「さあ、転職活動を開始しよう」となると、あなたは何から始めたら良いのでしょうか。

インターネットの求人サイトやハローワークなどでの求人募集を見て、ピンときた求人にすぐ応募する人も中にはいるのではないでしょうか。しかし、そのような方法は「衝動買い」と同じです。

「他の求人より、なんとなく良さそうだから応募してみる」「この求人は給料が高い!きっとスタッフを大切にする良い病院なのだろう」など、思い込みやインスピレーションだけで次の転職先を選ぶのは考えものです。

「衝動買いをして良かった」こともあると思いますが、ほとんどの場合は後悔することが多かったのではないでしょうか。

衝動買いならまだしも、転職となるとそうもいきません。入職してしばらく経ってから、「このようなはずではなかった。自分の実現したかった看護とは程遠い環境だった」という不満が募ってくるかもしれません。このようなことでは、また転職を余儀なくする羽目になってしまいます。

すぐに新しい職場に転職できればいいですが、転職を繰り返せば繰り返すだけ、次の転職が不利になります。

できれば今回の転職活動を最後にするつもりで、予め準備して行動しなければなりません。そこで、転職活動で「最初に行うべき成功の法則」について知っておけば、あとで後悔することは少なくなります。

この記事を読んで、「この方法は良い」と思ったことは早速実際に試してみると良いでしょう。

「最初に行うべき転職成功の法則」とは

転職を考えたとき、「最初に行っておきたい成功法則」とはいったいどのようなものでしょうか。それでは詳しくお話ししていきます。

あなたの条件を明らかにする

まず転職に関して、あなたの条件を明確にしておくことが重要です。

あなたが新しい職場で働くにあたって、自分なりのこだわりを箇条書きにしてみましょう。その求人条件であれば納得して働くことができるといった基本的なラインを決め、そのラインをクリアする求人を選ぶようにします。

下記に基本的なラインについて挙げておきました。参考にしてください。

基本的な条件ライン】

・働き方と身分保障

正職員・派遣社員・契約社員のいずれが可能であるか。パート・アルバイトといった働き方は検討できるのか。

・希望する科

内科・小児科・救命救急・ICU・CCU・外科・心臓外科・脳外科・循環器科・消化器科・精神科・高齢者ケア施設・健診・訪問看護・保健師・養護教諭など

・仕事内容

例:腰痛もちであるので、あまり患者さんを移乗させるような体力仕事はできない

パソコンが苦手なので、電子カルテを導入しているところでは働けない

英語が得意であるので、できれば英語も活かせるような職場であると嬉しい、など

・希望給与額

現在の生活に必要な最低額を基準に、希望額を設定する

・勤務時間と休日

休日は土日でなくても構わないか、夜勤はできるか、年間休日数はどのくらいあるか、などの勤務条件を設定する

・職場の規模や待遇

例:スタッフ数が、全員で10人以下のようなアットホームな雰囲気が良い

ある程度大きな規模の病院で、各地にグループ病院があり、異動可能なところが良い

福利厚生の整っている病院が良い、など

このように職を探すにあたって、どのような条件で自分は働くことができるのか、自己分析をおこない書き出し見てみることが大切です。求人情報をあれこれとみているうちに、最初に設定した条件から外れてしまい、結局、入職後「働きづらい職場」と化してしまう可能性が高くなるからです。

「これだけは絶対に譲れない」といった「あなたの条件」を再確認することが転職活動を行う上での第一歩です。

求人情報を集める

求人情報には昨今、様々な媒体があります。これらの媒体から、できるだけ多くの情報を集めるようにしましょう。

転職活動を始めるにあたって、あなたが普段利用しようとしている媒体以外にも、面接を受ける前に「知っておけばよかった」と後悔する他の媒体も数多く存在します。

さらには、同じ職場が同じ看護師の求人情報を出しているにもかかわらず、媒体によって、雇用条件や給与を変えている場合もあります。この場合は、できるだけ雇用条件の良い求人媒体から応募する必要があります。

下記が看護師の求人情報を集めることができる主な媒体となります。

・新聞

日曜日に掲載されることが多い。新聞によって、傾向が異なる。

・新聞の折り込みチラシ

主に地元の病院の求人情報を掲載している。家の近くで仕事を探している人にとっては重要な情報源となる。

・求人情報誌

雑誌型の刊行物。情報量が豊富で、看護師以外にも看護免許が活用できる仕事が掲載されていることがある。

・看護師転職サイト

・ハローワーク(公共職業安定所)

・eナースセンター

・人材派遣会社(登録型派遣看護師)

・口コミ・コネ(友人や知人・第三者の仲介)

・病院やクリニックのホームページ

このように求人情報を得るには、さまざまな媒体があります。特に、転職サイトや病院やクリニックのホームページ上だけで求人の掲載をしている場合もあるので、できるだけ多くの媒体から情報を集め、あなたの雇用条件に合った求人を探すことが大切です。

転職サイトは「非公開求人」といわれる他の媒体では掲載していない求人を扱っていることがあります。「非公開求人」とは雇用条件が良く、人気のある求人が多いです。応募者が殺到しないように転職サイト側で、求人条件に合った人材を選別し、求人先に紹介するというシステムになります。

非公開求人を扱っているかどうかは、その転職サイトと求人先に「どのくらいの付き合いがあるか」によって決まります。できれば3社程度登録しておけば、非公開求人を紹介してもらえる可能性が高まります。

希望する求人の情報を収集する

さあ、あなたの条件に合う求人は見つかったでしょうか。そこでさらに、詳しく希望する求人の情報を収集していきます。

希望する病院の情報収集では、下記の5つのステップを踏んでいきます。できるだけ多くの情報を集め、転職に活用するように心がけましょう。

① インターネットで求人先のサイトをチェックする

② 求人先の口コミを確認する

③ 求人先の外部情報を入手する

④ 求人先の内部情報を入手する

⑤ 見学会などに参加し、看護師の働きぶりなどを確認する

まず、① インターネットで希望する病院のホームページをチェックします。どのような理念をもって看護活動を行っているのでしょうか。看護師の求人に関して詳しい情報を入手します。

もし、ホームページがなければ、② その病院の口コミサイトを確認するようにしましょう。その病院を利用した患者さんからの評判も一つの大切な情報となります。

③ 大手の病院などですと、インターネットで「希望する病院名 経営状況」「病院名 経営ランキング」などと検索すると、外部からの経営情報も入手することができるかもしれません。できるだけ、その病院のサイトの情報だけでなく、外部からの客観的な情報も収集するようにしましょう。

④ できれば希望する病院で働いている看護師の声(職場環境や雰囲気、人間関係など)が聞けると、有力な情報になります。希望する病院に知り合いがいれば、その病院の看護師を紹介してもらうとよいでしょう。

ただし人によって、その職場が合っている人、合っていない人がいます。その職場に対する看護師の主観や思いが強く出るので、客観的でないことも多くあります。その看護師の言うことだけを鵜呑みにする必要はありません。また、できれば1人ではなく、2~3人くらいに話を聞けると、なお良いでしょう。

さらに、実際にその病院に足を運んで、自分の目で「実際に働いている看護師」を確認してみることも大切です。⑤ 見学会などがあれば参加してみて、「看護師の働き具合」や「患者さんや同僚への声のかけ方」などを体感してみると良いです。

希望する病院が「どのように看護師を育てようとしているのか」などを感じとることができます。

もし、④や⑤が自分一人では難しい場合は、転職サイトの担当コンサルタント(エージェント)に相談してみることをおススメします。担当コンサルタントの紹介で、あなたが希望する病院で働いている看護師に内部情報を聞いてくれたり、ツテを使い特別に院内を見学をさせてくれたりすることがあります。

ちなみに私が見学した病院は、地元でも評判の「超のつくブラック病院」でした。とりあえず「自分の目でどのような病院であるのか確認しよう」と見学会に参加してみたことがあります。

そこでは、看護師が長期臥床の患者さんに対して大声で「じーさん、口臭いよ。歯ぐらい自分で磨こうとしないとー」といっているのを見て、驚愕したことがあります。

また他の看護師が、目の見えない患者さんに対してラップをかけたままの食事を配膳して、患者さんが食べられない様子をカーテン越しにしばらく笑いながら見た後、「ほらー、ラップ取らないと食べられないでしょー」といっていました。

このような光景を目の当たりにして、同じ看護師として情けなく、また悲しく感じたことを覚えています。

このように実際に自分の目で確認すると、「希望する病院の話は噂か、本当か」というのを実感できます。このような看護師が一人でもいるような職場では「私は不快に感じ、働くことができない」ということが分かります。そして、「転職を希望する職場の情報集めの大切さ」を実感したのです。

異なる科を希望する場合の情報収集の仕方

転職を希望する看護師の中には、いままで勤めていた科とは全く異なる科に興味をもつ方もいるでしょう。

異なる科に目を向けて看護の幅を広げていくことも大切です。しかし「異なる科に転職する」ということは、その分野では「未経験」というハンデを背負うことになります。

「なぜ、その科に転職したいのか」「なぜ、いまの科のままではいけないのか」「希望する科では、今の科以上にどこに魅力を感じるのか」を自己分析し明確にして、転職活動を進める必要があります。

今までとは異なる科についての事前の情報収集も行っておくと、なお良いです。

イメージだけの知識ではなく、応募する科の看護師の業務内容や特色、最新のその科の動向などを頭に入れておきます。

この情報の入手方法としては、新聞、医療雑誌、看護専門雑誌などを読んだり、専門の科についての詳細が掲載されているサイトを活用したりすると簡単です。

希望している病院での医療体制が判るだけなく、同じ科のある他の病院についての動向も掴めます。両者を比較することで、各病院が「どれほど、その科に対して熱心に取り組んでいるか」という温度差なども把握できます。

とくに「希望する科で最新の医療・看護を学びたい」とする人にとっては、上記は大切な情報源となります。

異なる科でも尻込みをしていたら始まらない

「今まで働いていた科とは異なる科に転職したい」となると、「未経験」というリスクが伴います。自分よりも看護師経験の少ない年下の看護師に仕事を教えてもらわなければならないといったことも出てくるでしょう。

しかし、異なる科に挑戦したい看護があるのに、「未経験だから苦労するかもしれない」と尻込みしていては何も始まりません。リスクを冒してでも「未経験分野に挑戦したい」とする気概を無くさないでもらいたいものです。

そこで、未経験の分野でも「挑戦できる」と思ってもらえるよう、あなたのウリについての分析方法をお話しします。

・第二新卒は、いままでと異なる科でも挑戦しやすい

もしあなたが「第二新卒」であれば、今までと異なる科でも転職において挑戦しやすい状況にあるといえます。第二新卒とは、「新卒で入職した職場を数年で退職し、25歳前後で他の科に転職しようとする人」のことです。

第二新卒は就職に不利だと思われがちですが、実際にそのようなことはありません。もちろん第二新卒の看護師は、看護師としての仕事の経験は少なく、実績とスキルもそれほど期待できません。

しかし、第二新卒は社会人としての基礎ができており、看護業務への順応性が高く、若いだけに将来性もあります。年齢もさほどいっていないので、人件費が比較的安く済むにもかかわらず、教育的な投資もそれほど必要ではありません。

そこで病院側は第二新卒の「入職時に、希望する科の看護経験は無い」というスキル不足に多少目をつぶってでも、あえて経験の無い科に第二新卒を投入することがあります。経験が無いとしても、第二新卒は新卒より早い段階で戦力化につながるからです。

「第二新卒であること」は弱みではなく、強みだと考えて良いでしょう。自分を必要以上に卑下せず、自信をもって転職活動に取り組むことが大切です。

・年齢的に若くない場合はキャリアをウリに

もし、あなたに「第二新卒」というウリがないとしても、心配ありません。次に「私は第二新卒ほど若くない」看護師が、未経験の科に挑戦する場合のウリについて述べていきます。

今までと異なる科を希望する看護師でも、年齢的に若くない人もいます。

そのような場合は「今までの看護キャリア」をあなたのウリにするとよいです。これは第二新卒がもっていないあなたの強力なウリです。

求人広告で、応募条件に例えば「外科での看護経験3年」と提示されている場合ですと、外科での経験なしに応募しても採用には至らないでしょう。このような場合は、やはり外科で看護経験を3年積んでからの応募となります。

しかし例えば、応募条件に「看護経験3年以上」とアバウトに書かれているような場合は、上記とは異なります。

あなたに看護経験が3年以上あるなら、「未経験の科」と「今まで看護経験を積んできた科」の共通点を探し、「私は今まで積んできた(このような←ここは具体的に書くことが必要です)看護経験を活かし、より広い視野で希望する未経験の看護分野に取り組むことができる」ことをアピールできます。

第二新卒が転職となると、必要とされる看護経験はありません。しかし、いままで看護師として様々な経験を積んできた人であれば、過去の看護師経験の引き出しを探り、未経験の分野と関連付けられる看護経験をもつことが多いです。

せっかくの看護経験を最大限に活かし、あなたのウリにつなげていくことが大切です。

・若さもキャリアも無い場合でもウリにするものはある

最後に第二新卒でも、若さも、看護経験も無い場合の人のウリについてお話します。

若さもキャリアも無い看護師の場合は、「人間性」と「体力」をウリにすると良いでしょう。

若さやキャリアがいくらあったとしても、「暗くネガティブな人」「体力がない人」であると、面接官に嫌われます。看護師が暗く、ネガティブであると、病気と闘っている患者さんまで暗い気持ちになります。患者さんとのコミュニケーションもあまりとれず、看護に必要な情報を聞き出せない可能性も高いです。また体力がないと、看護師としての戦力にはならないでしょう。

逆に、「明るく、積極性があり、前向きな人」であれば、若さやキャリアが無かったとしても組織にとって大歓迎といえる人物といえるのです。さらに「健康で体力があり率先して働ける人」であれば、それも立派なウリといえます。

いままで介護や育児が理由で仕事に長期ブランクがある方や、ある程度年齢がいってから看護師を目指した方など、若さもキャリアも無い人が転職をするにあたって、未経験の分野に応募するとなると「私には何もウリがない」と不安に思うことがあるかもしれません。

しかし、介護や育児で看護師として働いていなくても、あなたが看護とは全く違う道を歩んでいたとしても、それらの経験は、あなたの「財産」であり、「誇るべきもの」です。けっして看護キャリアも若さも無いことを恥ずかしく思う必要はありません。

これまでの経験で培ってきた土台から得るものは必ずあったはずです。困難や障害があなたの前に立ちはだかったとき、それを必死に乗り越えてきたはずです。

何も看護師をする上で看護師経験だけが大切なものはありません。あのナイチンゲールでも、看護師学校で養成を受けたのは31歳、そして33歳で看護師になっています。

「看護とは別の様々な経験を積んだ上で、看護師になる」ということは、「人間性豊かな看護師の輩出」の一端を担っているといえるのではないでしょうか。

希望する病院と連絡を取るときは細心の注意を

あなたの条件に合う病院がみつかり、情報収集を行った後に、その求人内容に関して「不明な点」や「確認すべき事項」が出てきたとします。その場合、電話やメールで問い合わせ、詳細を確認することが大切です。曖昧なままに残しておいてはいけません。

そこで電話やメールで問い合わせる場合のマナーについて述べておきます。

・電話で問い合わせる場合の注意点

電話を問い合わせる場合、相手側の都合を考えて、静かで落ち着いている場所で電話するように心がけることが大切です。

電話をかける最低限のマナーとして、「名前をキチンと名乗る」「静かな場所で電話する」「相手の都合の良い時間帯を予測する」「敬語を使う」「緊張して覚えきれないこともあるのでメモを取る」ことが大切です。

電話をかける際の常識として、深夜や早朝は避けます。バタバタしている時間帯である始業時も避けます。

もしあなたが在職中で堂々と電話できないときは、昼休憩中など落ち着いて話ができる時間帯と場所を選び、電話するように心がけましょう。

・電話でポイントを先取する

先方が電話に出たら、まず、あなたの名前を名乗ります。求人を知ったきっかけを話し、問い合わせたいことがあるので担当者につないでほしい旨を伝えます。次のようにフルネームで名乗り、担当者に電話を代わってもらいましょう。

「私は、〇〇〇〇と申します。御院のホームページで求人を拝見いたしました。それにつきまして、お尋ねしたいことがありますので、ご担当の方をお願いできますでしょうか」

電話であなたの社会人としての最低限のマナーが伝わるので、言葉遣いには細心の注意を払うことが大切です。最初の電話であなたの人となりや第一印象が決定づけられます。

このときの電話の印象が良ければ、採用決定の段階において、あなたの味方となる有利なポイントとなります。問い合わせの電話からすでに採用への一歩が始まっていると考えて臨むと良いでしょう。

・質問内容を予め準備しておく

担当者が電話に出たら、まずは名乗り、相手に今の都合を尋ねます。都合が悪いのに電話をかけたのであれば、また都合の良いときを聞き、そのときに電話するように心がけましょう。例えば、次のような言い方です。

「お伺いしたいことがあるのですが、いまお話してもよろしいでしょうか」

(担当者不在の場合)

「それでは、こちらからまたかけ直します。何時ごろであれば、かけ直してもよろしいでしょうか。かしこまりました。ではその時刻にかけ直します。お忙しい時間に申し訳ありませんでした。それでは失礼いたします」

質問内容は何を聞いてもいいわけではありません。求人内容に出ていることを重ねて尋ねるのは、「理解力がない」といっていることに他なりません。

また「私は看護師経験がこのくらいあります。どのくらいの給与になるのでしょうか」といった、すぐには答えられないような内容を聞くのも相手に失礼に当たります。

最初にかける電話では、あくまでも応募に関することに絞りましょう。勤務実態や職務に関するような質問は面接時に行うようにしましょう。

下記を参考にしてください。

「ホームページには応募書類についての記載がございませんでしたが、履歴書と職務経歴書をお送りすればよろしいのでしょうか」

また相手の回答はメモに取っておきます。

さらに、電話で志望理由を聞かれても良いように、あらかじめ答えを準備しておくことが好印象を与えることができます。

また、訪問する日時に対する回答例は以下の通りです。

「〇月〇日の15時でございますね。かしこまりました。その時刻にお伺いいたします。応募書類はその前に届くよう、すぐに送付させて頂きます」

最後にお礼を述べて、電話を切るようにしましょう。

・メールで問い合わせる場合の注意点

求人先によっては、メールでの問い合わせを望んでいる場合もあります。メールは双方とも都合の良い時間に送受信が可能ですので、相手の時間を拘束する弊害がありません。

電話と違い、会ったこともない相手に慣れない敬語を使って会話する緊張感が無く、メールのほうが気兼ねの少ない通信手段といえます。

しかしそれだけに、注意が必要です。大切なことは、先方に不快な思いをさせないことです。儀礼的な挨拶は省略しても構いませんが、相手を敬う気持ちとしての敬語を省いてはいけません。文体は「です・ます調」で統一します。

下記にメールの基本マナーについて掲載しますので、これを参考に問い合わせるようにしましょう。

【メールでの問い合わせ、基本マナー】

・内容の分かるタイトルをつける

用件の内容をひと目で判断できるタイトルにする

例:「求人についての問い合わせの件です」

・簡潔で分かりやすい文章にする

問い合わせ事項が複数に渡る場合は、箇条書きにする。文章にするときは改行や行空けを行い、読みやすさを心掛ける

・必要最低限の内容に絞り込む

「先方には、必要外の内容まで読む余裕は無い」と考え、簡潔な内容とする

・機種依存文字は使わない

機種依存文字を使用すると、文字化けする恐れがある

・本名で送信する

ニックネームや顔文字、デザイン文字は悪印象を与える。文末には署名を行い、連絡先を入れる

・できるだけファイル添付は行わない

ファイルの添付形式が違うと開けないことがある

・送信前にウイルスチェックを行う

もし先方がウイルスに感染した場合、悪印象を与えることとなる

・携帯電話からのメールは極力避ける

間違いに気づきにくい。改行などがうまくできていないことがある

・在職中の職場のパソコンは使わない

職場のドメイン名が入ってしまうことがある。当然、返信もその職場に帰ってくる。通信回線を私物化していると捉えられてしまう

以上のようにメールで質問内容を送る場合も細心の注意を払い、相手に敬意をもっていることを伝えることが大切です。

転職の成功法則とは入念な準備から

このように、転職を成功させる最初のステップとして重要なことは、「あらかじめ入念な準備を済ませておく」ことです。自己分析や情報入手といった転職に必要な「基本的準備事項」をおろそかにしていては、「成功する転職」には程遠くなることが分かります。

まずは一つずつ丁寧に段階を踏んでいくことが大切です。転職でも土台がしっかりしていると、その後の面接でも「揺るがない自信につながる」ことがほとんどです。土台を頑丈なものにするためにも、入念な準備を怠らないように心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く