看護師という職業はどちらかというと、毎日同じ職場環境でのルーティン作業が多くなります。患者さんを笑顔にすることで看護にやりがいを感じるのは確かですが、看護師免許を生かして「空いた時間で何か別の仕事をしてみたい」という方も多いのではないでしょうか。

そこでおススメするのがイベントナースです。イベントナースとは、コンサート会場やスポーツ大会、ライブ会場などのイベントで救護活動を行う看護師のことです。普段と異なる環境で、看護師免許を生かして働くことができます。

病棟での看護師にもやりがいはあるけれど、たまには違った環境で医療関係者以外の人たちと接しながら、看護師として活躍することができるのがイベントナースです。

「普段の看護師とは違った仕事がしてみたい」「普通の人が味わえないような仕事を体験してみたい」と思っているあなたには、まさにもってこいの仕事といえるでしょう。イベントナースは、看護師が行うバイトや派遣の仕事の中では特に人気の求人です。

そこで今回はイベントナースの仕事内容やメリット&デメリット、また求人の探し方などについて述べていきたいと思います。

イベントナースの仕事内容とは

コンサートやライブ会場など、人が多く集まるイベントの救護班で働く看護師のことを「イベントナース」といいます。

「コンサートやライブ会場で働けるなんて楽しそう!私もイベントナースの仕事をしてみたい!」と思う看護師さんも多く、募集が出てもすぐに定員が埋まってしまう可能性が高い求人です。

まずはどのような仕事内容なのか詳しく確認していきましょう。

イベントナースの仕事内容

イベントナースとは、イベント会場で体調が悪くなってしまった人やケガをしてしまった人の応急処置をするために医務室で待機する仕事になります。

他にもイベントナースが行う仕事内容について下記にあげておきます。

・発熱や頭痛、熱中症などの体調不良の場合の内科的応急処置

・ケガや捻挫、骨折などが疑われる場合の外科的応急処置

・既往歴の確認

・バイタルチェックの確認

・同伴者の有無の確認

・急変時にそばにいた人に行う状況確認

・救急搬送が必要かどうかの判断

体調不良者やケガ人が全く出ないイベントもあれば、体調不良者やケガ人が続出して大忙しのイベントもあり、その時々により忙しさも責任感もさまざまです。

また、応急処置を施しても状態が良くない病人やケガ人がいるようであれば、救急車を手配し、救急搬送する場合もあります。軽症でも容態がおかしいと思えば、念のためタクシーで病院に行ってもらうように伝えることもあります。

イベントナースは患者が運ばれてきた時点の短い時間で、必要な情報収集を行い、正しい処置や救護が行えるよう最善を尽くさなければなりません。

基本的に救護室で待機するのは看護師1人のことが多いです。まれに医師も一緒に待機していることがありますが、ほとんどの場合は看護師が1~2人しか待機していないと思っておいてよいでしょう。どのようなイベントの救護班として参加するのかを確認し、事前に必要となるであろう応急処置の方法などについて確認しておくと安心です。

イベントナースの給料

イベントナースの給料は仕事場所によっても異なります。イベントナースを常勤で雇うことは皆無に等しく、ほとんどの場合がバイトか派遣での求人となります。

基本的に1日8時間の勤務で、時給1,500~2,000円以上と高額なものまで幅広いのが特徴です。やはり東京や大阪などの都心部での求人のほうが、時給が高い傾向にあります。

また午前だけ、午後だけといった労働時間が区切られている求人も多くあります。ただし時給が高ければ高いほど忙しい傾向にあるため、高時給だけで判断をしてイベントナースの仕事を決めてしまわないように注意する必要があります。

ちなみに、バイトでイベントナースをするよりも派遣でイベントナースをするほうが、時給が高い傾向にあります(この説明は「派遣看護師でイベントナースをする」で後述します)。

イベントナースの仕事場所

実際にイベントナースはどのような場所で働くことになるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

ジャニーズなどアイドルのコンサートやライブ会場

イベントナースの最大の魅力は、もしかすると自分の好きなタレントやアイドルのコンサートやライブ会場での救護室で働くことができる可能性があるということです。

残念なことに募集の段階では「誰のコンサートやライブで働くのか」については教えてもらえません。当日のお楽しみになりますが、列を作っているファンを横目に、ライブ関係者としてスタッフ通用口からスーッと入るときの優越感は何事にも代えがたいものになります。

もちろん仕事として参加するため、ジャニーズなどのアイドルに遇って挨拶をしたり、コンサートやライブの会場を裏から見学したりすることはできません。

「少しくらい音楽が聞こえないかな」と期待される方もいると思いますが、武道館やさいたまスーパーアリーナなど建物の構造がしっかりした施設などのライブですと、イベントナースが待機する医務室には何の音も聞こえないくらい徹底した防音が施されています。

唯一、会場に出入りする際にファンの熱気や非日常性など、その雰囲気を味わうことはできます。

ミーハーになりたい気持ちも分かりますが、ここはプロの看護師として気持ちを切り替えることが大切です。ライブで急な体調不良やケガをしてしまったファンにも「このライブに来てよかった。救護室ではナースに親切な対応をしてもらえ、適切な処置を施してもらえた」と思って帰ってもらえるような看護を心掛けましょう

コンサートやライブなどでの観客に起こりやすい体調不良は、熱中症や過呼吸などです。盛り上がりすぎて、自分でも気づかないうちに体調が悪化してしまい、状態が悪くなってから医務室に運ばれてくることが多いようです。また、人がひしめき合うようなライブ会場などですと、転倒などのケガも考えておく必要があります。

夏フェスなどのイベント会場

夏フェスとは、主に野外で行なわれる国内外の複数のアーティストによる音楽の祭典です。数日間にわたり数万人規模の観客が訪れ、屋台なども多数出店しています。最近ではキャンプができる夏フェスもあるようです。苗場スキー場で行われるFUJI ROCK FESTIVALが有名です。

このように数日間に渡り、夏場に多くの人が集まるイベントというだけあって、急病人が出やすいのが特徴です。熱中症や過呼吸、転倒はもちろん、食中毒や蛇や害虫などによるトラブルなどの訴えが想定されます。

プロ、アマ問わず、スポーツ大会

野球やサッカー、ラグビー、柔道、バレーボールなどスポーツ好きな看護師にとって嬉しいのがこちらの求人です。プロ、アマ問わず、スポーツにはケガがつきものです。体調の悪くなった観客だけでなく、選手の救護に当たる可能性もあります

私の友人の母の話ですが、サッカーのJ1交流戦でイベントナースとして参加したことがあるそうです。実際にJ1で活躍する選手のアイシングを行ったり、熱中症になった観客に水分補給のアドバイスを行ったりした経験があるといっていました。

その方はサッカーにあまり興味がなく、看護師として淡々と働いたそうですが、サッカー好きな看護師にとっては大変貴重な嬉しい経験となることでしょう。

お祭りなどの地域のイベント

花火大会などの地域のイベントで人込みに押し倒されてケガをしたという人を見たことはないでしょうか。イベントナースはこのような地域のイベントでも求人が出ていることがあります。

不特定多数の人が多く集まる場所では、急病人やケガ人が続出することが多いです

地域の小規模のイベントですと、あまり急病人やケガ人が出ることは少ないです。しかし「だんじり祭り」や「けんか祭り」のように全国からこの祭りを見るために数万もの人が訪れ、また参加者同士がぶつかり合うような激しいイベントになると、救護班も忙しくなることが多いです。

サマーキャンプなどの子どもたちのイベント

林間学校、サマーキャンプ、部活の合宿など、子どもたちのイベントの引率としてイベントナースの求人があります。多くのイベントは一泊二日など宿泊を伴い、その引率をすることが多いです。

子どもたちは普段とは違った環境で、親から離れ友達と一緒に行動するということもあり、大人が考える以上に危険な行動を平気ですることがあります。そのため、このようなイベントではケガや急病人が出やすいともいえます。

小児科勤務の看護師は普段行なっている看護を活用することができたり、老年者の多い病棟で勤務する看護師も普段触れ合う患者さんとは異なる年代の元気な子どもと触れ合えたりするため、やりがいを感じる仕事であるといえるでしょう。

多いケガは転倒や転落、火傷、害虫によるトラブルなどです。また病気でいえば、腹痛や嘔吐、急な発熱などが想定されます。また夜になると興奮したり寂しがったりして眠れない子どもたちのケアに当たるなど、仕事内容は幅広いといっていいでしょう。

テレビなどメディア関連のイベント

非常に稀な求人にはなりますが、イベントナースには医療系のドラマなどで看護師役の俳優さんや女優さんに看護技術の指導を行うといった仕事があります。

また、例えば「これを続けると血圧が下がる」といった検証を行う医療系を扱うテレビ番組で、実際に看護師役として血圧を測定したり、医師の指示のもと採血を行ったりしている場面を撮るためにイベントナースが出演することもあります。

こちらも求人の段階では、どのようなテレビ番組であるのか具体的に教えてもらうことはできません。こちらも当日までのお楽しみということになります。

イベントナースのメリット&デメリットとは

さまざまな場面で活躍するイベントナースです。知れば知るほど、「イベントナースは面白そう」と思われた方もいるのではないでしょうか。

そこでイベントナースをする上でのメリットとデメリットについて知っておくことが大切となります。イベントナースをして後悔をしないように、メリットとデメリットについて把握しておくようにしましょう。

イベントナースのメリット

イベントナースのメリットは、主に単発(スポットもしくは日雇い)の仕事になるため、あなたにとって都合のいい日に働くことができることです。単発での働き方は、人間関係のしがらみといった精神的ストレスが少なくて済むのが特徴です。

しかも「次の日も出勤しなければならない」ことはなく1日限定の仕事であるため、多少嫌な目にあったとしても、気分を切り替えることができます。

また医療関係者とは異なる業界で働くことになり、様々な人との出会いがあり、人間としての視野を広げることにもつながります。

さらに、もしイベントに急病人やケガ人が出ない場合は、救護室や医務室で待機しているだけで報酬が発生します。急病人やケガ人が1人も来なくても報酬が変動するわけではないので、イベントナースは割のいい仕事ともいえます。

その上、看護師というのは職業柄、病棟や施設、クリニックといった狭い空間での勤務となるのが一般的です。しかしイベントとなると明るく活気のある雰囲気であることが多いため、イベントナースを行うとイベントごとに気分をリフレッシュできるのが特徴です。

イベントナースのデメリット

イベントナースのデメリットは、看護師の人数が1~数人であるため、スピーディにかつ的確な処置が望まれる点です。看護師として幅広い知識をもって仕事に臨む必要があります。

もしこのように臨機応変な処置を行う自信が無いようであれば、イベントナースをするには少し時期尚早だといえます。

また夏フェスなど野外で行なわれる場合は、救護室も野外であることが多く、炎天下・悪天候のなかでも自分の体調管理もしながら、救護活動を行う必要があります。暑いのや虫が苦手という人は夏のイベントには耐えられないかもしれません。

またメリットのところで、「イベントナースは単発の仕事であるため都合のいい日に働ける」と述べたのですが、それは逆にいえば、「収入が安定しない」というデメリットでもあります。

夏はイベントが多く開催される時期であるため、比較的求人が多いのが特徴です。一方、冬はイベントが少なめで、全く求人が無い月もあり無収入の月も出てきてしまうので、イベントナースを収入の主軸にすることには注意が必要です。

イベントナースに求められる役割とは

イベントナースに求められる役割についてお話しておきます。イベントナースでは急病人やケガ人に対して的確な判断を行い、スピーディに適切な看護を行える役目を果たさなければなりません。ひとつずつ、確認していきましょう。

必要な情報を収集する

運ばれてきた急病人やケガ人に対して、「どのような状況で、どのように状態が悪化したのか」「連絡先はどこにすればいいか」「バイタルサインは低下していないか」「持病などはないか」「薬などは服用していないか」などの情報をいち早く収集することが重要です。

急病人やケガ人とコミュニケーションが取れるようであれば、その本人から情報を収集します。しかし本人から情報収集が行えないようであれば、運んできた人から情報を収集しましょう。現場がパニックになっているときも、あなたはプロの看護師として冷静に対応しなければなりません。

収集した情報をもとに、適切な処置を行うことができます。もし救急搬送となった場合では、救急隊への情報源としてあなたの集めた情報が重要になります。

イベントごとで推測できる病気やケガに備えておく

イベントと一言でいっても上記で挙げた通り、さまざまな種類があります。あなたが働くイベントではどのような事故や病気が発生する可能性があるのか推測し、ある程度の準備をしておくことが重要です。

準備をしておけば、ケガや病気で続けざまに運ばれてきても、パニックになることが少なくなります。例えば、ドーム型のイベント会場では冬でも熱中症になる人が出る可能性があるでしょうし、人がひしめき合うような会場ですと捻挫や切り傷などが考えられます。

このことをあらかじめ把握しておき、処置をスムーズに行える準備をしておくとよいでしょう。

処置のための救急道具を下に記しておきます。

・応急処置が行える救急セット

・血圧計

・体温計

・AED(AEDが置いてある場所と動作確認)

・感染防止用の手袋

・ガーゼ、包帯類

・過呼吸用の袋

・タオル(冷却用や嘔吐物を処理するなど用途豊富)

・処置をしたものを入れるゴミ袋

最低限ですが、これらのものをイベント開催前に予め確認しておくと、安心といえます。

イベントの内容や観客層、避難経路を把握しておく

「どのようなイベントが行われるのか」「どのような年代の観客が多いか」「建物の構造はどのようになっているのか」「避難経路はどこなのか」を把握しておくことが重要です。

救護で駆け付けた際に「どのような情報収集から行なえばいいのか」を冷静に判断できることにつながります。

一般的に子どもが多いイベントですと、ケガや発熱、腹痛などで運ばれてくることが多いのですが、年代が上になるにつれて、基礎疾患の憎悪、心疾患、脳疾患などで運ばれてくる可能性が高くなります。

避難経路も把握しておくと、万が一災害が発生した際にも観客をうまく誘導し、ケガ人を少なくすることに役立ちます。

緊急搬送の手配の仕方を確認しておく

また緊急搬送の手配の仕方を確認しておくことも重要です。搬送が必要な人を目の前にして、「緊急搬送をする際にはどのように実践すればいいのか」を調べているようではいけません。

イベントによって「イベントナースの判断で救急車を呼ぶ場合」と「イベントスタッフに救急車を手配することを報告してから呼ぶ場合」など救急搬送を行う手続きの方法が異なります。

あらかじめ緊急搬送の手配の仕方を把握しておき、1秒でも無駄にしないように動くことが大切です。

満足するイベントナースを行うには

イベントナースを行うには、「バイト 看護師」で検索してもある程度の求人は出てきます。しかし、「派遣 看護師」で検索したほうが、時給が良い可能性が高いです。派遣看護師としてイベントナースで働く方法になります。

派遣看護師でイベントナースをする

ではなぜ派遣看護師でイベントナースを行ったほうが良いのでしょうか。

バイトでイベントナースの求人を申し込むと、「あなたと求人先の直接契約」になることが多いです。バイトのほうが派遣看護師のような中間マージン(手数料)がかからず、時給が高そうなイメージです。

しかし、実はバイトでイベントナースをするほうが派遣看護師でイベントナースをするより、時給は低い傾向にあります。

なぜ「派遣看護師のほうが、時給が高いか」というと、人材派遣会社とイベント会社との間にはつながりがあり、事前に人材派遣会社が「時給を高めに設定してもらえるよう」交渉している場合があるからです。

また求人先であるイベント会社は、人材派遣会社にイベントナースの求人を頼むことで、バイト募集の広告費を出す必要がなくなります。余計な出費である求人募集の広告を出さないで人材派遣会社に頼んだほうが安く済みます。広告費を浮かした分、派遣看護師の時給を高く設定できるというわけです。

このようなことから、看護師のバイトよりも派遣看護師でイベントナースをするほうが、時給が高いことが多いのです。

数少ない求人から案件をもらうには

イベントナースは人気の求人ですので案件が少なく、求人が出てもすぐに決まってしまうことが多いです。そのため、なかなか条件に合う求人に出会えない場合が多くあります。

とくにイベントナースのバイトとなると、自分で探す必要があるため「この求人は条件が合う」と思って応募をしても、すでに決まっていることがほとんどです。

このような場合、人材派遣会社に仲介してもらうほうが、いち早く条件に合った求人に出会える可能性が高くなります。人材派遣会社に登録をすると、まずあなたの条件を担当のコンサルタントに伝えます。

するとサイトに求人が掲載される前に、担当のコンサルタントがあなたの条件にあった求人を先に教えてくれることがあります。

そこで紹介してもらったイベントナースを行い、あなたの評判が良ければ、次のイベントナースの仕事も紹介してもらえる可能性が高くなります。

トラブルにも人材派遣会社が介入してくれる

また1日限定のイベントナースだとしても、イベント会社などとトラブルになることもあるでしょう。その場合、なにかトラブルがあった際は、人材派遣会社がイベント会社との間に入ってくれるので、バイトでのトラブルのように1人で悩む必要がなくなります

またイベントナース未経験者で仕事に不安がある場合は、人材派遣会社のコンサルタントがアドバイスを行ってくれます。

コンサルタントはいままで数多くのイベントナースを派遣してきた経験があるので、たとえイベントナースが未経験であったとしても、以前の実績などから、あなたの不安や疑問を取り除いてくれる的確なアドバイスをくれる可能性が高いです。

バイトと違い、1人ではない安心感が得られるのも派遣看護師としてイベントナースを行えるメリットです。

管理人おすすめの人材派遣会社

そこで当サイトの管理人である私がおすすめする人材派遣会社を紹介します。

MCナースネット

MCナースネットは全国規模で展開を行っている、看護師専門の単発求人や派遣を多く扱う人材派遣会社になります。他にも看護師人材派遣会社は多数ありますが、MCナースネットは単発・日払い、スポット求人まで幅広い求人をもっているサイトといえます。

イベントナースとなると、どうしても東京など都心にしか求人が無いように思えます。確かに地方ですと、開催されるイベントも少ないため、イベントナースの求人は少ないです。

しかし、MCナースネットは全国で展開しているため、いますぐには求人案件が無い場合も、MCナースネットに登録しておけば、求人がみつかり次第、あなたに紹介してくれる可能性が出てきます。

またイベントナースの仕事が無い間は、希望すれば他の1日限定の単発の看護の仕事を紹介してくれます。MCナースネットは単発の仕事の種類が多く、ツアーナース、健診、巡回入浴、デイサービス・デイケア、有料老人ホーム、クリニック、病院の外来、病棟での単発求人など扱っています。

また紹介するパソナメディカルと一緒に登録しておくと、さらにイベントナースの仕事を紹介してもらえる可能性が高まるため、おススメです。

パソナメディカル

パソナメディカルは、聞いたことがある人も少ないかとは思いますが、実は数ある看護師専門の人材派遣会社のなかでも1985年に創業しているパイオニア的な存在で、信頼できる会社になります。

イベントナースよりもツアーナース(ツアーに同行する看護師)の仕事を扱っている案件が多いのですが、イベントナースと同様、ツアーナースも希少案件ですので、登録しておいて損はないでしょう。もしかすると海外ツアーの同行などの案件も紹介されるかもしれません。

パソナメディカルは福利厚生が大変充実しており、要件を満たせば社会保険に加入することができ、有給休暇も取得が可能となります。「しばらくは派遣看護師を専従で行いたい」場合でも、好待遇・好条件で派遣の仕事を行うことができるので、この2社に登録しておいて損はありません。

何でも取り組み、看護力アップにつなげる

「イベントナースなんてミーハーな気持ちで仕事をするなんて!」と年配の看護師には少し怒られてしまうような気持ちもします。

しかし、空いた時間にスマートフォンをいじって、テレビ見て、友達と騒いだりして時間を潰すより、空き時間を利用して、看護師として違う環境でも本領を発揮することで、あなたの看護力に深みが増してきます。

イベントナースを気分転換に数ケ月に2~3日行うだけで、気分がリフレッシュされて気晴らしが行え、本業にもっと力を発揮できる看護師も存在します

いままでの自分の看護の知識や経験を充分に活用し、違う世界で楽しく働くことができるイベントナースは、看護師免許をもっているなら一度はチャレンジしてみる価値があります。

少しでも興味があるようなら、上記の人材派遣会社に登録し相談してみることをおススメします。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く