妊娠が分かって、愛する我が子に会う日を待ち望みながら看護の仕事に精を出している人も多いと思います。看護の仕事は体力・気力ともに消費します。さらに妊娠中は自分の不安定な体調にも、そのことで急に迷惑をかける職場にも気を遣うことになります。

そのような中で妊娠中のママさん看護師の頭をさらに悩ませ、体力を奪うのが、産休に入る前の「仕事の引き継ぎ」という問題です。

ただでさえ体力も気力も必要な看護に加え、妊娠中で体調があまり芳しくないにも関わらず引き継ぎの仕事が増えるのです。引き継ぎは、看護師に限らず大きいお腹を抱えた妊婦さんにとっては大変な重労働といえます。

そのためできるだけ妊娠中のあなたの体や心に負担をかけることなく、スムーズに後任者に引き継いでもらえるように「引き継ぎ」の準備することが大切です。

今回は、どのようにしたらスムーズな引き継ぎが行なえるのか、そのノウハウについてお話していきたいと思います。

ママさん看護師が行ないたいスムーズな引き継ぎの秘訣

妊娠中のママさん看護師が、職場復帰・復職を考える際に行っていきたいスムーズな引き継ぎの秘訣について述べていきます。

妊娠が判明したらすぐに報告

妊娠が判明したとしても「病院への報告は安定期に入ってから」と考える方が多いでしょう。しかしスムーズな引き継ぎを行ないたいのであれば、妊娠が判明した時点で直属の上司である師長に報告し、安定期に入ったら同僚にも伝えることが大切です。

経産婦のママさん看護師であれば分かりますが、妊娠中は体調の変化が起こりやすく、できる限り周囲の理解とサポートを必要とするからです。

もし出産間近でもないのに、おなかが何度も張ったり、出血したりするなどのトラブルが起こった場合は仕事をしていても我慢することなく、早急に産科のかかりつけ医のもとを受診しなければなりません。このような場合、職場であなたの妊娠の状況を把握しておいてもらうことで、万が一のときに協力を得やすくなります。

しかし中には流産を心配して、早めに報告することをためらう人もいます。日本ではまだまだ「赤ちゃんがおなかにいるのに無理をして動いていたからだ」といわれることが多く、流産したことに罪悪感をもつママさんがいます。

しかし最近の研究で流産する原因は、「妊婦さんの生活の過ごし方が悪いからではなく、もともとの受精卵の状態になんらかの問題があった」ということが分かってきました。「あなたが無理して動いたから流産した」と自分を責める必要はなく、「仕方のないことだった」と捉えるようにしましょう。

また意外なことですが、周りに妊娠を報告していたとしても、いつから産休に入るのか把握されていないことがあります。医療従事者である看護師に妊娠を報告したからといって、報告を受けた看護師が妊娠・出産のことをすべて掌握しているわけではないのです。

例えば、あなたに質問です。「胎児はどのくらいの期間で生まれてくるでしょうか?」実は産科でもない限り、妊娠期間などを忘れてしまった看護師も多く存在します。

正解は約9ケ月10日(約280日)です。このことを看護学生のときに習ったのですが、一般的に浸透している「十月十日(とつきとうか)」が思い浮かんでしまう人が多いのが現状です。妊娠1日目とは最終月経が始まった最初の日のことをさし、妊娠前の4週間も妊娠1ケ月とカウントされます。

このような計算方式により出産予定日とは、最終月経から280日目となります。もし1月1日に受精したとすると、出産予定日は大体9月24日前後となります。

簡単な妊娠報告だけですと、医療現場で働いていても周囲の看護師から「もう安定期に入っているのかと思っていた」「5月出産かと思ってのんびりしていたけれど、4月が予定日だったの?」と勘違いされることが実際にあるのです。

このようなことからも職場での産休開始時期などの仕事の調整が必要であるため、あなたの妊娠を早めに周知させておくことが大切です。あなたが「いつから不在になってしまうのか」が具体的に判明したほうが、職場はその穴を埋めるための準備をしやすくなるといえます。

あなたの味方を作り、妊娠の情報発信を行なう

できれば、あなたの妊娠中の状態や体調の変化についての情報を職場で共有してもらえるよう、情報発信を行なうことが大切です。このようなときに頼りになる味方を作っておくとよいです。

例えば、休憩のときなどを利用して、「現在の体調や産休や育休の予定日」などについて、その人に話しておきます。その人に出産経験があれば、妊娠中の仕事の行ない方や引き継ぎ方、出産や育児などについて相談するようにしましょう。

悩みを相談するとプライベートな部分を相手にみせることになり、距離が縮まります。特に同じ女性同士の場合、妊娠や出産などの話は立場が想像しやすいため親身に相談にのってくれることが多く、よき先輩として妊娠中や出産後も味方になってくれるはずです。

味方になってくれる人を一人でも多く増やしておくと、自分からはなかなか言い出しづらい下記のようなことも、あなたの心情を思いやって発言してくれることが期待できます。

「○○さん(あなた)はつわりがひどく、時々めまいがして大変みたい。いま大丈夫?辛かったら、教えてね」

「○○さん(あなた)なら、7月から産休に入るから、それまでにあの仕事の引き継ぎを行なっておいたほうが良いんじゃない」

「おなかが何度も張るようなら無理しないで、ナースステーションで座って休んでいいからね」

ハードな看護の職場で先輩や同僚から気遣いのある言葉がけをしてもらうだけで、あなたはどれほど救われることでしょう。

昔からよく言われている「妊娠は病気ではない」ですが、言い換えれば「体調が不調になっても治す薬や治療方法がないので、くれぐれも無理はしないように心がける」必要があるのです。あなたはもう一人ではなく、守るべき者をお腹に宿しているのです。

特に妊娠を経験していない若い看護師に多いのですが、妊娠を身近に感じたり想像することができなかったりするために「あの人は妊娠を理由に仕事をさぼっている」などと思われることがあります。

そのような人には、例えば「妊娠してから油ものしか食べられなくなった。そのせいか子どもが油まみれで生まれてくる夢ばかりみるの」といったつわりにまつわる特有のエピソードを話し、妊娠を身近に感じてもらうようにしましょう。

(上記の補足として、妊娠初期のつわりの時期は食べ物の好みが偏りやすくなる傾向にあります。さっぱりした食べ物を欲しがる人もいれば、いままで食べていなかったジャンクフードや油っこいものを無性に口にしたくなる人も多くいます。そのような面白い体験を楽しく語ってみると、妊娠に関心がない若い看護師にも興味をもってもらえることが多いので是非試してみてください)

産休までのスケジュールを作り上司に報告する

次に産休までのスケジュール表を作成し、上司に報告を行ないましょう。上司にOKをもらったら、引き継ぎを行なう同僚や後輩にも早めに渡しておきましょう。

職場では「いつからどのような仕事の引き継ぎが行なわれるのか」を早い段階から知りたいと考えているのです。引き継ぎの期間は十分に確保することが大切です。

具体的なスケジュール表は下記の通りです。こちらを参考にしてください。

引き継ぎスケジュールとTo Do リスト

妊娠5ケ月前期(5月上旬)・後任担当者の決定

妊娠5ケ月後期(5月下旬)・引き継ぎの仕事ごとのマニュアル作成

妊娠6ケ月前期(6月上旬)・各仕事の後任担当者と引き継ぎの打ち合わせ

妊娠7ケ月前期(7月上旬)・引き継ぎを完了させる→師長に報告する

妊娠9ケ月前期(9月1日)・産休開始予定日(有給消化を含む)

出産(予定日10月15日)

生後1ケ月(11月中旬)・近況報告メールを師長に月に一度行なう

生後8ケ月(6月中旬)・復帰予定日

いかがでしょうか。もしあなたが同僚だとすると、このような引き継ぎのスケジュール表をもらっておくと先の予定まで組みやすくなると思います。このようにしておけば、周囲も早めに準備し行動に移すことができます。

引き継ぎは早めに行なう

次に具体的な引き継ぎ方法についてお話します。その方法はいたってシンプルです。それは、なるべく早く引き継ぐことです。

中には「周囲に迷惑をかけたくない」という思いから、任された仕事は自分が責任をもって、ぎりぎりまでやったほうがいいと考える人がいます。

しかし、これは職場にとって迷惑な話といえます。産休直前になってバタバタと引き継ぎの仕事を任された後任の看護師は、あなたがいなくなった後、困ることになります。引き継がれた仕事に何か疑問をもったとしても、あなたが病棟にいないためにすぐに確認が取れないからです。

安定期に入ったら、引き継ぎは早めにしておきましょう。そして引き継いだ後は、後任の看護師にその仕事を任せきりにするのではなく、産休に入るまであなたも責任者として一緒にその仕事に参加すると、後任へバトンをスムーズに渡すことができます。

引き継ぎの資料は後任と一緒に作成する

引き継ぎに関して、次に重要なのは引き継ぎの資料を作成することです。これは後任と一緒に作成すると、分かりやすいマニュアルとして使うことができます。

一般的には、引き継ぎの資料は「もともと仕事を任せられたあなた」が作成するのが当たり前だと考えられています。

しかし「このマニュアルにすべて網羅した」とあなたは考えていたとしても、後任の看護師にとっては疑問多い分かりにくい資料になっていることが往々にしてあるのです。

そのため、基本的なことを押さえた大まかな資料をあなたが作成し、後任の看護師に一通りの説明をします。そのあとで、後任の看護師に「分からなかったこと」を質問してもらい、その資料に付け加えていきます。

こうすることで、あなたは「どこが分かりづらい資料になっていたのか」が把握でき、後任の看護師は「自分が理解できなかった箇所」を明確にすることができます。

引き継ぎの仕事を知ってもらうためにも、引き継がれるほうの視点を織り交ぜた資料を作成したほうが「生きたマニュアル作り」につながります

産休・育休中の連絡先を職場に教えておく

産休に入る前に大切なことは、産休・育休中の連絡先を職場に伝えておくことです。里帰り出産をする場合は特に、病院に届けている住所とは違う住所であるため、実家の住所や電話番号を職場に知らせておくことが重要です。

そうしておけば、なにか職場で引き継ぎの仕事でトラブルがあったときは、あなたに連絡を取ることができます。

これが、後任の看護師に丸投げしてしまったままであれば、トラブルが解決できず連絡も取れないことになってしまい、引き継がれる側は相当なストレスを受けることになってしまいます。

職場に復帰・復職した際に「充分な引き継ぎをしてくれたから助かりました」と笑顔で迎え入れられるよう妊娠中から信頼される基盤を作っておくことが大切です。

後任の看護師はあなたが決める

もしあなたに権限があり、師長がなかなか後任担当者を決めない場合、後任の看護師はあなたが決めてしまいましょう。

師長には、もっと優先順位の高い仕事があり、様々な役を兼任していることも多く、仕事に忙殺されていることがあります。そのあたりの事情を察したうえで、師長に対しては後任の看護師をあなたが推薦してみてはいかがでしょうか。

師長は自分が受け持つ病棟であったとしても「誰がどのような仕事を担当しているのか」といった詳細まで把握していることはあまりありません。このような理由から、師長の決定した後任の看護師はあなたの仕事の引き継ぎに適しているとは限りません。

あなたが後任を選んだほうが、その後の引き継ぎの仕事がスムーズに進むことが多いでしょう。

出しゃばらない程度に、師長に提案してみるのです。病棟で誰がどのような仕事を担当しているのかを整理しておくだけでも、師長のアシストにつながります。あなたに全体を把握できる力があるアピールにもなるので、提案だけでもしてみるとよいでしょう。

育休はできるだけ短期間で終わらせる

「せっかく育休がとれるのだから、できるだけ長く休むようにしたい」と考える人もいます。しかし育休はできれば短期間で終わらせるほうが復帰に有利になります。育休を長期間とるデメリットについてお話します。

もし育休を長期間取ってしまうと、あなたは専業主婦になります。

するといままで育児に家事に積極的に参加してくれていた夫が、いつのまにか育児や家事のほとんどをあなたに任せてしまうようになってしまいます。また夫は専業主婦が家にいる安心感と、共働きでないため今まで以上に生活を支える必要が生じたことから、残業をする可能性が高くなります。

育児・家事をしないことが当たり前になったうえ、残業が増えてしまった夫に、あなたが仕事に復帰したところで、再び夫に育児や家事に参加してもらうことは至難の業となります。

さらに、あなたが長期の育児休暇を取った後で職場復帰すれば、育児や家事、そして看護師の仕事もすべてあなたの担当になってしまいます。

ブランクが長ければ長いほど、仕事の感覚を戻すは難しく、体力も精神力も消耗します。その上さらに育児と家事も加わることになります。このようなあなたにのしかかる負担を避けるためにも、育休の期間はじっくり夫婦で考える必要があります。

育児は子どもが成人になるまで続くものです。子どもが小さいときだけが育児ではありません。

継続して夫婦が協力し、育児を行なう環境を整えるためにも、あなた一人が育児・家事を背負う必要はありません。育休をあなただけのものと考えるのではなく、夫の働き方も含め、育休期間について家庭で話し合う機会を作ることが大切です。

また、あなたがいつ復帰するかは、職場にもできるだけ早く知らせるようにしましょう。人員の配置調整などが早めに行えるため、職場は助かります。

このようなことから、あなたの産後の体調や子どもの様子、夫の育児・家事への考え方、職場の対応なども含め、できれば「育休期間は短期間で終わらせたほうがメリットが多い」と考えられます。

病棟からの早期復帰要請にはできるだけ応える

産休に入る前に、育休期間について師長に相談をすると、「早期復帰」してほしいといわれることがあります。その早期復帰要請にはできるだけ応えたいものです。

早期復帰要請があるということは、「あなたがその病棟に必要だ」ということです。本当はもう少し長く休みたいと予定していたとしても、迷惑がらずにポジティブに受け止めて、感謝の気持ちを伝えましょう。

もちろん産後の体調が産休前のいまの時点で分かるわけではないので、早期復帰要請はすぐには決断できないと思います。

「夫と相談し、保育園の入園が可能かどうかも判断したうえで、予定よりもできる限り早期復帰を心がけます」と意思を示すことが大事です。最大限、努力はしてみる姿勢をみせてください。

早期復帰要請をされてすぐに「無理です」といわないほうが無難です。なにも努力していないにもかかわらず、無理と拒否してしまうと、師長は「この人は復帰後にしっかり仕事をしてくれるか」という不安に感じてしまいます。

また早期復帰の意思を示したとしても、実際に出産し育児をしていると「まだまだ体力的にも時間的にも無理かもしれない」と感じることがあると思います。

そのようなときは、あなたのいまの状況を師長に伝え、早期復帰の条件として「時短勤務にしてもらえないか」など、就業時間を短くしてもらえないか交渉してみるとよいでしょう。

スムーズな引き継ぎは事前の準備が大切

いかがでしたでしょうか。妊娠中は安定期に入り「動ける」と思ったときに、早めに引き継ぎの仕事を終わらせることが大切です。

当たり前のことだと思われるかも知れませんが、案外日々の仕事の忙しさに追われ、引き継ぎの仕事というのはどうしても後回しになりがちです。

あとでバタバタ引き継いでしまっては後任の看護師も困ってしまいます。あなたが仕事を休み、出産・育児をこなし、さらに人間としての輝きを増して看護師に復帰するためには、残って働いている看護師に歓迎してもらわなければなりません。

そのためにもスムーズな引き継ぎは大変重要だといえます。事前にしっかり準備をし、最小限の力を使って効率よく引き継ぎの仕事を行なうようにして下さい。

もう一度、確認しておきますが、妊娠は病気ではありません。けれど、病気ではないからこそ、治療方法も治療薬もありません。無理をしないように注意して、最後まで仕事を責任もってやり遂げるように心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く