看護師として転職を希望する場合、転職サイト(転職エージェント)を活用して求人を探し、転職活動するのが一般的です。

一人で転職活動する場合、自分の知っている病院やクリニックの中から厳選して1~2社へアプローチすることがほとんどです。ただ、転職サイトを活用すれば訪問看護や介護施設、企業を含めあらゆる選択肢の中から求人をピックアップすることができます。

病院やクリニックで働くにしても、「就業時間」「福利厚生」「中で働く同僚の様子(いじめにあう確率)」などは大きく異なります。これらの違いを認識したうえで、多くの求人の中から選ばなければいけません。

また、一人だけの力で転職するとなると、年収や労働時間を含め自ら交渉しなければいけません。自らの意見を強く主張できる人は少ないため、不利な条件での転職になったり、実際に働いてみて聞いていたことと違っていたりすることはよくあります。

こうしたことを防ぐためにも、「既に希望する病院やクリニック(働きたい医療機関)が決まっている場合であっても、転職サイトへ登録して担当のコンサルタントに交渉してもらう」という人はたくさんいます。

ここまで述べてきた理由から、看護師転職では転職エージェントを活用して求人を探す人が多いのです。

転職サイトを活用するときの注意点

ただ、転職エージェントを用いて転職活動をする場合、注意点があります。それは、「必ず3社以上の転職サイトを活用する」ことがあります。転職サイトを一つだけ利用してもいいですが、それでは転職で失敗する確率が高まるからです。

転職サイトごとに特徴が異なります。例えば地方に強い転職エージェントがあれば、面談に力を入れている転職サイトもあります。病院の求人を多く取り扱っていることがあれば、訪問介護や介護施設、保健師など特殊な求人を多く保有していることもあります。

こうした違いがあるため、3社以上の転職サイトへ登録することでどのような求人があるのかを把握する必要があります。

また、転職サイトへ登録すると担当のコンサルタントがつきます。このときのコンサルタントについては、人間である以上は相性があります。良いコンサルタントに当たればいいですが、たとえ大手であっても相性の悪い人が担当になるケースがあります。

これについては運であるため、ある程度は仕方ありません。運よく良いコンサルタントに当たればいいですが、そうでない場合は転職でミスマッチが起こってしまいます。一社だけの登録はリスクでしかありません。

例えば私の場合、いじめにあって眼科クリニックを辞めた後、4社の転職サイトに登録しました。このときは非常に相性の良いコンサルタントと出会って素晴らしい転職先を紹介してもらい、現在ではかなり良い環境で働けています。

ただ、転職サイトの中には「希望する条件にあわない求人ばかり紹介する」「面接を何とかセッティングしようとしてくる」というコンサルタントがいたことも事実です。これについては、転職サイトというよりも担当コンサルタントによるものが大きいため、必ず相性を確認するようにしましょう。

なお、このときは優先順位(転職を行う上で譲れないもの)を明確にしておくといいです。そうすれば、転職エージェントからより的確な求人を紹介してもらいやすくなります。

転職サイトごとの違い

看護師転職で成功するコツは「3社以上の転職サイトを活用する」「優先順位を決めたうえで、担当のコンサルタントをできるだけ活用する」ことがあります。転職サイトごとで特徴が大きく異なるため、これらを理解したうえで登録するようにしましょう。

まず、「看護roo!」は最も求人数と取り扱っている仕事が多いです。全国対応ではないため、対象地域への転職を検討している看護師だけが登録でいますが、対象地域の人は必ず利用すべき転職サイトです。

「看護のお仕事」については、地方の求人に強いです。全国対応であり、非常勤(パート)であっても登録できるなど、地方での転職を目指している人は利用するようにしましょう。

また、「マイナビ看護師」は面談に力を入れています。実際に会うことで人となりを理解し、そのうえで最適な求人を紹介してくれます。そのため、より的確な転職を実現できます。

こうした転職エージェントごとの特徴を踏まえ、ランキング形式で1~3位までを掲載しています。看護師転職に失敗しないため、転職サイトを活用してみてください。

看護roo!

求人数と取り扱う仕事の多さに一番優れた転職サイト

看護師の転職では、病院やクリニックなどが一般的です。ただ、看護roo! では訪問看護や介護施設、一般企業、美容クリニックの求人まで数多く取り揃えてあります。

あらゆる転職サイトの中でも、最も求人の数と仕事の種類が豊富です。美容系の求人も存在するため、病院で働く以外にも看護師では多くのキャリアを実現できます。

こうしたことを踏まえ、たくさんの求人から自らの選択肢を増やしたい方に最適です。

看護roo! を利用するとき、対応地域に注意しなければいけません。関東や関西・中部でなければ転職サービスを利用できず、地方に住んでいる人には対応していないというデメリットがあります。

これについては、対応エリアを絞っているからこそ、特定の地域に特化して医療機関と密なつながりをもつようにしているのです。

また、非常勤(パート)や派遣には対応していないため、こうした勤務形態を希望する人は他の転職サイトを利用する必要があります。ただ、対象地域の中で正職員・常勤として働くことを検討している場合、求人数の多さから必ず利用すべき転職エージェントだといえます。

応募対象 看護師・准看護師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)、中部(愛知・三重・岐阜・静岡)、関西(大阪・京都・兵庫・滋賀・奈良・和歌山)
雇用形態 正職員、常勤(非常勤・パートや派遣を希望する場合は不可)

 

看護のお仕事

地方求人に強く、全国対応の「看護のお仕事」

地方での就職(転職)を希望している人であれば、「特定の地域だけを対象にしている転職サイト」を利用することはできません。また、転職サイトによっては非常勤(パート)に対応していないことがあります。

そうした中、全国対応で地方求人に強みをもつ転職エージェントとして「看護のお仕事」があります。地域ごとに専任のコンサルタントが付くため、地域密着型の転職支援が可能です。

看護のお仕事では非常勤(パート)でも対応してくれる点も優れており、転職成功によって最大12万円のお祝い金をもらえる制度もあります。

看護師・准看護師・保健師・助産師のいずれかの資格をもっている人であれば、全国対応で看護のお仕事を利用できます。派遣を希望する人には受け入れていないものの、それ以外であれば問題なく利用できます。

地方求人につよいことから、地域密着型での転職を検討している看護師は必ず登録するようにしてください。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤、非常勤・パート(派遣を希望する場合は不可)

 

マイナビ看護師

看護師との面談に力を入れるマイナビ看護師

「マイナビ」で有名な会社が運営する看護師専用の転職支援サービスがマイナビ看護師です。

転職エージェントの中でも、マイナビが力を入れているのは面談です。転職サイトを利用するとき、電話やメールだけで終わることは多いです。ただ、それでは細かいニュアンスなどが伝わらず、求めている条件と異なる職場で働くようになってしまうことがあります。

これを避けるため、電話やメールだけでなく、全国にあるマイナビの相談会場へ出向いて面談を受け、話の中でどのような求人が最適なのか把握してもらうことができます。

マイナビの相談会場としては、「北海道・東北(札幌、仙台)、関東(新宿、横浜、さいたま、船橋、柏)、中部(名古屋、静岡、金沢)、関西(大阪、京都、神戸)、中国(広島、岡山)、九州(福岡、鹿児島)」があります。近くの会場に出向けば、面談している中であなたの要望を引き出してくれます。

場合によっては会場から離れていたり、仕事が忙しく面談を受けられないケースがあると思います。その場合、電話やメールでの求人案内を希望することもできます。

マイナビ看護師では全国の求人を取り扱い、その半分以上が非公開求人です。病院、クリニックだけでなく、介護施設の求人があるなど、マイナビグループならではの多くの求人が存在します。また、他の転職エージェントとは異なり、求人を検索するときに「ケアマネージャー」を指定することもできます。

非常勤(パート)での勤務も支援しているため、転職を希望する看護師は他の転職サイトとあわせて必ず利用するようにしましょう。

応募対象 看護師・准看護師・保健師・助産師(いずれかの資格をもっている人)
対応地域 全国
雇用形態 正職員、常勤、非常勤・パート(派遣を希望する場合は不可)