「育児中でも、どうにかして看護師としてのキャリア・スキルを高めていきたい」という向上心のあるママさん看護師がいます。

このように自分のキャリアを高めていくことで「人生を前向きに頑張っている母親の姿」を子どもに示すことができます。これは、子どもにも対し「自分の人生に困難が立ちはだかったときに、立ち向かっていける力」を母親の生き方から自然に学びとらせることができ、良い影響を与えることができます

しかし、子育てをしながらキャリア・スキルを高めていくには、独身のころに比べると自分のために使える時間が圧倒的に少ないです。そのため、思い通りにキャリアを高めることが難しく、ときには投げ出してしまいたくなることもあるでしょう。

そこで今回は「無理をせず、自分の時間を作り、キャリアアップ・スキルアップをあきらめないで済む方法」について解説していきたいと思います。

キャリアアップ・スキルアップするための自分時間の作り方

キャリアアップするための自分を高める時間は、どのように捻出していけばいいのでしょうか。一つずつ、お話していきたいと思います。

焦っていないか確認する

子育てをしながらキャリアアップを考えるママさん看護師の中には、「焦りからキャリアップやスキルアップをしたい」と考えている人がいます。

出産前は、上司からも安心して仕事を任せてもらえ、後輩からも慕われ、看護師としてイキイキと働いていました。夜勤や残業も進んで引き受け、就業時間後の勉強会にも積極的に参加していたことでしょう。

しかし子育てがひと段落して職場に復帰したとき、いままで一緒に頑張ってきた同僚があなたの代わりとなって、バリバリ働いている姿をみることになります。

その光景をみると誰しも、いままで積み上げてきた誇りが一瞬で崩されてしまったかのような、苦しく虚しい気持ちになってしまいます。

そのような状況に立たされたあなたは、「他の看護師に負けないで、子育て中もキャリアアップ・スキルアップをしていかなければならない」と考えてしまいがちです。

もしかすると、あなたは「焦りからキャリアアップをしよう」と考えていないでしょうか。

しかし、焦って何かをはじめたとしてもそれは逆効果です。あなたが頑張りすぎて、心も体もヘトヘトになってしまっては、元も子もありません。

働くママさん看護師がキャリアアップするには、それなりの望ましい方法があります。次にその方法についてお話します。

自分がやってみたいことを最優先する

まず、あなたが自分のキャリアアップ・スキルアップのために何かを実践するにせよ、職場復帰して間もない段階にある時期は「自分がやってみたいこと」を最優先するとうまくいくようになります。

もちろん、病院やクリニックといった職場から、期限付きで「ある資格を取得してほしい」といった要望があれば、その資格取得のために奮闘するべきです。

しかしそのような状況に置かれていない場合は、あなたが考えるだけでワクワクする気持ちが湧いてくるような勉強を行うことがおススメです。

「医療英語を勉強してみたい」「おむつ交換のプロフェッショナルになってみたい」「〇〇の勉強会に参加してみたい」といった、あなたが興味のある分野から取り組むのです。

興味のある分野だからこそ、スキルアップのための勉強だとしても苦にはなりません。

私の看護師の友人で、子育てをしながら義母の介護を行なっている人を例に挙げます。その友人は産休や育休のブランクがあり「今度どのようにキャリアアップしていけばいいのか」という相談を私に投げかけてきました。

その友人は「自分の子どもと義母のおむつ交換をしなければならない家庭の事情」があり、友人自身も「苦痛を味わわせないおむつ交換の方法」に興味をもっていました。

そこで職場復帰明けに「おむつ交換のプロフェッショナルになる」勉強を始めることをおススメしました。むつみ庵という会が認定する「おむつフィッター」という資格です。

友人は、この資格を取得するために空き時間を有効に使い、研修会に参加し「おむつフィッター」の3級と2級を取得しました。そこで学んだことは、いままで自分が行ってきた看護の排泄ケアを一から見直すきっかけとなったそうです。

まず手始めに取得した知識を用い、義母の排泄時に「障がいに即した動きを助ける介助」を行なえるようになりました。そのことで義母は「おむつを不快に感じることが少なくなった」と嬉しがっていました。さらに、子どものおむつ交換にも取得した知識を実践し、子どものおむつかぶれを減らすことにも成功しました。

このことを職場の上司に伝えると「職場のスタッフに、あなたが得た知識を伝授してほしい」と頼まれるようになり、職場復帰明けにも関わらず、職場では「必要とされる人」になりました。

ちなみに「おむつフィッター」の詳細な資格内容については、当サイトの「訪問看護師のレベルアップにつながる資格取得の方法」に記載してありますのでご参考ください。

焦りは禁物

気を付けてほしいのは、焦りからスキルアップを目指すことです。焦りは禁物といえます。

「いままで一緒に頑張ってきた同僚が新しい資格を取得していた」「以前仕事を教えてきた後輩が、自分の代わりになってバリバリ働いている」などをみると、どうしても気持ちが焦ってしまうことがあると思います。

あなたが頑張り屋であったり、真面目な人であったりするほど、すぐにそういったことに影響を受けてしまい「私はこのままではいけない」と自分を追い詰める傾向にあります。

とくに職場復帰後の子育て中は、自分自身を「職場にとって厄介者である」と考えやすい傾向にあります。そのため「職場にとって自分は代わりのきかない人材でいなければならない」「だれからも尊敬されるような資格を取得しておかないといけない」などと考え、焦ってしまいます。

気持ちに余裕をもって、キャリアアップやスキルアップに取り組むのは良いことです。しかし焦りからキャリアアップを目指した場合、「睡眠時間を削って勉強したり、疲れた体に鞭打って勉強会に参加したり」などと無理に無理を重ねてしまいがちになります

その結果、心の余裕がなくなり、子どもや夫のちょっとしたことにイライラして当たったり、疲れが取れずに仕事でミスが増えたりしてしまいます。もっと悪化すると、心や体が病気になってしまう恐れもあります。

あなたが頑張れば頑張るほど、仕事や家庭がぎくしゃくしてくるようでは、何のためのキャリアアップなのか分かりません。

このようなことから、あなたが勉強していて心の底から「楽しい」と思えるようなことに取り組むことが大切なのです。

あなたは今でも十分頑張っている

それでも毎日職場に行けば、バリバリ働いている同僚を目にします。「どうしても気持ちが焦ってしまう」こともあるでしょう。そのようなときに知ってほしいのは「あなたは今でも十分に頑張っている」ということです。

出産前は仕事と家事だけでしたが、いまでは育児が加わっています。子どもがいなかった頃のあなたと比べると、家事の量だけでも2倍以上、さらに育児が加わり、その上、園や学校関係の用事や係にも時間と労力がかかっているのです。

まずは、いまのあなたの頑張りを認めましょう

そのうえで、時間や力が余っていると感じたときに、自分が楽しいと思えるスキルアップを始めると良いのです。ただでさえ、育児期間中は自分自身に使える時間が少なく、ほっと落ち着くこともままなりません。

そんな状況にも関わらず、わざわざ修行僧のように辛くて苦しいことばかり行っていては、あなた自身をいつ楽しい気持ちにさせることができるのでしょうか。

あなたが壊れてしまうと、家庭も崩壊してしまいます。あなた自身を楽しませることは、大切な子どもや夫のためでもあるのです。

どうしても不安や焦りを感じてしまうときは、客観的に自分を見つめ直してみることが重要です。いま大変頑張っている自分自身を認め、褒めてあげることが大切といえます。

スキマ時間を利用する

次に行ってほしいキャリアアップ・スキルアップの方法として、スキマ時間を利用することをおススメします。「家事の合間にちょっとずつできることを、コツコツと勉強する方法」のほうが案外うまくいきます。

子どもや夫に用事があって呼ばれることがあっても、「途中で一旦止めても大丈夫」くらいの気持ちで取りかかっていれば、あなたが頑張るうえでの心の負担になりません。そのためには小さなスタートを切りましょう。

「なにか資格を取得したい」と考え、いきなり「資格対策講座を1年分申し込んで、その料金を全額支払う」ような大きなスタートは辞めたほうが良いです。まずは、小さなスタートから始め、コツコツ勉強を行うほうが子育て中の看護師にとっては、長く続く秘訣といえます。

具体的には下記のような方法があります。

・通信講座(テレビ・ラジオ)

例えば、あなたが准看護師で正看護師の資格を取得したい場合は、放送大学などの通信大学を利用し30万円以内で看護大卒になれる方法があります。この通信講座で必要な単位を少しずつ取得しておくことができます。

少しずつでも履修しておくと、放送大学の場合などは「全科履修生は最大10年間、在学可能」であるため、子育てがひと段落したときには看護学士になることも可能です。

テレビやラジオを活用して、自宅で空き時間に学ぶことができるため、子育て中の人にとっては大変ありがたい学習方法となります。

放送大学は入学しなくても、どのような講座があるのか、ウェブページの番組表をみれば確認することができます。看護学士に必要かつあなたにとって興味のある講座があるか確認するとよいでしょう。

こちらは当サイトの「短大・専門卒の看護師が予算30万円以内で看護大学卒になる方法」や「通信制大学で大卒看護師(看護学士)になり転職を成功させる方法」に記載していますので参考にしてください。

・書籍

読書はどこにいても知識を増やすことができる、とっておきの方法です。まずはあなたが興味をもった分野の本を一冊買って、いつもカバンの中に入れておくとよいでしょう。

家で空いた時間に読むだけでなく、通勤などの移動時間、休憩時間などにも読むことができます。書店で気に入った書籍を買う方法が一番いいですが、買うかどうか迷っているものは、図書館で借りてきても良いでしょう。アマゾンで星が多いものを信じて、購入する方法もあります。

とりあえず、いつも一冊カバンに本を忍ばせておくと、スマホをみる時間が減り、読書する習慣ができてきます。ネットで無料の情報を多量に得るよりも、書籍から有料の情報を得るほうが確実で、しかも身に付くことが多いです。

・DVD・オーディオブック

セミナー受講の場合、子育て中の勉強での妨げとなるのは、セミナーの時間が指定されている点です。なかなか子育て中のママさん看護師はこのようなセミナーに参加することが難しいです。

その点、DVDやオーディオブックなどを活用すると、自分の好きな時間に自分の興味のある講座を何度でも受講することができます。

興味のある分野のあるDVDやオーディオブックを購入して、スキマ時間に見たり、ipodなどの音楽プレイヤーに入れて聴いたりすると、時間を有効に使うことができます。

・ウェブ学習(eラーニング)

資格の中には、ウェブ学習を推進しているものもあります。また病院全体が看護力向上のために、「学研ナーシングサポート」という看護のウェブ学習を取り入れているところもあるくらいです。

ウェブ学習は、パソコンだけでなく、タブレットなどでも学習できるため、持ち運びが便利なうえ、通勤時間などのスキマ時間も利用可能です。

「どこを学習したか」「ほかに受講できる講座はないか」といったことが把握しやすいため、自分の学習状況が確認しやすいのが特徴です。

ウェブ学習が行える看護師に役立つ資格でいうと、条件を満たせば「透析技術認定士」「日本糖尿病療養指導士」「日本接触嚥下リハビリテーション学会認定士」「福祉用具プランナー」などがあります。

まずは、これらの資格に関する書籍などを購入し、あなたにとってワクワクするものかどうかを確認し、ウェブ学習が行える期間はどのくらいであるのか確かめておくとよいでしょう。

あなたの好奇心をそそられるものであれば、こちらのウェブ学習を行なってみるとよいでしょう。

・単発で行なわれるセミナーや勉強会、講座

上記の勉強方法とは違い、やはり直接講師から話を聞いて学びたいという人もいるでしょう。そのようなときは、いきなり1年間通う必要があるような長期コースに申し込んだりせず、単発のセミナーや勉強会、講座を申し込むと良いでしょう。

都合が悪くなった場合は、振替が行えるセミナーだと子育て中のママさん看護師にとっては助かります。あなたの置かれている状況をみながら、ゆっくりと始められるものがおススメです。

このようにあなたをキャリアアップ・スキルアップさせる方法は探せばたくさんあります。そのために必要なスキマ時間も実は結構あるのです。

小さなことからコツコツと焦らず始めることが、長く続ける秘訣になります。自分自身の看護の能力を磨くためにも、子どもに良い影響を与えるためにも、無理をせず毎日少しずつ前進していくことです。

子どもにとってもプラスになる勉強をする

子どもがいるからこそ、「あなたの抱いていた興味が広がる」ということがあります。その広がった興味を子どもにとってもプラスになるよう勉強をすれば、それはあなたの強みに変わります。

例えば、喘息を起こしやすい子どもを抱えるママさん看護師では、「なんとか子どもの症状を軽くしたい」と医療だけでなく、アロマテラピーやマッサージの勉強を始める人がいました。また別のママさん看護師では、「子どもと効果的な運動を行なうこと」を習慣化したいと考え、「健康運動指導士」の資格取得の勉強をしている人もいました。

一見難しそうな勉強も、子どものためであるなら「母親にとっては、すぐに実践できる有益な息抜き」になっていることがあります。これが母であり看護師である「あなたの強み」といえます。

独身のときには興味のなかった事柄も母親になることで関心が高まることもあります。興味が広がることで、視野の広がりにもつながります。

子育てをしているから自分を磨くことができる

いかがでしたでしょうか。子育て中のスキマ時間を使って、自分時間を作り、キャリアアップ・スキルアップする方法について、お話してきました。

実は子育てをしているからこそ、ママさん看護師は自分を磨くことができるのではないでしょうか。

独身時代は自分のために使える時間がたくさんあるので「時間を有効に使って自分を向上させよう」と考える人は少ないです。自分のために使える時間が少なくなったからこそ、なんとか時間を作り出して自分を磨きたいと思えるのです。

そして子どもがいるからこそ、もうひと踏ん張り頑張ることができるのです。

子育てをしながら仕事をしているから、「あれもこれも時間がない」とネガティブに考えるのでは何もできません。子育てをしているからこそ、あなたにしかできないことがあるのです。

是非、焦らず、楽しみながら仕事と子育て、そして自分のキャリアップのための勉強を行なってもらいたいと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く