2015年9月に「労働法改正」が改正されました。それにより派遣看護師という働き方は、常勤での働き方のデメリット部分をカバーできているため、「正職員として働くのは…」と思われる方にとって、働き始めやすい選択肢の一つとして人気が出ています。

しかし逆に「派遣看護師として働いていたら、いつまで経っても常勤や正職員になれないのではないか?」といった派遣に対して漠然とした不安を抱く人もいます。

実際、「派遣看護師=常勤になれない」というようなことはありません。むしろ派遣看護師として働くからこそ、多方面から情報を集めることができ、常勤や正職員として満足する新しい職場を探し当てられる人が多いのが事実なのです。

そこで今回は「派遣看護師から、満足する働き方を得られる常勤や正職員になる方法」についてお話したいと思います。

派遣看護師として働くメリット

「とりあえず派遣看護師として興味のある仕事をしてみよう」「常勤で働くのは、子どもが小さいからまだ…でも育児が落ち着いたら、正職員になりたい」と思って派遣看護師になる方がいます。しかし、派遣看護師として働くにはもっと多くのメリットがあります。

では、派遣看護師という働き方にはどのようなメリットがあるのか述べていきます。

常勤と派遣看護師の働き方の比較

まずは常勤と派遣看護師の働き方の比較をしてみましょう。

常勤で働くメリットは、もちろん「安定している」「ボーナスや退職金がある」「社会保険が完備されている」「教育支援が充実している」「役職に就くことが可能」といったことが挙げられます。

しかしこれらのことを求める代わりに、常勤で働くデメリットとしては次のようなものが考えられます。

常勤で働くデメリット

・労働環境や悪くても、人間関係が辛くても、すぐに辞めるわけにはいかず我慢を強いられる

・勉強会や会議、看護研究などでサービス残業を強いられることがある

常勤の看護師の転職理由の大半は「ドロドロとした人間関係」「劣悪な労働環境」「重労働」などです。しかもすぐには退職できるわけでないので、退職届が受理されたとしても、しばらくは辛い思いをしなければなりません。

一方、派遣看護師のデメリットとしては「ボーナスや退職金が無い」「契約期間が終了したら新しい契約先を探す必要がある」「社会保険などが完備されていないことがある」「教育体制が整っていない」「給与が上がらない」といったことがあげられます。

しかしボーナスや退職金が出ない代わりに、派遣看護師の平均時給はパートやアルバイトなどよりも高いことが多いです。一ケ月の給与を時給換算すると、正職員よりも派遣看護師のほうが多いのです。

また看護職というのは常時人手不足ということもあり、いまの仕事の契約期間が終わったとしても「全く何も仕事が無い」といったことはどのような地方でも、まずありません。

しかもパソナメディカル(後述します)のような優良な人材派遣会社の場合、一定の条件さえ満たせば、有給休暇も取得でき、また社会保険も完備されています。教育体制も、スマホなどで無料動画を見て「自分に足りない看護技術」だけを効率的に勉強することができます。

常勤であれば「いまの自分には必要無い勉強会」であっても、参加を拒否すれば「あの人はやる気がない」とレッテルを貼られ、白い目で見られることが多いです。しかし、派遣看護師として働いた場合は必要でないと判断した勉強会に参加する必要はありません。

さらに派遣看護師という働き方に人気が出てきたのは、常勤にはない下記のようなメリットの存在がその理由としてあるからです。

派遣看護師で働くメリット

・契約期間が決まっているため、人間関係を割り切ることができる

・時間外の勉強会や会議、看護研究に参加させることは契約違反となるため、サービス残業を強いられない

・自分の興味のある分野の仕事に携われる可能性がある

幅広い人脈を築くことができる

さまざまな現場の生の情報を手に入れることができるため、次の転職の参考とすることができる

このようなメリットがあるため、派遣看護師という働き方に人気が出てきているのです。派遣看護師として働き方をうまく利用すれば、次の転職に活かすことができる大変有効な方法といえます。

転職に必要な情報とは?

派遣看護師を経験することによって、転職に必要な情報はおのずと入ってきます。転職に関して必要な情報を集めれば集めるほど、失敗しない転職を手に入れることができるのです。

転職に必要な情報とは、次のような項目です。

・待遇面で満足いく金額が支払われるか

・教育体制は整っているか

・時間外勤務はどのくらいあるのか

・サービス残業はどの程度あるのか

・実際に働いているスタッフは今の労働環境に満足しているか

・人間関係は悪くないか

あなたは将来、正職員として長く勤めようと思うのであれば、上記のような情報を手に入れ、「どのような職場が自分に合っているか」を慎重に吟味する必要があります。

「給与面」や「待遇面」などは求人票からも把握することができるのですが、「スタッフの満足度」や「人間関係」などに関しては実際に自分が働いてみないと分かりません。

ある人は「この職場はあまり良くなかった」といっていたとしても、他の人にとっては「働きやすい環境」であるかもしれません。このようなことからも、派遣看護師という働き方を通して、さまざまな職場の内部事情を知ることができれば、転職の際のミスマッチが減るといえるのです。

派遣看護師として働いたとしても、決して常勤や正職員になる道が閉ざされたわけではありません。むしろ、派遣看護師で様々な経験を通して、「自分の希望する職場に正職員として入職を成功できる可能性」が高まるといえるのです。

派遣看護師から正職員への雇用方法

派遣看護師を経験していたほうが、転職に対する重要な情報を仕入れることができるため、成功する転職を実現できる可能性が高くなるということです。

では将来、派遣看護師から正職員になるにはどのような方法があるのでしょうか。

スカウトされる

まずは「スカウトされる」という方法についてお話します。スカウトと聞くと「私はあまり優秀ではないし、看護技術も長けていないからスカウトされることはない」と思う人が多いでしょう。

しかし看護師の世界では看護技術が優れていなくても、「派遣看護師から正職員になってほしい」といったスカウトはよくあります。

多くの派遣先は「看護技術は後からうちでいくらでも身に付く。それよりも大切なのは人柄だ。このような人とこれからも一緒に働いていきたい」と考えると、その対象となる派遣看護師のスカウトに乗り出します。

看護技術は経験により修得することができますが、人柄は生まれ育った長年の蓄積から生じているものですので変えることは難しいのです。

また、「派遣で働いている限り、正職員へのスカウトは禁止されているのではないか」という疑問をもつ方もいるでしょう。答えから先にいうと、人材派遣会社は「スカウト」を禁じることはできません。

もし派遣された看護師が優れており、派遣先の病院やクリニックが「この人をすぐにでも正職員や常勤として雇用したい」と希望する場合があるとします。

派遣看護師は、人材派遣会社と一定期間の雇用契約を締結しているため、派遣看護師としての契約期間がある間は、あなたが希望したとしても正職員や常勤にはなれません。このようなスカウト行為は違法となります。

人材派遣会社からすれば、コストをかけて募集し、派遣先に紹介した優秀な看護師を、雇用契約期間半ばでスカウトされ引き抜かれてしまっては、その看護師分からの収入が途絶えてしまうことになるからです。

人材派遣会社としては、できれば長く派遣看護師として働いてもらったほうがその看護師から安定した収入を得ることができます。

しかし、スカウト禁止規定を設けてしまうことは、憲法第22条の「職業選択の自由」に反することになってしまいます。また労働者派遣法第33条2項においても、「人材派遣会社と派遣看護師の間で、派遣契約終了後に雇用することを禁止する契約をしてはならない」と規定されています。

例えば、人材派遣会社が派遣先との間において、「派遣した看護師は派遣契約が終了したのち、正職員として雇用することを禁ずる」といった契約を結ぶことはできないということです。

つまり「派遣の契約期間さえ終了すれば、派遣先の病院やクリニックが正職員や常勤としてあなたを迎え入れることに法律上問題がない」ということになります。

「優先雇用の努力義務」があることを知っておく

また派遣看護師が1年以上同じ組織内で派遣され働いている場合には、派遣先の病院やクリニックは、派遣看護師を優先的に雇用する義務が生じます。

「優先雇用の努力義務」は派遣法第40条の4に記載があります。優先雇用の努力義務とは、条件を満たす派遣看護師を雇い入れるよう努める必要があるということです。

このことを知っておけば、派遣先の病院やクリニックに「優先雇用の努力義務」が生じることになり、正職員や常勤になりやすいといえます。

もう少し詳しくお話していきます。優先雇用の努力義務が生じるのは、下記の条件を満たした場合になります。

・同じ派遣看護師が1年以上、同じ病院やクリニックで部署を移動することなく勤務している

・この派遣看護師の雇用契約が終了したのちに、同じ業務で正職員や常勤の看護師を雇い入れる予定にある

・派遣先の病院やクリニックから、1年以上同一の職場で勤務している看護師に直接雇用の依頼があった

このことを分かりやすくいうと、「派遣先の病院やクリニックでは、1年以上同じ病院の同じ部署で勤務している派遣看護師の任期が満了になっていなくなった後も、病院の規模を小さくするなどしない限り、その派遣看護師が担当していた仕事は存在しています。

そのため、その部署に引き続き、誰かを雇用しなければならない状況にある場合は、その業務を1年以上行ってきた派遣看護師を優先して雇用機会を与えるように努めなさい」ということです。

ちなみに2015年の9月30日に労働者派遣法の一部が改正され、看護師や保健師などを含む専門26業務もこの努力義務が適用されるようになりました。

もしあなたが派遣先の病院やクリニックに雇用されることを希望する場合、あくまでも病院の努力義務とはなりますが、「優先雇用の努力義務」のことを申し出てみることをお勧めします。

そして派遣先の病院やクリニックとあなたの間で直接雇用が決まったのであれば、派遣契約期間が終了したのち、7日以内に派遣元である人材派遣会社との派遣契約を終了させる必要があるので注意しておきましょう。

最初から正職員としての予定がある「紹介予定派遣」に申し込む

「優先雇用の努力義務はあくまでも努力義務なので、正社員になれるかどうか分からないから不安」と思われる方は、求人を検索する際に「紹介予定派遣(正職員/正社員登用あり)」と掲載のあるものに限って派遣契約を結ぶようにしましょう。

もしくは派遣会社に登録後、担当コンサルタントに「将来は正職員を見据えて派遣をしたいので、紹介予定派遣でお願いします」と伝えると良いでしょう。

紹介予定派遣とは、3~6ケ月の派遣期間を終えたのち、派遣先の病院やクリニックで直接雇用されることを前提とした働き方のことです。

もちろんあなたが「この派遣先の病院は常勤で勤めるにはちょっと…」という場合には、断ることもできます。正職員になって退職届を出すよりも、派遣看護師として正職員になることを断るほうが簡単です。

職場にミスマッチがあると分かっているのに、我慢して正社員になって働き続けることは、あなたにとっても雇用側の病院やクリニックにとっても良いことではありません。

もし派遣先の病院やクリニックから辞退する理由を聞かれたとしても、「まだまだ経験が足りないので、他の所でもスキルを積んでからにしたい」や「父が腰を悪くし、実家の家業を手伝わなければならなくなった。もうしばらく派遣看護師でいたい」などと伝えましょう。

いくら劣悪な労働環境だったからといって、派遣先の病院やクリニックの批判をいうようなことは絶対にしてはいけません。

あなたが思っている以上に病院同士や医師のつながりは深いため、いつどこで「あなたの評判」が広がってしまうか分かりません。去っていく職場に対して不平・不満をぶつけてしまうと、あなたが損をすることになってしまいます。

一方、人材派遣会社には辞退する理由を率直に伝えることが肝心です。「体育会系の雰囲気についていけそうもない」「看護師長の怒鳴る声は受け入れられなかった」などと具体的な理由を伝えましょう。すると、次回からはあなたに適した病院やクリニックを紹介してくれます。

人材派遣会社は「あなたという人財」を手元に残すことができるため困ることはありません。本当に自分に合った職場を選ぶようにしなければ長続きはしません。

派遣看護師だからこそ得られる貴重情報

このように派遣看護師だからこそ、実際に現場で働くことにより、人間関係や労働環境、スタッフの満足度などいろいろ見えてくることが出てきたり、他の派遣先と比較したりすることができます。

実はこれは転職する際に非常に貴重な情報源となります。

看護師が転職する際の「情報収集に失敗する原因」の一つとして「看護師どうしのうわさ話だけを信じる」といったことが挙げられます。うわさ話は実際に自分が体験したのではなく、あくまでの「どこが情報源かはっきりしない伝聞話」にすぎません。

「あそこの病院は医師の態度が悪い」「看護師の仲が悪い」「待遇面が悪い」といった看護師どうしの話は根拠が無いことも多いです。同じ病院であっても部署が違えば、まったく職場の雰囲気が異なることもあります。一概に「あそこの病院は悪い」とは言い切れないのです。

また反対に良いうわさ話も同様です。「看護師がやさしい」「待遇が良い」「医師が親切」などといった良いうわさ話にも注意する必要があります。

このようなことから、うわさ話は人によってさまざまな側面があるため、真に受けるのではなく参考程度に留めておくことが大切といえます。

したがって、本当に自分に合った職場かどうかは、「実際に自分が職場を体験してみる方法」が一番良いといえるのです。

例えば、「あなたが勉強好きでスキルアップを目指したい」といった目標をもっているとします。それならば、「勉強会や研修がたくさんある病院」が望ましいでしょう。このような病院に勤め、積極的に勉強会に参加し、研鑽するあなたの姿をみた上司はあなたに高い評価をしてくれるでしょう。これはあなたにとって合った病院といえます。

一方で、中にはプライベートを重視したい看護師もいます。そのような看護師にとったら、勉強会や研修は自分のプライベートの時間が削られるため、苦痛で仕方ないかもしれません。プライベートを充実させたい看護師がそのような病院を辞める際には、勉強会のことは触れずに「サービス残業が多くて大変だった」という悪い評価になるかもしれません。

合う合わないは人によっても、捉え方が全く異なるのです。

派遣看護師として働く場合、契約期間が定められています。最初はさまざまな職場で派遣看護師を体験することを通して「自分はどのような部署が向いているのか」「どのような職場環境だと働きやすいのか」「どのような人間関係だと楽しく仕事していくことができるのか」ということを自己分析していくようにしましょう。

そして、上記のような自己分析が行えてはじめて、紹介予定派遣などを利用し、徐々に希望の職場を絞っていくと転職に成功しやすくなります。

管理人おススメの人材派遣会社

最後に管理人おススメの人材派遣会社について述べます。いろいろな人材派遣会社がありますが、この2社に登録しておいて損はありません。

パソナメディカル

パソナメディカルは、人材派遣会社のなかでも創業30年を超える老舗です。30年以上昔から行なっている信頼できる人材派遣会社はなかなかありません。

全国規模で展開しているため、地方の求人にも対応力があります。豊富な求人数をもっているので、「次に紹介してもらえる求人がない」といったことを防ぐことができます。

そして私がパソナメディカルをおススメする一番の理由は、無料でE-ラーニング(無料動画研修)を受講できるという点です。「未経験の部署に紹介されたら、対処できるかな」といった心配がある人にとっては、まさに大変助かるサービスです。

E-ラーニングを利用すれば、スマホやパソコンでいつでもどこでも苦手分野の克服を行うことができるため、正しい看護知識を短時間で自分のものにしたい看護師にとっては大変助かります。

またパソナメディカルでは、一定条件をクリアすれば、正職員や常勤のようにパソナメディカルの社会保険や雇用保険に加入することができます。人材派遣会社のなかには、これらの保険は自腹で、というところもあります。それでは高い時給も得たとしても、保険だけで月数万円の出費となってしまうため、割に合わなくなってしまいます。

豊富な求人数と派遣看護師の立場になったサービス面の充実度から、パソナメディカルに登録しておいて損はありません。

MCナースネット

MCナースネットは全国で13拠点を構える人材派遣会社で、地方のニーズにも対応してもらうことが可能です。地方に住んでいると、派遣の求人自体が少ないため、面接も一方的な電話だけで済まされ、その後連絡もなく不安になることがあります。

しかしMCナースネットでは、専任アドバイザー(担当コンサルタント)の派遣看護師側に立った丁寧なサポートを受けることが可能です。

MCナースネットは求人件数も希少な単発や短期の仕事が多く抱えており、20,000件以上の求人があります。この求人件数は、他社と比較すると圧倒的な量といえます。「1日だけの仕事」や「週に2~3日程度」「午前だけ」といったさまざまな働き方が選べるため、あなたに無理を強いることなく働くことが可能です。

また利用者満足度も95%と、ほとんどの看護師にミスマッチの職場を無理強いすることなく、満足いく求人を紹介している証拠といえます。「紹介予定派遣」の案件もあるので、上記のパソナメディカルで思ったような求人案件が得られないと思った場合は、こちらにも登録しておくと良いでしょう。

会員数も90,000人を超えており、年々登録者数は増えつつあります。また求人自体も良質なものが多く、「保健師の免許を活用したい」という方にも、学校や企業の案件を紹介することが可能とのことです。

MCナースネットもパソナメディカルと同様、派遣期間中は、MCナースネットでの雇用となり、条件次第では社会保険にも加入できます。

女性の場合は特にライフステージに応じて、職場に希望する条件は変わってきます。MCナースネットでしか出会えない案件も多いです。MCナースネットに登録し、あなたらしく働ける環境を手に入れられるようにしておくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く