男性看護師はライフスタイルの変化があまりないため、女性看護師のように「妊娠」「出産」「育児」など転職のときの退職理由について困ることがあります。

退職理由の本音としては、誰しも「前の職場での人間関係の悪化」や「上司のやり方に対する批判」、「残業が多い」、「昇給が望めない」といったことがありますが、それらの不満を退職理由として、面接の場でそのまま言ってしまうのは危険です。前の職場の不満を述べてしまうことは、もし今の病院やクリニックに採用されたとしても、「誰にでも簡単に職場の不満や文句をいう人なのだ」と考えられてしまうからです。

退職理由に関しては、特に採用側は神経を尖らせ、質問をします。どの病院の採用面接でも退職理由は必ず聞かれる質問といっていいでしょう。退職理由とは、その人の生き方や仕事に対する価値観が現れやすい極めて重要な質問だからです。

そこで今回は、男性看護師の退職理由について「採用側を納得させ、採用につながるような回答」とはどのようなものであるのかお話したいと思います。

採用側を納得させる退職理由とは

面接で大切なことの一つとして、「退職理由を採用側に納得させる必要性」があげられます。採用側にとって、あまり好感がもてない退職理由をあげてしまうと、あなたの印象はマイナスに捉えられてしまう恐れがあります。

採用側に「このような理由で退職したのなら仕方がない」と納得させるような退職理由を述べなければ、退職理由の答え方次第で、採用の道は閉ざされてしまう可能性が出てきてしまいます。そのため、退職理由に関しては事前に準備しておきたい重要事項となります。

まずは、どのようなものが「採用側に好感をもたれ、納得させることができる」ような退職理由になるのかについてお話します。

退職理由は濁さず答える

退職理由を濁して、曖昧な答え方をしていると、採用側に「この人は隠し事をしているのではないか」と疑われます。もちろん、人間関係や給与面での不満を口にしてはいけません。

女性でも男性でも、人間関係や給与面での不満が大きな要素となって転職を考えます。しかし、そのことは採用側も分かっています。分かっていることを敢えて挙げるのではなく、それ以外の理由を挙げることが大切です。

「自分は今の病棟で努力してみたけれど変わらない、希望する病院ではそのことが実現できる」という事柄を回答にもってくるとよいでしょう。

優等生的模範解答は避ける

また、あまりにも優等生的な模範解答ですと、「面接マニュアルの丸暗記をしてきたのではないか」と思われることもあります。退職理由を述べるのに、「嘘っぽい」と思われないような答え方をすることが大切です。

最近ではサイトや書籍などで、退職理由に関する多くの回答が載っています。そのなかで自分が良いと思った回答をそのまま丸暗記をして言ってしまうと、採用側に「どこかから引用したな」と気付かれてしまいます。

採用側はいままでに何人も面接をしてきているので、「どの回答が面接マニュアルにのっとって話をしているのか」が分かるからです。こちらの記事でも下記に退職理由の回答例を載せますが、参考にとどめ、自分の言葉で退職理由を考えるように心がけましょう。

第一印象を良くする

人は誰しも第一印象で、自分にとって好感をもつ人物かどうか無意識で判断してしまいます。それは面接時の採用する人も同じです。

第一印象とは、質疑応答の前に面接官が抱く本能的な評価に当たります。あなたに抱いた最初の印象で、あなたの答えから採用(もしくは不採用)の決め手を見つけていくよう脳が働きます。

好印象を抱いた応募者の答えには「いいところ」を拾って、好感をもてない応募者に関して採用側は「悪い面」ばかり探す傾向にあります。

あなたの退職理由の述べ方に関していえば、人間が行う評価になりますので、採用側の判断基準があいまいです。好印象を持たれた人と、印象が悪いと捉えられた人では同じ回答をしても公正に同じ評価はされません。

例えば、ぱっと見の印象が暗くて、ぼそぼそと話す人が、入念に準備した立派な退職理由について述べたとしても、採用側は「この退職理由は本当だろうか」と疑ってしまいます。反対に、好青年がやや説得に欠ける退職理由を述べたとしても、「なにか事情があるのだろう」と考えてもらえることもあります。

そのため第一印象で、爽やかで明るい、やる気のある青年であることを採用側に印象付けておくことが大切です。

突っ込んだ質問は前向きに捉える

「突っ込んだ質問」「試されているような質問」「こちらがあまり話したくないような質問」が続くようなときは、「採用候補者として試されているのだ」と前向きに捉えるようにしましょう。「もっとあなたのことを知りたい」と思う気持ちがあるからこそ、採用側は突っ込んだ質問をしてくるのです。

うろたえた表情を見せたり、しどろもどろになったり、弱気になったりすると、「この応募者は嘘をついているのではないか」と思われてしまいます。終始一貫した回答を続けることが重要なポイントです。そのためには、やはり事前の準備が大切です。

しっかり採用側と目を合わせ、落ち着いて明瞭に答えること、語尾をはっきりさせましょう。スラスラと饒舌に話す必要はありませんが、自信をもって答えられるよう何度も練習をしておくことです。

退職理由とは長期勤続が可能かの確認でもある

退職理由を聞く理由の一つに、「採用したあと、長期で勤続が可能かどうかを確認する」という目的があります。

採用側は、退職理由をあなたに聞くことで、「どの程度のことが今回の退職を考えるきっかけになったのか」を確認する狙いがあります。「職場に起こった些細なことが原因で自分の都合が悪くなれば、すぐに辞めてしまうのではないか」ということを見極めようとしているのです。

またそのことと同時に、応募者の希望する職場への期待はどの程度のものなのかを探り、採用病院側とのマッチング度合いを測る狙いもあります。応募者が転職によって実現しようとしているものが、もしも「当病院では叶いにくい」ものであるなら、いくら素晴らしい退職理由を述べたとしても不採用となってしまう可能性があります。

キャリアアップとだけ回答するのは危険

次に退職理由によく「いまの病院ではキャリアップが見込めなかったので転職を考えました」という回答をあげる人がいます。しかし、これだけでは「キャリアアップ」は「採用されにくいキーワード」の一つといい切っていいでしょう。キャリアアップのほかにも、「ステップアップ」「新しいチャレンジ」も同様のキーワードとなります。

「キャリアアップ」「ステップアップ」や「新しいチャレンジ」は、誰もが使うような抽象的な言葉になります。サイトなどを参考にして、「マニュアル回答をしているのではないか」と採用側に受け取られてしまいがちです。

「キャリアアップやステップアップをするために退職をした」という回答は、本人は転職に向けて前向きな姿勢を示しているつもりかもしれません。しかし、それだけでは採用側を納得させることはできません。

ステップアップを図ることは前の職場でも可能であったはずです。このような答え方をしてしまうと、「前の職場では看護力を伸ばそうとしない、目的意識の低い人だったのではないか」と採用側に思われていまいます。

それを防ぐ回答のコツは、前の職場にはなかった応募先の病院の特性にふれて、それを介してキャリアアップをしていきたいと伝えることです。

応募先の病院の特性とは、たとえば異なる科がある、活用できなかった資格技能、教育体制がある等です。そうした特性を具体的に示すことで回答に説得力が出て、前向きな印象を作り上げることができます。希望する病院での達成可能な仕事上の目標と関連付け、採用側を納得させるような回答にすることが大切です。

応募先の情報を手に入れることが大切

「『希望する病院での達成可能な目標』といわれても、まだ働いてもないのに、そのような情報が分かるわけがない」と思った方は、希望する病院に採用され、そこで自分らしく働くには程遠いかもしれません。転職とは、希望する病院で採用されることが目的ではありません。

「いまの病院では実現不可能な、あなたが掲げている目標を達成し、キャリアアップをはかっていくこと」が、転職の主な目的です。いくら希望する病院であっても、目先の給与や雇用条件ばかりに目が行ってしまい、あなたの目標が達成されないような病院であると、また転職活動を行わなければならなくなってしまいます。

再度転職しないためにも、あなたの目標を達成することができるのか、さまざまな方法を使って応募先の情報を手に入れることが大切です。

応募先の情報の入手の仕方は、希望する病院のサイトをみたり、ひとづてに希望する病院で働いている人からの情報を教えてもらったりしてもいいでしょう。さらに実際に病院見学会に参加したり、病院にいったりしてみることもお勧めします。実際に動いてみることで、職場の雰囲気やあなたが働くイメージが湧いてきます。

さらに詳しい病院の内情、例えば昇給に関することや具体的な人間関係などは、転職サイトに登録して、担当のコンサルタントに尋ねてみると良いでしょう。実際にその転職サイトを利用してあなたの希望する病院に採用された人からの情報を、担当コンサルタントが聞き出し、あなたに詳しい情報を流してくれることがあります。

さらに男性看護師が希望する病院でどのように活躍しているのかといった情報も教えてくれるでしょう。

できれば一つの転職サイトだけではなく、複数の転職サイトに登録をして、いろいろな方面から様々な情報を仕入れると、より多くの情報を手に入れることができます。

退職理由の回答例

では実際に退職理由の回答例についてお話しましょう。上記で挙げたことに注意しながら採用側を納得させられるような回答例を考えましょう。

整形外科から内科・外科のある病院への退職理由の回答例

これまで新卒から、ずっと整形外科に5年勤めてまいりました。元気になって退院される患者様をお手伝いができることが仕事の喜びでした。

しかしその中で、腰椎骨折で入院している患者様が私の担当になったのですが、内科的な疾患のため、ある日容態が急変してしまいました。私は5年も看護師をやっているにもかかわらず、どのように自分が動いていいかわからず、自分の看護のふがいなさを感じるようになりました。

私の勤める病院は整形外科しかないため、一つの専門分野だけではなく、内科や外科など複数の科を抱える御院で看護師としての知識を増やしていきたいと考えました。御院は、認定看護師や専門看護師を多数輩出され、看護力の高い病院として地域の人から大変愛されている病院です。

今後は、専門分野を深く掘り下げていくことと、様々な経験を積み研鑽を重ねていくことを実践していきたいと思います。患者さんの全体像をみて急変がないか予測して動き、疾患を考えられる看護師になりたいと考えています。

上記の回答例では、「いまの病院に勤め続けていても、内科的・外科的な看護をすることはできないため、退職を決意した」と採用側を納得させることができます。

外科から外科、同じ科に転職したい場合の退職理由

私は今までA病院の外科に勤めてきました。外科の知識を深め、将来は管理職としてチームを引っ張っていく力となりたいと考えていました。

そのため、A病院で勉強会や研究会などを開いて、個々の知識を共有し、チーム力を高めていくことを目標としていました。しかし、1人の看護師が10人以上の患者を受け持ち、皆の時間と体力に余裕がなく、勉強会は月に1度程度しか開くことができませんでした。勉強会を希望する声はあったのですが、実現不可能でありました。

御院では、「ドクターも一緒になった勉強会が定期的に開かれ、看護力を高めている。また、チームの結束力が高い」と大学のOBの方からお聞きしました。私はまだ看護師として未熟な点が多々あり、士気の高い御院にて看護力を高め、患者様に安全安楽な看護をしていきたいと考えております。

A病院では、幅広い視野で大勢の患者様の看護にあたるといった点や、複数の看護に優先順位をつけて行動するといったことを学んできました。このことを御院で活かし、チーム力を高めていける看護を行っていきたいと思います。

同じ科への病院の退職理由は、「今勤めている病院では実現不可能で、希望する病院には実現可能なこと、実践できること」を見つけ出して書くことが大切です。

やはり男性看護師という点を考慮して、「腰かけのつもりで数年したら辞めるかもしれない」といった心構えではなく、「定年までこの病院で働いてやろう」という気概をみせることが大切です。そのためには、将来を見据えた人生設計を退職のときの理由に盛り込んでおくことをお勧めします。

面接での退職に関する質問の答え方

面接で、退職に関する質問を受けた場合、どのように答えたらいいのでしょうか。「下記のような突っ込んだ質問をされる」と思われる方は事前に答え方を考えておいたほうが良いでしょう。

「短期間で前の病院を退職した理由」に対する答え方

何度も言いますが、「人間関係が原因で辞めた」など、前職の不平不満を口にしてはいけません。前向きな姿勢が感じられない回答や、他責思考の答え方をしては、採用から遠のいてしまいます。

病院の業績悪化への懸念が理由であれば事実を簡潔に述べ、その他の理由では「家庭の事情による、やむを得ない退職」にすることが無難です。では回答例を挙げてみます。

退職は父の入院が理由です。前の病院に入職させていただいたころに、同居しておりました父が突然倒れてしまい、生活環境が一変してしまいました。子どもが小さく、妻は父に付き添うことが難しかったため、私が付き添いで看護をすることになりました。

前の病院で休職願いを出したのですが、「看護師の人数に余裕がなく、休職では困る」とのことで、やむを得ず辞職をいたしました。

いまは父は施設に入所することができ、子どもも保育所に預けることができるようになったため、御院への転職を希望させていただいた次第です。いままでの経験を活かして、どのように接すれば患者様の満足度を高め、家族看護まで看護師が関わることができるのか考えていきたいと思っています。

大切であるのは、「いまはもう、その問題は解決している」という点をアピールすることです。次の職場では「心機一転がんばること」を前向きに話してください。

「前の病院を辞めてからブランクがあるのはなぜですか」という質問に対する答え方

採用側にとって不安を感じさせるブランクの期間は、およそ3カ月だとされています。退職をしてから就職活動を行うのに、3カ月以上の時間がかかっている応募者に関しては不安を抱き、勤勉性などを疑われてしまうことがあります。

ただし就職活動に3カ月以上かかっている場合でも、採用する気がないのであれば、書類選考の段階で不採用とされています。「面接に呼ばれた」ということは、あなたにブランクがあったとしても、なんらかの期待をしているのです。

採用側の不安を払しょくすることに成功すれば、たとえ長い期間休職していたとしても採用の可能性は十分にあるといえます。では回答例をみていきましょう。

1年前のことになりますが、認知症の母の介護を行うため、退職いたしました。休職して介護をすることも視野に入れたのですが、先行きが不透明で、何年くらい続くか見当がつかなかったため、病院に迷惑をかけてはいけないと考え、退職に至りました。

その母も1カ月前に亡くなり、看護師として再度新たに出発しようと考えております。介護中も看護師の友人と交流をもち続けたり、知識を失わないよう勉学に励んだりし、看護師としての感覚を忘れないように心がけてまいりました。

以前は救命救急の看護師として勤務しておりました。チームリーダーを勤めた経験もあります。救命救急はどうしても一人の患者様の容態に気をとらわれがちですが、私は全体を見渡し、他の患者様の容態にも目配り、心配りを行ってまいりました。

御院でも、全体を見渡す目と個別の患者様の不安を取りのぞく目の二つをもち、貢献していきたいと考えております。

退職後のブランクは、看護師業務遂行の劣化が懸念されます。ブランク中も、勉強を行ったり、情報を仕入れたりしているなど、アクティブに活動していたことを伝えるようにしましょう。

「転職回数が多いようですね」という質問に対する答え方

看護師としてキャリアを積み重ねていき看護力の価値が認められるのが、少なくとも3年以上の勤続経験です。転職理由にもよるのですが、勤続年数が3年未満で、転職回数が3回を超える場合の応募者の採用には不安が残ります。

特に短期間で何度も転職を繰り返している場合は、「何らかのトラブルを起こしやすい人ではないか」「わがままで、協調性に欠ける性格ではないのか」「なんでも気にして落ち込みやすい人ではないか」といった疑いをもたれてしまいます。

反対に3年以上の勤務があり、転職の理由がやむ負えない場合ですと、いままでの転職回数はハンデとはいえません。むしろ、武器にもすることができます。いずれにしても、採用側を納得させるような回答を行うよう心がけましょう。では回答例をみてみましょう。

今回の転職は3回目になりますが、看護師として堅調にキャリアを積み重ねてきたと自負しております。

新卒で入職した病院では外科病棟でした。寝食を惜しんで猛勉強を積み重ね、2年後にはICUの配属となりました。ICUに勤務中に、独立する外科の医師から声をかけられ、入院施設の整った外科クリニックに転職いたしました。

しかし、ICUでの経験は私にとって看護力を研鑽するには大切であったと考えなおし、今回の転職に至っております。今後はICUや救命救急などで自己を研鑽し、認定看護師やそれに付随する資格であるICLS(蘇生トレーニング)やBLS(一次救命処置)なども積極的に取得していきたいと考えております。

これを最後の転職とし、御院で将来的には管理職として勤めていけたらと思っております。

採用側の不安を払しょくし、「次の病院では長期的に働いてくれるだろう」と採用側に思わせるような内容にすることがポイントです。目的が明確であれば、転職回数が多くても武器にすることができます。

「前の病院で何か不満はありましたか」という質問に対する答え方

転職活動を行うにあたって、前職に関して何か不満があったことを採用側は百も承知しています。あえて質問をするのは、「希望する病院でも同じような不満をもつのではないか」ということを危惧しているためです。

「人間関係のトラブルはどこの病院にもつきもので、それが原因で辞めたのではない」という姿勢をみせましょう。その他の前職に対する不満は、自己PRに変えます。仕事内容に関する不満は「やりたいことを実現するための転職」という話にもっていき、条件や待遇に関する不満は「やりがいを求めて転職をする」という流れに変えていきましょう。

男性看護師ということもあり、「仕事に価値を見出すことが大切。条件はその次」という論理展開です。では回答例をみていきましょう。

前の病院に不満があるわけではありません。今回、御院に応募させていただいたのはやりたいことを実現していくためです。私は、いままで以上に看護の幅と知識を深めたいと考えております。

前の病院には、勉強会や研修会がなく、自分で自己研鑽を図るために勉強をしてきました。しかし、自分ひとりの知識を深めても限界があり、一人の看護師としての限界を感じておりました。

看護はチーム力が大切です。チームとして一人ひとりのもっている力以上に看護力を発揮するためには、お互いに意見交換をしながら高め合っていく必要があると考えます。御院では、看護師と医師が一緒になって勉強会を開催し、チーム力を高めているとお聞きしました。

私のいままでの経験や知識を活かし、御院でチームの一員として活躍し、さらに上を目指していきたいと考えております。

これらの突っ込んだ質問に対しては、「応募先の病院で何ができるのか」を語り、「希望する病院にもあなたにとっても、あなたを採用することが双方のメリットにつながることをアピールするチャンス」だと思って積極的に挑んでください。

転職サイトを利用すると転職活動に余裕が生まれる

男性看護師は経済的に家計維持をしながら、転職活動を行わなければなりません。したがって、転職サイトに登録をし転職のプロがあなたのそばについていてもらったほうが、転職活動に余裕が出ます。

いまの病院を辞めて、たっぷりある時間の中で、じっくり時間をかけて次の就職先を探すのであれば、納得できる採用先と出会える可能性も高くなり、問題はありません。

しかし、「看護師として働きながら、しかも自分だけで転職先を探し、採用側との時間調整をし、履歴書を書き、面接に備えての準備をする」となると、並大抵の苦労ではありません。条件がよく人気のある病院はすぐに採用が決まってしまう可能性が高く、気づけば、「いつも求人が出ているブラック病院ばかりが残っている」ということが転職活動では多々あります。

転職サイトは希望条件のあう病院を探してくれ、そこの病院の内情を教えてくれるばかりか、履歴書や面接対策までおこなってくれます。

また、「採用担当者が不在の医院や人気の高い病院の採用」は転職サイトのみということもあります。ハローワークで紹介されていない求人でも、転職サイトを通すと、希望する病院にかけあい、病院が臨時で採用枠を設けてくれ、あなたを紹介してくれることもあります。

さらに、転職サイトを利用すると、給与や雇用条件などの交渉にもあたってくれます。とくに男性看護師の場合は、「家計を支える一家の大黒柱」ということから給与面を気にする方が多く、転職サイトを通したほうが、入職してから「こんな給料ではなかった」と思うことが少なくなります。

また紹介したら紹介したっきりということはありません。一年以上、「入職した病院での不都合はないか」をフォローしてくれ、もし不都合が生じているのであれば、その病院にあなたの代わりに掛け合ってくれるので、入職後の満足感が高いのも魅力です。

このように転職サイトが行ってくれることはすべて無料ですので、登録しておいて損はないです。転職活動は「いかに多くの情報を手に入れ、他の応募者よりも先手で動くか」が採用の分かれ道になってきます。この記事を参考にし、あなたが満足いく転職活動を行い、あなたらしく働いていけることを願っています。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く