転職活動で履歴書も選考され、面接まで受けて「採用側の反応もそんなに悪くなった」にも関わらず、「最後の一歩」のところで採用に至らないケースがあります。

面接まで進んだにも関わらず、不採用が続いてしまうと、転職活動にやる気がなくなり、「もしかしたら、このまま就職できないのではないか」と自分を疑い出すこともあるでしょう。

実はそのような方にも採用の可能性は残されています。しかし、能力、経験、看護スキルが乏しいことを自覚している上、自分に対する自信も無くなっている状態であるため、このまま転職活動を続けたとしても「採用」は難しいでしょう。

あなたにはまだ「転職活動をもうひと踏ん張りして頑張ろう」という意気込みがあるでしょうか。「意気込みがある」という方は、看護師転職市場で「必要な人材」として認められるために、「恥ずかしいなど言っていられない。怖いものなどない」というくらいの覚悟を決めることが必要です。

そうするとなりふりを構わないことが「魅力」となってきます。他の「プライドばかり高そうな転職希望者」よりも好印象を与えられるかもしれません。今回は、なかなか「採用」という結果が出ない人に対して「最後の一押し」となる手段についてお話ししていきます。

応募を諦めない

看護師求人をざっと眺めて、「提示されている条件に該当していない」としてあっさり諦めてしまう人がいます。しかし、これは非常にもったいない話なのです。

必須条件か歓迎条件か

まずは求人情報を精読してみましょう。その条件は「必須条件」なのでしょうか、それとも「歓迎条件」なのでしょうか。

確かに「必須条件」と書かれてあり、詳細に確認してもあなたの経歴が該当していない場合、応募を躊躇するのは当然です。しかし、「歓迎条件」であるのに必須条件だと勘違いして、諦めるケースも多いのです。

高齢化社会の到来や看護師の雇用改善が顕著になってきている今、看護師の人材不足で頭を悩ませている医療機関や施設は大変多いのです。

今までは必須条件であった年齢制限などを大幅に緩和している医療機関が増えてきている傾向を見逃してはいけません。

「採用されるかどうか」は、相対的なものです。その時々で変わる基準によって評価されます。条件をすべて満たしている応募者で溢れかえっているのであれば別ですが、条件を設定していれば応募者の集まりもある程度限定されます。

そのため、自分勝手な判断をして応募を諦めてしまうのは大変勿体ない話なのです。

必須条件を満たしていない場合でも、ダメ元で応募先に確認してみると良いでしょう。

例えば、必須条件として「外科での看護経験が3年以上」とする美容外科クリニックがあったとします。外科経験が2年ならばNGとなり断られてしまうことが多いのですが、2年8ケ月など3年に近い年数であれば大丈夫のこともあるのです。

必須条件だとしても求人票通りに解釈する必要は無く、実際は幅をもたせて採用しているケースも多いのです。これを実際に希望する医療機関に確認してみない手はありません。

「必須条件が提示されているのに、このような問い合わせは相手側に失礼にならないだろうか」と気にする人もいます。

しかし、採用担当者は良い人材を獲得するのが仕事です。良い人材であれば少々必須条件に合致していないとしても、採用したほうがその医療機関にとって得なことなのです。このような問い合わせをしたからといって、採用側への失礼には当たりません。

もし求人票の必須条件通りだとしても諦めが付きます。また「必須条件を満たしていなくても応募できる」ことが判明すればラッキーなのです。気になる医療機関があれば、必須条件の「程度」を是非確認することをおススメします。

必須条件と歓迎条件の具体例

では必須条件と歓迎条件の具体的事例を挙げてみます。例えば、求人票に以下のような必須条件と歓迎条件が記載されていたとします。

【必須条件】

・病棟経験5年以上(外科での経験3年程度を含む)

・コミュニケーション能力

【あれば尚可】

・正看護師の免許

・電子カルテに精通していること

求人票にこのような条件があったとします。必須条件に具体的な経験年数や経験内容が記載されていれば、この数値を基準に自分の経験年数や経験内容を考える必要があります。

必須条件に書かれてある経験年数や経験内容があまりに異なっている場合を除き、条件を充分満たしていなくても、この必須条件に近い経験を保有している方は、希望する応募先に確認してみる価値はあります。

また、必須条件に書かれてある「コミュニケーション能力」というのは具体的な数値で判断することは難しいです。この場合、コミュニケーション能力に自信があれば、応募可能ということです。

また「あれば尚可」というのは、歓迎条件に当たります。特に必要な条件ではなく、「このような条件をもっていたら歓迎するよ」くらいの意味です。なくても構いません。

この場合ですと、正看護師の免許と書いてありますが、「正看護師でなく准看護師でも構わない」ということです。

また、「電子カルテに精通していること」が歓迎条件にありますが、電子カルテに精通していなくても、日々パソコンやスマホを触っているような人であれば、そこをアピールすれば問題はありません。

歓迎条件は気にすることなく応募し、歓迎条件に当てはまらない事項は履歴書や職務経歴書、面接時にフォローすれば大丈夫です。下記にフォローをどのように行うべきか記載しておきます。

・歓迎条件が「正看護師」であるが、「准看護師の免許しか保有していない」場合

「正看護師の免許は保有していませんが、准看護師として10年間、内科、外科、ICU病棟で勤務して参りました。以前の職場では、正看護師と准看護師の看護業務は変わりませんでした。正看護師が行う、『看護に対する根拠』もこの10年間で学んできたつもりです。そのため、正看護師と同じ目線に立ち、仕事を行えると自負しております

・歓迎条件が「電子カルテに精通していること」であるが、「電子カルテに接したことがない」場合

「以前勤めていた職場は紙カルテを使用していたため、電子カルテには接したことがありません。しかし、看護研究や勉強会の資料を作成するのはすべてパソコンで行なっており、私生活ではスマホとタブレットを使い、家族のスケジュール管理や家計管理、健康管理をしております。そのため電子カルテにもすぐに慣れる自信があります」

このように歓迎条件を満たしていないことで採用側に不安にさせてしまうため、フォローする言葉を入れて安心してもらえれば大丈夫です。

電話による問い合わせの具体例

では、必須条件と歓迎条件を満たしていない場合の「電話による問い合わせ」の具体例について下記にお話しします。

・求人条件に看護経験3年以上と記載があり、それを満たしていない場合

「御院の求人を拝見してお電話させていただきました。御院の求人条件に外科での看護経験3年以上とあるのですが、私の場合2年8ケ月と少々不足しています。関連する業務として救命救急での看護経験も2年あるのですが、応募は難しいでしょうか」

・求人条件に年齢制限があるものの、それを超えている場合

「御院での看護師求人条件は35歳くらいまでとあります。私は今年で39歳となります。ただ御院求人の他の応募条件はおおむねクリアしていると判断しています。このような場合、応募は可能でしょうか」

このように、「求人内容は把握しており、必須条件に該当していないことは分かっている」ことを踏まえて、自分のアピールをしつつ、「応募が可能かどうか」を問い合わせてみると良いでしょう。

必須条件に当てはまるけれど「仕事ができない看護師」よりも、必須条件には少し外れているけれど「熱意をもって仕事をしてくれる看護師」を欲しいと思う医療機関であれば、採用への扉のカギが開くかもしれません。

直接アプローチを試みる

希望する医療機関や科が明確で、「そこで私は即戦力として活躍することができる」という自信がある人は、ぜひ直接その医療機関にアプローチしてみると良いでしょう。

直接アプローチの効果的な方法

希望する医療機関では、「いま求人が出ていない」場合であっても構いません。

自分のほうから行動を起こすのです。もちろん、これらのステップを踏むうえで、あなたの礼儀がなっていなければ、すべてが台無しになります。「順序を追って丁寧に真摯な気持ち」で対応していくことが大切です。

求人を出していないのに、「こちらの都合で勝手に応募を頼んでいる」ことを忘れてはいけません。

この直接アプローチの効果的な行い方ですが、「アプローチする人物の選定」「プレゼン書類の作成」の2つがポイントとなります。

アプローチを行う人ですが、クリニックであれば「院長」、大きな規模の病院であれば「看護部長」や「採用担当者」をターゲットとします。院長やその医療機関で実権を握る人物に直接接点をもつようにします。

その具体的なアプローチ方法ですが、電話をかけて採用の実権を握っている人物にアポイントメントをとります。

例えば、外来で「院長(採用担当者様・責任者様)はいらっしゃいますか」というような新規開拓の営業電話を受けたり、聞いたりしたことはないでしょうか。この常套句は、この組織の決定権者を導き出す方法です。

「すみませんが、採用担当の責任者様はいらっしゃいますでしょうか」という言い方をして、採用決定権者とのアポイントメントを取ります。「忙しい」「席を外している」といわれた場合は、「いつなら電話をかけても大丈夫か」の確認を取ると良いでしょう。そして、最終的に採用決定権者とのアポイントメントを実現するのです。

もう一つ、採用決定権者との事前電話の中で「ぜひ会って話を聞いてほしい」だけでは、「ちゃんと正規の方法で採用過程を踏んでください」といわれ、NGになってしまうことが多々あります。

そこで、履歴書、職務経歴書といった定番応募書類に加えて、「いま応募先医療機関の看護部門において、どのような問題があり」、「私が入職することで具体的に何ができるか?」そして「どのような貢献をすることが可能か?」というプレゼン書類を作成しておくのです。

そして事前の電話で「履歴書、職務経歴書に加え、プレゼン資料を送付する許可」をとっておき、直接会うチャンスを伺いましょう。

会う段階まで進むことができれば、そこには他の応募者という「ライバル」はいません。そのため、採用のチャンスは一気に広がるのです。

下記に上記でお話した「直接アプローチ」を行い、成功した友人の話をします。

私の友人の一人に、「糖尿病看護認定看護師」と「フットケア指導士」という資格を取得している看護師がいました。そして、彼女は「自分らしく患者様一人ひとりと向き合って看護がしたい」と、地域に根差す中規模病院へ自分から看護師長と院長にアポイントメントをとり、見事に採用されました。

プレゼンの資料では「貴院における糖尿病患者様の看護外来の必要性」を述べたそうです。彼女が入職して1年後にその医療機関では、「糖尿病看護外来」が開設され、彼女は今では「看護外来部長」を任されています。

この間久しぶりに会って話を聞いたところ、「以前勤めていた職場より、仕事内容も待遇も充実している」と満足そうでした。

彼女くらいの行動力があれば、「仕事でも大きな成果を出す」と期待され、夢を実現していくことが可能です。

しかし、そのような「行動力がある」彼女でも、最初にアポイントメントを取るときには、電話をかける指が緊張で震えたそうです。「『電話口ですぐに断られたら』と考えると、とても怖かった」といっていました。

けれど勇気を出して電話をかけなければ、今も彼女は前の職場で看護業務に追われる日々を送っているはずです。以前の職場では「糖尿病看護認定看護師」の免許だけでは看護外来部長には、なれていなかったでしょう。

まずは、勇気をもって電話をし、アポイントメントを取ってみることです。医療機関の規模の大小にかかわらず、勇気をもって挑戦してみると事態は好転するかもしれません。あなたの人生を変えるのは、あなたの行動力なのです。

転職サイトを活用する

あなたが「看護能力やスキルに優れていてスカウトされるような人材」でないのであれば、転職サイトを活用するのも一つの方法です。複雑化した看護師転職市場で、独りで戦い続けるのは、不利だといえます。

転職のプロを味方につける

看護師専門の転職サイトに登録して、転職支援の専門家であるコンサルタント(エージェント)を味方に付けてみてはどうでしょうか。

あなたの転職活動期間が長引けば長引くほど、その分ブランクも長くなってしまい、より一層転職に苦労することになります。独りで「あれがいけなかったのか」「このような方法はどうだろうか」と考えていても正しい答えは見つかりません。

進学受験の時には、プロの塾講師から勉強を学んだほうが独学よりも効率が良いのは確かです。家を建てる際には、建築家からアドバイスをもらったほうが、より満足いく家に仕上がります。

その道のことはその道の専門家に任せるほうが、より満足いく結果となることが多いのです。今の複雑化した看護師転職市場で勝ち抜いて満足いく職場を見つけるには、転職の専門家に頼るのが得策だといえるのです。

担当コンサルタントは、無料であなたの気づかなかった「適正・適職」を見つけ、「あなたの条件にあった求人」を探してきてくれます。また応募書類の書き方についてアドバイスをしてくれたり、添削も行なってくれたりします。さらに面接対策だけでなく、キャリアアップの方法も教えてくれます。

自分が考えていた世界は狭かったと思う反面、担当コンサルタントに相談することで、自分の可能性の広がりを感じることができるのです。

優秀な担当コンサルタントを見分ける方法

では、「担当コンサルタントは誰でもいいのか」というと、そういう訳ではありません。看護師転職サイトの「担当コンサルタント」という肩書だけで、実務経験が伴わない人もいます。

ましてや、一般的なアルバイトやパート、大学生の就活支援とは違い、「看護師」を対象とすると、提携する医療施設との人脈も太く、高度で熟練した腕をもつ担当コンサルタントでないと対応できません。

しかし転職サイトに登録しただけでは、どのようなコンサルタントがあなたの担当になるか、分かりません。看護師専用の転職サイトに2~3社登録し、その中で最も対応のよい担当コンサルタントを比較しながら選ぶと良いです。

電話の対応だけでも、「このコンサルタントは私のために誠心誠意、仕事をしてくれている」ということが伝わってきます。私がおススメする転職サイトのコンサルタントは「ある一定以上のレベルが保証」されています。

このように信頼のおける転職サイトを味方に付けるようにしましょう。

起死回生のフレーズを使う

上記の方法を使って何度も選考が進んだにも関わらず、それでも「なかなか内定がもらえない」場合は、同じような方法で転職活動を続けても「同じ結果の繰り返し」に陥ってしまう可能性が高いです。

採用が高まる最後の切り札

そこで最後の切り札として試してもらいたい方法があります。この方法を使うと、採用される可能性が一気に高まります。

選考が進んだとしても内定がもらえない場合、採用担当者は「あなたの看護師としての実力を認めている」ものの、「あと一歩の決め手のところで採用を躊躇している」と考えられます。

例えば、採用担当者からすると、「他の看護スタッフよりも年齢が上であるために、院内に溶け込んでやっているのだろうか」とか「即戦力としてテキパキと働いてくれるだろうか」、もしくは「前の病院のやり方を固執して、当院のやり方に従うことができないのではないだろうか」などといった点に不安をもっていて、どうしてもあと一歩のところで採用までには至らないのです。

そこで応募先の医療機関に高い確率で入職できる「とっておきの方法」があります。

結論から言うと、「提示されている求人条件よりも、低い就業条件で働くことを提案する」のです。

例えば、例えば「最初は期間限定の契約社員で良い」、「求人に掲載されているより低い基本給で構わない」、「御院に慣れるまではインターンシップだと考え、無給で結構です」などと採用担当者に伝えるのです。

そして、「働くチャンスをいただけるのであれば、その仕事ぶりを見てから3ケ月で本採用の可否を判断してほしい」などと提示するのです。

このフレーズを使うと、採用側は特にあなたを断る理由が無くなってしまいます。働くチャンスが一気に増えます。

人事採用制度が細かく決まっているような国立病院や大学病院、規模の大きな病院では難しいですが、中小規模の医療機関やクリニック、施設などですと、この提案を受け入れてくれる可能性が十分にあります。

このまま転職活動を長く続けているだけですと、ブランクが長くなるだけで、ますます転職が不利になってしまいます。それよりも、最初は条件が悪くても、働きぶりを確認してもらい、結果を出せば、雇用側も文句はないはずです。

このように提案するのは勇気が要ることですが、また最初から転職活動を行う手間や労力が省けます。しかも採用側に「そこまでして、うちで働きたいのか」と入職意欲を買われ、結局そのまま求人票の条件で採用してもらえる可能性もあるのです。

ちなみに、あなたの働きぶりを判断してもらう「試用期間」は、キチンと定めておくことが大切です。もし、決めていないとゴールがうやむやになり、働く意欲も失せてしまいます。あくまで暫定措置です。

下記に入職のチャンスを貰う「切り札」の具体例を挙げておきます。

「今まで病院説明会や面接で直接御院に接し、患者様の評判や看護師の生き生きとした表情、働きぶりに感銘を受け、是非御院で働きたいと思っています。

しかし、私は御院ですぐに活躍できるような看護スキルを充分に身に付けていないため、御院も私を採用するには、迷いがあると思います。

そこで私から一つ提案させていただきたい事柄があります。

最初の3ケ月は求人に掲載されていた基本給の最低ラインを下回っていただいて構いません。私の働きぶりを見て、3ケ月後に採用の可否を判断していただきたいのです。

もちろん、私はこの間、御院で即戦力となれるよう必死で勉強するつもりです。もし、御院の看護師として値しないと判断されたならば、その場で切っていただいて構いません。

御院で働ける機会を賜りましたら、3ケ月後には即戦力となり期待に沿えるようになります。ぜひご検討いただけないでしょうか」

面接での手応えを感じられない場合、このような「提案」を面接の終了間際に行うと良いでしょう。

一方、面接での手応えを感じられた場合このような提案は必要なく、面接でのお礼を述べて、そのまま退室しても構いません。あえて就業条件を下げて、下手に出る必要は無いからです。

手応えがなかった場合に限り、この「切り札」を使うようにしてみると効果的です。

最後の「一押し」で、あなたの看護力を発揮させる

転職活動が思うように進まなければ、肉体的にも精神的にも限界がやってきます。そうなると、なかなか重い腰を上げて、再度転職活動を行うのは難しくなってしまいます。

「これを最後」と考えて、少しくらい恥ずかしくても、勇気が必要でも、上記の方法を試してみてください。勇気さえあれば、他に何も怖いものはありません。最後に「一押し」するかどうかで、重かった採用の扉が開くかもしれないのです。

採用の扉さえ開いてしまえば、あとはその職場であなたらしくあなたの看護力を思う存分発揮させて働くのみです。

妥協して誰でも入職できる医療機関やクリニックではなく、選ばれた看護師のみが入職できる「あなたの希望する職場」で働けるように自分で自分の道を切り開いていくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く