ブランクのあるママさん看護師の中には「看護師として復帰・復職したいけれど、なかなか一歩が踏み出せない」と戸惑っている方も多いのではないでしょうか。

看護師という患者さんの命を預かる職場へ復帰する際には、育児のときとは別次元の体力や気力を相当消費すると考えられます。

また小さい子どもを預けて看護師に復帰する場合であっても、看護師という仕事の性質上「急変などで時間外の仕事を任される」ことが多いです。そのため、保育園のお迎えに間に合わず子どもに悲しい想いをさせてしまうことも想定されます。

このような看護師の仕事のあり方が、看護師の復職を妨げる一つの要因と考えられます。

ほかにも、看護師に復帰しようと考えているママさん看護師の中には以下のような悩みをもたれている方が多いです。

・産休育休が明けたので職場復帰をしなければならないが、仕事と育児を両立できるかどうか心配

・子どもの急な病気やケガなどで休むことがあれば、周りに迷惑をかけることとなり、その結果風当りが強くなると想定される

・自分の能力以上の力を使って、日々看護師の仕事と育児を両立させなければならないことが、精神的にも肉体的にも辛くなりそう

・最新の医療から技術や知識を学び直す必要があるため、職場ではうまくやっていけないのではないかと考えてしまう

・子どもの送り迎えなどで時間を取られるため、思うように仕事ができないことで苛立ってしまわないか不安

ここでは、ママさん看護師として職場復帰に向け「苦労することなく、看護師の仕事と育児をうまく両立させる仕事術」について述べていきたいと思います。

お子さんだけでなく、あなた自身も笑顔になり、「看護師に復帰してよかった」と思える快適な環境を作り出していくことが、本当の意味での「復帰・復職の成功」といえます。復帰・復職での成功をつかみ取り、幸せに働くママさん看護師が増えてくれることを望んでいます。

限られた時間を有効に使うママさん看護師の賢い仕事術

ママさん看護師が、独身看護師や子育てを終えた看護師と異なる点は、次の通りです。

・保育園などの送り迎えなどがあるため、出来る限り定時には帰らないといけない

・子どもの急な病気やケガなどにより、いつどのようなことで職場を急に抜けなければいけなくなるか分からない

このようにママさん看護師をするということは、働く時間に制約が出来てしまうことを意味します。

あなた一人が定時で帰ったり、急に職場から抜けたりすることで、職場の他の看護師にあなたの抜けた分のしわ寄せがきます。しかし迷惑をかけないためといって、あなた一人が「わき目もふらず休憩も取らず働く」ようなことをしてはいけません。

このようなことをしていては、育児と仕事を両立させなければならないあなたは、すぐに疲れが溜まってしまいます。そればかりか、周囲のスタッフに「余裕がなくて、なんだか話しかけづらい」などといわれるようになり、孤立してしまう可能性も出てきます。

看護師の仕事には、集中力も体力も精神的な余裕も必要ですが、それ以上に周囲のスタッフと良好なコミュニケーションを取り、うまく仕事を回していくことも大切です。

特に看護師の仕事はどんなに頑張っても一人でできることは限られています。ママさん看護師は、時間を上手に使って、周りを巻き込んだ仕事を進める術を身に付けることが重要です。これからその仕事術について、いくつか述べていきます。

「無駄な待ち時間」を減らす

育休や産休などから復職し看護師として戻ってくると、誰もが「看護業務を効率的に行ない、時間を有効に使い、残業を減らそう」と思うものです。できるだけ時間を有効に使って、仕事を就業時間内に終わらせる努力をしたいものです。

そこで復職に当たって一番に見直してほしいのが、「他の人が仕事を終わらせるまでに生じる、あなたが待つ時間」を減らすことです。

看護師の仕事は一人ではできない業務が多くあります。例えば入浴介助、検査の準備や介助・片付け、車いすの移乗などです。ペアを組んで仕事をする途中で、組んだ相手に別の用事が発生した結果、業務が中断し仕事のスピードが遅れてしまう出来事に遭遇することは良くあります。

例えば、ペアで作業していた看護師が、「ナースコールが鳴って患者さんに呼び出された、他の用事で駆り出され待たされることになった」といった待つ時間が発生してしまう状況です。このように途中で仕事が中断してしまうと、ペアを組んでいた看護師が戻ってくるまで、ただ待っているだけの無駄な時間になってしまいます。

仕事に復帰し意識して状況を観察してみると分かるのですが、意外とこのような不要な待ち時間が多いことに気づきます。

このようなときは、看護の仕事に優先順位をつけ、無駄な待ち時間を作らないようにしましょう。優先順位をつけるポイントとしては下記を参考にしてください。

・受け持ち患者のスケジュールをみて「時間が決まっているもの(定刻の検査や手術、与薬、検温)」「時間が決まっていないもの(清潔ケア、術後や創処置、時間指定のない与薬や検査、リハビリ)」に分ける。時間が決まっているものを優先させ、時間内に終わらせるようにする

・緊急性があるかないかを判断し、緊急性がある場合は他の看護師を呼んで、その人とペアを組んで終わらせる

・緊急性がない場合は、患者さんの不利益になるかどうかを判断基準とし、患者さんに待ってもらう場合には具体的な待ち時間を伝えておく

他の人がどのくらいで別の用事から戻ってくるかを推測して、その間に自分ひとりで完結する仕事を少しでも終わらせていきます。

これを家事で例えるなら、食器洗浄機で食器を洗っている間に、洗濯物を干すのと一緒です。食器棚にお皿を並べる仕事があるからといって、食器洗浄機で洗っているお皿の乾燥が終わるまで、ずっと何もせず待っている人はいないでしょう。それは時間の無駄です。その間に別の家事を出来る限りやっておくはずです。

看護の仕事もそれと同様です。一人でできる仕事は時間を決めて済ませていきましょう。ここで注意しなければならないことは、ペアを組んでやらなければならない仕事は一人で行なわないことです。無理して一人で行うと、事故につながってしまいます。

もし、ペアになった人を待っている余分な時間があれば、一人でもできる小さな仕事をその間に一つでも終わらせていくように心がけましょう。

このときのポイントとしては、必ずペアを組んだ人に対して「あなたがいる場所」と「そこで何をしているか」「どのくらいの時間で終わるか」を簡潔に伝えておくことです。これは患者さんを待たせるときにも同様です。

そうすれば、相手は用事が終わり次第あなたを探し出し、ペアで行う仕事をスムーズに再開することができます。また具体的な時間を伝えておくと、その時間内に終わらせる目標ができるため、意識して仕事に取り組めます。

仕事を押し付けられないよう「先手」を打つ

看護の仕事はどうしても急な事態が起こりやすいといえます。患者さんの急な発熱や転倒、病状の変化、急患の受け入れなどです。このような事態が発生した場合、どうしても人数が不足し、ママさん看護師にも仕事依頼の白羽の矢が立ってしまいます。

子どもの保育園の時間に帰れるよう一日の予定をしっかり組んで、看護業務に当たり「あと5分で就業時間が終わる」というときになって、「○○さん、ちょっと手伝ってもらえますか」と声がかかることがあります。

緊急性のある場合や、すぐに対応しなければならない場合などもありますが、保育園のお迎えの時間が迫っているのも事実です。最後のお迎えになった子どもの寂しそうな顔が目に浮かびます。

軽々しく就業時間の終わり5分前の仕事を引き受けていては、今後もそのようなことが起こるたび、あなたが駆り出されてしまう可能性が高くなってしまいます。

就業時間が終わる間際になって何度も「手伝ってほしい」といわれると、「意地悪をしているのではないか」と考えてしまうこともあるでしょう。しかし、ここは冷静に考えてみてください。仕事を頼んできた相手はあなたの事情を本当に理解しているのでしょうか。

そのため、就業時間の間際になって仕事を頼まれないよう、周囲に対して「先手」を打っておくことが大切です。

先手とは以下のような方法です。

休憩中の雑談で「お迎え事情」を話しておく

就業時間ぎりぎりで仕事を任す人というのは、実はあなたのお子さんのお迎え事情をよくわかっていないことが多いです。その人とあなたの保育事情は異なることが充分に把握できていないのです。

そのため、雑談中に「いま通っている保育園は延長時間に厳格で、預かり時間の延長が認められない」などを普段から周囲に話し、事情を把握しておいてもらうことが大切です。

できるだけ多くのスタッフに伝えておくと、あなたの事情を知らない人が仕事を頼んできたとしても、事情を知っている人が「ここは私に任せて、早く迎えに行ってあげて」といってもらえることがあります。

押し付けられた仕事をすぐには取りかからない

就業終了5分前に頼まれた緊急性のない仕事は、すぐには取りかからないようにしましょう。

「すみません、いま他の仕事を頼まれていて、そちらをやってから取りかかります。それでも大丈夫でしょうか」や「もし時間がかかりそうであれば、保育園に延長ができるかどうかの確認の電話をしなければなりません」と相手の確認を取りましょう。

もし緊急を要する仕事であれば、頼んだ相手は自分でその仕事を行なうか、他の人にサポートを求めるはずです。あなたに仕事を頼みやすいから頼んだだけかもしれないので、すぐには取りかからず、ワンクッション置くようにしましょう。

こうすることで「この人はお迎えの時間には帰らないといけない人だ」と周囲に分かってもらえるようになり、闇雲に仕事を任されにくくなります。

帰る

それでも就業終了5分前に仕事を押し付けてくる人はいます。そのようなときは「大変申し訳ないのですが、保育園の延長が急には行えないので、定時に子どもをどうしても迎えに行かないといけないのです」と伝えるようにしましょう。

仕事を頼んできた他のスタッフに対しては丁寧な対応をとり、謙虚な気持ちを伝えることが大切です。そして就業時間が終了したら、すぐに帰ります。これを繰り返していると、周囲のスタッフも「この人はどうしても定時以降は仕事ができないのだ」ということが認識されるようになります。

自分から言いにくい場合は、上司を通して伝えてもらう

相手によっては、あなたがこれほどまでに「定時で帰らなければならない」と伝えているにも関わらず、「私が以前に子どもを保育園に預けていたときでも、仕事を引き受けて定時で帰ったことはなかった」といってくる人がいます。

わざと仕事を押し付けて、あなたの仕事への態度を判断しようとする人です。また相手の役職や年齢、性格などから、断りづらい方もいるでしょう。

このような状況であれば、働きにくくなってしまうことが想定されます。もし「働きにくいな」と感じるようであれば、あなた一人で解決するのではなく、上司に相談するようにしましょう。あなたがいま置かれている状況について、意外と上司が把握していないことがあるのです。

「定時には帰らなければならない」理由を訴え、上司の口からミーティングの際にスタッフに伝えると、この問題が収束する可能性が高いです。そのため最終的にはこのような手段を視野に入れておくとよいでしょう。

上司・同僚との信頼関係を作っておくポイント

もちろん、あなたが定時で帰れるような環境を作ることは、上司や同僚の協力なくして実現できません。そこで、上司や同僚と信頼関係を作るために見直しておきたいポイントについてお話します。

「ありがとう」と常日頃から感謝の気持ちを伝える

仕事が残っているにも関わらず、早退したり、定時で帰ったりして、上司や同僚にサポートしてもらったときには、通常「迷惑をかけてすみませんでした」とお詫びの気持ちを伝える場面が発生します。

しかし、このネガティブなお詫びの言葉だけですと、あなたの中に「私が職場復帰をしたせいで、上司や同僚に迷惑をかけてしまった」という必要以上の罪悪感が生じてしまうことがあります。罪悪感というのは必要以上にあなたを苦しめ、自分自身の心のもち方が仕事をしづらくさせてしまう原因となってしまいます。

そこで罪悪感をもたないためにもお詫びの気持ちではなく、「ありがとうございました。おかげで子どもも喜んでおり助かりました」とポジティブな感謝の気持ちを伝えるように変えてみてはどうでしょうか。

看護師であれば、自分がサポートすることで助かる人が一人でも増えると、それだけ仕事にやりがいを感じるものです。その対象は患者さんだけとは限りません。看護師は「同僚の家族までも自分のサポートで喜ばせることができた」とイメージできると嬉しい気持ちになり「また助けてあげたい」と感じるのです。

もしあなたが逆の立場だった場合でも、「私が抜けて迷惑をおかけし、すみませんでした」より「あなたのおかげで助かりました。ありがとうございました」といわれるほうが嬉しいはずです。

さらに具体的に「あなたが助けてくれたから子どもにつきっきりで看病を行なえ、早く回復させることができた」「早めにお迎えに行けたので、子どもに淋しい思いをさせないで済んで助かった」などを付け加えると、さらに感謝の気持ちが伝わりやすくなります。

是非、今日から試していただきたい方法の一つです。

謙虚な姿勢を忘れない

もちろん謙虚な姿勢を忘れてはいけません。「子どもがいるのだから早退も定時で帰るのも当たり前」という態度をとっていては、周りのスタッフは「育児に協力してあげたい」という気持ちが湧いてきません。

就業時間内はできるだけ、周囲を手伝える仕事は引き受けて、可能な限り皆が嫌がる仕事でも進んで取り組む姿勢をみせることが大切です。

例えば、私の同僚で「家庭訪問があるから早退させてほしい」と当然のようにいう方がいました。「家庭訪問だから早退は仕方ない」と周囲は思っていました。

しかし、その方と同じ学校に通う他のママさん看護師で「家庭訪問の時間は担任の先生に頼めば、訪問する時間や順番を最後にしてもらうことが可能だから、早退はしなくても大丈夫」といった方もいました。

もちろん後者の方のほうが出来る限り周囲に迷惑をかけない細かな配慮を行なえているため、同僚との信頼関係を築きやすいです。「家庭訪問だから仕事を抜けるのが当たり前」ではなく、「できる限り迷惑のかからないように融通をきかせる」ことで周囲と上手く付き合っていけます。

出来る限り、「自分ができる範囲でやれることはやる」という姿勢をもち、謙虚な気持ちでいることが大切です。

問題がなくても、上司とのコミュニケーションや報告を行なう

上司にとって、一番困るのは「部下が何を考えているのか分からない」「なにか大きなトラブルが起きて、はじめて事情を知る」ということです。仕事上の悩みやトラブルに関しては、上司とは「密にコミュニケーションをとり、報告を行なう」ことが、信頼関係を築ける方法の一つとなります。

行なっている仕事が順調で、育児と両立できているときにも、仕事の節目で「ここまで進んでいます」「いま順調です」などとコミュニケーションをとっておきます。

このような報告を行なっていくことで、上司に「いちいち言われなくてもできる人」というイメージをもってもらうことができます。トラブルのときだけ報告をしてくる人だと「何か問題が起きたときだけ泣きついてくる困った人」と思われてしまいます。

例えば、資料などを作成するときに、8割くらい完成したところで上司に確認してもらいます。あなたよりも上司のほうがその病棟の全体を見渡しているため、上司に助言をもらうことで、質の良いものができるだけでなく、上司との信頼関係も深まります。

またプライベートの報告も時々行なっておくと信頼関係を作るポイントとなります。詳しく報告する必要はありませんが、子どもの成長、入学式、運動会、遠足など、ちょっとした雑談のときに話すことで、あなたとの距離が縮みやすくなります。

復帰は育児環境が整えられた病院やクリニックへの転職も視野に入れる

もしかしたら、以前働いていた職場は「どうしても復帰するのが難しい」という環境であったかもしれません。そのような場合は、残業の少ない病棟へ異動願いを出すか、それが叶わない場合は育児環境が整えられた他の病院やクリニックに転職することも考えておくとよいでしょう。

育児・介護休業法は、「原職(もしくは原職相当)復帰」を義務づけてはいません。雇用者の「努力義務」となっています。

そのため厚生労働省の「平成24年度雇用均等基本調査」によると、育児後原職(もしくは原職相当)に復帰しているのは全体の70%にすぎません。「あの病棟で仕事復帰となると、仕事と育児の両立には困難を極める」などと考えられる場合は、まずは異動願いを出してみることです。

「キャリアアップするには異動願いや転職はマイナスになってしまうのでは?」と考える方もいるでしょう。

しかし、看護師として働いていれば育休を取得したかどうかにかかわらず、異動はあります。いまはとりあえず、あなたと子どもの様子をみながら、ブランクのある看護職に体を慣らし、看護師としての仕事に取りかかることが大切です。

ゆとりのある部署や病院、クリニックに異動もしくは転職することは「キャリアアップにマイナスだ」と考えるのではなく、スキルアップをしている時間だと考えるようにしましょう。

新しい環境に身を置いたほうが「あなたらしい新しい働き方を探すことができる」という一面があります。気持ちを切り替えて、前向きに考えると良いでしょう。

産休前の忙しい病棟に在籍しているときは、時間に追われながらも仕事をテキパキとこなすことで人生の充実感につながっていたかもしれません。

しかし、忙しい職場に復帰となると、早退や定時帰りなどが難しいだけでなく、ブランク明けで自分に足りない看護スキルを自覚し、不安を抱えたまま仕事に猛進し続けなければならないといったデメリットがあります。

ゆとりのある部署や病院、クリニックに異動することで、「ブランク明けで足りない」と感じた看護スキルを補充する時間が生まれます。このような環境に身を置き、育児と仕事を両立させながら、スキルアップを目指すように心がけましょう。

時間にゆとりができれば、この間にスキルアップにつながる資格取得をしておくことをお勧めします。資格取得をすることで、育児が落ち着いた頃に「また以前の病棟に戻りたい」というアピールにもつながります。

復帰したはいいものの、仕事でいっぱいいっぱいになって、ピリピリした怒った表情を子どもに見せてしまっては、復帰失敗といえます。仕事に復帰することで、子どももあなたも笑顔になれるよう、働く環境も調整することが重要です。

働きたいママさん看護師の事情を汲み取り、病院やクリニックとうまくマッチングさせてくれる「看護師に特化した人材派遣会社」も増えてきました。いまの看護師の転職市場の実態を教えてもらい、自分の希望とのすり合わせを無料で転職のプロにお願いすることができます。

なかには「ママさん看護師だからこそ来てもらいたい」とする病院やクリニックも存在します。そこで働くことになれば、上記で挙げた周囲への気遣いも少なくて済みます。あなたに負担にならない職場環境を選ぶことも仕事と育児を両立させるためには必要なことです。

看護師に復帰・復職するいまが、人生の見直しの機会

子どもが生まれると、いままでの生活が一変します。それまでに感じたことのない喜びや嬉しさに遭遇する反面、親としての責任や不安、悩みが生まれ、何よりもあなたの時間や行動にも制限が増えて窮屈に感じることもあるでしょう。

このような変化に伴い、いままでの生活や価値観がひっくり返ります。子どもをもつことによって「自分の人生にとって大切なことは何なのか」「何を一番大切に考えなければならないのか」を考えさせられる機会が生まれます。

子どもがいる前は、時間やお金を自分のためだけに使って何も残らなかったとしても後悔は少なったことと思います。しかし、子どもがいると、限られた時間の中でどのように時間を使えばいいのか、吟味する必要が出てきます。

自分の自由に使える時間は格段に減ったものの、子どもがいるからこそ人生の充実度はいま最高潮なのではないでしょうか

「仕事と育児に追われ頑張っているあなた」はとても輝いています。それを一番身近で見ている子どもはあなたのことを誇りに思うときがくるでしょう。

いまをかけがえのないものとして、仕事も育児も大切にしていってもらえたらと思います。どちらも楽しめるよう、この記事を生かしてください。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く