老人ホームのなかでも、とくに有料老人ホームの求人に対し転職希望する看護師に必要な心得とはどのようなものでしょうか。

「有料老人ホームの看護師であれば、上品な入居者さんに囲まれ、ゆったり仕事ができるだろう」というイメージだけで転職してしまうと、現実とのギャップに悩んでしまうことも出てきます。

そこで今回の記事では、「有料老人ホームに転職希望の看護師が事前に把握すべきポイント」について述べていきます。

有料老人ホームとはどのような施設?

そもそも有料老人ホームとはいったいどのようなものでしょうか。下記に高齢者施設の種類についてまとめました。

高齢者施設の種類
民間運営 有料老人ホーム 介護付き有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
健康型有料老人ホーム
その他 サービス付高齢者向け住宅
グループホーム
ケアハウス(軽費老人ホーム)
公的施設 介護保険施設 特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
介護療養型医療施設
福祉施設 養護老人ホーム

高齢者施設としてよくイメージされるのは、特養(特別養護老人ホーム)や老健(介護老人保健施設)などです。しかし、特養や老健は公的施設になります。一方で、有料老人ホームの運営は主に民間企業です。

また、その他の欄に記載のあるケアハウスとは、軽費老人ホームとなります。こちらは地方自治体や社会福祉法人が運営する福祉施設であり、有料老人ホームよりは安い料金で日常生活の介助サービスを受けることができます(この記事では有料老人ホームについての内容をまとめているので、ケアハウスなどの老人ホームの説明は省略させていただきます)。

有料老人ホームにはさらに下記のように3種類に分けることができます。

・介護付き有料老人ホーム

介護の必要な高齢者が対象の施設であるため、医療体制が充実しています。食事・入浴・排泄介助など、日常生活における介護サービスを提供する施設です。「看護師による24時間体制での常駐」を売りにしている施設もあります。

・住宅型有料老人ホーム

介護が必要な高齢者もそうでない高齢者もサービス提供の対象となる施設です。

食事などのサービスの提供はありますが、介護スタッフ常駐などの介護サービスの提供はありません。入居者に介護が必要な場合は、自宅と同じように訪問介護など外部の介護サービスを自分で申し込む必要があります。

・健康型有料老人ホーム

介護の必要性がなく、自立した生活を送ることができる高齢者向けの施設となります。

露天風呂やトレーニングルーム、カラオケルームなど、生活を楽しむ設備が充実している施設です。食事などのサービスも提供されますが、介護が必要になれば退去する必要があります。上記の2つと比較すると数は圧倒的に少ないです。

住居型有料老人ホームと健康型有料老人ホームには、「看護師が常駐しなければならない」というような規定はありません。

一方で介護付き有料老人ホームの場合ですと、介護保険法上「特定施設入居者生活介護」に定められた基準を満たさなければ、介護付き有料老人ホームと名乗ることはできません。

特定施設入居者生活介護とは「国が定めるサービス基準を満たした施設」のことです。看護師・介護士・機能訓練指導員・管理者などの人員基準、バリアフリー設置基準、職員の勤務体制など運営に関する基準などを満たした施設が「介護付き有料老人ホーム」です。

そのため、これら3種類の有料老人ホームがある中で、介護付き有料老人ホームのみ「3名の要介護高齢者に対し、1名以上の介護職員か看護師を配置する義務」があります。

さらに介護付き有料老人ホームで100名以上の入居者を抱えている場合は、看護師や介護士などのほかに、生活相談員を1名以上、理学療法士や作業療法士などを1名以上、ケアマネージャーを1名以上配置しなければならないとの義務付けもあります。

このようなことから主に有料老人ホームで、看護師募集の求人が掲載されるのは、介護付き有料老人ホームであることが多いです。

介護付き有料老人ホームにはさらに2種類に分けることができます。それは、「介護専用型」「混合型」です。どちらも入居者が原則65歳以上で、共同生活が送れる方が対象となります。

介護専用型は、要介護1~5までの方が対象になります。混合型は自立可能な方から認知症の方まで、要介護1~5の認定を受けた高齢者を幅広く受け入れています。

有料老人ホームと高級有料老人ホームの違い

一言で介護付き有料老人ホームといっても、入居費は安価な施設で月8万円台、高級といわれる施設となると月80万円台と、約10倍の差があります。

平均すると月27万円前後のお金が、介護付き有料老人ホームで入居を続けるためには必要だとされています。毎月必要になるこれらの費用のほかに、1000万円以上の入居一時金を必要とするところもあります。

高級老人ホームになるほど、建物の立地やサービスの質が良くなり高級ホテルのような作りになります。ラウンジや足湯、日替わりで実施されるコンサート、オーダーメイドの食事などホテルのような付帯設備を保有している施設もあります。

また配置される職員の人数も一般的な有料老人ホームでは要介護者3人に対して1人のところ、高級有料老人ホームとなると要介護者1~2人に対して職員1人と手厚いサービスを提供しているところもあります。

配置される職員の人数が多いほど、入居者さん1人ひとりに行き届いたサービスを提供できるため、些細な変化を察知しやすくなり丁寧なサポートを行うことが可能となります。

有料老人ホームの看護師の仕事内容

次に有料老人ホームの看護師の仕事内容や役割について話します。

有料老人ホームの看護師の仕事内容や役割

有料老人ホームは入居者さんが「第二の人生」を心地よく自分らしく暮らすための生活の場です。有料老人ホームには医師が常駐していません。有料老人ホームに勤める看護師は、入居者さんの日々の健康管理全般に責任をもつことが重要な役割となります。

施設によって看護師が担う業務内容は異なりますが、主にバイタルチェック・与薬・薬の管理・経管栄養・点滴・血糖値チェック・ストーマ管理・インスリン注射・軽度の褥瘡の処置などを行います。

医師の指示のもと、必要な処置を行うなど入居者さんの健康管理を行うことはもちろん、定期健康診断の手配を行ったり、介護スタッフとの連携をとったりすることも重要な仕事の一つです。

また介護分野である、環境整備・リネン交換・外出の付き添い・入浴や排泄の介助・更衣や整容(身だしなみを整えること)の介助などを行なうこともあります。

さらに、入居者さんのご家族からも情報を得たり、健康状態を報告したりすることもあります。医師や他のスタッフ、家族などとも積極的な情報共有が重要となります。

もし入居者さんに重篤な症状がある場合は、すぐに医療機関への搬送となります。その際、看護師が入居者さんに付き添い、医療機関の医師や看護師に入居者さんの状態を正確に伝えるよう求められることもあります。

有料老人ホーム看護師の大まかな一日の流れを下記に示しました。参考にしてください。

有料老人ホーム看護師の一日の流れ

9:00 夜勤スタッフからの申し送りを受ける

入居者さんの健康状態や夜間の様子について他のスタッフと情報を共有する

体調が気になる入居者さんがいれば、訪問診療医に相談する

9:30 経管栄養を実施し始める

10:00 バイタル測定や入浴前後の処置

入浴前には必ずバイタル測定や健康状態を確認する。

入浴前後に看護師が介助し全身状態の観察を行い、異常の発見を行う。

11:30 処置

医療処置が必要な入居さんを回る。症状の経過観察を行い、異常があれば施設訪問医に相談する。

12;00 食事介助・配薬

食前・食後の薬を服薬してもらう。

嚥下状態の確認や食欲の有無を観察するため、見守りを行う。

13:00 休憩

14;00 レクリエーション参加

日々、異なるレクリエーションを行う。

主に介護士が主体となるが、看護師が実施することもある。

15:00 おやつタイム

15:30 ミーティング

チームスタッフと夜勤スタッフへ一日の業務の申し送りや情報共有を行う。

16:30 記録

看護記録の記入を行う。

18:00 退勤

「食事介助やおむつ交換などは介護士の仕事」と考える人もいますが、医師に入居者さんの状態を的確に伝えるためには、自分の目で確かめることが大切です。

ケアを通して、入居者さん本人から体調の変化はないか確認したり、毎日の生活の中から異常の早期発見を行ったりするなど、早期に適切な対応をとることが看護師の役割です。介護士の仕事でも、必要なときは積極的に動くことが大切です。

そして、入居者さんの状態を看護の視点から正確に把握し、異常の早期発見や予防につなげるようにしましょう。

ちなみに有料老人ホームの場合、看護師も夜勤を行う施設があります。夜間の流れについても以下にまとめておきます。

有料老人ホームでの夜間勤務】

17:00 申し送り 配薬の準備 入居者さんへ挨拶 バイタル確認

ラウンドし、バイタルチェックを行い、健康状態を確認する

18:00 食事介助

20:00 バイタル測定

血圧や体温測定を行い、必要であればケアや医療措置、医師に連絡をする

21:00 就寝前の服薬介助

22:00 休憩

24:00 施設内をラウンド

施設を見回り、体位変換やおむつ交換、トイレ介助などの必要な利用者さんのケアを行う

2:00 仮眠

6:00 施設内をラウンド 配薬の準備

施設を見回り、体位変換やおむつ交換、トイレ介助などの必要な利用者さんのケアを行う

7:00 入居者さんの起床を促す バイタル測定

8:00 食事介助

9:00 申し送り

夜間はスタッフが少ないですが、看護師一人で対応することはありません。必ず他の介護スタッフや看護師と一緒に夜勤を行うため、必要以上に不安に考えることはありません。

また医療機関のように、緊急事態で夜間にバタバタ走りまわる状況が発生することは少ないため、有料老人ホームの夜勤であれば、しっかり休憩や仮眠を取れることのほうが多いです。

有料老人ホームの看護師のメリット

有料老人ホームに勤務する看護師の特徴として、医療機関の看護師に比べ医療的な業務が少ないことが挙げられます。

看護師は、入居者さんの健康管理の責任を担う必要があります。しかし、一刻を争うような重篤な疾患を抱えて有料老人ホームに入居されている方はいないため、高度な看護技術を求められることはありません。

また「入居者さんの具合が急に悪くなる」「急患を受け入れる」などといった医療機関では普通に起こる緊急事態も少なく、急な残業を任される状況になることも稀です。

一般的な医療機関ですと患者さんと接する時間が短く、常に仕事に追われて、充分なコミュニケーションをとるのが難しいといった場面が多くあります。このことが原因で「看護にやりがいを感じなくなった」と考える人が多くいます。

しかし有料老人ホームであれば、利用者さん一人ひとりとじっくり関わる時間を多くもてるため、個別性を重視した看護を行うことが可能です。

最初は家族に連れられ、嫌々入居された方が、スタッフや周りの入居者さんとの関わりのなかで笑顔を取り戻していく姿を見ることで、有料老人ホームでのやりがいを感じる看護師も多くいます。

このようなことから、ブランクのある看護師や看護技術に自信のない看護師、医療機関での仕事に疲れてしまった看護師でも、有料老人ホームは応募しやすい職場であるといえます。

さらに一部の有料老人ホームでは、サービス性を重視する一面から高齢ケア先進国である北欧などへの海外研修を積極的に行っている施設も数多く存在します。高齢者看護や認知症看護に興味のある人は、このような施設を選んで転職するとより多くのことが学べます。

有料老人ホームの看護師のデメリット

有料老人ホームで働くスタッフの中でも看護師は少なく、介護スタッフで占められていることがあります。

そのため施設によっては看護師が、オンコール対応(職場から連絡があったらすぐに出勤)を月に3~4回しなければならないことがあります。

また有料老人ホームのように、看護師が少なく介護スタッフが多い施設でトラブルになりやすいのは、職域での問題です。「ここまでが主に看護師の仕事、ここからは介護スタッフの仕事」というように看護師と介護スタッフとの仕事がある程度分けられている施設であれば問題ありません。

しかし看護師と介護スタッフの仕事がはっきり分けられていない職場ですと、本来介護スタッフが行うべき仕事でも、看護師も当たり前のように手伝うことが多くあるかもしれません。

また長年勤めている介護スタッフより新人看護師のほうが高い給与を貰うことも多く、このことを知っている介護スタッフは面白くないでしょう。

このように有料老人ホームでは「介護スタッフとの人間関係が難しい」といった側面もあります。

さらに有料老人ホームの場合、医療行為が少なく、医療機関で行なわれているような勉強会や講習会もあまりないため、看護のスキルアップを図るのは難しいのが現状です。

看護師として臨床経験を積み専門性を磨き、キャリアアップしていきたいという方には向いていないかもしれません。

反対に、看護スキルに加えて介護スキルも磨いていきたいという方、将来的に管理職に就きたい方、看護経験が少なく自信がない方、利用者さんとじっくり向き合った看護を行っていきたい方などには向いている職場といえます。

有料老人ホームの看護師の給料

有料老人ホームの看護師の給料は施設によっても異なるため一概にはいえませんが、平均年収にすると390万円程度だとされています。この金額は医療機関に勤める看護師より低い水準となります。

しかし有料老人ホームの場合、看護師だと夜勤のない施設も多く、夜勤手当が加算されていないため、この金額となっています。

ただ民間企業が運営しているため大手のグループ施設であれば、医療機関よりも高収入を狙えることがあります。

ある有料老人ホームの看護師の給与を一例に挙げましょう。

【有料老人ホーム看護師の給与の一例】

・月給20万9800円~24万2100円

・別途、正看護師であれば月10万円、准看護師であれば月7万円の資格手当が加算

・さらに勤続年数に応じて年に4,000円から17,000円の勤続給が毎年加算

・年間休日110日

・家族手当(配偶者に月8000円、子ども1人に月3000円)や住宅手当(月1万円)、保養所、雇用・労災・健康・厚生年金など各種社会保険完備、夜勤手当、退職金、財形貯蓄、社員持株制度なども完備

このように大手医療機関の看護師よりも、給与面・待遇面で優れている求人は多くあります。

また有料老人ホームであれば、夜勤専従看護師という働き方もあります。

この場合、多くの施設で夜勤一回当たり35,000円(16時間勤務/回)を超えることも少なくありません。

一般的に二次救急の医療機関などの夜勤であれば、仮眠はもちろん休憩も取れず、さらに高度な看護技術を必要とする場合があります。

しかし有料老人ホームでの夜勤であれば、緊迫した状態はあまりなく、業務に追われることは少ないです。比較的ゆったりとした職場の中での勤務となり、効率のよい働き方が実現できます。

有料老人ホームの看護師が注意したいこと

入居者さんの中には、医療処置や介護が要らない健康な方も多いため、高齢者とのコミュニケーションを得意とする看護師に向いている職場といえます。

しかし有料老人ホームの場合、民間企業が運営していることもあり、入居者さんは患者さんではなく、「お客様」という位置づけであることが多いです。そのため有料老人ホームに勤務するというのは、「看護業務+サービス業」だと考えることが大切です。

利用者さんではなくお客様であるため、看護師も接遇やマナー面などが重視され、お客様である入居者さんの意向を重んじる傾向にあります。

ときには入居者さんやご家族の勝手なふるまい、無理な要求などにも応えなければならないこともあります。いままで患者さんと気軽に接してきた看護師であれば、なかなか馴染めない状況が多く発生するかもしれません。

ただ、接遇やマナーは意識し訓練することで身に付く技術です。接遇に自信がない人はあらかじめ、ざっと勉強しておくとよいでしょう。

有料老人ホームで働く実際の看護師の声

では有料老人ホームで実際に働く看護師に取材して声を集めてみました。

・有料老人ホーム看護師歴9年 Fさん

私はスタート時に失敗をしてしまいました。それは介護スタッフと良い関係を築きたいあまりに、私が気を遣いすぎて介護業務を進んで手伝い過ぎたことです。当時、看護師は私一人しか在籍しておらず、介護業務を手伝っても問題ないと考えていました。

しかし後から入った老人ホーム経験の長い看護師に、「ここの施設は看護師が介護士の業務をこなしすぎていて、反対に本来すべき看護業務ができていない」との指摘を受けました。

その後、徐々に私が行っていた介護業務を減らしていったのですが、介護スタッフからは不満の嵐で、一時的に仕事が立ち回らなくなってしまいました。

全ては私の責任ですが、あのときは看護師と介護士の間に挟まれ、本当に辛かったです。

・有料老人ホーム看護師歴2年 Cさん

私の勤める有料老人ホームは、介護士がしっかりサポートしてくれるため、人間関係は良好でコミュニケーションもばっちりとれています。

入居者様との信頼関係を作ることに入社当時は大変苦労したのですが、介護士のアドバイスなどもあり、趣味などの話題で盛り上がるようになりました。レクリエーションも入居者様が喜ぶ催し物を考えるのが大変楽しみです。

やはり職場の人間関係は大切であると実感しています。

・有料老人ホーム看護師歴3年 Mさん

私の勤める施設では、オンコール対応が月に7~8回あります。「有料老人ホームだから、あまり電話はかかってこないだろう」と思っていたのですが、頻回に電話がかかってきます。

介護士も自分で対応できる範囲のことでも「看護師のあなたの意見が聞きたい」といって夜に電話がかかってきます。オンコール待機の間は、「どのような内容の電話がかかってくるのだろう」と考えると、自宅にいても休んだ気になれません。

他の介護スタッフとの関係が良好でコミュニケーションがしっかりとれているような施設であれば、頻回のオンコールは無いのでしょうが、私の職場では仕方のないことだと諦めています。

・有料老人ホーム看護師歴20年 Eさん

有料老人ホームに勤めて20年ですが、ようやく天職だと思えてくるようになりました。私はもともとすぐに結果がでないと気が済まないタイプで、長期的な視野で物事をとらえることを苦手としていました。

入居者様は徐々に年を取っていき、できていたことができなくなってくる不安や苦しさに向き合いながら、残された人生を少しでも有意義に過ごそうとされています。

入居者様との関わり合いの中で、「あなたがいてくれるから安心してここで笑っていられる」と言われたことがありました。有料老人ホームでは、長期的な視野に立ち関わり合いのプロセスの中でいかに心を込めたおもてなしができるかどうかが大切だと気づきました。

私たち看護師は、入居者様が少しでも長く健康でいてもらうために必要な存在です。最後の最後まで、入居者様にとって後悔のないような生き方をしてもらうサポートをしていけたらと思っています。

・有料老人ホーム看護師歴8年 Wさん

私の場合、利用者様との関係に悩まされています。私に身に覚えはないのですが、利用者様に「頼んだことをやってくれなかったから、あなたが嫌い」と言われて以降、その利用者様との間でギクシャクした関係が続いています。

いくら私が謝っても、管理者や他のスタッフが誤解を解こうと思っても、その利用者様は全く聞く耳をもってくれません。

その利用者様と毎日顔を合わすのですが、挨拶してもそっけない態度をとられたり、目をそらされたりと、他の利用者様にも気を遣わせてしまっているような状況です。その利用者様に嫌われるようになってからは、仕事にでるのが辛いです。

一度崩れてしまった人間関係を元に戻すのは大変ですが、少しでも関係が良くなるように努力していこうと考えています。

・有料老人ホーム看護師歴1年 Aさん

私の場合もともと介護士をしていましたが、有料老人ホームでの看護師の働き方に憧れて、働きながら看護師免許を取得しました。介護士をしていたときは「仕事内容もあまり変わらないのに、看護師はいいとこ取りでずるいな」などと思っていました。

しかし、看護師になってからは利用者様を観察する視点が介護士とは異なり、常に頭をフル回転させ仕事に従事していることが分かりました。

介護士は体力勝負のことが多く、看護師よりも大変だと感じていましたが、介護士よりも看護師のほうが責任が重く、それが給与に反映されるのは当たり前だと感じています。

有料老人ホームの看護師に必要な転職成功の心得

このように実際の現場の声を聞いてみると、「介護スタッフとの関係」「オンコールの回数」など、本来であれば転職前に知っておきたい情報を入手しておくことが転職の成功のために重要であることが分かります。

このような内部情報はどのように入手すれば良いのでしょうか。それには「看護師専用サイトにサポートしてもらう方法」と「派遣看護師として実際に働いてみる方法」の2つがあります。

看護師専用サイトに転職のサポートをしてもらう

看護師専用サイトを利用すると、転職のプロである担当コンサルタント(エージェント)が転職前から、あなたに合った求人条件の職場環境や人間関係について教えてもらえます。

有料老人ホーム自体、看護師の求人件数が増えていることもあり、ハローワークなどで探すよりも転職サイトのほうが圧倒的な求人数を抱えているため、より条件に近い求人を選ぶことも可能です。もちろんハローワークからの転職となると、職場環境や人間関係などの情報は教えてもらえません。

このときは1社だけでなく、少なくとも3社以上には登録し、あなたにマッチする求人を見つけてもらうようにしましょう。

3社以上に登録しておくとレア求人である「非公開求人」を紹介してくれる可能性も高くなります。非公開求人とは、雇用条件や待遇が良いため応募者が殺到しないように、転職サイトのほうで応募者の選別を行い紹介する求人となります。

転職サイトを利用したほうが、独りで転職活動を行うよりも効率が良く、強力な助っ人を得られることになります。天職を見つけたいのであれば、転職のプロの力を借りてみる方法をおススメします。

派遣看護師から始めてみる

担当コンサルタントから、いくら「ここの職場の仕事内容はいいですよ。人間関係の問題も聞いたことはありません」といわれても、実際に働いてみなければ人間関係や仕事内容はわかりません。

「もう二度と転職で失敗したくない」「有料老人ホームへの転職は初めてだから、どのような視点で職場選びをしたらいいか分からない」という方は実際にさまざまな有料老人ホームで派遣看護師を行ってみて、有料老人ホームの見る目を養ってみることをおススメします。

派遣看護師の場合、正社員との給与に違いはなく、むしろ高額で好待遇のことが多いです。さらに社会保険なども完備されています。派遣切りや使い捨てといった派遣に対するネガティブな雇用条件とは異なるのです。

また派遣看護師には「紹介予定派遣」という働き方もあり、1日~最長6カ月間の派遣期間を経て、面接などの転職活動をすることなく、双方の意向が合えば入職が可能です。「転職活動は苦手なので、働きぶりをみて決めてもらいたい」という人にもおススメの方法です。

実際に派遣看護師として働いてみることで自分の目で職場環境を把握することができます。

複数の有料老人ホームで実際に働いてみることで、「有料老人ホームとはどのような仕事内容なのか」「介護職との線引きはどのようなのか」「希望する有料老人ホームはどのような人間関係だと仕事がしやすいのか」といった事柄を比較することができます。

派遣看護師であれば雇用期間が定められているため、人間関係であまり悩む必要もありません。気に入らなければ、雇用継続しなければいいだけの話です。

「次こそ最後の転職としたい人」「充分な対策を練って転職先となる有料老人ホームを選びたいという人」にとって、派遣看護師を経験すれば視野を広げることができ、転職成功に近づけます。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く