%e9%80%80%e8%81%b7

「今の病院を辞めて、新しい医療機関に移ろう」と考えている看護師の退職理由は人によってさまざまです。今の職場に見切りをつけて、新しい職場へ移るために気持ちを一新して転職に臨もうとしているはずです。

そのためには、まず今の職場を退職しなければなりません。さらに、どのような退職理由があったとしても、できればこれまで一生懸命働いてきた今の職場を円満退職するに越したことはありません

退職したあなたの噂がどこで起こり、次の職場でどのような影響を与えるかわからないからです。また、看護師としてあなたが急に辞めることで現場に混乱を招き、患者さんに迷惑をかけてはいけません。

退職のときによく使われることわざは「立つ鳥跡を濁さず」です。退職となっても、最後まで常識ある社会人として円満退職をするほうが賢明です。

しかし、「はたして今の職場を円満に辞めることができるのだろうか」「このような退職理由では引き止められて、ズルズルと働き続けてしまうのではないか」「自分ではいまの退職理由で深刻に悩んでいるけれど、周囲の人たちからすると甘い考えと思われてないか」と退職理由で悩んでいる看護師は多いです。

それでは、どのような行動をとれば円満に退職を迎えられることができるのでしょうか。今回は本音と建て前を使い分け、円満な退職を実現する方法について具体的にお話ししていきたいと思います。

最低1ケ月前から退職の準備をしておく

まず初めに「退職を希望する時期」と考えている最低1ケ月前、できれば2~3ケ月前から計画を立てておきましょう。

例えば8月に退職をしたいのであれば、6~7月くらいから退職と転職の準備をすることで、周囲もあなた自身も円満退職を迎えられる可能性が高まります。このとき、次の転職先には2ケ月後くらいに入職可能の旨を伝えるようにしましょう。

次の転職先が今の職場の退職を急がせることがあるかもしれません。しかし、今の職場の引継ぎなどを行い、迷惑をかけないよう円満退職を心掛けていることを伝えると責任感ある人として見られ、好感度がアップします。

まずは病院の就業規則を確認

まずは、離職するときは病院ごとに作成されている就業規則の退職事項の欄を確認するようにしましょう。

この就業規則とは入職時に配布されることが多い資料で、病院ごとに就業上守るべき規律や労働条件に関する取り決め事項が掲載されています。まずはそちらを確認してみましょう。

そこに掲載されている退職に関する項目に注目してみましょう。

もし退職に関して取り決めが書かれてないようでしたら、退職を申し入れてから民法上2週間(14日間)で雇用関係が解消されます。つまり、あなたが退職願を出してから法律上その医療機関で労働しなければならない期間は、長くても2週間となります。

ただし、これは病院によって異なります。もし就業規則に退職願を1ケ月前や2ケ月前に申し入れるよう義務付けが掲載されていたら、その期間はその病院で働く義務があります。

この退職に関する項目を見逃してしまうと、次の転職先が決まっていたとしても、退職ができずにトラブルに発展してしまう恐れがあります。そのためまずは、いま勤めている病院の就業規則を確認することが大切です。

基本的に就業規則がある医療機関の場合は、入職時にスタッフ全員に就業規則の配布が義務づけられています。

一方、個人のクリニックなど小規模な医療機関ですと、就業規則がスタッフに渡されていない可能性もあります。その場合は、就業規則を出してもらい、必ず退職に関する項目を確認しておくようにしましょう。

退職日の設定は念入りに考える

就業規則を確認したら、次は退職日を設定しましょう。円満退職を望むのであれば、できるだけいま勤めている病院の人手が足りている時期を選ぶようにしましょう。この日を選び間違えると、円満退職は難しくなります。

もし「一番忙しい時期にも関わらず、2週間後に一人辞めてしまう」となると、残されたスタッフは普段の仕事に加え、あなたの引継ぎの業務にも追われてしまうことになり困ってしまいます。

同僚が困るのが分かっているにも関わらず、このようなことをしては常識外れと思われ、円満な退職は難しくなってしまうでしょう。

そうならないためには、できるだけ早く退職の意思を勤め先の病院に伝えて、業務の引継ぎや整理を行うよう準備をはじめましょう。また、退職が決まってからは新しい業務は引き受けないよう気を付けましょう。

大学病院や国公立の病院は3月退職が望ましい

特に大学病院や国公立の病院などでは、3月の年度末以外での退職を希望しても、引き止めに合い退職できないことが多々あります。

なぜなら、これらの大きい病院は今までの規則や慣習から「退職希望だとしても3月末までは勤務するのが当たり前」とされていることがあるからです。この慣習は長年にわたって形成されてきたものですので、簡単には崩すことはできません。

もしあなたが、年度末の3月以外で退職を希望されている場合は、事前に円満退職に関する情報収集を周囲の人から行っておくとよいでしょう。

退職を伝える前に行う準備事項

なお、実際に退職日を前もって決めたとしても、「どのように上司へ退職理由を伝えるか」などの準備をしっかりとしておく必要があります。

準備ができていないうちに退職を上司に伝えてしまうと、トラブルを生じる原因になってしまう可能性があります。

人手不足の看護師業界においては、あなた1人が抜けるだけで現場は混乱してしまいます。あなたが退職を願い出たとしても、上司の反対を受けたり、引き止められたり、退職を認めなかったりするケースが多々あります。

まずは退職を申し出る前に準備しておきたい事項について確認しておきましょう。

退職理由の本音は心に留めておく

最初に「あなたがどうして退職をしようと思ったのか」について、上司や周囲が反論できない明確な理由を考えておくことが大切です。

ここでは本音をいう必要はありません。看護師の退職理由の本音として、「人間関係が悪い」、「重労働の割には給与が低い」、「スキルアップできない」の3点が占めているといわれています。

しかし本当の理由を言ったとしても引き止められてしまう可能性が高いです。例えば退職理由の本音に対しては、以下のようなことが引き止めの理由として使われます。

人間関係が悪い → 今後見直していくから、今は我慢してほしい

重労働の割には給与が低い → 昇給を考えていた、今後昇給するつもりだ

スキルアップできない → ここでもスキルアップできることはたくさんある

このような引き止めを受けると、退職への気持ちが揺らいでしまうことがあります。ただ、こうした言葉で心が揺らいで思い留まるならそもそも退職をしない方がいいかもしれません。

しかし「絶対に退職したい」と強く思っている方であれば、上司が「そのような事情であれば退職は仕方ない」と思えるような理由を考えておくことが大切です。

円満に辞める退職理由の事例

円満退職の理由を考える際にはコツがあります。それは、円満退職で辞めた先人たちの退職理由を知っておくことです。すると、いま勤めている病院の円満退職に向けた対策ができます。

それでは、以下に円満退職を行えた看護師の方々の退職理由について挙げておきます。

実家の家業を手伝わないといけなくなった

実家で家業を行っている父が腰を痛めたため、このたび引退することとなりました。数人の従業員も抱えており、家業を潰すと従業員やその家族が困ります。今まで私は好き勝手させてもらってきたので、これからは従業員と父のために看護師を辞めて家業を継ぎたいと思います。

この方は現在、違う病院に転職されて看護師を続けています。「家業はどうしたのか」と尋ねたら、「父があと数年は引退しないで、腰を引きずってでも頑張ると言って聞かないから、仕方なく他の病院に移って看護師をしている」と言っていました。

この他にも「両親の介護を行わないといけなくなったので実家に帰ることにした」など、家族の介護を理由に円満退職された方もいます。

次にいま勤めている病院では叶わない下記のような退職理由を述べて転職された方もいます。

違う科に興味を持った

夫の母が脳梗塞で倒れ、脳外科がある病院に入院しました。そこで看護師の力を借りながら、次第に回復していく姿をみて、私も脳外科で働きたいと強く願うようになりました。

この方は今の勤めている病院に希望する科がなかったため、案外すんなり退職を受けて入れてもらえたといいます。

他にも、看護師を辞めて他のことをしたいという理由で円満退職を行えた方の例を挙げてみましょう。

留学したい
前から留学に関して興味がありました。看護師を続けたいのですが、やはり留学するなら、結婚もしていない、子供もいない若い今しかないと考え、退職を希望しました。

この方も現在は日本の違う医療機関に転職しています。留学について聞いてみると「海外は行くには行ったけれど、私には合わなかった。合わないことが分かって良かった。後悔していない」と言っていました。

その他の退職がすんなり受け入れられた理由としては、結婚、出産、配偶者の転勤、遠方への引っ越しなどが挙げられます。

しかし上記のような退職理由を伝えたとしても、あなたの上司の性格や職場での人手不足の状況によっては、退職を無理やり長引かせたり、嫌味なことを言われたりして、退職がうまく受け入れてもらえず精神的に追い込まれることがあるかもしれません。

そのようなときは強い信念をもって「もう家族と話し合ったことなので退職を決めました」とはっきり言うようにすることが大切です。

退職は法律上の権利と知っておく

退職願を提出したけれど、なかなか退職させてもらえないというトラブルもあります。

退職願を出しているにもかかわらず、退職を認めないという行為は「労働基準法」により禁止されている事項に当たります。民法第627条にそのことが書いてあります。以下のとおりです。

”当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する”

引用 : 民法第627条第1項

私が以前勤めていた病院では、就業規則には「退職するには2週間の勤務が義務付けられている規定」があったにもかかわらず、実際は6ケ月以上退職願を受理せず、退職を認めなかった師長がいました。このようなことは看護師の世界では往々にして行われているのです。

「急に退職したいといわれても、無理に決まっている」「新しい看護師が入るまで、しばらく待って」「うちはなかなか退職願は受け取れないことになっている」「こんな理由で退職できると思っているの」などと言われて、ズルズルと勤務を長引かされてしまうのです。

上司はさまざまな理由をつけて退職願を受理しないことがあります。しかし、これは法律で禁止されている行為です。まずは誰にでも退職する権利があるということを知っておきましょう。

上司からどんなに退職を認められなくても、法律により権利を行使することができるのです。もしそれでも退職を認めてくれず、問題が大きくなりそうな場合は、労働基準監督署に相談するとよいでしょう。

実際に退職願を提出する

退職日や退職理由を決め、法律上退職する権利があると知ったうえで、次は実際に退職願を上司に提出しましょう。そこで、退職願や退職届について解説していきます。

退職願と退職届の違い

「退職願」とは文字通り、「退職を願い出る書類」のことです。あなたが病院に対して自分の意思で退職することを、いま勤めている病院に認めてほしいという書類になります。退職願は「〇月〇日に退職したいと思います」という願書に当たり、相手に相談してから決めるという意味が込められています。

一方、「退職届」とは、あなたの都合で退職を希望するときに申し出る書類になります。相手と相談する隙を与えないものになります。病院にあなたの退職を認めてもらう必要はなく、「〇月〇日に退職します」という一方的な強い退職の意思を表す書類に当たります。

もしあなたが円満退職を考えている場合は、いきなり退職届を提出するのではなく、「あなたが退職する」という心の準備を上司が作るために「退職願」を提出することをおすすめします。

退職願はあなたの上司に当たる人が受理することで効力が発生する仕組みになっています。一方、退職届は病院側に提出することで効力が発生し、一旦提出するともう二度と撤回できない仕組みになっています。

退職願の提出する先は直属の上司

退職願の提出相手は、一般的にあなたの直属の上司になります。新卒の看護師の場合、「あなた<プリセプター<副師長<師長<看護部長」という構成になっていると思います。あなたの直属の上司とは看護部長ではなく、師長になります。

お世話になったプリセプターにまずは退職する旨を一言伝え、あなたの属する病棟の師長に退職願を提出しましょう。あなたにとってプリセプターは一番近い存在だったにもかかわらず、「あなたの退職に関して何も知らなかった」ではプリセプターの顔が立ちません。

また師長を飛ばしていきなり看護部長に退職願を提出してしまうと、師長の管理不足を指摘されるだけでなく、あなたが周りから常識ない人と思われてしまうことになります。どんな師長であったとしても、一度は師長を通すのが常識です。

師長が退職願を受理してくれなかった場合のみ、看護部長に退職願を出すようにしましょう。

また稀ですが、就業規則に「誰に退職願を出せばいいか」を明記している場合があります。そのときは、その人に提出するようにしましょう。

退職届を提出するベストなタイミングは?

退職届は一旦提出すると、基本的に取り消されることはありません。受理された時点で撤回は効かないのです。

そのため退職届を提出するのにベストなタイミングとは、次の転職先が決まった時点がよいでしょう。内定先が決まっていないにもかかわらず、退職届を提出してしまうと無職の時期ができてしまい、「次の転職先を早く決めなければ」と焦ってしまいます。

焦って転職先を探してもあまりいいことはありません。これから長く勤めることになる病院です。余裕をもって退職できるように就職活動も計画的に進めていきましょう。

心細いなら転職エージェントに頼る

ここまで、円満退職についての準備事項をお話してきました。しかし、2~3ケ月の間に通常の業務をこなしながら、退職と転職まで行わなければならないのは実は非常に困難なことです。

看護師の退職理由の本音のところでもあったように、人間関係や賃金の問題で退職を希望されている方が多いのは確かです。特にパワハラやイジメなど精神的に悩んでいる方は一刻も早く退職したいと思われているでしょう。

ただ、あなたがいまの病院を退職した後に近隣の病院やクリニックへの転職を考えているのであれば、やはり円満退職を心掛けておく必要があります。

医療機関のネットワークはあなたが思っている以上に狭いです。円満退職できずに辞めてしまうと、次の転職先でもすぐに噂が広まり、嫌な思いをしてしまう可能性が出てきます。

もし退職に関して相談できる人がおらず心細いようであれば、看護師転職サイトのエージェントに頼ってみる方法もあります。

看護師転職エージェント(転職サイト)は転職に関してのプロですので、これまでに数多くの円満退職・転職事例を経験しています。

いま勤めている病院やクリニックをどのように円満退職すればいいのか、どのタイミングで退職することを切り出せばいいのかなど、エージェントが親身になって具体的な方法を無料で教えてくれます。

また次の転職までのサポートも行ってくれるので、退職と転職のタイミングを上手く合わせ、無職の時期を無くすことができます。

さらに、エージェントはあなたの今回の退職理由について把握しているため、次の病院やクリニックでは同じような理由で退職することがないよう配慮してくれます。あなたに合った転職先を見つけ出し、再び「退職届を出さなければならない状況になる」といった苦い経験を味わう確率を減らしてくれます。

ただし転職エージェントも人間なので、あなたにとって「合う合わない」があります。できれば複数の看護師転職サイトに登録して、あなたに合ったエージェントに出会える可能性を高めておきましょう。

実際に当サイトの管理人である私自身も看護師転職エージェントを利用し、円満退職と転職に成功しました。いつも通りの仕事をし続けながら独りで退職・転職活動を行うよりも、転職のプロがついてくれているだけで、精神的にも肉体的にも随分助けられたことが思い出されます。

退職や転職に関しては、同僚の友達に相談しても「辞められるのは寂しいから、もっと一緒に働こうよ」などのように感情論で返ってくることが多く、客観性に欠け問題は解決しませんでした。

それよりエージェントに相談する方が冷静で的確な答えが返ってくるため、後悔しない退職や転職が実現できたと思います。

やはり円満退職が大切

以上、円満退職に向けていろいろお話してきました。

「退職しよう」と決めたら、急にいま働いている病院が色あせて見えてしまうことがあります。実際に退職したい旨を上司に伝えると、仕事をするのが辛くなって、一日一日の時間をとても長く感じてしまうこともあるでしょう。

退職すると決まった看護師には、あまりハツラツとした笑顔は見えません。

中には「どうせもう辞めてしまう職場だから円満退職を考えなくてもいい」と考えて、仕事も他の残った看護師に丸投げしてしまい、引継ぎもせずに後先考えずに、さっさと退職してしまう人もいます。

しかし、やはり円満退職をすることが大切です。できれば数ケ月前、最低でも1ケ月前には退職の旨を伝えて、引継ぎなどの業務をしっかり行いましょう。

円満退職をしたほうがいい理由は、あなたが患者さんの命を預かる看護師だからです。あなたが急に退職をしてしまって、一番困るのは誰でしょうか。

もちろん残された看護師は仕事が増え慌ててしまい、現場では混乱が生じやすくなるでしょう。しかし、その混乱のしわ寄せが来るのは患者さんなのです。

「点滴が終わっても換えに来てもらえない」「オペ前の説明は二回目で分かるだろうからと、ほとんど省略しての説明だった」「いつも笑顔の看護師が業務に追われて、その笑顔がみられない」など、看護師の変化を患者さんは敏感に感じ取ります。

あなたが急に辞めると言い出したことで、現場の混乱から患者さんの命に関わるような出来事が起こってしまうかもしれないのです。

看護師として、最後まで責任感と常識をもって円満に退職するように心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く