健診・検診センターや人間ドッグで、テキパキと採血などをこなしていく看護師をみて、「派遣や単発、バイトでいいから、一度は健診看護師をやってみたい」と思ったことはないでしょうか。

健診・検診センターで勤務する看護師は、病棟の看護師のような患者さんの移乗や入浴介助など、いわゆる看護業務のなかでも「重労働」が無く、健康な方を相手とする日勤のみの勤務となります。

そのため、病棟勤務に疲れてしまった看護師にとって、健診・検診センターは魅力的な職場ともいえます。

そこで、今回は気になる健診・検診センターの看護師の仕事内容、必要なスキル、メリット・デメリット、給料や求人情報について確認をしていきたいと思います。

健診・検診センターの看護師の仕事内容

健診・検診センターの看護師の役割にはどういったものがあるのでしょうか。ひとつずつ、述べていきます。

健診・検診の目的

まずは健診・検診の目的についてお話します。

健診とは、健康診断・健康診査のことです。各医療保険者や市区町村(国民健康保険の方)が実施する「特定健診」「成人病健診」「職場健診」などがそれに当たります。健診を行う主な目的は、生活習慣病や自覚症状の乏しい疾患の早期発見と予防です。

一方、検診とは、「特定の病気」を早期に発見することを目的としています。「胃がん検診」や「肺がん検診」「子宮がん検診」「乳がん検診」「前立腺がん検診」などがその代表です。検診の目的は特定の病気の早期発見と予防です。

毎年健診・検診を受けられる患者さんでも、案外、健診・検診の目的についてご存じない方もいるでしょう。看護師の求人でも、健診と検診のはっきりとした区別はあまりありません。実際、健診センターと看板を掲げていても、「内視鏡検査」などの検診を行う施設も多いです。

健診・検診で分かる疾患は以下の通りです。

・高血圧症

・糖尿病

・狭心症・心筋梗塞などの心臓病

・不整脈

・慢性気管支炎、肺結核

・動脈硬化、高脂血症

・胃潰瘍、十二指腸潰瘍

・肝臓病

・胆石症

・膵臓病

・腎臓病

・痛風

・貧血

・白血病

・肺がん

・胃がん

・膵臓がん

・乳がん

・子宮がん

・子宮頸がん

・前立腺がん など

健診・検診センターでの看護師の具体的な仕事内容

では、このような健診・検診センターで働く看護師の仕事内容を具体的に述べていきます。勤務先によっては、建物ではなく、検診車での巡回を行うこともあります。

看護師が行う仕事としては以下のようなものがあります。

問診

検査の介助

採血

尿検査

身長・体重・視力・聴力・血圧・肺活量の測定

眼底写真・眼圧測定

心電図

医師の診察補助

内視鏡の補助と介助

勤務先によっては、1人の健診者を身長測定から採血、内視鏡の介助まで一連の流れで行なうところもあれば、採血や診察の補助だけなど一日中一つの業務をずっとこなし続けることもあります。

健診・検診センターで勤務した看護師の口コミ体験

では実際に健診・検診センターで勤務したことのある方の体験談を掲載します。

たった1人で採血を100人以上(派遣の場合)

ある企業の集団健診に同行しました。もともと採血をするのが得意なので苦にはなりませんでしたが、ずらーっと列を作って並んでいるのをみて、それだけで心が折れてしまいそうになりました。

一度失敗するのをみせてしまうと、次に並んでいる人から「私のときは失敗しないで早く終わらせてよ」と言われ、内心、冷や汗をかく場面もありました。採血にもかかわらず、自分一人で汗をかきながらやり終え、達成感を味わったのを覚えています

病棟だと採血で失敗が続いた場合は、他の人に代わってもらうよう頼むことができるのですが、健診センターでは全くの一人でした。いくら採血が得意といっても、いま思うと冷や汗ものの連続だったように思えます。

一日中、検尿係でした(派遣の場合)

派遣先から依頼された工場に着くと、担当者から「今日は一日尿検査を実施してください」といわれました。パーティションで区切られた私が待機しているスペースに、検尿コップをもった人が次々にやってきました。

尿検査は病棟勤務で慣れているので、苦ではありませんでした。次々に持ってくる尿に検査紙を漬け、色の変わり具合で潜血、タンパク、糖をチェックし、指定の用紙に記入していきました。検査を終えた尿はバケツに入れて、検査終了後、トイレに捨てにいきました。

病棟のときのように命に関わる仕事ではないため、やや不衛生な仕事である面を除いてはストレスを感じることなく、仕事を無事に終えることができました

視力測定のみの仕事で楽しかったです(派遣の場合)

企業の健康管理センターの看護師に指示され、総勢、派遣看護師6名での健診業務でした。この仕事には、お弁当がついていました。清潔でキレイなオフィスでした。

私の担当は視力測定でした。私が契約している派遣会社の規則では、派遣会社から「視力測定をしてください」といわれたら、それ以外の業務である採血などはしてはいけないことになっています。そのため、視力測定に集中でき、スムーズに終えることができました

採血などを担当している他の看護師はまだ業務が終了していなかったのですが、私の場合、契約時間よりも早い、午後2時過ぎで業務が終わりました。色々な派遣の仕事はありますが、健診の視力測定などですと楽な仕事でラッキーだったと思います。

検診車での検診業務(正職員の場合)

検診車での検診業務は、バスでの移動になります。さまざまな場所を点々とするので、私にとっては面白い仕事だと思います。業務が忙しい春から秋にかけては派遣看護師にも仕事を手伝ってもらいます。お客様と一期一会になるため、決して粗相のないように接客に気を付けて業務にあたっています。

病棟のような外部の気温に左右されることのない空間とは異なり、検診車は季節に左右されやすいのがデメリットです。特に猛暑の日は、直射日光がバスの中に直接入ってくるので、いくらエアコンがついていても、じりじりと肌を焼かれていくのが分かります。

また、検診車はいつも閉めっぱなしというわけにはいかず、開閉が多いため、外気がそのまま車内に流れ込んできます。したがって、冷暖房があまり利いていないと思うことが多々あります。

暑さや寒さ、乗り物に弱い方は、あまり検診車での看護業務は向いていないかもしれません

健診・検診センターの看護師に必要なスキル

次に健診・検診センターで働くために、看護師にとって必要なスキルについてお話します。

接遇

健診・検診センターの看護師に必要なスキルは、まず第一に「接遇」です。健診を受けにくる方は、病気で来るわけではないので患者さんではなく、「お客様」として接することが大切です。

健診・検診センターの業務は、どちらかというと医療業務ではなくて、サービス業務になります。

健診・検診センターなどで、クレームの出る原因として多いのは「スタッフの悪い接遇」だとされています。確かに、スタッフがムスッとしたような態度をとるような健診・検診センターだと、「もう二度とここで健診を受けるのは止めよう」と思ってしまいます。

このようなことから健診・検診センターでは、「接遇の勉強会か講習会」などが多く開かれています。一般的な病院やクリニックよりも接遇に関して厳しい指導があると思っておいたほうが良いでしょう。言葉遣いはもちろん、視線の合わせ方、ちょっとしたしぐさなども、いつもチェックされています。

どのようなクレームに対しても、笑顔で対応する必要があります。お客様に決して不愉快な思いをさせて帰らせてはいけません。健診・検診での看護師を希望するのであれば、もう一度自分の接遇技術を見直し、お客様に失礼のない対応を心掛けたいものです。

採血技術

健診には必ずといっていいほど、採血がつきものです。視力検査や尿検査、心電図検査、さらには内視鏡検査などは経験を積めば、ある程度の技術は身に付きます。採血も同様に、経験を身に付ければ、ある程度の技術は身についてきます。

しかし、健診・検診センターの看護師を希望であれば、いきなり何人、何十人、多いときでは100人以上の採血を行う必要があります。そのため、何度も駆血帯を巻きなおすなどして1人のお客様に時間をかけている場合ではありません。

しかも健診・検診センターの看護師ともなると、お客様からしてみると「毎日大勢の人に採血を行っているから、きっとこの人は採血のプロだ」と思われていることもあります。それなのに、何度も採血をやり直していると、健診・検診センター自体の評判を落としてしまうことにもなりかねません。

だからといって「採血に自信がない」という理由だけで、健診・検診センターの看護師になるのをすぐに諦める必要はありません。

人材派遣会社では登録した看護師に対して、「採血技術特訓コースなる講座」が開かれているところもあります。一度、担当のコンサルタントに「採血技術に不安はあるけれど、健診センターで働いてみたい」という旨を相談してみると良いでしょう。上記のような講座や講習会を紹介してくれることもあります。

どのように熟達した採血技術をもっている看護師でも、健診センターでの採血人数の多さを知ると、一瞬萎縮して不安になってしまうこともあります。

「今は採血技術は劣るかもしれないけれど、それでも頑張って力を伸ばし、健診センターで勤務したい」と思えるやる気のある看護師こそ、健診センターの看護師に向いているといえるでしょう。

健診・検診センター勤務でのメリット・デメリット

健診・検診センターに勤務するうえでのメリット・デメリットとは一体どのようなものでしょうか。メリットだけでなく、デメリットも知っておけば、実際に業務を実施するときに「このようなはずではなかった」と思わないで済みます。

メリット

まずは、メリットです。健診・検診センターで看護師として働くと以下のようなメリットがあります。

・日勤のみの業務で残業が少ない

土日祝日は休みの職場が多い

・健康な人が相手なので精神的に楽

・あまり命の危険にかかわるような場面に遭遇しなくて済む

病棟で勤務する看護師が「仕事が辛い」と思う原因である、「残業が多い」「土日祝日が勤務」「死に直結する現場での業務」に関わることが少なく、健診・検診センターの看護師のほうが家族の都合に合わせやすいといったメリットがあります。

デメリット

次にデメリットとしては、以下のようなものがあります。

・同じ仕事を何時間もこなす必要があるので、業務自体に飽きてしまう可能性がある

・健診に来る人とは短い時間だけの関わりになるため、病棟のような患者さんとの深いつきあいはできない

接遇が悪いと、すぐにクレームがくる

・検診車に乗る場合は、朝早くから、もしくは出張で行くこともある

・病棟の看護師よりは給料が少ない

病棟で働く看護師と比較すると、やはり夜勤や残業がないため、給料面では満足いく金額をもらえない可能性が高いです。

また、毎日同じ仕事の繰り返しになってしまうので、健診・検診センターの看護業務自体に飽きが出てしまうこともあります。

病棟で心が通った看護をし、患者さんが元気になっていく姿をみることにやりがいを感じている看護師だと、健診・検診センターでの仕事は向いていない可能性が高いです。

健診・検診センターの看護師の給料

給料の話がでたので、さらに詳しく健診・検診センターの看護師の給料事情についてお話していきます。

健診・検診センター勤務の正職員の給料

健診・検診センターで働く正職員の給料は、年収にすると約300~435万円程度だとされています。平均すると大体350万円くらいです。幅があるので、できるだけあなたにとって満足いく金額を出してくれるところを選択するようにしましょう。

一般的に病棟で勤務する看護師は夜勤手当や残業手当がつくので、約480万円、日勤のみの場合だと約400万円くらいですので、健診センターの看護師のほうが給料が低めとなっています。

健診・検診センターの看護師の給料は低いものの、健康な人を相手に検査をして、定時で帰れるので、「子どもが小さいうちだけだ」と割り切って仕事をしている看護師も多いです。

また病棟での勤務が体力的に厳しくなった年配の看護師にも、もともと看護技術が身についているので健診・検診センターの求人は人気があります。

健診・検診センターのパート・バイト看護師の給料

健診・検診センターのパートやアルバイトの時給ですが、約1,000~1,800円程度です。平均時給としては、1,400円くらいです。看護師全体の平均時給は1,600円くらいなので、やはりパートやバイトでも金額が低めに設定されています。

また都市部と地方によっても給料に格差はあるので、一概にはいえない部分もあります。

健診・検診センターの派遣看護師の給料

一方、健診・検診センターで派遣看護師として勤務した場合は、1日8時間労働で、時給1,000~2,500円と金額に幅があるのが特徴です。しかし、パートやバイトの最高額を比較すると派遣看護師のほうが2,500円と、明らかに時給が高額なのがみてとれます。

これは、派遣看護師のほうがパートやバイトよりも待遇が良いことを意味します。

一見、健診・検診センターとの直接契約であるパートやバイトのほうが、時給がよさそうに思えます。しかし、派遣での人材募集については人材派遣会社に頼むので、雇い先は広告費など余計な経費がかかりません。そのためバイトやパートより、派遣看護師のほうが好待遇・高時給が望めます

派遣では日雇いや単発の仕事が多いのですが、また次の仕事があれば、人材派遣会社にそちらも紹介してもらえるため、次の仕事を探す手間が省けます。

「健診・検診センターの看護師をやってみたい」と思った方は、いきなり正職員になるのではなく、まずは人材派遣会社に登録し、空き時間に派遣看護師として健診・検診センターで勤務してみてはいかがでしょうか。

自分に合っているか合っていないかが分かるだけでなく、バイトやパートよりも良い待遇を得ることができます。

健診・検診センターの看護師求人とは?

健診・検診センターの看護師の求人は人気がある上、求人件数が少なく、希少案件といえます。求人が出ても、すぐに募集が終わってしまうこともあるでしょう。

そこで健診・検診センターのおススメの求人の探し方についてお話します。いくつかのサイトを検索して自分で探すよりも、より効率よく、あなたの条件にあった求人に出会うことができます。

人材派遣会社に登録する

健診・検診センターの求人の探し方ですが、これは派遣看護師の求人を多く抱える人材派遣会社に登録する方法になります。また、正職員での勤務を希望の方に対しては、派遣会社ではなく転職サイトに登録する方法をおススメします。

人材派遣会社や転職サイトの登録は無料です。しかも、「健診」や「検診」で検索ワードを絞り込めば、すぐに求人情報が出てくるため、自分で探す手間が省けます。

それだけではなく、人材派遣会社は「非公開求人」といって、条件のよい人気のある求人をあえて非公開にしているような求人案件をもっていることがあります。

なぜなら、条件の良い求人は、誰からみても魅力的な求人案件であるため、サイトなどに掲載してしまうと応募者が殺到してしまいます。そこで人材派遣会社のコンサルタントが、「この人なら紹介したい。上手に仕事をこなしてくれるだろう」という人に限定して仕事を紹介します。

もし派遣した看護師が派遣先で何か問題を起こしたら、人材派遣会社が責任を負うようなことになりかねません。仕事の契約をきられてしまうと、人材派遣会社にとっては死活問題となってしまいます。そのため人材派遣会社は、大切な非公開求人は信頼のおける看護師に紹介したいと考えます

人材派遣会社のコンサルタントに非公開求人を紹介してもらえるようになるまでには、あなたのやる気を見せることが大切です。そのためにも、コンサルタントに紹介してもらった仕事をありがたく遂行し、任務を達成することが重要になります。

いまはまだあなたの条件に合う仕事ではないかもしれませんが、「いまは試されている時期」だと考え、接遇に対してしっかりした態度で臨むとよいでしょう。

与えられた仕事をコツコツと一生懸命こなしているうちに、条件の良い案件を紹介してもらえる可能性が高まります。コンサルタントと信頼関係を作っていけるように心がけましょう。

おススメの人材派遣会社

世の中には看護師専門の人材派遣会社がたくさんあります。その中でもおススメの人材派遣会社について紹介します。(正社員については転職サイトになります)

正社員:看護のお仕事

「看護のお仕事」は、全国対応の看護師転職サイトになっています。都市部はもちろん、地方求人にも強みがあり求人案件を紹介してもらえます。

登録を行えば、あなたに1人、地域ごとの専任のコンサルタントが付くので、地域に密着した転職支援を可能にしています。看護のお仕事は、公開すると応募が殺到してしまう「非公開求人」を多くもっているため、あなたの条件を伝えることで、好待遇・好条件の非公開求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

「健診・健診ナースを希望」と専任のコンサルタントに伝えれば、看護のお仕事では付き合いのある病院や看護師のネットワークを活かして、情報をいち早く収集してくれます。

他の人材派遣会社にありがちな「単なる求人案件の紹介だけ」にはとどまりません。転職先における師長の性格像や、看護師の離職率、病院の雰囲気、健診・検診ナースが行う仕事の充実度、近所での評判など、あなた一人では収集できない内部情報を全て教えてくれるのがこの転職サイトをおススメする理由です。

そのため、じっくり求人先の事前情報と照らし合わせて職場を決めることができるのでサービス満足度が圧倒的に高いのが特長です。

派遣・単発:MCナースネット

「MCナースネット」は全国規模で展開を行っている、看護師専門の単発求人や派遣求人を多く抱えている人材派遣会社です。看護師専門の人材派遣会社は多く存在しますが、その中でも特にMCナースネットは「単発・日払い、スポット求人」など単発の求人を多数もっている会社です。

健診・検診センターの看護師となると、求人自体が少ないので、いますぐには求人が無いこともあります。しかし、MCナースネットは全国規模で展開しているので、時期さえ待っていれば、求人が出次第、あなたに紹介してくれる可能性が高いのが特徴です。

また健診・検診センターの仕事が時期的にあまり無い期間は、希望すれば他の単発の求人を教えてくれます。

他の看護師専門の人材派遣会社と異なり、MCナースネットは仕事の種類が多く、イベントナース、ツアーナース、巡回入浴、デイサービス・デイケア、有料老人ホーム、クリニック、病院の外来、病棟などの単発求人をもっています。

その人らしく生きる力添えを

当サイトの管理人である私は内科に勤務しており、病気で来院される方に加え、健診・検診で来られる方への検査の介助を行っています。健診を受けられる方は健康に気を配り、日々の生活に注意し、自分の体を大切にしている方が多いです。

そのような方と健診結果が良ければ共に喜び、健診結果が悪ければ「次に期待しましょう」と励まします。また、検査に不安がある方にはできるだけ不安のない環境を作るよう努力しています。

いずれにしても、「健診を受けて良かった、また来年も健診を受けよう」と思って帰ってもらえるよう、最善を尽くしています。健診・検診センターでの看護師の仕事は、世の中の人の健康を増進させることにつながります。健康であれば、笑顔も増えてきます。

健診・検診センターに勤務し、健診を受ける人の背中にそっと手を当てて、その人がその人らしく元気で健康に生きていけるよう力添えをしていってもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く