訪問看護は、医療現場が病院から在宅にシフトしている現在、在宅医療には必要不可欠な役割として、ニーズが拡大してきています。そのため看護師を必要としている訪問看護ステーションが多く存在し、常勤だけでなく派遣での求人も取り揃っています。

訪問看護が未経験で不安だと思われる方であっても、実際の訪問看護の現場では、教育システムやフォロー体制が整っている派遣求人が多くあります。そのため「未経験だから採用されない」といった心配は不要です。

そこで今回は訪問看護を経験したことのない人でも「派遣という働き方」を通して、訪問看護師としての経験を積んでいく方法についてお話したいと思います。

訪問看護師は未経験でも大丈夫

訪問看護師の求人をみてみると、「病棟看護師経験3年以上」「急性期病棟での勤務経験3年以上」といった条件が提示されているところがあります。

当サイトの管理人である私は、前職の眼科クリニックを人間関係で悩み、泣く泣く退職した後、派遣で訪問看護師をした経験があります。ちなみに訪問看護はもちろん未経験、しかも看護師経験自体、眼科を含め通算で1年半しかありませんでした。

実は「訪問看護の経験が無くても、訪問看護の求人を募集している」という訪問看護ステーションが意外に多いのが現状なのです。ではどのような場合であれば、訪問看護師未経験でも大丈夫なのでしょうか。

なによりも「やる気」が大切

あなたがもし訪問看護ステーションの所長だとして、「やる気のない経験豊富なベテランナース」と「経験は無いけれど、訪問看護に興味をもった、やる気のあるナース」だと、どちらを採用したいと考えるでしょうか。

もちろん後者だと考えられます。いくら経験豊富であっても、やる気のない人だと、職場の雰囲気が悪くなるばかりです。

経験が無い人は、最初は戸惑うことも多く、失敗してしまい患者さんに迷惑をかけることもあるかもしれません。しかし、患者さんの立場で、患者さんのことを必死で考え看護を行おうとする看護師のことを、悪く思う患者さんや家族はあまりいません。

訪問看護の醍醐味は、患者さんの療養している自宅で、生活に合わせた看護サービスを提供し、患者さんのQOL(quality of life:生活の質)を向上させていくことです。

それを実現させていくことに喜びを見出せる看護師こそ、訪問看護師に向いている人といえるのです。要は訪問看護師に対する熱意とやる気です。そこをクリアできる人であれば、経験が無くても、訪問看護師にチャレンジしてみるとよいでしょう。

基本的な看護技術は必要

また、看護師の経験自体が浅い場合でも、やる気があれば訪問看護師に挑戦したらよいです。しかし、基本的な看護技術だけは身に付けてから訪問看護師に臨みたいところです。

訪問看護が未経験だとしても、そのことを不問とする訪問看護ステーションはたくさん存在します。実際、訪問看護師に転職した看護師の8割は、訪問看護未経験です。

しかし、「基本的な看護技術を身に付けていない看護師が、いきなり訪問看護の現場に出ることができるか」というと、決してそのようなことにはなりません。

仮に看護技術がないまま現場に出たとしても、焦ったり苦労したりするのは本人です。さらに、看護師の技術不足による一番の被害者は、看護師としてあなたのことを頼りにしている患者さんです。

基本的な看護のスキルである「採血、注射、点滴などができない」「患者さんの変化が分からず、アセスメントが行えない」「緊急時にどう動いてよいか分からない」といった状態のまま、患者さん宅に一人で訪問しても十分な看護が行えないため、患者さんにとっては迷惑となります。

「看護師一人で訪問する」ということは、やはり、それなりの看護技術を必要とするのです。

訪問看護師は基本的に一人で患者さんのお宅を訪問します。限られた時間の中で、医師から指示を受けた医療処置や療養上の世話を行う必要があります。このとき、患者さんの小さな訴えを見逃さず、患者さんのわずかな変化に関してどの程度の看護アセスメントを行えるか、さらには対応できるかが重要です

上記のような看護技術が問題ない程度まで身に付いたうえで、訪問看護の場合はさらに患者さんと家族に合わせた看護を行っていくことになります。

私は30代半ばで看護師免許を取得し、10ケ月、慢性期病棟で勤務していました。その間、注射を打つ機会もあまりなく、「これでは看護技術が身に付かない」と思い、オペのある眼科に転職しました。その眼科も6ケ月で辞めたため、もちろん看護スキルはほぼ新卒と変わらず最低レベルでした。

私は派遣看護師でしたので、人工呼吸器を必要とする重症レベルの高い患者さんなどは任されることはなく、訪問先でのバイタルチェックと状態観察、服薬確認、褥瘡の防止や処置、入浴介助、身体の清拭などが主な仕事でした。それでも看護技術が伴っていないため、訪問のたびに「何も起こりませんように」と祈るような日々でした。

雇用先の派遣会社から派遣の延長を申し出てもらえたのですが、私に頼っている患者さんに接するたびに、大変申し訳なく感じる気持ちが強くなりました。確かな看護技術を身に付け、どのように観察し動けばいいのか分かるようになるために、訪問診療を行う今のクリニックに転職した次第です。

「基本的な看護技術に関しては問題がない」と思えるようになって初めて、訪問看護の仕事に取り組むのが、重要といえます。これは、看護師本人と患者さん両方のためなのです。

未経験の訪問看護、注意したい点は?

訪問看護は「病棟での看護とは勝手が大きく違う」という点に注意が必要です。転職して病棟看護師から訪問看護師になっても、すぐに辞めてしまう方の多くの理由は、「病棟看護と訪問看護とのギャップ」によるものだとされています。

病棟看護の場合は、個別ある看護を目指しているとはいえ、病棟のルールに従って患者さんには動いてもらっています。しかし、在宅で療養を行っている人は、患者さん一人ひとりに対して、その家での看護のやり方に従う必要があります

例えば、「患者さんの家族がどのようにおむつを当てるのか」などをご家族から直接教わり、そのやり方に従います。看護師が「これは違うのではないか」と思っていても、まずは患者さんとそのご家族のやり方を尊重することで、信頼関係を築いていくことができるからです。

いきなり訪問して間もない看護師が、「こちらのおむつの当て方のほうが、効率が良く漏れないです。こちらの方法でやってみてはいかがですか」といって、自分のやり方を押し通してしまっては、患者さんとそのご家族はあまり納得しないでしょう。おむつの当て方ひとつとっても、長年の試行錯誤のうえで、ご家族はその方法を編み出したのかもしれません。

まずは日々の訪問の中で信頼関係を築き、ご家族からのおむつの当て方に関して相談があって初めて、あなたなりのやり方を伝えることが大切です。

在宅での療養に関して、主役は患者さんとそのご家族です。看護師は看護のプロですが、ご家族は患者さんにとって一番身近な存在で、その患者さんの療養生活に関しては、あなた以上に患者さんの立場で考えて行動しているはずです。

患者さんとご家族のこだわりを尊重しつつ、もっと有効な方法はないか一緒に考えていける看護師こそ、在宅看護で必要とされているのです。

派遣で訪問看護師の経験値を増やしていく

いきなり常勤や正社員で訪問看護師をするには、人間関係や情報の少なさから不安を抱える人がいるでしょう。

まず、訪問看護は一人で行なうので「人間関係はあまり関係ない」と思う人もいるでしょうが、実はあなたが思っている以上に、訪問看護師は人間関係が大事になります。したがって、あなたが勤務先の訪問看護ステーションに馴染めるかどうかを見極めることが大切です。

訪問看護は基本的に一人で行動することになりますが、訪問を終えて訪問看護ステーションに帰ってきたときに、患者さんの情報交換や今後の看護計画について看護師同士で話し合います。

そのときに訪問看護ステーションの雰囲気が良いところと、そうでないところに分かれます。雰囲気があまり良くないところですと、先輩看護師に話しかけづらく、戸惑うことが多くなってしまいます。

雰囲気の良くない例としては、他の看護師が訪問している最中に、訪問看護ステーションに残った他の看護師がその人の悪口を言っているのを聞いた場合などです。

特に訪問看護師は経験豊富な看護師が多く、看護に関しては自分なりのポリシーをもって看護を実践している人がいます。このポリシーがあなたの看護観に合っているかどうかが、最初に確認しておくべき事項となります。

ここは重要なところで、このポリシーが違っていると感じるまま仕事を続けていると、後からちょっとした問題で、人間関係がギクシャクし悪くなってしまうこともあるので注意が必要です。

このようなことから転職で失敗しないためには、いきなり常勤になるよりも派遣の訪問看護師からスタートすることをお勧めします。あなたのお住まいの地域に、どのような訪問看護ステーションが存在し、どのように看護師が行動しているのかを知るには、派遣という働き方が大変都合が良いのです。

次に、派遣で訪問看護師として働くことで、「お試し&情報収集」を行うことができます。派遣前に不安になるのは、具体的な情報収集が行えていないからです。仕事に対して漠然とした不安を抱えないよう、「人材派遣会社にどのような仕事内容で、自分はどのように動けばいいのか」を事前に知っておくことが大切です。

派遣で訪問看護師を行うとなると、いくつかの訪問看護ステーションを紹介してもらえます。あなたが気になる訪問看護ステーションをいくつか経験することで、それぞれの訪問看護ステーションの比較ができ、それらの経験からさらにあなたが自分では気が付かなかった希望する具体的な条件も見えてきます。

例えば「どのような患者さんの看護を行っているのか」「移動は自転車か、軽自動車か」「教育体制が整っているか」といった、より具体的な求人内容が分かってくるのです。

私の友人で、訪問看護ステーションにいきなり常勤で入職した人がいました。訪問看護ステーションの系列の病院が精神科でした。そのため、精神疾患を患っている患者さんの訪問が主な訪問先でした。

患者さんのなかには、ベッドから自力で起きられるにも関わらず、食べた後のカップ麺の容器に寝たままで排泄をする人がいたそうです。特に夏場は異臭がしてそのお宅に数分と滞在することができなかったといっていました。靴下も排泄物で汚れることがあるのでビニール袋を足に履いて、訪問しなければ無理だったそうです。

友人は「そのような家に訪問したくなくて訪問看護師を辞め、病棟に戻った」と語っていました。もしこの友人がいきなり常勤でこの訪問看護ステーションに勤めるのではなく、いくつかの訪問看護ステーションを体験した後で、自分に合ったところを選んでいれば、訪問看護師自体は辞めなくて済んだかもしれません。

このように、いくつかの訪問看護ステーションで訪問看護師を経験することで、「自分はどのような訪問看護ステーションで働けば、自分らしく有意義に過ごすことができるのか」についても把握することができます。

また派遣のほうが面接など採用の過程がないため、未経験であったとしても訪問看護師として働ける可能性が高くなります。そして派遣で訪問看護を行い、訪問看護師としての経験値を増やしていけばいいのです。

何ケ月~数年間、派遣で訪問看護師の経験を積んだのち、「この訪問看護ステーションで是非働いてみたい」と希望するところがみつかれば、正社員や常勤として転職活動を行うことをお勧めします。

その場合「いくつかの訪問看護ステーションで経験をした上で、どうしてもここで働きたい」という旨を具体的に伝えられるため、採用の可能性はぐっと高まるでしょう

このようなことから、できれば最初から常勤になるのではなく、派遣で訪問看護師を経験してみることをお勧めします。

訪問看護の仕事内容

次に訪問看護の具体的な仕事内容を確認していきます。

訪問看護師の具体的な仕事内容

訪問看護師の仕事内容は、患者さんのお宅に訪問し、在宅療養をされている病気やケガで寝たきりの方、リハビリを必要とする方、病気や療養生活に不安がある方とそのご家族に対し、ケアとサポートを行います。

一日で訪問する件数は、平均すると4~5件で、一件あたり30~90分程度、平均して60分の看護が基本となっています。

ケアの内容については患者さんによりますが、具体的には以下のようになります。

・医師の指示のもとでの医療処置(インスリン注射・点滴の施行・血糖測定・採血など)

・血圧・体温・脈拍などのバイタル測定と看護アセスメント

・医療機器(人工呼吸器・持続点滴・膀胱カテーテル・在宅酸素など)の管理

・褥瘡予防と管理

・在宅でのリハビリ(嚥下機能訓練、拘縮予防と機能回復など)の実施

・療養上の世話(食事介助・洗髪・入浴介助・排泄介助など)

・生活上のアドバイス(低栄養や脱水予防・運動機能低下予防など)

・終末期の看護

訪問看護師は、患者さんの選択した在宅療養において、自分らしく生活を送れるように看護ケアを実施しながらサポートします。訪問看護師は看護ケアを通して、患者さんやそのご家族の人生に関わります。

訪問看護ならではのアプローチ法とは

病棟とは異なる、訪問看護ならではの「脱水予防のアプローチ」について下記に述べます。

脱水補正がされていないまま、退院を余儀なくされ、在宅に切り替わる患者さんがいるとします。高齢の患者さんは脱水になった自覚症状がないことがあります。そのような場合は、まず退院時の血液データを確認します。

特に気を付けたい項目は、BUN(尿素窒素)、クレアチニン、ヘモグロビン、アルブミン、尿ケトンなどです。

BUNとクレアチニンは脱水状態だと血液が濃くなり、高値を示します。また体内の水分が少なることで血液の55%を占める血漿が減少し、相対的にヘモグロビン値は上昇します。またアルブミン値も脱水で血管内の水分が少なくなり、濃くなった状態のときに高値を示します。

尿検査でも脱水で尿量が少なくなることで、尿比重が高くなり、尿ケトン体がみられるようになります。

そして訪問看護が開始となってからは、血液検査や尿検査、一般的な観察項目の他にもフィジカルアセスメントを行っていきます。

・ツルゴール反応(手の甲の皮膚を引っ張り、戻るまでの様子や時間を計測する)

・爪を圧迫して元に戻るまでの時間の計測

・口腔内の乾燥の有無

・腋窩の乾燥の有無

・室内の湿度や温度のチェック

・着衣の適性の有無、など

上記のことを訪問看護師が不在のときでも、ご家族がチェックできるよう「患者さんが脱水していないかの確認事項」を教えます。

老々介護や独居高齢者などで水分摂取の確認が必要な場合は、「ケアマネに訪問介護に多めに入ってもらう」よう提案を行うこともあります。

また「自分は脱水とは無縁だ」と考える高齢者が多くいます。そのような場合は、「疲れやすくないか、便秘気味ではないか」と訪問看護師が気にしていることと結び付け、水分補給を促すこともします。

さらに単に「水分摂取をしてください」とだけ伝えると、利尿作用のあるコーヒーやアルコールなどで水分を補おうとする患者さんもいます。それではもっと脱水症状が悪化してしまうこともあります。「麦茶や真水を飲んでください」など、意識して言葉を選んで脱水の注意を促す声掛けをするなどの心掛けも大切になります。

このように患者さんとご家族との信頼関係を深めつつ、「おしっこの色がいつもより濃い」など患者さんのほうから生活の中でのいつもと違う出来事を話してくれるような接し方をすることが大切です。在宅の場合は信頼関係無くして、情報を得ることは難しいのです。

在宅は病棟とは異なり、訪問看護は患者さんとそのご家族にマンツーマンの対応ができる場です。患者さんやご家族が在宅療養を行ううえで不安なく実施できるよう、訪問看護師は根気よく段階的に指導を実践していくことが重要になります。

派遣の訪問看護師の求人内容

派遣の訪問看護師の求人内容とはどのようなものが多いのでしょうか。ひとつずつ、確認していきましょう。

日勤のみ、土日休み

訪問看護ステーションは「夜勤無しで日勤のみ、土日休み、固定休での勤務が可能」のところが多いです。派遣看護師の場合ですと、勤務したい曜日なども選択できることがあります。家族をもたれている方にとっては家族との生活を合わせやすいため嬉しい勤務体系です。

また、オンコール対応(訪問看護ステーションから渡された携帯電話を休日にもち、急患時には対応する)をしてほしいという求人もあります。この場合はオンコール手当が付きますが、休日でも深夜でも電話が鳴って呼び出されることがあります。

例えば、終末期(ターミナル)にある患者さんの場合ですと、急変することが考えられます。オンコール対応がある場合、休みの日でも気が休まらず、どこに行くにも携帯をもって行動しなければなりません。

私が派遣で紹介された訪問看護ステーションの看護師は全員子育て真っ最中でした。所長さんだけお子さんが成人されていたので、オンコール対応は、「他の看護師には重荷になる」といって所長さんだけしか行っていませんでした。

派遣看護師にはオンコール対応を頼まない訪問看護ステーションもあります。さまざまな雇用形態があるので、人材派遣会社に詳細を尋ねてみるとよいでしょう。

個人の裁量に委ねられ、やりがいを感じられる

訪問看護は基本的に一人で行動します。「どのように訪問するのが良いか」というプランを立て、それに従い、一人で担当の患者さん宅を訪問します。

問題が発生した場合や、一人では解決できない問題に直面した場合は、もちろん相談することができます。

病棟のように先輩看護師に自分のケアをじっと見られていることがありません。「この人は一人で仕事ができる」という周囲からの信頼で、一人での訪問を許されているのです。

また一人一人の患者さんとじっくり関わることができるのも、訪問看護師のいいところです。訪問するたびに、患者さんやそのご家族との信頼関係が深まっていくことを感じ取ることができます。

看護師個人の裁量に任せられているため、あなたがプランを立てて実践看護を行うことで、患者さんが改善したり、喜ばれたりしたときなどは、あなたの功労ということになります

これは看護師にとって、最高のやりがいとなるでしょう。

効率的なケアを創造していく

訪問すると分かるのですが、「もともとの専門が内科だったから、この看護の仕方が分からない」「備品がないからケアできない」といっていられないのが訪問看護師です。

患者さんからは「風邪を引いた」「腰が痛い」「床ずれができた」といった様々な訴えがあります。

ときには準備なしに、陰部洗浄を行わなければならないこともあるかもしれません。訪問したら、脱水症状が確認でき、医師の指示のもと点滴をしなければならないこともあるでしょう。

そのようなときは出来るだけ負担のないようご家族の了解を貰い、ケチャップの空き容器をキレイに洗って陰部洗浄ボトルにしたり、要らないハンガーを使って即席の点滴を吊り下げる点滴棒の代わりになるものを作ったりします。

病棟の看護師時代には考えられなかったような、手袋一つにしてもケアの順番を考え、無駄にたくさん使わないよう工夫しなければなりません。

患者さんとそのご家族の状況に合わせて、必要になる物品をうまく組み合わせ、お金のかからない効率的なケアを創造していくことも訪問看護の面白さです。

派遣の給与は高め

訪問看護師は看護師個人の裁量によるところが多く、責任も重いです。そのため給与が高めの求人が多いといえます。

訪問看護師の正職員を時給換算すると、平均1,500円前後、アルバイトやパートだと時給1,200~1,500円前後、派遣だと時給1,800円以上だとされています。

このように正職員やパート・アルバイトと比較すると、派遣の時給は高めに設定されています。特に訪問看護師の給料は高く、モチベーションを保って仕事を行うことができます。

職場別の派遣看護師の平均時給ランキングは以下の通りです(地域や仕事内容によっても異なりますので、目安にして下さい)。

1位:訪問看護 時給1,800~4,000円

2位:有料老人ホーム 時給2,000円~

3位:病院 1,500円~

4位:クリニック 1,200円~

5位:保育園や幼稚園 1,000円~

訪問看護ステーションは病院やクリニックと異なり、医療団体が母体となっておらず、民間企業が母体として運営していることが多いです。そのため、一般的な病院などの給与体系とは異なり、有資格者である看護師に支払う給与を高めに設定しているため、かなり狙い目の求人といえます。

訪問入浴などよりは体力を必要とせず単発も多い

訪問看護も入浴介助を行うことはありますが、訪問入浴だけの仕事よりも訪問件数も少なく、あまり体力を必要としません。

派遣の訪問看護は、単発や短時間勤務などの求人が多く、働きやすい職場であるといえます。また自分のペースで働くことができるので、無理をしすぎて体を壊してしまったというようなことは少ないです。

派遣の場合は契約期間が決まっているため、わずらわしい人間関係のしがらみがあったとしても割り切って働くことが可能です。

常勤で働くよりは、はるかにストレスの少ない自分らしく働ける環境にあるといえます。

管理人おススメの人材派遣会社

最後に管理人おススメの人材派遣会社についてお話します。私自身も派遣看護師として働いた経験があり、信頼のおける人材派遣会社探しに苦労しました。その中で、「ここに登録しておいて損はない」という2社について述べます。

パソナメディカル

パソナメディカルは全国規模で訪問看護師の求人を検索でき、さらに掲載求人数も豊富であるため、あなたの選択肢を広げることができます。創業は31周年を越え、人材派遣会社の中では老舗になります。

長年の経験と信頼から、転職を考えている全国の看護師に頼られる実績のある会社です。

「看護師経験が少なく、訪問看護師になるには不安が残る」といった場合でも、パソナメディカルにとりあえず登録しておいて損はありません。パソナメディカルに登録すれば、無料のE-ラーニング(無料動画研修)を受講することができ、パソコンやタブレット、スマートフォンなどで、どこでも手軽に勉強することが可能になります。

またパソナメディカルの派遣社員になれば、育児や夫婦間の心配事など仕事以外の悩みでも、電話でカウンセリングを行ってくれる環境も整っています。

さらには一定の条件をクリアすれば、派遣看護師でも正社員と同様に、パソナメディカルの社会保険や雇用保険に加入することができます。レジャーで利用できる会員特典サービスなど福利厚生も充実しています。

登録する看護師側に立った視点で様々なフォローをしてくれるのがパソナメディカルです。ですので、派遣看護師をするならパソナメディカルに登録しておいて損はありません。

MCナースネット

MCナースネットは訪問看護師求人や訪問ステーションの単発求人に強い人材派遣会社です。

病院やクリニック関係の看護師求人と並んで、訪問看護師の求人の紹介実績が多く、利用者満足度も95%と大変高いため、こちらもおススメの会社になります。

まずは長期の派遣看護師をするよりも、MCナースネットが多く抱える単発やスポット求人で訪問看護師を行ってみることをお勧めします。単発で仕事を請け負うことで「どのような訪問看護ステーションだと働きやすいか」が見えてきます。これは次に転職する際に大変有利な視点を得ることになります。

MCナースネットは全国に13カ所の拠点があり、地方でも対応力のあるサポートを受けることができます。派遣のほかにも、正社員、アルバイトやパートといった求人もあるため、幅広い雇用形態の紹介が可能となっています。

「派遣が慣れてきたら正社員に変わりたい」といった希望をお持ちの方は、こちらの専任アドバイザー(担当コンサルタント)に相談すると良いでしょう。きっとMCナースネットは、あなたらしく、あなたの希望する働き方を実現できるお手伝いをしてくれるはずです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く