看護師が転職を考えるとき、情報を集める手段として、看護師同士の噂話や知り合いが患者として利用したときの体験談などを頼りにすることが多いようです。

しかし、そのような方法で新しい入職先を決めると、転職に後悔してしまうことが多くあります。それは明らかに情報不足からくる失敗です。

看護師同士の噂話はあくまでも「噂話のレベルの情報」だということです。このレベルの情報には責任感がないため、役に立たない話であることが多いです。さらに、その病院のことについて何も知らないうちから悪い先入観をもってしまうこともあります。

この噂話の類は、転職という重要な人生の転機において客観的な判断を下すことができなくなるといったデメリットがあります。

また「知り合いが患者として利用した情報」というのも、客観性に欠けます。患者としてその病院を利用するのと、看護師として実際に入職して働くのでは立場が違います。そのため、人間関係や給与体系、待遇といった事柄は把握できず、転職に有用な情報とはいえません。

転職のゴールは採用ではなく、転職先であなたがイキイキと働いていることです。いかに自分が満足できる転職先を選ぶことができるのかは、この有用な情報をどれだけ集められるかにかかっています。

そのため「成功する転職を実現するためには、有用な情報をどのように収集すればいいのか」についてお話していきたいと思います。

転職のために手に入れたい情報の収集方法

転職に関して使える有用な情報は、噂話などから手に入れるものではありません。転職とは運ではありません。有用な情報をどれだけ集めることができるかによって、転職での成功を収めることが可能となるのです。

転職のために集めたい情報とは、希望する病院やクリニックの人間関係や給与体系、労働時間、福利厚生、仕事内容、教育体制などです。これらの情報を事前に明確に把握しておかなければ、あなたが満足する転職先を見つけることは難しいでしょう。

有用な情報は希望する病院の先輩看護師に聞く

有用な情報を集めるためには、「何度かの転職経験をもち、外部の勉強会や講習会に参加して、多くの情報をもっている転職希望先に勤務する先輩看護師から聞く」のが一番良い方法です。

そのような転職経験が豊富な先輩看護師だと、あなたが希望する病院の長所・短所について客観的に把握できているだけでなく、その病院とあなたがマッチングしているかどうかも判断できるでしょう。

あなたが希望する病院で働いている先輩看護師を看護師のツテなどから紹介してもらって、その病院のリアルな情報を聞きだしましょう。そして入手した情報から、「自分がその病院に合っているかどうかをじっくり吟味する」ことが、転職で失敗しない最善の方法といえます。

しかし現実的に、そこまでの先輩看護師を紹介してくれる人があなたの周りにいるでしょうか。希望する病院が二つあり、どちらかに迷っているようであれば、2つの病院から一人ずつ先輩看護師を紹介してもらわなければなりません。

大抵の場合、そのような広い人脈をもつ人はなかなかいないでしょう。新人看護師だとなおのことです。しかし紹介してくれる人がいないとしても、不安になることはありません。そのような場合は、転職サイト(転職エージェントともいいます)を利用するとよいのです。

転職サイト(転職エージェント)は先輩看護師からの情報を教えてくれる

看護師専用の転職サイトがあります。この転職サイトは、転職を希望する多くの看護師が登録しています。すなわち、あなたが希望する病院(クリニック)を退職した看護師や、以前転職サイトを利用して、あなたが希望する病院に採用され勤務している看護師がいるということです。

このことは転職サイトが、先ほどお話した先輩看護師との幅広い人脈をもっていることを意味します。転職サイトに登録することで、この先輩看護師を通じあなたが希望する病院やクリニックの情報を聞き出し、教えてもらうことが可能なのです

実際、当サイトの管理人である私も転職エージェントにお世話になり、いまは充実した日々を送ることができています。そのため、転職エージェントからの電話がかかってくると、恩返しのつもりで、いまの勤務先の状況の情報を伝えています。

転職サイトによっては日本全国で展開されており、都会でも田舎でも登録が可能なところもあります。利用料金は無料で、あなたが採用されたあとも、その1年後くらいまで満足いく転職であったかどうかをサポートしてくれます。

また登録を行なうと、あなたに担当のコンサルタント(キャリアアドバイザーともいいます)がついてくれます。この担当コンサルタントは、まさに看護師の転職のプロです。

あなたから転職希望条件を聞き出して、あなたが希望する病院が本当にあなたにマッチしているのかを判断してくれるだけでなく、「転職活動中のスケジュール調整」や「履歴書や面接のアドバイス」も行なってくれます。

本当に自分に合った病院に転職するためには、看護師同士の噂話や施設の利用者の体験談などではなく、実際にその病院に転職をした看護師から有用な情報を手に入れなければ、ただの「運試しの転職活動」になってしまいます。

もしあなたが希望する病院に出向いて、忙しそうに働いている看護師に声をかけて病院の内部情報を手に入れたり、広い友人関係をもつ知り合いの看護師に希望する病院の看護師を紹介してもらったりということができないのであれば、転職サイト(転職エージェント)の担当コンサルタントを頼るのが「成功する転職活動」といえます。

転職サイトに登録しても、「本当に希望する病院で満足して働くことができるのか」と心配な人もいるでしょう。できればこの転職を人生最後の転職にしたいと思うのは、みな同じです。

そこで、満足する転職を実現するためにも、希望する病院を「看護師を続けていてよかった」と思えるようにするためにも、次に転職エージェントを上手に利用する裏ワザについて解説していきたいと思います。

転職サイト(転職エージェント)を上手に利用する裏ワザとは

転職サイトを上手に使うことに越したことはありません。あなたが最終的に目指すゴールは「採用されること」ではなく、「転職し、看護師として満足した充実した毎日を送る」ことです。

転職サイトのコンサルタントは転職のプロです。担当コンサルタントとともにゴールまでの道順を確かめながら二人三脚でゴールするほうが、目標がぶれずにすみます。

人は何かにつまずいてしまう(例えば、病院の採用試験に書類選考で落ちてしまったなど)と自分の価値を過小評価してしまい、早めに「誰かに認めてもらいたい」といった願望が生まれてしまいます。

そのため自分でも知らず知らずのうちに、本来の目標とは違う安易なゴール設定に変更してしまうことがあります。

それでは入職してから満足した看護師生活を送ることができなくなってしまいます。そのようなことになってしまっては、転職する意味がありません。

本来の転職目標を目指し看護師として充実した日々を過ごすためにも、転職サイトの利用が必要です。そこで、まずは転職サイトを利用するにあたって、知っておいてもらいたいことについてお話ししていきます。

転職サイトを利用するのはどのような看護師でもOK

転職サイトはどのような看護師でも利用・登録することが可能です。

転職サイトに登録を行なう際に、「私のような看護師が登録しても、何の求人案件も存在しないのではないか」と転職エージェントの敷居を高く感じる人がいます。

しかし、転職エージェントの敷居は全く高くありません。実は新人からベテラン、看護師免許を取っただけで入職したことのない人、またブランクが10年以上ある人、1年で3回も病院を辞めてしまった看護師など、幅広い層の人が登録しています。

1年で3回も病院を辞めたとしても、それでも看護師を諦めないでやり続けようとするタフな精神力をもった人を好む病院もあるので、登録は可能です。また出産育児でブランクがあるとしても、その経験を強みに変えて活かすように転職エージェントが動いてくれることがあります。

「わたしにはこのような看護師経験しかないから…」と最初から自分で決めつけてしまうことは実は大変もったいないことなのです。自分がマイナスだと思っていることは、他者からみたらプラスであることがあるからです。

例えば、あなたが自分のことを「臆病だ」と思っているとします。しかし、これは言い換えれば「ものごとを慎重に扱える人だ」とも捉えることができるのです。強みと弱みはある意味、表裏一体ともいえるのです。

ほかにも「せっかち」は「ものごとをスピーディに実践できる」、「看護技術に乏しい」は「将来に向けて伸びしろがある」といった捉え方ができます。

人は誰しも必ず強みをもっています。あなたのことを分かってくれようとする担当コンサルタントは、あなたの強みを見つけ出してくれることでしょう。弱みと思っていた部分を強みに変えられた瞬間、人は自信をもつことができます。自信をもって転職に臨むと、採用率が高まります。

転職サイトの担当エージェントから「あなたのような看護師をこの病院(もしくはクリニック)に紹介したかった」といってもらえたことが自信となり、転職を成功させ、看護師として充実した日々を送っている人が実際にたくさんいます。

新卒だからこそ転職サイトを利用する

新卒で就職したにもかかわらず、転職を考えている方が転職サイトを利用する場合、「新卒なのにもう転職を考えている」と思われるのが恥ずかしいと考える人もいるでしょう。

当サイトの管理人である私も30代前半で看護大学に入りなおし、看護師の免許を取ったのが30代半ばでした。地元で有名な大きな病院に入職したのですが、慢性期病棟でおむつ交換と食事介助ばかりで、注射などの看護技術が全く身につきませんでした。そのため、新卒10ケ月目で将来性を感じなくなり、病院を辞めました。

その後、すぐにハローワークの紹介を受け、市内でも評判のよい超人気の眼科クリニックに転職したものの、人間関係で悩み、6ケ月でギブアップをしました。

30代後半、女性、看護師経験・技術ほとんどなし、1年半の間で3度目(最初の職場+眼科クリニック+次の新しい職場)の転職です。これが一般の企業だと再就職は困難を極めます。看護師の再就職でもさすがに難しいと思いました。

「看護師はしたいけれど、看護師経験も技術もないから、もう転職は無理かもしれない」と窮地に立たされたため、ワラをもつかむ思いで転職サイトに登録しました。

このワラ、あとになって分かったのですが、じつは看護師転職を成功へと導いてくれる強力な綱でした。私が登録したいくつかの転職エージェントの一人がとても親身になってくれ、私にマッチするクリニックを紹介してくれました。

私は2度の退職を経験していたため、「看護師として、やっていけないのではないか」と本気で悩んでしました。担当エージェントにそのことを相談すると「そのようなことはない。あなたが勤めてきた病院やクリニックは全部私からすればブラック病院ですよ。いままで良く耐えてきました」といってくれました。

そして私は「看護師として注射や検査の補助の経験が少ない」ことを転職の最大のデメリットだと考えていました。

しかし、それも担当エージェントは「看護師は以前の病院で習った看護の変なクセをなかなか直すことができずに、悩んでいる人がいる。あなたはほかの看護師からすると、変なクセをもっていないので教えがいがある。だからいいんです」といってくれました。

もちろん、看護技術をもっているに越したことはないのですが、担当エージェントは私のデメリットをメリットに変えてくれました。

このエージェントの言葉に私はずいぶん救われました。そしてもう一度、転職活動をしてみようと思い直し、1年半で3度目の転職にもかかわらず、人気のクリニックに採用となりました。

どうして最初の転職から「転職サイトを利用しなかったのだろうか」と後悔したくらいです。

私は、いまもそのクリニックで働いています。見習いたい先輩達や、さまざまな知識を教えてくれる院長に恵まれ、充実した看護師生活を送っています。

このクリニックに勤めてから、いままでを振り返ってみても、前の病院やクリニックで感じた「あ、もう無理かも…ここでは働けない」と思った勤務日はありません。いまでは充実した看護師生活を送っています。

あなたにもこのような満足のいく看護師生活を送っていただきたいと思います。そこで次に転職サイトを上手に使う方法についてお話します。

転職サイトは最低でも3社は登録をする

「転職サイトに登録してみよう」と考えた場合、どのような転職サイトを利用するのかによって、その転職が成功であったかどうかが違ってきます。そのため、転職サイトは最低でも3社は登録しておきましょう。

看護師の転職サイトといっても10社以上あり、その中でも自分に合う転職サイトを選び、あなたのことを第一に考えてくれる担当コンサルタントに出逢わなければいけません。

あなたにどのような担当コンサルタントがつくかは運が関係してきます。人対人の関係なので、どうしても「合う合わない」といった相性もあります。

また、転職サイトによって強みや弱みが異なります。ある転職サイトによって、大手の病院の求人をたくさんもっていたり、地元の求人に強かったり、求人票には全くでない高額求人を扱っていたりするところもあるからです。

このような違いをうまく利用するためにも、最低3社は登録しておき、複数のエージェントとのやり取りのなかで本当に信頼できるあなたに合ったエージェントを探すようにしましょう。しっかりあなたの立場で転職を考えてくれ、安易な提案はしないでじっくり考えてくれるエージェントを見極めることが大切です。

そして良い担当コンサルタントを見極めるには、下記の2つのポイントがあります。

あなたのことを考えた的確なアドバイスをしてくれるか?

あなたのペースに合わせて転職活動を行なってくれるか?

転職サイトのすべてがあなたにとって最善を尽くしてくれるかというと、そうではありません。

なかには、無理やりブラック病院やクリニックに転職させようとしたり、「何か違う」とあなたが訴えているにもかかわらず強引に面接までもっていこうとしたりするコンサルタントもいます。あなたが希望する病院やクリニックの不都合な情報をあえて教えないコンサルタントもいます。

私の場合は、ある小規模の看護師転職サイトに登録をしました。すると離職率が高いことで有名な病院ばかりをいくつか紹介されました。

私がいくら「これらの病院は離職率が高いから嫌だ」と断っても、「離職率が高いから就職が簡単だ。面接の日程を決めたいから木曜日を空けておいてほしい」と強引に面接の日程を組んできました。

翌日、私は電話をかけて「やはりどうしてもこれらの病院で働きたくないのでお断りします」と丁重にお断りの電話をいれました。すると、そこの転職サイトからは電話がかかってくることは全くありませんでした。

これはあなたが転職で成功するかどうかではなく、「早く採用を決め病院側からの報酬を得たい」という担当コンサルタント本人の都合しか考えていないのです。

また複数の転職サイトに登録するメリットとして、紹介をしてもらえる求人数が増えることがあげられます。求人数が増えるということは、それだけ選択の幅が広がるだけでなく、福利厚生などの待遇面が比較できます。

さらに同じ病院を紹介されたとしても、転職サイトによっては給与条件や待遇が異なることもあります。

担当コンサルタントの腕次第で、希望の病院での給与条件や待遇面をアップさせることも可能です。そのため「他の転職サイトで同じ求人を紹介されたけれど、このような条件であった」ことを伝えると、よりよい条件で提示してくることもあります。

その上さらに、複数のコンサルタントに転職相談をしているうちに、自分では考えられなかったようなキャリアプランを教えてもらえることもあります。あなたが見えなかった看護師としての将来性が広がるかもしれません。

できるだけ優良求人を紹介してもらう

「人気がある優良求人」は、あまり公開されません。誰がみても優良だと思われる求人は、応募者が殺到してしまい、採用に手間もお金も莫大にかかってしまうからです。このような優良求人を転職サイトからに紹介してもらうようにしましょう。

ある人気のクリニックでは求人を公開したため、1人の採用に対し、その日のうちに30名以上の応募者が名乗り上げたそうです。その後も電話が鳴りやまず、100人以上の履歴書に目を通さないといけなくなり、通常の業務に支障が出て、大変困ったそうです。

このようなことを避けるために、転職サイトは事前に登録をした看護師の中から、希望条件に合っている人を選び出し、採用側に対し個別に紹介します。このほうがスムーズな採用となるからです。

このため、ハローワークや都道府県のナースバンクで公開されている求人情報は、ほとんどが「誰も手をつけない人気のない病院やクリニックの求人」など、売れ残ったものであることが多いです。

もし良い求人情報であれば、すぐに応募者が殺到し採用が決まってしまいます。このことから、いつまでも売れ残っている求人は「人気がないから残っている」ともいえます。

ちなみに私がハローワークからの紹介で勤めた眼科クリニックは2年たったいまでも、ハローワークのサイトに求人が出たままになっています。いま思えば、人間関係も待遇も悪い、本当にブラックなクリニックでした。看護師は使い捨てと考えているようなクリニックだったのです。

ハローワークに出る求人は病院側もあなたも無料で利用できます。実はそこに問題がありました。ハローワークやナースバンクを利用する病院やクリニックは「看護師の採用にはできるだけお金を払いたくない」といった方針のところがほとんどです。看護師の求人にあまりお金をかけたくないのです。

一方、「転職サイトを利用し、採用のための費用を支払ってでも看護師を雇いたい」と考えている病院やクリニックは、看護師=人財と考えているところが多いです。「魅力ある看護師には待遇を良くしていきたい」と考えているのです。

この根本の考え方が違うだけで、入職してからの働きやすさに大きな差が出ます。できるだけ非公開求人の人気求人を紹介してもらうようにしましょう。

転職エージェントに希望する条件を詳細に話す

転職エージェントには、できるだけ希望する条件を詳細に話すように心がけましょう。ここで遠慮していてはいけません。

「私がこんなことまで条件として提示していいのだろうか」といったことまで伝えておく必要があります。あなたのことを必死で分かろうとしてくれるエージェントなら、さらに条件にあった求人を探してくれることがあるからです。

「希望する年収」「勤務地」「福利厚生」「勤務時間」「人間関係」「院内研修の有無」「残業時間の有無」「院長の人柄」など、できるだけ詳細な条件を提示し、転職エージェントを活用するよう心がけましょう

転職サイトを無料で利用できるといっても、もしあなたが希望する病院やクリニックに採用されれば、転職エージェントは成果報酬として看護師年収の25~30%を採用側からもらっています。

例えば、紹介した看護師の年収が500万円と決まった場合は「500万円×25~30%=125~150万円」の紹介料となります。転職サイトはあなたが採用されたことで、病院やクリニックから高額な報酬をもらい受けることができるのです。

しかし、転職エージェントがあなたに紹介した病院は希望条件に合っていなかったために、あなたは半年程度でその病院を辞めることになってしまったとします。その場合、転職エージェントは違約金として、報酬金額の数十%~全額を返還しなければならないのです。

このような事態を避けるためにも、転職エージェントに希望条件を妥協して伝えてはいけません。最初から希望する条件をすべて伝えて、この中でも特に何を優先して考えているのかをエージェントに理解してもらうように心がけましょう。

そうすることで、転職サイトのエージェントはあなたの希望する詳細な条件を知ることができます。これがあなたにとっても満足いく求人の紹介に結びつくのです。

特徴が異なる転職サイト(転職エージェント)を利用する

転職サイトは会社ごとに特徴が異なります。これは複数の転職サイトに登録してみてわかることですが、この特徴があなたに「合うか、合わないか」で転職が成功するかどうか大きく異なってきます。

転職サイトの違いは下記のようなものが挙げられます。

・「多くの求人のなかから希望する病院やクリニックを選ぶ」と「厳選された求人の中から一部を紹介してもらう」

・「電話だけで転職のアドバイスをもらう」と「面接まで同行してもらう」

・「美容外科に強い転職サイト」「正社員に強い転職サイト」「派遣に強い転職サイト」など

このように一概に看護師の転職サイトといっても、まるで特徴が異なるのです。

例えば、電話だけで転職に関するやり取りを行ない、求人紹介から採用、条件交渉まで転職サイトと顔を合わせることなく転職活動が済むことがあります。まだ仕事を辞めておらず、時間を確保するのが難しい看護師は、このようなサイトを積極的に利用するとよいでしょう。

しかし、転職活動に自信がなく、できれば履歴書を修正してもらったり、面接に同行してもらったりするほうが安心するといった看護師はそのような転職エージェントに電話だけでなく、実際に会い転職に関するアドバイスをもらうことをおすすめします。

また転職サイトによっては、看護師転職だけでなく、さらに特化した美容外科に強いサイトや正社員、派遣に強い転職サイトなども存在するので、あなたの希望に沿ったサイトを活用してみるとよいでしょう。

転職サイトの活用を間違えると失敗する

ただし、転職サイトの活用方法を間違えると、いくら転職のプロに頼んだからといって失敗する人がいます。

そのような人は転職エージェントとのコミュニケーションをとるのを億劫に感じてしまう人に多いです。

3社以上に登録をすると、もちろんひんぱんに電話がかかってきます。転職サイトに登録することで、転職エージェントはあなたとコンタクトをとるために電話をかけてくるのです。そして3社なら3人の転職エージェントに、自分の希望条件をそれぞれ伝えなければなりません。

このことを面倒に感じてしまい、転職サイト一社にしか登録しない人がいます。しかしこれでは、転職という人生の転機にリスクを伴うことになります。

例えば、あなたは「家を買う」「車を買う」といった人生の転機に一社の気に入った商品だけしか見ずに、比較検討しないでその商品を購入するでしょうか。

「ある一社のこの商品が気に入った。どんな大金を積んでもいいからこの商品を手に入れたい」といった経済的に余裕がある人はこのように即決で購入するかもしれません。

しかし、せっかく多くの他の選択肢があるにもかかわらず、ほかの商品に目を向けないで高額な商品を買うとどうなるでしょうか。このようなことを実践してしまうと、あとから「こっちのほうがよかった」とか「本当にあのときの選択はまちがっていなかったのだろうか」と後悔する可能性が高くなります。

これは転職サイトにおいてもいえることです。

例えば、一社の転職サイトにしか登録をしていないと、強引な転職エージェントが推し進めるままに転職活動を進めてしまうことが多々あります。そうして、あなたに合わない病院やクリニックに転職してしまう結果になります。

他に比較する判断材料がないため、「転職とはこのようなものなのだろう」と妥協してしまい、また辞めていくことにつながってしまいます。

私は、ある転職サイトのコンサルタントから、あまり条件の合わない求人を次から次に紹介された経験があります。そして「もっと条件に合った求人でないと決められないので、希望に合った求人が出るのを待ちます」と伝えたことがあります。

他の転職サイトのコンサルタントはこのような求人紹介を提示しないということが分かっていたので、このような転職サイトに対して冷静に対応できたのだと思います。

したがって、転職という大きな人生の転機を成功させるには、複数の転職サイトを比較することが非常に重要です。

電話での連絡を必ず取るように心掛ける

中には、何度も転職エージェントから電話がかかってくるのを、「しつこい」「面倒だ」と捉えて、電話を取らない人がいます。しかし、これはとても損をしていることになります。転職エージェントからの電話があったら、できるだけ取るように心掛けましょう。

あなたの希望条件にあった求人を、忙しいあなたに代わってエージェントは探してくれます。

それを無下に「電話ではなくて、メールにしてほしい」と伝えたり、「今日は疲れたから電話に出るのをやめよう」などの行為を取ったりしてしまうと、転職エージェントも人間です。その結果、あなたの転職をサポートするのが嫌になり、求人をあまり探してくれなくなったり、誠意な対応をしてくれる人に優良求人の紹介を優先してしまったりする可能性が高くなってしまいます。

そうなると、あなたのもとには有用な求人情報は入ってこないことになります。転職エージェントからの電話にすぐに対応することが、優良求人を見つけ、採用につながります

優良求人は、あなただけでなく、他の看護師も欲しい情報です。わずか数時間の差で他の人にあっさり取られてしまうことも多々あります。

その希少求人をあなたにまず紹介してくれようとした転職エージェントの気持ちに誠意をもって対応することが大切です。

転職は人生の転機。有用な情報で成功をつかむ

転職はまさに人生の転機です。私も3度目の転職活動において転職サイトを利用し、優良求人先に採用されてはじめて、看護の楽しさを知り、仲間の大切さ、チームワークの素晴らしさを感じることができました

もし3度目の転職活動を転職サイトではなく、再びハローワークなどを通し自己流で行なって失敗していたら、あれだけ苦労して取得した看護師免許は二度と使うことはなかったかもしれません。

看護師の転職は情報をいかに仕入れ、それを比較し、利用するかで、成功するかどうかが決まります。もし、あなたが転職に行き詰っていたり、「本当にこの転職は正しいのだろうか」と悩んでいるようなことがあったりすれば、転職のプロである転職サイトのコンサルタントのサポートを受けてみるとよいでしょう。

転職エージェントとともに転職活動に臨むほうが、1人で転職を頑張るよりも心強く、自信をもって転職活動を行なうことができます。あなたにとって「ここで働くことができて良かった」と思えるような病院に出逢って、楽しくイキイキと過ごしてほしいと思います。