「パートかアルバイトで看護師として働きたい」と考えている人がいます。パートやバイトであれば、体力的な不安や子育てなどでブランクがあっても復職しやすいため、すぐに思い浮かぶ雇用形態でしょう。

しかし結論からいえば、パートやアルバイトで看護師をするよりも、派遣看護師をするほうが断然、短期間で高待遇・高時給で効率よく働くことができます。

せっかく転職するのであれば、派遣看護師を選択して短時間で効率のよい働き方を実現したほうが、満足いく働き方を手に入れることができます。そこで今回の記事では、パートやバイトよりも派遣看護師をお勧めする理由について述べていきたいと思います。

パートやバイトよりも派遣看護師をおすすめする理由

パートやバイトで看護師をするよりも、派遣看護師をおすすめする理由は以下の通りです。

  • 安定している
  • 時給が高い
  • トラブル時に窓口がある
  • 福利厚生がしっかりしている
  • 人間関係での悩みが少ない
  • 短期間でさまざまな看護経験が積める
  • 紹介予定派遣なら、常勤になれる など

では派遣看護師を勧める理由を一つずつ説明していきたいと思います。

安定している

派遣看護師というと根無し草のような感じがして、不安定な働き方のように考えている人がいます。しかし、派遣看護師の働き方のほうがパートやアルバイトと比べて、はるかに安定した環境にあるといえます。

パートやバイトの場合、ハローワークや求人情報誌などから希望に合った求人を探します。そして雇用主と応募者との双方の条件が一致すれば、直接雇用契約を結びます。

一方、派遣看護師の場合は、紹介派遣会社を通して派遣先の医療機関に勤めることになります。派遣看護師にとって、紹介派遣会社が雇用契約を結ぶ雇用主となり、派遣先医療機関は実際に働く勤務先となります。

なぜ派遣看護師のほうが安定しているのかといえば、それは「あなたの継続的な雇用を紹介派遣会社がサポートしてくれる点」にあります。

パートやバイトのとき、もし勤め先で何らかのトラブルが起こった(経営状態が悪化するなど)場合、再度ハローワークに通うなどして就職活動を行い、自分で新しい勤め先を見つけなければなりません。

しかし派遣看護師であれば、条件に合った新しい勤め先を紹介派遣会社から紹介してもらえばいいので、自分で探す必要はありません。看護業界は常に人手不足であるため、看護師求人が無くなることはまずありません。

このようにパートやバイトよりも派遣看護師のほうが、安定して働けることができるのです。

時給が高い

パートやバイトと比較して、派遣看護師のほうが時給は高めに設定されています。次の求人を見てください。

こちらはある介護施設の看護師求人(パート)で、給与は時給で1,150~1,250円と掲載されています。休日にはプラス50円つきます。この求人は施設のホームページから直接募集しているものを転載させて頂きました。

では、次にこちらの派遣看護師の求人を見てください。

時給は1,900円と高めに設定されています。派遣看護師の時給相場は2,000円前後となっており、上記の求人でも、このような給与体系となっています。

この求人を比較してもらうと分かるのですが、実は同じ介護施設の求人になります。看護師の仕事で、全く同じ仕事内容であるにも関わらず、パートか派遣看護師かという申し込みの入り口が異なるだけで、時給1時間につき650~750円もの差があるのです。

それでもパートやバイトの場合、正職員や常勤ほどではないもののボーナス時にお金がもらえるところがあります。しかし、私の調べたところ、パートやバイト看護師へのボーナスの相場は、大体30,000~50,000円程度、多くて10万円でした。

仮に上記の職場で、派遣看護師として6ヶ月間働いたとすると、「時給1,900円 × 一日8時間 × 月20日 × 6ケ月」で1,824,000円です。次に、パートで同じ計算をしてみましょう。「時給1,250円 × 一日8時間 × 月20日 × 6ケ月」で1,200,000円です。

たった6ヶ月というわずかな期間で実に、624,000円もの差がついてしまう計算になります。年間にすると、1,248,000円もの差になります。

正職員でも半年で62万円ものボーナスが出るところは少ないです。しかし派遣看護師であれば、時給が高いため、手にするお金は多くなるのです。

このようなことからパートによるわずかなボーナスより、派遣看護師をして高時給で収入を得たほうが、効率のよい働き方といえるのです。

なぜ派遣看護師とバートやバイトでは、このような時給の差があるのでしょうか。それは「人手が足りなくなって看護師を急に募集しなければならなくなった」など、時給を上げてでも人手不足を解消しなければならない切羽詰まった状況が多いからです。

入院を行う医療機関の場合、「7対1入院基本料」を満たしていなければ診療報酬を受け取れません。このようなことから、高い時給を設定してでも、看護師がいますぐにでも必要というところが多いのです。

・夜勤の派遣看護師ならさらに高額時給となる

ちなみに夜勤を行う派遣看護師であれば、さらに効率の良い稼ぎ方が実現できます。夜勤では、派遣看護師の日勤の時給とは別に深夜労働手当や時間外手当の割り増し賃金が加算されるからです。

夜勤の派遣看護師の日給は30,000~35,000円というところが多く、短期間で効率よく稼ぎたい人にはおすすめの働き方です。

正職員なら夜勤を行っても、手当が10,000円もつかないところがほとんどです。しかし夜勤の派遣看護師であるなら、労働に見合った対価を手にすることができるのです。夜勤の派遣看護師の単発求人の一例を挙げておきます。

夜勤に抵抗がある人は、最初は療養病棟や慢性期病棟を選べば、患者さんの急な容態変化への対応をすることは少ないです。また、急性期病棟の夜勤でも、サポート要員である派遣看護師に重症患者の受け持ちをいきなりさせることはありません。

このようなことから未経験の分野や慣れない仕事であっても、あまり不安に思う必要はありません。

トラブル時に相談相手がいる

ハローワークを通じてパートやバイトとして雇用された際、勤め先でトラブルに遭遇した場合、自己解決しなければならないことがほとんどです。一方、派遣看護師であれば、雇用契約の相違などのトラブルは、紹介派遣会社に相談することができます。

ハローワークは公的機関であるから、「紹介先での雇用契約トラブルは対処してくれるだろう」と考える人が多いです。しかし、ハローワークは職業紹介事業を行っているところです。雇用契約上のトラブルに関しては、個人的に労働基準監督署へ相談しなければなりません。

当サイトの管理人である私自身、ハローワークを通して看護師応募を行い、痛い目にあった経験があります。私の場合、求人票に記載されている基本給(例えば18万円~)から「看護師経験が少ない」という理由で、実際に受け取った基本給は1万円引かれていたのです。

金銭トラブルのほかにも、いじめなど多くの問題を抱える医療機関であったため、私は半年で退職する結果になりました。

退職後、私はすぐにハローワークに行き、この医療機関を紹介した職員に「求人票に記載のあった最低限の基本給から、さらに金額を引かれた」ことやいじめにあったトラブルなどについて訴えました。

するとハローワークの担当職員は、「近所で評判のいい医療機関だと思ったから紹介した。でも、ここはすぐに求人が出るから、なんだかおかしいと思っていた。次にここを応募する人がいても、勧めないようにしよう」といわれただけでした。

ハローワークの担当職員の言葉を信じて転職しても、失敗したら自己責任になるのだと痛感した言葉でした。

その点、紹介派遣会社を通している場合、トラブルが起こった際には、あなたの担当者へ相談することができます。もし、あなたが勤め先でトラブルを抱えて雇用契約終了前に辞めてしまうと、紹介派遣会社・医療機関の双方にとって今後の仕事の信用問題に関わってくるため、悪い影響が出てしまいます。

それを回避するためにも紹介派遣会社の担当者は、医療機関との間に入り、なんらかの手立てをとって解決に導いてくれるはずです。もし担当者が動かない場合は、さらにその上司などに訴えることもできます。

このように紹介派遣会社を通したほうが、はるかに働きやすい環境に自分の身を置くことができるのです。

・残業や時間外勤務が少ない

看護師の仕事には、勉強会や委員会などで残業や時間外勤務が多いのが特徴です。特に子育て世代の看護師などは、時間外勤務が多ければ多いほど、仕事を続けるのが困難になります。

パートやバイトの場合、多少の時間外勤務はサービス残業となり、時給は発生しないことがあります。正職員や常勤での雇用であるなら、なおのこと時間外勤務はサービス残業になってしまうでしょう。

ただし派遣看護師の場合、時間外勤務が発生したら、時給を追加で支払わなければならなくなります。働き始める前に紹介拝見会社と締結した雇用契約書に「時間外勤務があった場合には時給が発生する旨」についての記載があるはずです。

もしそのことを勤め先の上司が把握していないようであれば、紹介派遣会社の担当者に申し出て、調整してもらうようにしましょう。このようなことができるのも、紹介派遣会社を通している派遣看護師ならではです。

 福利厚生がしっかりしている

パートやバイトの場合、正職員や常勤の勤務時間の4分の3以上を働いていれば、厚生年金や健康保険といった社会保険に加入することができます。

ただし派遣看護師の場合も、一定の条件を満たすことで、紹介派遣会社の社会保険に加入することが可能です。そして派遣看護師の場合、さらに福利厚生の恩恵が豊富にあります。

例えば、パソナメディカルという紹介派遣会社では、セーフティーネットというカウンセリングサービスを行っています。登録した派遣看護師から、仕事以外を含め悩みやトラブルを電話やメールで受け付けます。

他にも、ベネフィットステーションという、宿泊施設や育児、グルメ、ショッピングなどの会員特典サービスを提供しています。子育て世代の看護師にとっては、様々な特典を享受できることになります。

これが個人病院などでパートやバイト勤務となると、このような福利厚生は整っていないところがほとんどです。

ちなみに、派遣看護師として6ケ月以上継続して勤務した場合は、有給休暇が付与されます(複数の派遣先でも6ケ月以上勤務すると、有給休暇をもらえます)。

これはパートやバイトも同様です。ただ、派遣看護師の場合、雇用者は紹介派遣会社であるため、有給を付与するのは紹介派遣会社です。

パートやバイトで入職して6ケ月過ぎたからと、上司にいきなり有給申請を行うのは気が引けます。しかし派遣看護師であれば、職場の上司に有給申請を出すのではなく、紹介派遣会社に申請すればいいので気兼ねはありません。

このように派遣看護師のほうが有給を取得しやすい環境にあるのです。

人間関係での悩みが少ない

派遣看護師は雇用期間が定められています。そのため、看護師にありがちな人間関係を一歩外から傍観することができます。

パートやバイトの場合、雇用期間が定められていなければ、その職場に不満をもっていても我慢して働き続けなければなりません。また、正職員とパートでは明らかな身分差を感じさせる職場が多くあります。

私が以前勤めていた病院では、パートに看護助手と同様の仕事をさせていました。子育て世代だったため、パートという雇用形態を選んだ人がいたのですが、年下で経験の少ない正職員の看護師から、おむつ交換などのみんなが嫌がる仕事を命令されていました。

一方、雇用期間が定められている派遣看護師の場合、職場の嫌な面がみえたとしても「あと、〇ケ月の辛抱」と我慢することができます。

さらに派遣看護師のほうがパートやバイトと異なり、周囲のスタッフから期間限定の外部サポートスタッフとして丁重に扱われることが多いです。これもバックに紹介派遣会社が付いていることが影響しています。

もし、理不尽な言動があったとしても、スタッフ間で解決する必要はありません。紹介派遣会社を通し、第三者に間に入ってもらうことができるので、お互いが感情的にならず、スムーズな問題解決につながります。

このように看護の職場では起こりがちな人間関係のトラブルですが、派遣看護師のほうが「ビジネスライクに距離を置いて付き合うことができる」といった利点があります。

短期間でさまざまな看護経験を積める

派遣看護師は「1日といった単発やスポット、数ケ月といった短期雇用、最長3年までの長期雇用」など、さまざまな雇用形態や仕事の種類があります。そのため、看護師として多くの経験を積むことができるのです。

職を転々としても、派遣看護師であれば短期間で仕事を変わるのが当たり前です。転職時に仕事が変わった回数が多いからといって、面接で変な目で見られる心配は少なく悪影響はありません。

しかしパートやバイトでは、数ケ月単位で職場を転々としている場合、「なにか性格的に問題があるのかな」と捉えられてしまうことがあります。

そのような観点からも、派遣看護師は未経験の分野でも短期間で数多くの経験を積める効率的な働き方だといえるのです。

さらに派遣看護師の働き方として面白いのは、病院などに勤めるのではなく、病院から一歩外に出たイベントナースやツアーナースといった働き方を体験できる点です。

簡単にいえば、イベントナースとは、コンサートや野外ロックフェス、お祭り、スポーツ大会などのイベントで救護活動を行う看護師のことです。

ツアーナースは、ツアーに同行して、参加者の体調管理を行ったり、急病人やけが人の応急処置や救急搬送の対応を行ったりする看護師のことです。イベントナースもツアーナースも単発の仕事になります。

病院という狭い職場環境から外に出ると、自分の視野が狭かったことに驚く看護師が多いです。次にツアーナースの派遣看護師の求人の一例を挙げておきます。

他にも派遣看護師であれば、保育所ナースなどの希少求人に出会える可能性が高くなります。例えば、以下のような求人です。

また保健師に正職員で転職したい場合、応募者が殺到し、転職が難しいのが実情です。また保健師の経験が必要というところが多く、その時点で未経験の人はあきらめるしかありません。しかし派遣看護師であるなら、非常勤としてでも保健師の経験を積んでいくことが可能です。

次に紹介するのは、保健師としての派遣看護師の求人です。非常勤となっていますが働きぶりを認めてもらえば、人気の保健師求人で正職員になることが可能のレア求人です。

パートで働くとなると、慣れている点や知識や技術をもっていることから、以前勤めていたのと同じような科を選んで働く人が多いです。

しかし、派遣看護師として働くのであれば、選択肢が多数取り揃えられているため、いろいろな科で経験を積んで挑戦できます。紹介派遣会社にはいろいろな種類の求人が掲載されているため、求人を眺めているだけで自分の可能性と価値が広がっていくのがわかります。

看護師として様々な科で実績を積んでいけば、技術や知識を増やすことができます。いまは経験がなくて、すぐには転職できなくても、派遣看護師をして「未経験分野での経験を培って、のちのち正職員として転職する際に活かしていく計画」を立てて動いている看護師もいます。

パソナメディカルなど紹介派遣会社のなかには、無料のeラーニングやセミナーを用意しているところがあります。未経験で不安があるという人は、活用するとよいでしょう。

そのほか「いまはまだ、どの科が自分に合っているのか分からない」という人も、派遣看護師はおすすめです。いろいろな科を巡って働いてみると、「自分はどのような科が適しているのか」「どのような働きかただと無理はないのか」などが分かってきます。

自分に合った職場を見つけられる目を養うことにつながっていくのです。

紹介予定派遣なら、常勤になれる

先ほど、紹介した保育園ナースの求人ですが、次のように雇用形態が常勤(紹介予定派遣)となっています。

紹介予定派遣とは、派遣期間が終了したのち、その派遣先が気に入れば直接雇用に代わる形態になります。紹介予定派遣という言い方の他にも、「正職員/正社員登用制度あり」と書かれている派遣の求人もあります。

紹介予定派遣の場合、派遣期間は1日~最長6ケ月となっており、派遣期間が終了する前に、雇用者と直接雇用についての話があります。

この方法は、雇う側(医療機関など)も雇われる側(看護師)も双方にメリットがあるといえます。

雇う側は実際のあなたの働きぶりを見て、仕事に対する熱意などを確認することができます。一方、雇われる側も、実際に働いてみることで職場の雰囲気や人間関係、具体的な仕事内容などを知ることができます。

もちろん、紹介予定派遣の期間終了後、「絶対に正職員として入職しなければならない」ということはありません。気に入らなければ、「まだ他にも看護師として派遣で、いろいろな経験を積んでいきたい」などといえばいいのです。

この方法であるなら、「仕事内容や人間関係で合わず、短期間で退職を余儀なくされた」という転職のリスクを減らすことができるのです。

派遣看護師のほうが効率的で安定している

このようにパート・バイトで働くよりも、派遣看護師をするほうがはるかに効率的で安定して働くことができるのです。

原点に立ち返り、何のために働くのか考えてみましょう。「家計を支えるため」「自己実現のため」「キャリアアップのため」「時間を有効に使いたいため」「ちょっと贅沢をしたいため」などであれば、パートやバイトで働くよりも派遣看護師として働くほうがはるかに理にかなっています。

いま、労働者の約4割は非正規雇用です。派遣看護師は特にパートやバイト、正職員よりもワークライフバランスを実現できる理想的な働き方といえるのです。再度、派遣看護師としての働きかたを考えてみてはいかがでしょうか。

ちなみに、今回の記事で掲載した求人はMCナースネットからの抜粋になります。興味のある方は登録を行い、まずは無料の相談をしてみることをお勧めします。

次に紹介するのは、福利厚生がしっかりしているパソナメディカルになります。こちらは全国ネットで展開しているので2社とも登録すれば、より満足いく求人に出会いやすくなります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く