あなたが正社員・常勤への看護師転職を考えていて、「いくら転職先の雰囲気が良いといっても、自分の目で実際に確かめていないから不安」「詳しい仕事内容が分からず、自分に向いているか確かめられないから怖い」と思っているのであれば、紹介予定派遣をおすすめします。

紹介予定派遣とは、「最短1日~最長6ケ月という期間、派遣看護師での雇用契約を締結し、その後、双方の合意のもと正社員や常勤に登用される」という働き方です。

この紹介予定派遣を上手に利用して「実際に数ヵ月働いて職場を体験してみたあと、正社員・常勤になるかどうか」を決められます。もし断ったとしても、派遣看護師としての雇用期間が終わっただけで、履歴書に傷がつくことがありません。

紹介予定派遣であれば入職後に抱くギャップが少なく、満足いく働き方を実現できます。そこで、紹介予定派遣によるお試し勤務について解説していきます。

病院やクリニックでお試し勤務ができる紹介予定派遣とは

まずは紹介予定派遣とは何かに関して述べていきます。

紹介予定派遣とは直接雇用が前提の働き方で、一定期間、派遣看護師として働いた後、雇用される側(あなた)と雇用する側(雇い主)の合意があれば、正社員・常勤になることができる働き方のことを指します。

紹介予定派遣をするには、人材派遣会社(転職サイト)に登録して、あなたの希望条件を転職エージェント(担当コンサルタント)に伝えます。そして人材派遣会社から希望条件に合った病院や施設、クリニックを紹介してもらいます。そのときに紹介予定派遣を希望する旨を伝えておくと良いでしょう。

そして転職エージェントの担当者とともに、派遣先である病院や施設、クリニックに顔合わせのため向かいます。

このとき、正社員の採用面接のように堅苦しい内容を問われることはありません。正社員の採用面接では「採用もしくは不採用」の最終判断材料となるため、厳しい目で採用可否の判断が下されます。

一方、紹介予定派遣の場合であると実際に勤務し、「派遣で働きぶりをみて意欲や人柄、潜在能力などを見極めていく」ことになります。そのため、採用の可否を問うシビアな面接は存在せず、仕事内容の詳細などを確認することになります。

派遣看護師の間は時給制で働きます。派遣される期間は最長で6ヵ月までと法律で決められており、多くの病院やクリニックの紹介予定派遣の平均雇用期間は3ヶ月程度となっています。

例えば、以下は福岡県にある特別養護老人ホームの常勤看護師求人です。常勤とはなっていますが、紹介予定派遣も可能の求人です。

紹介予定派遣の場合、雇用期間が終了する1ケ月前くらいになると、派遣先の病院・クリニックとあなたの間で、直接雇用へ向けた交渉が行われます。

この直接雇用へ向けた交渉とは、簡単な面接のことです。ただし中途採用の正社員面接とは異なり、病院側はあなたの働きぶりから正社員登用への判断を下すため、仕事への意欲や人柄を気に入ってもらえれば問題ありません。

その職場が気に入れば、病院からの申し出を受け入れると、正社員になることができます。反対に、あなたが「この職場は自分には合わない」と感じた場合は、「もっと看護師として様々な経験を積んでいきたい」などと断ることが可能です。

断った場合、派遣看護師であるあなたは、また新しい求人先を探すことになります。ただ、あくまでも派遣での勤務なので短期間で退職したことにはならず、履歴書に傷はつきません

正職員で退職した場合は退職の度ごとの記載が必要ですが、派遣看護師であるなら派遣期間の全ての入退職の記載は必要ないのです。

ちなみに派遣看護師として働いている間は、一般的な派遣看護師と同様に人材派遣会社から給料が支払われたり、福利厚生などを利用できたりします。

このように紹介予定派遣を利用すると、一定期間、希望する病院や施設の内情を実際に自分の目で確認できます。そのため「このようなはずではなかった」という入職後のギャップに悩まされることなく、お試しで働くことが可能となります。

紹介予定派遣中の時給は高めに設定されている

派遣看護師と聞くと、「経済的に不安定なのではないか」といった不安があるのではないでしょうか。

しかし紹介予定の派遣看護師の時給は、以下のように高めに設定されていることが多いです。例えば以下を参照してください。どちらも千葉県にある施設の看護師求人です(それぞれの求人は異なる施設から出ている)。

本来、非常勤(パートやアルバイト)であれば、時給1,400円や1,500円となっていますが、紹介予定派遣であると時給2,000円となっています。これはこの求人が特別なのではなく、紹介予定派遣の平均時給額です。

時給2,000円ということは、1日8時間、月に20日働くとすると月収32万円になる計算です。

このように派遣看護師の給与は看護師のパートやバイトの平均時給よりも高めに設定されていることが多いです。

時給が高く設定されている理由として、紹介予定派遣で雇用期間が6ケ月以内であるため、ボーナスが無いことが影響しています。ただ、いずれにしてもパートやアルバイトと比較すると、紹介予定派遣の時給設定は高待遇になっているのが一般的です。

紹介予定派遣の利用メリットは職場環境を把握できること

紹介予定派遣を利用するメリットは、なんといっても実際に希望する職場で働いてみて、雰囲気や人間関係、仕事内容を見極められる点です。

人づてで「あそこの医療機関は働きやすい」との噂をいくら聞いていても、実際に働いてみると話とは異なるケースがたくさんあります。誰かにとって「働きやすい良い職場だ」としても、あなたにとってみると合わない可能性があるのです。これが職場選びに失敗する人の落とし穴です。

例えば、私が実際に転職で失敗した体験談を述べます。

私自身、2度目の転職のとき眼科クリニックで働き始めました。以前、友人が看護学生時代にこの眼科でアルバイトをしていたことを聞き、その友人に連絡を取って情報を仕入れました。するとその友人から「とても活気のある職場で、院長は職人気質で、師長は責任感ある人……」などと、教えてくれました。

このときはハローワークで求人を見つけたのですが、友人からの情報もあって、その眼科クリニックに決めました。

しかし、実際に入ってみると職場環境は悪く、サービス残業は当たり前、院長は職員には挨拶をせず、ミスをしたときは呼び出して怒鳴る人でした。看護師長は、許容量以上の仕事を新人にいきなり任せ、失敗すると「もう二度とこの仕事はしなくていい。新人の失敗は教育係の私まで院長から怒られる」と仕事を次々に取り上げていくような人でした。

新人看護師は2ケ月ともたない職場で、私も6ケ月で退職しました。後から分かったことなのですが、友人はまだそのときは看護助手としてアルバイトで週に2日、2時間だけオペ後の器具の洗浄や清掃に入っていただけでした。

友人は看護師としての職場環境や人間関係は把握できていなかったのです。

やはり看護師として実際に自分が働いてみて、自分にとって合っているか合っていないかを確かめるのが「転職で成功できる一番効率の良い方法」といえます。

他にも紹介予定派遣のメリットがあります。それは以下の通りです。

  • 派遣期間中でも、紹介予定派遣に変更することが可能
  • 人材派遣会社が仲介して、給与交渉などを行ってくれる

それぞれ説明していきます。

一般派遣でも、紹介予定派遣に変更することが可能

2004年に労働者派遣法が緩和され、一般的な派遣看護師の期間中であっても、それぞれの合意があれば、紹介予定派遣に切り替えることが可能になりました。

この制度を利用すれば、「一般の派遣看護師 → 紹介予定派遣 → 正職員」とステップを踏み、自分の気に入った職場で正社員として働ける可能性が高くなります。

人材派遣会社の中には提携している医療機関とのつながりが太く、一般の派遣看護師の求人であっても、紹介予定派遣へ切り替えられる求人が多数あります。

例えば、以下のような求人内容になっていると、確実に一般の派遣から紹介予定派遣への移行が可能です。こちらは横浜にある老人ホームの看護師求人になります。

雇用形態では派遣として募集していますが、「派遣(紹介予定派遣)」と記載があれば、一般の派遣看護師をしていても、途中から紹介予定派遣に変更することが可能です。

また特に職場を見る目に自信がない方は、最初から紹介予定派遣の看護師求人ばかりを探すのではなくて、まずは一般の派遣看護師の仕事を体験してみるのも一つの手です。

そうすれば複数の職場を実際に経験してみて、長所・短所を比較検討できるだけでなく、「自分はこのような職場環境なら働ける」という基準が見えてきます。すると次第に職場を見る目が養われ、どのような職場が自分に向いているか分かってきます。

そして派遣看護師を行うなかで、「ぜひ、ここで正職員として働いていきたい」という理想の職場が見つかれば、そこで人材派遣会社を通して、派遣先の医療機関へ「紹介予定派遣に切り替えることは可能かどうか」を相談してみましょう。

もし紹介予定派遣に切り替えられなければ、派遣期間終了後、正社員として応募するといいです。この時点ではすでにあなたに職場に人脈もできていますし、なによりも採用担当者があなたの働きぶりを知っているため、ほぼ確実に正社員として就職できます。

人材派遣会社が給与交渉などを仲介してくれる

紹介予定派遣の場合、直接雇用になった際の労働条件の交渉は、人材派遣会社が仲介してくれます。

例えば、「直接雇用になった際には子供の送り迎えの関係で、終業時刻を早めてもらいたい」「できれば給料は以前働いていた病院と同じくらいがいい」といった交渉です。

派遣先の病院・クリニックに対して直接言いにくい内容でも、人材派遣会社の担当者になら、あなたの事情を伝えやすいでしょう。担当者が派遣先にワンクッションおいて交渉してくれるため、正社員になった後も満足できる条件で働くことが可能です。

さらに正職員に採用されてから、なんらかのトラブルが生じた際も、人材派遣会社が職場との間でフォローしてくれます。個人的に雇用契約を結ぶよりも、人材派遣会社を介したほうが安心して働くことができます。

デメリットは正社員後の給料が下がること

次に紹介予定派遣のデメリットを述べます。

正職員よりも派遣看護師のほうが高い月収を実現できるのが一般的です。実際に老人ホームやクリニックなどの正社員で時給換算してみると、2,000円を越えるところはほとんどありません。

正社員になるとボーナスが支給されるため、派遣看護師と比べて月収は下がる可能性が高いです。年収で考えると、正社員と派遣看護師は同等くらいの金額にはなりますが、それでも「派遣看護師をしていたときのほうが年収は高額になった」という人が多いです。

中には、派遣看護師のときは月収32万円(時給2,000円)だったのに対し、正職員になると10万円以上月収が少なくなっていることもあります。

例えば、以下のような求人です。こちらは埼玉県の保健師求人で、紹介予定派遣か常勤の募集となっています。

常勤の場合、月収20万円からとなります。すると、紹介予定派遣で派遣看護師をしていた時は月収32万円(時給2,000円)であったのに対し、常勤になった瞬間に給料が10万円近く下がります。

また派遣看護師のほうが待遇は良く、残業などが少ないです。派遣看護師に残業をさせると高額な時給が発生するため、「残業は正社員が行い、派遣看護師には帰ってもらう」という職場が多いです。

しかし正職員になると、終業時間外の委員会や勉強会などのサービス残業は免れません。そのため、正社員のほうが給料や待遇面で下がるのです。

これでは、せっかく派遣看護師から正社員に移行しても、仕事のモチベーションを保つのが難しくなってしまう人も出てくるかもしれません。

他にも紹介予定派遣のデメリットがあります。それは以下のとおりです。

  • 有給休暇の付与は正社員になってから6ケ月後になる
  • 登録するまで、求人名がわからない など

それぞれについて説明していきます。

有給休暇の付与は正社員になってから6ケ月後になる

紹介予定派遣の場合、派遣看護師として働いているときは雇用主が人材派遣会社になります。もちろん派遣看護師にも有給休暇は付与されますが、有給休暇付与は6ケ月以上の継続した勤務が前提のため、派遣看護師としての経験が6ケ月未満だと有給休暇は付きません。

そのあと正職員として直接雇用された場合、今度は雇用主が医療機関に代わります。そのため、正職員となってから有給休暇が付与されるのはさらに半年後となります。

紹介予定派遣で6ケ月働いたのち、正職員としてさらに6ケ月働かなければ、有給休暇はもらえないことを念頭に置かなければなりません。

転職サイトへ登録するまで、求人名がわからない

人材派遣会社の紹介予定派遣には、求人先医療機関名が以下のように非公開になっているケースが多いです。

非公開求人であると自分が働く先を特定できないため、詳しい内部情報を調べることはできず不安です。具体的な医療機関名を教えてもらえるのは、人材派遣会社に登録して、紹介されたときになります。

非公開求人にしているのは、以下のような理由が考えられます。

  • 人気求人なので応募者が殺到しないため
  • 募集内容を他の医療機関に知られたくないため
  • 現在働いているスタッフに募集内容を知られたくないため など

医療機関名を教えてもらった時点で、人材派遣会社の担当者から評判を聞いたり、医療機関の口コミを確認したりして、事前に情報を集めておくことが大切です。

人材派遣会社(転職サイト)を利用する際の注意点

紹介予定派遣には注意点があります。無責任な人材派遣会社を利用した場合、紹介予定派遣の期間終了後、具体的な雇用契約を明示しない可能性がある点です。

例えば、求人票には「正職員/正社員登用あり」と書かれていても、実際には「派遣看護師から契約職員やアルバイト・パートといった直接雇用の形態に変わるだけ」といったことがあります。

理想の職場で正社員になるために紹介予定派遣をしてきたにも関わらず、契約職員やパートにしかなれないと本末転倒です。

紹介予定派遣の期間終了後に契約職員・アルバイト・パートの形態しか選択できない雇用先は一般的に、「経済的に苦しい」「職員を軽視している」など待遇面で疑問が残ります。このままパートとして雇用を継続させても、長期的に働いているうちに不満が出てくることが多く、結局は長続きしません。

このようなことから紹介予定派遣を行っている人材派遣会社は、大手で長年やっている信頼できる会社を選ぶことが大事です。大手で老舗であれば、数々の紹介予定派遣を成功させてきた実績があります。さらに求人数が多いため、転職時の選択肢を増やすことが可能です。

看護師が紹介予定派遣で良い求人先と出会える方法

そこで紹介予定派遣を選ぶ際に、良い求人先と出会える方法について述べていきます。

まず、紹介予定派遣を含めて派遣求人を活用する場合、100%の確率で人材派遣会社(転職サイト)を利用しなければいけません。そこで、転職エージェントに登録する必要があります。

ただ、派遣看護師を大切に扱ってくれないような人材派遣会社では、満足して働くことはできません。このような悪質な人材派遣会社かどうかを見極める対策として、担当者に以下のような質問をぶつけてみましょう。

  • 院長によるパワハラを理由に退職しています。次は尊敬できる上司のもとで長く働きたいのですが、そのような職場はないでしょうか
  • 保育園に子供を預ける予定ですが、17時のお迎えできるように帰宅したいです。この点について、派遣先に交渉していただけるでしょうか
  • 前職が忙しすぎたため、夜勤なしでさらにはゆとりある職場を希望しています。そのような求人としては、具体的に何があるのでしょうか

よい人材派遣会社であなたのことを必死で考えてくれる担当者であれば、必ずあなたの目標やキャリア形成について親身になってくれます。そうでない人材派遣会社であれば、担当者は自分が勧める求人ばかりに目を向け、あなたの目標やキャリア形成に関しての話題には耳を傾けたがりません。

「期間限定の派遣看護師なのに、自分の目標やキャリアについて担当者に語るのは恥ずかしい」と考えるかもしれません。しかし、あなたは紹介予定派遣希望でその後、正社員になることが前提の働き方を求めているのです。

あなたの目標を達成するためには、良い派遣会社で親身に相談に乗ってくれる担当者を見つけ出すことが紹介予定派遣を成功させる第一歩となります。

・人材派遣会社に具体的な条件を提示する

次に、良い人材派遣会社の担当者に出会えたのであれば、それを最大限活用しない手はありません。そのためには、人材派遣会社にあなたの派遣先へ求める条件を具体的に提示するようにしましょう。

例えば、「雰囲気の良い職場で働きたい」と人材派遣会社に伝えたとします。しかし一言で「良い雰囲気の職場」といっても、人によって捉え方は異なり、「師長がリーダーシップをとってくれる職場」「キャリアアップしていける職場」「時間外勤務などが少なく、それほど忙しくない仕事内容」など様々です。

そのため、あなたは担当者に提示する条件をより具体的に落とし込んでいく必要があります。

まずは、あなたが望む働き方は具体的にはどういった条件であるのか実際に書き出してみましょう。それらの条件に優先順位をつけ、人材派遣会社の担当者にその具体的内容を伝えるのです。

そうすれば、あなたに合う求人を担当者も探しやすくなり、あなたのイメージに近い求人を紹介してくれる可能性が高くなります。このように人材派遣会社を上手に利用しなければいけません。

紹介予定派遣で口コミ・評判のよい人材派遣会社

それでは、口コミ・評判に優れた人材派遣会社としては何があるのでしょうか。

求人内容は転職サイトによって異なります。そこで優良で信頼のおける人材派遣会社を選び、あなたの立場になって考えてくれる担当者と一緒に満足いく転職先を見つけ出すことが成功の近道です。

派遣であれば、以下の2つの転職エージェントが優れています。

MCナースネット

紹介予定派遣求人が可能な派遣会社として「MCナースネット」があります。「MCナースネット」は全国展開をしているので、全国の病院や施設などとつながりをもっています。

そのため、いま直ぐには求人募集を行っていなかったとしても、あなたの条件に合った病院やクリニックで、「今度、募集はないか」など求人を探してくれる可能性が高いです。

「MCナースネット」では、企業内健康管理室や特定保健指導などの産業保健師の求人情報だけでなく、学校保健室での勤務となる養護教諭の仕事や市区町村の地域保健業務などの希少な派遣求人も取り扱っています。

ただ待遇の良い求人となると人気があるうえ、求人数自体があまりありません。そのため、条件の合う希望の求人が出たとしても、すぐに埋まってしまうこともあります。そのため、人生の転機ともなるタイミングを逃さないように先に登録を済ませておきましょう。

看護のお仕事派遣

「看護のお仕事派遣」は、「看護のお仕事」という正社員・パートの転職サイトをもっているレバレジーズ株式会社が、派遣に特化して運営している人材派遣会社です。

派遣のプロのキャリアアドバイザーがあなたにマッチした求人を見つけ出し、満足いく職場に転職できるまでサポートしてくれる点で優れています。

個人的に転職活動をすると見つけきれないレア求人を紹介してもらえたり、派遣までのフルサポートをしてくれたりと、転職では心強い存在となってくれます。

その他にも「看護のお仕事派遣」では、一般には出回りにくい保健師や保育園看護師、トラベルナースなどの求人をもっています。いろいろな種類の仕事形態を選べるだけでなく、地方で派遣求人が少ない場所についても対応可能です。

サイトを確認した際、求人情報にあなたが希望する条件の仕事が掲載されていなくても、「看護のお仕事派遣」が心あたりのある病院に問い合わせてくれることもあります。

「看護のお仕事」という転職サイトのほうで正社員の転職も広く手掛けているため、当然ながら正社員としての入職を前提とする紹介予定派遣についても多く扱っています。紹介予定派遣を希望するなら、「看護のお仕事派遣」にも登録しておきましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く