当サイトの管理人である私は東京の大学を卒業後、10年以上東京で社会人をしていました。そして30歳を過ぎたころ、家庭の事情で中国地方のある田舎に帰郷することとなりました。

私は前職でマスコミ関係で働いており、医療現場でのドキュメンタリー制作に関わったことがありました。その経緯から、医療分野に興味をもちはじめ、33歳で大学に入りなおし看護を勉強し始めた経歴をもっています。

看護大学を卒業後、1年半の間に3回病院を変わりました。最後に行なった転職活動のときに実際に転職サイト(転職エージェント)を利用し、私にとって最高のクリニックをみつけてもらった経験があります。私はいまでもそのクリニックに看護師として勤めています。

ようやく「看護師という職業を選んでよかったな」と思える現状になりました。それまでは、今までの人生では経験したことのない苦痛の連続でした。

このような経験をみなさんの転職の参考にしてもらいたいと考え、転職体験記(体験談)を記していきたいと思います。まずは私の経歴についてお話していきます。

看護師という異色の世界

私は田舎から上京し、中央大学の社会学系の学部である総合政策学部を卒業しました。そして10年以上、マスコミで作家として働いていました。主にバラエティ番組の企画を行なっていました。この仕事は、自分が企画した番組の視聴率が良いときはもてはやされ、視聴率が悪いとばっさり切り捨てられるという過酷な世界でした。

私はいくら切り捨てられても、何度も這い上がりました。この負けても屈しない精神で10年以上企画を出し続けていたため、自分では打たれ強い性格だと思っていました

そしてその気持ちをもって帰郷し、看護を一から学びたいと考え、33歳で広島大学の看護科に入学しなおしました。大学生活は順風満帆で楽しく過ごすことができました。もともと書くことが好きだったので、論文などは教授からよく褒められていました。

しかし、広島大学を卒業してから最初の1年半は、人生で苦痛を味わう地獄のような期間でした。看護師という世界はなんて異色の世界なのだろうと身をもって知らされた時間となりました。

最初に勤めた病院は「将来性を感じなかった」

まず看護大学を卒業して、最初に勤めた病院は地元でも有数の2次救急のある大規模病院でした。この病院を退職した理由は人間関係もいいものではなかったのですが、なによりも「看護師としての将来性を感じない」ということが大きなウエイトを占めました。

新卒で30代半ば、私は慢性期病棟である重症心身障害児(者)病棟に配属になりました。

日々の仕事といえば、「おむつ交換」「入浴介助」「食事介助」の繰り返しです。毎日の看護記録は「とくに何も変わらない」か、書くとしたら「皮膚に発赤がみられたため、体位変換をこまめに行った」といった内容でした。これなら看護師でなくても書ける内容です。

この病棟に配属され、注射を打ったことは一度もありませんでした。このようなことを書くと、「おむつ交換も入力介助も食事介助も立派な看護だ」と思う方もいると思います。

しかし、私は30代半ばです。最低でも3年間は異動がないとされるこの病棟に勤め続けたところで、看護師としての技術は身につかず先行きを不透明に感じていました

この病棟の周りの看護師をみてみると、若い看護師は根拠のある看護技術を身に付けられていないように感じました。そして、ある程度歳を重ねたら辞めて近隣の特別養護老人ホームに移っていました。

入職説明会では「急性期病棟でも慢性期病棟でも同じように看護技術が身に付く」と謳っていました。しかし、3ケ月に一回程度、新卒が全員集まって採血などのテストがあるだけでした。

もちろん採血をしたことがない慢性期病棟に配属された看護師は、学生のころに使用した「看護技術」の教科書を引っ張り出して、熟読をしてテストに臨んでいました。そうすれば100点が取れるテストでした。テストで100点さえ取れば、「看護技術は修得した」とみなされていました。

「一度も採血をすることなしに、看護技術を習得したとみなされる」ことに疑問をもち始めていました。

そのころ私と同じ病棟に異動してきた、急性期病棟で何十年も勤務してきた先輩看護師から「新卒でここの病棟に3年もいたら、看護技術は何も身につかない。そうなると、ずっとこの病棟にいつづけるか、辞めるとしたら、軽度の介護施設しか残っていないよ」といわれました。

ほかの看護師を見回しても、「あと少し定年まで頑張ろう」とか「次はあまり看護技術を必要としない精神科のある病院に行こう」と考えている看護師が多く、キャリアアップが望めない状況でした。

私は30代半ばで看護師免許を取ったので、すぐに40代です。40代で3年間の看護師経験があるにもかかわらず、注射も打てない、看護技術がなんたるかもしらないまま働き続けることになります。このことは「キャリアアップどころか看護師としての技術を身に付けられないのではないか」と不安を感じました。

そこで私は半年くらいたてば異動も可能だと考え、10月ごろに看護部長に「急性期病棟に移って看護技術を磨きたい」という希望を伝えに行きました。

しかし、看護部長に「いまの慢性期病棟の看護技術では、急性期病棟で働くのは難しい。3年はいまのところで頑張ってから次の病棟を考えたら」といわれ、異動の希望は叶いませんでした。

半年以上、慢性期病棟に在籍してしまったため、すでに他病棟の新卒看護師よりも出遅れていたのです。

私に残された選択肢は下記の3つでした。

・ずっと同じ病棟にいつづけ、看護技術がなんたるか曖昧なまま、定年を迎える

・3年後に急性期病棟に異動させてもらい、私よりあとに入った若い看護師に注射の打ち方などを指導してもらう

・早めに転職をし、看護技術が学べる環境に身を置く

最初の選択肢である「同じ病棟にい続ける」というのは、看護技術を身に付けたい私からすると、ありえない選択肢でした。

二番目の選択肢である「若い看護師に注射の打ち方から教えてもらう」のも、異動するころには3年も看護師の経験があるにもかかわらず、注射の技術から教えてもらうことに抵抗をもちました。

そこで私は、看護技術を身に付け、キャリアアップをしていきたいと考えていたので転職することに決めました。

しかし、私はどのように転職活動をしていいかわからず、とりあえずハローワークに出向くことにしたのです。これが間違いの始まりでした。

次の転職先は眼科クリニック。いじめにあう

ハローワークでは市内で人気の眼科クリニックを紹介されました。30代半ばで新卒であった私は、注射が打てず、看護技術もなかったことから、「転職できる病院はないかもしれない」という恐怖でいっぱいでした。

そのため、転職活動に対して焦りばかりが生じ、冷静になれませんでした。

「自分は看護技術がなく、注射も打てない使えない看護師だ」と考えていたので、次の転職先としての希望条件は「看護技術を身に付けられる」というものだけでした。

ハローワークで紹介された眼科クリニックは、市内で朝6時から順番を取りに来る人がいるほど人気の眼科でした。

院長の人柄が良いと噂で、一日に200名以上の患者さんが来院していました。普段の診察に加えて、白内障や緑内障、硝子体のオペも行なうスーパークリニックでした。

私は「眼科だけれど、患者数も市内で一番多く、オペの介助にも入ることができるため、眼科の分野で看護の道を究めていこう」と決意を新たにしました。面接を受け、結果はその場ですぐに採用となりました。

前の病院は二交替の夜勤があったのですが、この眼科は夜勤なしで給与も同程度もらえ、オペ技術も身に付くということで、はりきって仕事に臨みました。

しかし、それもつかの間、前よりもさらにきつい地獄のような日々が始まりました。

「高給与」と考えていたのですが、毎日4時間以上のサービス残業がありました。私の住んでいる地域の信号は午後10時を過ぎると赤信号が点滅します。ほとんど毎日、その点滅をみながら帰宅していました。

そして働き始めて2日目には、私よりも2ケ月早く入職した20代の若い看護師がロッカールームで嗚咽をあげて泣きじゃくっていました。そして「ここで働くのは、もう無理です」といい残し、そのまま来なくなりました。

それからというもの、次のいじめのターゲットは新人の私になりました。

覚えきれない大量の仕事をいきなり教えられ、少しでも間違ったり、やりかたが分からず戸惑っていたりしたら「もう二度とこの仕事はやらなくていいから。絶対にこの仕事には指一本ふれないで」といわれました。その仕事を手伝おうとしても「本当にやらなくていいから」と何度も念を押されました。

わたしは、「忙しくて仕事がしんどい」より「何もさせてもらえなくて仕事がしんどい」ほうが何倍も辛いことを身をもって実感しました。

そのような中で、私が唯一行なえる仕事はだれよりも早く出勤してクリニックの掃除を隅々まで行うこと、あとは先輩看護師の仕事を見学するだけでした。

そんな様子に院長も見て見ぬふりをしていました。

入職して1ケ月もしないうちに、お昼休憩のときに私の机だけが離されてしまい、私が着た後のオペ着は「掃除をしていて汚いから」という理由で洗濯を別にされるようになりました。

唯一、私が自分らしく看護をできる瞬間は、患者さんが治療やオペのことで分からないことが出てきたときに「あんたには一番話しかけやすいから尋ねやすい」といってくれるときだけでした。

そして患者さん以外のスタッフには無視される状況が6ケ月続いたある日、決定的なことが起こりました。

私が昼休憩に黙々とトイレ掃除をしていると、休憩室で師長が「彼女(私のこと)、しぶといね、はやく辞めろって。これからも一切仕事なんかさせないのにね」といって、他の看護師と事務の人と一緒になって大笑いをしている声が聞こえました。

私は看護師として勤めてはじめて、トイレで声を押し殺して泣きました。「前の病院をあんなに早く辞めてしまったのだから」という負い目もあり、次の眼科では何があっても頑張ろうと決めていたのですが、もう限界にきていました。

そしてそれからすぐに眼科を辞める決意をしました。わずか6ケ月でしたが、あとから聞いたところによると、この眼科の新人で一番長く勤めたのが私だったそうです。他のスタッフは全員この眼科が設立したときから在籍している人たちでした。新人はだれも長続きしていませんでした。

すぐにこの眼科を紹介したハローワークの担当の方にこれまでの6ケ月間に言われたこと、されたことを伝えると「良いドクターだし近所でも評判いいから紹介したんだけど、この眼科すぐに求人でるからおかしいと思った。次の希望者にはこんなところ勧めてはダメだね」といわれました。

ハローワークの担当の方はクリニックの内情を知っていないまま、評判だけで紹介しているだけなのだと痛感しました

そして「では次の求人を紹介するね」と言われたのですが、私は精根尽き果てており、次の就職活動を行なえるような状況ではなく、ハローワークでの求人紹介を断りました。

そこでその眼科を退職した後は、派遣で訪問看護をすることにしました。もう、私は看護師という職に愛想をつかしており、いつでも辞められる体制を作って自分の身を守るようにしていました。訪問看護は基本的に一人で行動するので人間関係に悩むことがありません。

ただ、看護師の経験が浅いため、患者さんが救急のときの対応の仕方がよく分からず、毎日急変が起こらないことを祈るのみでした。

すると今度はそんな自分の看護の実力不足に、自分のことが嫌になってきました。

もっと内科などで働いて看護師としての経験をし、実力を養いたいと思うようになったのです。半面、近所の評判がいい病院でさえ、あんな陰湿ないじめがあるならば「もう看護師は無理かもしれない」とも考え、いろいろ悩んでいました。

そこで、藁にもすがる思いで、看護師の転職サイト(転職エージェント)に登録してみることにしました。もうダメ元です。なにか看護師の転職に対して情報が手に入らないかと考え、4社の転職サイトに登録してみました。

転職コンサルタントの一言で自信を取り戻す

私が複数の転職サイトとやり取りをしていくうちに、その中でもとても熱意をもって私の転職を支援しようとしてくれる一人のコンサルタントに出会いました。

「前の前の病院も10ケ月、前の病院も6ケ月で退職、現在は派遣看護師、そして30代後半、特に看護技術なし、前職の仕事内容は掃除だけ、注射も打ったことがない」という私です。看護師として自分にまったく自信がありませんでした。

そのことを伝えると、その転職コンサルタントにこう言われました。

看護師は以前の病院で習った看護の変なクセをなかなか直すことができないため、使いづらいという病院もある。あなたは技術を教える看護師からすると、変なクセをもっていないので教えがいがある。だからいいんです

この言葉に私は救われました。「私は私のままでいいのだ」と受け入れられた思いがしました。

またそのコンサルタントに私の前職の眼科での話をしたら、「この眼科は人間関係が最悪のブラッククリニックで有名」と教えてもらいました。

エージェントに「よくこの眼科で6ケ月も勤めることができましたね。私なら絶対に誰にも紹介はしません」と驚かれたくらいです。ここ数年その眼科クリニックの看護師募集の求人は、ハローワークの求人としてずっと出たままになっています。

新たに非公開求人を転職サイトに紹介してもらう

仲良くなった担当コンサルタントに看護師の愚痴をたくさん話して、自分が我慢して辛かった経験を受け入れてもらいました。そうしてもらっているうちに、「もう一度看護師としてやってみたい」という前向きな気持ちが自分のなかに生まれていることに気が付きました。

「まだ本格的な転職は考えていない」「いつかは正社員になりたいかな」程度の気持ちしかもっていない私の重い腰がようやく上がりました。

そして転職エージェントに非公開求人を紹介してもらいました。コンサルタントは、「ぜひこのクリニックを受けてほしい。あなたにぴったりだと思う」といってくれました。

そして紹介された内科クリニックで応募者12人の中から、無事に採用してもらうことになりました。訪問診療や訪問看護も行ない、大腸内視鏡検査や胃内視鏡検査など多くの検査を行なえる中規模の個人経営のクリニックです。

以前の病院や眼科クリニックで「あ、ここで働くのは無理かもしれない…」と思ったことがなく、もう2年間以上働いています。「自分はここまでできるようになった」という自信をもって看護を行なえるようになりました。

また眼科クリニックで仲良くなった患者さんが私を探して、いま勤めているクリニックまで訪ねて会いに来てくれたこともありました。「あのときのあなたの看護に助けられました。ありがとうございます」といってくれました。私の看護はちゃんと患者さんの役に立っていました。

さらに、いま勤めているクリニックのスタッフは「あなたが来てくれてよかった」「あなたのおかげで色々助かっている」「いてくれないと困る」といってくれます。失敗しても先輩方がなにげなく助けてくれます。

院長は厳しいけれど愛情が溢れる方で、注意したあとは必ずフォローの言葉が入ります。「人間だからそれは失敗もするよ。しかし、失敗から学ばないといけない。あなたはそれができる人だ」と背中を押してもらえます。

院長や他の看護師に「この仕事頼んでいい?」といわれて、すっと動いて仕事ができる自分に「私に仕事を任せてくれるなんて信頼されている。ありがたいな」とつくづく感じます

今は私と同世代の同僚たちが自主的に「認定看護師の資格を取得しよう」といい始め、一緒に勉強を始めています。院長も「勉強するなんて関心だ。認定看護師の資格取得に必要な費用は心配しなくていいからね」といってくれています。

ここでの日々は気付けばあっという間の時間です。「仕事があって、それをキビキビ行なって、しかも楽しい」ということは本当に大切な事だと実感しています。「何年も我慢しなくてよかった」と心から思っています。

入職後も3ケ月おきに転職サイトから電話がかかってくる

そして入職後もお世話になった転職サイト(転職エージェント)のコンサルタントからは3ケ月おきくらいに電話があります。

私は「とても満足して働いていること」を伝えると、転職サイトのコンサルタントは「そうでしょう」と嬉しそうに返答してくれます。私が充実して働けていることを自分のことのように喜んでくれます。

入職したいまも、私のことを気にかけてくれていることをありがたく思います。

看護師を続けるなら楽しく、自分らしく

私が看護師という職業に替わってからの経験として、一般の社会とは異なり「閉鎖された異色の世界だな」と思うことがたくさんありました。

タフな精神の持ち主だと思っていた私でさえ、たった6ケ月で限界を感じてしまう経験をしました。しかし看護職というのは、自分の足の向きを少し変えるだけで自分らしく頑張っていける世界でもあります。

日々「我慢しなければならない」と自分を押し殺して、辛いなかで看護をする必要はありません。少し勇気を出すだけで、あなたらしく、楽しく充実した日々を送る選択肢もあるのです。

私は「あなたらしく、笑顔で前向きに看護を行なってもらいたい」と思い、このサイトを立ち上げることにしました。

私が体験してきたことや、知り得たこと、勉強してきたことがあなたの看護人生のなかで「小さな温かい明かり」となって灯すことができればいいなと思っています。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く