看護師は夜勤や残業などの勤務が多いため、できるだけ通勤時間を考慮した転職を実現したいと考える人が多いです。特に新卒看護師などですと、どのように通勤時間や交通手段を考えれば、自分にとって快適に通勤できるか分からないことがあるでしょう。

通勤時間や通勤距離の選択ミスで、「仕事に行きたくない」と感じてしまっては、大変もったいないです。

そこで今回は、満足する転職を実現するための理想の通勤時間や交通手段について述べていきます。

看護師の理想の通勤時間とは

結論から言えば、看護師が理想とする通勤時間は車でも電車でも、大体30分前後が良いです。

看護師の仕事内容や人間関係といった理由とは別に、通勤に1時間以上の長い時間をかけてしまえば、通勤そのものに苦を感じて再び転職を考えてしまいます。

ただ注意しておきたい点は、「通勤時間は短いほうが良い」というわけでもありません。そこで、「通勤時間が短いメリット・デメリット」「通勤時間が長いメリット・デメリット」について確認していきます。

通勤時間が短いメリット・デメリット

まずは通勤時間が短いメリット・デメリットについて確認していきましょう。

・通勤時間が短いメリット

通勤時間が短いメリットはどのようなものでしょうか。通勤時間が短ければ、通勤にかける時間を「自分の時間」として使うことができます。つまり、プライベートを充実させることができるのです。

自分の時間が多いということは、家で横になって休むことも、体を動かすことも、家族と楽しい時間を共有することもできます。ゆっくり起床して、余裕をもって仕事に出かけることができます。

ちなみに私は本を読むのが好きです。いまの職場に転職し通勤時間が短くなってからは、自宅で読書に費やす時間を増やすことができるようになりました。よく読むのは、以下のような自己啓発本や看護・医療に関する本です。

仕事や人生そのもので自分に足りないところを感じたら、その足で本屋に行きます。本で専門家や経験者の意見を取り入れて、少しずつでも自分に足りない部分を補充していけるのが楽しいです。

通勤時間が短くなったおかげで、自分にとって大切な本を、自宅でゆっくりと味わいながら読めます。この至福のひとときがあるからこそ「仕事をまた頑張れるのだ」と感じています。

他にも「オンライン英会話を始める」「ジムへ通う」など、看護師以外の分野へ自分の世界を広げることができました。

このように自分の時間があるということは、体力を温存できるだけでなく、自分への投資も行えるようになります。

看護師の仕事は常にストレスがつきまといます。自分の時間が多いほど、リフレッシュできる時間をもち、ストレスを軽減させることができます。自分の時間が多いに越したことはありません。

院内に併設された寮はどうか?

なお、新人看護師であれば、院内の敷地に併設された寮を利用する人がいます。

看護師として最初の1~3年目くらいだと、近隣の賃貸住宅よりも相場は安く、新しい環境や初めての夜勤などで体のリズムを掴むのに寮は最適です。通勤時間が短く、プライベートな時間を多くもてるという利点から、寮を選ぶ人が多いでしょう。

また、寮内に信頼できる先輩看護師や友人が存在してくれると、気持ちを共有してもらえることが多く、精神的に助かります。

ただし、寮内の人間関係が悪いようなら、すぐにでも寮を出て、アパートやマンションを借りたほうが良いです。また、敷地内に併設された寮の欠点として、昼夜問わず、救急車のサイレンがひっきりなしに聞こえるということが挙げられます。

私は寮に住んだことはないのですが、寮に住んでいる友人と電話で話をしている20分の間に、電話口から救急車のサイレンが間隔を置いて2度聞こえてきました。

友人はまったく気にすることなく話を続けるのですが、私は電話口から聞こえる救急車のサイレン音が気になり、「そんなに救急車が来るの?」と話の途中で聞くくらいでした。

友人いわく「ここは三次救急だから救急車のサイレンは仕方ない」とのことで、救急車のサイレンに慣れてしまえば、全く気にならないそうです。

ちなみに退寮してしまう人は、「寮だと職場が近すぎて、仕事と自宅の区別がつかない。これでは、仕事をしている気分がずっと抜けない」と考えることが多いようです。

自宅に帰っても、病棟で鳴っていたモニターのアラーム音が頭の中で幻聴として鳴り響く人がたくさんいるのです。そのうえ、実際に数十分間隔で、救急車の近づくサイレン音が聞こえるのです。

2次や3次救急などに勤めていて、音に敏感な人には、院内に併設された寮はお勧めできません。

ただ寮費は格安のことが多いので、実際に住んでみて「住み心地が悪ければ、退寮する」という選択を取ると良いでしょう。

・通勤時間が短いデメリット

反対に通勤時間が短い一番のデメリットは、患者さんが生活圏内に存在してしまうことです。実はこのことは非常に厄介です。

患者さんが生活圏内に存在すると、自分のプライベートが無くなる恐れが出てきてしまいます。

生活圏内に顔見知りの患者さんが多いと、仕事上、看護師は患者さん自身の個人情報を知っていることになります。

すると、「他の患者さんの個人情報を聞き出そうとする人」が出てきます。反対に、「お気に入りの看護師のプライベートを把握している人」なども現れやすくなります。

看護師の友人が実際に体験した話を次にします。

私の看護師の友人は、自宅から徒歩5分の職場に勤めていました。わざわざ職場に近いところを選んで、アパートを借りたそうです。

ある日、プライベートで近所のスーパーに行くと、顔なじみの患者さんに出会ったそうです。その患者さんは近所の理容院の従業員で、噂話が大好きな高齢女性でした。

友人は笑顔で挨拶をし、その場を立ち去ろうとしました。

しかし、その患者さんに腕を掴まれ「あなたの勤める病院に通っている患者さんでAさんっているでしょ。あの人、最近見ないんだけど、ガンなの? それとも結核? 随分長い間、咳をして苦しそうだったからね。ステージはどのくらいなの?」としつこく聞かれたそうです。

友人が「私はAさんに直接かかわっていないので、よく分からない」と答えると、むっとされたそうです。

しかも翌日、友人が出勤すると、昨日のスーパーでの光景を先輩看護師に目撃されていました。そのため職場内で「噂好きの患者さんに、他の患者さんの個人情報を喋ったのではないか」という嫌疑をかけられ、医師に呼び出される始末となりました。

ただ患者さんと偶然会って質問されただけなのに、友人は大変嫌な思いをしたそうです。

他にも友人は、仕事中、別の患者さんに「昨夜、電気がついていなかったけれど、どこかに行っていたの?」「昨日はゴミ出し日じゃないけれど、間違えて出したの?」といわれたこともあるそうです。

いろいろな近所トラブルに巻き込まれそうになった友人は、職場とある程度の距離をおいた場所に引っ越したのです。

このように、あまりにも職場と家が近すぎると、看護師という職業上、仕事とプライベートがごちゃ混ぜになることが多いので注意が必要です。

通勤時間が長いメリット・デメリット

反対に、通勤時間が長いメリット・デメリットについて述べていきます。

・通勤時間が長いメリット

職場から遠い場所であれば、職場で接するような人がほとんどいません。プライベートについて詮索されることは少なく、患者さんとはある程度の距離を置いて付き合うことが可能です。

・通勤時間が長いデメリット

ただ、通勤時間が長いデメリットはかなり多いです。

通勤時間が長いと、それだけで疲れます。片道1時間半かかるとすると、往復で3時間かかることになります。一日は24時間しかないのに、その8分の1を通勤時間に費やしてしまう計算になります。

これは週に5日、通勤時間を費やすとして15時間です。これは、1ケ月で60時間、1年間で720時間となります。

この720時間を「吉野家でアルバイトをする」と仮定した場合、相場時給を1,000円で考えると、換算で年間72万円にもなります。金額にするとこれだけの時間を通勤時間にとられ、無駄に費やしていることになるのです。

また、仕事で疲れてヘトヘトなうえに、さらにそこから1時間以上かけて家まで帰るということは、体力をかなり消費することにもなります。

ましてや夜勤明けなどですと、帰宅時に言いようのない眠たさやだるさも加わり、最後の気力を振り絞って帰宅しなければなりません。さらに退勤時だけでなく、出勤時も、早めに家を出る必要があるため、睡眠時間を削る必要があります。

このように、通勤時間に大幅に時間を取られる場合、ストレス解消や体力回復のための休息時間を削らなければならないのです。やはり、近すぎもせず、遠すぎもしない30分前後がベストな通勤時間といえるのです。

このくらいの距離であれば、居住地域の周辺に患者さんが住んでいることは少なく、プライベートを守ることができます。また、通勤時間に時間をかけすぎないで済むため、自分の時間を確保しやすく、仕事の疲れを取ることにもつながります。

看護師の理想の通勤手段とは

このように、理想的な通勤時間は30分前後です。ただこのとき、通勤手段についても考えなければいけません。

看護師にとって理想の通勤手段は、車と電車のどちらでしょうか。こちらは人によって状況が異なるため、一概に結論付けることはできません。それぞれのメリット・デメリットについて述べていきます。

車通勤のメリット・デメリット

車通勤のメリット・デメリットについて解説していきます。

・車通勤のメリット

車通勤のメリットは、ドアツードアという点です。職場のドアから、家のドアまで車だけで済みます。車通勤の場合は、職場から家まで歩くことが少なく、体力をあまり消耗しません。短い距離であれば、忘れ物に気づいたときに取りに帰ることも可能です。

また、車通勤は、自分の趣味の空間に身を置くことができます。自分個人の空間ですので、好きな音楽を歌ったり、喫煙者ならタバコを吸ってリラックスしたりできます。男性看護師なら、信号を待っている間にヒゲを剃る人もいるでしょう。

さらに電車と違って、座った姿勢の状態です。立ちっぱなしの仕事が多い看護師としては、仕事終わりくらい座って帰りたいものです。車通勤だと、そのような看護師の疲れを癒してくれる空間でもあるのです。

そのうえ、車なら雨の日でも濡れることを心配せず、通勤することができます。帰りにスーパーに立ち寄って、重たいものやトイレットペーパーなどかさばる日用品を買って帰っても、車の中に積めばいいだけなので、問題ありません。

・車通勤のデメリット

車通勤のデメリットは、事故に合う可能性がある点です。特に夜勤明けですと、眠気やだるさで事故を起こさないよう、最善の注意を払わなければなりません。車だと、自分のミスでなくても、相手の車のミスでケガをする恐れもあります。

身近によくある例としては、家を出るのが遅くなったため「車だからスピードを出せば、始業時間に間に合う」と焦ったことで、思わぬ事故を起こすなどです。

また自分の責任ではないにせよ、渋滞に巻き込まれたら、仕事に遅刻するリスクもあります。

電車通勤の遅延は電車側の責任であるため、遅刻しても許されることが多いです。一方で車通勤での遅延の場合、「渋滞などで遅れる可能性が高いと分かっていたのに、どうして早く家を出なかったのか」と上司からとがめられることがあります。

さらに職場のほうで駐車場を用意していない場合は、自分で借りる必要があります。私の場合は元国立系の医療機関でしたが、駐車場代を月に4,000円支払っていました。他にも車検やオイル交換、バッテリー交換など、自費で負担しなければなりません。

車通勤の場合、電車通勤と比較すると、どうしても自己責任自己負担の割合が高くなってしまいます。

電車通勤のメリット・デメリット

次に電車通勤のメリット・デメリットについて、お話ししていきます。

・電車通勤のメリット

電車通勤のメリットは、自分が運転しなくて良い点時間通りに到着する点です。自分が運転しないので、事故や遅延があっても自己責任になりません。また、正確な時刻に到着することがほとんどですので、乗車する時間さえ守れば、遅刻する心配がありません。

また、飲み会などでアルコールを摂取しても、帰宅方法に悩むことが無くなります。

乗っているだけで時間通りに、しかも寝ていても目的地まで連れて行ってくれるので、自分で運転しないといけない車通勤より精神的に楽です。「読書を行う」「音楽を聴く」など、インドア派の人であれば、それだけでリフレッシュできます。

・電車通勤のデメリット

電車通勤のデメリットは、自分の都合に合わせにくい点です。

田舎であればすぐに電車が来ないで、待たされることが多いため、なかなかスムーズに帰宅できないことがあります。そして徒歩やバス、自転車といった他の交通手段を合わせて活用することが多く、面倒くさいです。

また、都会であれば通勤・帰宅ラッシュに巻き込まれるため、混雑した電車内でずっと立ったままという可能性が高くなります。これは始業前でも相当疲れます。

このようにラッシュや待ち時間などを考慮すると、電車通勤を不便に感じてしまうことが多くなります。

さらに、電車内で寝過ごしたり、運が悪ければ事件や事故に巻き込まれたりする危険もあります。

私の看護師の友人は新人看護師時代に、夜勤明けに電車内で熟睡してしまい、気づいたらバッグの中から財布が盗られていたことがありました。もしかしたら、寝ている間にどこかで落としたのかもしれませんが、いずれにしても財布が消えていたのです。

また看護師の場合、準夜勤で帰るときに午前1時頃になることが多く、帰宅時には終電が無くなっている可能性が高いです。

ちなみに都心部の医療機関では、準夜勤の勤務時間が短く、終電前に深夜勤の看護師が出勤してくるため、終電に間に合うように帰れることが多いです。事前に転職先の勤務時間を調べておくと安心です。

また子育て世代の看護師で電車通勤であると、院内の保育所に子供を預けて、そこから子どもと一緒に電車に乗って帰宅する必要があります。これは、精神的にも体力的にも負担に感じることが多くなるでしょう。

小さな子どもがいて、混雑した電車内で騒ぐことが予想される場合は、車通勤のほうが楽という意見が多いです。

管理人の通勤時間で苦労した体験

当サイトの管理人である私自身、以前勤めた職場の通勤時間は車で片道50分でした。渋滞に巻き込まれると1時間半以上かかっていました。

最初のうちは、通勤時間を有効に利用しようとAmazonのAudible(本を朗読してくれるサービス)などを事前に準備して、自己啓発本を楽しく聞いていました。しかし、仕事終わりで疲れていて集中できないときでは、内容が途中で抜けてしまい、頭に入っていないことが判明しました。

ましてや夜勤明けで、強弱のない本の朗読を聞いていると、眠くなって事故の危険が高まります。そのため、Audibleは徐々に利用しなくなってしまいました。

・通勤時間が長いとマイナス思考に陥りやすい

また、仕事でつらいことがあると、私は車の中で悶々とそのことばかり考えてしまい、余計に落ち込んでしまいます。これは私に限ったことではなく、一般的に狭い空間に一人きりでいると気をそらすようなものが何もなく、マイナス思考に陥りやすいのです。

私の場合、マイナス思考で帰宅するときに車の中で流す曲はなぜか、いつもベートーヴェンの「悲愴」でした。とことんマイナス思考に浸かりたかったのだと思います。いまでも「悲愴」を聞くと、その当時の行き詰った状況が思い出されます。

・現実問題として車中での仮眠は難しい

さらに、夜勤明けで帰宅するときに、やや長めの信号待ちで寝てしまいそうになったことがあります。入職前は「疲れて眠くなったら、帰宅途中にどこかで仮眠を取ればいい」と安易に考えていました。

しかし実際には、車で仮眠は取れませんでした。

眠たすぎて、一時的にコンビニやスーパーなどに駐車して仮眠を取ろうとしたことがありました。しかし、「昼間に駐車場で不特定多数の人に寝姿を見られる」と思うと、恥ずかしくてできませんでした。

そこで、「山道など人の通らないところなら仮眠をとれるだろう」とも考えました。しかし、この場合も「葉っぱが車に落ちてくるちょっとした物音」「誰かの足音」にでも非常に敏感になり、それはそれで眠れませんでした。

結局私には、どのように眠くても帰宅途中に仮眠のとれる場所はありませんでした。

・タクシーチケットの利用はどうか

そこで以前勤めていた病院に、夜勤明けの看護師を対象とした「タクシーチケット支給制度」があったので、夜勤明けの帰宅手段として、そちらを利用したことがありました。

「寝ながら帰れる」と思って安心してタクシーに乗車したのですが、信号待ちのときにふと目を開けると、タクシー運転手とミラー越しに目が合いました。運転手に見られていると思うと、それから落ち着いて眠ることができませんでした。

タクシー利用は、私のような小心者には、向いていないかもしれません。

しかも当時、タクシーチケットは上限額と上限回数が決まっており、夜勤のたびに使うことはできませんでした。

・仮眠室で疲れを取るのはどうか

仕方がないので、「病院の仮眠室で寝て疲れを取ってから帰ろう」とも思いました。しかし私の勤めていた職場では、ロッカールームの中に仮眠室があったため、仕事を終えた看護師の話し声や笑い声、足音が頻繁に聞こえてきて、仮眠室では眠れませんでした。

私の場合、やや神経質なのかもしれませんが、誰しも自分の部屋で落ち着いて安心して睡眠をとりたいものです。睡眠時は、警戒心がなくなるため、落ち着いた場所でなければ、心底休憩をとることは難しいのです。

このようなことから通勤時間が片道1時間半くらいになると、どのように満足いく職場だとしても、やはり勤務し続けるのを難しいと感じることが多くなります。

・20分で通勤できる心地よさ

その点、いま私の通勤時間は車で20分程度です。患者さんの多くは生活圏外であるため、出会うことはあまりありません。

仕事でミスして落ち込むことがあってもベートーヴェンの「悲愴」を聞くことなく、20分で帰宅できます。安心できる自室で、自分に足りないと思った部分を、すぐに本を読んで補充できます。そのため、過剰に落ち込むこともありません。

20分という通勤時間は、自分にとって、精神的に楽です。また、負担なく通える距離にあるため、体力的にも助かっています。私にとって、今くらいの距離で車通勤できるのが、大変心地よくベストであるといえます。

通勤時間や交通手段はそれぞれの状況で判断

以上のことを踏まえ一般的には、看護師の通勤時間は30分前後、電車か車の便利なほうで通勤できる範囲に職場があることが望ましいです。

ただ、電車通勤でも一本(乗り換えなし)で座ったままで通勤できるのであれば、40分くらいの通勤時間程度なら苦にならないことがあります。また都心であれば、車通勤よりも電車通勤のほうがはるかに便利で安全だといえます。

反対に車通勤でも、毎日のように渋滞に巻き込まれたり、運転自体に慣れていたりしていなければ、20分くらいの通勤でも苦に感じることがあります。

つまり、ベストの通勤時間や交通手段はそれぞれ個々の状況に依存するのです。

「都心か田舎か」「駅から職場・自宅までの距離はどのくらいか」「バスや自転車などの利用が必要か」など、どのような選択をすれば、あなたにとって快適に通勤できるのか重点を置いて考えると後悔しないことが多いです。

今回の記事を参考に、あなたにとってベストな通勤手段を選んでもらえると幸いです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く