「いずれ看護師に復帰しようと考えている」「今は看護から離れて、とりあえず充電期間が欲しい」「早く転職したいけれど、採用までには至っていない」などといった理由で、転職するまでの期間が長引いている人がいます。

もしあなたが看護師を辞めて半年以上、次の仕事を見つけないまま何の対応もしていないままであれば、次の就職先は見つけにくくなります。

今回は、半年以上のブランクを作り転職期間を長引かせてしまった場合の「次の就職先が見つかりにくくなる理由」や「転職に適した時期」、「ブランクへの有効な対処方法」についてお話ししていきたいと思います。

ブランクが長いと転職が難しくなる

半年以上の看護職のブランクがあるにもかかわらず、「看護業界は慢性的に人手不足だから、本気を出せばすぐに次の就職先が見つかるだろう」と安易に構え、転職活動を本気で行なっていない人がいます。

ときには人生の充電期間としてゆったりとした時間を過ごすことも必要です。しかし、次の転職までに時間を無駄に過ごしていたら、どのようなスキルをもっている看護師でも次の就職先は見つかりにくくなります。まずはその理由について述べていきます。

ブランクが長いと次の就職先が見つかりにくくなる理由

次の就職先が決まっていないうちに、「いまの職場の病院を去る」ということは、「看護師だから、就職先については何とかなるだろう」と思ってのことだと思います。

ある程度貯金などの蓄えがある方ですと、「まあ、しばらくは充電期間として旅に出たり、家で過ごしたりするなどして、半年くらい休養をとってから転職しても大丈夫だろう。それまでには、どこかに決まるだろう」などと高をくくって辞めるのです。

しかし、「人生の充電期間だ」と言い訳をしながら、時間を無駄に過ごしているままであれば、どのような能力のある看護師であったとしても次の就職先は決まりにくくなります。

その理由は下記の4つとなります。

・会話のテンポが遅くなる

・表情に喜怒哀楽が現れにくくなる

・顔色が白くなり、覇気が感じられなくなる

・思い浮かべた事柄の具体的な名前が出てこなくなる

このように「社会と接していない期間」が長くなればなるほど、「仕事に対する熱意」や「仕事への責任感」が薄れてきます。

実際に私も、つい6ケ月前まで師長としてバリバリ働いていた50代の転職希望者の方とお会いしたことがありました。その方は、家にこもってテレビばかり見ていたそうです。一見すると、「ただの韓流ドラマ好きのおばちゃん」のような風貌になっていました。

現場からしばらく離れてしまうと、背筋をまっすぐして気を引き締めて仕事をしていた看護師長の頃のパリッとした雰囲気とはかけ離れ、猫背で、ややふっくらし、白髪も増え、ダラッとした感じになり、どうしても気が緩んでしまうようです。

私の目からみてもそうなので、きっと面接に行っても同じような印象をもたれてしまうはずです。これでは採用されないのも当然です。

どのような職場でも構わないのであれば、看護師免許さえあれば転職が可能でしょう。しかし、満足のいく、失敗ではない転職を実現したいのであれば、看護師を辞める前から事前にしっかり準備をしていなければなりません。

そのような当たり前のことに気づいていない看護師転職者があまりにも多いのです。

また別の看護師で、国立の看護大学を卒業して、30代前半で看護師長にまで登りつめた方がいました。しかし院長や部下の看護師との間で板挟みにあい精神的に病んでしまい退職し、家でゆっくり過ごしていました。

半年経過したころから転職活動を始めたのですが、結局1年間もの間、次の転職先が決まらずに、やむなく携帯電話の販売員になった方がいました。その方は、前述した4つのパターンに全て当てはまっていました。

さらにこの負のスパイラルが続いてしまうと、焦りや不安から精神的にも追い詰められてくることが多くなります。携帯電話の販売員になってしまった方も、実際にその段階にまで達していました。

転職だけでなく、人生自体を前向きに考えることができず、自分の置かれた状況を嘆いてばかりいました。このようになってしまうと、その状況から脱却するのは非常に難しくなってしまいます。

ブランクは3ケ月~半年以内にする

「妊娠・出産・育児のような女性のライフイベント」や「引っ越し、介護のような避けられない理由」でない限り、できるだけブランクは3ケ月~半年以内にとどめるほうが転職活動を楽に進めることができます。また復職してからの仕事もスムーズに行うことができます。

転職活動の流れとしては、「求人情報収集→応募書類作成→応募→書類選考→面接(1~3回程度)→内定→入職」というステップを踏みます。

転職活動を開始してから入職までにかかる期間は一般的に、3ケ月から半年以内が標準とされています。

もしまだ退職をしていない場合は、求人案件が出やすい時期まで待ち、計画立てて退職をするほうが得策といえます。感情的に今の職場を退職して転職活動で自分を窮地に立たせてしまうのではなく、最後まで職場にとどまって、満足する次の転職先を決めてから辞めるほうが賢い方法といえます。

転職が成功するかどうかは、「あなたがどのようなキャリアを積んできたか」というだけでなく、「そのキャリアが、いま看護師市場で求められているかどうか」にも左右されます。同じ経験やスキルを積んでいても、時期によって転職市場での評価は随分と左右されます。

転職に適した時期は…

では「求人案件が出やすい転職に適した時期」とはいつになるのでしょうか。医療機関はある一定の流れに沿って活動を行っています。求人活動も1年の間に変化していきます。この転職に適した時期を逃さないようにしたいものです。

看護師業界における転職に適した時期の特徴を下記にまとめておきます。

・1~3月

新年度の組織改革へ向けて、採用が活発化します。管理職の求人が増加する時期でもあります。年度の看護師不足を解消させるため、採用活動にスパートをかける医療機関も多いです。

また12月のボーナス支給後に退職した看護師の欠員補充の求人も増えます。

・4~6月

4月は新年度が始まったばかりで、新卒看護師の入職があり院内は落ち着きません。新卒看護師の受け入れに労力を要するため、中途採用活動は一時的にストップします。

しかし、3月末での退職者の欠員補充の看護師求人が出ることもあります。ゴールデンウイーク明けから新年度の採用計画が定まり、中途採用の新規求人が増えてきます。

・7~9月

採用活動はありますが、夏休みを挟むために、選考は進みにくい時期です。

上半期の状況を踏まえて、10月からの下半期の体制整備に向けて採用意欲が高まってきます。管理職の求人活動も活発化します。6月のボーナス支給後に退職した人の欠員補充の求人があります。

・10~12月

上半期の業績を踏まえ、来年度に向けて看護師補充の見通しを立てる時期となります。

11月ごろには翌年の「4月1日入職」を前提とした求人が活発化し、求人のラインナップが多く揃う時期となります。しかし、12月は年末ということもあり選考が停滞しやすい時期といえます。

上記は看護師転職時期における、あくまで大まかな傾向です。当然、各医療機関によって採用の動きは異なります。希望する医療機関があれば、採用情報を見逃さないように小まめなチェックが必要です。

スムーズな転職活動をするには

このような看護師転職市場の傾向を自分ひとりで見据えて、求人情報を何度もチェックするのが難しい方は、「看護師専用の転職サイト」に相談することをおススメします。

看護師転職サイトに登録しておけば、転職のプロに無料で「転職に関する様々な相談」に乗ってもらうことができます。

例えば、「あなたの希望する条件」を担当コンサルタント(エージェント)に伝えておけば、その条件に合った求人案件が出てきた際に、真っ先に教えてもらうことができます。なんらかの仕事をしながら求人情報を探すのは大変な作業ですが、こちらをすべてコンサルタントに任せることができます。

それが人気のある「非公開求人」である可能性もあります。非公開求人とは、雇用条件が良いために応募者が殺到する可能性の高い求人のことをいいます。あなたの経験を求めている医療機関に効率よく出合える可能性が高まります。

また、転職サイトは採用までのステップで、あなたが困ることがないように「退職のスムーズな進め方」や「応募書類の作成方法」、「希望医療機関の面接でのポイント」など細かい注意点までサポートしてくれます。

さらに担当コンサルタントが面接に同行してくれ、ブランクがあったことをフォローしてくれる場合もあります。転職のプロをあなたの転職活動の味方に加えることで、不採用が続くといった負のスパイラルから抜け出せる可能性がぐっと高まるのです。

もし今後の転職活動に不安や焦りを抱えているようであれば、ぜひ転職サイトに登録して、相談することをおススメします。

転職活動に時間がかかっている場合は

では転職サイトを利用しつつ転職活動をしているにも関わらず、「自分の条件に合う職場がなかなか見つからず、転職活動に時間がかかりすぎている場合」はどうしたらいいのでしょうか。

ブランク中に「資格を取得」していたとしてもNGの理由

転職活動に時間がかかっている場合、「資格の取得」という理由にすれば、「採用時に評価が下がらない」とのアドバイスを受けたことがあるかもしれません。

しかし一概に「資格」といっても、採用の際に評価の対象になる資格と、そうでない資格があるので注意が必要です。なんでも資格を取ればいいというものでもないのです。

よく資格マニアの人が様々な種類の資格を取得しているケースがあります。しかし看護師の転職市場では、資格よりも「実務経験」のほうが重視されます。

多くの資格をもつ未経験者よりも、無資格でも実務経験が豊富な看護師が求められているのです。

看護師の転職で、資格が評価されるのは、「実務経験をもつ看護師がある特定の領域の専門知識を理論的・体系的に身に付いていることの証明」として資格を取得している場合です。

例えば、産婦人科の助産師であれば「母性看護専門看護師」、透析を扱う看護師であれば「慢性腎臓病療養指導看護師」、高齢者ケア施設などであれば「おむつフィッター」などといった資格を取得する場合、採用の評価の対象となります。

一方で、看護とは関連性がない資格を「それほど難易度が高くないから」といった理由で取得し、履歴書に記述したところでプラスの評価にはつながりません。

目的や意義がよく分からない資格がずらっと履歴書に並んで書かれていたところで、「この人は一体何がしたいのだろう」「時間をもてあましているのだろうか」「看護にはあまり情熱を注げないらしい」などと採用側から疑念を抱かれます。かえって、マイナスの評価につながってしまう恐れがあるので注意が必要です。

ブランクが長くなりそうなら、看護の実務経験を磨く

そこで評価されない資格に時間と労力を使うよりも、「看護の実務経験に磨きをかける」ことのほうが重要となります。

もし、転職活動が順調に進んでいないようであれば、「未経験の分野で派遣看護師を経験してみる」「希望する科のeラーニングを受講する」などのチャレンジをしたほうが、転職には有利なはずです。

特に「派遣看護師を経験する」というのは長いブランクを作ってしまいそうな方には、おススメの方法です。

「派遣看護師をしながら転職活動を進める」ことは、長期間かけて転職活動を継続していてもブランクにはならないからです。

しかも、自分の納得のいく求人が見つかるまで派遣看護師をしながら待つこともできます。「半年以内にどうしても次の就職先を決めなければならない」などという焦りや不安も無くなります。

経済面でも、派遣看護師の時給は相場が高いのが魅力的です。

単発から長期派遣まで選べ、イベントナースやツアーナース、訪問入浴、デイサービス、夜勤専従といった多くの選択肢があるのも派遣看護師を行いやすいメリットといえます。

派遣看護師であるなら、未経験の分野の仕事でも、採用されやすく実務経験を積むことができるのです。そのため、看護経験を磨き、視野を広げつつ、人脈を作っていくことが可能です。

さらに正職員の面接で「どうして派遣看護師をしているのか」と聞かれた際も、「未経験の分野にチャレンジするために様々な職場で実務経験を身に付け、正社員としてスムーズに貴院で取り組むための準備をしていた」などの納得のいく理由を述べることができます。

また「紹介予定派遣」といって「派遣期間が終了したのちに、その派遣先で直接雇用が前提となる求人」もあります。

もしあなたが実際にその職場で働いてみて、気に入ればそのまま正職員として働くことが可能となるのです。

このような紹介予定派遣では、一般的に行われているような厳しい面接を受ける必要はありません。すでに採用側はあなたの働きぶりを把握しているからです。面接を受けるとしてもそれは、採用を前提とした面接となります。

派遣看護師としての経験は、今あなたが置かれている環境を最大限に活用することができ、看護の実務経験を高めていくことにもつながります。

派遣看護師として働くメリットを下記にまとめておきます。

派遣看護師として働くメリット

・派遣看護師をしているため、看護職のブランクにはならない

・自分が納得いく求人が出るまで、派遣看護師をしながら待つことができる

・派遣看護師は給与相場が高いため、経済的に困らない

・短期から長期までの働き方が選べる

・希望する仕事を体験してみることができる(ツアーナースやイベントナース、健診ナースなど)

・未経験分野の看護経験を積むことができる

・「紹介予定派遣」に応募すれば、そのまま面接などを行なわずに、正職員への道が開けている

このサイトでも派遣看護師のことについて詳しくお話ししていますので、そちらを参考にしてみると良いでしょう。

何も仕事をしないまま「正職員採用での転職活動」を行うよりも、自分の興味のある分野で、単発でもいいので派遣看護師をしてみると、自分でも気が付かなかった価値を見出す可能性が高まるのです。

経験があるからこそ、次が決まらない

また、「看護経験やスキルがある人ほど、次の就職先が決まりにくい」といった逆説的な場合があります。

その理由は、看護経験が豊かである人には、それなりに場数を踏んできたというプライドがあり、このことが邪魔をして入職する決断が取れないのです。

例えば、転職活動を開始した途端、すぐに内定が出た「経験豊富な看護師」がいたとします。するとその人は欲が出てしまい、「この病院は前職よりも給与が低いし、規模も小さい。このまま転職活動を続けたほうが、もっといい条件の職場がみつかるはずだ」と過信して、内定を蹴ってしまうのです。

しかし、現実はそんなに甘くはありません。内定を蹴ったところで、「もっとよい求人案件が出て、そこに採用される」という保証は一切ないのです。実際には、ブランク期間が長くなるだけで、状況が悪化してしまうことのほうが圧倒的に多くなってしまいます。

一旦採用が出たにも関わらず、下記のような理由から簡単に内定を辞退し、転職に失敗してしまうのです。

・前職よりも規模が小さい病院だから

・前職よりも知名度の低い病院だから

・前職よりも給与が低くなるから

・前職よりも休みが少なくなってしまうから

・前職よりも役職が下になるから

残念ながら、いくら経験が豊富だからといって転職のチャンスはそんなに簡単には巡ってきません。こだわりはある程度捨てて、「入職後の頑張りで満足いかない不利な条件を改善していこう」というくらいの気概をもって次の職場で取り組むことが大切です。

さらに具体的なケースについて、お話ししておきます。

専門看護師の資格を取得した30代半ばの転職希望の方がいました。その方は転職活動を始めてすぐに、3件の医療機関から内定を獲得しました。しかしその方は、このことで気が大きくなってしまい、内定先へ様々な条件をつけることにしました。

3件の内定先への回答期限を延ばして、「自分の希望する条件を受けて入れてくれるかどうか」の天秤にかけてしまったのです。

その結果、すべての内定先から内定取消を告げられ、悲惨な結果を迎えてしまうことになりました。

「私くらいの看護スキルや専門看護師の資格があるなら、もっと良い条件のところがあるはず」という心情は理解できますが、時には譲歩することも大切です。

事前に「何が自分にとって大切であるのか」の優先順位をつけ、その状況に応じて、納得のいく決断をすることが重要です。

前述の方は、当初内定をもらっていた病院よりも、結局、反対に条件の悪い病院で働くことになりました。理想を追い続けるのであれば、かえって条件が悪くなるリスクを覚悟しておくことが大切です。

転職期間が長引きそうなら早めの対処が重要

以上のように、様々な理由はあるにせよ「転職期間が長引きそうだな」と思ったのであれば、すぐに対処をしておくことが大切です。それが「成功する転職への第一歩」です。

転職サイトに登録をしたり、派遣看護師を行ったりするなど、少しでも転職活動を自分に有利になるよう行動を起こさなければなりません。

「ブランクはできる限り短くする」、もしそれが出来ない状況にあれば「転職のプロに頼る」か「派遣看護師を行ってみる」と決心してみましょう。何も現状の行動を変えないままでは、いまの状況は何一つ変わらないばかりか、悪化してしまう可能性を秘めているのです。

できる限りのことを行い、満足して長く働けるような職場探しにつながるよう、事前の準備を怠らないようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く