「今は看護師として勤務しているけれど、やはり保健師の夢を諦めきれない。保健師にもう一度挑戦したい」と看護師から保健師に転職する意思を固めた人に向けて、今回は採用されやすい志望動機の回答例についてまとめてみました。

看護師と比べて保健師のほうが、「夜勤がない」「残業が少ない」「土日が休みのことが多い」「力仕事が少ない」といった理由などから、女性にとって家族と時間を合わせやすくワークライフバランス(仕事と生活の調和)のとりやすい職種といえます。

しかし志望動機にこれらの理由を書いたとしても、狭き門の保健師に採用される可能性はほとんどないといってもいいでしょう。上記のような理由は、保健師を希望する人であるなら誰もが知っている当たり前のことだからです。その当たり前のことを志望動機に書いたとしても、「この人は他の応募者と違って光った一面をもっている」と面接官に思われることはありません。

まずは履歴書の志望動機で他の応募者ではなく、「あなたとぜひ会ってみたい」と面接官に思わせることが大切です。

「どうして看護師のキャリアを捨ててまで保健師になりたいのか」「どのような志をもって保健師という職業に選びなおしたのか」を明確に志望動機に記載しましょう。そうすることで、あなたと面接で会う前から、あなたが保健師としてどのように活躍してくれるのかを面接官に想像させることができます。

このような志望動機を書くには、事前にしっかり志望動機の対策を練っておく必要があります。では志望動機の書き方についてお話していきます。

志望動機は採用側に行える最高のアピール

まず、志望動機の重要性についてお話しておきます。志望動機は採用側に伝える最高のアピールの場です。あなたのやる気を採用側に印象づける上で、志望動機は大変重要な位置づけにあります。

応募者の能力で優劣をつけがたい場合は、採用側は「志望動機」を採用の決め手とします。志望動機を読んで「この人に会いたい」と採用側に思わせるようなものが書けるように志望動機を書くときは何度も練り直してください。

最初に看護師から保健師に転職したい場合、志望動機に必ず入れておきたいことをお話します。

志望動機には看護師経験と保健師志望理由を書く

看護師を辞めて保健師になりたいあなたの志望動機には、「なぜ看護師という経験を通して、保健師を目指そうと考えるようになったのか」という看護師経験から学んだことと保健師を希望する理由の二つを書き入れることが大切です。

保健師になりたい理由ばかり書いていては、看護師経験のない新卒の保健師希望の学生が書いた志望動機と大差がありません。

採用する側も新卒ばかりでなく、応募要項の欄に「新卒~30代まで」など年齢の幅をもたせているのには理由があります。それは新卒の人がもっていない看護師経験(社会人経験)を採用することで、即戦力になるといったメリット以外にも職場に新しい専門的な知識や経験を取り入れていきたいからです。

看護師から保健師に転職するということは中途採用になりますので、新卒採用のときのように保健師の魅力だけを志望動機として書くのでは不十分です。「新卒とは違い看護経験のある私を採用することが、お互いのメリットになる」というアピールをするようにしましょう。

志望動機にはやりたいこと、できること、求められることを意識する

さらに「なぜ他の看護師経験者ではなく、私を採用したほうがいいのか」という採用側の不安を取り払うことができれば、採用への道が開かれます。そのためには、あなたが「保健師としてやりたいこと」「保健師としてできること」「保健師として求められること」を意識して志望動機を書くことが大切です。

下記にこれらの「保健師としてやりたいこと」「保健師としてできること」「保健師として求められること」をまとめました。志望動機を書くときの参考にしてください。

保健師としてやりたいこと : 保健師として何が、どのように、なぜやりたいのか → これまでの看護師経験を踏まえ保健師として達成したい新たな目標

保健師としてできること : 保健師として何が、どのように、なぜできるのか → これまでの看護師経験から身に付いた専門性や即戦力性

保健師として求められること : 募集要項やホームページなどから収集した情報から判断してみましょう。採用側が「あなたに期待すること」とは何でしょうか。

これらのことを志望動機に入れることができていると、採用側は「あなたがこれまでどのような看護観をもって看護にあたっていたのか」、そして「これからどのような素晴らしい保健師に成長していくのか」をイメージすることができます。イメージできるということは、採用側の不安を払拭することにつながるのです。

あなたが書いた志望動機には、これらのことが織り交ぜられて書かれているでしょうか。上記をみながらチェックするとよいでしょう。

保健師ごとの志望動機回答例

それでは看護師から保健師に転職したい方に対して、採用されやすい志望動機の回答例についてみていきます。

保健師が就業している場所には、市町村の保健センター、都道府県が管轄する保健所、一般企業、診療所、介護保険施設などの福祉施設となっています。ここでは市町村の保健師、都道府県(保健所)の保健師、産業保健師の志望動機の回答例をお話していきます。

市町村の保健師希望の志望動機回答例

まず、市町村の保健師を希望している方に向けた志望動機の回答例から解説します。市町村の保健センターで働く保健師の業務内容を知ったうえで志望動機を書いていくことが大切です。

市町村の保健師が行う業務の中心は、多い順に母子保健、地区担当、健康づくり、精神保健、生活習慣病となっています。

その中でも母子保健業務は保健センターに勤務する保健師の半数近くが関わっている業務となります。

母子保健業務とは、妊婦さんが健康を維持しながら安心して出産を行え、出生した赤ちゃんが健やかに育ち、産婦さんが育児に困難感を抱えることを少なくするよう支援する仕事になります。具体的な仕事内容としては、母子健康手帳の交付、母親教室、新生児の訪問指導、乳児検診、3歳児健診などを行っています。

次に担当する保健師が多い地区担当業務は、一定の地区を担当し、担当した地区内の育児相談、精神疾患患者の支援、身体障がい者の支援など健康にかかわる相談を行っています。個別の相談に応じ解決していくだけでなく、担当地区全体が健康になるように、地区内での課題を分析し、健康づくりを推進していくのも地区担当業務の仕事です。

そこで今回は市町村の保健師の業務の中でも、地区担当業務を希望する場合の志望動機の例文をあげてみます。

私は精神科の看護師として4年間勤務してきました。そこで、ご家族が高齢化し在宅で生活することが困難になった精神障がいの患者様に多く接してきました。毎日病院の中でのみ生活を強いられているため、入院当初と比べて徐々に元気を失っていく患者様を多く見受けていました。私はイベントや声掛けを積極的に行ったのですが、一時的なものでした。

しかしあるとき、私の担当していた患者様に「再度、在宅に戻り暮らすことができる」という話が出ました。それを聞いた患者様は入院して初めて声を出して泣かれ笑顔をみせました。いままで、どのような看護を行ってきても笑うことがなかった患者さんのあの嬉しそうな笑顔は一生忘れることができません。

患者様が在宅に戻れるようになった理由は、「患者様のご家庭に訪問された保健センターの保健師さんが中心となり、高齢化したご家族と在宅に戻られる患者様の支援を行なっていくようになった」と知りました。

患者様だけでなく、ご家族全体を考えた支援を行うことで、患者様とこのご家族は本来あるべき姿に戻ることができたのだと感じました。

私は、あの患者様のように家族や地域を含め、本来生活している姿を取り戻すことで、より多くの笑顔を引き出したいと思い、市の保健師になりたいと強く願うようになりました。いままで培ってきた精神科の看護師としての経験や知識を生かしながら、今後は一生の仕事として活躍していきたいと思っています。

上記の志望動機では看護師として体験した具体的な事例をあげて、市の保健師の業務内容を入れた内容となっています。

志望動機に体験談を入れて具体的な内容にするほうが、採用側がイメージしやすく分かりやすい内容になります。具体例はダラダラと伝えるのではなく、要点を簡潔にまとめるほうが読みやすいです。

都道府県の保健師希望の志望動機回答例

次に都道府県(保健所)の保健師の志望動機をみていきましょう。都道府県保健師の中心となる業務は精神保健(自殺を含む)、感染症対策、難病対策です。

業務内容は上記の市町村の保健センターと重なる部分もありますが、保健所ではどちらかといえば、より深刻で困難な事例や広域での対応が必要となる業務が中心となることが多いです。

例えば、難病や結核・エイズに感染した患者など、規模の小さな市町村では同じ病気にかかっている人が少ないために、市町村の保健師だけでは知識や経験が少なく、対策を取りにくいといった面があります。そのような場合、広域を管轄している都道府県の保健師のほうが対応しやすいといった利点があります。

保健所の保健師は、発病までの生活などの聞き取りや療養生活の支援など、患者の家族を含めた支援を行っていくことを求められます。さらに、発生動向を調査し、分析を行うといった業務もあります。

では保健所の保健師希望の方の志望動機回答例をあげてみます。

私は外科の看護師をしていました。そのとき、統合失調症の患者様が事故に遭い運ばれてきました。入院中に、「患者様のケガが治癒したのち、どのように日常生活を戻らせていくのか」について、都道府県の保健師さんと連絡を取る機会がありました。

その患者様は統合失調症のため、他人と話すことに困難さを感じているようでした。そこで私は保健師さんに「今後もこのような事故などが起こっては困るのではないか」と尋ねました。

すると「難病や精神障がいを抱える人にとっては、病気や障がいそのものが問題ではありません。地域の人との関係が良好であれば、気持ちよく元の生活に戻ることができます。この方が入院されて近所の方からたくさん心配の声があがっているんですよ」と保健師さんに教えていただきました。

その保健師さんは障がい者の自立支援を行うために、看護師とは異なり、より広い視点から患者様の病気の部分、人間関係の部分、生活の部分を分析し、患者様とそれぞれの関係機関や関係者、地域の人をつないでいらっしゃいました。

私は患者様らしい生活を送るには、病気やケガのことだけではなく、患者様を取り巻く生活全体を見渡し、安心した生活を送ってもらうことが大切なのだと気づきました。

私もこのような縁の下の力持ちとなることで、一人でも多くの難病の方や精神疾患の方が地域で人間らしく生活を送って行けるような力添えをしたいと考え、保健所の保健師を希望している次第です。

看護師としての経験も活かし病気やケガといった専門的な細かい疾患を見逃さないようにしつつ、地域と個人をつないでいく大きな視点も大切にして対象者さんの生活を支えていきたいと思います。

上記の志望動機におけるポイントは、保健師の言動で「その人らしい生活」というものに気づいた点にあります。「あなたを採用するメリット」が看護師の経歴から考え直して思い当たるようなものがなかったときは、上記のように保健師が行った行動で気づいたことを伝えるようにしましょう。

産業保健師希望の志望動機回答例

次に、産業保健師(企業保健師)の志望動機回答例をお話します。

産業保健師は、健康診断や保健指導などを通して、企業に勤務する様々な年代の社員の健康維持・増進をおこない、企業全体の生産性を向上するよう支援します。企業の一員として健康管理センターで働くほか、労務部門の総合職として勤務したり、企業の健康保険組合や独立した労働衛生機関、検診機関などで働いたりする保健師もいます。

産業医と協力して、健康に問題を抱えた社員が医療を受けられるように促したり、うつ病などの精神疾患で長期間休養を取っていた人が再び働けるようにサポートしたりすることが業務となります。他にも社内の喫煙対策や、腰痛、騒音といった職場の問題について、安全衛生委員会などを通して、労働環境を整えるといった仕事もあります。

産業保健師の場合は、保健師といっても企業の一員となるので、その企業の経営方針や理念などしっかり情報収集し志望理由に生かすことが大切です。企業理念と自分の経歴や経験で使えそうな部分を取り出して深く掘り下げ、志望動機にするとよいでしょう。

では産業保健師の志望動機の回答例です。

私はもともと内科の看護師でした。前職では患者様との信頼関係を構築し、看護業務に加えて健康相談などを行ってきました。その中で働き盛りの世代の人が生活習慣病やうつなどの病気を抱えている割合が多くなっていることに気が付きました。

働き盛りの方の健康状態が悪いと、事業所の生産性にも大きな負の影響を与えてしまいます。心身ともに健康に仕事を続けられるように縁の下から企業を支える企業保健師としての仕事に関わっていきたいと望むようになりました。

また「新しく〇〇といった文化をつくり、人と社会を元気にしていく」という経営理念のもと、御社は社員一人ひとりの健康を大切にし、もし問題があれば共に解決していくという視点をもたれて人間ドックを行っていると聞きました。

私は患者様に健康相談を行う際、「生活習慣病を直すには運動をしたほうがいい」といったアプローチを行いません。その代わり、患者様の行動や生活習慣を聞き出し、患者様のほうから「私にはこのような運動ができる」という自分から行動を変えていく行動変容を促す関わりを意識して行ってきました。

その結果、多くの患者様が自分で進んで運動を行うようになり、血糖値の降下に成功してきました。これは御社の「共に解決していく」という視点に近いものであると自負しております。

今回、御社の理念に共感するとともに、これまで看護師として培ってきた知識や経験を活かし社員様のために健康支援をさせていただきたいと考え応募させていただいた次第です。

上記の志望動機は企業理念を入れつつ、「私を採用するメリット」についてもアピールしています。企業の場合は、とくに企業理念などを研究し、志望動機に入れておくとよいでしょう。

その際に、志望動機を書くときにやってしまいがちな「企業風土がよさそうだから」「育児環境が整っているから」「雇用条件が良いから」など産業保健師を希望するにあたって、誰もが分かっていることは書かないように気を付けましょう。

志望動機を書き終わったら何度も読み直して、どの企業の志望動機にも通用してしまうような志望動機になっていないか確認しましょう。もし数社の履歴書を書く場合も「この企業だからこの志望動機」というように、一つの企業に一つの志望動機が原則です。

保健師採用には履歴書と面接がなにより重要

以上、市町村、都道府県、企業の保健師の志望動機の書き方についてお話してきました。保健師はとても人気のある求人ですので、ときには倍率は10~100倍を超してしまうことが多々あります。そして採用人数は大体1人、多くても2人程度です。保健師の倍率は看護師の求人の比ではありません。

保健師採用という狭き門を突破するのは、やはり履歴書と面接が重要なポイントとなります。

その最初の関門である履歴書の中でも特に、その人の価値観ややる気を判断するための材料となる志望動機は大きな比重を占めます。看護師として入職するときに書いた志望動機では採用側が知りたい内容が入っておらず、採用されにくい志望動機である可能性が高いです。

あなたには看護師としての経験があります。これは強みです。「看護師を数年経験したせいで、新卒と比べて歳を取っているから不利だ」と考えるのは採用されなかったときの言い訳にすぎません。あなたは看護師の経験をしてきたからこそ、保健師という新たな道を歩み始めようとしているのです。

単に自分が実現したいこと、希望していることを述べるにとどまらず、看護師の経験をもつあなたを採用するメリットについて志望動機にしっかり書き込んでいきましょう

上記の回答例を参考にしていただき、他の応募者の志望動機とは違い「あなたと働きたい。あなたなら保健師として期待できる」といった内容の志望動機を書き、保健師としての最初の関門を突破してください。