最近、テレビのニュースなどでクローズアップされている「保活」ですが、この言葉は復帰・復職・転職したいママさん看護師にとって重要なキーワードといえます。保活とは、子どもを保育園に入園させるために保護者が行なう活動を指します。

妊娠したばっかりのママさんは「産休中くらいから、ゆっくり保活をしていけばいいだろう」と思っている方が多いでしょう。

しかし子どもの数に対して保育園が少ない都市部などでは、保育所に入園希望を出している子どもが定員をはるかに上回っているのが現状です。そのため、産休に入ってから保活を始めると、希望する時期の入園は難しくなるといえます。

実際、子どもが入園できず看護師としての復帰・復職・転職までに入園が間に合わなくなるために、仕事を諦めるしかなかったママさん看護師が多く存在するのです。

厚生労働省の「保育園等の待機児童数とその後」によると、平成27年10月時点での待機児童数は全国で45,315人とされています。各自治体によって様々な対策は実施されていますが、依然として待機児童問題が解消されることは難しいと考えられています。

このようなことから、復帰・復職をするママさんの中には、保育園の入園選考に有利に働くよう、フルタイムの就労条件の職場に転職したり、比較的入園しやすい保育園近郊に引っ越したりするなど、地道な努力を行なっている人もいます。

特に核家族化が進んだ都市部では、実家に子どもを預けることもままなりません。そのため、育休明けに子どもを保育所などに預けられるかどうかが、その後の仕事復帰に大きな影響を及ぼします。

したがって、保育園への入園を行政に全面的に頼るのではなく、あなた自身が積極的に保活に取り組んでいくことが大切です。

そのため、復帰・復職・転職したいママさん看護師に「成功する保活」について知っておいてもらいたいことがあります。それは「保活は一刻も早くスタートする」ことです。仕事に復帰できない一番の障壁は、実は「保育園に入れるかどうか」なのです。

お子さんを安心できる保育所に預け、あなたもスムーズに職場に復帰・復職・転職できるよう、保活のノウハウについてお話していきたいと思います。

成功する保活のノウハウ

これから成功する保活についてのノウハウを述べていきます。できるところから少しずつ行動に移していってもらえたらと思います。

母子手帳をもらったら保活をスタートさせる

保育園探しは産休中に行い始める方が多いのですが、実は早くから始めるに越したことはありません。できれば、母子手帳をもらうと同時に保活をスタートさせるようにしましょう。

4月入園であれば、前年度の秋くらいから保育園を探し始める人が増えます。しかし出産後ではなくて、「妊娠中から保活を始めるほうがタイミングとしては良い」といえます。

その理由として、妊娠中のほうが出産後よりもはるかに自由に動けるからです。出産後は、昼も夜もなく育児にかかりっきりで、外出さえままならない状況になると容易に予想できます。おむつ交換、授乳、寝かしつけなどが生活に加わり、出産前はあなた一人が自由に動き回っていた行動に制限が加わります。

妊娠中に保活を始める人は少ないのですが、実はこの時期に保育園入園のための行動を起こしたほうが、その後の保活事情を考えると「賢い選択」といえます。

では保活においては具体的にどのような行動を起こしていけばいいのでしょうか。

役所で情報収集を行なう

妊娠が分かった時点で、役所で保育園の情報収集を行ないます。役所で、あなたの住んでいる地域の「保育園リスト」「入園に関する書類」「入園案内」などの情報を集めましょう

役所の人は妊娠中に保活を始めたあなたをみて、「もうパンフレットが必要ですか。気が早いですね」と驚くことがあるかもしれません。また、集める情報も入園する1年前のものになります。

しかし保活を始めるのは、早いほうが良いのです。また保育園の教育方針が大幅に変わることは滅多にないため、参考資料としては十分といえます。

その中で役所の担当者に、いくつか気になった保育園の「翌年度のパンフレットはいつもらえるのか」について聞いておくとよいでしょう。

年度が替わる4月に園児の空きが出やすくなるため、4月入園希望者が多くなります。4月に入園を希望される場合は、11月から1月に申し込みを開始し、2月に入園できるかどうかが分かるところが多いです。

そのため「情報収集に早すぎることはない」のです。

保育施設の種類を知ろう

次に保育施設の種類についてお話します。復職する前のママさんたちの多くは、「認可保育園」への入園を希望します。

しかし、認可保育園と認可外保育園、無認可保育園の違いなどについてご存じでしょうか。行政に届出を提出していない無認可保育園に対しては、事故を起こすなどした問題のある施設がニュースで取り上げられるなどしたため、認可保育園以外の施設には良いイメージをもっていない人もいるでしょう。

しかし、設置者の理想とする保育を実現するために、あえて「認可外」で運営している保育園も多く存在します。

このような認可外保育園の中には、働くママさんへの理解が行なえていたり、共感してくれる保育者が在籍していたり、ママさんの働き方に合わせた保育を行なってくれたりなど、「預けて良かった」と思える数多くのメリットをもっていることも多いのです。

では、認可保育園と認可外保育園の違いについてお話していきたいと思います。

認可保育園には、公設公営の公立保育園(市立、区立、町立など)と、社会福祉法人などが行なう私立保育園があります。行政が設置・運営費用の大半を補助しているため、保育料金は少なくて済みます。

仮に保育料金が月に5万円だとします。一見高額なように思えますが、1日8時間×平日のみで月20日預けることにすると、合計で160時間、お子さんを保育してもらうことになります。

これは1時間当たりで計算すると、1時間300円程度ということになります。ベビーシッターに頼むと、1時間当たり3,000~5,000円程度することもあるため、保育園に預けるのは格安といえます。

一方、認可外保育園とは、行政に届出を提出しその設置基準・運営基準を満たした保育園のことです。届出を提出しなかったり、基準を満たしていなかったりする無認可・無届保育園とは異なります。

認可外保育園は、英会話や新体操、リトミックなど園独自のプログラムが充実していることがあります。その分、認可保育園よりは保育料金は高くなるのですが、認可保育園よりもお子さんに合って満足いくことも多いです。

他にも子どもを預かる施設があります。下記に一覧でまとめたので参考にしてください。

・認可保育園

教室や園庭の広さ、教員数など児童福祉法により設置基準を満たして、都道府県知事に認定された保育施設。市区町村以外にも社会福祉法人や民間企業が運営することもある。保育費は世帯所得に応じて異なる。役所に申し込みが必要。

・認可外保育園

自治体の基準は満たしているが、都道府県知事に認定されていない保育施設。プリスクール、企業や大学、病院内保育など多種多様な形態がある。各施設に直接申し込みが必要。

・認証保育園

東京都独自の設置基準を満たした保育施設。民間企業が運営している。0歳児保育施設や13時間以上の開園、駅前保育など都市型の保育ニーズを満たす。保育費は上限があり、各施設により異なる。助成金を出す自治体もある。各施設に直接申し込みが必要。

・認定こども園

政府が推進する、幼稚園の幼児教育と保育園の長時間保育の双方を兼ね備える保育施設。保護者の就労の有無に関係なく、利用可能。各施設に直接申し込みが必要。

・無認可・無届保育園

基準に満たない、または届出を提出していない保育施設。個人や企業で設置している。各施設に直接申し込みが必要。

・幼稚園

学校教育法により設置した保育施設。公立・私立ともに3~6歳までを預かる。各施設に直接申し込みが必要。

・ベビーシッター

ベビーシッター会社から保育者を派遣し、自宅で保育を行なう。長期間の保育を希望する場合は、料金は高額になる。各施設に直接申し込みが必要。

・ファミリーサポート

地域住民の相互扶助による助け合いの精神から生まれた制度。有償ボランティアの位置づけである。料金は割安になるが、個人により育児内容が異なる。また、時間が合う人を見つけられない可能性もある。各施設に直接申し込みが必要。

・その他

生協等が会員同士の子育てサポートを行なっている制度がある。個人的にベビーシッターを行なっている人もいる。各施設に直接申し込みが必要。

保育に必要な予算と子どもの将来を見据えた保育内容、預かり時間などを考慮し、あなたとあなたの子どもに合った施設を探すことが大切です。

気になる施設の見学を2ケ所以上行なう

次に、あなたが情報収集した中で気になる施設の見学を2ケ所以上行ないましょう。なぜ2ケ所以上行なうのかというと、比較してみなければ「どちらがよりよい施設であるか」がパンフレットだけでは分からないからです。

園長の教育方針や、そこに預けられている子どもたちの目の輝きや笑顔、保育者の態度など、実際に足を運んでみることで見えてくるものがあります。

あなたが良いと思った施設は、他のママさんにも魅力的であることが多く、あなたが一番希望している施設に入れるまでは2年くらいかかってしまうことがあります。

また、希望する施設に入園するまでのつなぎで入る他の施設も検討しておくとさらに良いでしょう。情報収集した中で興味が出てきた施設は、とりあえず一度は妊娠中に見学しておくことをお勧めします。

認可保育園に入園希望なら秘訣がある

もしあなたが認可保育園への入園を希望しているのであれば、ちょっとした秘訣があります。

認可保育園の情報収集の際に、役所で問い合わせをします。保育園の入園関連のことで分からないことが出てくれば「役所の担当者に直接口頭で聞く」のが良いでしょう。

このときに担当者に対する態度を「入園のためのプレゼンテーション」だと考えて行動しましょう。担当者に「この人は真剣に保育園入園を検討しているのだ」とあなたのことを認識してもらうためです。

担当者から教えてもらったことに対しては、感謝の気持ちを述べることが大切です。感謝の気持ちを伝えることは、良い関係を築くために重要なことです

そうすることで、役所の担当者にあなたのことを記憶として残しておいてもらうのです。

そして次にあなたが役所を尋ねたときには「新しいパンフレットができたのでどうぞ」と言ってもらえるくらいの仲になっておくとプレゼンは成功したといえます。場合によっては「新設予定の保育園の情報」もいち早く教えてもらえることもあります。

入園に有利になるポイントを教えてもらう

認可保育園の場合、お住まいの地域によって、入園の審査方法が異なります。そのため妊娠中に役所の担当者と親しくなり「入園に有利となるポイント」について教えてもらうようにしましょう。

例えば、「もうすでにフルタイムで仕事に復帰しており、無認可の保育施設に保育料を払っている実績」があれば、入園が有利になる自治体があるとします。

そのような情報を収集できた場合は「保育園入園希望前からフルタイムで働き、事前に無認可の保育施設に子どもを預け、支払っている保育料の領収書を取っておくこと」ができます。

このように入園に有利になる情報を役所の担当者からあらかじめ仕入れておけば、事前に具体的に行動に移しておくことができます。こうしておくと、他の入園希望のママさんよりも、はるかに有利な保活を実践していることになります。

入念な情報収集こそ、保活を成功させる一歩となるのです。

2~3ケ所の施設に申し込む

希望する保育施設に入園できない可能性も考えて、2~3ケ所の施設に入園申し込みをしましょう。

そして、第一希望は「見学をしてあなたが気に入った保育施設」、第二希望は「待機児童が多くても自宅から近い保育施設」、第三希望は「自宅から遠くても待機児童が少ない保育施設」としましょう。

第一希望の保育施設に入園できるまでには2年くらい待つ可能性があるため、それまでのつなぎとなる保育施設が必要となります。

そのため、第二希望の「自宅から近い保育施設」と、その第二希望の園が空くまで入園しておく「待機児童が少ない保育施設」を押さえておくことが必要です。

効率よく保活を進めるスケジュール

最後に、効率よく保活を進めるスケジュールについて下記に一覧にしておきました(4月入園を基準として作成しました)。参考にしてみてください。

【妊娠中】

保育施設の情報収集(各役所の窓口や保育施設のホームページなど)

・お住まいの地域の保育園リスト

・保育園の説明会や申し込みの日時の確認、ポイントの具体的な基準の把握

・保育園以外での選択肢リスト(ベビーシッター、ファミリーサポート、病児保育施設など)

保育施設の見学

【出産後】

保育園の説明会への参加

保育園の入園申し込み書類の準備、記入、申し込み

11月~認可保育園の場合、4月入園の申し込みが開始される

2月~認可保育園の入園可否の連絡

3月~認可外保育園の入園可否の連絡、入園する保育園の健康診断、面談など

4月~保育園入園、慣らし保育が開始される

成功する保活に重要なもう一つの秘訣

いかがでしょうか。

成功する保活とは、事前の地道な情報収集が秘訣となります。そして、もう一つ重要なことは、あなた一人で動き回って情報収集を行なわないことです。

夫婦で保活をして「どのような保育施設を選考の基準とするのか」「誰がどのように送り迎えを行なうのか」「仕事で遅くなりそうなときはどうするのか」など具体的に話し合っておくことが大切です。

もし近くに両親が住んでいたとしても、基本的にまず夫に頼ることが重要です。もし夫を飛ばして、いきなり両親に頼ってしまうと、夫は疎外感を感じ、育児への参加意欲が低下してしまいます。

夫婦二人で子どものこと、夫のこと、あなたのことを考えましょう。あなたが看護師という仕事に復帰・復職・転職することで、みんなが笑顔になれるよう妊娠中から環境づくりをしておくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く