正職員採用だったとしても、「事前に聞いていた話と異なる。残業ばかりで、こんなに大変だとは思っていなかった」「どのような職場環境かもわからないのに、いきなり正職員になるのはリスクが高いのではないか」などと悩んでいる人が多いです。

ただ「転職には失敗ばかりで、次の転職ではもう失敗が許されない。できれば予め職場環境を知った上で、働くかどうか決めたい」と転職成功への強い気持ちをもって活動を行っているのであれば、試してもらいたい方法があります

それは紹介予定派遣という方法です。

この紹介予定派遣を上手に利用すると、実際に数ケ月働いてみたあとで、正職員になるかどうかを決められます。そのため、入職後に抱くギャップが少なく、満足いく働き方を実現できます。

正職員としていきなり転職することには躊躇がある人や、紹介予定派遣に興味がある人は、今回の記事を読んで転職への視野を広げてみてはいかがでしょうか。

転職後、後悔の少ない転職方法

看護師が後悔せずに転職する方法についてお話しします。結論からいえば、転職後に抱くギャップを少なくしたい人は、紹介予定派遣という転職の選択肢について検討してみることをおすすめします。

紹介予定派遣について次に説明します。

紹介予定派遣とは:最短1日~最長6ケ月という期間、派遣看護師での雇用契約を締結し、その後、正職員や常勤に登用される働き方

紹介予定派遣は、人材派遣会社に登録をして、一定期間派遣看護師として働きます。派遣される期間は、最短で1日、最長で6ケ月までと法律で決められており、平均期間は3ヶ月程度となっています。

このお試し期間に派遣看護師として、希望する職場で実際に働けるので、自分にとってこの職場が合うか合わないかを見極めることができるのです。

もし正職員や常勤として雇用されていきなり入職すると、雇う側(病院側など)と雇われる側(看護師)の双方が実際よく分からないまま、雇用契約を結ぶことになります。これは雇う側も雇われる側も相当なリスクを背負うことになります。

転職でのリスクを解消し、「正職員として長く働ける機会を増やしたい」という社会的背景から、紹介予定派遣という考えが生まれました。

紹介予定派遣の求人の一例を下に挙げます。

雇用形態の欄に「常勤(紹介予定派遣)」と記載があれば、お試し期間として一定期間、派遣看護師として働いてみることができます。このお試し期間中に双方どちらかが合わないと感じると、残念ながら正職員や常勤にはなれません。

ただ、このことを悲観的に考える必要はありません。面接といった、数十分から長くても1時間程度の表面上の受け答えで採用か不採用が決められるのではありません。

紹介予定派遣であれば、面接が不得意な人でも働きぶりや人柄などを評価してもらえるため、採用される可能性は多いにあるのです。

また、新しい仕事に慣れていなくて何かミスを犯したとしても、その後どのようにフォローをしたのかまで確認してもらえます。多少の失敗は、挽回できる機会が与えられているのです。

さらに、あなたのほうが「この職場では長く勤められそうにない」と感じたのであれば、あなたの方から断ることが可能です。

これが正職員として雇用契約を結んだ後であれば、保険や年金の手続きなどの関係も絡んで辞めづらいのが一般的です。しかし紹介予定派遣であれば、「もう少し派遣看護師として、色々な職場で経験を積んでみたくなった」などと断りやすいのです。

もちろん人材派遣会社の担当者からも、あなたの評判が下がらないように上手く伝えてくれるでしょう。

このように紹介予定派遣では、派遣看護師として働いてみてお互いに合うかどうか見極めてから、正職員登用になるかどうかを決められます。

そのため、双方にとって入職後に起こりやすいミスマッチを防ぐことにつながります。

紹介予定派遣のメリット

では次に、さらに具体的に紹介予定派遣のメリットについてまとめてみました。

  • 実際に働いてみて、職場の雰囲気や人間関係、仕事内容を見極められる
  • 派遣期間中でも、紹介予定派遣に変更することが可能
  • 自分に本当に合った診療科か、適正を考える時間が与えられる
  • 人材派遣会社が仲介して、給与交渉などを行ってくれる
  • 試用期間中の時給は高めに設定されている
  • 面接が苦手な人でも採用される可能性が高い
  • 万が一、正職員になれなくても履歴書が傷つかない など

この7つが紹介予定派遣のメリットです。それぞれ説明していきます。

・実際に働いてみて、職場の雰囲気や人間関係、仕事内容を見極められる

紹介予定派遣の良いところは、なんといっても実際に希望する職場で働いてみて、雰囲気や人間関係、仕事内容を見極められる点です。

人づてで「あそこの医療機関は働きやすい」との噂をいくら聞いていても、実際に働いてみると話とは異なることがたくさんあります。良い職場といっても、人によって合う合わないがあるのです。これが職場選びに失敗しやすい人の転職の落とし穴です。

私の勤める職場の例を挙げたいと思います。

私の勤める職場の人間関係は良好で、その雰囲気が伝わるのか明るい職場だと患者さんにも評判です。

スタッフの中に一人、冗談が好きな年配の看護師がいます。その年配の看護師は、患者さんやスタッフを笑わせるのが得意で、スタッフたちはその人の機転の良さに感心していました。ただ時々、行き過ぎた言動もあり、本人も周囲もそれには注意していました。

そのような中、「医療の現場で冗談をいうのは好きではない」という新人看護師がやってきました。

その新人看護師は、年配看護師の言動一つひとつが大変気になって仕方がないようでした。そして新人看護師が来て2~3ケ月くらい経ったころ、年配看護師がその新人看護師に言った冗談を鵜呑みにしてしまい、二人の間に溝ができていました。

そしてその溝は埋まることがなく、新人看護師はその年配看護師との働きづらさに耐えられなくなり、「ここは合わないから、働きに出るのが辛い」とまで言うようになりました。

このような場合、冗談を受け入れられる人であれば楽しく働ける職場なのでしょうが、そうでない人にとって冗談は苦痛でしかなかったようです。このようなことからも、多くの人が「働きやすい良い職場だ」としても、あなたにとってみると合わない可能性があるのです。

そのため働きやすいか、働きにくいかどうかの決め手は、事前に自分が働いてみて見極めることであり、これが一番効率よい方法といえるのです。

・派遣期間中でも、紹介予定派遣に変更することが可能

2004年の労働者派遣法が緩和され、一般の派遣看護師の期間中であっても、派遣看護師・派遣先・人材派遣会社の合意があれば、紹介予定派遣に切り替えることが可能になりました。

この制度を利用しスムーズに話が進めば、「一般の派遣看護師 → 紹介予定派遣 → 正職員」とステップを踏み、自分の気に入った職場で正職員として働ける可能性が高くなるのです。

人材派遣会社の中には提携している医療機関とのつながりが太く、「一般の派遣看護師の求人であっても、紹介予定派遣へ切り替えられる」可能性があります。

これを利用し、職場を見る目に自信がない場合は、最初から紹介予定派遣の求人ばかり探すのではなくて、まずは一般の派遣看護師の仕事をいくつか行ってみるとよいでしょう。

そうすれば複数の職場を比較検討することができるため、次第に職場を見る目が養われ「どのような職場が自分に向いているか」が分かってきます。

そのように派遣看護師を行うなかで、「ぜひ、ここで正職員として働いていきたい」という理想の職場が見つかれば、そこで人材派遣会社を通して、派遣先の医療機関へ「紹介予定派遣に切り替えることは可能かどうか」を相談してみましょう。

もし消化予定派遣に切り替えられなければ、派遣期間が終了してから、応募先の空きを確認し、正職員として応募すると良いです。採用担当者はあなたの働きぶりを知っているため、他の応募者よりは有利になります。

ちなみに、いくつかの派遣看護師や正職員の求人欄を見てみると、「紹介予定派遣相談可」と記載されているものもあります。このような求人であれば、正職員や一般の派遣看護師の求人であっても担当コンサルタントに相談すれば、とりあえず紹介予定派遣で働いてみることが可能です。

例えば、以下のような一般の派遣看護師の求人です。

他にも正職員の応募欄に、「紹介予定派遣でも構わない」とする記載がされていることもあります。

もしこのような記載があれば、とりあえず紹介予定派遣として働いて、将来選べる選択肢を増やしておくと安心です。

・自分に本当に合った仕事か、適正を考える時間が与えられる

あなたに合った仕事とはどのようなものでしょうか。

「本当はもっと丁寧に看護ケアがしたい」と思っていても、忙しく動き回るような職場ではそれが実現できていない場合があります。反対に「テキパキと働きたい」と考えているのに、ゆっくりとした時間のなかで仕事をしている状況に身を置いている場合は、イライラしてしまうかもしれません。

そして働いているうちに「仕事とはこのようなものだ」と諦めるようになり、自分の希望を叶えることなく、仕事を漠然と進めるようになるかもしれません。

紹介予定派遣であれば、あなたに「この仕事で本当に合っているのかどうか」という不安や迷いに対して、考える時間を与えてくれます。

もしこれが正職員としていきなり採用されるとすると、仕事が合う合わないなどはいっておられず、「このようなものだ」と無理やり納得して働かなければなりません。職場が合わず「転職後、辞めたい」としても、なかなか言い出しにくくなります。

できれば迷いを払拭し自分に合う仕事を見つけて、満足した状況のなかで長く楽しく自分らしく働きたいものです。

・人材派遣会社が仲介して、給与交渉などを行ってくれる

紹介予定派遣の場合、働いているときにトラブルや問題、不満などが生じた場合は、人材派遣会社が仲介してくれます。例えば、「直接雇用になった際には子供の送り迎えの関係で、終業時刻を早めてもらいたい」などといった交渉です。

派遣先の上司にはいいにくい内容でも、人材派遣会社の担当者になら、あなたの事情を伝えやすいでしょう。担当者が派遣先の上司にワンクッションおいて伝達してくれるため、個人的に交渉する必要がありません。

さらに正職員に採用されてからも、なんらかのトラブルが起こった場合は、人材派遣会社が職場との間でフォローしてくれます。個人的に雇用契約を結ぶよりも、人材派遣会社を仲介したほうが安心して働くことができます。

・試用期間中の時給は高めに設定されている

派遣看護師の時給は2,000円前後に設定されています。時給2,000円ということは、一日8時間、月に20日働くとすると月収32万円になります。

このように派遣看護師の給与は看護師のパートやバイトの平均時給よりも高めに設定されていることが多いです。

その理由として派遣看護師にはボーナスがないため、時給が高めに設定されているとされています。正職員やパートと比較すると、紹介予定派遣の待遇面で不満をもつ人は少ないのが特徴です。

・面接が苦手な人でも採用される可能性が高い

「面接での受け答えではなく、実際の働きぶりをみて採用を判断してほしい」と考える人はたくさんいます。正職員として採用されるには、どうしても面接を突破しなければならず、その時点で失敗してしまう人がいるのです。

もちろん紹介予定派遣でも、面接があります。ただ正職員の採用面接は「採用もしくは不採用」の最終判断材料となります。そのため、厳しい目で面接が行われ採用可否の判断が下されます。

しかし紹介予定派遣の場合は、「採用とまではいかないけれど、まず派遣で働きぶりをみて潜在能力などを見極めたい」と面接のハードルは低く設定されていることが多いです。

紹介予定派遣では、看護技術や知識だけでなく、その人の人柄ややる気、伸びしろなども評価されるため、未経験の分野でも採用に至るケースが多いのが特徴です。これまで面接で失敗ばかりしてきた人も、紹介予定派遣なら採用される可能性が大いに期待できるのです。

・万が一、正職員になれなくても履歴書が傷つかない

派遣看護師の雇用期間が終わって万が一正職員になれなくても、履歴書には「派遣看護師としてA病院ICUで勤務(平成〇〇年〇月まで)」と書けばいいので、履歴書には傷がつきません。たとえ派遣看護師で入退職を繰り返したとしても、転職に失敗とはみなされないのです。

むしろ「派遣看護師として、短期間で多くの看護経験を積んできた」ということは、転職時のあなたの強みになります。

派遣看護師として働いた場合の履歴書の書き方について、次に載せます。

平成〇〇 4  株式会社M社に派遣登録し、派遣看護師として訪問看護業務に従事(平成〇〇年6月まで)

平成〇〇  8 同社にて、保育所看護業務に従事(平成〇〇年10月まで)

平成〇〇 11 株式会社P社に派遣登録し、派遣看護師として介護施設で従事

現在に至る

紹介予定派遣を行っている限り、履歴書の欄には「派遣看護師として〇〇病院に従事」と記載すればいいので問題ありません。正職員が退職した場合は退職の度ごとの記載が必要ですが、派遣看護師であるなら派遣期間の全ての入退職の記載は必要ありません。

紹介予定派遣のデメリット

紹介予定派遣のメリットについてお話ししてきましたが、デメリットについても述べておきます。

  • 正職員になると、給与が下がる可能性が高い
  • 有給休暇の付与が非常に遅い
  • 登録するまで、求人名がわからない など

次にそれぞれ説明していきます。

・正職員になると、給与や待遇が下がる可能性が高い

一般的に、正職員よりも派遣看護師のほうが月収は高いです。派遣看護師の場合、残業すれば高額な時給が発生するため、サービス残業などはさせないところが多いです。しかし正職員になると、終業時間外の委員会や勉強会などのサービス残業は免れません。

また正職員になるとボーナスなどが出るため、派遣看護師と比べて月収は下がる可能性が高いです。中には、派遣看護師のときは月収が32万円だったのに対し、正職員になると10万円以上月収が少なくなっていることがあります。

紹介予定派遣の求人の下のほうに、次のような詳細が出ていると要注意です。

紹介予定派遣期間中の時給は2,000円

直接雇用後は、基本給15万円~

資格手当:正看護師1万円 准看護師8,000円

残業代別途支給:800円/時間

賞与:年2回(2ヶ月分)

直接雇用(正職員)になった場合の詳細、例えば「どのくらいの月給になるのか」などを確認してから、紹介予定派遣を受けるかどうか決めることが大切です。

・有給休暇の付与が非常に遅い

紹介予定派遣の場合、派遣看護師として働いているときは雇用主が人材派遣会社になります。もちろん、派遣看護師にも有給休暇は付与されますが、有給休暇付与は6ケ月以上の継続した勤務が前提のため、派遣看護師としての経験が6ケ月未満だと有給休暇は付きません。

そのあと、無事に正職員として直接雇用された場合、今度は雇用主が医療機関などに代わります。そのため、正職員となってから有給休暇が付与されるのがさらに半年後となります。

紹介予定派遣で6ケ月働いたのち、正職員としてさらに6ケ月働かなければ、有給休暇はもらえないということを念頭に置いておかなければなりません。

・登録するまで、求人名がわからない

人材派遣会社の紹介予定派遣には、求人先医療機関名が非公開になっているものが多いです。求人先を特定できないため、個人的に調べることができないため、不安になるかもしれません。

人材派遣会社に登録して、興味のある非公開求人とマッチングされると、そこで初めて医療機関名を教えてもらえます。

非公開求人にしているのは、「人気求人なので応募者が殺到しないため」「募集内容を他の医療機関に知られたくないため」「現在働いているスタッフに募集内容を知られたくないため」などいろいろな理由が考えられます。

医療機関名を教えてもらった時点で、人材派遣会社の担当者から評判を聞いたり、医療機関の口コミを確認したりして、事前に情報を集めておくことが大切です。

紹介予定派遣の注意点

紹介予定派遣には注意点があります。紹介予定派遣は地域によっては求人数が少なく、無責任な人材派遣会社であれば、職場環境や待遇の良くない医療機関を紹介される可能性があります。

派遣期間中だけでなく、直接雇用になってからの労働条件などを確認することが大切です。また、派遣看護師として働いている間も、職場のいい面と悪い面の両方を確認して、「ここで本当に長く勤められるのか」を考える必要があります。

このようなことから紹介予定派遣を行っている人材派遣会社は、大手の信頼できる企業を選ぶことが大事です。大手で老舗であれば、数々の紹介予定派遣を成功させてきた実績があり、求人数が多いため、将来への選択肢を増やすことが可能です。

私がおすすめする人材派遣会社は、パソナメディカルMCナースネットの2社です。

パソナメディカルは、人材派遣会社のパイオニアとして昔から続いている老舗です。5万人以上の看護師が登録しています。技術や知識に不安がある人には無料eラーニングや無料セミナーを行うなどバックアップ体制が敷かれているため、安心できる企業です。

MCナースネットは、登録者数9万人で、利用者満足度は95%を超える人材派遣会社です。全国展開をしているため、地方でも求人の選択肢が多数取り揃えられています。

この両方に登録し、自分に合った担当者や求人を選ぶと、満足いく転職になる可能性が高くなります。

紹介予定派遣を上手に利用して成功する

紹介予定派遣は、雇う側と雇われる側の双方にとって良い制度です。

「正職員としてなかなか採用されない」「転職後に職場が合わないなどの不安あって先に進めない」などといった場合には、この紹介予定派遣という選択肢を利用してみるとよいでしょう。

なかには実際に働いてみて合わない職場だったため、紹介予定派遣を再度行うことがあるかもしれません。しかし、それもまた看護師の経験を積み、職場の見る目を養えたあなたの成長の証拠といえます。

また、「正職員を短期間で辞める」という転職での最悪の事態は回避できたのです。必要以上に落ち込むことはなく、また前を向いて一歩前進するのみです。

あなたに合った理想の職場を手に入れるためには、自分で行動を起こして進んでいくことが転職成功の近道となります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く