rirekisho

看護師が転職するとき、履歴書をあまり重要視していない人が多いです。そのためか単なる面接までの手続き書類と考えて、適当にササッと書いてしまう方も多いのではないでしょうか。

看護師不足の一昔前であれば、それでよかったのかもしれません。

しかし現在では、さまざまな看護大学が乱立しはじめており、採用する病院側もできることなら、「賃金を抑えて素直で若く、よく働いてくれる看護師」を雇いたがる傾向にあります。

新卒の看護師であれば、この条件に当てはまります。ただ、他の職場での経験がある中途採用の看護師を必要としている病院が数多く存在するのも確かです。雇用する病院側にとって、中途採用の看護師も貴重な存在なのです。

このとき、「この人こそ、うちの病院が探していた人だ」と思わせるような人材として、病院の採用者に認識してもらわなければいけません。そのために、履歴書は大切なはじめのステップといえるでしょう。

病院にとって中途採用の看護師が必要な理由

新卒の看護師と中途採用の看護師の違いとして、最も分かりやすいのは即戦力になるかどうかです。それでは、新卒ではなく中途採用の看護師を採用したいと考えるのは、本当に「即戦力としてのあなた」を欲しているからなのでしょうか。

実は、中途採用の看護師に期待されているのは必ずしも即戦力だけではありません。これを理解すれば、病棟看護師の経験が無かった人であっても、新しい病院でどのような役割をすればいいのか理解できるようになります。

即戦力だけをアピールすると失敗する可能性が高くなる

中途採用の看護師であると、ある程度の技術や知識をもっています。そのため、新人のように育成する時間が必要なく、「すぐにでも働ける」「指導する時間をとられないで済む」のは両者の利害の一致するところでしょう。

しかし、「即戦力」だけで採用されてしまうと、転職で失敗する可能性が非常に高くなります。

なぜなら、「すぐに働ける」ことがその病院やクリニックが欲している主な条件だからです。「仕事に指導などの手間をあまりとらせず、スムーズに仕事を行う」、それがあなたを採用した一番の理由です。そのため、病院側はあなたの看護師としての考え方やあり方をそれほど重要視してくれない恐れがあります。

例えば、新しい病院やクリニックに入って「ここが違っているんじゃないか」「こんなところを改善していきたい」と思っても、あなたの技術を主に欲しがっていた病院だと、今まで長年行ってきた習慣を変えることはあまり望んでいない場合が往々にしてあります。ダメだと分かっている習慣でも辞めるためにはかなりの労力を必要とするからです。

そのため新人のあなたが改善点を訴えても「中途採用で来たばかりなので病院(またはクリニック)の習慣や風習が分かっておらず、今まで他の病院でやってきた自分のやり方を変えられない。ただ自分の単に思い通りに仕事がしたいだけなのでは?」ととらえられてしまうことが多いのです。

これらのことが重なると次第にあなたにとって働きにくい環境となってしまう可能性が高くなります。それでは本来、中途採用の看護師は何が望まれているのでしょうか。

良い病院が中途採用に求める「ある力」とは?

何かを変えていきたいと考えている優良な病院であるほど、実は中途採用の看護師に「ある力」を求めています。それは「病棟や病院の雰囲気を一変させる力」です。これは人生の経験の少ない新卒看護師にはない力になります。

これまで病院がルーティンワークとしてやってきた仕事、さらには患者さんの対応はこれでいいと考えられてきた接遇(患者さんへの接し方)を、あなたの今までの看護師経験や人生経験を活かしてより良い方向に変革する力が求められているのです。

これについては中途採用の看護師にとって働きやすい職場か働きにくい職場かを判断できるとってもシンプルな方法でもあります。

人は誰でも「知らない人」や「異色な人」には警戒心をもってあたることが多く、どうしても中途採用だとなじめないことが多いです。そのため、あまり良くない職場であると、意見を言ったとしても「新人」という理由で無視されます。

一方で優良な病院やクリニックであれば、その病院のスタッフがいままで気づかなかったことや知らず知らずの間に目を背けてきたことに中途採用のあなただからこそ気付き、指摘できるのです。あなたの意見が周りの人に「そういう考えもあるんだ」と思ってもらえるような環境に身を置くことが中途採用の看護師にとって大切なことです。

中途採用の看護師であっても新たに受け入れ、変革を望むような優良病院の求人であると、あなたを受け入れてもらえる土台が存在します。そのため、人間関係やいじめで悩むことが少なくなります。

トップが中途採用を欲しい理由を知ろう

病院のトップの人間が即戦力だけでなく、新しい風を望んでいるのであれば、中途採用で入ったとしてもあなたの力を発揮しやすくなります。また、仕事をしやすい環境にもつながります。

病院内部にいると、それが当たり前で最善の方法のように思えてしまいます。そこであなたという外部からの新しい風がふくことで、より良い風が入り、病院の雰囲気がガラッと良い方向に変わることがあります。

良い病院とは中途採用のあなたにそれを望んでいるのです。同じくらいの年齢であり、そこの病院でしか働いたことのない経験豊かな看護師であっても、あなたの仕事ぶりに触発されるかもしれないのです。

ブランクがあったり、経験が少なかったりする看護師の対処法

ただ、中には結婚・育児などによって看護師をやめ、ブランクがある人もいます。他には看護師経験の少ない人もいるかもしれません。看護師になって間もなかったり、看護資格はもっているものの企業で働いていたりする人です。

こうした人では、病院やクリニックなどの新しい職場に入ったとしても雰囲気を変えることは難しいのではと考えてしまいます。ただ、そうした心配は必要ありません。

結婚・育児のためにブランクがあるのであれば、子育て期間中にさまざまな病院を受診したり、健診を受けたり、子供をクリニックへ連れていったりしているはずです。看護師ではなく、患者側として医療を受けているのです。

こうした経験を通して、「自分はこのように感じたため、こういうところはこうしたい」など、あなたの子育て経験を病院側にプラスで伝えたら問題ありません。

前に述べた通り、即戦力だけを求めているような病院には勤めない方がいいです。即戦力がないことを理由に断られたら、それはラッキーだったと考えましょう。

当サイトの管理人である私も社会人経験をした後に看護師資格を取って働き始めたため、同世代の看護師と比べると看護師の経験は少ないです。ただ、私には社会人として医療とは全く関係のない分野での経験があるので、そうした目線から改善ポイントが述べることができ、いまの職場は非常に重宝してくれます。

私の上司である医師は「私(医師のこと)は他の病院の実情をあまり知らないし、スタッフも今の職場でしか経験がない人が多い。そのため、この病院の良い悪いが見えていないところがある。そこで、新しく入った看護師さんが患者さん目線で色々指摘してほしい」と言ってくれています。

そして「経験はいくらでも後からついてくる、それを負い目に感じる必要はまったくない」ともスタッフの前で言ってくれました。新しく入ったからこそ、ブランクや看護師以外の経験を強みとして活かせることができるのです。

看護師経験に限らず、あなたが今まで生きてきたすべての経験に価値があると考えてください。あなたは看護師としての経験不足に負い目を感じるのではなく、人生経験を積んできたあなたを求めている病院と出逢えばいいだけなのです。

ただ、このような病院に自力で巡り会うには、何件もの病院にあたり、その病院ごとに履歴書を書く必要があり、大変な時間と労力を使ってしまうことになります。そのような時間がない人は、転職サイトを利用し、あなたに合った職場をさがしてもらうと手間が省けるのでおススメです。

履歴書を通して「会いたい」と思わせる

しかし、「良い病院かも! ここで働いてみたい」と思う病院が見つかっても、新しい風であるあなたを分かってもらうためには、病院側に「会いたい」と思わせ、面接までいかなければなりません。そのためのキーポイントとなるのが履歴書です。

履歴書を単なる手続き書類にしてはいけません。中途採用だからこそ、「できる履歴書」を書く必要があるのです。

万人受けする履歴書は必要ない

よくサイトにでている「看護師の履歴書の書き方」などのハウツーだけを抜き取って、表面上見栄えのいい書類を作ったとしても意味がありません。「病院側が求めているものは何か」、「あなたの書いた履歴書に、新しい風であるあなたの意思は書いてあるのか」などが意識されていないことが多いのです。

履歴書の内容が万人受けを狙ったものにしてしまうと、中途採用の場合は特に、本当の意味であなたに合った病院には巡り会えなくなります。ここが中途採用の看護師が転職に失敗する大きな理由です。

一番大切なことは、万人受けする履歴書を書くのではなく、「病院の誰がどのような視点をもって、実際にあなたに会いたいと思わせたいか」を考える必要があります。

例えば私であれば、看護師とは全く関係ない分野で働いていた経験があるため、「社会人としての経験から多角的な視野で物事を見ることができる」というようなことを履歴書に記載しました。

じっくりイメージしながら履歴書を書くと、他の新卒採用の人や中途採用の人とは差をつけることができるだけでなく、あなたにとって働きやすい求人を判断できるようになります。

「会いたい」と思わせる履歴書の書き方とは

実際に転職して働き始めるためには、面接まで進まなければなりません。あなたが働きたいと思った病院やクリニックが履歴書をみて、「あなたに会いたい」と思われるようにするのです。

このとき、「会いたい」と思われる方法は実はとってもシンプルです。面接まで通ったときのことをイメージして、その通過理由を考えてみるのです。

どうして面接までいったのか、その理由を言葉にかえて、履歴書に表現します。相手の立場に立って、何をあなたに求めているのか、病院と自分との接点をじっくり考えてみましょう。

例えば、混雑することで有名な小児科の病院を希望しているとします。子育てで看護師にブランクがある方だと、今までの経験を活かしながら「病気の子どもが落ち着く接し方」や「お母さんに安心してもらえる声かけ」を率先して行える自信について書くことができます。

気を付けていただきたいのは、「即戦力になることばかりを書いていたら、即戦力しか求められない職場ばかり声がかかる」ようになります。即戦力がある方はそこも踏まえながら、「新しい風」としてのあなたを書き込むことで、病院とあなたのマッチング度は向上するのです。

志望動機の見せ方

このとき、履歴書に記載する志望動機が大切になってきます。新しい病院では「看護師経験が活かせる」だけでなく、もう一歩踏み込んだ表現をしてみましょう。

あなたがその病院に入ってどうなりたいのか、さらには何を実現していきたいのかについて、未来に向けてポジティブな意思を述べることが大切です。

自分なりの言葉が大切

志望動機はマニュアルサイトからそのまま抜き取ってはいけません。自分の言葉で書いていないと面接のときにボロがでるからです。充分時間をかけて自分なりの言葉で書くことが大切です。

一例を挙げてみましょう。

× 以前からやってみたかったからです。

〇 以前から家族が貴院の患者として通院しており、機敏に動きながらも笑顔や心配りを忘れない看護師の対応を実際に見て、貴院の一員となりたいと考えるようになりました。子育てを通して培った親としての目線、さらには患者さんを支える家族としての目線を大切にして、看護に携わりたいと考えております。

ブランクがあったとしても、看護師経験が全くなかったとしても、中途採用だからこそ「看護師としてのオリジナルの売り」があります

今までの経験を負い目に感じて、自分の経歴に言い訳を書き連ねたり、過剰にアピールしたりする必要はありません。再スタートしたいというあなたの前向きで素直な思いを履歴書で伝えることが大切です。

履歴書の書き方によって相手に伝わる印象が大きく違います。良い職場の病院やクリニックであるほど求人の倍率が高いため、中途採用の看護師転職では、履歴書から他の人に差をつけたアピールをできるよう心がけることが大切です。

実際、私が現在勤めているクリニックへ面接に行った時、医師から「実は求人募集してから2週間で12人の希望者がいたんだけど、あなたの履歴書をみたときにもう決めていた」といわれました。看護師として1年半で3回病院を転職したにもかかわらず、医師の目には私の履歴書が留まっていたのです。

求人倍率が高い病院やクリニックであっても、看護師経験の有無や転職の回数は関係ありません。履歴書をどのように書くのかによって、採用される可能性が高まるのです。最初からあきらめないで、どのような履歴書をつくっていけばいいのかじっくり考えてみることから始めましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く