高齢化が加速している日本では、65歳以上の高齢者数は2025年には3657万人、2042年には3878万人と、ピークを迎えるといわれています。今後ますます高齢者の単独世帯や夫婦のみの世帯が増えていくことが予測されています。

その中で高齢者の多くは自宅での療養を望んでおり、国の方針としても在宅医療や在宅介護を推進しているのが現状です。そのため、医療現場は病院から在宅へシフトしつつあります。このような経緯から訪問看護や訪問診療といった在宅医療のニーズが増えてきています。

当サイトの管理人である私は、現在、訪問診療を行っているクリニックで看護師をしています。私は30代後半で看護師免許を取得し、病院での勤務10ケ月、眼科クリニックでの経験6ケ月しかなく、転職を繰り返してきました。その後、派遣で訪問看護師をしていましたが、自分の技術の少なさから患者さんに申し訳ない気持ちをもつようになりました。

看護師の経験が少ないため、まずは「医師に同行する形で医療現場に携わっていき、自分の看護スキルを向上させていこう」と考え、訪問診療のあるクリニックへ転職することを決意しました。今はとても満足した職場で働くことができています。

そこで私自身が転職する際に感じた「訪問診療のあるクリニックに入る前に知っておきたかったこと」や「看護師の仕事内容や役割」についてお話しし、訪問診療のある病院やクリニックへの転職希望の方の一助にしていただけたらと思います。

訪問診療とは

まずは訪問診療についてお話します。訪問診療とは「病院やクリニックへの通院が困難な患者さんの自宅に、医師が定期的に訪問し、診察や処置を行うこと」です。訪問診療のさらに詳しい内容についてお話していきます。

訪問診療は基本的に医師1人、看護師1人

訪問診療は、通常は医師だけでなく看護師も1人同行します。規模が大きな病院になると、ドライバーを抱えていたり、看護師が2人で同行したりするところもあります。ドライバーがいない場合は、訪問診療に行く医師や看護師が運転することもあります。

私の勤めているクリニックでは医師がドライバーを兼ねています。運転免許をもっていない看護師が在籍しているからです。

私のクリニックでは、訪問診療は木曜日の午後のみ行います。午前中は外来業務を行い、午後から訪問診療に行きます。訪問診療を行っている患者さんのご家族から「容態が変化したので空き時間に来てほしい」という往診の要請を受けた場合は、まずは看護師だけで訪問し、患者さんの様子を医師に伝え、指示を仰ぐこともあります。

訪問診療に重きを置いている病院やクリニックでは平日の午前中は外来業務を行い、午後から訪問診療だけを行うところもあります。また、医師が2名以上在籍している場合だと、1人の医師が外来を担当し、もう1人の医師が訪問診療を担当することもあります。

訪問診療と往診の違い

では訪問診療と往診ですが、その違いについてお話します。

訪問診療とは、事前に患者さんの自宅に定期的に訪問して診察や処置を行うことを指します。訪問診療は2週間から2ケ月に一度の割合で定期的に患者さんの自宅を訪問し、診察を行います。

一方、往診とは患者さんの急な発熱などの状態変化が起こったときの緊急時に、患者さんの自宅を訪問して診療を行うことをいいます。

訪問診療ではどのような患者さんが多いか

訪問診療も病院やクリニックによって受け入れている患者さんの重症度レベルが異なります

そのため、一概にはいえないのですが、私の勤めるクリニックを例に挙げると、基本的に独居の高齢者の場合、訪問診療は行っていません。医師が1人しかいないため、「患者さんに何かあった場合に家族がそばにいて何かできないとなると、手の施しようがないからだ」と言っていました。

そのため、受け入れる患者さんは基本的に家族が同居している場合に限られます。またいくら家族が同居していたとしても、本来は入院して24時間点滴で処置をしなければならないような重症度レベルが高い患者さんも受け入れていません。

訪問診療で看護師の同行は点数に加算されない

訪問看護での診療報酬は点数に加算されますが、訪問診療で看護師が医師に同行したとしても、同行した看護師の点数加算は認められていません。在宅医療で医師が看護師を同行させるのは「医師の厚意」となります。

私の場合は、木曜日の外来は午前で終了するのですが、午後3時まで勤務する規定となっています。そのため、午後3時までは勤務時間なので、それまでは訪問診療に同行します。しかし、3時を過ぎても訪問診療が終了しないだろうと判断した場合は、医師が1人で患者さん宅を訪問します。

訪問診療における看護師の役割

では訪問診療における看護師は点数に加算されないにもかかわらず、看護師を同行させる医師が多いのはなぜでしょうか。

他部門や患者さんとの橋渡し

実際、訪問診療は医師1人でも十分に対応できます。

しかし、患者さんが在宅で治療を継続していくためには、ケアマネージャーやヘルパー、介護職員といった他部門との連携が重要になります。他部門との連携を医師が直接取ることもできるのですが、看護師が医師の代わりに、医療知識や経験の少ない介護職員にも分かりやすい説明を求められていることが多いです。

また患者さんへの病状説明なども医師の説明は往々にして専門的過ぎて分かりにくいことがあります。その点、「看護師には分かりにくいことを聞き返しやすく、かみ砕いた説明をしてもらえる」と患者さんには言ってもらえています。

反対に、患者さんやご家族が医師に伝えたいポイントを押さえていないことがあります。そのような場合は、看護師が患者さんやご家族に「いつ」「どのように」「どうして困っているのか」などを具体的に聞き返し、伝えるべきポイントを明確にして医師に伝えることもあります。

どちらの場合も看護師が介在することによって、医師と他部門との連携、医師と患者さんの間の意思疎通をスムーズにすることが可能となるのです。

訪問診療に同行する前の準備

訪問診療に同行する前に、看護師はどのような準備を行っているのか下記に確認していきます。

1.訪問する前に患者さん宅に電話をかけ、病状の変化を確認

変化がある場合は、朝の体温や血圧、食欲・水分摂取の有無などについて聞いておきます。また、定期薬の残数なども確認します。訪問診療当日に時間が取れそうにない場合は、前日に電話をかけて確認します。

2.患者さんの状態を医師に報告

使用する可能性のある薬剤を医師に確認しておきます。

3.必要物品を準備する・往診バッグの中身を確認

カルテ、体温計、血圧計、サチュレーションモニター、駆血帯、シリンジ、注射針、採血スピッツ、ブラッドバン、アルコール綿、ゴム手袋、ごみ袋など

(必要に応じて)血糖計、点滴を行なう場合は点滴棒の代わりにハンガーとエコひもなどを準備する

4.訪問時間が近づいたら、患者さん宅に電話をかけ、今から訪問することを伝える

このように訪問診療に行く前には、患者さんの家族と連携したり、準備したりすることがたくさんあります。

患者さん宅を訪問した際の仕事内容

次に実際に患者さん宅に訪問した際の看護師の仕事内容について下記に確認していきます。

・患者さん宅に到着

医師が患者さんの近況について家族に詳しい話を聞いている間に、看護師はバイタルサイン(血圧・体温・脈)を計測します。計測したバイタルサインを医師に報告します。

・医師が聴診を行い、患者さんの状態の変化の有無を確認

医師は処方する薬などについて、患者さんや家族と相談して決めます。

看護師はそのときに処方した薬の種類や量をメモしておき、訪問後に医師が出し忘れていないかチェックします。

・医師の指示に従い、処置を行う

看護師が訪問診療に同行した際に行う処置で多いのが採血です。患者さんは高齢であることが多く、糖尿病や高脂血症、貧血などの持病を抱えているため、定期的な採血を行い状態を確認することが大切です。

脱水症状がある患者さんには水分の摂取を促すとともに、点滴を行なうこともあります。点滴をS字フックやハンガーなどに掛け、点滴を開始します。そして、他の患者さん宅を訪問し終え、点滴が終わるころに抜針をするために戻ります。医師に時間的余裕がない場合は、看護師だけで戻って抜針することもあります。

訪問先では医師がメインで患者さんやご家族にお話を聞くので、看護師はあくまでもサポート要員です。

例えば、医師が処方した薬をメモしておいたり、医師が説明したことで「患者さんには少し難しかったかな」と思うことを「こういうことですね」と再度、確認の意味を込めて伝えたりもします。

訪問診療に同行する看護師のメリット・デメリット

訪問診療に同行する看護師のメリットやデメリットについて述べます。

訪問診療に同行する看護師のメリット

訪問診療に同行する看護師のメリットとしては、下記のようなことが挙げられます。

・訪問する時間が決まっているので、残業などが少ない

・給与が一般的な看護師よりも高いことが多い

・医師とコミュニケーションを取る機会が増える

・時間に融通が利くことが多く、空いた時間でも働くことができる

・看護師独特の考え方の枠を超えた視野の広い考え方ができる

訪問診療をメインにしている病院やクリニックでは、基本給は一般的な病棟看護師とは変わりませんが、「休日当番手当」「オンコール手当」「時間外出勤手当」といったプラスアルファの手当が付くことがあります

特に休日手当は月2~3万円になることもあり、これらの手当を合算すると月7~8万円くらい加算される病院やクリニックもあります。

このような病院やクリニックは多くの場合、人気求人となっています。あまりに多くの応募者が集まりすぎるため、転職サイトなどでは「非公開求人」となっていることがあります。

私が現在勤めているクリニックも非公開求人でした。私が転職サイトから申し込んだときには、「非公開求人」の応募を開始しはじめて間もないにも関わらず、すでに12人も応募者がいました。そのくらい競争率が激しいことが予想されます。

ただし、心配は無用です。私よりも看護師経験が豊富であろう12人ではなく、新卒から1年半の間に3回も転職を繰り返している私のほうが、採用されたからです。このサイトではその方法について詳しく書いていますので、そちらも参考にして貰えたらと思います。

訪問診療に同行する看護師のデメリット

訪問診療に同行する看護師のデメリットとはどのようなものであるのかについて、下記に挙げてみました。

・夜間対応や休日当番、オンコール当番があり、時間的制約がある

・看護師はあくまでも補助要員という立場になる

病棟で自分のペースでテキパキと仕事をこなしていた方にとって、訪問診療では医師や患者さんのペースに合わせて動く必要があります。

私自身、医師からよく注意される言葉の一つに「焦らないで」があります。看護師経験の少なさからなのですが、先回りして予測した行動が誤っていたり、スムーズな治療を望むばかりに患者さんの生活背景をあまり考えていなかったりするときがあります。

訪問診療は、病棟で勤めていたとき以上に、患者さんやそのご家族とのコミュニケーションを密にとりながら深く関わっていき、生活背景まで知らなければいけません。

訪問診療では、看護師はあくまで患者さんや医師のサポート役です。患者さんが在宅で、より満足のいく治療を受けられるよう、看護師は立ち振る舞うことが求められます。

訪問診療に同行してみての感想

訪問診療に実際に同行して、「充実しているな」と思った事柄についてお話します。

訪問診療に同行する看護師のやりがい

訪問診療に同行する看護師として「充実しているな」と感じることは、訪問診療は医師との距離が近いため、「どのような考えでこのような治療を行っているのか」というエビデンスを直接確認できることです。

エビデンスが確認できると、「医師の選択するであろう次の治療方針の予測」が出来たり、「患者さんのどの部分を注意して観察しなければならないか」が分かったり、「家族へどのような声掛けを行えばよいのか」を把握したりすることができるようになります。

私の話になりますが、訪問診療に同行したときのことです。診察後、一番効率的で早く改善する治療方法があるにも関わらず、医師がその治療方法を選択しなかったことがありました。私はそのことを疑問に思い、後で医師に「なぜそちらの治療を行わなかったのか」と尋ねたことがありました。

すると医師は、「病院のような医療環境が整ったところで患者さんの病状だけを見て治療方針を決定することは、在宅医療では難しい。生活背景や家族の介護度まで考慮しながら治療を行っている。特にこの患者さん宅は老々介護であるから、家族に負担をかけないような治療方針で臨まないといけない」といっていました。

私は在宅医療のことを知識では知っていたつもりでしたが、実際に自分が目の当たりにしてはじめて、「これが在宅医療なのだ」と実感することができました。

「在宅で患者さんの治療を続けていくためには、患者さんだけでなく家族の介護度まで捉えた視点でサポートしていくことが大切である」という在宅医療の奥深さを実感した事柄でした。

訪問診療の面白さは医師次第

訪問診療で医師に同行することで、医療知識が増えることに充実感を感じることができます。また「患者さんが自宅で安心して治療を続けていけるサポートを行っている」という経験によって、他では味わえないやりがいを得ることもできます。

しかし反面、訪問診療を面白く感じるかどうかは、同行する医師次第ということにもなります。

実際、私の友人で訪問診療に出向くクリニックで働いている看護師がいます。日頃から医師との関係が悪く、コミュニケーションをあまり取っていないため、訪問診療に行く車中は終始無言で気まずいといっていました。友人は訪問診療にいく車中、ずっと外を眺めているそうです。

そのようなことではせっかく医師から直接医療や治療方針について学ぶ機会があるにも関わらず、その機会を利用することができずに辛い時間を過ごすだけになってしまいます。

まずは派遣看護師で情報収集

そこで私が提案するのは、派遣看護師を行い、訪問診療を行う病院やクリニック、医師についての情報収集を行う方法です。「雇用時間や基本給がどのくらいであるのか」「残業は月にどの程度行うのか」といった情報は求人情報で確認したり、見学をしたりすれば調べることができます。

しかし医師の人柄などは、実際に自分で訪問診療に同行し、体験してみないと分かりません。

派遣看護師であれば、期間が来れば任期満了となり、「医師が自分と合わないな」と感じたときに辞めるための理由をわざわざ考えて相手(病院やクリニック)に伝える必要もありません。

一方、自分に合った病院やクリニックに出会えた場合、働きぶりを認められて、派遣契約が終了した後、病院やクリニックのほうから直接声がかかることもあります。1年以上同じ病院で派遣看護師として働いている場合、病院には「雇入れ努力義務」と「雇用契約の申し込み義務」があるからです。派遣は正社員になれる可能性があるということです。

「面接が苦手、でも働きぶりは誰にも負けない、そこを評価してもらいたい」といった方や「なぜか正社員の求人面接では落ちる」といった方は、諦めないで、まずは派遣看護師で働くという方法があることを念頭に置いておくとよいでしょう。

さらに、「訪問診療に同行するのは未経験」という人は、実際に働いてみることで「訪問診療を行う現場はどのようなものか」「自分の能力を活かした働き方か」「この働き方で家族に負担はかけていないだろうか」といったことがおのずと分かってきます。

お試しという方法で、焦らないで本当に自分に合った職場を充分に吟味して、正社員になるかどうか決めると良いでしょう。

管理人おススメの人材派遣会社

最後に私がいろいろ試してきて「この人材派遣会社は登録しておいて損はない」と思う2社について紹介します。

パソナメディカル

パソナメディカルは、全国規模で展開している創業30年以上の老舗の人材派遣会社です。人材派遣会社のなかで30年以上も続いている会社はなかなかありません。

パソナメディカルは、私のような地方でも希少な派遣求人に対応する能力を持っています。掲載求人数が豊富であるため、妥協した求人に募集しなくて済みます。

そしてパソナメディカルの最大の特長は、パソナメディカルに登録すれば、無料でE-ラーニング(無料動画研修)を受講できることです。私のように看護師経験そのものが不足している人や、新しい領域で活躍したいと思う人は、未経験の分野のことを人にはなかなか聞きづらいと思います。

そのようなときに、このE-ラーニングを利用して、自分の自信のないところを再確認することができます。スマホやパソコンで空き時間を使って気軽に行えるため、大変助かります。

書籍を何冊か購入して、自信のない分野の技術や知識を再確認する方法もあります。しかし動画ですと、一流の講師による正しい手技を実際に確認できるため、鮮明なイメージをもつことが可能です。

パソナメディカルが行っているE-ラーニングは内容が充実しており、正しい知識を短期間で吸収したい看護師にとって受講して損はありません。

他にもパソナメディカルでは、一定の条件さえクリアすれば、正社員と同じようにパソナメディカルの社会保険や雇用保険にも加入することが可能です。派遣社員となると、これらの保険に加入させてもらえない人材派遣会社もあります。その場合、自分で手続きを行った上、支払いをしなければなりません。

そうなればいくら派遣の時給が良くても、合算すると割に合わない可能性も出てきます。その点、パソナメディカルは働く派遣看護師の立場で多くのサポートを受けることができるため、安心して働くことができます。

豊富な求人と、サービス面の充実から、パソナメディカルに登録しておくことをおススメします。

MCナースネット

MCナースネットは、単発や短期の派遣の仕事を多く抱える人材派遣会社です。単発ですと「1日」から「週に2~3回程度」「午前もしくは午後のみ」など、あなたの生活スタイルに合わせたシフト調整が行えます。そのため、生活リズムを崩すことなく、無理のない程度で働くことが可能です。

MCナースネットは全国各地に13ケ所もの拠点をもっています。そのため、地方在住の看護師でも専任アドバイザー(担当コンサルタント)の手厚いサポートを受けることができます。派遣といった雇用形態だけでなく、常勤や非常勤、パートといった求人案件ももっているので、MCナースネットに登録しておけば、あなたの将来の選択の幅が広がります。

また地域に根差す病院やクリニックの求人案件も多く、訪問診療を行っている案件も抱えています。非公開求人となっていることも多いので、MCナースネットに登録し、詳細について確認してみるとよいでしょう。

非公開求人のなかには3ケ月から最大6ケ月間、派遣社員として勤務し、その後、双方の合意となれば、正社員への切り替えを行っている案件をもっています。入職前に実際に試して働くことで、正社員になるかどうかを決めることができるため、お互いのミスマッチを軽減することが可能です。

派遣期間中は、MCナースネットでの雇用となり、MCナースネットから給与が支払われ、社会保険も加入することができます。

さらにMCナースネットは、利用者満足度が95%です。多くの看護師にミスマッチなく、満足いく求人を提供している証拠といえるでしょう。

MCナースネットに登録をして、あなたの希望する条件を担当コンサルタントに詳細に伝え、あなたらしく働ける環境を手に入れるようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く