30代・40代で、看護経験の少ない新人看護師が転職するとなると、20代の若い看護師や30代の中堅看護師などが転職するのとは異なり、厳しいイメージがあります。

私自身、30代で看護大学に通い、30代後半で看護師免許を取得しました。そして1年半の間に3回の転職をして、最初の2回は職場選びに失敗しました。そのとき精神的にも肉体的にも辛い思いをし、何度も看護師を辞めようと思っていました。

しかし3度目の転職のときに転職に関する考え方や方法を変え、いまの職場でようやく満足いく働き方を手に入れています。働き始めて数年経ちますが、看護副師長という役職をもらうまでに成長できました。

転職に失敗し、私と同じような境遇に立たされている30代・40代の新人看護師は私の周りだけでも結構います。30代・40代新人看護師だからこそ、転職に悩み、苦しむことが多くなるのだと思います。

そこで今回は、30代新人看護師だった私が試行錯誤の上、知りえた「30代・40代の新人看護師でも転職に失敗しない方法」についてお話ししていきたいと思います。

30代・40代新人看護師が転職で失敗する理由

転職で成功しようと思うのであれば、まずは「なぜあなたは転職で失敗してきたのか」について原因を探る必要があります。私が実際に看護師転職で失敗してきた経験などから、「30代・40代の新人看護師が転職で失敗する理由」を一つずつ説明していきます。

30代・40代は年齢が高いと思っている

30代・40代といえば、「もうそれほど若いわけではない」と自分では考えがちです。特に20代に看護師以外の職業に就いていた人であれば、一般的には35歳転職限界説があるくらい、もう転職は難しいと考えられがちです。

しかし、看護の世界では30代・40代はまだまだ若く、働き盛りの年代だといえます。もちろん20代よりは体力や記憶力の面で劣るかもしれませんが、それには個人差があります。「覚えよう」「知識を増やそう」と努力している人はあっという間に20代の看護師を抜くことができます。

また30代・40代の良さとして、20代と比べると社会人経験豊富で、常識や礼節をわきまえている人が多いです。

さらに当たり前ですが、50代・60代の人と比べると充分に若いです。あなたは30代・40代で看護師免許を取得して遅れを感じているかもしれませんが、50代・60代になってからも看護免許を取得しようと意欲ある人が大勢います。

その人たちが本気になれば、30代・40代で看護師のスタートを切ったあなたをすぐに超えていくと思いませんか。

ここでいえることは、意欲さえあれば、経験や知識は看護師となって短期間で、いくらでも身につけていることはできる。しかし常識や考え方は本人が気づかなければ、なかなか身につけることはできない」ということです。

そこで私の職場で、問題となった20代の新人看護師の話をします。

私の職場は主に40~50代看護師が中心で、この度、卒業したばかりの22歳の若い看護師が入職してきました。しかし、その人ひとりが原因で職場の雰囲気が悪くなってしまうことがありました。

「空いた時間があれば、すぐに休憩している」「仕事上のことで注意すれば、泣いて1時間以上トイレから出てこない」「患者さんや先輩に対して失礼な言動を繰り返しても、それを悪いとは思っていない」「皆が嫌がる仕事はせず、率先して楽な仕事を行う」「思ったことを患者さんや先輩看護師の前で口に出す」など毎日のように問題が発生しました。

私が先日、その若い看護師から相談された内容は、入職して1ケ月しか経っていなくて結婚していないにも関わらず、「いかにこの職場で育休産休を取得したらいいか」ということでした。

その人は若さゆえか、まだ「お金をもらって責任ある仕事をしている」という感覚が乏しかったようです。自分から率先して仕事はせず、無理やりさせられている雰囲気が職場全体に伝わってきました。患者さんからもその若い看護師は不評でした。

私自身、社会に出て働き始めた20代のころは、先輩たちが裏で支えてくれていたことに気づかず、「自分一人が成果を出している」と勘違いしていたと思い当たることがあり、大きなことはいえません。誰しも仕事を通じ様々な経験を経て、職業人として成長していきます。

もちろん、このような問題のある若い看護師の場合も、プリセプターなどになり後輩を育てていったり、患者さんや先輩たちからの社会の荒波に揉まれたりしながら、長い年月をかけて成長していくことができます。

仕事を通して、看護に対する考え方は変わり、いつしか仕事への責任感が生まれてくるでしょう。

しかしこの場合、時間がかかります。周囲がいくらアドバイスしても「嫌なことを言われた」と思う程度です。自分が成長していくためには、自分自身が気づき、改めていくしか方法はありません。そのため、人間が成長するには長い時間が必要なのです。

しかし30代・40代ともなり社会経験を積んでいれば、「どのような態度で仕事に取り組むべきか」といった常識的なことは、すでに習得済みの人が多いです。

あなたが採用担当者なら、常識に乏しい意欲のない20代よりも、常識があって意欲をもつ30代や40代の新人看護師を採用するはずです。

30代・40代は働き盛りの年代です。今後、管理職候補としても期待できる人材です。20代や50代・60代にはない30代・40代ならではの強みがあるため、年齢が高いからといって希望する求人を諦める必要は全くないのです。

自分を卑下しすぎている

30代・40代で新人看護師といえば、ストレートに看護師として10年以上働き続けている同年代の看護師よりは、看護師経験は少ないです。そのため、「自分は身につけている看護技術も知識も少なく、使えない看護師だ」と捉え、自分を卑下しすぎていないでしょうか。

実は私自身、その一人でした。

いままでどのような社会人経験があったとしても、看護師として就職するのであれば、そのような社会人経験はリセットされます。社会人として経験のない21~22歳くらいの看護師と同じ給与になるのです。

また看護学生のころに、指導者である20代後半の看護師から「いくら社会人経験があっても、医療機関では何も役立たない。看護経験がすべて」ともいわれました。

このような経験から、20代のころの社会人経験をすべて否定されている感覚に陥りました。

さらに転職を繰り返すたびに、自分にバツがついていくようで、さらに「私は使えない看護師だ」と考えるようになりました。そのため、転職では「最低限の希望条件さえ満たすことができれば、どこの医療機関にでも採用されたらいい」という考え方に変わっていました。

このようなことから2回目に転職した眼科クリニックでは、足元をみられ、求人票に掲載されていた基本給を「看護師経験が少ないから」という理由で1万円減給されていました。

それも、入職後の初給料をもらった際に院長婦人から初めていわれたので、納得いかなくても承諾するしかありません。

このように「自分は使えない、ダメな看護師だ」と卑下すればするほど、満足いく転職からは程遠くなってしまいます。転職のゴールは「満足いく働き方を手に入れること」です。このことを忘れてはいけません。

幸いにも看護業界は人手不足で、転職条件を緩めれば、どこかの医療機関には必ず就職できます。看護経験がないことをあまりに卑下しすぎていると、私のように納得のいかない働き方を手に入れることになってしまいます。

ただひとつ言えることがあります。

あなたが20代のころに培ってきた社会人経験は、看護師の転職活動中には役に立ちません。しかし、社会人経験は看護師になってから役立ちます。

看護師しか経験したことのない看護師とは違い、視野を広くもって患者さんと接することができます。育児や介護を通して同じような境遇の人に共感できます。あなたは何もできない使えない看護師ではありません。

ただ看護経験と看護知識が少ないだけだという事実を知りましょう。

・看護経験がないことはマイナスではない

看護師として働くには、看護経験があるに越したことはありません。しかし実際のところ、新しく転職した際に、それほど看護経験は必要ありません。それぞれの医療機関において、物品の位置が違えば、一日の看護の流れも異なり、看護ケアの方法も異なるからです。

他の医療機関からきたベテラン看護師であると、前の病院で身につけたクセなどが抜け切れず、使いにくいとされる場合があります。またどうしても、前の病院といまの病院を比較してしまい、職場のアラを探しやすくなっています。

その点、30代・40代という働き盛りで、しかもまっさらの状態、あまり変なクセなどが身についていない人となると、伸びしろが期待できます。記憶力も良く、行動できる力も備えています。将来的には、管理職として成長できる可能性も十分に秘めています。

私は新卒からいまの職場に転職するまで、採血や点滴を行う機会があまりありませんでした。看護師としては致命的なように思われますが、まったくそのようなことはありませんでした。

教えるのが大好きな年配の先輩看護師が何度も教えてくれました。その人は教えることを生きがいとしているような人で、ひとつも嫌な顔せずに「なんでも聞いてほしい」といわれました。

その人は、私のことを「知ったかぶりしないで質問するから、伸ばしがいがある」といつも褒めてくれました。そのため看護経験がないとしても職場の人たちからすると、自分を脅かす存在ではなくて、育てていける人材だといえ、それほどマイナスなことではないのです。

このように30代・40代の新人看護師でも、自分に合った職場で働くことができれば、自分ではマイナスだったと思っていたことが、実はプラスであったのだと考えることができます。

新人扱いされることに抵抗がある

転職するたびに、あなたは新人看護師として扱われます。

そして、それはベテラン看護師であっても同じです。いくら看護師の経験を積んできたとしても、転職すれば新人に戻ります。このことに抵抗があり、満足できない職場の現状に悩んでいるけれど、なかなか転職に踏み切れない人がいるのです。

例えば私の勤める職場では、50代や60代の看護師を採用しています。私とは歳が20歳くらい離れています。そして、はるかに私のほうが看護経験は少ないのですが、私のほうがいまの職場に早く入職しているため、50代や60代のベテラン看護師でも敬語で話しかけてくれます。

このようにベテラン看護師で新人扱いになることに対しては、内心、大きな抵抗があるかも知れません。しかし、新人扱いされるのは次の新人が入る1~2年程度です。

それまでにあなたの頑張りや仕事ぶりを認めてもらえば、新人扱いされることから脱却できます。

また新人扱いされていることを逆手に取れば、分からないことがあったときに尋ねやすい時期と捉えることができます。尋ねやすいときに、さまざまなことを聞いておかなければ、いざ新人に教える立場になったときに、困るのはあなたです。

できるだけ新人扱いしてもらえるうちに、いろいろなことを尋ねておいて損はありません。今のうちだと思って、さまざまな知識や技術を先輩たちから吸収してしまいましょう。

平均年齢の低い職場でも仕方ないと思っている

私の場合30代の看護大学生であったため、「どこの職場にも自分より年齢の低い看護師がいるのは当たり前」と多くの実習指導者や先生から言われてきました。

私はそのことを刷り込まれいて、新卒のとき、自分と大学で同期だった22歳や23歳が入職するような大規模の医療機関に入職しました。看護師の平均年齢は33歳でした。平均年齢の低い職場でも仕方ないと思っていました。

私は30代後半での新卒入職でしたので、職場での同期はほとんどが22歳や23歳でした。プリセプターは25歳や26歳です。この病院ではどの科でも、看護師が20人いれば、20代が10人程度、30代前半が6人程度、残りは30代後半・40代・50代といった年齢層でした。

休憩中の会話は若い人が中心となり、内容はアイドルのコンサートの話や写真映えするお店の話が多かったです。私はどちらもあまり興味をもてませんでした。

仕事で分からないことがあって、初めて聞くとしても「あれ、さっき言わなかったっけ?」などと若い人たちからいわれると、次に何か疑問があっても聞きづらくなります。

一方、いま勤めている職場に転職したとき、私は一番年下でした。看護師長・看護副師長は60代半ば、私と最も歳が近い人でも4つ上の40代でした。私が入職したときの平均年齢は50歳程度でした。

正直に言えば、30代・40代新人看護師にとって平均年齢が高いと本当に働きやすい職場環境といえます。

このような環境では新人扱いされても抵抗がありません。何か分からないことが出てきても尋ねやすいですし、プライベートでの悩みも分かり合え、仕事上で助け合うことができました。

中には「自分の娘よりも毎日のように顔を合わせていて、本当にかわいい」といってくれる60代半ばの先輩もいました。また、私の社会人経験を尊敬してくれ、その分野では頼られることが多々あります。

さらに、看護師長や看護副師長は、私に様々な看護技術や知識を教えてくれた1年後に定年退職となり、さらに3年経てば、新人だった私にもそれらの役職が回ってきました。

大規模な医療機関であると役職に就くには試験などを受けたり、看護経験年数が必要だったりします。しかし、規模の小さい医療機関で平均年齢が高いと、思いもかけず役職に就くことができます。

重要な仕事を任されるようになれば、責任は重くなりますが、仕事へのやりがいが増し、自分の自信にもつながります。

30代・40代の新人看護師であれば、やはり平均年齢の低い職場より、平均年齢の高い職場のほうが働きやすく、長く勤めやすい環境にあるといえます。

「どこの医療機関へいっても自分より年齢の低い看護師が多い」ということはありません。そのことを当たり前だと思って、あきらめる必要は全くないのです。

「いますぐどこかに転職しなければならない」と焦っている

転職に焦りは禁物です。「転職を早く決めなければ」と焦っていると、「満足いく働き方を手に入れる」のではなく、「採用されること」だけが目的となり、周囲が見えなくなります。そのため、転職に必要な情報の入手が難しくなります。

必要な情報を入手しないと、入職後になって「このようなはずではなかった」と後悔が増えてしまいます。

転職すると決めたのであれば、すぐに行動を起こすことは大切です。しかし、「すぐにどこかに転職しなければならない」と考える必要はありません。そうなると、失敗する可能性が高くなってしまいます。

転職に必要な期間としては、3ケ月を目安に考えるとよいでしょう。3ケ月あれば、最初の1ケ月で転職に必要な情報収集を徹底的に行い、次の1ケ月で履歴書の提出や面接対策を行い、最後の1ケ月で現在の職場の退職手続きや引き継ぎを行えばいいのです。

それまでは現職がいくら辛くても、「3ケ月の辛抱」と考え働き続けるか、一旦現職は退職して期間限定の派遣看護師などを行ないながら転職の視野を広げていくか、など様々な方法があります。

「必要な転職情報は何か」を把握していない

必要な転職情報とは何でしょうか。それは基本給やボーナス、土日休みといったことのほかに、人間関係や昇給率、退職理由などです。

これらの情報を集めるために、あなたは何を利用するでしょうか。一番に思いつくのはその病院のサイトやハローワークです。私自身、ハローワークを利用して、転職に失敗しました。

もちろん、希望する病院のサイトを必ずチェックは必須です。しかしこちらには、その病院にとって都合の良いことしか掲載されていません。そのことを念頭に置いておく必要があります。看護師や看護師長、院長の写真の笑顔に騙されてはいけません。

さらに、ハローワークに至っては質の悪い求人が多いです。雇用側(医療機関や施設など)は無料で利用できるので、多くの医療機関がハローワークを使います。なかには良い求人もありますが、いつまでも掲載されたままになっている求人は要注意の求人となります。

このような求人は、「無料で募集をかけなければならないくらい経済的に困っている」のか、「看護師は使い捨てで問題はないと考えている」のか、「財布のひもが固い医療機関である」のか、いずれかであることが多いです。

以前私が勤めていた眼科は、他の求人よりも給与などが高く、条件がいいにもかかわらず、ハローワークの求人情報に年中掲載されています。それほど、看護師の間では有名な劣悪な職場環境でした。

このような要注意求人は数ケ月、ハローワークの看護師求人を見続けていると分かってきます。

しかし、そのことを知らなかった転職初心者の私は、ハローワークの職員にすぐにこの眼科を勧められ、すぐに入職しました。結果として6ケ月でいじめにあい、悩み抜いた末に退職しました。

その後、そこの眼科を勧めたハローワークの職員に退職したことを伝えにいったところ、ハローワークの職員は退職理由を聞かずに「ずっと求人が出ているからおかしいと思った」と言っただけでした。

私の条件は、「ずっと求人が出ているような危険な求人は避けて、経験の積める職場で働きたい」ということでした。しかしハローワークの職員が紹介した眼科は「経験の積める職場」にしか焦点が当たっていませんでした。

そこでは、ほぼ毎日夜10時くらいまでサービス残業がありました。新人いじめも横行していました。確かに、いろいろな辛い経験は積めました。

しかし、私の求める経験とはそのような苦しいものではありません。やりがいをもって仕事に臨め、看護師としても社会人としてもレベルアップしていくという経験です。

そのような当たり前のことを把握せずにハローワークの職員が求人紹介するのは、実際には「サービス残業やいじめなどの内部情報について全く知らない」からです。

就職は他人事といった感じで、ハローワーク職員は、一般人レベルの転職情報しか持ち合わせていませんでした。

転職前に、働きやすい職場か、自分に合っている職場かどうかは絶対に把握すべきです。そこで、あなたに集めていただきたい具体的な転職情報とは、次のような事項になります。

  • 看護師の平均年齢
  • 看護師の退職理由
  • 残業など時間外勤務の有無
  • 昇給率
  • 院長や看護師長の人柄 など

上記のような情報を知らない状態での転職は、危険極まりない行為といえます。しかし、多くの看護師がこのような情報を知らないまま、いちかばちかの賭け事のように転職しようとしています。これでは転職に失敗するのは当たり前です。

では、どのようにして上記のような転職情報を集めればよいのでしょうか。

「基本給を下げられた」、「サービス残業が多くて辛い」、「院長や看護師の人格に問題がある」などの情報は、なかなか外部には漏れてきません。そのため、入手しづらいのが本当のところです。ただ、私は以前眼科を退職したときに、本音でこの職場の愚痴をある人物に語りました。

それは親しくなった転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)です。コンサルタントにいくら愚痴をいっても、他の医療機関に「〇〇(私)が情報を漏らした」と流れることはありません。そのようなことをコンサルタントがしたら自社の信用問題に関わるからです。

ただ、「この医療機関は上司との間に人間関係のトラブルを抱えることが多く、評判が良くない」などのことをコンサルタントが「入職希望のほかの看護師」に伝えるだけです。

あなたが転職時に上記のような情報を入手したいのであれば、転職サイトのコンサルタントを利用するほど効率の良い方法はないのです。

転職サイトを利用すると、「電話がかかってきて面倒くさそう」「コンサルタントの相性次第ではないのか」「だまされる心配がある」などデメリットを挙げる人がいます。

しかし「転職に必要な様々な情報を提供してもらい、満足いく転職を手に入れた。今回の転職で最後だ」と考えると、本当にデメリットといえるのでしょうか。

相性の問題やだまされる心配があるのであれば、「複数の転職サイトに登録し、どこの転職サイトの対応が良いか」を比較すればいいのです。そして、相性が悪いところは断ってしまえばいいのです。しつこい電話であれば、「かけてこないでほしい」と伝えるだけです。

私の場合、いままで間違った考え方で転職を行っていたため、2度も転職に失敗し、看護師としての自信を失いかけていました。そのようなときに、先ほどの転職サイトのコンサルタントが30代後半の新人看護師である私にぴったりの非公開求人を紹介してくれました。

非公開求人とは「一般的には閲覧できない求人」を指し、一部の転職コンサルタントがその案件を保有しています。給与や待遇などの条件が良く、人気があるため、非公開にしていることが多いです。

コンサルタントは、私に勧めた求人の職場状況や院長の人柄、管理職候補を求めていることなどを詳細に教えてくれました。そして採用されました。

いまの職場は忙しく休む暇がありませんが、看護経験の少ない私には経験を積める格好の職場です。人間関係もよく、やる気があればいくらでも認めて給与などに反映してくれます。

平均年齢も高く、ほとんどの看護師が定年退職まで勤められる環境の良い職場です。満足度が高く、働きにいくことを苦と思ったことはありません。

あなたにあった求人は必ずある

30代・40代新人看護師でもあなたに合った求人は必ず存在します。私自身、転職に関して色々な葛藤はあったものの、行動に移してよかったと思っています。

以前勤めていたそれぞれの病院の同僚と話す機会があったのですが、どちらも「あなたが退職したあと、もっとすごい地獄がやってきたのよ」と教えてくれました。以前の職場では、人間関係や給与をめぐるトラブルがエスカレートしていき、親しくしていた同僚たちも結局退職していました。

合わない職場で我慢して働いていても、現状が改善されることはほとんどありません。むしろ劣悪になっていきます。そのようなトラブルに巻き込まれないためにも、自分の職場環境を変えるほうが手っ取り早いといえます。

転職に関する考え方を変えて、自分らしく働ける職場で充実した人生を手に入れることがなによりも大切です。我慢や妥協は美徳ではありません。まずはあなたに合った求人を見つけるために動き始めましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く