%e6%b3%a8%e5%b0%84%e5%99%a8

看護師が転職を思い立ったら誰しも一度は「看護師転職サイト(転職エージェント)に登録してみようかな」と考えてみるのではないでしょうか。

日ごろの看護業務を行い、夜勤や日勤、指導、看護研究などに当たりながら、その上さらに一人で転職活動を行うというのは並大抵の苦労ではありません。

そのため、無料であなたの転職活動を転職のプロに助けてもらえるというのは、転職を行う上で大変心強い一面を持っています。

しかし看護師転職サイトを利用することは、メリット・デメリットがあります。転職サイトのデメリットを知らずに、転職サイトを利用して転職活動がうまく行かなかった人も中にはいます。

転職活動で失敗しないためには、転職サイトのメリット・デメリットをしっかり押さえ、あなたの転職活動に転職サイトの利用が必要かどうかを慎重に考えることが重要です。

また、どの転職サイトを選ぶかによっても転職活動の成功の明暗が分かれます。

今回は看護師の転職活動をする際に、看護師転職サイトに登録するメリット・デメリットと看護師転職サイトの賢い選び方をお伝えしていきたいと思います。

看護師転職サイトのデメリットとは

最初に看護師転職サイトのデメリットについて解説していきます。転職サイトを利用するデメリットを知った上で、あなたの転職活動に看護師転職サイトが本当に必要かどうかを考えてみるとよいでしょう。

デメリットをお話しする前に、まず知っておいてもらいたいことをお伝えしておきます。

それは、転職にかかる紹介料のことです。あなたが転職サイトを利用しても無料なのですが、採用側(求人先の病院やクリニックなど)はあなたを採用すると高額な紹介料が必要になります。

一般的に、求人先の病院は転職サイトから紹介された看護師を採用した場合、紹介手数料として採用した看護師の年収の20~30%を転職サイトに支払う仕組みになっています。

例えば、年収約400万円の看護師を1人採用するとなると、採用側は約100万円前後を看護師転職サイトに支払う義務が生じます。

高額なお金を払ってでも採用側は人手不足を解消したいという気持ちがあるため、こうした紹介料を支払うのです。まずは、このことを頭のすみに入れておいて下さい。

それでは看護師転職サイトを利用するデメリットについて解説していきます。

人気のない求人を紹介されることがある

すべての看護師転職サイトが行うわけではありませんが、一部の悪質な看護師転職サイトや紹介会社などは、あなたの希望に沿わない人気のないブラックな求人を無理に勧めてくることがあります。

そのような人が寄ってこない求人は慢性的な人手不足であるため、「誰でもいいので、すぐに入職してほしい」という願望を持っています。そのため、紹介から入職まで短期間でスムーズに転職活動が進みます。

トントン拍子に進む求人は、楽をして報酬を得たい悪質な転職サイトにはとっては非常に効果的な案件です。

しかし人気のない求人ですので、何か裏があることが多いのです。

そのような求人は「労働対価に対して給料が極端に少ない」「近所でも評判が悪い」「経営に問題を抱えている」「人間関係が非常に悪い」「職員は使い捨てと考えている」などのブラックな病院やクリニックである可能性が高いといえます。

こちらが希望している条件とは違う病院やクリニックをいくら断っても、転職サイトが強引に勧めてくる場合などは注意が必要です。

もちろん、あなたのことを最優先で考えてくれる看護師転職サイトは強引な勧誘はしません。そのため、どの転職エージェントが適切なのかの見極めが大切です。

たまに、優良な転職サイトであっても、あなたが初期登録をするときに「できるだけ早く転職を希望する」と伝えているときは注意しましょう。こちらの希望とは違う医療施設を紹介し、早く転職ができるよう促してくることがあるためです。

転職に焦りは禁物です。条件に合わない案件を紹介されたら、転職サイトの担当者に希望や条件を再提示し、軌道修正を行うことが大切です。

強引な求人勧誘が嫌だと感じた場合は、はっきりと担当の転職エージェント(担当コンサルタント)に「希望の条件とは違う」と伝え、断ることが重要です。こちらが曖昧な返事をしていたら、担当エージェントも「このまま話を進めても大丈夫」と勘違いをしてしまいます。

強引に面接を組まれたとしても丁重にお断りしましょう。もし自分の条件に合わない病院で勤めたとしても、条件が合わないため長続きせず、再度転職を考えなければならない可能性が高くなってしまいます。

焦らないで自分の条件に合う求人をじっくり探してもらうようにしましょう。

直接応募の人は、転職サイトを利用する人より優先される

次に「直接応募か転職サイトを利用するか迷っている」という人には知っておくべきことがあります。

あなたが希望する病院やクリニックの求人が、ハローワークや看護協会、病院のサイトに掲載されていないか調べてみましょう。

そこでも求人を行っている場合は、直接応募してきた人のほうが、転職サイトで応募をしてきた希望者より採用が優先されることがあるからです。

その理由は転職サイトの入職希望者を採用すると、先述した通り、採用側に紹介料の支払い義務が発生してしまうからです。

私は以前、ハローワークにも病院のサイトにも求人情報が載っている病院に、あえて転職サイトから応募したことがありました。いま勤めている病院の環境が悪く、「一刻も早く退職したい」と気持ちが焦ってしまい、転職サイトを利用した方がスムーズにいくと考えたからです。

そこで、私のほうから転職サイトに「家から近いこの病院を受けてみたい」と依頼しました。

転職サイトの担当エージェントは「病院は古く、存続が少し危ないと噂がある」といっており、あまりその病院の転職サポートに乗り気ではありませんでした。

しかし私は聞く耳を持たず「いま勤めている病院を早く辞めたい」という一心で、転職サイト経由で面接を受けました。

面接は感触がよく、手ごたえがあったのですが、結果は「不採用」でした。

この結果に驚き、看護大学の先生に就職相談にいって不採用だったことに対する愚痴を言いに行きました。

すると先生はその病院の看護部長と知り合いで「そこ(私が不採用になった病院)の看護部長は転職サイトを利用して応募してきた人はどんな人であろうと絶対に採用しないと言っていた」と聞かされました。

「採用しないなら、最初から面接を行わなければいいのでは」と思ってしまうのですが、採用側は転職サイトとも提携していることもあり、一応どんな人か確認するために面接まで行う施設もあるようです。

転職サイトだけでなく、ハローワークや病院のサイトにも求人情報が出ている場合、転職サイト経由で応募しても採用されない可能性があるので注意が必要です。

後で分かったことなのですが、結局私が強引に応募した病院は、院長が行った新しい事業がうまく軌道に乗らず、財政難であったことが判明しました。

「転職サイトからの応募者を採用しない」とは、言い換えれば、求人にお金が払えない経済的に余裕のない医療施設とも考えられます。

しつこい転職サイトがある

看護師転職サイトは看護師の転職を成功させることで初めて利益がでるビジネスです。そのため、中には自分の業績を上げるために、求職者にしつこいくらいメールや電話をして勧誘してくるエージェントもいます。

そんなときは「電話に出ない」「電話に出られる時間帯にかけなおしてもらう」「着信拒否をする」「しつこい電話にうんざりしていることを伝える」「転職は辞めた」「他の転職サイトを利用して転職を完了させた」など、はっきりした態度をとることが大切です。

しかし「頻繁に連絡を取りたがっている」とは言い換えれば、それだけ「あなたという人材=転職を成功させる価値のある存在」を認めていることになります。

能力がないと思われている人材には、それほどしつこく電話がかかってくることはありません。そのため、ある意味しつこい電話はそれだけあなたが見込まれているともいえます。

ただ、あまりにしつこい場合は「これ以上電話をかけてこないように」など、しっかり伝えることが大切です。

また、あまり利用していない転職サイトであると、あなたの転職状況をうまく把握できていないために、近況を知るために電話がかかってくることがあります。そのときは「他の職場へ就職してうまくやっている」ことを話すとよいでしょう。

看護師転職サイトのメリットとは

看護師転職サイトをみなさんが利用するのは、もちろん良い面がたくさんあるからです。次に看護師転職サイトを利用するメリットについて解説していきます。

転職活動の心強いサポートとなる

転職活動において、看護師転職サイトは心強いサポートを行ってくれます。

転職活動は孤独な活動です。転職活動を一人で行うとなると、時間も労力もかかります。

情報収集して求人を探し、病院とやり取りをして、履歴書や職務経歴書の書き方も自分で一から対応しなければなりません。履歴書を書き進めていくうちに「この書き方で大丈夫だろうか」と不安になることもあるでしょう。

そんなときに心強いサポートしてくれるのが転職サイトです。あなた担当の転職エージェントが、病院やクリニックの内情を情報取集し、あなたに合った非公開の求人を探してくれて、面接日の設定など病院とのやり取りまで行ってくれます

このような転職に関する時間と手間を担当者が行ってくれるため、「あれもこれも行わないといけない」「こんな情報はどうやって手に入れたらいいのだろう」といったことが少なくなります。

私は面接に自信がなかったので、面接の1時間前に転職エージェントの担当者に来てもらい、近所のファストフード店で面接の練習をしてもらったことがあります。1時間前に担当者といろいろ設定をして予行演習を行いました。

この演習はとても有意義なものでした。実際の面接でも同じことが聞かれ、緊張することなく自分の伝えたかったことを話すことができました。

また転職エージェントは、給与交渉や時短勤務など個人では採用側に伝えにくいことを仲介して行ってくれたり、入職後も「こんなはずではなかったのに」と思うことを上手く採用側に伝えてくれたりなど、採用前と採用後のギャップを少なくしてくれます

なかなか個人では遠慮してしまい、採用側には伝えられない重要な事項であっても、転職エージェントが入職後まで行ってくれるので心強い味方となってくれます。

非公開求人をいち早く紹介してくれる

非公開求人とは、ハローワークや看護協会、病院の求人欄には一切掲載されない看護師転職サイトが持っている求人情報のことをいいます。

一般的にハローワークや看護協会に掲載されている病院やクリニックの求人は年中変わらないことが多いです。これは素人目にみても不安になります。「人気がないのに応募が集まらず、ずっと求人を出しているのでは」と考えてしまうのです。

また新着の求人がたまに出たとしても、優良求人であるとすぐに消えます。ハローワークの職員さんが言っていたのですが、優良の病院やクリニックは応募殺到ですぐに打ち切りにするようです。

日ごろ仕事をしている看護師にとっては、優良求人に応募するのは至難の業です。毎日空き時間にハローワークの求人をチェックして、気になる求人があればすぐにでもハローワークに直接いって申し込みをしなければ、優良求人はすぐ打ち切られるからです。

一方、看護師転職サイトでは、非公開求人を多数抱えているところが多くあります。実はこの非公開求人にこそ、優良な求人情報が多いのです。この優良な求人情報を得るために多くの看護師は転職サイトを利用するといっても過言ではないでしょう。

なぜ人気のある病院やクリニックに限って求人を非公開にするのかというと、条件のよい人気の求人や退職でようやく欠員がでるような求人は、すぐに応募者が殺到してしまうからです。

公開求人にしてしまうと、1人の欠員の枠に、多いところで数日で100人近くの応募者が集中するところもあります。

この1人の欠員を埋めるために、約100人の応募者に対し、履歴書チェックから、電話で連絡をとり、面接日時を調整・実施し、採用の有無まで行うとなると、非常に多くのコストと手間、時間がかかってしまいます。

そこで人気のある病院やクリニックだからこそ看護師転職サイトに頼み、非公開求人として登録した看護師に対して優先的に紹介することで、効率のよい採用を心がけているのです。

私は非公開求人を紹介してもらい採用してもらった一人です。地方のクリニックにもかかわらず、数日で12人の応募者がいました。

看護師の情報は横のネットワークが行き届いており、優良な求人はすぐに埋まるため、転職活動はまさに情報戦ともいえるでしょう。いかに早く優良な情報を転職サイトから流してもらうかが、転職成功の明暗を大きく分けます。

転職お祝い金がもらえるサイトもある

内定をもらい、実際に入職となると「お祝い金」や「支度金」といったお金をもらえる看護師転職サイトがあります。

すべての看護師転職サイトが行っているサービスではないのですが、「お祝い金」がもらえる看護師転職サイトを利用して内定をもらうと、10万円前後のお金がもらえます。

転職お祝い金は、採用側の病院やクリニックから転職サイトに支払われる報酬の一部をあなたに還元しているサービスとなります。多くは、入職後半年してから支払われるのが一般的とされています。

こちらで運よく入職できると思いがけないお小遣いが手に入ることになります。私の友人はそのお金で海外旅行に行きました。

下記に転職お祝い金が支払われる一部の看護師転職サイトについて挙げておきます。

看護師転職サイト 金額の詳細
ナースJJ ・最大35万円~

・支給時期 : 入職後3ケ月後と6ケ月後に2分割にされ支給される

・支給額 : 転職後の想定年収により異なる

看護のお仕事 ・最大12万円

・支給時期 : 入職日から2ケ月経ってから支給される

・支給額 : 勤務形態により異なる

看護プロ ・最大12万円

・支給時期 : 入職日から半年経ってから支給される

・支給額 : 管理職12万円、常勤(夜勤あり)5万円、常勤(日勤のみ)3万円、非常勤1万円

信頼できる看護師転職サイトの見分け方

悪質な看護師転職サイトもあると書いてきましたが、どのようにすれば信頼できる看護師転職サイトを見つけることができるのでしょうか。

あなたが看護師転職サイトに登録して転職を成功させるには、大小の転職サイトに複数登録しておくとよいでしょう。

例えば大きな転職サイトですと、取引先の病院も多くあり非公開求人を抱えている案件の数が豊富です。また、大手だと多くの実績があり、過去に入職が決まった看護師との連絡が取れており、内部情報をたえず収集してくれています。

一方で中小の転職サイトであると、大手から独立した転職実績の豊富なエージェントが多く在籍しているため、少人数精鋭で大手にはない高品質なサービスを提供してもらえる可能性が高いといったメリットがあります。

少数精鋭ですので、「既にある求人から提示するスタイル」などを含め大手のようなマニュアル的な対応をされることはなく、あなたの希望に合わせて融通を聞かせ柔軟に対応してもらえることも多いです。

なお、私の友人は転職サイトを活用することで最新の内部情報を知ることができ、転職での失敗を回避できた経験があります。

地元の看護師の間では、ある病院の脳外科はチーム力抜群でとても良いと評判でした。看護師なら一度はあんな雰囲気の病院で働いてみたいと思わせる魅力的な病院でした。

しかし友人が担当エージェントにその病院について尋ねると「あの脳外科病棟の師長さんは2週間前に変わり、病棟全体が陰湿な雰囲気になった。たった2週間だけれど、すでに一人看護師が辞めた。空きが出たのは知っているけど今はお勧めできない」とのことでした。

その後、その友人が知り合いのお見舞いがてら、その病棟をのぞいてみたところ、確かにナースステーションからヒステリーな怒号が聞こえているとのことでした。

転職エージェントのタイムリーな情報収集能力に驚く半面、「人気の求人だからといって、すぐに飛びつかないでよかった」と思わせるエピソードです。

転職サイトを活用せず個人で転職活動を行っていれば、このような内部情報は入手できず転職活動を進めてしまう恐れもあります。

このように複数登録しておくことで、エージェントとの相性だけでなく「この転職サイトは安心して利用できる」「ここの転職サイトは質が悪い」などの区別がつきやすくなります。一つの転職サイトだけですと、この見分けが大変難しいのです。

転職エージェントとの相性もありますので、一つの転職サイトに絞らず「転職は情報戦線」と考え、いち早く優良な情報を得るように大小の転職サイトに複数登録しておくと安心でしょう。

粗悪な転職サイトに引っかかってはいけない

一方、私はいつくもの転職サイトを利用したことがあり、あまりいい印象をもたなかった転職エージェントもあります。

私は地方の医療機関のみを扱う看護師転職サイトに登録しました。その転職サイトからは、「条件が最高に良い超優良病院があるので受けてみないか」といった内容の電話がかかってきたことがありました。

私は「受けてみます」とすぐに返事をしたのですが、このときは転職サイトから「面接に行くのはこちらもいろいろ手続きをしないといけないから、手数料が必要になる」と言われました。

転職サイトが求人者にお金を要求することは基本的にはありません。こちらは丁重にお断りの電話をし、「他の転職サイトで就職が決まった」ことを伝え、縁を切らせていただきました。

また私の周りにいる看護師仲間では有名な誰も寄り付かないとされる「超ブラック病院」が存在します。この病院を何度断っても強引に勧めてきた転職エージェントもいます。

転職エージェントはこちらが何を訴えても「大丈夫、大丈夫」とまるで他人事のように繰り返すだけで、私の個人情報を勝手にその超ブラック病院に送っていました。面接の日程まで組まれてしまい、こちらは断るのが大変でした。

看護師の希望や要望の聞く耳を持たなかったり、金銭を要求してきたりするような粗悪な転職サイトも存在します。親身になってくれないことが分かったら、早めに手を切ることが大切です。曖昧な答えを返していたら、強引な勧誘が続いてしまいます。

粗悪な転職サイトとの縁を切るためには、「他の転職サイトを活用してすでに就職し、とても満足している」ことを伝えましょう。

もちろんすべての転職サイトが粗悪なのではなく、一部の転職サイトが粗悪なのです。一部の粗悪な転職サイトのために、転職サイト全体を悪く思ってしまい、転職サイトを利用するのをためらう必要はありません。

実際、非公開求人の中から満足いく転職に導いてくれた転職サイトのエージェントによって、私はいまの職場で働いています。その転職エージェントとは転職成功から2年経った今でも、時々電話がかかってくるので近況を伝えています。

そのときの電話では、看護の愚痴や笑い話など何でもよく聞いてくれるので、ついつい話が弾み友達のように仲良くさせてもらっています。粗悪な転職サイトの体験があったからこそ、親身になって動いてくれる転職エージェントの大切さがよく分かります。

転職サイトは賢く利用すべき

看護師転職サイトは無料ですし、転職において大変心強いサポートを行ってくれます。しかし、今回の記事でお話しした通り、転職サイトにはメリット・デメリットのどちらもあります。

転職サイトを利用して強引な転職を推し進められないよう、メリット・デメリットのどちらも理解したうえで、転職サイトを賢く利用しましょう。ここまで述べてきたことについて、転職成功に導く判断材料にしてもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く