「夜勤は体力的に辛い」「子どもがいるから、夜勤は難しい」といった看護師の中には、「常勤で日勤のみ」といった働き方を選択する人がいます。

通常、看護業務といえば、「日勤・準夜勤・深夜勤の三交替」か「日勤・夜勤の二交替」のどちらかが当たり前のように思われています。しかし実際には、常勤で「日勤のみ、夜勤なし」での様々な看護師求人が存在します。

これらの求人は基本的に「入院を行っていない医療機関」となります。このような医療機関は夜勤が無い分、給与が下がってしまう傾向が高いのですが、求人によっては「常勤で夜勤あり」と同等か、それ以上の給与が支払われる場合もあります。

そこで今回は、「常勤で、しかも日勤のみの職場に転職するための秘訣」についてお話していきたいと思います。満足いく働き方をするための参考にしてください。

常勤で、日勤のみの職場とは

「常勤扱いだけれど、夜勤がなく日勤だけ」の看護師の職場とは、一体どのようなところがあるのでしょうか。ひとつずつ、述べていきます。

入院施設の無いクリニック

入院施設が無いクリニックの場合、基本的に「日勤のみ」の仕事となります。内科や小児科、外科、整形外科、皮膚科、透析科などが多く、主に身近な病気の治療や慢性的な疾患の管理を行います。

規模が大きいクリニックでも常勤する医師は3名程度で、多くのクリニックでは医師1人で経営しています。入院設備を備えているクリニックは少なく、「重篤な患者」と判断した場合は、総合病院などに搬送することが多く、救急対応をすることはほとんどありません。

クリニックで働く看護師の仕事内容は、外来診療の補助が主な業務です。診察を受ける前の問診やバイタル測定、検査説明や採血・注射・点滴などの対応を行います。

クリニックによっては、レントゲン画像の現像、医療器具の洗浄、備品の発注などの大学病院などでは看護師が行わない仕事も多くあります。さらに、院内の清掃を業者に依頼しない場合は掃除を看護師に任せたり、受付事務担当がいなければ看護師が電話対応やカルテ整理などの事務作業まで行ったりすることもあります。

このようにクリニックでは、看護業務以外の仕事も多く担う必要があります。「看護師として雇われているのに、看護業務以外の仕事が多いなんて大変」と思う方もいると思います。

しかし、仕事のやりがいとしては、「医師との信頼関係を築き、患者さんに安心した医療を提供できること」「身近な疾患と向き合った看護が行えること」「地域の人に親しまれる看護師になれること」「長い年月を通して患者さんとの人間関係を築いていけること」などが挙げられます。

これはクリニックに勤める看護師が味わえる看護の醍醐味ともいえるでしょう。

町のかかりつけ医であるクリニックは、規模も様々です。中には、ある分野に特化した世界的権威のある医師が開業したクリニックもあり、大学病院と同等の医療設備が配置されている場合もあります。

もしクリニックに勤めながら、最新の技術や知識に触れたいという方がいれば、このようなクリニックを探してみるのもよいでしょう。

介護施設

介護施設は、一般的に高齢者の生活の場だと考えられてます。入居さんが快適に自分らしく生活できる場を提供しています。

現在、「日本に存在する介護福祉施設の半数で看護師が不足している」という高齢化社会であるため、介護施設の看護師求人は途切れることがありません。

求人数も多いため、他の日勤で行なえる仕事と比較すると、やや給与は低い傾向にあります。平均年収は350万円前後だとされています。病棟で働く看護師と比較すると、50万円くらい平均年収が低い傾向にあります。夜勤手当がつかない分だと考えると良いでしょう。

介護施設は病院勤務と比較すると医療処置を行う機会はあまりありません。そのため「看護技術が身に付かない」と考える人も多いでしょう。

しかし、介護施設ではターミナルケアや認知症看護などの経験を積むことができます。また入居者さんと長期間関わるため、各入居者さんに合った看護を提供できるといったやりがいもあります。

さらに、介護施設によっては医療従事者が「あなただけ」といった状況もあります。入居者さんの急変自体に看護師が対応しなければならない場面に遭遇することもあるでしょう。責任感は伴いますが、冷静に対応する判断力などが身に付いてきます。

職場によってはオンコール対応をしなければならないことがありますが、多くても月に3~4回程度と、あまり多くありません。

介護施設は、主に下記の4つに分類することができます。

・介護療養型医療施設

医療処置を必要とする入居者さんが多く、医療従事者の割合が高い施設

・介護老人福祉施設

要介護度が高く、看取り件数が多い施設

・介護老人保健施設

要介護度が低く、在宅復帰を支援する施設

・有料老人ホーム

要介護度が低く、自立して生活している人が多い施設

医療処置などを行ない、看護スキルを落としたくない方は、介護療養型医療施設や介護老人福祉施設などを選ぶと良いでしょう。反対に看護スキルに自信がない人は、介護老人保健施設や有料老人ホームを視野にいれて転職活動を行うと良いです。

どちらにせよ高齢者とじっくり向き合って、自分らしい看護を楽しく行っていきたい方には向いている仕事だといえます。

デイサービス(通所介護)

デイサービスとは、高齢者が デイサービスセンターまで通い、食事や入浴の介助を受けたり、レクリエーションを楽しんだりする「利用者が望む生活を実現するための施設」です。

看護師の主な仕事は、利用者さんの健康状態の確認です。バイタル測定や会話などから、「健康状態に異変は無いか」を判断する役割を担います。

高齢者になると肺炎になっていても、訴えがなかったり、バイタルサインに異常が表れなかったりする場合があります。「いつもと違う」小さなサインを見逃さない観察能力が求められます。

また、利用者さんによっては、血糖測定やインシュリン注射の実施、軟膏や湿布の塗布、点眼・服薬介助、爪切りなどの整容、さらに浣腸や摘便を実施することがあります。

基本的にデイサービスを利用する方は「ある程度自立した高齢者」ですので、看護師に求められるのは、健康管理やレクリエーションやリハビリの補助業務となります。万が一、利用者さんが体調を崩しても、応急処置を行い、病院やクリニックに同行するまでの対応となります。

デイサービスでは土日・祝日が休みの施設も多く、夜勤はもちろんありません。給与面では、病棟勤務の頃と比較すると見劣りはしてしまいますが、バタバタすることが少なく精神的にも体力的にも落ち着いて仕事を行うことができます。

採血・点滴などの医療処置が無いので、ブランクがある方も働きやすい職場となっています。

デイサービスでの看護師としてのやりがいは、「デイサービスへの来所を嫌がっている高齢者の笑顔を引き出すこと」「元気な高齢者とのふれあいで感謝してもらえること」「利用者さんと同じ、充実した楽しい時間を共有できること」などが挙げられます。

ただ、デイサービスといっても規模や業務内容など施設によって異なります。

事前に「具体的な看護業務内容」「残業時間」などを確認しておくことが重要です。施設によっては看護師が運転なども行ない、利用者さんの送迎を任される場合もあります。全ての業務を看護師に任せるような施設では、働きにくさを感じてくる方が多いようです。

美容外科クリニック・美容皮膚科

美容外科クリニック・美容皮膚科で働くメリットは、「給与が高い」ことと「待遇の良さ」です。夜勤なし、残業は少ないにも関わらず、月給で25万円からスタートというクリニックが多いです。予約制での診療がほとんどですので、残業はあまりありません。

美容関連のクリニックでは、緊急性の高い患者さんではなく、健康的な人がさらなる美を追求して来院します。そのため、死と隣り合わせの仕事ではないため、患者さんの悩みに向き合い、笑顔になってもらうお手伝いをすることができます。

また20~30代の看護師が多く、同年代の看護師と一緒に働くことができます。コミュニケーションを取りやすく、活気のある環境であることが多いです。

さらに、美容外科や美容皮膚科に携わることで、最新の美容法や治療法についての知識を習得することができます。職員価格で最新の美容法を試せたり、施術を体験させてもらったりすることが可能の職場もあります。

美を追求していきたい方、いつまでも女性らしく華やかでありたい方などにはおススメの職場です。

デメリットとしては、「日曜・祝日が休みではない」ことです。また、ノルマといって「達成施術契約件数」を看護師一人ひとりに課しているところもあります。

しかし反対にノルマを達成したら、インセンティブといって給料とは別にプラスアルファの収入がもらえます。もしノルマなどを課せられるのを負担と感じるようであれば、ノルマの無い美容クリニックを探すようにしましょう。

健診・検診センター

健診(健康診断)・検診(がん検診)センターでの看護師の主な仕事は、問診、検査の介助、採血、尿検査、身長体重測定、眼底写真撮影、心電図検査、診察の補助、内視鏡介助などです。

職場によっては、健診を受けに来た人の身長測定から内視鏡の介助まで一連の流れを任されるところもあれば、採血担当、診察の補助担当などと一つの業務だけを任されるところもあります。「採血が苦手の人」は、すこし大変かもしれません。

給与は夜勤がない分、病棟の看護師と比較すると少ない傾向にあります。年収にすると約300~435万円程度です。

しかし、緊急性のある患者さんや急な入院などがないため、残業は少なく、時間通りに仕事が終了する確率が高いです。また土日休みのところも多く、融通のきく職場であるといえるでしょう。

ただ、健診・検診センターは医療業務というより、サービス業務であると考えている職場が多く、「接遇を重視し、サービス精神をもって仕事に臨む人」が好まれます。健診を受けた方に失礼な態度を取らないよう気を付けて仕事をすることが大切です。

訪問看護ステーション

訪問看護ステーションとは、在宅での療養を望む患者さんのお宅を訪問し、かかりつけ医と連携しながら看護を提供する施設です。

1日に訪問する件数は平均して4~5件、1件当たり60分前後の看護が基本となっています。ケアの内容ですが、バイタルサイン測定、医療処置(インシュリン注射・採血・点滴・血糖測定など)、医療機器(人工呼吸器・持続点滴・膀胱カテーテルなど)の管理、褥瘡予防や処置、食事介助・洗髪・入浴介助などの療養上の世話、療養上のアドバイス、ターミナル期の看護などです。

訪問看護は、病棟看護とは異なり患者さんと患者さんを支えるご家族との生活の一部に踏み込み、時間を共有します。患者さんが少しでも長い間在宅療養が行えるように、訪問看護師はサポートを行っていきます。

こちらも夜勤なしで、日勤のみのことが多く、土日・祝日が休みの職場がほとんどです。オンコール対応(休日に急患対応の連絡待ちをすること)がある職場もあります。

訪問看護師のやりがいは、担当する看護師の裁量に任せられていることです。そのため、あなたが中心となって看護計画を立て、患者さんがそれによって改善していき、喜ばれることが訪問看護師として、もっともやりがいを感じる瞬間です。

訪問看護師の給与は病棟看護師と比較すると高めに設定されていることが多いです。看護師個人の裁量に任されることが多いため、チームで動く病棟看護師よりも責任が重いのです。

いままで培ってきた看護の集大成として、訪問看護師を希望する方も多いです。看護技術やスキルに自信がある人はチャレンジしてみるとよいでしょう。

 治験コーディネーター(CRC)・臨床開発モニター(CRA)

新薬の研究開発における調整役である治験コーディネーターや、法律や基準を遵守して治験が行われているかを確認する臨床開発モニターという仕事があります。

治験コーディネーターは、治験計画のコーディネーターとして、資料作成、治験準備、スケジュール調整、被験者対応、治験サポートを行うのが主な仕事です。企業に勤めることになりますので、土日・祝日が休みとなります。

臨床開発モニターは、治験の契約確認、モニタリング、症例の報告書の確認、回収までの手続きを任されます。

治験コーディネーター・臨床開発モニターは、雇用される企業の規模や勤務地によっても異なりますが、年収300~500万円くらいでスタートすることが多いです。

スタート時には前職や経験などが考慮されますが、経験を重ね数年経てば、仕事の出来で評価されるようになります。最終的に年収1000万円を超えるベテランもいます。

もし治験や資料作成やプレゼンなどに興味があれば、看護師とは異なる道が開けてくる可能性も高いです。

コールセンター

コールセンターでは、健康相談対応や緊急時の状況確認などを行なうなどのオペレーターの仕事を担います。主に電話での対応となりますが、緊急時の対応などが必要な場合もあり、ある程度の看護知識やスキルが重要です。

仕事のやりがいとしては、今まで培ってきた医療知識を活かして仕事をすることができます。また、体力仕事がないため、体力に自信の無い方や、年配の看護師でも、看護スキルや医療知識、パソコン対応ができれば働くことが可能です。

コールセンターには、夜勤を行っている求人もありますが、日勤のみやパートといった様々な働き方を選択できることが多いです。

コールセンターでの夜勤は体力を必要としませんので、「こちらの夜勤であれば出来そうだな」と思うことがあるかもしれません。夜勤分が収入アップにもつながるため、「将来的には夜勤も行なってみたい」とする場合は、働き方に選択肢のある職場を選ぶと良いでしょう。

一般企業の医務室(産業看護師)

産業看護師は、従業員の健康管理、健康相談(カウンセリング)、応急処置、健診の実施、健診後のサポートを行うのが主な仕事です。

産業看護師のメリットは、従業員1,000名を超える大企業での雇用となるため、土日・祝日休みで、しかも給与が上がりやすいといった特徴があります。年収は300~1000万円と幅があります。平均年収にすると500~600万円とされています。

仕事ぶりは給与に反映されやすいため、仕事のやりがいを感じやすい職場だといえるでしょう。また病棟のときのようなハードワークは少なく、定年まで長く勤めることが可能です。

予防医学やメンタルヘルスに興味のある方は、チャレンジしてみる価値のある職場です。

保育園

保育園は、日中に乳幼児を預かる施設です。保育園では、感染症の流行や突発的なケガも多く、看護師の需要があります。

乳幼児が流行性の感冒などの病気にかかってしまい集団生活が難しい場合、専用の保育室で看護を提供する「病児・病後児保育施設」などもあります。

保育園で勤務する看護師は、保育士とともに乳幼児の健康状態や疾患状態を管理するのが主な仕事内容です。主に看護師1人での勤務となります。

具体的な仕事内容としては、アレルギー疾患を抱えていたり、長期内服薬を必要としたりする園児への対応や、バイタルチェック、ケガや病気の応急処置、必要であれば保護者への連絡や医療機関への受診の付き添いなども行ないます。他にも、園児・職員の健康診断や歯科検診の補助、保健便りの作成、疾患予防アドバイス、園児の外遊びの見守りなど、多岐に渡ります。

子どもが好きな方にとっては、大変やりがいのある職場です。看護師1人で対応するため、アセスメント能力や応急処置スキルが必須です。一定の臨床経験をおもちの方であれば、挑戦してみると良いでしょう。

夜勤は、特別な行事(お泊り会)がなければ原則ありません。また土日・祝日は休園日であるため、仕事はありません。病棟勤務のときのような残業はほとんどないため、働きやすい職場であるといえます。

日勤のみの求人枠のある病院

最近では、「夜勤をしなければならないことが辛いため、看護師に復帰できない」とする世間の声から、入院施設のある総合病院でも「常勤だけれど日勤のみ」という求人枠を設ける病院も増えてきています。

「夜勤は難しいけれど、専門の看護スキルや知識は伸ばしていきたい」と考える方は、このような求人枠を設けている総合病院を探してみると良いでしょう。

日勤のみのメリット・デメリット

次に、日勤のみで働くメリット・デメリットについて知っておきましょう。日勤のみで働き始めた後で、「このようなハズではなかった」といった後悔をしないことが大切です。

常勤日勤のみのメリットとは

まずは、日勤のみのメリットについてお話します。常勤日勤のメリットとは以下の通りです。

・生活リズムが整い、心身共にリセットできる

・家族との時間を合わせやすい

・ワークライフバランスが整う

・稼働人数が多く、助け合うことができる

日勤の何よりのメリットといえば、体調を崩しにくいことです。生活リズムを一定に保つことができるので、健康的な生活を送れます。しっかりと体調管理を行えるため、クリアな頭で日勤の看護業務に当たることが可能です。夜勤による肌荒れや不定愁訴などは少なくなるでしょう。

また、「日勤だけの勤務」の場合は、日曜日や祝日も休みのことが多く、家族とのスケジュールも合わせやすくなります。朝食や夕食は一家団欒で食卓を囲むことができるため、子どもにも寂しい想いをさせることが少なくなります。子どもに働く姿を見せつつ、自分自身の心にもゆとりを持つことができます。

さらに、日勤帯は看護師の稼働人数も多く、医師・薬剤師などの医療スタッフも揃っています。夜勤での緊急時などに「誰も聞く人がいなくて慌てる」ことが無くなるため、お互いに助け合え、確認しながら看護を行うことができます。

常勤日勤のみのデメリットとは

一方で、日勤のみの働き方を選択するデメリットとは何でしょうか。以下の通りです。

・給与が低い

・仕事量が多い

・スキルアップが難しい

・夜勤がない分、残業が多いことがある

看護師人数の少ない夜勤勤務を行うからこそ、「とっさの判断」や「緊急対応」が行えるようになるといった看護スキルが身に付きます。しかし、日勤だけのクリニックなどですと、重篤な患者さんが運ばれてくることは少なく、看護スキルはあまり身に付かないとされています。

また大きな規模の病院の常勤日勤ですと、2チーム(1チームに看護師10人程度)に分かれて看護業務をすることが多いです。看護師1人1人に担当する仕事(リーダー係1人・点滴係1人・重篤な患者さんの受け持ち係7人・雑務1人)が振り分けられます。この仕事はどれでも1つでも欠けると、他の看護師に負担が重くのしかかってしまいます。

さらに、病棟の日勤業務では、受持ち患者さんの病態チェックやオペ前後の準備、ベッドメイキング、各食事の配膳、夜勤看護師への申し送りなどがあります。

ちなみに私が勤務する内科クリニックでの具体的な看護業務は、外来業務、採血・点滴業務、各検査補助(XP/CT、ECG:心電図、24時間ホルター心電図装着、動脈硬化検査、骨密度測定など)、各種健康診断、胃・大腸内視鏡介助、物品準備・整理、洗濯、掃除などです。6時間勤務の常勤ですが、検査や健康診断などで院内をずっとバタバタと動き回っており、仕事が終わったら疲れ切ってしまいます。

一方で、予約制のクリニックなどですと、一人ひとりの患者さんと向き合い、ゆとりをもって仕事を行える落ち着いた環境もあります。

私の場合は、「クリニック勤務でも看護師スキルを向上させたい」という想いがあったので、あえて忙しい職場を選択しました。毎日仕事に追われて、勤務が終わると6時間であってもぐったりしますが、充実していると感じています。

「どのような職場が自分に合っているのか」「やりがいを感じることができるのか」をよく吟味したうえで、日勤での求人を探すようにしましょう。

デメリットを少なくするには

このように日勤にもメリット・デメリットは存在します。日勤での働き方をより満足いくものにしたい場合は、看護師専用の求人サイトに登録すると良いでしょう。というのも様々な面で、転職のプロに任せたほうが日勤のデメリットが少なくなるからです。

例えば、「給与が少ない」といった面で「日勤だけの求人では難しい」と感じる人もいるでしょう。しかし、「給与が比較的多い日勤求人」があるのも確かです。

けれど、このような求人は人気があるため、転職サイトでオープンには公開していないことがあります。これを「非公開求人」といいます。

もしあなたとその非公開求人の条件が合えば、転職サイトのエージェント(コンサルタント)は優先的にあなたにその求人を紹介してくれるでしょう。また個人的には行いにくい「給与交渉」も担当コンサルタントがあなたの代わりに行ってくれます。

そのため、入職後に「基本給〇〇円なんて低すぎる!」と後悔するのではなく、入職前に具体的な金額について把握し、納得いかない場合は断ることも可能です。入職後に「給与額に不満がある」といって、すぐに辞めてしまうと社会人としてのマナー違反を問われます。しかも、あなた自身の経歴にも傷がついてしまうことになります。

しかし看護師専用の求人サイトを利用すれば、給与交渉のメリットはもちろん、いままで自分が行ってきた転職の視野が確実に広がります。あなたが知らない自分自身を見出してくれる可能性もあります。

転職サイトの担当コンサルタントはその道のプロです。自分ひとりでは行き詰ったかに見えた転職活動も、少し目先を変えるだけで自分に合った道が見えてくることもあるのです。

日勤常勤の看護師として満足いく働き方を実現したいのであれば、求人サイトを活用して、あなたらしく働ける職場を探すことが実現の一番の近道といえるでしょう。

日勤だけの職場でも看護師としての可能性は無限大

「日勤だけの職場に転職」となると、なんだか看護師としてのレベルが落ちたように感じる人もいます。

しかし、そのようなことはありません。この記事で紹介したように、看護師が活躍できる場はどんどん広がってきているのです。日勤で、あなたらしく働ける職場はたくさんあります。

あなたが笑って、あなたのご家族も笑って、あなたが携わった患者さんや利用者さんも笑って、イキイキと働ける職場と出逢えることが大切です。

多くの求人の中から「なにが自分の条件に合っているのか」をじっくり考え、満足いく転職を実現していってもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く