「内視鏡を扱う職場に転職したい」と考える看護師は多く、人気の高い求人です。一般的に内視鏡を扱う職場といえば、消化器内科、胃腸科、肛門科などが挙げられます。

内視鏡を扱う求人が人気のある理由は、一般病棟勤務と比べると患者さんを移乗させるといった肉体労働が少なく、日勤のみでの求人が多いため、ブランクが長かった方や子育て中の看護師にとっても、働きやすい職場であるといえるからです。

内視鏡室の看護師をしている私からすると、労働条件だけでなく、仕事内容も大変充実しており達成感を味わうことのできる職場であるといえます。

そこで今回は、内視鏡を扱う職場に転職を考えている看護師が転職前に知っておきたい重要事項(仕事内容・必要なスキル・メリット・デメリット・注意点など)についてお話ししていきたいと思います。

内視鏡室で働く看護師の仕事内容とは

内視鏡を扱う看護師の仕事内容について述べていきます。

内視鏡検査の種類

ひと言で内視鏡といっても、一般的に知られている胃カメラ、大腸カメラ以外にも様々な種類があります。まずはざっとでいいので、内視鏡に対するイメージを広げてみると良いでしょう。

・色素内視鏡検査

色素内視鏡検査とは、病変の広がりを判定するために行われる検査です。食道がんではルゴールを、胃・大腸の病変ではインジゴカルミンを散布します。

・超音波内視鏡検査

内視鏡の先端に超音波端子を装着したものと、細径プローブを鉗子口から入れるものとがあります。早期がんの壁深達度を把握するのに有効な方法です。

・拡大内視鏡検査

内視鏡検査時に消化管粘膜や腫瘍の性状を観察するために100倍までの拡大観察が行える検査です。この拡大内視鏡を使用すれば、詳細な表面構造の観察が可能となり、より確実な診断の決め手となりえます。

とくに大腸ポリープのような場合、一部ががん化になる腺腫性ポリープの場合は、表面構造を拡大して観察できるため、大変有効な検査方法とされています。

・上部消化管内視鏡検査

口や鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸までの観察を行うことができる検査で俗に「胃カメラ検査」といいます。病変の部位によっては、側視型内視鏡・斜視型内視鏡を用いることもあります。

・小腸内視鏡検査

ダブルバルーン方式小腸内視鏡の開発により、いままで困難であった内視鏡の挿入が可能となりました。生検による組織診断や内視鏡治療が可能となりました。

・大腸内視鏡検査

こちらが「大腸カメラ検査」です。S状結腸までを観察できる短尺のものと、全大腸を観察できる長尺のもの、そしてその中間の中尺のものがあります。

近年では、ズーム機能が付いた内視鏡の開発が行われ、病変の微細構造の観察も可能となりました。

大腸は他の腸に比べると屈曲が強く、大腸壁は薄いのが特徴です。そのため上部消化管内視鏡と比較すると、医師はある程度の挿入技術を必要とします。

・カプセル内視鏡検査

内服薬程度の大きさのカプセル内にレンズや電池が内蔵されており、これを患者さんに内服してもらい腸管内を一定時間ごとに撮影する検査です。

カプセルはディスポーザブルで、この検査を受ける患者さんにとっては苦痛が少なくて済み、また検査者にとっては全小腸の観察を行うことができます。

・腹腔鏡検査

肝疾患の診断のために、肝臓や胆のうの前面を直接観察する検査となります。この検査では病変部を直視しながら、肝生検を行うことができますが、可視範囲外の肝病変の診断は他の検査との総合判断によって行われます。

内視鏡検査を受ける患者さんへの看護とは

内視鏡検査を受ける患者さんへ対応する看護師には、大きく分けて以下のような仕事があります。

・内視鏡検査前の患者さんへの説明

・内視鏡検査の準備

・内視鏡検査の介助

・患者さんの観察とケア

・内視鏡カメラの洗浄・消毒

・患者さんへの術後の説明と指導

では更に詳しく、上部消化管内視鏡検査と大腸内視鏡検査、腹腔鏡検査を受ける患者さんの看護について述べていきたいと思います。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ検査)を受ける患者さんの看護

胃カメラ検査は、胃がん疑いのある人や胃の調子が悪い人だけでなく、健康な人も検査目的で行なったり、市町村が行うガン検診などでも実施されていたりしています。

そのため、総合病院などの大きい病院でなくても胃腸科などの内科クリニックでも実施されている検査です。私の勤めるクリニックでも、毎日4~5件の胃カメラ検査と、1~2件の大腸カメラ検査が行われています。検査自体も処置時間を含めても15分程度で終わる簡単な検査です。

いくら簡単な検査といっても身体に侵襲のある検査になりますので、誰しも不安や恐怖心をもっています。

検査を行う前に目的や方法、安全性などを患者さんに説明し、充分理解しておいてもらうことが大切です。こうすることで患者さんの不安を軽減することができ、検査への協力が得やすくなります。また、検査自体をスムーズに進行させることが可能となります。

検査前日は夕食後から少量であれば飲水できますが、禁飲食となります。また喫煙と服薬は禁止となります。ちなみに「腹式呼吸を練習しておいてもらう」と検査が楽になることを伝えておくと良いでしょう。

検査当日は、義歯や眼鏡をはずしてもらい、前処置を行います。

検査中は、肩の力を抜いて、できるだけリラックスしてもらうようにします。また検査の進行状況を伝え、不安や軽減に努めます。

私の勤める職場では、検査中はずっと患者さんの背中をさすり、「順調に検査が進んでいること」と「力を抜くこと」を伝える声掛けは欠かしません。

検査後は、咽頭麻酔が消失するまで禁飲食となります。飲水が可能となれば、誤飲していないか確認を行います。

生検をした場合は、30分~1時間は安静にしてもらいます。生検後3時間は禁飲食とし、アルコールやコーヒーなどの刺激物を飲まないよう説明します。

使用済みの胃カメラを洗浄し、専用の器械にかけて消毒を行い乾燥させます。

大腸内視鏡検査(大腸カメラ検査)を受ける患者さんの看護

大腸カメラ検査のほうが胃カメラ検査より、はるかに患者さんは苦痛を感じる検査となります。

看護師は患者さんの気持ちを理解し、検査の必要性や目的・方法について説明します。少しでも検査に対する不安や恐怖を取り除き、安心して検査に望めるよう配慮する必要があります。

検査の前処置としては、下剤の服用、浣腸などが行われます。検査がスムーズに行われるためには、3日前からの排便管理が重要で、検査前日は残差物の少ない食事をとってもらうようにします。

検査中は医師の指示に従い、カメラの挿入の補助をします。検査中は鎮静薬を使用し、苦痛の緩和を図ります。

検査は空気を挿入しながら大腸の観察が行われます。そのため、検査後に患者さんから腹部膨満感や腹痛の訴えがあれば、下腹部をマッサージして排ガスを促したり、肛門からの出血の観察を行なったりします。

処置をすることで、脱水や病状の悪化が起こらないように、患者さんの訴えに耳を傾け、全身状態の観察を怠らないようにしましょう。

生検やポリープ切除を行った場合は、出血の危険性があるため、安静にし、食事は消化のよい低残渣食とするなどの指導を行います。

使用済みの大腸カメラを洗浄し、専用の器械にかけて消毒を行い乾燥させます。

腹腔鏡検査を受ける患者さんの看護

肝疾患の診断の一つとして、肝臓や胆のうの前面を直接観察することを目的として腹腔鏡検査が行われます。この検査で肝生検を行うことができます。

検査前日には、穿刺部を中心として腹部から右側胸部までの範囲を除毛します。その後、全身清拭を行い清潔にします。

患者さんは検査に対して不安を抱くことが多いため、検査の必要性を説明し理解を図ります。検査前日は夕食を軽めに取ってもらうことが可能ですが、その後は絶飲食です。

検査当日は浣腸を行い、腸管内容物を少なくします。検査前には不安や緊張、苦痛を軽減するため、医師が必要とすれば鎮痛剤を使います。

検査後は創部からの出血や疼痛、吐き気や嘔吐の有無、バイタルサイン測定を行います。全身状態が落ち着くまでは安静とし、日常生活の援助が必要です。

特に検査後2時間は、肝生検部位から出血する可能性が高いため、細めな観察が必要です。検査翌日より軟食の摂取が始まります。入浴は抜糸まで禁止となっています。

内視鏡を扱う看護師が必要とするスキルとは

内視鏡検査を扱う看護師には専門的なスキルが求められているのでしょうか。

今はこれらのスキルは必要ありません。経験を積んでいくことで、誰しも少しずつ身に付けていくことができるので安心してください。

冷静に対応できるスキル

患者さんは内視鏡検査を受けるにあたって、多くの方が緊張しています。その患者さん以上に看護師が緊張していては、その緊張が患者さんへ伝わり、検査がスムーズに行われないこともあります。

例えば、胃カメラ検査の場合、患者さんが緊張で全身に力を入れすぎてしまうと咽頭部がきゅっと締まりカメラが入りにくくなります。

患者さんにさりげない声掛けなどを行ない、できるだけリラックスした状態で安心して検査を受けてもらうように心がけましょう。

内視鏡検査は、一般的に医師1人で内視鏡操作を行います。ということは、その他の業務のほとんどは看護師の役割が重要となります。

例えば、ヘリコバクターピロリ菌の検査は看護師が生検鉗子を扱い、医師の指示に従って胃壁の細胞の一部を採取します。

また、大腸ポリープ切除となると、「ポリープの根もとに生理食塩水を注入して浮き上がらせ、スネア(金属の輪っか)で軽く締め付ける行為」までを医師の指示のもと看護師が行います。

スネアの締め付けが完了したら、医師が高周波の電流を流してポリープ切除を行います。その後止血のために処置部にクリップを装着するのも、また看護師の役目となります。

検査中、周囲を見渡し、「医師は何を必要としているのか」「患者さんのどこを観察しなければならないのか」を見極め、医師の指示の前に動けるよう手はずを整えておくことが大切です。

内視鏡検査中にトラブルが起こることもあります。内視鏡に何か詰まって急に使えなくなったり、患者さんが検査中に吐血をしたりと、いったことです。このような場合もできるだけ冷静に対応することが望まれます。

私の場合は、大腸内視鏡検査の介助に付き、初めてポリープ切除を行った際に、緊張して手が震えたのを覚えています。「医師が電流を流す前にあなたがスネアをきつく締めすぎると、ポリープが切れて大腸内で大出血を起こす。そうなったら救急搬送になるよ」と先輩看護師から何度も教えられていたからです。

画面にポリープが映った途端、必要物品の位置や手順を覚えていたはずなのに、一瞬にして頭が真っ白になり分からなくなってしまいました。

そのことが原因で緊張がさらに高まり、あたふたしてしまい、止血のためのクリップ操作もうまくできませんでした。そのため検査に必要以上に時間を要してしまい、患者さんに負担や不安を与えてしまう結果となってしまいました。

しかもそれ一回だけではありません。

その後もポリープが見つかる度にあのときの気の動転ぶりが思い出され、スムーズな検査とはいえないほど、動揺していました。私は当初「大腸カメラ検査の介助に入る」のが本当に苦痛でたまりませんでした。

医師にも「必要以上に焦らなくていい。冷静になることが大切」とアドバイスをもらいました。しかし、極度の緊張の中で「冷静になれ」といわれて冷静になれるものでもなく、「さらに緊張してしまう」という混迷の時期が続きました。

しかし逃げ出すわけにもいかず、検査前に何度もイメージトレーニングを重ねました。

そして一旦、スネアかけやクリップ操作がうまくできるようになると、それからはスムーズに対応することができるようになりました。

そしてようやく医師に「上達したね。今日もパーフェクトだった。あのときの緊張ぶりはどうなるかと思ったけど…」と言ってもらえるようになりました。あのときの達成感は未だに忘れられません。

誰しも慣れていないことに、最初から冷静に対応することは難しいです。しかし、経験を積んでいけば必ずできるようになります。この不器用な私でもできるようになったのです。心配することはありません。

そして緊張するからこそ「検査のことだけに集中し介助している証拠」ともいえるのです。いい加減な気持ちで検査に臨んでいては、緊張もしません。

困難に立ち向かっていく前向きな気持ち

「ポリープ切除で万が一失敗したら、腸管内で大出血してしまい惨事になってしまう。患者さんは命を落としてしまう可能性がある」と考えると、本当に内視鏡検査の介助につくのが恐ろしくなってしまいます。

私はポリープ切除の介助につくときは、点滴や採血の何倍も何十倍も緊張してしまいます。

大腸内視鏡検査の場合は特に、医師との「あうん」の呼吸が大切です。医師が「今!」と良いタイミングを教えてくれたにもかかわらず、処置に一瞬ためらってしまうと、すぐにカメラの位置がずれてしまい、組織がうまく採取できなかったり、スネアがうまくかけられなかったりすることがあります。

医師ががっかりし徐々にイライラしてくる顔を横目に、「次こそ成功させる」という気持ちで前向きに取り組むことが大切です。

「ポリープにスネアをかける」といった処置は経験を重ねていっても中々慣れないもので、緊張します。しかし「怖いから、うまくいかないから」といって尻込みしてしまえば、上手にはなりません。そればかりか最初に掴んだ感覚を忘れてしまい、もっと下手になってしまいます。

「今日の失敗は、明日の成功に活かしてやろう!」と前向きに考え、少しずつでも経験を重ねていくことが大切です。

内視鏡を扱う看護師のメリット

内視鏡を扱う看護師にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

達成感が味わえる

内視鏡検査の介助につくごとに達成感を味わえ、「成長していく自分」に気づくことができます。

最初は「検査を無事に終わらせることができた」という達成感から始まり、経験を積んでいくうちに「患者さんにどのような声かけをしたら不安を取り除けるだろう」と考えをめぐらすことができ始めます。

そのうち、「医師が指示を出す前に先を読んで準備」できるようになっていきます。さらに「よりスムーズに検査を実施できるような工夫」を医師に提案し喜ばれたこともあります。

「もっと内視鏡検査を上手にスムーズに行って患者さんの不安を取り除きたい」という気持ちがあれば、内視鏡検査の介助には次のステップがあり、上達していくことが可能です。

患者さんにも「あなたが検査の介助に入ってくれて良かった」と言ってもらえることにもつながり、やりがいを感じることができます。

キャリアアップの道が明確

内視鏡室での看護業務にやりがいを感じてきたら、日本消化器内視鏡学会が認定する消化器内視鏡検査技師の資格を目指してみるとよいでしょう。

この資格を有するということは、消化管内視鏡の検査や治療の介助の高度な技術や、補助業務の専門知識を有していると認められることになります。

内視鏡技師資格を取得すると、内視鏡を扱う看護師として信頼され、多くの医療機関で優遇されます。資格手当が支給され、給与アップする可能性も高いです。

取得条件としては、日本消化器内視鏡学会会員が従事する内視鏡室で2年以上の実務経験をもっていることや、日本消化器内視鏡学会専門医の指導を受けていることとなっています。内視鏡取り扱いの講習会や機器のセミナーへ参加、消化器内視鏡技師学会や研究会への出席も義務づけられています。

私はこちらの資格は有していませんが、3ケ月に一回、総合病院の消化器内視鏡技師が実施する「内視鏡介助セミナー」に参加しています。

実際に消化器内視鏡技師を取得した看護師に話を聞く機会があり、そのときに今までいわれるがまま行ってきていた医療処置の必要性や根拠を明確にしてくれたり、クリニックで行える範囲の内視鏡の詳細な洗浄方法を教えてもらったりと、大変勉強になっています。

残業が少ない

内視鏡検査は基本的に予約制になっています。そのため他の部署と比較すると、急患が少ないのが特徴です。また、患者さん自ら検査を希望されているだけあって協力的な方が多いため、検査が終わると感謝されることがほとんどです。

残業もあまりなく、日勤のみの勤務が可能です。そのため、子どもをまずは優先に考えたいというママさんナースも多く在籍しており、働きやすい職場ということが多いです。

内視鏡を扱う看護師にしかできない救急対応がある

また時々、急患も出るのですが、内視鏡の介助といった一連の流れは変わらないので、焦らず対応することが可能です。

救命救急の看護師がいきなり内視鏡の介助にはつけませんが、内視鏡の介助についたことのある看護師であれば、このような救急の対応をすることができます。

私が対応したことのある急患は、NSAIDの長期服用でひどい胃潰瘍ができているのに全く気づかず、夜中に急に吐血して急きょ胃内視鏡検査を行うことになった患者さんです。このようなときには、医師に電話で呼ばれることがあります。

そして吐血が止まり後日、患者さんが元気な顔をみせてくれると、「内視鏡の扱いができて良かった」と心底思えました。「これは内視鏡を扱う看護師にしかできない介助だ」と考えると、やりがいの一つになっていきます。

内視鏡を扱う看護師のデメリット

では次に内視鏡を扱う看護師のデメリットとは何でしょうか。

検査中、緊張感が続く

内視鏡を扱う看護師業務のデメリットは、検査中ずっと緊張感が続くということです。

内視鏡介助の看護師は、医師の指示のもと、看護師が直接、組織採取を行ったり、スネアを絞めたりする処置を行わなければなりません。手術室の看護師でもこのように看護師が直接処置を行うことはあまりありません。

そのため自分が行った処置で「腸管穿孔したらどうしよう」という不安と緊張は常に付きまといます。

また予期しないトラブルに遭遇した場合も、落ち着いて行動することが求められます。緊張感を覚えることにストレスを感じる人はあまり向いていないかもしれません。ストレスをバネにしていける人のほうが良いでしょう。

時間に追われている感覚に陥る

検査はほとんど予約制です。そのため予期しない処置やトラブルで、予定通り検査をこなせなかった場合、次の予約の患者さんを待たせることになってしまい、時間に追われる感覚に陥ることがあります。

私が勤めている職場では午前中に胃内視鏡検査の予定が4~5件入っています。医師は一人で外来の診察を行い、診察の合間に胃内視鏡検査を行います。

内視鏡検査担当の看護師は検査をするたびに、前処置、検査介助、内視鏡の洗浄・後片付け、患者説明、次の検査の準備を行います。

急患の患者さんがいたり、他の検査が立て込んでいたりすると、予約で行なう内視鏡検査は緊急性がないため後回しにされ、すぐに予定は狂い始めます。

毎回、予定時間より遅れることを詫びる日々です。内視鏡検査につく看護師は常に時間に追われている感覚をもっており、昼ごろにはぐったりしている人が多いです

感染リスクがある

内視鏡を洗うのも看護師の役目であることが多いです。検査後の内視鏡には、体液や分泌物が大量についています。また組織を採取したり、ポリープを切除したりした場合など、血液暴露の危険があります。

特に個人経営のクリニックなどですと、看護師が「検査後の内視鏡を素手で洗うことが当たり前である」ところも多くあります

今まで当たり前としてやってきたことを変えるには勇気が必要です。しかし、ゴーグル、マスク、手袋、エプロンを正しく身に付け、感染対策をしっかり行ない、自分の身は自分で守ることが大切です。

私の勤める職場でも、完璧な感染対策はできていませんでした。自分の勤める職場で「しっかり感染対策ができているか」を知るには、やはり外部の内視鏡介助の勉強会やセミナーに参加するのが一番良い方法といえます。

消化器内視鏡検査技師の話を聞くことで「今の状況のどこを改善すべきか」ということが明確になります。

このような場で勉強してきたことを、職場のスタッフの前で発言し、より良い職場環境に変化させていくことが大切です。

内視鏡を扱う看護師の年収はやや低め

内視鏡を扱う職場に勤務する看護師の年収は、一般病棟の看護師と比較すると残業が少なめで夜勤が無いことが多いので、相場は約350~420万円と低めのことが多いです。

個人経営のクリニックなどですと、内視鏡室に入るということで手当が1~3万円支給されるところもあります。各求人票を比較してみると良いでしょう。

ボーナスの多い国立系や公立系の医療機関であれば、内視鏡を扱う看護師の年収は比較的高めであることが多いようです。

内視鏡を扱う看護師求人を探すときの注意点

内視鏡を扱う看護師の求人は探せば、あなたの条件に合った求人が出てくる可能性が高いです。というのも、胃がんや大腸がん、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の患者さんが増加していることや、新しく専門の内視鏡科を設置する医療機関が増えてきているからです。

内視鏡を扱う看護師求人には、総合病院といった大きな病院から個人経営のクリニックまで幅広い求人があります。

日勤のみの求人もあれば、休日にオンコール対応しなければならない求人などもあるため、できるだけ自分の希望に沿った求人を探し、無理のない範囲で働くことが大切です。

もしあなたの条件に合う求人が見つからないようであれば、看護師専門の転職サイトに登録しておくことをおススメします。あなたの希望に合う求人が出たら、担当エージェント(コンサルタント)から逐一教えてもらうことができるからです。

人気の求人は誰しも狙っているので、すぐに応募人数が埋まってしまうことが多いです。「あと一歩早ければ…」と後悔しなくて済むように、「転職のプロに頼る」というのも力強い味方を得る方法の一つです。

内視鏡を扱う看護師になりたいあなたへ

内視鏡を扱う私としては、達成感を味わえ、やりがいを感じられる職場です。私は内視鏡介助経験が無く、焦りや不安から混迷の時期もありました。しかし、今では医師に頼られる存在として、充実して働くことができています。

特に検査中、医師と目で会話をしながら、言葉少なに先の手を読みながら介助し、スムーズに行えたときの達成感は何事にも代えがたいものです。テキパキと動ける自分に「ここまでよく頑張ってこれたね」と褒めてあげたくなります。

時には辛い局面もあるでしょうが、一つひとつ乗り越えていった先には、新しい自分に出会える可能性が高いのです。

内視鏡介助は興味のある人には是非おススメする職場の一つです。この内視鏡を扱う面白さや達成感をあなたも味わってもらえたら嬉しいです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く