「転職をしよう」という気持ちが定まったら、あなたの条件に見合った求人を探す準備に入ります。そこで大切なのが「求人情報の入手」です。

もし求人情報の入手を怠ってしまうと、入職したあとで「人間関係が悪すぎて仕事にならない」「院長がワンマンすぎて、ついていけない」「キャリアアップするために転職したのに、キャリアアップ制度を利用した人はこれまで一人もいなかった」など、「このような病院に転職するのではなかった」と後悔することになってしまいます。

求人情報を入手するには、幾通りかの方法があります。今回の転職を成功させるために「必要となる情報」を上手に集め、満足のいく転職となるようにしましょう。

求人情報の入手ルート

まずは求人情報には、どのような入手ルートがあるのでしょうか。ひとつずつ、お話ししていきます。

看護師専用の転職サイト(求人サイト)

ひと言で看護師の転職といっても、「夜勤や残業の有無」「常勤・パートなどの雇用形態」「キャリアアップ制度の有無」といった雇用内容から、「病棟・クリニック勤務」「保育園勤務」「企業勤務」といった職場形態まで様々な求人が揃っています。

転職サイトを利用すると、その多種多様な求人情報の中から、自分の希望する求人を簡単に検索することができます。その上さらに、あなたが希望する条件を登録しておけば、該当する求人が掲載された際に、いち早く教えてもらうことができます。自分でこまめに求人情報を探す手間が省けます。

また転職で困ったことや不安なことがあれば、「転職のプロ」である「あなた担当のコンサルタント(エージェント)」が相談に乗ってくれます。さらには、あなたの経歴などから担当コンサルタントが総合的・客観的に判断して、自分にふさわしい想定外の病院を紹介してくれることもあります。

このように転職サイトに登録しておくと、自分の今まで培ったキャリアに対する「世間(担当コンサルタントなど)のリアクション」を確認することができ、自分の看護師としての「市場価値」をつかめることになります。

なお、転職サイト経由で転職が成立した場合、転職サイトは求人する病院やクリニック側から成功報酬を受け取る仕組みになっています。そのため、あなたがいくら転職サイトを利用しても、すべて無料となっています。

ちなみに転職サイトは、看護師でも多くの職種を扱う「総合型」と、特定の業界に特化した「専門型」があります。

専門型というのは、美容外科に特化した「美容外科求人ガイド」、派遣の求人を多く扱う「MCナースネット」や「ベネッセMCM」など、看護師の中でもある特定の分野に絞った求人になります(もし興味があれば、当サイトの「新たな看護師の働き方」に掲載していますのでそちらをご覧ください)。

看護師転職フェア

看護師転職フェアとは、「看護師の求人を必要とする多くの医療機関の人事担当者や医師、看護師、もしくは看護師転職サイトが会場内にブースを出展し、各々の病院についてアピールする」という企画です。

数十以上、多いときでは百近い病院が集まっているため、一度に複数の病院から「生の声」を聞くことができます。入場無料で服装自由、履歴書不要とするイベントが多いので、気軽に参加できるのがメリットといえます。

仕事内容や職場の話を「応募する前」に現場で働いている職員から直接聞けるため、あまり興味の無かった病院でも担当者と意気投合して思いがけない縁ができることもあります。

この転職フェアに参加するうえでの注意点としては、「看護師を集めたいがために外面を取り繕ったり、デメリットは伏せメリットを誇張して伝えたりする傾向がある」ことが挙げられます。

もしあなたが「転職フェアで自分の職場を紹介する看護師」であれば、人事担当者や医師もいる前で、本音で職場の内情について語ることはないのと同じです。

転職フェアは、あくまで情報の一つの入手経路です。すべてを鵜呑みにしてしまっては後悔する転職になりかねません。

このフェアが「いつ、どこで行われているのか」を知りたい方は、日本看護協会のサイトで「合同就職説明会」と検索してみると詳しい情報を入手することができます。また、日本最大級の転職サイトである「マイナビ看護師」などでも、多くの転職フェアを開催しています。

転職フェアは学生向けというイメージがありますが、30代・40代・50代といった中高年向けのフェアが開催されていることもあります。こまめに情報をチェックしましょう。

ハローワーク

全国各地に設置されており、全国の求人をパソコンやスマホから検索することができます。また気になる職種について話を聞きたい場合はカウンターで相談することも可能です。

求人数が多く、転職サイトなどで求人を出していない小規模なクリニックや病院の求人に出合えます。

ハローワークの利用方法ですが、実際にハローワークに赴きます。そして求職の申し込みを行い、応募したい求人があれば窓口で担当者に紹介状を求人先に出してもらい、自分で履歴書を送ります。

ただし、ハローワークに掲載されている求人で、長年求人案件が出続けている病院やクリニックは「ブラック」であることが多いです。私はハローワークに行った日に、その場ですぐに担当者に眼科クリニックを紹介してもらい転職しました。しかしその眼科クリニックは超ブラッククリニックで、わずか6ケ月で人間不信に陥って退職してしまった経験をもっています。

ハローワークは簡単に利用できる反面、「看護師は使い捨てて構わない。また無料で求人を出せば、そのうち応募者が出てくるだろう」としているブラック病院やクリニックが存在することを念頭に置いて利用することが大切です。

折り込みチラシ

新聞の折り込みチラシには、その地域の求人が掲載されています。「勤務地は家から近いほうが良い」とする人に向いています。

ただし、パートやアルバイトの看護師求人が多くを占めます。

ちなみに、このような求人チラシには「いつもニコニコ笑顔の職場」などというキャッチフレーズがついていることがあります。この場合、注意が必要です。

このような求人は、何らかの人間関係のトラブルを抱えているか、他に人を呼び寄せるだけのメリットがないために、このようなキャッチフレーズしか思い浮かばなかった結果でもあります。

もし他にメリットがあれば、「認定看護師資格取得制度補助あり」「サービス残業一切なし」「育児休暇取得制度あり」「託児所完備」などといった雇用内容についての言及があるはずだからです。

したがって、キャッチフレーズなどの情報だけを鵜呑みにしてはいけません。

人脈

30代・40代・50代ともなると、医療業界にある程度の人脈が築かれていることが多いです。その人脈を転職に利用する方法もあります。

下記のような人たちに声をかけてみると、思わぬ「きっかけ」が掴めることがあります。

元同僚・元上司など

過去に一緒に働いたことのある、いまは別の医療機関で働いている元同僚や元上司に「転職を考えている」旨を相談してみましょう。その人たちは、あなたの働きぶりや仕事に対する姿勢について理解しています。

相談してみると、もしかして自分の働いている職場やあなたに合う医療機関に空きがあれば、人事担当者などに相談してくれるかもしれません。

友人・親戚・知人など

もし医療機関に勤めていない友人・親戚・知人などでも、看護師転職の貴重な情報源となってくれることがあります。

「そういえば私がいま通院している病院で、看護師募集の広告が掲載されていたよ。雰囲気もすごく良さそうだし」「友人の勤めている会社が、近々訪問看護ステーションを立ち上げることになったらしい」など、有益な情報が集まるかもしれません。

実際に、ある看護師は親戚が集まったときに「子どもが小さいので、できれば他の病院に転職したい」と話したところ、義姉から「私の友人の勤めているクリニックは、看護師がみんな子育て世代だから、上手にみんなで助け合って仕事を回しているみたい。良かったら、その友人に看護師の空きがないか聞いてみようか」という情報を得ることができました。

偶然にも経験内容がマッチしており、義姉の友人を通じて院長に紹介してもらったところ、スムーズに採用が決まったそうです。

「今はまだ転職するかどうか決まっていない」という方も、普段から幅広く自分の看護師としての「キャリアビジョン」を発信しておくと、思わぬ良い情報を得られることがあります。

あなたのキャリアビジョンを聞いていた相手は、関連する情報を得たときに「あなたの顔」を思い浮かべるかもしれません。

種をあらゆる場所に蒔いておけば、何年が経った後で、あなたに思いもかけない良い情報が舞い込んでくることがあります。

人脈を使った転職のデメリット

しかし、人脈を使った転職にはデメリットもあります。例えば下記のようなリスクがあることを認識しておかなければなりません。

・断りにくい

紹介された医療機関が気に入らなかった場合でも、こちらから申し出て頼んだことであるため、入職を断りづらい一面があります。

また「間に入ってくれた人の顔を潰さないようにしなければならない」と気遣いをし、本来自分が望んでいなかった転職となることもあります。

・油断が生まれ、トラブルが生じる

「友人や知人が紹介してくれた」という信頼からあなたに安心感が生まれ、油断してしまうことがあります。

給与や残業、夜勤回数などの条件面をしっかり確認せずに入職して、後で「話が違う」といったトラブルは、この「友人や知人が紹介してくれた」転職では非常に多いのです。

口約束だけで入社を決めることなく、労働条件を文書にした通知書を受け取り、しっかり確認しなければなりません。

友人や知人の話にはギャップがある

「私がいま勤めている病院はすごく働きやすいよ。一緒に働こうよ」と誘われて入職したのはいいけれど、配属された科が異なり「友人から聞いていた話とは全く違う…」というギャップも実際に多々起きています。

知り合いの医師から直接「うちのクリニックに来てくれないか」と誘われた場合も、思わぬ落とし穴が待ち受けていることもあります。

実際に私の友人に起こった話として、「入職してみると、院内では院長(誘ってくれた医師)への抵抗勢力が強くなっていた。しかも院長の発言力も弱く、誰も院長の話を聞かない。入職直後から『院長の引き抜きで入職した私』はまさに孤立状態で、誰も仕事を教えてくれない状態が続いた。そして1ケ月もしないうちにスタッフが全員辞めてしまい、院内は混乱を極め閉院となった」というケースもありました。

私もハローワークで紹介された前述の眼科クリニックで、過去にアルバイトをした友人がいました。そこで転職前に友人にそのクリニックの話を聞いた際は、メリットばかりを教えてくれました。

入職後そのクリニックでは、友人から聞いていない話、例えば「いじめがひどい」「2ケ月以上在籍した看護師はいない」「提示されていた基本給は嘘」などで溢れており、びっくりしました。友人から良い話を聞き期待を抱いて入職した分、さらに現実とのギャップを感じることになりました。

6ケ月で退職した後、その友人に「あの眼科でひどい目にあった」と伝えると、「えー、あの人たち更に悪質な行為をしているんだ。そういえば、いじめがひどくて労働基準監督署に訴えた人もいたかも…」と後から本当に聞きたかった情報を知ることができました。

紹介者とのつながりや友人・知人の話だけで入職を決めたとき、思わぬトラブルの原因となるのです。転職前に、希望する医療機関の看護師と話をする機会を友人に作ってもらうことができれば、「後悔する転職」を未然に防ぐことが可能です。

中高年の転職では転職サイトを活用するメリットが豊富

転職サイトは20代の若い看護師が良く利用します。しかし実は、30代・40代・50代といった年齢層のほうが転職サイトを活用するメリットが多くあります。

以下に、中高年の方に転職サイトの活用をおススメする理由について、まとめてみました。

経験者をピンポイントで狙った「非公開求人」をもっている

30代・40代・50代の転職となると、「今まで培った看護経験を活かす」ことが重要となります。

中高年は、よく新聞の折り込みチラシにある「未経験者歓迎、複数人の看護師を採用」といった求人にあえて応募する意味はありません。あなたのいままで培った経験を活かして、より条件のよい求人に巡り合える可能性があるからです。

「ピンポイント」で即戦力となる経験者を求めている病院やクリニックでは、成功報酬型の転職サイトに求人依頼を行い、該当者が存在すれば紹介を受けて選考するというパターンを採用するケースが多いのです。

つまり、「経験」で勝負を賭けたい中高年の看護師転職希望者にとっては、このような「非公開求人」をもっている転職サイトを利用することで、「自分の経験を必要としている職場」に効率よく出合える可能性が非常に高くなるのです。

採用側の「ウラ情報」を入手できる

「希望する病院の転職フェアや入職説明会にも行ってみた」「サイトも隅々まで読んだ」というだけでは知りえない情報がたくさんあります。一方、これらの情報は転職サイトの担当コンサルタントから入手できることがあります。

例えば、今後の病院の経営状態に関することから、「院長や師長の人物タイプやキャラクター」「職場の人間関係」「雇用条件」「サービス残業の有無」「育児に協力的かどうか」「認定看護師取得制度の有無」といったことまで、あなたが転職で本当に知りたい情報を得ることができるのです。

他にも採用側のウラ情報を入手することで、面接対策も具体的に行うことが可能となります。

例えば「どうしても入職したい病院」があるJさんは、担当コンサルタントから「この病院は、今までの成果を重要視する。曖昧な答え方を嫌う傾向にある」という情報を得ました。

さらにJさんは担当コンサルタントから、その病院が面接選考で重視するポイントについて具体的なアドバイスを受けていました。

そこでJさんは面接のために「今まで自分が出してきた具体的な成果やその病院が面接で重視するポイント」について、しっかり頭にいれて臨みました。

もちろんJさんが希望する病院に採用されたのはいうまでもありません。Jさんという人物は採用当初から高く評価され、満足のいく給与からスタートすることができました。

また、選考の進捗状況を逐一教えてもらうことができるのも転職サイトを利用するメリットともいえます。担当コンサルタントが「採用の可能性について」いち早く教えてくれるので、他の病院への併願などを効率的に進めやすくなります。

自分では考えていなかった選択肢に出合える

先ほど「看護師専用の転職サイト」の項でお話ししたとおり、自分の看護経験があなたの想定範囲外の職場で活かせることもあります。

例えば、「自分がこれから進んでいく道は慢性期病棟しかない」と思い込んでいた中高年の看護師が「訪問看護ステーションの所長に迎えられる」といったケースです。

自分だけでは想像もつかなかった職場の選択肢を担当コンサルタント(キャリアアドバイザー、またはエージェント)から提示され、新たなキャリアを得られる可能性を見出してもらうこともできるのです。

なお、このように「看護師としての転職視野を広げたい」を期待するのであれば、専門型よりも総合型の転職サイトを活用すると良いでしょう。

複数の転職サイトに登録しても大丈夫

「複数の転職サイトに登録しても大丈夫だろうか」と不安に思う方がいます。これに関しては全く問題ありません。本気で転職を考えている人は、大体2~3社の転職サイトに登録を行っています。

他の転職サイトを利用していることを担当コンサルタントに話してもOKです。転職を成功に導くために、情報ルートを一つでも多くもっておくのは当然のことです。それを担当コンサルタントも十分理解しています。

むしろ、「いま自分はどのような転職活動を行っているのか」を担当コンサルタントに正直に伝えて、他のルートでの進捗状況も共有しておくことをおススメします。

転職活動状況を秘密にしておくよりも、正直に伝えるほうが担当コンサルタントとの信頼関係を築きやすく、転職活動もスムーズに運びやすくなります。

転職サイトは信頼が置ける

「転職サイトは病院やクリニックからの依頼を受けて動き、報酬も病院から受け取るのだから、病院側に偏った立場なのではないか?どこまで本音で相談していいのだろうか」と疑問を抱く方もいるかもしれません。

確かに、担当コンサルタントにとってクライアントになる病院やクリニックの期待に応えることは重要です。

しかし、転職サイトのコンサルタントは、「転職者側からの満足を得ることが出来なければ、転職のプロであるコンサルタントとしての価値を認められず、中長期視点で考えれば、自身の評価を下げてしまう」こともよく理解しています。

今の世の中、ネットやSNSが発達し、病院側からの評価よりも転職者側からの評価のほうが世間に広まりやすいのです。すぐに口コミサイトなどで、転職サイトのコンサルタントの噂は拡散されていきます。

このような社会的背景もあり、多くの担当コンサルタントは、「転職者にとってのメリット」を何よりも大切に考え取り組んでいるのです。

しかし、人と人との間には「合う・合わない」があります。あなた自身が転職サイトを最大限に活用できるかどうかを見定めなければなりません。

例えば、あなたが担当コンサルタントのことを「私の立場になって考えてくれていない。どのようなブラックな病院であろうと採用にさえなればいいと思っており、強引に面接の予定を立てた」と感じるのであれば、転職サイト以外の手段によって求人情報を入手するように変更しても構わないのです。

また転職サイトに、「担当コンサルタントの変更」を願い出ることも可能です。

一方、「この担当コンサルタントは私の将来のことまで見据えて、一生懸命考えてくれている」と感じたのであれば、担当コンサルタントは「自分の今後の方向性や志向について積極的に転職相談ができる心強いパートナーである」といえるのです。

転職サイトを活用するメリットのまとめ

以上をまとめますと、看護師転職で必要となる情報を入手できる方法としては、転職サイトを活用するに越したことはありません。以下に転職サイトを活用するメリットについてまとめておきます。

・転職サイトは非公開求人をもっている

転職サイトは、求人広告に出せない(非公開求人)ような「ピンポイント」の経験者募集情報をもっている可能性が高い。

・転職のプロである担当コンサルタント(エージェント)がキャリア相談に乗ってくれる

転職サイトに登録をすれば、看護師転職市場の状況などの情報を教えてもらえる。また、あなたのキャリア分析を行ってくれ、「どのような方向での転職ができるのか」についての相談に乗ってもらえる。

・想定してないような求人に出合える

担当コンサルタントのキャリア相談から、あなただけでは思いもしないような求人を勧めてもらえることもある。

・採用側の病院やクリニックとの交渉を代行してくれる

面接の日時設定だけでなく、給与交渉などの条件など、あなたの代わりに交渉してもらえる。

・聞きにくい内部情報も様々なルートを使い、調査してもらえる

給与な残業などの転職に有益な情報について、あなたの代わりに様々なルートから聞いてもらえる。

・世間では出回っていない病院やクリニックの情報を教えてもらえる

応募先の病院やクリニックについての情報があれば、面接にも備えることが可能となる。

・応募先の病院やクリニックの面接傾向、判断基準を教えてもらえることがある

担当コンサルタントが、過去にも応募先の病院やクリニックの採用に協力したことがあれば、「面接でどのようなことを聞かれるのか」や「どのような点に注目しているのか」といった情報を得られることがある。

・転職のプロが「パートナー」として存在してくれている心強さがある

未来が見えず不安を抱える転職活動の中で、「何かあったら相談できる相手」「自分を応援してくれる人」「一緒に喜んでくれる人」の存在は安心感につながる。

このように転職を行う際に、転職サイトにまず登録しておけば、担当コンサルタントの協力を得ながら、成功する転職につながる「必要な情報」を入手することが可能となるのです。

担当コンサルタントは「あなたの不安」を少なくし、成功する転職へのかじ取りを行ってくれます。このようなことから、「転職をする」のであれば、「転職サイトを活用する」ことが大切なのです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く