「トラベルナースに興味がある。やるなら、いましかない!ただ実際には、どのような働き方で、給料がどのくらいか分からないから少し不安をもっている」といった声をよく聞きます。

看護師としても人間としても視野を広げたい方、時間に余裕のある方、心機一転して別世界で働いてみたい方、短期間でお金を稼ぎたい方などにお勧めの働き方といえるのがこのトラベルナースといえます。

そこで、今回は「トラベルナースの具体的な仕事内容や気になるお給料、メリット・デメリット、求人の探し方」について詳しく確認していきたいと思います。

トラベルナースの仕事内容

トラベルナースと聞くと、「旅行する看護師」として一見ツアーナースと勘違いする人が多いです。

「旅行に付き添い、旅先で参加者の健康管理を行う」のがツアーナースの仕事内容です。一方、トラベルナースとは「一定期間、看護師不足である離島やへき地、地方・都会の病院へ赴き、応援する看護師」のことを指します。

別名「応援ナース」とも呼ばれており、契約期間としては約3ケ月から6ケ月以下という職場が多いです。北は北海道から南は沖縄まで、日本各地でトラベルナースの求人があります。

派遣看護師として人材派遣会社に登録をし、そこから希望する求人を絞っていくことになります。以下に一例を挙げてみます。こちらは北海道にある病院のトラベルナースの派遣求人になります。

赤線で囲った紹介予定派遣というのは、「契約期間が終了し、病院側とトラベルナース側(あなた)の双方の同意があれば、正社員になれる」という派遣方法になります。その土地や病院が気に入った場合は、派遣看護師から常勤としての雇用契約を結び直し、長く勤めることも可能な働き方なのです。

このようにトラベルナースは、好きなときに好きな場所で、看護師免許を活かして働ける魅力があります。私の知り合いには「幼いころから犬が大好きだった。様々な看護経験を積みながら、愛犬と日本を転々としたい」として、トラベルナースを選択した人がいます。

その人は、3年くらいトラベルナースをしています。徐々に目標を絞り「離島医療に貢献したい」と考え、いまは離島でのトラベルナースを中心に活動し、拠点を決めようと働いています。

・トラベルナースに向いている人

では、どのような人がトラベルナースに向いているのでしょうか。例えば、以下のような方であれば、トラベルナースをお勧めします。

  • 一定期間だけトラベルナースとして働いて、残りの時間はプライベートを充実させたい方
  • 短期集中で、専門的なスキルを身に付けたい方
  • へき地医療・離島医療を経験したい方
  • 離島で暮らし、空き時間を利用してダイビング・ジェットスキーなどを楽しみたい方
  • 都会のごちゃごちゃした生活に嫌気がさしたので、期間限定で田舎暮らしをしてみたい方
  • いまの人間関係のしがらみから離れて、全く異なる環境でやり直したい方
  • 様々な経験を積み、視野を広げていきたい方

病棟の常勤看護師のように「同じ環境で、働き続けなければならない」という狭い空間でのしがらみから解き放たれ、より自分の長所を生かしたキャリア形成を実現できるのがトラベルナースです。

「経験やスキル、知識の不足で困ることはないだろうか」と思われる方がいるかもしれません。しかし仕事で必要となるスキルは、トラベルナースを経験することによって、後からいくらでもついてくるものなので心配要りません。また経験がない分、新しい職場で自分のやり方にこだわらず、うまく馴染んでいけるともいえます。

トラベルナースという働き方を自分の価値観、仕事観に合わせて、うまく利用することができれば、あなたらしく満足した働き方を実現できる足がかりとなるのです。

・海外ではトラベルナースという働き方は一般的

トラベルナースと聞くと日本では珍しい働き方ですが、トラベルナースの実績が25年以上あるアメリカでは普通です。「全看護師350万人中、40万人がトラベルナースをしており、これは約8人の看護師に対して1人の割合」というくらい看護師なら一般的な働き方です。

トラベルナースの本場アメリカでは、「看護師が13週間(1週間のトレーニング期間を経て12週間の実務を行う)という期間限定の雇用契約を結び、期間終了後は別の地域に移動して同じように働く」という形態をとっている看護師が多いです。

実力主義のアメリカでは、「集団に埋もれた一人の看護師」よりは、トラベルナースとして「自分から能動的に仕事に取り組み、看護師として活躍する姿勢」のほうが重宝される傾向にあるのです。

トラベルナースの年収・給料事情

トラベルナースの給料について述べていきます。

トラベルナースの求人を給料面で見てみると、やはり一般的な求人の給料よりも多いのが特長となっています。夜勤手当込みで、看護師であれば月30~40万円、准看護師であれば月25~35万円といったところが相場となります。

トラベルナースはボーナスが出ない分、月々しっかり稼ぐことが可能なのです。これは常勤看護師だけでなく、他の派遣看護師の時給と比較しても、かなり好待遇・高収入であるといえます。

例えば、地方の看護師がパートで働いた場合、「時給1,000円から」が多いです。しかしトラベルナースの場合、へき地で働いたとしても「2,000円以上の時給」であるため、かなり高待遇であるといえます。

時給2,400~3,100円の求人がほとんどで、常勤看護師よりも高額な手取りを得ることが可能です。なかには6ケ月働いて、一ケ月旅行に出かけるといったプランを立てる人がいるくらいです。

以下に福岡県にある病院のトラベルナース求人の一例を挙げます。

即日から6ケ月以下での雇用契約となっていて、時給2,600円(交通費別)は看護師としては高めの設定となっています。時給2,600円といえば、8時間勤務を行えば1日20,800円、週に5日働くと月収は416,000円になります。

20代の看護師であっても、3ケ月で120万円以上、6ケ月で240万円以上の収入を手にすることができます。年収換算だと480万円以上になるため、贅沢さえしなければ、経済的にかなり余裕が生まれます。

また、トラベルナースに関わらず派遣看護師にもいえることですが、常勤と違いサービス残業する義務がありません。委員会や勉強会に出席する場合も残業代が出るので、常勤看護師にありがちな過剰労働に悩まされる心配も少なくて済みます。

トラベルナースのメリット・デメリット

看護師資格を活かしたトラベルナースの魅力について話してきましたが、ただ「トラベルナースだけで生活できるの?」「いきなり見知らぬ土地で働くなんて、困ることはないの?」と不安に思う方も多くいます。そこで次に、トラベルナースを行うメリット・デメリットについて確認してきます。

トラベルナースのメリット

トラベルナースの最大のメリットは、自分のライフスタイルを自分で決められるという点にあります。仕事中心の生活をしたくない場合でも、反対に仕事に打ち込みたいとする場合でも、あなたの希望に合わせた求人を選び、新天地であなたらしく働くことができるのです。

またトラベルナースの魅力は都会で働く看護師が、へき地や離島へ赴くといった選択肢だけではありません。反対に地方の看護師が東京や大阪などの都会で一定期間働くことも可能なのです。

さらに、契約を締結する際には、労働条件や労働時間などを自分で決定することができます。日本各地、北から南まで気になる地域で仕事に就くことが可能なのです。

その他にもトラベルナースのメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

  • 期間が限定されているので、人間関係のしがらみに絡まれにく
  • 様々な人間に出会い、自分の視野を広げることができる
  • 最小限の荷物で赴任できる
  • 赴任費用(一往復分の旅費・引っ越し代)を支給してくれる病院もある
  • 赴任先では、諸設備(テレビ・冷蔵庫など)付きの寮が完備されている
  • 毎月、赴任手当が加算されるため、通常より月給が多い

具体的に次に説明していきます。

トラベルナースは、派遣看護師であるため雇用期間が限定されています。そのため、「この職場での勤務が終わったら、全く違う環境に身を置ける」といった前提によって、割り切って働くことができます。

一般的に正職員として病院勤務をすると、すぐには異動も転職もできないことが多いため、心身ともに病んでしまう方が多いです。しかし、トラベルナースであれば、そのような人間関係のわずらわしさを感じる必要はありません。周囲の目はあまり気にせず、自分の価値観で看護を行えるのが魅力です。

また、自分の興味のある看護領域に携われるだけでなく、様々な地域の人々と触れることで視野を広げることもできます。トラベルナースを通して得られた経験は、今後のあなたの看護人生の礎になっていくことでしょう。

さらに、トラベルナースの場合、職員寮の利用をできるところがほとんどです。寮を利用した場合、寮費は20,000円程度となっているところがほとんどで、さらに水道・光熱費までも雇用先が負担してくれる場合もあります。

そのため、常勤看護師としていままで通り働くよりも、生活費がかからず、無駄遣いしなければ貯金が可能となります。例えば以下の求人は北海道にある病院のトラベルナース求人です。

この求人であれば、家賃も水道代も光熱費も支給してくれるため、食費くらいしか出費がありません。このようなことから、貯金分をプライベートに回し、休日にイベントに参加してストレスを発散させる人が多いです。

南の地域ですと、スキューバダイビング、ジェットスキー、サーフィンなど、北の地域であればスキーやスノボなど、空き時間を有効に使うことができます。ほかにも、休日に自動車や船舶の免許を取得したり、ゴルフを楽しんだり、その地域の文化に触れ合うことも可能です。例えば沖縄では、島踊りや三味線(三線)などを習い始める人もいます。

夏は避暑地へ、冬は暖かい地域でトラベルナースをすることが可能で、現地に赴いている間はリゾート気分を満喫できるのが特長です。

トラベルナースのデメリット

次にトラベルナースのデメリットについてお話します。デメリットは以下の通りです。

  • ボーナスが支給されない、昇給・昇進がない
  • 正職員になると、月収が一気にダウンする
  • 赴任先についての詳しい情報が得られない(派遣会社による)
  • 人手不足ということで忙しい職場は、とことん忙しい
  • 赴任するたびに新しい病院のやり方を覚えなければならない
  • 社会保険がついていないことがある

トラベルナースは派遣看護師であるため、仕事でどのように頑張っても昇給や昇進はありません。またボーナスもありません。どのように仕事を一生懸命行ったとしても、給与に反映してもらえないため、モチベーションを感じられない面があります。

また「赴任先の病院が気に入った」として病院側との話し合いで、常勤になった場合、月収は極端に下がります。その分、ボーナスや社会保険面では充実するのですが、派遣看護師のときに手にしていた40万円以上の月収が、正社員となると20万円台に下がるのが一般的です。

上記で紹介した福岡県にある病院のトラベルナース求人ですが、正社員となると以下の月収になります。

いくら職場を気に入ったとしても手にする月収が半分以下になると、仕事内容は変わらないのに割に合わないと感じる人が多いです。ただ、のちほど紹介するパソナメディカルという人材派遣会社であれば、派遣看護師として延長が可能であり相談に乗ってくれます。

また人材派遣会社によっては、現地の詳しい情報を教えてもらえないことがあります。現地で働き始めてから、このようなはずではなかった」とするミスマッチはできるだけ防ぎたいものです。そのため、人材派遣会社は慎重に選ぶ必要があります。

さらに、人手不足の病院での仕事になりますので、職場はとことん忙しいことがあります。総合医療を行う医師のもとで、領域外の青年・老年看護だけでなく産科看護や救急看護まで担当する可能性があります。

その他には、赴任先が変わるごとに、新しいやり方、物品の位置などを覚えていかなければなりません。

また注意しておいてほしいのは、社会保険が付いていない可能性があるということです。常勤であれば、いままで勤務していた職場が保険料の半分を支払い、残りは給与天引きです。ただ、派遣看護師となると、自分で国民健康保険料などを支払う必要が出てきます。

しかし求人によっては常勤と同様に、人材派遣会社のほうで、社会保険の支払いを行ってくれるところがあります。トラベルナース契約をする前に「社会保険には雇い先である人材派遣会社のほうで加入してくれるのかどうか」を尋ねておくことが大切です。

トラベルナースでは徳洲会病院が有名

トラベルナースというと、徳洲会病院が有名です。徳洲会病院とは、医療法人徳洲会を中心とした全国規模で経営展開している病院です。

全国に72の病院、37のクリニック、41の老人保健施設をもっており、日本最大級の医療介護事業グループです。また2006年にはブルガリアにも「ブルガリア徳洲会ソフィア徳田病院」を開設し、海外にも拠点をもっています。

「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる社会」を目指し、24時間年中無休で開院している珍しい病院です。

もともと徳洲会病院は離島・へき地医療に力を入れて取り組んでいます。そのため、トラベルナースという働き方の先駆者として有名だといえます。

以下は、マイナビ看護師からの徳洲会のトラベルナース求人になります。

徳洲会のトラベルナースは、施設の求人募集状況にあわせて、北海道から沖縄まで希望の勤務地を選択することが可能です。トラベルナースをするにあたっての条件は、「徳洲会の運営する病院や施設で6ケ月以上の勤務をすること」です。

離島やへき地での看護を経験したい人はもちろん、都会での急性期病棟での勤務を希望すれば、そちらで勤務することも可能です。徳洲会病院のトラベルナースも、赴任に必要な交通費や引っ越し費用は病院側で負担してくれます。

南は石垣島や宮古島から、北は北海道の静内まで徳洲会が展開している病院・施設から選ぶことができます。

また待遇面では、期間限定とはいえ施設に所属している看護師と同等の給与が貰えます。給与には、トラベルナース手当が加算されており、月に60,000円支給されるので、短期間の勤務とはいえ、賞与分を付加してもらったくらいの月給が保障されています。

さらに、月20,000円程度で、セキュリティのしっかりした病院寮に住むことができます。

徳洲会は教育プログラムが充実しているのが魅力です。へき地に置き去りにされることはなく、各病院や施設で行なわれる研究だけでなく、世界に広がるネットワークを活用したキャリアアップ研修にも参加することができます。

ただし、徳洲会病院自体が看護師の年間休日が少ないため、プライベートを充実させるにはやや難しいかもしれません。

また、私の看護学生時代の友人が実際に徳洲会のトラベルナースを経験したことがあります。以下にその友人の話をします。

友人の選んだ職場は離島ですが、規模の大きな病院でした。提供してもらった寮は病院に近いのが利点ですが、夜遅くでも救急車のサイレンが鳴り響き、電話口ではよく救急車の音が聞こえていました。夜勤明けなのに救急車のサイレンがうるさくて「眠れない」と愚痴っていました。

また、離島で人手不足ということもあり、次から次に多岐に及ぶ仕事を任され、毎日大変忙しかったそうです。さらに離島ならではの人付き合いがあり、最初の頃は「よそ者扱い」され、同僚や患者さんとの間に距離があったそうです。

赴任して間もないころは、「仕事が辛い」と電話がよくかかってきていました。

しかし離島というだけあって、すぐに友人のもとに駆け付けてあげることもできず、電話で話を聞くだけにとどまってしまいました。色々愚痴りながらも友人は、その離島で働き続けました。

レアなケースとはなりますが、その後友人は、当時患者さんだった島の男性と結ばれて、結局正社員となり、その島で永住しています。お子さんも生まれました。「人生なにが起きるか分からない」と今では笑い話になっています。こちらは友人から毎年送られてくる年賀状です。

まだお子さんが小さいので、今はその離島の病院で外来業務を午前中だけ行なっているようです。白かった肌がいまは焼けて、立派な頼もしい看護師になっています。

徳洲会病院へトラベルナースとして直接申し込むことも可能ですが、やはり人材派遣会社を通すことをお勧めします。

赴任先で何らかのトラブルがあったときに人材派遣会社を通していたほうが、あなた担当のコンサルタント(エージェント)に相談できるからです。見知らぬ土地の、しかも誰も知らない職場の人達では解決までの道のりが長くなってしまう場合が多いです。そのようなときに、助けてくれるのが人材派遣会社の担当コンサルタントです。

少しでも不安材料を少なくするためにも、しっかりした人材派遣会社を選ぶように心がけましょう。

口コミ・評判に優れたパソナメディカル

最後にトラベルナースの求人をもつ看護師専用の人材派遣会社についてご紹介します。

いまから紹介するパソナメディカルは他の人材派遣会社と比べて、とくにトラベルナースの案件に強みがあります。つまり、看護師の口コミ・評判に優れているのです。

パソナメディカルでのトラベルナース派遣の場合、あなた担当のコンサルタントが赴任時に同行してくれ、赴任先の病院との連携や手続きを一緒に行ってくれるなど、安心して仕事を始めることが可能です。

パソナメディカルは、医療福祉分野の従事者に向けた人材派遣会社です。数ある人材派遣会社の中でも1985年創業という老舗になります。提携している企業とのつながりが強く、トラベルナースの特集があるくらい、さまざまな仕事の案件を抱えています

全国展開しているため、地方在住でもトラベルナースの求人紹介が可能です。

「トラベルナースに興味はあっても、看護師の経験が乏しいから不安だ」という方には、とくにパソナメディカルがおすすめです。

パソナメディカルの場合、不安を抱きやすいトラベルナースの「業務内容」「勤務条件」について、契約前に詳細を教えてもらえます。したがって、いきなり「あなたはへき地医療に興味があるということなので、〇〇病院に行ってください」と指示されることはありません。

「どのような業務内容なのか」「どのような地域であるのか」「勤務条件や残業の有無はどうか」など、あなたの担当のコンサルタント(エージェント)が詳しく調べてくれます。事前情報をたくさん理解しておけば、現地についてから「このようなはずではなかった」といったギャップが少なくて済みます。

そのほかにも、パソナメディカルは、福利厚生が充実しているのもおススメする点です。要件さえ満たせば、パソナメディカルの社会保険(健康保険・厚生年金)および雇用保険に加入させてもらえます。

赴任先の仕事中にケガをしてしまった場合も、労働者災害補償保険(労災保険)を適用してくれます。

さらにパソナメディカルは、Benefit Stationという福利厚生サービスも利用できます。こちらは、宿泊施設やレジャー、スポーツ、ショッピング、育児、健康など、パソナメディカルで社会保険に加入していれば、会員価格でサービスを受けることができます。

資格を活かし、トラベルナースを経験して一回り成長する

トラベルナースは一定期間、あなたの希望する場所で看護師資格を活かせる働き方です。このような働き方は一般的な会社員では難しく、看護師ならではといっても良いでしょう。

「現状を変えたい」「看護師として、人間として成長したい」「プライベートを充実させたい」といったさまざまな願いを実現できるのがトラベルナースです。

ただ、「慣れない場所や知らない人達のところで、いきなり仕事をする」となると不安を抱えるのは確かです。やはり信頼できる人材紹介会社を通して、トラベルナースとして満足いく転職を実現しましょう。

「トラベルナースとしての仕事の任期を無事に終え、現地の同僚や上司、患者さんに惜しまれながら去っていく。そして新しい土地で、また活躍する」というのは、看護師資格ひとつで生活できていることになります。これは看護師冥利に尽きます。

ぜひトラベルナースの面白さを味わい、看護の仕事を楽しみ、一回りも二回りも大きく成長していってもらえたらと思います。そうしたトラベルナースに必須となるのがパソナメディカルです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く