「老人ホームへの転職」には、どのようなイメージがあるでしょうか。

一般的に「看護師が老人ホームへ転職する」となると、病棟でのバタバタした雰囲気とは異なり「ゆったりとした環境の中で、経済的に余裕のある利用者さんと楽しく過ごす」などの光景を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし一口に老人ホームといっても、有料老人ホーム、軽費老人ホーム、特別養護老人ホーム、養護老人ホームなど、多くの種類に分類できます。

老人ホームの看護師求人をみつけたからといってすぐに飛びつくのではなく、まずは各老人ホームの特徴について知りましょう。「自分に合った施設はどこであるのか」をじっくり吟味することが、転職で失敗しないための最初の一歩だといえます。

そこで今回は、「各老人ホームの違いとおススメする看護師像」について述べていきたいと思います。

各老人ホームの特徴とおススメする看護師像

まず、老人ホームの種類について話していきます。

老人ホームには下記の表のように、民間運営か公的運営かのどちらかに分けることができます。

高齢者施設の種類
民間運営 有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
その他 サービス付高齢者向け住宅
グループホーム
軽費老人ホーム(ケアハウス)
公的運営 介護保険施設 特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
福祉施設 養護老人ホーム

どの老人ホームでも、看護師に求められているのは「入居者さんの健康管理」です。上記の表の中で、特別養護老人ホーム以外は医師の配置は義務付けられていません。そのため医療従事責任者は看護師となります。

入居者さんにとって安心して生活を送ってもらうために、看護師は入居者さんの健康管理全般を担っています。施設の協力医の指示のもと、医療処置や服薬管理、バイタル測定、経管栄養、血糖値チェック・ストーマ管理などを行なうのが具体的な仕事内容です。

施設によっては、本来であれば介護スタッフが行う仕事である環境整備・入浴・食事・排泄介助、更衣や整容介助なども看護師が行う場合があります。

では「各老人ホームの特徴」と「その老人ホームにおススメする看護師像」について具体的に話していきます。

有料老人ホームの特徴とおススメする看護師像

民間運営の有料老人ホームは表にもある通り、さらに介護付き有料老人ホーム・住宅型有料老人ホーム・健康型有料老人ホームの3つに分けることができます。

健康型有料老人ホームは、介護が必要ではない自立した高齢者が利用できる施設です。

住居型有料老人ホームは介護を必要としている高齢者でもそうでない高齢者でもサービス提供の対象となる施設です。住居型で介護サービスが必要な場合は、訪問介護など外部の介護サービスに自分で申し込み、委託しなければなりません。

あまり介護の手の必要のない高齢者が利用するこれら2つの有料老人ホームでも、看護師の常駐をウリにしている施設もあります。そのため、これらの施設でも看護師の求人が出回っています。

しかし、やはり有料老人ホームの中でも看護師求人の一番多いのは介護付き有料老人ホームです。

・介護付き有料老人ホームの概要

介護付き有料老人ホームとはその名の通り、介護を必要とする高齢者が対象の施設です。

介護付き有料老人ホームには介護保険で定められた「特定施設入居者生活介護」という細かい設置基準が設けられています。看護師・介護士などスタッフの配置人数や職員の勤務体制など多くの基準があり、この基準を満たさなければ、介護付き有料老人ホームと名乗ることができません。

「特定施設入居者生活介護」のスタッフ基準人数を以下にまとめました。

管理者 1名
生活相談員 要支援・要介護者100名につき1名
看護・介護スタッフ 要支援者10名につき1名。要介護者3名につき1名
機能訓練相談員 1名以上
計画作成担当者 介護支援専門員1名以上

介護付き有料老人ホームは、さらに「介護専用型」「混合型」の2つのタイプに分けることができます。

介護専用型は要介護1以上の介護の必要な高齢者が対象です。また混合型は自立している方、介護の必要な方のどちらでも、入居することができる施設です。

介護専用型でも混合型でも月々の利用料とは別に、入居一時金が必要な場合があります。入居一時金は0円の施設もありますが、立地条件や設備に応じて数百万円~数千万円、施設によっては1億円以上必要なところもあります。

ちなみに月額の利用料は10万円前後から80万円程度、平均で27万円前後必要だとされています。利用料が高額になるほど、要介護者1~2名に対しスタッフ1名が配置されるなど手厚いサービスが提供されています。

・有料老人ホームをおススメする看護師像とは

有料老人ホームの場合、民間企業が運営しているためサービスに重点を置いています。サービスが悪ければ、入居する高齢者が少なくなり運営が困難となるからです。

サービスとは設備や食事内容などのほかに、そこで働くスタッフの対応が特に重要となります。入居者さんは「お客様」であるため、多くの施設では入職時に、接遇についての研修に多くの時間をとります。

もちろんスタッフの一員である看護師にも、言葉遣いやマナーに関した接遇が求められます。入居者さんやそのご家族の理不尽な態度にも、笑顔で失礼のない対応が求められます。

必要以上に高齢者扱いせず、「一人の人間」として自分よりも長い年月を歩んできた人生の先輩として敬える人が向いているでしょう。

また、大手の有料老人ホームであれば介護職との仕事の領域が明確になっているところも多く、看護師は看護業務に専念できることが多いです。そのため、体力にあまり自信がない人でも、長く勤められる職場だといえるでしょう。

さらに海外研修などを積極的に行っている施設もあるため、高齢ケア先進の知識を勉強してみたい方などには、向いている職場だといえます。

ちなみに「看護経験が少なくて不安だ」「ブランクが長く、看護に自信がない」「元気な高齢者をより元気にするサポートをしたい」「介護中心の仕事をしたくない」という方であれば、有料老人ホームの看護師求人の中でも「健康型や住宅型の有料老人ホームの求人」に目を向けるとよいでしょう。より自分の理想に近い職場で働くことが実現できます。

大手グループの有料老人ホームなどであれば、医療機関よりも高給与・好待遇の求人が出回ることも多いです。

軽費老人ホームの特徴と向いている看護師像

軽費老人ホームが対象としているのは、「60歳以上で自立して生活するのが不安な身寄りのない人、家族の介護を受けられない人」などです。

軽費老人ホームは、食事サービスがあるA型、自炊を行うB型、食事や生活支援サービスを行うC型(ケアハウス)の3タイプに分けることができます。A型、B型は法的に新設できなくなっているため数が少なく、今後はC型であるケアハウスが軽費老人ホームの主流となります。

C型のケアハウスであれば、入居者さんの介護度が高くなっても住み続けることが可能です。

ケアハウスは国や自治体から補助金が出され、社会福祉法人や医療法人などが主体となって運営している公的な側面のある介護施設です。

ケアハウスは、さらに「自立型」と「介護型」に分けることができます。どちらも有料老人ホームと比較すると低料金で利用することができます。

ケアハウス

(自立型)

ケアハウス

(介護型)

入所対象者 自立 ×
要支援
要介護 ×
初期費用 0~30万円程度 0~1000万円程度
月額費用 6~17万円前後 6~17万円前後
サービス 食事
緊急対応
介護 ×
ターミナルケアの有無 ×

このようにケアハウスでも自立型であれば、ターミナルケアや介護サービスを提供していない施設があります。入居にかかる費用は、入居者さんの世帯収入や課税状況、介護重症度などによって異なります。

介護度が高くなっても退去させられることなく生活し続けられる介護型ケアハウスであれば、特別養護老人ホームと同じようなサービス内容、スタッフ体制になっており、医療充実度の高い施設も多いです。

ただし先述した有料老人ホームと比較すると、有料老人ホームは民間企業の運営であるため、民間ならではのサービスや融通が利くといった利点があります。

しかしケアハウスの場合、公的な要素が強いため、施設によっては介護度が少しでも高くなると即利用できなくなることがあります。また、ターミナルケアを行っていない施設であれば、すぐに他の施設に搬送するなど融通の利かない一面もあります。なかには認知症と診断を受けると同時に、退去させられる人もいます。

ケアハウスを利用する高齢者は、もともと家族による介護を受けられない人や日常生活を自力で営めない人がほとんどです。そのため、上記のような理由で強制退去させるとき、スタッフとして心苦しい一面があります。

もちろんケアハウスの入居基準は各自治体や施設によっても異なるため、一概に融通が利かないとはいえません。もし気になるケアハウスの求人を見かけたら実際に見学などして、詳しい情報を仕入れておくことが重要です。

・軽費老人ホームをおススメする看護師像とは

地域の身近な高齢者のために役立ちたいという志をもっている人には、軽費老人ホームがおススメです。

また軽費老人ホームは公的要素の強い施設であるため、有料老人ホームと比べ接遇やマナーに関しての細かい指摘はあまりありません。そのため、利用者さんをお客様と捉えることは少なく、接遇やマナーに自信がない人にも向いています。

有料老人ホームと同様に軽費老人ホームでは、ブランクがあり看護技術やスキルに自信のない人でも、看護知識やスキルの有無は、あまり問われません。いつも笑顔で優しく、高齢者のペースに合わせられる人が採用されやすいといえます。

急変事態の発生に遭遇する場面もあまりなく残業も少ないため、定時に帰らなければならない育児中のママさん看護師であっても正職員での勤務が可能です。

さらに軽費老人ホームの看護師求人の条件であれば「年齢問わず・経験あれば優遇・中高齢者OK」という幅広い設定が多いです。体力に自信のなくなった50代以降はもちろん、定年を迎えた看護師でも転職の門戸が開かれたレア求人となっています。

ただ給与面でいえば、社会福祉法人や医療法人などが主体となっているため、有料老人ホームほど高給与ではあまりありません。

パートなどであれば正看護師で時給1,800円前後、准看護師で時給1,600円前後です。正職員であれば、正看護師で月に20万円前後、准看護師で18万円前後に夜勤手当がつく施設が多いです。

特別養護老人ホームの特徴と向いている看護師像

次に特別養護老人ホームについて述べていきます。特別養護老人ホームは次の項で紹介する「養護老人ホーム」との違いが分かりにくいことが多いです。

特別養護老人ホームとは、要介護(3~5)認定を受けた高齢者のための介護施設です。

一方で、養護老人ホームは介護が必要かどうかではなく、経済的に困窮した高齢者を養護するための施設となります。特別という2文字がつくことによって、施設の内容は全く異なっています。

下記に対象となる方の条件をまとめました。

特別養護老人ホーム 養護老人ホーム
原則65歳以上

要介護3~5

伝染病などの疾患が無い方

長期入院の必要が無い方

原則65歳以上

伝染病などの疾患が無い方

長期入院の必要が無い方

現在の生活環境では在宅生活が困難な方

高齢者の世帯が以下のいずれかに該当する場合

生活保護世帯

市町村民税非課税世帯

・災害などの事情により生活の困窮が認められる世帯

このように特別養護老人ホームと養護老人ホームには、入所の基準に大きな違いがあります。

常時介護を必要とする高齢者が入居するのは、特別養護老人ホームです。重度の疾患や障害などを抱え、在宅療養を困難とする高齢者が、公的な介護サービスとして入居できる施設です。

公的な施設であるため、有料老人ホームなどで必要となる入居一時金はかかりません。また多床室(相部屋)であれば月に6万円から、個室でも月に10万円からの費用となっています。こちらも世帯収入や課税状況などで、費用が異なります。

寝たきりや認知症の高齢者でも入居でき、しかも月々の費用も少なくて済むという利点が多く、人気の高い施設です。その一方、なかなか入居できず、数年も入居待ちをしている高齢者もいます。

新設された特別養護老人ホームであれば、ユニット型で完全個室タイプの「新型特養」といわれる施設が多くなっています。

運営は主に社会福祉法人や地方公共団体です。特別養護老人ホームは、別名「介護老人福祉施設」ともいわれています。

特別養護老人ホームは、要介護3以上の介護度の高い高齢者が利用しますが、主に入浴・排泄・食事などの生活介助や機能訓練、健康管理を行う施設です。

そのため他の介護老人保健施設(老健)や介護療養型医療施設などの公的介護保険施設と比較すると、医療ケアよりも介護ケアに重きが置かれています。

「介護ケアが中心の施設」であるため、老健などに比べてスタッフの配置は医師や看護師が少ないのが特徴です。入所者100名に対し、医師は1名、看護師は3名となっています。

医師は常勤ではなく非常勤や、併設されている医療機関に常駐していることが多いです。利用者さんに緊急事態が発生した場合、看護師が状態を確認して救急搬送の判断を任される機会が多くなります。

入居者さんの平均在所日数は長く、ターミナルケアも看護師の役割の一つとなっています。なお、特別養護老人ホームの場合、介護スタッフが夜勤につくことが多く、看護師の夜勤は無い場合が多いです。

しかし半数以上の施設で看護師のオンコール対応(職場から連絡があったらすぐに出勤)が必要となっています。

・特別養護老人ホームをおススメする看護師像とは

特別養護老人ホームは介護業務が多いため、看護技術だけでなく介護技術まで幅広く学んでいきたい方、重度な介護を必要とする利用者さんの人生を最期までサポートしていきたい方などにおススメの求人です。

ただ、医療的な処置を必要とする方や認知症の入居者さんも多く、介護だけでなく医療処置技術、認知症ケアの知識や技術も求められます。

また入居者さんに緊急事態が発生し、医師が非常勤で不在の場合、施設長やケアスタッフに意見を聞くこともできますが、最終的には看護師が判断しなければなりません。

特別養護老人ホームは介護施設の中でも看護師の配置人数が少なく、一人ひとりの看護師に責任とプレッシャーが重くのしかかっている職場だといえます。

長期的な視野をもち、責任をもって仕事に臨める看護師が求められています。

養護老人ホームの特徴と向いている看護師像

養護老人ホームに入居できる条件には、家族や住宅などの環境状況のほかに経済的な困窮状況などが条件に加わります。

基本的には病気や障害を抱えておらず介護を必要としない自立した65歳以上の方が対象となっています。そのため、介護認定を受けている方は入居できません。あくまでも食事や生活などの基本的なサポートのみです。

しかし現状では、入居者さんの高齢化が目立ち入居後に介護が必要となるケースが多くなっています。要介護状態となった場合、訪問介護や通所介護など外部の居宅サービス事業者から介護サービスを利用することになります。

養護老人ホームの入居者像は下記のとおりです。

・身寄りのない高齢者

・無年金で経済的困窮のある高齢者

・虐待を受け一時的に避難したい高齢者

・ホームレスの高齢者

・身体的な障害がある高齢者

・精神的障害をもつ高齢者

・認知症の高齢者

・犯罪歴のある高齢者

・賃貸住宅から強制立ち退きを受けた高齢者

・他の法律に基づき入所を断られた高齢者

・心身の状態に不安のある高齢者 など

養護老人ホームの主な目的は、高齢者の自立支援です。どのようなサポートや援助をしていけば、高齢者の自立を促すことができるのかという視点をもつことが大切です。ただ上記のように高齢者が抱えている問題は解決困難な場合が多く、なかなか自立支援につながっていないのが現状です。

入居費用は入居者さんの収入や扶養義務者の負担能力に応じて各自治体が決定します。

また養護老人ホームのスタッフは、入居者15人につき1名以上の支援員の配置、看護師は入居者100人で1人の配置が義務付けられています。入居者の生活をサポートするのは支援員です。

上記の各老人ホームと大きく異なる点は、介護職員の不在です。介護の必要としない高齢者を対象とした施設だからです。ちなみに夜勤は最低1名以上のスタッフが担当します。

実際問題として、職員をこの基準通り配置すると経営が厳しく、廃止が検討されている施設も多くなってきています。一方、施設によっては、レクリエーションや季節ごとの行事を実施し、地域との交流に積極的に取り組んでいます。

・養護老人ホームをおススメする看護師像とは

養護老人ホームに向いている看護師とは、介護ではなく生活全般をサポートしたい方です。また看護師免許があれば、責任ある仕事を任され、将来的には施設長となる人も多く、管理職に就きたい方などにはおススメです。

しかしあまり看護の必要としない職場であるが故に、看護師の配置人数が少なく、看護師1人ということもあります。こちらも緊急時の判断が必要となった場合、看護師1人の責任となることが多いです。

養護老人ホームは活気がある施設と無い施設で大きな差があります。求人条件や看護師間の話だけで転職を決めるのではなく、実際に足を運んで見学してみるとよいでしょう。

老人ホーム求人選びは転職成功の第一歩

このように老人ホームには多くの形態があります。高齢化が進む中で、さまざまなサービスを展開する老人ホームが設立され、看護師求人もますます増えてきます。

多くの老人ホーム求人の中から自分に合った老人ホームを選ばなれければ、そこで長期間働くことは難しくなることが予測できます。

そのようなとき、頼りになるのは看護師専用の転職サイトです。転職サイトを利用するとなると無理やり転職を勧められそうなイメージをもたれている方もいますが、転職サイトを利用したほうが自力で転職を行うより、満足のいく結果になることが多いです。

転職のプロであるコンサルタント(エージェント)が、掲載されている求人内容だけでは分からない裏の情報(人間関係、看護師が行う実際の仕事内容、実際に手にする給与額、細かい待遇面など)まで含めて、あなたに合った求人を紹介してくれるからです。

転職サイトのコンサルタントは、施設長などの管理職者とこまめに直接話をしているだけでなく、以前紹介して採用が決まった看護師などから生の情報を仕入れているため、あなたにマッチした求人を選んでくれます。

転職サイトを通さずに自分ひとりで転職活動をした場合でも、看護師免許があれば何らかの施設や医療機関に採用には至るでしょう。

しかし、いくら条件が良い求人内容だとしても、実際に入職したら「求人内容とは話が違っていた。しかし、もう入職してしまったので辞めるに辞められない」といった状況が起こりえます。

その点、転職サイトから転職を決めた場合、コンサルタントが間に入り「求人内容と異なる雇用契約」である場合の交渉を行ってくれます。転職を有利に進め、転職後もサポートを受けることが可能なのです。

このようなことから、転職サイトを通して転職を行ったほうが、あなたにとって満足する転職となる可能性が高まります。

できれば3社以上に登録をして、自分に合ったコンサルタントを見つけ、あなたらしく働ける求人を紹介してもらうようにするとよいでしょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く