ツアーナースといえば、女の子の人気職業ランキングの上位に輝く「ナース」と「ツアーコンダクター」の両方を併せもつ大変人気のある求人です。

旅行に引率し、参加者の体調管理を行なったり、急病人やケガ人が出た際には応急処置や救急搬送の対応を行なったりする仕事になります。

「幼いころになりたかった職業はツアーコンダクターだった」という方や「趣味は旅行。空き時間を使って旅行をもっと楽しみたい」という方、「病棟の仕事も好きだけれど、自分の力をもっと多くの場所で発揮させたい」という方にとって、ツアーナースはもってこいの仕事になります。

とはいえ、周囲にツアーナースを経験した人がいないと、「実際にツアーナースとは、どのような仕事であるのか」について具体的には分かりにくいのが現状です。ツアーナースの具体的な仕事内容が分からないと、「ツアーナースに興味はあるけれど、実際にやってみるにはなんだか気が引ける」と思ってしまう人も多いでしょう。

そこで今回は、求人の中でも人気の高いツアーナースについて確認していきたいと思います。

ツアーナースの仕事とは?

ツアーナースの仕事とは一体どのようなものなのでしょうか。最初に仕事内容や給料、服装や持ち物などについてお話してきます。

ツアーナースの仕事内容

ツアーナースの仕事内容は、「ツアーに同行し、参加者の健康状態を把握し、さらにケガ人や急病人に対して応急処置を行ったり、救急搬送の必要性の有無を判断したり、また処置に伴う資料作成を行なったりする」ことです。

主に「小中学校で実施される修学旅行や林間学校、地域の子ども会の集まりなどでのスポーツ合宿、日帰りバス旅行」などに引率します。

ツアーナースは「保健室の先生(養護教諭)」のような立場だと思うと、イメージしやすいでしょう。小中学校の養護教諭は、修学旅行や丸一日引率をするような学年別の行事に参加してしまうと、学校に残っている他の児童・生徒のケガや病気に対応できません。

このような場合、「養護教諭の代わりとしてツアーナースが臨時で付添う」というケースがあります。

ツアーナースに決まると、まず始めに学校の担当教諭やツアー会社の添乗員と事前に連絡を取り合います。そして、ツアーに参加する方の持病のチェックや健康状態に留意し、安全の確保に努めるための注意事項について確認します。

ケガや急病に備えての、救急箱の中身のチェックや点検、常備薬の期限の事前確認は欠かせない仕事となります。また呼吸器具を装着した参加者のために、呼吸器具の取り扱い方について事前に確認しておくことも重要な任務の一つとなります。

主に1泊2日や2泊3日といった比較的短期間の旅行の引率が多く、北は北海道から南は沖縄まで日本全国どこへでも引率する可能性があります。

ツアーに同行する場所は日本国内が多いのですが、まれに海外のツアーに引率する求人もあります。海外ツアーの引率の場合ですと、国内ツアーの同行とは以下のように異なる仕事の一面があります。

・事前に国内外で利用できるカルテの作成をする

・参加者の主治医からの指示書を今回の旅行内容と照らし合わせ、参加者にとって負担の少ない方法を考える

・万が一の事態を想定し、海外で受け入れ先の病院があるかどうか確認しておく

・参加者が処方されている定期薬の国際成分名を把握しておく

・海外において、現地の医療スタッフへ具体的な病状説明を行う

国内でも海外でも万が一の事態を想定して、事前に情報収集を行い準備しておくことが重要です。

ツアーナースの気になる給料とは?

ツアーナースの給料ですが多くは単発(日雇い)の仕事となり、時給制ではなく日給制になります。

日給で10,000~15,000円とあまり高額ではありません。しかし、ツアーの交通費や宿泊代、食事代まで込み(負担なし)の金額となっているところがほとんどです。ツアーナースとして同行している間のお金はほとんどかからないので、旅行に同行しながらこの金額は、妥当なところかもしれません。

また、日帰りのツアーよりも、宿泊の必要なツアーのほうが日給が若干高い傾向にあります。

ただし、注意しておきたいことの一つとして、「宿泊があるツアーの多くは、事前に研修会が開かれる」ことがあげられます。その場合、研修会に出席するまでかかった交通費や研修会で費やした時間は無給であることがほとんどです。

事前に研修会がない場合は、出発日に早めに集まり、そこで説明が行われることが多いです。

ツアーナースの服装とは?

普段着ているナースの制服とは違い、ツアーナースの服装は「動きやすい服装」であることが前提となります。

ツアーナースは緊急事態が発生したときに、誰よりも早く現場に駆け付け救護にあたる必要があります。また登山やハイキング、キャンプなどのツアーですと、参加者と一緒に野外をアクティブに動き回る必要があります。

そのため、どのような服装か決まっているわけではなく、「動きやすい私服」で構いません。ただし、私服といってもジーンズやサンダルなどは好ましくありません。あくまで仕事としてツアーに参加するわけですから、ジーンズやサンダルだとあまりにもラフ過ぎてしまいます。チノパンなどがシンプルでおススメの服装です。

また、柄物のシャツなども周囲にあまり好印象を与えません。先生らしいカジュアルで清楚な装いをイメージし、傍から見ても嫌な印象を与えない服装にしましょう。

また荷物を入れて持ち運ぶカバンですが、リュックサックがおススメです。リュックサックですと両手が空くので、参加者にケガ人や急病人が出るなど万が一の事態が発生した場合に、両手で処置を施すことができるので便利です。

またツアーナースが救急箱をもつことがあるため、その場合は荷物がかさばります。そのような場合でも、大きめのリュックサックを一つもっていけば事足りるので、何袋も荷物を持ち運ぶ必要がなくなるため助かります。

ちなみに、人は外見で第一印象を判断してしまう傾向にあります。そのため、あなたのツアーナースとしての評価はまずは「服装で決まる」といっても過言ではありません。

第一印象が良ければ、また同じ会社から「あなたにもう一度ツアーナースを頼みたい」という指名での依頼がくる可能性が高くなります。

ツアーナースの持ち物とは?

ツアーナースの持ち物ですが、ツアー内容によっても異なります。ツアー内容を確認し、「どのようなものをツアーで持ち歩けばいいのか」についてイメージしてみるとよいでしょう。

ここでは、「どのようなツアーであっても、持参しておいたほうがよいもの」を下記に挙げておきます。

・メモ帳やボールペンなどの筆記用具

・秒針のある時計(脈拍や呼吸数を計測するため)

・血圧計

・体温計

・聴診器

・絆創膏

・包帯

・アルコール綿

・タオル(止血・熱中症で体を冷やすなど用途は多岐に及ぶ)

・ペットボトルの水(キズを洗い流すため・水分補給のため)

・ビニール手袋(感染防止のため)

・ビニール袋(嘔吐や過呼吸などに対応できるため)

・ウエットティッシュ(嘔吐などに対応できるため)

・レインコート(傘だと両手がふさがってしまうため)

・携帯電話用のモバイルバッテリー(屋外で充電が可能であるため)

・虫除けスプレーや日焼け止め

・レジャーシート(屋外のケガや横になって休ませる用)

・生理用ナプキン(女児への対応用)

他にもツアーに合わせて、必要と思われるものを荷物にならない程度に準備しておくと安心です。

ツアーナースが事前に打ち合わせしておくこと

小中学校へのツアーの引率には、事前に打ち合わせが行われることがほとんどです。ツアーの一週間くらい前に、依頼先の小中学校に出向き、担任の先生、養護教諭、引率の先生などと一緒に事前に「ツアーの行程」や「持参するもの」についての確認をします。

ツアーナースとして事前の打ち合わせで確認しておくことは以下の通りです。

・1型糖尿病・喘息などの持病がある児童・生徒の名前と対応方法

・特別な対応が必要な児童・生徒の名前と対応方法

・食物アレルギーのある児童・生徒の食事内容についての確認(どのような対応をとるのかも併せて確認する)

・救急箱や救護バックの中身の確認(必要な物品は入っているか・期限は切れていないか)

・児童・生徒に救急事態があった場合の連絡方法(どのような手続きを踏めばいいのかを確認)

・児童・生徒の健康カード(体温表)の有無の確認

・「どのような報告書を作成すればいいのか」の確認

・ツアー中での搬送可能な病院の確認

・ツアーナースが必要となる自己負担金の確認(必要となる食費や入場料の確認)

・連絡の取り方の確認(緊急の事態が発生した場合、どの先生に一番に連絡を取ればいいのかの確認)

以上、これらのことを事前に確認しておくことで、万が一の事態が発生した場合も当日の対応をスムーズに行うことができます。

ツアーナースの口コミ

次に実際にツアーナースを行った看護師の口コミをみてみましょう。ツアーナースを経験した多くの看護師が、「ツアーナースをやってよかった、楽しかった」という意見をもっています。

小学校のキャンプに引率した看護師Aさん(36歳)

普段は小児病棟で勤務しています。普段は病気の子どもと接することしかなかったので、休日に元気な子どもと接する機会が欲しくてツアーナースをやってみることにしました。

いつも休日は近場でショッピングくらいしかしたことがなかったのですが、バスで3時間のキャンプ場まで同行しました。旅行気分が味わえて、バスに乗るだけでも気分がリフレッシュしました。

主な仕事内容は、転んでできた擦過傷と虫刺されの処置でした。小児病棟でも小児のケガの処置について行っていたので、自分でもスムーズな対応ができたと思います。

特に大きな事故もなく、子どもたちと一緒につくったカレーを食べたり、ダンスを踊ったり、肝試しをしたり、とても楽しい体験でした。最後には子どもたち全員から「ケガが無いように見守ってくれて、ありがとうございました」という言葉をいただき感動しました

また機会があれば、ツアーナースとして働いてみたいと思います。

1型糖尿病の子どもたちを集めた林間学校に引率した看護師Bさん(42歳)

内科のクリニックで勤務しています。もともと糖尿病の患者さんたちに日ごろから接しているため、ある程度知識はもっています。しかし普段接しているのは大人ばかりですので、糖尿病の子どもの対応には不安がありました。

林間学校前に、各子どもの対処法や注意事項の事前説明を受けに行き、具体的にどのように動けばいいのか入念な打ち合わせが行われ、不安を払拭できました。この林間学校には新米ドクターも参加していました。

当日は、自分でインスリン注射をできなかった子どもたちが、「自分よりも小さい子どもが自己注射をする場面」に接したり、「同じ1型糖尿病を抱える他の子どもたちに励まされたりする姿」をみることができました。

私たちが自己注射の方法を教えなくても「自分から頑張って自己注射を行えるようになった」という、短い期間での子どもたち同士での成長を垣間みることができました。

また夜には糖尿病専門の先生を招いて、「糖尿病と共存していくためのアドバイスや考え方」のお話し会がありました。いままで糖尿病で苦しんできた子どもたちが先生のお話に共感して、当初はすすり泣く声が聞こえていました。きっと病気のために色々なことが子どもながらに苦しかったのだと思います。

しかし、先生が最後に「病気と向き合うことで、明日にはもっと素敵な自分に逢える」と励まし、会の終わりには、みんなで笑顔になったことが記憶に新しいです。

夜間は新米ドクターと交代で子どもたちをみていました。擦過傷を負う子や体調がすぐれないと訴えてくる子は何人かいましたが、大きな事故やケガもなく、自分自身にとっても大変大きな収穫のあった林間学校でした。

実際の現場に帰っても、患者さんの立場になり気持ちを共有できる看護が実践できるよう心がけています。

中学生の修学旅行に引率した看護師Cさん(29歳)

私は形成病棟で勤務して3年になります。もともと旅行が好きという単純な理由からツアーナースをやってみることにしました。

行きのバスのなかで酔った生徒に対して酔い止め薬を渡したり、頭痛を訴えてきた生徒には頭痛薬を飲ませたりしました。修学旅行の2日目に男の子同士が騒いでしまい、一人の男の子が右手の示指(人差し指)のDIP関節(第1関節)が青く腫れていました。

すぐに症状を確認して、近くの外科病院に連絡を取り、その男の子に付き添いました。何枚もレントゲン写真を撮り、「骨折」という診断がつきました。

男の子の両親にもすぐに連絡を取り「外科医から『骨折はしているが、本人が望むのであれば修学旅行を続けてもよい』といわれたこと」を伝えました。

幸いにもその子の骨折の程度は軽く、ギブスとシーネで処置がされ、両親の承諾を得て、修学旅行の途中で帰ることはありませんでした。

このように自分では手に負えない不測の事態が発生したときは、冷静に対処し、早めに専門医に相談するのがよいと思います。

なにか事故が発生したときは、ツアーナースの判断次第のところがあるので責任の重い仕事であると感じました。もっと臨床経験を積んで、再度ツアーナースにチャレンジしていきたいです。

ツアーナースとして働くにはどうしたらいい?

それではツアーナースとして働くにはどのような手続きを行えばいいのか述べていきます。

正社員・常勤のツアーナースになれる?

派遣やバイトなど単発の仕事が多く、常勤でツアーナースをしているという方は少ないです。しかし稀にですが、正社員や常勤の求人もあります。

この場合は直接、旅行代理店などに「ツアーナースの求人があるかどうか」の確認する必要があります。

正社員や常勤のツアーナースの給与は、一般の正社員の給料と変わらず、月収にすると20~25万程度とされています。勤務日数や休日出勤、海外旅行の場合ですと、それに2~3万円程度の特別手当が支給されることもあります。

ただし、看護師だからといって「正看護師手当」や「准看護師手当」といった特別な手当はありません。病棟で勤務するような夜勤手当もないため、看護師の平均給与からするとあまり期待はできません。

また正社員のツアーナースのほうが、単発の派遣看護師でツアーナースをするよりも日給換算では金額がかなり下がります。

例えば単純計算をした場合、単発のツアーナースですと、日給15,000円として1泊2日で30,000円程度です。しかしツアーナースの正社員の場合、月20日の勤務で20万円だとすると日給は10,000円程度にまで下がってしまいます。

もちろん正社員になると、ボーナスが支給されることもありますし、社会保険も完備されているので安定した環境でツアーナースの仕事を行うことができます。

「やはりツアーナースを正社員でやっていきたい」と思っても、すぐには旅行代理店にツアーナースの求人がない可能性のほうが高いです。しかし、だからといって、すぐに諦めてはいけません。

ツアーナースの単発の仕事を依頼している旅行代理店の中には、あなたのことを気に入ったら、もしかすると「正社員にしたい」と考えているところがあるかもしれません。まずは地道に単発の仕事をこなしていき、旅行代理店に評価されるように心がけると良いでしょう。

単発でもバイトか派遣か

単発でツアーナースを行う場合、「バイト」と「派遣」の二種類の申し込み方法があります。バイトの場合、直接雇い主と契約することになります。派遣の場合は、雇い主とあなたとの間に人材派遣会社が仲介することになります。

一見、バイトで直接契約のほうが高時給・好待遇でよさそうな気がしますが、実は派遣でツアーナースを行ったほうが高時給・好待遇であることが多いです。

バイトや知り合いの紹介で直接契約をしてしまったとき、万が一トラブルやクレームがあった場合、またそのトラブルによって慰謝料を請求されてしまった場合、全部あなたの責任として対処しなければならなくなってしまいます。

しかし、人材派遣会社を通して契約をした場合、故意に行ったトラブルでない限り、人材派遣会社が仲介してくれます。

また雇い先は、人材派遣会社にツアーナースの求人を依頼することで、バイト募集の広告費を浮かすことができます。そのため雇い先は余計な出費を抑えることができるため、ツアーナースの時給を高く設定できるのです。

ツアーナースになる手順

ツアーナースの求人は、人材派遣会社のサイトでも人気があるため、応募者が殺到する可能性が高いです。そのため、一般に公開されるものはあまりありません。ハローワークに至っては、「ツアーナースの求人は皆無」といっていいでしょう。

ツアーナースの求人案件は主に看護師向けの人材派遣会社が「非公開求人」で抱えていることが多いです。

またツアーナースの募集の数はあまり多くないため、競争率は高めです。求人が出ても多くの応募者が申し込みをすると、振り分けに手間取ってしまうので、ツアーナースは非公開求人が多く、ネット上に求人掲載をしていないことがほとんどです。

そのため人材派遣会社に登録しておいたほうが、あなたの条件に合ったツアーナースの求人を優先的に紹介してもらえます。

「申し込もうとしても、すぐに求人募集が終わってしまい、なかなかツアーナースを行うことができない」という方がいるでしょう。そのような方も人材派遣会社に登録さえしておけば、他の看護の仕事をしていても、担当のコンサルタントがいち早く、あなたにツアーナースの求人を教えてくれます。

「ツアーナースの仕事を見つけて、仕事を無事に終えるまでの流れ」について下記を参考にしてください。

① 人材派遣会社に登録する

自分に合った条件を人材派遣会社の担当コンサルタント(エージェント)に伝えます。また、条件に合った求人があれば、すぐに連絡してもらえるよう伝えます。

ツアーナースは競争率が高いため、自分からやる気をみせ、積極的にコンサルタントに働きかけることが大切です。数多くの応募者の中から、コンサルタントにあなたのことを印象付けておきます。これが、求人を先に紹介してもらえるポイントとなります。

② 人材派遣会社にツアーナースの求人案件を紹介してもらう

人材派遣会社のコンサルタントから求人案件を紹介してもらい、依頼書を確認しましょう。

③ 派遣先の担当者と事前確認をする

旅行会社の担当者と事前に電話で確認を行います。確認する内容は以下のようなものです。

・旅行の日程・集合時間・集合場所

・登山や海水浴などのアクテビティの内容を確認

・アレルギーや持病のある参加者の確認

・持参する持ち物についての確認

・当日の服装についての確認

④ 旅行当日

ツアーナースは観光地などに同行はするものの、遊園地など有料施設では入場せずに待機することもあります。

その待機期間、持病やアレルギーのある参加者については、宿泊するホテルに食事内容の変更依頼の確認をします。ケガ人や急病人が出た際は、応急処置をしたり、救急搬送の判断を行ったり、家族や保護者への連絡をとったり、ホテルとの調整をしたりと大忙しです。

⑤ツアー終了

人材派遣会社や雇い先に勤務確認書を記入し、返送します。

ツアーナースは旅行気分で行なえる簡単な仕事ではありません。緊急時の対応や知識、応急処置の方法などを把握し、責任の重い仕事でもあります。参加者に満足した旅行を味わって帰ってもらえるよう、旅行会社側のスタッフとして真剣に取り組むことが大切です。

ツアーナースに必要な技術

ツアーナースをするからといって、特別な技術は必要ありません。しかし、もしツアー参加者のなかに「〇〇という持病を抱えている」というような人がいる場合は、万が一の事態に備えて、どのような対処を行えばいいのか、調べておくことが大切です。

その他にも、なにか自分の判断で行ったことに対しては、必ず他の添乗員さんや担任の先生、旅行の主催者と情報共有を行うことが大切です。

医療関係者ではない相手にもわかるように「どのような状況にあるから、ツアーナースとして自分はどのような判断をして、いま患者さんはどのような状態にあるのか」を具体的に伝えましょう。

例えば、以下のような内容です。

「15分程前にAさんが暑くて気分が悪いといっているので、木陰で休んでもらいながら、体温と血圧を測りました。

体温はそれほど高くなかったのですが、血圧が普段より低めでしたので、熱中症を疑い、あちらのベンチで足を高くして横になって休んでもらっています。足を高くするのは、血流を良くするためです。

脇には保冷剤を入れ、大きな血管を冷やすためにクーリングを行っています。

10分ほど経過して、水分は幾分か補給できるようになり、血圧も普段通りになってきました。Aさんは『もう大丈夫だ』というのですが、あと15分程度はこまめに水分補給を行ってもらい、様子を観察していきたいと思います」

看護師同士では当たり前の看護を行っているため、いちいち「熱中症のときに、足を高くして休んでもらう理由」について上の人に報告することはないでしょう。

しかし、些細なことでも情報共有しておけば、添乗員さんや担任の先生も安心して、あなたに急病人を任せることができるのです。どんな小さなことでも報告・連絡・相談をするようにしましょう。

ツアーナースおススメ人材派遣会社

そこでツアーナースなどの単発の仕事を多く抱えている当サイト管理人おススメの人材派遣会社を2社ほど紹介します。1社だけの登録ですと、求人の幅が狭まってしまいます。できれば2社程度、登録しておけば、求人情報を教えてもらいやすくなります。

MCナースネット

MCナースネットは、全国規模で展開している看護師専門の単発求人や派遣を抱えている人材派遣会社になります。ツアーナース特集が組まれるくらい、希少案件のツアーナースの求人も多数抱えています。

全国規模ですので、地方でツアーナースに興味のある看護師も求人を紹介してもらえるチャンスがあるということです。

今すぐには求人がなかったとしても、MCナースネットに登録しておけば、求人が出次第、あなたに担当コンサルタントから電話がかかってくる可能性が高いということです。

また、ツアーナースの仕事がみつからないときでも、あなたが希望すれば、MCナースネットは多くの単発の求人をもっているので、レアな単発求人を紹介してもらえる可能性が高いのが特長です。

また次に紹介するパソナメディカルと一緒に登録を行うと、上手に空き時間を利用して、満足できる働き方を実現することができます。

パソナメディカル

パソナメディカルは、あまり耳にしたことのない人も多いでしょう。ですが、数ある看護師の人材派遣会社のなかでも1985年から続いているパイオニア的な存在です。30年以上の実績のある信頼できる会社といえます。

そのため、提携している企業も多く、ツアーナースの仕事の案件は随時アップされます。地方でも安心の全国対応で、選べる仕事の種類もMCナースネットに負けず劣らず豊富なのが特徴です。

「ツアーナースをするのに、看護師経験が少ないから不安がある」といった方は、こちらのパソナメディカルをおススメしています。理由としては、登録した看護師向けに、無料のイーラーニングや無料セミナー、「なんでも相談窓口」の設置などがあり、サポートを受けられるからです。

またパソナメディカルであれば、事前にあなたに詳しく業務内容や勤務条件を教えてくれるので、安心して仕事に取り組むことができます。

さらに、要件を満たせば、パソナメディカルの社会保険に加入することができ、有給休暇の取得なども可能になることもあります。派遣看護師を専従で行なったとしても、好待遇・好条件で仕事をすることができるのもパソナメディカルの良さといってもよいでしょう。

ツアーナースで自分自身をもっと高めていこう

ツアーナースをすると、毎回違う顔ぶれに出会うことができます。毎回違う展開に、毎回違う雰囲気、そして施設や病棟にはない開放感、そして看護師としての責任感と達成感も感じ取ることができます。

ツアーナースという仕事は、まさにオールラウンドに活躍する旅行のサポーターです。楽しみにしていた旅行で万が一、病気になってもケガをしても、ツアーナースが心強くサポートすることで、「今回の旅行で経験した一番良い思い出」にさえ変わるといえるのです。

ツアーナースをすることで看護力だけでなく、自分自身の人間性も高めていくことができます。旅行をもっと楽しいものにしてあげられるよう素敵なツアーナースになってもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く