女性特有の疾患や、妊娠・出産に関する領域に携わる看護師の間では、来院された患者さんや妊婦さん・褥婦さんに癒しを提供する資格が人気となっています。

もしあなたの看護師としての経験年数が足らず、認定看護師や専門看護師の資格を取得する条件をクリアしていないとしても、この領域でキャリアアップにつながる資格は他にもあります。

いままで通り、先輩看護師の見よう見まねで患者さんに接するのでは無く、あなたらしい看護に取り組めるように専門性を高め、看護師としてのステップアップを実現してみませんか

あなたが興味をもった資格に積極的にチャレンジして、「この分野のことならあの人に聞こう」といわれると、ますます看護の仕事にやりがいを感じるようになることでしょう。

そこで今回は、産科・婦人科看護の専門性を高めていきたいという方におすすめの資格についてお話したいと思います。

産科・婦人科の看護師におすすめの資格とは

助産師の資格をもつ人は将来、独立や開業を考えている場合があります。そのときに、妊婦さんや産婦さんに役立つ方法をたくさん習得しておくことで、安心・安全な環境を提供できます。産科・婦人科の看護師におすすめの資格を一つ一つ紹介していきます。

新生児蘇生法(NCPR)インストラクター

新生児蘇生法(NCPR)インストラクターは、日本周産期・新生児医学会が認定している資格です。こちらの資格は、出生時に胎外呼吸循環への移行が上手にできない新生児に対して心肺蘇生を行なう方法を教える人を育成することを目的としています。

この資格を取得することで、新生児蘇生法で指導的な役割を担い、正しい知識や技術を獲得できます。この資格取得後は、インストラクターとして新生児心肺蘇生法について講習会で教えることができます。

この講習会は、海外の学術団体である国際蘇生連絡委員会(ILCOR:International Liaison Committee On Resuscitation)のConsensus2015を基に、日本救急医療財団・日本版救急蘇生ガイドライン策定小委員会が作成した「日本版救急蘇生ガイドライン」によるものです。

そのため、国際的な学術理論に基づいた新生児蘇生法の理論と技術を習得することが可能です。

新生児蘇生法公認講習会には、基本的な新生児蘇生法を身に付ける「新生児蘇生法一次コース(Bコース)」と、フルコースである気管挿管や薬物投与を含めた「新生児蘇生法専門コース(Aコース)」があります。

Bコースですと、主に正常新生児を扱う専門職種が対象となります。Aコースは、新生児蘇生に携わる二次もしくは三次周産期医療機関の医師や、専門技術を身につけている看護師・助産師が対象となります。

取得条件

日本周産期・新生児医学会の学会員

新生児蘇生に携わっている看護師・助産師

新生児蘇生法「専門」コースの修了認定を受け、さらにインストラクター養成講習会を受講すること

取得までの流れ

① 講習会

日程/各コース随時開催 全国各地で開催(日本周産期・新生児医学会のサイトで随時確認)

受講料:20,000円

② 試験

講習会後に筆記試験が実施される

認定料:8,000円(日本周産期・新生児医学会の会員および助産師・看護師であることが必須)

③ 修了認定

5年ごとに更新が必要となる

更新料:8,000円

更新の前にeラーニング講習会を受講することが必須

看護師・助産師である場合は、Aコースの習得をするとよいでしょう。このコースの受講生は新生児科医、救急救命士などもいます。

この資格を取得すると、新生児蘇生法の臨床知識や手技をパソコンの「eラーニング講座」を受講できるようになるため、いつでも習得した知識や手技を復習することが可能です。

リンパ浮腫療法士(LT)

リンパ浮腫療法士とは、日本リンパ浮腫治療学会が認定する資格で、医療従事者がリンパ浮腫に関し、さまざまな観点から治療を行なえるように、専門的な知識や技術を習得することを目的としています。

リンパ浮腫療法士の資格を取得することで、リンパ浮腫で悩む患者さんに、弾性ストッキングの指導、スキンケアなどのセルフケアの指導、リンパ誘導マッサージ、圧迫療法などの業務を行なうことができます。

取得条件

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師のいずれかの資格をもっていること

上記の資格をもち、2年以上の実務経験を有していること

日本リンパ浮腫治療学会が認定した育成機関での研修を修了していること

リンパ浮腫外来、もしくはそれに準ずる医療機関などで臨床経験を満たし、上記の研修を受講後2年以内に5例以上のリンパ浮腫症例を経験していること

取得までの流れ

① 試験

筆記試験・マークシート(脈管系の解剖生理学、浮腫の概論、複合的リンパ浮腫治療概論などから出題)

検定料:15,000円

② 更新

更新期間:5年

勤めている病院や施設の長の推薦状ならびに勤務証明書と、各症例事の実績に関する症例リストが必要

更新審査料:20,000円

リンパ浮腫療法士は資格を取得するまでに、実務経験や臨床経験、研修を受けることが必須であるなどの厳しい条件があります。

しかし見方を変えれば、国家資格を有するコメディカル(医療スタッフ)ならではの認定試験ということができます。医療従事者として専門性が高まる資格といえるでしょう。

日本アロマセラピー学会認定看護師

日本アロマセラピー学会認定看護師とは、日本アロマセラピー学会が認定する資格で、アロマセラピー(芳香療法)を正しく臨床で使える知識と技術を習得することを目的としています。

アロマセラピーには、補完代替医療の役割があります。補完代替医療とは西洋医学では足りない領域を補完する医療です。

セミナーを受講し、アロマセラピーの正しい知識とアロマトリートメントの正しい技術を習得することができます。

取得条件

日本アロマセラピー学会の正会員であること

日本アロマセラピー学会が主催する全4回の基礎セミナーを受講済みであること

取得までの流れ

① 講習(基礎セミナー)

会場:東京・大阪

日程:7月~10月(合計4日間、全18時間:12コマ)

受験料:60,000円(15,000円(一日)×4日間)

② 筆記試験(年1回実施)

日程:3月中旬

会場:東京

受験料:10,000円

③ 認定

認定料:15,000円

④ 更新

5年おきに更新が必要

更新料:15,000円

日本アロマセラピー学会主催のイベントの参加、セミナー等への出席、論文発表などを行ない、100点を取得する必要がある

産婦さんがリラックスした環境を作るために、アロマセラピストをわざわざ雇用している産婦人科クリニックもあるくらいです。確かにアロマの香りが漂っているサロンなどに行くと、緊張していた気持ちがほぐされて、ゆったりした気持ちになることがあります。

このアロマセラピーについて、看護師が日本アロマセラピー学会認定看護師の資格を取得することで、医療的観点から「アロマセラピーがどのように心身に影響を及ぼすのか」について説明することができるので、患者さんの安心感につながる一因となります。

不妊カウンセラー

不妊カウンセラーとは、日本不妊カウンセリング学会が主催する資格で、妊娠・出産・不妊に関する情報提供活動を行ない、不妊に悩む方々に安心した治療を提供できるようにカウンセリングやケアを実施するスペシャリストを養成します。

こちらは生殖医療や不妊治療の基礎的な知識が必要となります。

取得条件

日本不妊カウンセリング学会の会員であること

不妊カウンセラー養成講座を3回以上受講していることが必須

取得までの流れ

① セミナー受講

不妊カウンセラー養成講座

日程:6月初旬

会場:東京

② 試験

日程:1~3月ごろ

会場:仙台、東京、大阪、福岡

③ 認定

認定料:15,000円

認定期間:5年

④ 更新

更新料:6,000円

日本不妊カウンセリング学会、セミナーなどに参加し、30単位を取得する必要がある

一概に不妊治療といっても、医師では相談者が満足な時間を取れないだけでなく、相談者は周囲に相談できる人が存在しないといった悩みを抱えることが多いです。

もし不妊の知識をもったカウンセラーが医師と相談者との間に入り、じっくりと相談事に耳を傾けられる機会があれば、不妊で悩む方は誰しもが相談するのではないでしょうか。不妊外来は年々増加傾向にあるため、今後の活躍が期待できる資格といえるでしょう。

体外受精コーディネーター

体外受精コーディネーターもまた、不妊カウンセラーと同様、日本カウンセリング学会が主催する資格となります。

体外受精コーディネーターは、医師やエンブリオロジスト(大学病院や産婦人科などで顕微授精や人工授精を行なう医療技術者)と同等の知識をもつ生殖医療のスペシャリストとなります。

不妊治療では、顕微授精や体外受精といった卵子や精子、受精卵を扱う高度生殖医療(ART;Assistted Reproductive technology)を行ないます。

その際、体外受精コーディネーターが患者さんの環境や状況を考慮し、ARTに関する情報提供を行ない、最適な治療を選択できるようカウンセリングを行ないます。また、医師やエンブリオロジストなどと連携し、医療チームの調整を行ないます。

取得条件

日本不妊カウンセリング学会の会員であること(認定試験の申請時)

年2回実施される2日間の養成講座を3回受講すること

取得までの流れ

① 講習会

体外受精コーディネーター養成講座

日程:6月初旬

会場:東京

② 認定試験

日程:1~3月ごろ

会場:仙台、東京、大阪、福岡

科目:筆記、面接

③ 認定

認定料:15,000円

認定期間:5年

④ 更新

更新料:6,000円

日本不妊カウンセリング学会、セミナーなどに参加し、30単位を取得する必要がある

不妊カウンセラーも体外受精コーディネーターも日本不妊カウンセリング学会の会員であることが条件となっています。そのため、両方の資格を取得する人もいます。

2017年時点で、不妊カウンセラーは全国で1055名、体外受精コーディネーターは480名います。今後も増加傾向にあるでしょう。

マタニティビクス認定インストラクター

マタニティビクス認定インストラクターは、日本マタニティフィットネス協会が主催している資格で、妊娠期、分娩期、産褥期の体に負担にならず、良い影響を与える運動療法を実施することを目的としています。

マタニティフィットネス理論を学び、指導に必要なスキルを身につけることができます。

取得条件

日本マタニティフィットネス協会が認定する講習会を受講する

取得までの流れ

① 講習会

講義2日間:12.5時間

実技4日間:27時間

受講料:日本マタニティフィットネス協会の会員 190,782円 / 非会員 194,346円

(講義、実技講習、認定試験、テキスト・DVD代を含む)

② 試験

申し込み:受講後2年以内

(筆記試験120分、実技試験60分)

③ 認定

認定料:1,080円

産婦人科クリニックにおいて、マタニティビクスを院内で実施している施設もあります。看護師がマタニティビクスの技術を身に付けることで、医療的な観点から実施する運動の効果について説明することができるため、妊婦さんや産婦さんの安心につながります。

産婦人科看護のスペシャリストを目指す

女性の社会進出などに伴い、出産の高齢化などで出産の悩みが個人個人で違うことが多々あります。そのようなときに、産婦人科看護のスペシャリストとして、相談者に知識や技術を提供することは、安心した出産や育児の場を作ることになります

ほかにも、産科・婦人科の領域の看護師・助産師が習得しておきたい技術として「乳房ケア」や「ベビーマッサージ」「ベビーヨガ」などさまざまな講習会が全国各地で実施されています。

まずは「あなたが興味をもっていて、磨いていきたい」と思えるものに足を運んでみてください。そこからさらに看護の道を切り開いていき産婦人科看護のスペシャリストになっていってください。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く