デイサービスでの看護師の役割と、病棟の看護師の役割とでは、一体どのように違うのでしょうか。デイサービスなので、「日勤のみの時間帯で残業はしなくていいから楽」といった噂は本当なのでしょうか。

同じ看護師の仕事とはいえ、病棟とデイサービスでは看護師の役割は全く異なります

この記事では、デイサービスでの看護師の仕事や他職種とは異なる役割、また知っておくべき口コミや求人情報について確認していきたいと思います。

デイサービス看護師の仕事と役割

デイサービスで勤める看護師の仕事とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。ひとつずつ、確認していきたいと思います。

デイサービスについて

まずはデイサービスとは、どのような事業所であるのか述べていきます。

デイサービスとは、通所介護とも言います。主に、在宅で介護が必要な高齢者が事業所に通い利用することのできるサービスです。送迎付きで、日常生活の支援(食事や入浴など)やレクリエーションなどのサービスを受けることができます。最近では空き家や古民家を利用して開設されている事業所が多いです。

介護の必要度合に応じて、要支援や要介護認定(1~5段階)の認定を受けた人が利用できます。介護保険法ではデイサービスの利用回数の上限は規定されていませんが、人気のある各事業所では認定された段階に応じて、利用回数の上限を定めているところが多いです。

全ての段階の方が同じデイサービスの施設を利用できるのではなく、各事業所に応じて、専門分野(要介護1~2のみ受け入れ可能、認知症専門など)が異なります

例えば要支援の方だと、ある程度自分で動くことが可能ですが、要介護の段階が高い方ですと全介助を必要とすることがあります。認定を受けたとはいえ、要支援と要介護では介護度が全く異なるため、施設の設備もサービスの内容も違ってきます。

それぞれの認定段階に応じ、設備が整えられたデイサービスの事業所があります。そのため、入職を希望する事業所が「どのような専門で、どの支援・介護段階を受け入れているのか」について事前確認をしておくと、あなたにとって理想とする職場に近づけることができます。

各事業所の種類

そこでさらに詳しく、デイサービス看護師が働く各事業所の種類について確認していきます。デイサービスには、一概に「このような施設」といえるようなものはなく、大小さまざまな施設が存在します。

デイサービスの看護師求人では、給与や待遇、仕事内容などのほかに、どのような種類の事業所であるのか確認しておきましょう。

地域密着型通所介護事業所

2016年4月に介護保険の制度の見直しが行われ、かつて小規模型通所介護事業所といわれていた事業所が「地域密着型通所介護事業所」に変更となりました。これにより、都道府県の指定であったものが、市区町村の管轄に変わりました。これには、地域との連携や運営の透明性を確保する狙いがあります。

従業員として、生活相談員、看護職員(看護師もしくは准看護師)、介護職員、機能訓練指導員が配置されています。

地域密着型通所介護事業所の1日利用定員が18人以下の場合は、看護職員が1名以上確保される必要があります。

ただし、医療機関の看護職員との連携により利用者の健康状態が確認できていたり、サービス提供時間に医療機関と情報交換が行われていたりする場合は、必ずしも看護職員の配置は必要とはなりません。

また1日利用定員が10人以下の場合は、サービス提供時間において看護職員1名以上の配置が義務づけられていますが、必ずしも常勤である必要はありません。

食事は配給サービスを利用したり、スタッフによる手作りランチを行っていたりするところもあります。入浴は施設自体がそれほど大きくないので、一人ずつペースに合わせて入浴してもらうことが可能です。

メリットとしては、まさに地域密着型でアットホームな雰囲気があります。小規模ならでの利用者一人一人に合わせたサービスを提供することができます。

デメリットについては、看護師を常勤で配置させる必要がないため、医療依存の高い方は利用できない場合があります。

通常規模型介護事業所(通常規模デイサービス)

1日利用定員が10~50人で、看護職員1名以上が常勤で勤務しなければなりません。こちらも同一敷地内に関連施設があり、看護師と連携が取れている場合は例外となります。

食事は併設となる厨房で調理されることが多いです。この場合は利用者の咀嚼状態に合わせ、きざみ食やペースト食などを提供できます。入浴は設備が整っている場合がほとんどで、リフトを利用して利用者の持ち上げが可能です。一度に複数人の入浴利用が可能です。

メリットとしては、病院と併設されて建てられていることが多く、医師がすぐに駆け付けられる施設がほとんどです。そのため、介護度が高い方でも利用することが可能です。

デメリットとしては、利用者の人数が多いため、入浴や食事介助が流れ作業のように次々行われていく傾向が高いということです。職員との会話を楽しむよりも、利用者同士のコミュニケーションを楽しむ機会のほうが多いといわれています。

療養型通所介護事業所

療養型通所介護事業所は、介護度の高い難病・重病を有する方や、末期がんで常時看護師の観察が必要となる方を対象とした施設です。

利用者1.5人に対して、介護・看護職員1名以上配置の規定があるため、少人数ならではのきめ細かいサービスを提供することができます。

介護サービス計画書に基づき、入浴や排泄、食事介助、日常生活上の世話や機能訓練などを行ないます。食事は経口摂取が可能であれば職員による介助、経管栄養の場合は看護師が行います。

メリットとしては、利用者の定員は9人以下となっており、地域密着型通所介護事業所よりもさらに少ない人数となっています。利用者1人につき、6.4平方メートル以上必要と規定があり、ゆったりとしたスペースを確保することができます。

デメリットとしては、緊急事態が起きやすいといった面が挙げられます。常にさまざまな視点から観察をする必要があります。

認知症型通所介護事業所

自宅で療養可能な脳血管疾患、アルツハイマー病など認知症の方を対象とした、入浴や排泄、食事の介助、日常生活における世話や機能訓練を行う事業所になります。

一般的な通所介護との違いは、利用者の社会的孤立感の解消や、機能訓練による心身機能の維持回復を目指している点です。家族介護の負担軽減という目的は同じです。利用者の定員人数は12人以下です。

認知症対応型通所介護の人員基準によると、看護職員または介護職員が専従で2名以上との規定があります。他のデイサービスと異なり、職員が多く配置されており対応が手厚い点がメリットです。

リハビリ型介護事業所

要介護状態であったとしても、能力に応じ利用者が可能な限り、自立した日常生活を営むことができるよう、リハビリテーションを行う施設です。主治医からの指示書に基づき、理学療法や作業療法、その他のリハビリテーションを行い、利用者の心身機能の維持回復を図ることを目的としています。

配置されるスタッフは、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護職員などです。必ずしも看護師が専従する必要はありません。

メリットとしては、スポーツクラブに通う感覚でリハビリ型介護事業所に通うことができるため、利用者の自尊心を保つことができる点です。リハビリ訓練を行い、できなかったことができるようになる方もいるため、利用者に施設の運営を喜ばれることが多いです。

デイサービス看護師の仕事内容と目的

デイサービス看護師の主な仕事内容として、下記のような業務があります。

・バイタルチェック(体重・血圧・体温・脈拍など)

・入浴介助や食事介助

・レクリエーションの準備や補助

このようにデイサービスの看護師は、病棟の看護師とは違い、病気やケガの治療の補助を目的としていません。

デイサービスの目的は、利用者が自宅に閉じこもり、孤独になることを防止し、仲間ができる社会の場を提供することです。デイサービスに通うことで、高齢者などの利用者が気分のリフレッシュを図り、イキイキとした生活を送ることができるのです。

また、毎日介護を行っている家族の負担も軽くなることから、利用者と家族の双方が無理なく生活をするために必要なサービスといえます。

デイサービス看護師の役割

デイサービスには、看護師のほかにも介護士、ヘルパー、介護福祉士が一緒に働いています。制服はどちらもよく似ていることが多く、初見の人には区別がつかないかもしれません。しかし、看護師と介護士の役割には大きな違いがあります。

それは「医療行為が行えるかどうか」ということです。デイサービスの利用者の健康管理を行ったり、ケガの処置や入浴を行ってよいかなどの判断を行ったり、入浴後に薬を塗ったり、救急時の対応をしたりするのが看護師の役割です。

デイサービス利用者には持病を抱えている方も多く、食事や入浴、レクリエーションなどのサービスを行なう際は、看護師の判断に委ねられます。

食事のときに、利用者が嚥下を正しく行えているか、むせ込みをする場合は何が原因かなどを把握し、食事の形態についてもアドバイスをします。

一方、介護士の役割は、排泄・入浴介助や、レクリエーション時の対話などがそれに当たります。デイサービスの場合、介護度が比較的低い利用者が多いため、コミュニケーションを中心とした業務が多くなります。

もちろん、介護系看護師は、法律上でも介護の仕事も行なうことができます。しかし、介護士は介護士の仕事しか行うことができません。

事業所によっては看護師の仕事だけでなく、介護士のほとんどの仕事も担っている看護師がいるので、看護師の仕事は「看護+介護」と多岐に渡ると考えてよいでしょう。

看護師が医療行為を行える範囲は

そこで疑問に思うのが、「看護師が行ってよい医療行為の範囲」についてです。基本的にデイサービスでは、看護師が独断で医療行為を行うことは禁止されています。

看護師が行える医療行為は、入浴後の湿布薬の貼り直しや、塗り薬の塗り直しです。痰が詰まって苦しいときの吸引や経管栄養や胃瘻への注入を行うこと、また応急処置もできます。

もし、利用者に対して医療行為が必要であると判断した場合は、ケアマネージャーに連絡をし、担当医師に報告をします。医師からの指示があれば、看護師がそれに基づき処置を行うことができます

例えば、利用者が便秘に苦しんでいる場合などを挙げてみましょう。「利用者について、何日前から便が出ておらず、どのような状態で苦しんでいるか、また必要なバイタルの計測」を行い、医師に摘便や浣腸、薬の処方などの指示を貰い、看護師が実施します。

ちなみに、利用者の家族から家庭内で実施する摘便や浣腸、処方薬について相談があった場合、正しい方法についてアドバイスすることは問題ありません。

デイサービス看護師以外のスタッフとは

デイサービスで勤務するスタッフは看護師以外にも、介護福祉士、ヘルパー、生活相談員(生活指導員)、機能訓練指導員などがいます。

看護師は各スタッフと情報交換を行いながら、利用者にとって安全で安楽な運営に関わることが大切です。

介護福祉士 … 介護福祉士は、「国家資格」になります。介護を必要とする利用者に対し、身体介護や生活援助を行います。別名ケアワーカーといわれ、現場の責任者になったり、介護者に対して介護の指導を行なったりすることができます。

ホームヘルパー … ホームヘルパーは「認定資格」になります。基本的にヘルパーは介護士と同じ仕事を行います。デイサービスでは身体の介護を提供します。「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」と、その上の資格である「介護福祉士実務者研修」があります。

生活相談員利用者や家族からの相談に応じたり、各利用者に合った援助プログラムを立案・実施したり、入退所の手続きをおこなったりします。他にも、利用者のケアマネージャーとの橋渡し、各種事務手続き、ケアプランの作成の補助も仕事の一つです。

機能訓練指導員 … デイサービスには機能訓練指導員を必ず1人以上配置するよう定められています。「機能訓練指導員」という資格はなく、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士、ときには看護師が、機能訓練指導を専門的に行う「機能訓練指導員」となります。

レクリエーションの実施や利用者の心身機能の評価、機能訓練計画書(運動プログラム)の作成などを行ないます。

デイサービス看護師のメリット・デメリット

次に、デイサービス看護師のメリット・デメリットについて述べていきます。

デイサービス看護師のメリット

デイサービス看護師の最大のメリットは、病棟の看護師のように忙しさのために流れ作業になることが少なく、一人ひとりの利用者とじっくり向き合うことができるという点です。

勉強会や夜勤、残業も少なく、不規則な勤務も無くなるため、自分自身の心身の回復にもゆとりが出てきます。日曜、祝日が休みの事業所が多いため、家族との休みも合わせやすい傾向にあります。

また一人ひとりの利用者と深くかかわっているうちに、表情や気持ちの変化をくみ取ることができるようになります。利用者の「こうしてほしい」を叶えることができ、やりがいに変わっていく人が多いようです。

デイサービス看護師のデメリット

デイサービスで勤務する看護師の人数は1~2人です。そのため、自分ひとりが利用者の健康状態を早めに察知して、状態が悪化する前に対策をとることが大切となります。それには、看護師の経験と勘が必要になります。

また、なかなか休みが取れないといったデメリットもあります。なぜなら看護職員の人員配置を必ず必要としている施設などでは、あなたが休んでしまうと、サービスを提供できなくなってしまうからです。

さらに、他の職種との関係でうまくいかないことがあります。看護師の仕事のほうが介護士よりも多いことがあり、看護師が請け負う仕事が多くなる場合があります。

デイサービス看護師の口コミ

次にデイサービスで実際に働いた方の口コミを確認していきます。

デイサービス看護師歴 1年半 26歳

もともとは急性期病棟で忙しく働いていました。しかし、心身ともに不安定になってしまい、もっとゆったりした環境で私らしく働きたいと考え、デイサービス看護師を希望しました。

急性期病棟のときは、勉強会や時間外勤務が非常に多く、患者さんとの関わりも事務的になってしまい、「どうして看護師になったのだろう」と思うことが多くありました。

しかし、デイサービス看護師に転向してからは、利用者さんの何気ない会話や表情から、いつもとの違いを感じ取ることができるようになりました。その気持ちを汲み取り、利用者さんと会話をしていると、ある日、利用者さんから「あなたがいてくれるから、明るくなれるのよ。ありがとう」と言われました

いままで忘れていた看護師としてのやりがいや、人間同士の大切な関わりを考え直せたように思えます。いまは毎日が充実しています。

デイサービス看護師歴 半年 29歳

私の施設は、40~50代の介護士との関係が最悪でした。その方達はもともとその施設でずっと働いており、新しく入ってくる看護師を次々と辞めさせているようでした。

他の看護師に行ったのと同様に、介護士たちは「看護師なのだから、この仕事はして当然」「看護師のほうが給料が多いのだから、もっと働かないと」「どうせ私たちが頑張っても地位が下のままなのだから、頑張るならあなたが頑張りなさい」と私の能力以上の仕事を次々と押し付けてきました。

仕事が手一杯のため断ると、今度は無視をされるようになりました。あまりにも働きづらい職場であったため「すぐに辞めてしまおう」と思ったのですが、私は運よく転職サイトに仲介してもらっていたことを思い出しました。

そこで、担当のコンサルタントに、介護士にいままでされてきたこと、言われたことをすべて伝えました。すると担当コンサルタントは、そのことをその日のうちに、その施設の上の方に伝え、交渉をしてくれました

その後、私に一番被害を与えていた介護士は他の施設に飛ばされることになり、私と同い年の介護職員が入ってきました。それから仕事が大変やりやすくなり、今では同じ職場かと思うくらい楽しく働くことができています。

あのとき、勢いで辞めなくて良かったと思います。

デイサービス看護師の給料

最後に気になるデイサービス看護師の給料事情についてお話します。

デイサービスの看護師の給料の相場とは

デイサービスでの勤務時間は「8時半から17時半まで」のところが多く、8時間勤務となります。お住まいの地域や希望する施設により異なりますが、基本給と資格手当で月20万円前後が相場となります。ボーナスは出たり、出なかったりと施設により異なります。

病棟勤務の看護師の場合、夜勤手当があるために、その分多めになります。デイサービス看護師は夜勤手当がない分、年収はどうしても低い傾向にあります。そのため、待遇や賞与の有無、各種手当の金額がどのくらいであるのか、事前にチェックしておくことが大切です。

デイサービスで勤務希望の看護師の求人方法とは

デイサービスで働いてみたいと思った看護師の求人方法には、ハローワークや求人広告で探す方法があります。

しかし、ここでは一歩踏み込んで、給与交渉や先ほどの待遇面のサポートをしてくれる看護師専門の転職サイトをおススメしたいと思います。

転職サイトをおススメする理由

転職サイトをおススメする理由はいくつかあります。

先ほどのデイサービス看護師の口コミにもありましたが、転職後にトラブルが起こった場合、自分ひとりでは対処しづらいときがあります。そのようなときに、紹介してくれたあなた担当のコンサルタントがあなたと転職先の施設との仲介に入ってくれ、トラブルを解決してくれます。これはかなり心強い味方です。

また転職時には、あなたの転職先に関する希望を詳細に聞いてくれ、希望先の施設の担当者に給料も含め交渉してくれます。あなたはより自分の希望に沿った職場と巡り合えることになります。

さらに、条件のよい求人は応募が殺到し、人選が難しくなるため、あえて看護師転職サイト側により「非公開求人」とされているところがあります。そのような非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。

実際に希望する施設に先に転職をした方の情報も教えてくれるため、入職後に「これは話が違う」ということが少なくなります。

管理人おススメの転職サイト

当サイトの管理人である私のおススメの転職サイトは、正職員なら「看護のお仕事」、まずは派遣社員で試してみたいという方は「MCナースネット」です。

正職員:看護のお仕事

「看護のお仕事」は、全国規模で展開している看護師専門の転職サイトです。こちらのサイトは、先ほどお話した好条件の非公開求人をもっていることが多く、気になる内部情報(離職率・評判・雰囲気・スタッフの人柄など)についても詳しく教えてもらうことができます。

「デイサービス」で勤務したいことを担当のコンサルタントに伝えれば、12万件以上ある事業所情報から、付き合いのある施設や看護師のネットワークを駆使し、求人を親身に探してくれます

また、看護のお仕事を利用して新しい転職先が決まれば、最大12万円の転職支援金を贈呈してもらえます。

看護のお仕事は、多くの看護師から理想の求人に巡り合えたと評判の高い転職サイトとなっています。

派遣:MCナースネット

「MCナースネット」は全国規模で展開している看護師専門の単発求人や派遣求人案件を多くもっている人材派遣会社です。

看護師専門の人材派遣会社は全国に多くありますが、特にMCナースネットは派遣の紹介に強いため、「デイサービスの派遣希望」と伝えると親身に相談に乗ってくれることでしょう。

派遣といえば、全国対応で、しかも業界トップクラスを誇る案件数をもつMCナースネットが一番のおススメです。

「ブランクがあって、すぐに常勤になるには抵抗がある方」「扶養内で働きたい方」「スタッフとの人間関係に不安をお持ちの方」など、常勤よりも時給も待遇も良い派遣という働き方を選択する場合にはMCナースネットの利用で、あなたの理想とする働き方に近づけることができます。

また「派遣を行っていたけれど、そろそろ常勤に戻ってみようかな」と思った場合でも、MCナースネットなら常勤の求人も抱えています。

派遣から常勤に働き方をシフトしていきたい方であれば、「看護のお仕事」と「MCナースネット」の2社を登録しておくと、力強い転職の味方となってくれるでしょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く