看護師経験や看護師免許を活かしてCRC(治験コーディネーター)への転職に興味をもっている方も多いのではないでしょうか。ただ、医療機関以外での転職ということになるので、漠然とした不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は看護師が治験コーディネーターへの転職で失敗してしまいがちな問題点を挙げ、「どのような点を改善すれば採用への扉が開かれるのか」、また「治験コーディネーターのやりがいとは何か」についてお話していきたいと思います。

看護師が治験コーディネーターへの転職で失敗してしまいがちな事柄

看護師が治験コーディネーターへの転職をする際に、多くの人が陥りやすい「不採用になる原因」について述べます。

治験コーディネーターの仕事内容を把握していない

あなたはどうして治験コーディネーターに興味をもったのでしょうか。

「医療機関以外で看護師資格を有効に活用できると思ったから」「事務的な仕事が多く、看護業務のように肉体労働が少ないと思ったから」「看護師転職サイトの担当エージェント(コンサルタント)に勧められたから」「勤めていた病院での治験コーディネーターの仕事をみて興味をもったから」など、いろいろな理由やきっかけが考えられると思います。

では、次にあなたに質問です。治験コーディネーターの仕事とはどのようなものでしょうか。

すると多くの方が治験コーディネーターのことを「医師と被験者(患者さん)との間の治験の橋渡し」「被験者のことを第一に考える仕事」「さまざまな職種の人とコミュニケーションをとる仕事」と答えます。これは間違ってはいません。

しかし、治験コーディネーターは看護師の仕事の延長線上にある仕事ではありません。治験コーディネーターは、治験を受ける患者さんのそばに寄り添っていたり、患者さんを励ましていたりする仕事だけではないのです。

治験コーディネーターの主な仕事は、被験者、医師、治験関連部門(薬剤部、検査部、看護部、医事課など)、依頼者(製薬会社)との調整を行うことです。治験コーディネーターは、ただ単に「被験者のためだけに存在する」のではなく、治験を円滑に進めるためのサポート役を様々な職種と連携して行わなければなりません。

あなたは、治験コーディネーターの仕事の全体像を把握し、「被験者、医師、治験関連部門、依頼者とスムーズな調整を実現できるように尽力する仕事だ」ということを理解しておく必要があるのです。

各SMOの特長について把握していない

では次に質問です。

あなたが入職を希望しているSMO(治験コーディネーター派遣の企業:治験コーディネーターのほとんどはSMOからの派遣となる)の特長について知っていますか。日本全国には様々なSMOが存在するなかで、あなたはどうしてその会社を選んだのでしょうか。

このような質問がされたときに、「大手だから」「家から近かったから」「名前を知っていたから」といった理由を答えるだけでは、採用側はあなたにがっかりしてしまうことでしょう。

これでは結婚相手に「あなたと結婚したら、家も近いし、生活が安定していると思ったから一緒になってほしい」といっているのと同じことです。逆にあなたがこのようなプロポーズをされたら、喜んで結婚できるでしょうか。

もちろん、このような理由では相手のハートを動かすことはできません。相手のハートを動かさなければ、人が動くことは、まずありません。プロポーズも採用試験も、どちらも相手の良いところを見つけ出し、気に入った理由を伝えて、ハートを動かさなければなりません。

採用側は「数あるSMOの中でも、なぜ我が社で働きたいと思ったのか」という自分の会社の売り(長所)を知っているか、きちんと調べているかを知りたいのです。しっかり下調べをして「この会社にどうしても入りたい」と切望している人のほうが辞めない可能性が高いからです。

下調べをするためには、希望するSMOの会社資料や情報を集めるだけでなく、他のSMOの会社資料や情報も集め、比較検討してみることが大切です。採用されるためには企業研究を行い、「他社にはない特長」だけでなく、あなた自身「この会社に入って実現したいことは何か」を事前に確認しておかなければなりません。

あなたもまた、プロポーズの言葉では、「あなた以外に考えられない」「あなただけ輝いて見えた」といってもらいたいはずです。それは、あなたの良いところを十分に知っている人でないと、結婚生活が長続きしないことを知っているからです。

それと同様に採用面接でも、「御社は他のSMOと比較して〇〇という点に優れているため、魅力を感じました」といった「あなただから選んだ」ということを採用側に熱心に伝えましょう。「この人は本当に我が社に入職したいのだな」と思わせることが大切です。

さらに採用された後も、治験コーディネーターの仕事の一つとして、「資料作り」や「併用薬との有害事象の確認」など調べる作業が山のようにあります。

採用試験の段階で、自分が働きたい企業の情報を集め、調べるのを嫌がっているようであれば、「治験コーディネーターに向いていない」といっても過言ではありません。

未経験者OKの求人が多く、ハードルが低いと思った

治験コーディネーターは「未経験者OK」という求人が多く、「看護師資格さえあれば大丈夫だ」と安易に考えて求人に申し込む人がいます。大手では教育制度が整っているところも多いため、未経験者OKとなっているところがあるのです。

しかし「未経験者OK」の言葉の裏側には、「治験コーディネーターは離職者が多い職場であるため、必然的に経験者が少ない。できれば経験者を採用したいが、未経験者でも仕方ない」という意味も含まれています。

教育制度があるものの、治験コーディネーターが担う大半の仕事には、マニュアルがありません。看護師時代には医療機関で作成された「ありとあらゆるマニュアル」に従う必要がありました。「このマニュアルに縛られるのが嫌だ」と思う反面、マニュアルの存在により、新人などは「どのように動いていいか分からない」といった問題から解放されたのです。

そのため、治験コーディネーターになった元看護師が最初につまずくのは、実は「無意識のうちにマニュアル依存になっている」点です。マニュアル無しでは「自分からどのように行動すべきか分からない」などと進むべき道を失ってしまう人が多いのです。

それでは、なぜ治験コーディネーターの仕事にマニュアルが無いのでしょうか。

その理由は、「マニュアルにとらわれすぎると、業務が円滑に回らなくなることが多くなるから」です。

治験コーディネーターは、仕事を進めていて問題にぶつかったとき「どうしてなんだろう?」「なぜ、このような問題が発生したのだろう?」と自分から考える習慣を身に付けておくことが重要になるのです。

治験コーディネーターの仕事は、「教えてもらって初めて動ける仕事」なのではなく、「自ら考えて自ら行動に移す仕事」なのです。これをいちいちマニュアル対応していたら、仕事が回らなくなるのです。

未経験OKだからといって、看護師資格をもっていることだけに甘んずることなく、あなたがもっている知識をすべて活用するつもりで治験コーディネーターに臨むことが大切です。看護師時代のように、待っていても指示はありません。

看護師時代に、「医師から出された指示だけをみて、それを間違いなく忠実に従う」ことに慣れきっている人は、厳しいことをいうようですが、看護師のほうが向いているのではないかと思います。

医師の指示を確認し、「なぜその指示が出されたのか」を一旦、自分で考え、疑問が生じるようであれば、医師に再び確認し解決する人が治験コーディネーターに向いており、長続きするタイプといえます。このような人は今までの看護師経験や知識をフル活用し医師だけの責任にしないで、「本当にこれで合っているのか」と自分の仕事として動ける人です。

上記のことは看護師のマニュアルにもありません。教えられて身に付くものではなく、その人個人が潜在的にもっている仕事に対する熱意や責任感からくるものであるのです。このような真摯な考えで仕事を遂行している人にとって、治験コーディネーターはまさにもってこいの仕事といえるでしょう。

「治験コーディネーターになりたい」のか、「してみたい」のか

では次の質問です。あなたはどうして治験コーディネーターを希望しているのでしょうか。

仮に「看護師の資格を活かして、他の仕事がしてみたかったから」「いろいろな職種の人と仕事をしてみたかったから」「未経験でも大丈夫といわれたから」「自分の性格に合っていると思ったから」といった返答ですと、それはただ単に「治験コーディネーターをしてみたい」だけになります。

「治験コーディネーターをしてみたい」だけだと、事務仕事や自宅業務が多かったり、治験に関する法律(GCP)などを把握しなければならなかったりなど、仕事で苦労する場に直面しやすくなります。「この仕事は私には合っていない」と感じて、嫌気のさす人が非常に多いのです。

SMOは退職する人も多く、結局元の看護師に戻ってしまう人が多いのも、このような「曖昧な入職理由」が原因の一つです。

「治験コーディネーターに本当になりたい」のであれば、多少の困難にも打ち勝つだけの「治験コーディネーターに対する熱い思い」を採用側に述べられるようにしておくことが重要です。

しかし「治験コーディネーターに対する熱い思い」といわれても、未経験の分野ですので、そのやりがいの全体像把握は難しいのが現状です。

そこで次に「治験コーディネーターのやりがい」について、治験コーディネーターとして働いている人にインタビューをしてまとめてみました。

治験コーディネーターのやりがいとは

「治験コーディネーターのやりがい」とは、どのようなものでしょうか。下記に体験談をまとめました。これらを参考にして、「自分は治験コーディネーターになって、なにを実現していきたいのか」について考えてみると良いでしょう。

治験コーディネーターIさん(治験コーディネーター歴:5年)

これまで多くの被験者と関わってきました。治験薬の効果が表れ、一時は絶望していた人が家に帰れるまでに回復したこと、90歳を超える高齢者でありながら、「自分が世の中に残せる最後の貢献だ」といって、喜んで治験に参加してくれた人など様々です。

中には、治験でなにも効果が得られず、さらに辛い思いをさせてしまった人も多々います。がん告知をされて絶望の中から、「もう少しだけ生きていたい」という想いで最後の一縷の望みをかけて、治療の選択肢の一つとして治験を選ばれる人がいます。

しかし期待に沿えない結果となったときでも、「仕方ないよ」と一生懸命、笑顔をみせてくれる被験者さんの顔も忘れることができません。

私は被験者に会うたびに、「生命を全うすること」の大切さを感じています。私はどのようなときでも、被験者さんの気持ちをサポートし、気持ちに寄り添っていられる治験コーディネーターとして仕事をし続けていきたいと考えています。

治験コーディネーターAさん(治験コーディネーター歴:3年)

私が治験コーディネーターとして仕事を始めてから、3年が経ちました。看護師のときとは異なり、何もかも初めてで付いていくことに必死の3年間だったと思います。

この3年間の中で仕事のやりがいを感じたのは、関わっていた新薬が世の中に出回ったときです。看護師のときは、一人でも多くの患者さんを助けたいという想いが強かったのですが、私が一生で関わる患者さんの数は、多くても数百人~数千人といったところです。

しかし新薬が出されるとなると、世界でも何万人、何十万人もの人がその新薬のおかげで助かる可能性が出てくるということです。この世界を動かすビッグプロジェクトの一員として自分も加わり、未来に目を向け働けることに対して大変誇りに思っています。

治験は必要悪な一面もある

最後に、治験に関わることになる人にとって、治験は必要悪であるということも知っておいてもらいたいと思います。治験に携わることで、心苦しい一面もあるのです。

治験は被験者を救わないことも多々ある

治験は、新薬が開発された早めの段階ではどちらかというと、治療的な要素は少なく、研究的な要素のほうが重きを占めていることがあります。「新薬の効果を調べる」というよりも、「新薬の危険性を調べる」ことが目的であることも少なくなりません。

例えば、一般的な抗がん剤投与では、まず吐き気止めを注射してから、その次に抗がん剤を投与し始めます。そのほうが被験者(患者さん)の負担にならないからです。しかし治験で行なう抗がん剤の場合ですと、抗がん剤投与の前に注射する吐き気止めを使用しないことがあります。

なぜなら治験として投与した抗がん剤に「どの程度の吐き気が起こるのか」を調査する目的があるため、事前に吐き気止めを使用してしまうと抗がん剤の危険性や副作用が分かりにくくなってしまうからです。

危険性を調べるための治験では、被験者が「抗がん剤のせいで気持ちが悪くてムカムカする、耐えられない」と苦しそうに訴えてきても、実際に被験者が嘔吐するまでは吐き気止めを使えません。

治験は研究という名目のために、患者さんに辛い思いをさせることを強いることがあるのです。これは、治験の事前説明の段階で「あなたの安全を最優先に考えていく」というI.C(インフォームドコンセント:十分な説明を受けた上での同意)に反していることになると感じる治験コーディネーターもいるでしょう。

また別の話をします。

痛み止めの治験となると、いま服用している痛み止めを中止してもらい、本当に痛くなった自覚症状があるときのみ、被験者に治験の依頼をします。服用している薬を止めて、痛くなることが分かっている被験者は、どのような気持ちでこの治験を受けるのでしょうか。

本当に治験を行うにあたって、「あなたの安全を最優先に考えている」と患者さんの前で堂々といえるのでしょうか。

他にも、このような話があります。新しく開発された抗がん剤の治験の話です。

抗がん剤の場合、最初のステップとして大変少ない量の投与から始まることが多々あります。これは他の病院の被験者の状態も含めて、抗がん剤の安全性を確認しながら、徐々に段階を踏んでいく必要があるからです。

少ない抗がん剤を使用するのであれば、副作用の危険性も少なく安全に使用できるといえます。しかし一方で、少量の抗がん剤の投与では、「ガンを小さくする」というような効果を期待することは難しいといった一面もあります。

もし治験に最後のチャンスを賭けた被験者であれば、この治験は本当に必要なのでしょうか。思っていたような効果が得られなかったとき、患者さんはどのような辛い思いをしなければならないのでしょうか。

治験は治療的要素を含む実験

このように治験は新しい治療方法の一つではないのです。治療的要素を含む実験であり、研究なのです。実験であるがために、わざわざ苦しんでいる病気の症状を増幅させてまで治験が行われているのです。

新しい薬を世の中に出回らせるためには、治験はどうしても避けては通れないプロセスです。いまは一人の患者さんの小さな協力であるかもしれませんが、この一つ一つの小さな協力が集まり大きな力となって、将来同じ病気で苦しんでいる人を救っていくことにつながるのです。

ときには目の前の患者さんに気持ちが入りすぎて苦しくなってしまうこともあるかもしれません。治験は目先のことのみを見れば「悪」に感じることがありますが、未来に目を向ければ大きな「善」にも変わるのです。

あなたは治験のスペシャリストになりたいのであれば、目先の局部的な場面と将来・全体とを見回す両方のバランス感覚を保つ必要があるのです。

治験コーディネーターになりたいあなたへ

いかがでしたでしょうか。治験コーディネーターは一見華やかな職業にみえますが、実はそのようなことはありません。地道にコツコツと、自分で道を切り開いていきながら、進んでいかなければならない孤独な一面もあるのです。

それでも「治験コーディネーターとして、やってきたい」と思ったのであれば、あなたは本当に治験コーディネーターに向いているといえるでしょう。そこで治験コーディネーターへの近道ともいえる転職サイトについて述べておきます。

看護roo!

こちらの看護師転職サイトは、利用者満足度96.2%と高く、登録しておいて損はありません。キャリアパートナー(エージェントもしくはコンサルタント)の質も高く、必要な情報を必要なときに、分かりやすく教えてくれるのが特長です。

有給消化率や離職率、残業時間など気になる待遇の面から、実際の職場の様子、具体的な仕事内容など詳細な情報を教えてくれるので、入社してから「このようなはずではなかった」というようなギャップが少なくて済みます。

治験コーディネーターの求人数も豊富で、医療機関以外で働きたい場合にキャリア形成の選択肢が豊富に存在するためおススメです。

ただし関東、中部、関西しか対応地域がないため、それ以外の人は次に述べる転職サイトに登録するとよいでしょう。

看護のお仕事

地方で治験コーディネーターとしての求人を探している場合は、全国対応でしかも地方求人に強みのある転職サイトである「看護のお仕事」がおススメです。

地域ごとにあなた専任の担当コンサルタントがいるため、治験コーディネーターへの転職に不安があっても親身に相談に乗ってくれるのが特長です。もちろん治験コーディネーターの求人も取り揃っています。

また看護のお仕事は、総合の口コミランキングも高いことで有名です。満足いく転職のためのサポート体制が万全であるため、安心して転職活動を行うことが可能です。

マイナビ看護師

こちらは、未経験者のための「治験業界セミナー」を開催しています。まだ、治験コーディネーターに転職するかどうかは考え中という人も、このセミナーは参加無料で、しかも来場特典が満載ですので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

東京、横浜、柏、船橋、埼玉、札幌、仙台、静岡、名古屋、大阪、神戸、京都、岡山、広島、福岡と全国各地の主要都市で説明会を毎月、開催しています。

こちらのセミナーに参加した方には、「ゼロから分かる治験業界」の資料や「転職ハンドブック」「CRA(臨床開発モニター)面接対策集」などが貰えます(CRAもCRCもどちらも治験に携わる仕事になります)。

マイナビ看護師は治験コーディネーターに特に力を入れているため、ノウハウも豊富にもっています。治験コーディネーターとして満足する転職にしたいのであれば、マイナビ看護師には必ず登録し、セミナーに参加するようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く