派遣看護師という働き方は、2015年9月の「労働法改正」により、多くの看護師に受け入れられやすくなりました。

派遣看護師が働きやすくなった環境として、「雇用期間が決まっているため、人間関係のもつれを気にすることなく働くことが可能」「時給が高く設定されていることが多い」「サービス残業を強いられない」「面接などの面倒くさい採用試験を受けなくてもよい」など、常勤や正社員で看護師として働くデメリットをうまくカバーした働き方となっています。

しかし中には派遣看護師として働き続けることに、「いつまで雇用契約を結んでもらえるのだろう」といった将来の漠然とした不安を抱えてしまう方もいるのではないでしょうか。

ここでは、今は派遣看護師で働いているけれど、「将来的には常勤や正職員に落ち着きたい」「気に入った職場で正職員になる方法はないだろうか」と考える方に向けて、「派遣看護師を通じてスムーズに常勤や正職員になれる」お話をしたいと思います。

派遣看護師からスムーズに常勤・正職員になれる方法

「将来的には常勤になりたい」と考えている派遣看護師のあなたに、常勤・正職員になれる方法についてお伝えします。

看護師派遣には4通り

看護師派遣は、契約期間によって次の4通りに分かれています。

単発(スポット)派遣1日~30日といった短期間の派遣。スマホやパソコンなどで翌日からの仕事を予約することが可能

派遣例:イベントナース、健診ナース、ツアーナース、正職員のピンチヒッター、訪問入浴など

短期派遣2~3ケ月という数ケ月の派遣

派遣例:社会福祉施設、介護施設、一般病院の急性期病棟など

長期派遣3ケ月~3年という長期の派遣

派遣例:社会福祉施設、介護施設(デイサービス、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、有料老人ホームなど)、一般病院の慢性期病棟など

紹介予定派遣1日~最長で6ケ月という期間での雇用契約を締結。その後は、直接雇用が前提となる

派遣例:介護施設、訪問看護ステーションなど

このようにひと言で「派遣看護師」といっても、様々な形態が存在します。その中でも今回は、派遣終了後、直接雇用が前提となる紹介予定派遣についてお話していきます。

「紹介予定派遣」で常勤・正職員になる

「紹介予定派遣」とは、一定の派遣期間が終了したのち、派遣先の病院や施設、クリニックで直接雇用されることが前提となった働き方のことです。

求人サイトでは、紹介予定派遣という書き方ではなく、派遣看護師募集の欄に「正職員/正社員登用あり」と掲載されていることもあります。

そのため、将来的には常勤や正社員、正職員になりたい方は、求人案内に「紹介予定派遣」もしくは「正職員/正社員登用あり」とあるものを選ぶか、人材派遣会社の担当コンサルタントに「将来的には常勤や正職員になることを希望している」旨を伝えると良いでしょう。

「紹介予定派遣」ですと試用期間を派遣で過ごしたのち、派遣先の病院などとあなたのお互いの合意があれば「正職員となる道」が新たに開かれているのです。

ただ注意していただきたい点は、「正職員/正社員登用あり」と書かれていても、雇用先の病院やクリニック、施設によっては、派遣看護師から契約職員やアルバイト・パートといった直接雇用の形態に変わるだけのこともあります。

もちろん派遣期間が終わった後、どのような雇用形態になるかは、人材派遣会社のほうから事前に知らされます。

正職員として働きたい希望をもっている場合は、その旨を伝え、契約職員やアルバイト・パートを希望しない場合は断るとよいでしょう。契約職員、アルバイトやパートの直接雇用の形態しか無いような雇用先は一般的に、「金銭的に苦しい」「職員を軽視している」など待遇面で疑問が残り、長期で働くには不満が出てくることが多いからです。

派遣看護師、最長6ケ月で晴れて正職員に

「紹介予定派遣」の働き方を選択すると、派遣として雇用される期間は「最短で1日、最長で6ケ月」と定められています。多くの場合は、おおよそ3ケ月程度で派遣から常勤や正職員への契約になることが多いです。

そのため、派遣期間が終了する1ケ月前くらいになると、派遣先の病院やクリニックとあなたの間で、「直接雇用」へ向けた交渉が行われます。

雇用される前、すなわち派遣看護師の間は、一般的な派遣形態と同じように契約した派遣会社で給料が支払われたり、福利厚生などを利用できたりします。

一方、直接雇用された後は、もちろん正職員となるので、給料や福利厚生、各種保険については病院やクリニックのものが適応されるようになります。正職員となれば、その病院やクリニックでのボーナスを貰うことができるようになります。また、キャリアアップや昇進なども狙うことが可能です。

面接や履歴書に自信がない人には紹介予定派遣は好都合

このように紹介予定派遣を利用すれば、正職員の採用試験である面接や履歴書に自信がない人にとっては、好都合ということになります。実際にあなたの働きぶりを最長6ケ月もの間、見てもらうことができるからです。

あなたの人柄や看護スキル、看護に対する考え方など、面接や履歴書だけでは見えてこない部分を派遣先の病院やクリニックに把握してもらえます。派遣先の採用試験を受ける必要はないため、面接が苦手な人にとってはメリットの多い働き方といえます。

しかし「人材派遣会社の面接にも、不安を抱えている」という方もいるでしょう。しかし、人材派遣会社の面接は、病院の正職員の採用試験のように「応募者を落とすための試験」を行っているわけではありません。人材派遣会社の面接は、あくまでもあなたの人柄などを確認し、どのような求人を紹介すればいいのか「適切なマッチング」を行う材料にするために実施されるのです。

そのため人材派遣会社の面接に不安を感じる必要はあまりありません。なかには直接人材派遣会社を訪問しなくても、電話だけで面接を兼ねてくれる会社もあるので、「面接と聞くとすぐに緊張してしまう人」などは助かります。

あなたにとっても現場の情報収集が行える

そして紹介予定派遣の場合、派遣先だけでなく、あなたにとってもメリットがあります。

それは実際にあなたが働くことで、現場の労働環境や人間関係、職員の労働満足度を知ることができる点です。これは、「今後は、正職員としてずっと働きたい」と思う人にとっては、一番重要な情報を集めることができることになります。

特に看護師といった「医療にサービス業が含まれている」ような職種の場合、患者さんの前では良く振る舞う一方、裏では人間関係がドロドロであったり、いじめが横行していたりということはよくあることです。

サイトなどで「優しいスタッフ」「楽しい職場」などと魅力的なうたい文句を使って人材を集めている病院やクリニックに限って、実際に中に入って働いてみると、劣悪な環境であることが多いです。

私は転職で苦い失敗をした一人です。近所でも評判が良く、ハローワークの職員にも太鼓判を押されて入職した眼科クリニックが、実際は医療業界のなかでは有名なブラック職場でした。

入職して話を聞くと、ほとんどの新人が2ケ月以内に辞めており、もともといる看護師が辞めた看護師の悪口を言ってストレスを発散するのが当たり前のような環境でした。もちろん私も前例にならい、今思い出しても心が苦しくなるようないじめをさんざんされてきました。

そのため正職員として入職したものの、わずか6ケ月で退職することになりました。これは私の履歴書に「たった6ケ月で退職した経験がある」という烙印を押されてしまったようなものです。正職員になるには、もっと慎重に情報を集めなければならないことを痛感した体験となりました。

「紹介予定派遣」で正職員になった人の体験談・口コミ

では実際に紹介予定派遣から常勤、正職員になった方の体験談や口コミを見てみましょう。

看護師歴4年 東京都 Hさん

私は看護師歴4年で転職歴が5回あります。どこの病院も面接のときは、穏やかな語り口で笑顔が素敵であり、優しく丁寧な印象の採用側がほとんどでした。

「この病院がいい」と思って希望を抱いて常勤になるのですが、実際に働いてみると、理想と現実のギャップに苦しむことが多く、精神的にも苦しい状況が続きました。

人間関係のもつれ、他人の悪口、ひどい労働環境、サービス残業の多さ、育児軽視の考え方、パワハラ・モラハラの数々など挙げると本当にキリがありません。

そこで私は派遣看護師をすることにしました。1年程度、派遣看護師として働いていたのですが、ある日人材派遣会社の担当エージェント(担当コンサルタント)から電話がかかってきました。

「Hさんは将来的には正職員として働く気持ちはありませんか」といった内容でした。最初、私は正職員として5回も転職をしているため、あまり乗り気ではありませんでした。しかし転職エージェントが「紹介予定派遣」という方法を教えてくれました。

派遣期間に実際、自分の目で職場の環境や人間関係、医師の人柄などを知ることができる紹介予定派遣という働き方があることを初めて知りました。

そこで私は、この紹介予定派遣のある病院で働くことに決めました。残念ながら最初に紹介してもらった病院は、そこの病院の職員さんから「正職員になったら待遇面が悪くなるよ」と教えてもらっていたおかげで、丁重にお断りすることができました。

2番目に紹介してもらった紹介予定派遣の施設では、大変楽しく働くことができ、「転職の度に嫌な思いをしてきたけれど、このような働きやすい環境もあるのだ」ということを実感することができました。

5回も転職となると「自分は看護師に向いていないのかな」と思うこともあったのですが、ここの施設長に「あなたがいてくれないと、利用者さんも職員も楽しくない」と言ってもらうことができました。今では待遇面でも大変満足しており、ミスマッチなく、やりがいをもって正職員として働くことができています。

看護師歴13年 高知県 Jさん

私は夫の転勤に伴い、高知県に引っ越してきました。引っ越し先で看護師として働こうと思ったのですが、土地勘が無く、どのような病院で働けばよいか分からなかったため、まずは派遣看護師として働いてみることにしました。

そのうち、派遣看護師にも慣れてきて、派遣先の地元の看護職員から、さまざまな病院や施設の求人情報を得ることができました。

そこで人材派遣会社の担当コンサルタントに「〇〇病院の整形外科で正職員として働きたい」ということを伝えました。すると、その病院で運よく紹介予定派遣があり、希望した整形外科に無事に派遣として働くことができました。

しかし実際働いてみると、整形外科の医師が変わったばかりで現場は大混乱していました。医師はあまりやる気のない人で、すべてが職員まかせなのです。「職員が失敗をすれば怒鳴る」といった最低の環境でした。

私はここの契約期間が終わったら、「この病院の正職員は辞退しよう」と決心していました。

すると隣の部署の内科の看護師が「Jさん、こっち(内科)においでよ。内科の先生は優しいし、時間内で必ず帰れるように看護師の結束が固くて働きやすいから」とこっそりアドバイスをしてくれました。

そこで実際に内科の様子を横目で見ていると、笑い声が聞こえてきたり、看護師どうしがコミュニケーションを良く取り、助け合って働いている姿がみえたりしました。そして、「確かに内科で働くほうが楽しそう」と思えるようになりました。

そこで直接雇用の話をいただいたときに、「もともと内科に興味があるので、そちらでしたら正職員を希望します」ということを伝えました。すると病院の担当者も納得してくれ、今は楽しく内科で働くことができています。医師と看護師、また看護師どうしが支え合える環境にあるのが最高だと思っています。

今でも整形外科のほうから医師の怒鳴り声が聞こえるので、本当に内科に希望を出して良かったと思っています。

看護師経験8年目 大阪府 Oさん

私の場合は、面接や面談で極度に緊張してしまうため、もともと紹介予定派遣を利用し、正職員を目指そうと考えていました。

求人を探しているうちに、紹介予定派遣の待遇のよい病院に目が留まりました。こちらの病院を紹介してもらおうと、担当コンサルタントのアドバイスに耳を貸すことなく反対を押し切って、その病院へ派遣看護師として赴きました。

担当コンサルタントは「労働環境も人間関係もあまり良くなく、いくら給料が良くても長くは勤められない」といっていました。しかし私は、これだけ給料を貰えるのであれば我慢して働くことも可能だろうと簡単に考えていました。

結果としては、1週間でギブアップしてしまいそうなほど、最低最悪の環境でした。サービス残業は当たり前、職員を職員と思っていないような労働環境、新人や派遣はいじめの対象となるのが確実、職員同士の陰口や上司への不満のオンパレードなど。

初夏で蒸し暑いにもかかわらず冷房をつけず、熱中症になった患者さんが他の病院に救急車で運ばれる始末でした。

しかし6ケ月という契約期間を結んでいるため、途中で辞めることはできないという規定でした。そのため、「もうここは合わない」と1週間で分かったにも関わらず、契約期間を満了するまで、泣く泣く勤めることになりました。この6ケ月という期間は大変苦痛で、長い期間に感じました。

自分が自分らしく働ける環境でなければ、いくら給料が高くても働けないということが分かりました。このようなことなら最初から担当コンサルタントのアドバイスに耳を傾け、「ちゃんとした病院を選んでおけばよかった」と後悔しています。

保健師1年目 京都府 Kさん

私は看護師として働いていましたが、やはり保健師免許をもっているので、できれば保健師として働きたいという気持ちが強くなってきました。

しかし、企業で働くとなると保健師の競争倍率は高く、なかなか採用には至らないと考えて、MCナースネット(後述します)に登録しました。

企業保健師となると、経験者のみの募集が多かったのですが、担当コンサルタントの方に相談をすると、未経験でもエントリーすることができる企業内診療所の求人を紹介してもらえました。3ケ月の雇用期間のある紹介予定派遣での応募でした。

最初の頃は、保健師という仕事に慣れていなかったため、周囲の方にも迷惑をかけていたのですが、せっかくいただいたチャンスを逃がさないように、この3ケ月は必死に勉強し、同じミスは二度としないよう注意しました。

午前か午後に医師の診療があり、看護師の経験を活かして、診療の介助などにも当たっています。この点は、看護師としての経験がある分、誰にも負けないように取り組みました。

すると1ケ月経った頃には、先輩方から「Kさん、是非正社員となって一緒に働こうね」といわれるようになりました。とてもやりがいのある職場で保健師という職業が自分に合っていたことを知って、大変充実した毎日を送ることができています。

紹介予定派遣の求人が豊富な人材派遣会社とは

紹介予定派遣を行っているおススメの人材派遣会社についてお話しておきます。

パソナメディカル

パソナメディカルは「優良派遣事業者認定制度」を取得した、信頼のおける人材派遣会社です。

優良派遣事業者には、法令を遵守しつつ、派遣スタッフのキャリア形成を支援したり、労働環境確保を行ったりと、派遣スタッフと派遣先の病院やクリニックなどの双方に安心してもらえるサービスを提供している企業のみが認定されます。

紹介予定派遣の求人もあります。雇用形態を選ぶ際に、紹介予定派遣を含む長期派遣社員にチェックを入れておき、担当コンサルタントに詳細な紹介予定派遣の条件を伝えましょう。

パソナメディカルなら、いろいろな種類の仕事形態を選べるだけでなく、地方の求人が少ない場所についても対応可能です。サイトを確認した際、求人情報にあなたが希望する条件の仕事が掲載されていなくても、パソナメディカルのほうで心あたりのある病院に問い合わせてくれる可能性もあります。

また非公開求人といって、条件が良いため応募者が殺到してしまうような求人をサイト上では非公開としていることもあります。本当に条件の合う人しか応募できないよう人材派遣会社のほうで調整しているのです。

もしあなたがその非公開求人の条件に合致するようであれば、そのような希少な求人を紹介してくれる可能性もあります。

MCナースネット

MCナースネットもまた紹介予定派遣の求人をもっている会社です。MCナースネットは全国展開をしているので、全国の病院や施設などとつながりをもっています。

そのため、いま直ぐには求人募集を行っていなかったとしても、あなたの条件にあった病院やクリニックで、「今度、募集はないか」など求人を探してくれる可能性もあります。

先ほど体験談のところでも出てきましたが、MCナースネットでは、企業内健康管理室や特定保健指導などを行なっている産業保健師の求人情報だけでなく、学校保健室での勤務となる養護教諭の仕事や市区町村の地域保健業務などの希少な募集も取り扱っています。

保健師求人は即戦力が要求されることが多いのが現状ですが、未経験の人でもMCナースネットでは紹介してもらえる仕事が多数あります。

ただし、保健師や待遇の良い求人となると人気があるうえ、求人数自体があまりありません。そのため、条件の合う希望の求人が出たとしても、すぐに埋まってしまうこともあります。そのため、人生の転機ともなるタイミングを逃さないように先に登録を済ませておいたほうが賢明といえます。

紹介予定派遣を希望するのであれば、この2社はすぐに登録しておくことをおススメします。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く