自然と思えました。

40代の看護師は、20代の看護師がもっていない豊富な看護師経験があり、来院された方に「上手な歳の重ね方」を実感してもらうことができるのです。

40代の人材を貴重に思ってくれる美容クリニックや美容皮膚科に転職することができたら、「若くない」という理由だけで職場で肩身のせまい思いをせず、楽しく充実した仕事を行うことができます。

雰囲気が美しいと思える人を雇う

「20代で化粧が派手で身だしなみも整っていない、敬語が使えない看護師」と「30代後半や40代であっても雰囲気が美しく、言葉遣いが丁寧な看護師」でしたら、美容クリニックに相談にいったとき、どちらに接客してもらいたいでしょうか。

美容クリニックの院長は何千人~何万人もの女性を診て施術を行っています。院長が看護師を雇うときは、いままで培ってきた女性を見る目を活かして、「この人はうちで雇ったら、もっと美しく変化してくれるだろう」と思う人を雇いたいのです。

「美しく変化する」とは、外見や年齢などではなく、その人の内側から出される美しさを重視しているといえます。その人がもつ人間性などの内側から出される「雰囲気の美しさ」のことです。

もしあなたが「雰囲気をもっと美しくしたい」と思うのであれば、決して美人とはいえないけれど「雰囲気が美しい」と思える人の真似をしてみるとよいでしょう。それだけで、年齢が上でも美容クリニックへの転職が近づくはずです。

下記に「雰囲気が美しい」とは、どういった人か載せておきます。参考にしてみてください。

・言葉遣いが丁寧

・根が明るい

・清潔感を持っている

・人に媚びない

・いつも笑顔でいる(口角が上がっている)

・身だしなみに注意している(いつも髪が整って、薄くメイクをしているなど)

上記のような女性は特別美人というわけではないですが、人を惹きつける魅力を持っている人が多いです。

年齢不問とする美容クリニックは優良なクリニックが多い

また美容クリニックで、40代の看護師が必要だと考えているクリニックは、リピーターがつきやすい優良なクリニックであることが多いです。

なぜなら10代・20代の若いお客様は、アンチエイジングなどの施術を必要とせず、一回の施術で満足することが多く、リピート率はあまり高くないからです。

一方、40代・50代の年齢層のお客様は、アンチエイジングなどの施術の効果を実感しやすい肌年齢であるため、「高額な施術に見合う技術をもつクリニックだ」と分かれば、何度でも来院してくれます。

そんな40代や50代のお客様に信頼されるクリニックは、20代の看護師より30代・40代の看護師のほうが「同年代のお客様が抱えている美容の悩みを共感でき、施術に対する説得力を持っている」ことを知っています。

看護師として転職する場合、できればお客様から信頼されるリピーターを多く抱える医師のもとで働きたいものです。

年齢制限を設け、若くて外見のよい看護師だけを広告塔のように扱っている美容クリニックは、固定客がつかないことが多いです。

そのような美容クリニックに来院する女性の年齢層は同じように若く、自分のコンプレックスを直したらそれで通わなくなることが多々あります。来院する方は大学生や若い主婦で、美容に投資できるお金が少なかったり、財布のひもが固かったりする年齢層だからです。

一方、40代の看護師がいる美容クリニックは、若い看護師しかいないクリニックよりも、40代や50代のお客様が来院しやすく、相談しやすいクリニックといえます。

40代・50代のお客様は子育てが一段落し、経済的な余裕が出てくる方が多くいます。自分のことに目を向け「もっと美しく磨いていきたい」と思い始めるのはこの年代の女性達です。

そのため、この年代のお客様が何らかの施術を受け、「ここの美容クリニックは医師も看護師も信頼でき、相談しやすい」と判断すると、何度も通ってくれる固定客になりえる可能性が高いのです。

上記で述べたように40代の固定客になってくれそうなお客様は、20代の看護師がもっている若さや美に憧れを抱くことは少ないです。

40代・50代がどう頑張っても20代の若さや美しさを手に入れることはできないからです。40代には40代の美しさが、50代には50代の美しさが存在します。各年代が持っている雰囲気の美しさを兼ね備えている人に、女性は憧れる傾向にあります。

お客様の立場になれる同年代の看護師が貴重

さらに、美しくなりたいと願う女性が高価な化粧品に頼っても「あまり効果が得られない」と気づき始めるのは、大体30代後半や40代くらいからといわれています。

どれだけ高価なスキンケアを使っても、現段階の化粧品には、肌トラブルの直接の原因である真皮にまで確実に成分が届く製品は開発されていません。

いくら肌のお手入れをしても、実際は肌表面しか整えられていないのです。日々のスキンケアは日ごろの肌をキープするには重要です。しかし、アンチエイジングを目指すなら、経済的にも手がかからない美容クリニックに通うのが簡単な方法といえます。

そのことに美の追究をする40代の女性は気づき始めます。

自分の肌に失望し始める30代・40代のお客様と同年代の看護師が、上記で紹介したように「自分はこの美容の施術を行なってキレイになった」とアドバイスをしてくれると、とても信頼できる情報を得ることになります。

お客様にとって、施術を行ってキレイになった同年代の看護師は貴重な存在なのです。

自分と同年代ということで、施術の前後の成果がお客様に伝わりやすく、「今度はこの施術を受けてみたい」と思う40代・50代のお客様がリピーターになってくれる確率が高いのです。

美容クリニックでは、看護師が来院された方に施術を勧める営業を行う場合があります。

お客様と同年代の看護師が同じ美容の悩みを施術によって解決していたり、自分自身が行って効果のあった美容施術などを写真などで紹介されたりすると、美容クリニックの施術への信頼が増します。そうすることで、お客様は次の行動に移しやすくなるのです。

美容クリニックに30代・40代で転職を成功させるコツ

美容クリニックに30代や40代でも転職できることをお話ししてきました。しかし、30代・40代の看護師が美容クリニックに簡単に転職できるわけではありません。

そこで30代・40代の看護師が、美容クリニックに転職を成功させるコツについて解説していきます。

自由診療と保険診療を扱う美容クリニックがおすすめ

自由診療と保険診療の両方を扱う美容クリニックがあります。美容皮膚科や美容外科と併せて、一般皮膚科や形成外科などが併設されているようなクリニックです。

そういったクリニックは、サービス面が重要ですので、そこを改善させるために看護師を増員することがあります。また一般皮膚科などがあるため、看護師の応募条件として「年齢不問」とするクリニックが多いです。

さらにこのようなクリニックの長所として、美容関係の仕事に関わりつつも、医療の仕事からも離れることにはなりません

そのため、美容クリニックに勤めた看護師が抱きやすい「看護師としてのスキルが身につかない」「医療看護師に戻れるか不安」といった悩みが少なくてすみます。医療技術を行えるからです。

また、その後万が一転職を考えたとしても、美容だけを専門とするクリニックに勤務しているよりも医療にも携わってきたという点で有利になります。

前歴にオペ室勤務や外科勤務があると有利

美容クリニックなど美容関連の看護師が未経験の場合は、できれば30代のうちに美容クリニックに転職する方がやはり有利です。一人前の看護師として育てたあとも、長く働いてくれる可能性が高いからです。

しかし、40代であっても前歴にオペ室勤務や外科で働いた経験がある場合は、採用される可能性が高くなります。美容外科にはオペがあり、直接・間接的に介助することや、オペ後のお客様のケアやフォローをすることがあるからです。

オペ室や外科の経験が多いほうが美容外科での仕事をスムーズに覚えられ、即戦力になるばかりか、そのクリニックのオペでの改善点などを指摘しやすいです。

もちろん、未経験でも美容に関して興味を持っており、やる気がある人を重視しているクリニックもあるので、あまり経験がないことを不利に思う必要もありません。

看護師転職サイトは最強の味方

先ほど、30代・40代には個人経営の美容クリニックなどをおススメするといいました。しかし、このような個人経営の美容クリニックを探すには手間も時間もかかります。

またそういった優良なクリニックは居心地が良いため、長く勤める看護師が多く、空きが少ないのが現状です。

さらに、入職できたはいいものの、人間関係が悪かったり、待遇が思っていたのと違ったりすることはあります。20代ならまだしも、30代・40代になって、何度も短期間で転職することは避けたいところです。

このあたりの転職情報を一人で得るとなると、やはり時間的にも労力的にも限界があります。そんなときに転職の味方となってくれるのが、美容クリニックなど美容専門の看護師転職サイトです。こちらに登録しておくことで、転職に関するさまざまな情報を受け取ることができます。

美容看護師を専門に扱っているため、美容関係のクリニックの転職に関する情報量と情報の質が違います。また、非公開求人を多く扱っており、いち早く上記のような30代・40代むけの優良クリニックの案件を紹介してくれることもあります。

さらに、30代や40代の美容クリニックの転職に向けた履歴書や面接のアドバイスなどもしてくれるため、スムーズな転職を行いやすくなります。

面接のときの化粧の仕方一つにしても、各美容クリニックによって好みの化粧の仕方が異なっています。転職サイトのコンサルタントは、こういった各クリニックに合わせた細かい情報まで教えてくれるため、一人で転職することに関して必要以上に悩まなくて済みます。

また美容専門の看護師転職サイトではないのですが、いくつかの看護師転職サイトにも複数登録しておくと、より満足のいく転職が行える可能性が高くなります。これらの転職サイトは、あなたの転職にさらに心強い味方になってくれます。

なぜなら美容専門の看護師転職サイトにだけ登録している看護師よりは、転職に関する情報量が多くなるだけでなく、その転職サイトだけが提携している美容クリニックの非公開の案件を紹介してもらえる可能性があるからです。

どの情報をどのくらい得ることができたかによって、転職成功が決まります。あとで「こういった良い条件の美容クリニックがあったのに」と後悔してしまわないよう、転職にはより多くの情報を得ておくことが大切なのです。

情報を得るためには、転職サイトを利用しない手はありません。難しい美容クリニックへの転職活動を無料でサポートしてくれるので、ぜひ活用してみるとよいでしょう。

美容クリニックの転職の時期を逃さない

さて、転職の時期はいつだと思いますか。実は今なのかもしれません。美容クリニックは人気求人ですので、とくに優良な案件がでたらすぐに決まってしまい、あっという間に求人票からなくなってしまいます。

迷っている暇はありません。「年齢制限はないのだろうか」などと悩んでいるうちに、さらに歳を取ってしまいます。今が一番若いのです。できるだけ若いうちに転職し、落ち着いて生活を送れるようになることが大切なのです。

一歩でも勇気を出して美容クリニックへの転職を踏み出してみたら、「思っていたほど道は険しくなかった」と思うことがあります。最初の一歩が大変であり、決まるときはトントン拍子で決まるのが転職です。

美容クリニック(美容外科)には、求人が出やすい時期があります。下記に求人が出やすい時期について掲載しておきました。

一番求人がある時期  :  2月から3月にかけて

美容クリニック側が4月の入職を希望して応募をかける時期であることと、12月といった年度末に辞めた欠員を補充する時期に当たります。

次に求人が多い時期  :  9月

夏のボーナスをもらって辞めた看護師の補充する時期です。

では、「2月くらいに転職活動を始めたら間に合うかな」と思われる方もいると思います。ただ、そこで動き始めては、すでに情報戦に遅れを取っています。

2月に転職を決めたいと思っているのであれば、12月か、遅くても1月には希望する美容関連のクリニックの情報をコツコツと集め始めるなどの活動をし始めると良いでしょう。

美容クリニックでは、いつ優良な求人が出るかわからないことも多いので、時期を逃したと思う方も常にアンテナを張り巡らせておくことが大切です。さらに、良い求人を見る目を養っておきましょう。

いつも出ている求人は、スタッフの出入りが激しい、職場の雰囲気が悪いなどといった理由で人気のない求人なのだと、求人票に出ている情報の読み方も分かってきます。

そして「これだ」と思った求人には早めに応募することが大切です。気を抜かないでいつでも転職の準備ができるようにしておくことが、30代・40代でも美容クリニックに転職できるコツになります。

30代・40代の転職成功の秘訣は諦めないこと

中には、途中で転職が辛くなって諦めてしまうことも出てきてしまうでしょう。そのようなときは「良い求人案件がないだけ」と考えて、あなたの希望にあった求人が出てくるまで、待っていれば大丈夫です。

ある日突然、看護師転職サイトのコンサルタントから電話がかかってくることがあります。また、良い求人だと思っても、美容クリニックはノルマがきつすぎる、新人の離職率が高いなどの裏があることも多いので、コンサルタントに尋ねてみるのもおススメです。

私の30代後半の友人で、どうしても美容クリニックに勤めたかった人がいました。その友人は何度か自分で美容外科に求人を申し込んだのですが、年齢のせいで面接まで進むことができず、心が折れそうになったことが何度かあったそうです。

そこでその友人は毎日求人チェックを行い、「いいな」と思った求人は、年齢だけをみて不採用になってしまうという理由から、自分では直接申し込まず、転職コンサルタントに相談の電話をしていました。転職コンサルタントを通し、自分を美容外科に推薦してもらうようにしました。

そうすることで年齢だけで判断されて不採用にされることを避けられたといいます。人気のある優良な美容クリニックや美容皮膚科が求人を出すと、数日ですぐに何十人も集まってしまうため、履歴書の内容を確認されず、年齢だけで落とされてしまうことがあります。

しかし、転職コンサルタントを通すことで、友人が「どこでどんな経験を積んできたのか」「どの程度、美容に興味や関心を持っているのか」を希望するクリニックに伝え、印象に残すことができたといいます。そして人物像に興味を持ってもらえ、面接まで行けました。

その友人はおよそ3ヶ月かけて、今は同じ年代の看護師が多く在籍する個人経営の美容外科に勤めることに成功しています。

その友人は「年齢だけでみて不採用にされるのは悲しい。私にはこんなことができるといった面をしっかりみてもらうには、転職コンサルタントの存在が不可欠だった」と言っていました。

確かに30代・40代が美容クリニックに転職するには、長く勤めてほしいクリニック側からすれば、難しい一面があるでしょう。しかし、それにも負けず、諦めないで転職のアンテナを張り巡らせていれば、「諦めなくてよかった」と思える美容クリニックに出逢えるはずです。

心が折れそうなときは転職サイトを利用するなどし、一人で頑張りすぎないように気をつけましょう。頑張りすぎると心が折れて、希望するクリニックとはかけ離れたクリニックに転職してしまい後悔してしまう可能性があります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く