病棟で毎日ハードな勤務をしている看護師なら、夜勤や残業も少なく高給与・好待遇、しかも自分自身も美しくなれる印象のある美容外科・美容皮膚科などの美容クリニックの仕事に一度は憧れるのではないでしょうか。

しかし、いざ美容クリニックに転職となると、「容姿に自信がない私でも美容クリニックに転職できるの?」「美容の知識も経験もないけれど、美容皮膚科の看護師が勤まる?」「美容クリニックの情報は少ないから転職するには勇気が必要」など、不安や心配になります。

知らない業界に転職するのは、大変な勇気を必要とします。ただ美容外科・美容皮膚科といった美容クリニックへの転職は、あなたが思っているよりも敷居が低く、満足いく働き方を実現できる方が多いです。

そこで今回は「美容外科・美容皮膚科の看護師に求められる能力」「美容外科看護師の仕事内容」「美容外科に転職するメリット・デメリット」「美容クリニックへの転職成功ポイント」などについて解説していきたいと思います。

美容外科・美容皮膚科での看護師に求められる能力

美容クリニックへの転職となると、「病棟やクリニックでの臨床経験しかなく、美容の知識や技術に乏しい」などと気にする人が多いです。しかし美容クリニックに転職を成功させた看護師の多くは、美容業界未経験で問題ありませんでした。

美容クリニック看護師に求められる一番の能力は接遇力(相手に好印象を与える接客スキル)です。美容外科の場合、来院された方を「患者様」ではなく「お客様」として対応します。例えば、以下は東京にある美容外科クリニックの求人の詳細です。

「話を親身になって聞ける方」「人の役に立つ仕事がしたい方」「コミュニケーションスキルがある方」というように、知識や技術ではなく、人柄に重きを置いていることが分かります。

また東京都内を中心とした美容皮膚科クリニックのホームページでも採用する人物として、以下のような掲載があります。

引用:アリシアクリニック

仕事ができることよりも、まずは挨拶や清潔感を重視していることがこの一文で分かります。

看護師の態度や接遇が悪く、商品や施術を強引に勧められたと感じたお客様はその美容外科にリピートすることはありません。反対に、看護師の対応が良ければ、「また何かあれば相談したい」と感じて、その美容外科の評判が上がり、お客様が増えます。

そのため、どの美容外科や美容皮膚科でも採用のときに重視しているのが人柄であり、接遇力なのです。

丁寧な接遇を心がけて、お客様の話を自分のことのように耳を傾け、医療従事者としての信頼を得ることで、以下のようなカウンセリングシートや会話の中からお客様の要望を引き出していきます。

一般の病院やクリニックよりも美容外科・美容皮膚科クリニックのほうが、「面接において接客対応能力の有無が採用可否を左右する」といっても過言ではありません。

しかし、「私には接遇力・接客対応能力はない」としても不安に思う必要はありません。これらの能力は美容外科・美容皮膚科で仕事を始めてから身についていくものだからです。

ただ、これらの能力に「伸びしろがあると感じさせられる人」でないと採用は難しいでしょう。伸びしろを感じさせられる人物とは、第一印象が良く、明るく、美容に興味があり、積極的に仕事ができる人です。

もしあなたがこれらに当てはまるのであれば、美容外科への転職は成功しやすくなります。

美容外科・美容皮膚科など美容クリニックで行う看護師の仕事内容は、一般病棟と比較するとどうなのでしょうか。美容外科の看護師には以下のような仕事があります。

  • 受付や電話対応
  • 美容カウンセリング
  • 採血・点滴の管理
  • 手術の準備・介助
  • レーザー脱毛
  • 診療の介助
  • 医療器具の洗浄・滅菌
  • 医薬品・医療品の在庫管理・発注 など

それぞれについて述べていきます。

・受付や電話対応

美容クリニックや美容皮膚科によっては、受付のスタッフが行う受付業務や電話対応を看護師が行うことがあります。電話内容としては、お客様からの予約や施術内容の問い合わせだけでなく、美容の悩みや施術に関する質問などです。

来院される方にとっては、電話応対が美容クリニックとの最初の接点となることもあるため、失礼のない受付や電話対応の接客スキルが求められます。

・美容カウンセリング

美容外科クリニックによって異なるのですが、看護師が美容カウンセリングを行う場合と、カウンセリング専門のスタッフ(美容カウンセラー)が行う場合があります。

美容クリニックにおけるカウンセリングとは、一般診療の「問診」にあたります。来院された方の容姿に関する悩みや希望する施術、手術に対する不安点などを聞き取り、説明を行う業務になります。

カウンセラーには、お客様が抱いている不安をくみ取り、満足いく施術結果になるよう医師とお客様のスムーズな橋渡しの役目が求められています。やはり施術に携わる看護師が直接カウンセリングをするほうが、医療現場に立った詳しい説明や術後説明を行うことができます。

病棟での看護業務と違い、カウンセリング業務は美容外科・美容皮膚科の看護師の主要な仕事となります。専門のカウンセラーに任せるのではなく、看護師がカウンセリングをしたほうが患者さんの施術に対する不安を把握することができます。また、施術中にそばで声かけを行うことでリラックスしてもらうことができます。

・採血・点滴の管理

美容外科では豊胸や二重まぶた、わきが手術、フェイスリフトなどのメスを使った手術があります。そのため、施術する内容によってはオペ前に点滴や採血を行い、使用する薬剤や実施する施術を決めることがあります。

手術の準備・介助

オペの準備から介助まで、一連の流れに看護師が携わります。

そのため美容外科の募集要項には、看護師経験として「外科」や「オペ室勤務」であると優遇されることがあります。例えば、以下のような求人です。こちらは東京の個人美容外科クリニックの看護師求人になります。

美容業界は未経験OKとなっていますが、外科やオペ室での経験者を求めていることが分かります。

美容皮膚科であれば医療脱毛照射が主な看護師の仕事ですが、美容外科クリニックの看護師では、様々なオペの介助は避けては通れない仕事となります。

一方で、外科や手術室での介助経験を問わないとする美容クリニックもあります。例えば、以下のような求人です。こちらは東京にある美容皮膚科です。

このような場合は、事前に指導してくれるので、経験がないことを必要以上に気にする必要はありません。美容外科よりも美容皮膚科のほうが未経験者可とする求人が比較的多いです。

・レーザー脱毛照射・ピーリング施術など

各美容クリニックによっては、ヒアルロン酸注射やプラセンタ、ボトックス、美肌成分の点滴など独自の美容施術を行うことがあります。これらの美容クリニックの施術はどれも医師の指導のもとで、看護師がレーザー脱毛照射やピーリング施術などを行います

例えば、以下の求人をみてください。こちらは静岡県にある美容外科クリニックの看護師の仕事内容です。

オペ介助だけでなく、レーザー照射やフェイシャル施術などは看護師の仕事内容となっています。看護学校で勉強してきたことや病棟で経験してきたこと以外にも、特殊な美容クリニックの施術技術や知識の習得が必要になります。

・診療の介助

診察の介助は一般的なクリニックでも看護師が行います。医師が事前のカウンセリング内容を確認し、診察をするのです。

ただ、美容外科・美容皮膚科などの美容クリニックの場合、二重まぶたの手術ひとつにせよ、20代の若いお客様の要望は、歳を重ねた男性医師では100%理解できないときがあります。

このような場合、お客様と年齢の近い看護師が間に入って、橋渡しをする役目を担うことがあります。この点が一般のクリニックの診察の介助とは異なる点だといえます。

・医療器具の洗浄・滅菌

施術で使用した後の医療器具の滅菌・消毒は看護師が行います。清潔・不潔をしっかり見極め、器具を丁寧に扱い院内感染などが起こらないよう細心の注意を払い、滅菌・消毒を行うことが大切です。

・医薬品・医療品の在庫管理・発注

また、医薬品や医療品の在庫の管理・発注も看護師の仕事内容のひとつです。中には海外から取り寄せている医療品・化粧品などがあり、もし在庫を切らしていると商品が到着するまでに時間がかかり、お客様に迷惑をかけてしまうことがあるので注意しましょう。

高収入を得ることができ、夜勤がないのはメリット

美容クリニックに転職するメリット・デメリットとはいったい何でしょうか。

美容外科に転職する最大のメリットは、なんといっても高給与・好待遇である点です。病棟勤務と比較すると、美容クリニックは「夜勤がなく、残業も少なく、有給消化率も高い」といったメリットがあるため、身体面・精神面のストレスが軽減されます。

さらに、残業がなく日勤だけの勤務にも関わらず、夜勤のある病棟勤務よりも収入が増えたとする看護師が多いです。

給与額は美容クリニックや看護師としての経験やスキルによって異なりますが、ベースとなる基本給が一般診療クリニックと比べると格段に高い傾向にあります。

具体的な給与額は、月給で最低でも25万円からスタートというクリニックが多いです。中には以下のような、40万円に近い給料を得られる求人があります。こちらは静岡県にある美容外科クリニックです。

また高収入であるにも関わらず、年間休日数が110日あります。

ちなみに美容外科・美容皮膚科などは保険適用外の自由診療であることが多いので、その月に美容クリニックが売り上げた分(業績給)が基本給に加算されることもあります。

例えば、求人に以下のような内容が掲載されているところを選ぶと良いです。こちらは東京にある大手美容クリニックの求人の一部です。

さらに、美容クリニックによっては、看護師にノルマを設定しているところがあります。ノルマがあると一見大変そうだと思われがちですが、新しい指名や契約が取れるごとにインセンティブ(臨時ボーナスや報奨金)が貰えるため、さらに高収入になる可能性が出てきます。

自分がどのくらい働いたかにより、収入アップの可能性がでてくるのが美容クリニックです。自分が仕事を頑張った分だけ認められるため、やりがいの得られる職場であるといえます。

また美容外科・美容皮膚科は、高給料以外にも好待遇でもあります。美容外科での施術は日帰り手術で入院がないため、夜勤は当然ありません。

また完全予約制の美容クリニックが多く、以下のように残業も少ないところが多いです。こちらは東京にある美容皮膚科クリニックの求人になります。

時間通りに帰れるため、仕事と家庭の両立が行いやすく、自分の自由な時間を確保できるため規則正しい生活を送れます。

さらに、美容外科・美容皮膚科は上の求人にもあるように有給休暇取得率が高いことでも知られています。多くの美容クリニックは有給休暇取得率が80%以上だとされています。

一方、一般病院や内科などのクリニックに勤める約半数の看護師は平均有給休暇取得率が20%以下です。それに比べると、美容クリニックは有給休暇取得率が高いことが分かります。

このように美容外科や美容皮膚科などの美容クリニックは働きやすい職場環境が整えられているといえるのです。

美容外科は年齢の近いスタッフが多いのもメリット

美容外科に転職するメリットは高給与・好待遇のほかにも、以下が挙げられます。

  • 同年代の看護師が多い
  • 死と隣り合わせの職場ではない
  • 新しい美容法を自分が受けて実体験として学べる など

それぞれについて述べていきます。

・同年代の看護師が多い

20~60歳代まで幅広い年代が働いている一般の病院やクリニックとは違い、美容クリニックや美容皮膚科は平均年齢が20~30代前半です。例えば、こちらは東京にある美容クリニックでの看護師求人の応募条件です。

応募条件として、20~35歳くらいまでとなっています。幅広い年代が同じ職場にいるとどうしてもお互いに遠慮してしまい、コミュニケーションをとりにくいといった問題が発生します。また、お局(おつぼね)によるいじめなども多々起こります。

その点、美容外科は同年代の看護師が多く在籍しているため、スタッフ同士でのコミュニケーションをとりやすく、活気のある雰囲気の中で仕事を行える職場が多いのが特徴的です。

・死と隣り合わせの職場ではない

一般病棟で勤務していると、急変を起こすなど、緊急性の高い患者さんの看護が多くなります。常に死と隣り合わせの職場では、常時集中力を切らさず、緊張感を持って仕事をしなければなりません。

病棟での仕事が終わると、肉体的にも精神的にも疲れが押し寄せて何もする気が起きないことはよくあります。

一方、美容クリニックは、お客様は病気で来院するわけではなく、「美しくなるため」に来ているため、緊急性の高い方の看護を行うことはほとんどありません。そのため、来院された方の悩みにゆっくり向き合い、看護を行えるといったメリットがあります。

・新しい美容法を自分が受けて実体験として学べる

美容クリニックや美容皮膚科で働くということは、実際に現場で仕事に携わりながら、常に最新の美容法や治療法を習得できるといった面があります。

「美のエキスパート」として美容に関する知識と技術を身に付けられるため、自分自身も美しく変わっていく看護師が多いです。

勤め先の美容クリニックによっては、お客様に行っている高価な施術を自分が無料で体験できたり、社割(社員割引)で格安で受けられたりするところがあります

あなた自身が最新の施術を受けて、効果を実際に体験できるのです。このことは自分磨きになるだけでなく、お客様にも自信をもって施術を勧められるといった長所があります。

美容クリニックのノルマを負担に感じるとデメリット

では次に、美容クリニックに転職するデメリットについて、お伝えしていきます。美容外科で勤めるデメリットとは以下のとおりです。

  • 看護師のスキルが身につかない
  • ノルマ営業を課しているクリニックがある
  • 土日の休みが取りづらい など

それぞれについて説明していきます。

・看護師のスキルが身につかない

点滴や採血はあるものの、病棟ほど頻繁に行わないため、看護師としてのスキルが身につかないといったデメリットを挙げることができます。美容クリニックで勤務していると、一般病院では当たり前の看護スキルが定着しない恐れがあります。

「将来的には医療関係の看護師に戻りたい」と考えている方であると、美容外科での看護経験はプラスに働かないことがあります。一般病院の中には、「美容外科から転職してきた」となると、美容外科でのキャリアを考慮してくれないところがあるからです。

しかし、それは本人のやる気次第です。

潜在ナース(看護師免許はあるものの働いていない看護職員)とは異なり、美容クリニックであっても看護師として勤務していることには変わりありません。

また「特殊な看護を行うため、看護スキルが身につかない」というのは、耳鼻科や眼科、保健師などでも同様です。高齢者介護施設や精神科などは採血などの医療行為自体が無いので、こちらも同じことがいえます。

そのため再び転職して一般病棟へ戻ったとしても、勉強しつつ早めに勘を取り戻して医療を扱う看護師に戻れる方も多くいます。要は「自分のやる気次第だ」といえるのです。

・ノルマ営業を課しているクリニックがある

先ほど挙げた通り、美容クリニックによっては看護師一人一人にノルマが設定されているところがあります。

来院した方のカウンセリングから契約締結まで看護師が行うことも多く、契約がとれると先ほどお話ししたインセンティブが支給されます。

しかし契約がとれないと、インセンティブが発生しないばかりか、徐々にそのクリニックに居づらくなるといったケースも起こります

もし、あなたが美容クリニックには興味はあるけれど、契約をとることに自信がないようでしたら、ノルマの設定がない美容クリニックへの転職を考慮してみると良いでしょう。例えば、以下のような中途採用求人です。こちらは広島にある美容皮膚科クリニックになります。

求人情報にノルマの有無が掲載されていない場合は、メールや電話で直接問い合わせるか、転職サイトのコンサルタントに確認してもらうと良いでしょう。

・土日の休みがとりづらい 

美容クリニックは、働く女性をターゲットにしているところが多いため、大手となると年中無休で土日も開院しています。

土日は予約が埋まり、むしろ一番忙しい曜日ともいえます。平日だと公休を取得しやすいのですが、土日は勤務にできるだけ出てほしいと考えるクリニックもあります。もしお子さんがいると、土日に休みを取りづらいため、働きにくさを感じてしまうこともあるかもしれません。

美容クリニックの転職で成功するポイント

美容クリニックは、一般病院にはありえない高給与や好待遇といった面から、いくつかデメリットはあるものの、やはり人気のある中途採用求人です。そのため一般の病院やクリニックよりも採用へのハードルが高いのも事実です。

そこで、美容クリニックに転職する際の成功のポイントについてお伝えします。

清潔感をもつ

美容クリニックや美容皮膚科の面接では、一般的な医療機関に比べて、清潔感や面接時の服装、身だしなみ、言葉遣いなどが厳しいとされています。美容系といっても、面接に派手なネイルやメイクは喜ばれません。

常識ある態度をもち、髪はまとめ、服装や身だしなみに気を配り、立ち振る舞いなどの動作がしっかり行えることが大切です。

美容外科は「美人しか採用されない」といった噂がありますが、決してそんなことはありません。

しかし美容クリニックに入職を希望するのであれば、「雰囲気が美人である」ことは大切です。外見的に美人というわけではないけれど、なぜか美人にみえる人が周りにいると思います。そういった人を良く観察してみてください。

清潔で、立ち振る舞いがきれいなはずです。雰囲気美人の方を良く観察して真似てみましょう。

美容に関して興味を持つ

もちろん、美容クリニックに入職を希望するのであれば、美容に対して興味を持つことが大切です。以下は大手の美容外科クリニックの看護師求人の応募内容の一部です。

引用:湘南美容外科 中途採用HP

美容外科も美容皮膚科もどちらも美容が好きな人物を求めています。「好きこそものの上手なれ」という言葉がある通り、美容が好きであれば、入職後どのような壁が立ちはだかっても乗り越えられる力を秘めている人だといえます。

美容クリニックでは、看護学校で習ってきたことや一般医療機関の臨床経験とは異なるケースが多いので、美容に対して真摯な気持ちをもって一から学びなおす姿勢が大切です。

美しさを追求するために来院された女性の不安を取り除いていけるように、美容に関する意識をしっかりもって臨みましょう。

多くの美容外科求人情報をもっている

美容クリニック・美容皮膚科への転職成功のカギは情報量です。美容外科への転職を考えているのであれば、転職サイトを経由して就職するのが一般的になっています。

そこで転職エージェントに求人先の情報(ノルマの有無や離職率から、面接での受け答え方法まで)を教えてもらい、転職に活かすのです。

美容クリニックの面接は他の医療機関に比べて面接が厳しいうえに、選考ポイントや採用時の基準が勤務地や希望先の各美容クリニックによって異なるからです。

例えば、面接時の化粧ひとつにしても、しっかりとしたメイクを好むクリニックもあれば、薄い化粧を好むクリニックもあり、そのクリニックの特色が全く違います。

美容クリニックの情報も一般の医療機関よりも少ないため、入職できたとしても、情報不足で思っていた職場とは違っていたということが多々あります。

美容外科の場合は特に専門の転職サイトを上手く利用して、自分の希望に合ったクリニックを選ぶことが重要です。情報は得れば得るほど、満足する転職へと近づくことができます

転職サイトを活用して求人を探す

そこで、次に口コミで評判の転職サイトを紹介します。自分一人だけの力で美容外科求人を探すのは容易ではなく、現実的とはいえません。ハローワークに美容外科求人はほとんど出回りません。また直接応募となると、ノルマの有無やインセンティブなどお金のことについては聞きづらく、うやむやになってしまうのが当たり前です。

そこで、必ず転職サイト(転職エージェント)を活用するようにしましょう。このとき、美容クリニックの求人を取り扱っている転職サイトを活用するといいです。

美容外科求人ガイド

応募対象 40歳以下の看護師・准看護師
対応地域 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、中部(愛知)、関西(大阪)
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

「美容クリニック・美容皮膚科でどうしても働きたい」と思う気持ちが強いのであれば、美容外科専門の転職サイトに頼るのが一番確実な方法です。

「美容外科求人ガイド」という転職サイトは、看護師の美容クリニックの転職支援を専門に行っています。「転職サイトを利用しても大丈夫?」と気になる方もいると思いますが、この転職エージェントを利用した方の内定率は85%となっています。

美容外科求人ガイドは美容クリニック業界専門の紹介会社で、美容業界に精通しており、あなたが希望する美容クリニックの選考基準や重視するポイントに合わせた対策を行ってくれます。

さらに、クリニックの運営サポート(コンサルティング)業務も行っているため、美容クリニックや美容皮膚科の業界のことに関しても詳しい情報を教えてくれます。

美容クリニックや美容皮膚科に興味があり、転職してみたいと思った方は「美容外科求人ガイド」に登録して、実際にコンサルタントから話を聞いてみるとよいでしょう。あなたが「無理だ」と思って諦めていたあの人気の美容クリニックも専門のコンサルタントに相談してみると新たな道が開けます。

マイナビ看護師

マイナビ看護師は、美容外科求人ガイドのように美容外科や美容皮膚科など美容クリニックに特化した転職サイトではなく、幅広い分野の看護師転職サービスを展開しています。ただ、他の転職サイトを比べると、美容外科や美容皮膚科求人の取扱件数が多いです。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

美容クリニックの転職を失敗しないためには、複数の転職サイト(転職エージェント)に登録しておくとさらによいです。他の転職サイトが扱っていない希少価値の高い求人案件をもっていることがあるからです。

転職サイトにはその転職サイト独自の情報ルートがあります。そのため、全く異なる情報を教えてもらえる可能性が高くなります。転職が成功するか失敗するかは、あなたが入手した情報量に大きく左右されます。

特に美容クリニックは厳しいノルマを課すところがあり、長く続けられるかどうかは相性が大きく関係してきます。クリニックの内情を事前に知ることができれば、入職後の失敗が少なくなるので、情報はできるだけ多く集めるに越したことはありません。

その点マイナビ看護師は、看護師だけでなく医師や薬剤師など他の医療職種の転職サービスも展開しているため、もっている強みとして「医療機関とのつながりが多い」ことが挙げられます。もし、あなたの条件にピッタリの求人がなくても、思い当たる美容クリニックがあれば、直接コンタクトを取ってくれることがあります。

美容外科求人ガイドとマイナビ看護師の両方に登録し、あなたの希望条件に合った美容外科・美容皮膚科クリニックに出会えるよう、選択肢を増やしておくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く