「看護師はまだまだ人手不足の業界。退職しても、いくらでも転職先はある」と思い、いざ転職活動をしてみると、思っていたような成果を出せず、苦労している人がいます。

「なぜ看護師求人はたくさんあるのに、私だけ転職できないのだろう」と肩を落として、落ち込んでしまうこともあるでしょう。

しかし落ち込んでいるときこそ、自分自身を振り返る良いチャンスです。

今回は「なぜ転職活動がうまく進んでいないのか」を振り返ってもらい、少しだけ元気の出る言葉を贈りたいと思います。そして採用されるための最終手段についてお話していきます。今後の転職活動に活かしていってもらえたらと思います。

なぜ転職活動がうまく進まない?

なぜあなたは転職活動がうまく進んでいないのでしょうか。まずは、その理由について自己分析を行ってみましょう。

準備不足がほとんど

あなたは今回の転職に関して、必要な準備をしてきましたか。転職活動がうまく進まない理由は準備不足であることがほとんどです。

志望動機は希望する病院やクリニックに合わせた内容のものを書きましたか。どの履歴書も同じになっていませんか。面接での受け答えを想定して「どのようなことを答えるべきか」の返答を考えているでしょうか。

「看護師経験が豊富だから、簡単に転職できるだろう」という安易な考えで事前準備を怠っていては、あなたの条件に合う職場に勤めることは難しいです。

あなたの希望する条件は他の人からみても、きっと「魅力的な点」が多いからです。ということは、「1件の求人に対し何人かの応募者が存在する」ということになります。

他の応募者の看護師経験があなたと比べて少なかったとしても、その人は「事前にしっかり準備して面接に臨んだ」のであれば、どうでしょうか。その真摯な態度を認められ、採用に至る可能性が高いでしょう。準備不足であるあなたの勝ち目は低いのです。

また、仮にあなたのライバルになるような応募者が現時点でいなかったとしても、「他にはない当院の魅力的な求人条件ならば、しばらくするとまた応募者が現れるだろう」と採用側は考えます。そしてあなたの採用は見送られることとなります。

「面接の準備をしっかりしてきたな。今後は当院で頑張っていきたいのだな」と採用側に思わせることができなければ、一緒に仕事をしていきたいとは思わないからです。

当サイト「看護ラボ」でも「履歴書・面接」の項目で、どのような準備をすればいいのかを別記事としていろいろ掲載しています。まずはざっとでいいので、それらの記事に目を通してみてください。そしてあなたに足りないなと思うところがあれば、万全の準備を整えるようにしましょう。

転職への覚悟ができていない

あなたは「転職の覚悟」がしっかりできているでしょうか。もし、この覚悟があいまいであれば、「採用側はそのことを見破ってしまう可能性が高い」といえます。

あなたの「転職に対する覚悟」が決まっていないようであれば、「またすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまい、採用が見送られてしまいます。

そこで下記に挙げた「自己都合で退職する場合の決断チェックシート」を使って確認してみることにしましょう。

【自己都合での転職決断チェックシート】

□ 転職先でも気の合わない上司や同僚が在籍していることを覚悟ができている

□ 転職先で年下の上司や先輩から厳格な業務指示・命令を受ける覚悟ができている

□ 自分がいままで避けてきた嫌な仕事、やりたくない仕事でも、転職先では進んで行う覚悟ができている

□ 100%自分が理想とする職場は無いことを覚悟している

□ 転職先では職場環境が変わり、一からすべて覚え直さなければならない覚悟ができている

□ 転職すれば、給与や労働条件が下がる可能性があることを覚悟している

□ 転職することで、有給休暇・ボーナス・退職金がリセットされることを覚悟している

□ 転職先でも理不尽な評価を受ける可能性があることを覚悟している

□ 次の転職先を万が一、短期間で退職してしまった場合、その次はさらに条件を下げなければならない覚悟ができている

□ 退職して転職活動を始めた場合、失業期間が長くなり転職に不利になることを覚悟ができている

〈採点結果〉

□ が7個以上:転職する覚悟ができている。転職を始めましょう

□が4個以上7個未満:転職の件は少し時間をおいて、じっくり考えたほうが良いです

□が0個から4個未満:転職は見送りましょう。いまの職場で頑張ってみることをおすすめします。

その上で、自己都合により今の職場を辞め、転職を考える場合は、「なぜ転職したいのか」という自問自答を行ってみることが大切です。

「私が勤めている病院の労働条件は最悪だ」と思っているだけで、実は他の病院も同じようなものかもしれません。「隣の芝生は青い」可能性もあるのです。

「本当に今の職場を辞める必要があるのか、他に現状を変える方法はないのか」「単なる自分のわがままで転職しようとしているのではないのか」など転職に対する自分の気持ちや考えを整理してから転職活動に臨んでください。そうでなければ、どのような職場に転職したとしても後悔することになります。

勝手な思い込みをしていないか

転職活動で苦労する人の共通点として、「自分の市場価値を理解しておらず、勝手な思い込みをしている」ことが多いです。転職活動に失敗したり、長引いたりする大半の人は、看護師の転職市場を甘く見ている傾向にあります。

「あそこの病院はいつも求人を出している。慢性的な人手不足だからすぐに決まるだろう」「正看護師の免許があるから、引く手あまたのはず」「大学病院で勤めてきた経歴があるから、小さい病院からすれば私のような人物は大歓迎だろう」などと高をくくって転職に臨んでいないでしょうか。

勝手な思い込みから条件面で譲歩できず、決まるものも決まらなくなってしまっているのかもしれません。

実際、私の友人の話ですが、半年かけて転職活動を行い、ようやく内定が出たにも関わらず、「私は国立の4年制大学を出ている。もっと条件の良い病院があるはず」と内定を蹴った人がいました。

その友人は、その後「さらに条件を下げたにもかかわらず、他の病院からも内定がもらえず、状況がもっと悪化してしまった」という笑えない話となりました。その友人が自分の適正価値をしっかり把握していたのであれば、今頃は内定先の病院で正職員としてバリバリ働いていたのかもしれません。

下記によくある勝手な思い込みについて表記しました。

よくある勝手な思い込み

・転職希望者の思い込み:「私は大学病院に勤めていたから、地方の病院であれば、どこでもすぐに内定がもらえるはずだ」

 採用側の視点:「大学病院に勤務していようがいまいが、当院の採用選考には関係が無い。それよりも患者さんのことをどこまで考え、動くことができるかが大切


・転職希望者の思い込み:「前の職場では副師長をしていた。だから他の候補者よりも評価は高いはずだ」

 採用側の視点:「副師長をしていたのは単なる年功序列制度だったのかもしれない。『何の役職に就いていたか』よりも、『その役職でどのようなマネジメントをしてきたか』が大切


・転職希望者の思い込み:「私は4年制大学を卒業しているから、他の学歴で劣る看護師よりも評価されるはずだ」

 採用側の視点:「勉強ができるのと仕事ができるのは、別物。学歴にしがみついている人は使いづらい」


・転職希望者の思い込み:「私は患者さんによく感謝をされるチームのリーダーとして高く評価されてきた。だから、すぐに転職できるはずだ」

 採用側の視点:「チームの功績を、さも自分ひとりで成し遂げてきたというような人は信用できない


・転職希望者の思い込み:「私はたくさん資格を取得してきたから、やる気もあるとみなされ、優遇されるに違いない」

 採用側の視点:「保有資格と処遇は直結しない。それよりも実際の仕事でどれだけ動けるかが大切


・転職希望者の思い込み:「前職では年収で600万円もらってきたから、新しい職場でも同じか、それ以上貰えるはず」

 採用側の視点:「ご都合主義の一方的な希望は勘案しない。それだけの給与を出す価値があるかどうかは実際の働き具合を見て、こちらの判断で決める


・転職希望者の思い込み:「退職した以前の病院では〇〇制度があった。次でも同様の福利厚生が用意されているはず」

 採用側の視点:「以前の職場の福利厚生を一緒くたにされてしまっては困る。こちらではこちらの福利厚生を用意している」


・転職希望者の思い込み:「前職時代には循環器で有名なA医師や、脳外科で名高いB医師と一緒に仕事をしてきた。他の看護師よりも有利なはずである」

 採用側の視点:「前職では大病院に勤めてきたので、仕事をしてきたのかもしれない。ではその医師たちから何を学んできたのかが大切

このように実際のあなたの市場価値はそれほど高くはないかもしれません。

本当に看護師としての市場価値が高い人は、人材を必要とする医師から既に声がかかっているはずです。また、転職活動を始めてすぐに転職サイトにアプローチをしたら、ひっきりなしに好条件の求人票が送られて来るはずです。つまり、最初から勝負はついているのです。

そこまでハイスペックな看護師でなくても、短期間で「この看護師はすごいな」と思われるような人は、自分の市場価値をわきまえている人が多いです。

自分の市場価値を客観的に見極めていない人は、応募するべきターゲット病院やクリニックがずれていたり、前職の好条件にこだわり続けていたりします。これでは不採用が続きます。

不採用が続けば、転職活動期間が必然的に長くなってしまい、失業期間が長期化します。そうなれば、さらに転職活動を困難なものにしてしまいます。

転職活動において、自分に自信をもつことも必要ですが、自分を過信しすぎるのは禁物です。

少し元気が出る言葉

自己分析をして、「そうか、このようなところは直したほうが良いな」というところはあったでしょうか。その部分を改善してみてください。そして、転職活動で落ち込んでしまった人のために、少しだけ元気を出してもらうための言葉を贈りたいと思います。

自分を応援してくれる人にお礼を

あなたを心の底から応援してくれている人に会ってお礼を言いに行きましょう。元気がもらえます。しかし、「そのような人、私にはいない」と思った人もいるでしょう。

いいえ、います。

すぐに会いに行きましょう。すぐに会えます。まずは立ち上がり、あなたから一番近い鏡を見に行ってください。鏡を見ると、そこには顔が映るはずです。その人があなたを心の底から応援してくれている人、つまり「あなた自身」です。

あなたがくじけそうになったとき、苦しくて投げ出しそうになったとき、誰かに心無い言葉を言われて心が折れたとき、どのようなときもその人は、あなたから片時も離れず応援してくれています。その人ほどあなたのことを想って、身を削って、これほど頑張ってくれている人はいません。

「私のために頑張ってくれている。ありがとう」とお礼をいって、ねぎらってあげてください。きっとその人は嬉しそうに笑ってくれるはずです。

自分自身を否定されたのではない

あなたはいま「転職活動がうまく行っていない=自分自身を否定されたような気持ちなる」ことから、落ち込んでしまっているのだと思います。

しかし採用者は神様ではありません。あなたが生まれてからこれまで、苦労してきたこと、頑張りぬいたこと、達成してきたことすべてを知りぬいているわけではないのです。

ただ、その病院とあなたが合わなかっただけなのです。それ以上でもそれ以下でもないのです。

あなたが希望していた病院は、あなたのキャリアや今後に活かすことができないところだったのです。行かなくて良かったのです。

過去は変えられる

前項の「自分自身を否定されたのでない」という話からつながるのですが、過去は変えられます。「未来は変えられる、過去は変えられない」の間違いではないのか、と思った人もいるでしょう。

いいえ、過去は変えられます。

過去に起こった嫌な思い出は、どのようなふうにでも変えられます。

例えば、「前の職場でいじめにあって、退職を余儀なくされた。もう思い出したくもない」とする出来事があったとします。

しかし、そういう苦しい経験をした人が先輩になったとき、後輩の気持ちがよく分かる素敵な先輩になることが多いです。

「私は新人のとき、理不尽ないじめを受けて転職してしまった。でも、その経験があるからこそ、反面教師として『後輩に対してあのような態度を取ってはいけない』と知ることができた。いじめられて良かったんだ」と思えるのです。

嫌な思い出も、辛い過去も、ポジティブ思考によって変換できるのです。言い換えれば過去の出来事も思考変換によって、それをいくらでも現在や未来に活かすことはできます。「あのような辛いことがあったから、いま幸せを実感できる」と思えると、今後もずっと幸せで前向きな気持ちでいることができます。

反対に、「新人のときにいじめられたから、いじめ返そう」と思っていると、今後もずっと不幸せが続くでしょう。過去の辛い思い出をさらに辛いものに変えてしまうと、未来もさらに生き苦しいものになってきます。不幸ぐせをつけないようにしましょう。

悩みは時間が解決してくれる

あなたがずっともやもや考えてしまう「悩み」は時間の進みとともに、解決されます。

時計を見てください、秒針がカチ、カチと進むごとに、あなたの悩みは消えていっているのです。

「いやいや、ずっと落ち込んだ気持ちが続いて苦しんでいる」と思っている方もいるでしょう。

しかし、そのようなことはありません。

例えば、あなたは2年前の悩みにいまも苦しんでいますか。2年前でなくても、1年前でも、半年前の悩みでもいいでしょう。ずっと同じ悩みで苦しんでいるでしょうか。

実は昔、悩んでいたあの辛い気持ちは、時間とともに消えていくのです。悩み続けても意味が無いことを知りましょう。

悩みというのは、自分ではどうにもならず解決できないから「悩み」になるのです。

自分で動いてどうにかなるのであれば、それは悩みではありません。「どう動けば、悩みが消えるのか」を知っているのであれば、すぐに動き始めれば良いだけです。

そして、「どう動いても、解決しない悩み」であれば、放っておけばいいのです。そのような場合であっても時間が解決してくれます。心配しないでいいのです。

不採用であったら、転職の速度を上げる

「不採用だった」といって落ち込んでいても、現状を変えなければ採用になったり、解決したりはしません。少し、転職活動の速度を上げてみましょう。「焦ろ」といっているわけではありません。

いまこそ採用されやすい絶好のタイミングなのです。

抵抗が出てきているときこそ、人生は上昇しやすくなります。この抵抗を利用するのです。

飛行機は空気抵抗があると上昇しやすくなります。とくに向かい風が吹くと飛行機は一気に上昇するため、タイミングを見計らってエンジンを全開にします。すると上昇気流ができ、その後あまりパワーを必要としなくても、簡単に飛び上がることができるのです。

「不採用」「もとの職場に戻ったら良い」「看護師として経験が少ないから採用は難しい」「あなたに転職は無理よ」などといわれたら、それは「私もうすぐ、良いところに転職できるな」というサインの表れです。

一般的に、上記のようなことを言われたら、誰しも失速してしまいます。抵抗にあって失速してしまったら、そこで動けなくなってしまいます。ストップしてしまうと、次に動き始めようとするのに以前よりもかなりの労力を必要とします。

抵抗にあったら、一気に加速です。これが採用への近道といってよいでしょう。

不採用が続いたときの最終手段

幾度か面接まで選考が進んだけれど、なかなか内定がもらえない場合の最終手段があります。「準備も万全だった」のに、何が問題なのだろうと落ち込む人もいるでしょう。

そこで不採用が続いたときの最終手段についてお話ししておきます。

起死回生のひと言とは

「どうしても希望する病院で働きたい」という場合の起死回生のひと言について述べます。

簡単に言いますと、「求人票に記載されている内容よりも低い就業条件で働くことを提案」するのです。「それはさすがに困る。私にも生活もプライドもある」と思った人は違う求人を探してください。「どうしても、その病院で働きたい」という場合のみ、使える方法です。

例えば、「最初は契約社員でも構わない」「求人に記載されている給与よりも低くてもよい」「御院に慣れ、やる気を認めてもらうまではインターンシップのように無給でも構わない」などと、そこで働くチャンスをもらうのです。

「期限まで自分の働きっぷりをみてもらい、本採用の可否を判断してほしい」とアピールするのです(必ず期限を決めておきましょう。あくまで暫定措置です)。

そうすれば採用側にとって、あなたを不採用にする理由が無くなります。人事採用制度が厳格な大病院などですと、このような事を述べたとしてもチャンスを貰える可能性は低いかもしれません。

しかし中小規模の病院であれば、このようなあなたの提案を受け入れてくれる可能性が大いにあるのです。

何も変わらないで、ズルズルと転職活動を続けても、ブランクが無駄に長くなるだけです。ブランクが長引けば、生活的にも精神的にも悪化の意図を辿ってしまいます。最初は条件が低くても、働いて結果を出せば良いのです。あなたならきっとできるはずです。

この提案は少し恥ずかしいかもしれませんが、この方法は勇気さえあれば、「ただ」で、しかも数秒で行なえます。採用側に「そこまでして当院で働きたいのか」と入職意欲を買ってもらえて、そのまま求人内容通りに採用してもらえる人もいます。

「面接がうまくいった」と思う場合は、条件を下げる必要はありません。「不採用の空気が流れている気がする」と面接終了の間際に判断した場合に、この提案を切り出してみましょう。

あなたは必ず採用される

転職活動がうまく進まない人には、同じ傾向がみられます。それは「自分自身を客観的に把握できていない人が多い」ことです。今回の記事には、あなた自身を自己分析し、疲れた心を癒やす言葉を贈りました。

起死回生のひと言も、お守り代わりに知っておけば、面接のとき必要以上に緊張する必要もなくなります。

あなたに合った職場は必ず見つかります。大丈夫です。ひとつひとつ、丁寧にそして着実に転職へのステップを踏んでいきましょう。あなたは必ず採用されます。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く