「看護師はまだまだ人手不足といわれているので、面接で落ちることはないだろう」と考え、何の面接対策も行わない看護師が多くいます。

しかし中途採用面接を受けると、不採用が続く人がいます。売り手市場であるはずの看護師求人にもかかわらず、連続して不採用となってしまうのです。

ただ落ち込んで自信のない態度を採用側に示せば示すほど、ますます面接には受かりにくくなります。

まずは気持ちを切り替え、面接で落ちてしまう理由について自己分析を行ってその部分を直すように心がけなければいけません。面接で繰り返し不採用となる場合は、「原因に対して同じことを繰り返さない対策をとる」だけで採用に近づけるのです。

看護師採用面接での質問に対する回答を自己分析してみて、どこが問題であるのかを探ってみましょう。

面接での質問回答を自己分析してみる

まず、面接での質問で好印象を与えたと思っていたとしても、客観的にみると好印象にはならない受け答え方をしていないか自己分析をしてみましょう。

あなたは面接で、以下のような質問の答え方をしていないでしょうか。

  • 根拠のない自信過剰な受け答えをしている
  • 「ステップアップやキャリアアップをしたい」と伝えている
  • 志望動機が具体的ではない
  • 不適切な表現を使っている など

それぞれについて述べていきます。

根拠のない自信過剰な受け答えは避けるべき

あなたは面接時に根拠のない自信過剰な受け答えをしていないでしょうか。

例えば、採用側が「当院は大変忙しいことで有名ですが、そのあたりは大丈夫でしょうか」と聞いたとします。あなたはその回答として、「特に問題ありません。すぐに業務に取りかかることができます」と答えたとします。

しかし、実はこの答え方には問題があります。この回答には根拠がなく、自信過剰な言い回しとして捉えられることがあるからです。

本人は「慣れない仕事でも、私はすぐに取りかかれる実力がある」とアピールしたつもりかもしれません。しかし、なぜ忙しいのに、すぐに業務にとりかかることができると考えたのでしょうか。

聞かれた質問に対して安易な返答をしてしまうと、「自己分析ができていない人」と採用側に捉えられてしまう恐れがあります。安易に回答するのは避けなければなりません。

ほかにも「何でもやります」とアピールする人もいます。転職に際して、仕事へのやる気は当然の前提条件です。実際に何がやれるのかを伝えられなければ、説得力がないばかりか、独りよがりな無責任発言のように聞こえてしまうだけです。

これらの言い方にならないためには、これまで行なってきた看護経験に基づいて「今後新しい仕事で、過去の経験をどのように生かしていくことができるのか」を具体的に答えることが大切です。

希望する科が未経験であるにも関わらず、「できます」と採用側に告げても、その回答に対する根拠がありません。そのため、自己分析がしっかり行えてないと判断されてしまいます。

あなたが「いまできること」と「これから身に付けていくべきこと」を頭の中で整理し伝えることで、採用側に信頼され採用に近づきます。以下に簡単な回答例を挙げます。

採用側:

「当院は大変忙しいことで有名ですが、そのあたりは大丈夫でしょうか」

あなた:

「問題ありません。以前勤めていた病院でも来院患者さまが多く、仕事に追われることが多々ありました。

そのような中でも、私は看護に優先順位をつけて動くように心がけていました。そして忘れないようにメモをとっておき、必ず責任をもって成し遂げていました。

新しい病棟の仕事に慣れていないうちは焦ることも多々出てくると思います。そのため、必ずメモを取るようにし、ご迷惑をおかけしないよう配慮していきたいと思います」

上記のような回答をすると、新しい科や病棟での勤務で仕事に慣れていないことで出てくるトラブルも想定しつつ、「優先順位をつけ、一つ一つの看護を大切に考えている」と採用側に具体的なイメージを沸かせることができ、信頼を得ることができます。

「ステップアップやキャリアアップをしたい」と安易に回答するのは不可

「新しいことに挑戦したい」「キャリアを積んでいきたい」「スキルアップしたい」と伝えるのは、働く意欲をアピールしているつもりかもしれません。一見すると、未来に向かって挑戦していきたい気持ちが伝わってくるので、良さそうに思えます。

ただ、実際の面接では逆効果となってしまうため、これらのキーワードは注意して使うべき言葉です。

その理由として、職場と学校は異なるからです。応募先の病院から指導を受けることだけを期待する発言をしたとします。すると採用側は「前に勤めていた病院でなぜ新しいことに挑戦しなかったのか」「なぜキャリアを積んでこなかったのか」「なぜスキルアップしてこなかったのか」などといった疑問を抱きます。

キャリアアップ・スキルアップを図ることは、前の職場でも可能だったはずです。場合によっては、「前の職場では評価の低い人だったのではないか」と面接の場で疑われてしまいます。

次の就職先は、あなたを学ばせたり、ステップアップやキャリアアップさせたりするために採用を行なっているわけではありません。

あなたという新しい風を入れることで、病院や施設、クリニックにとってプラスになると思うからこそ、あなたを採用するのです。

そのためにはどういう科でどのように成長していきたいのか、なぜ前の病院ではステップアップやキャリアアップができなかったのかを具体的に述べることが大切です。

目標を明確にして「ステップアップやキャリアアップ」を伝えないと、マニュアル表現として捉えられる可能性が高くなってしまいます。希望する求人先の教育指導や資格取得制度に期待するのではなく、まずは「採用先に対してどのようなことに貢献できるのか」を自分なりに伝えることが先になります。

以下に簡単な回答例を挙げます。

採用側:

「どうして、うちの訪問看護ステーションで働いてみたいと思われたのですか」

あなた:

「私は整形外科の病棟看護師として勤務してまいりました。最近、祖母が在宅で訪問看護を利用するようになってから、地域に密着して関わる看護の底力に驚きました。そこで私も患者様やそのご家族の生活に関わった看護に携わりたいと強く願うようになりました。

今後はロコモティブシンドローム(運動器障害)の早期発見など整形外科看護での経験を活かしながら、私には足りない内科の専門的な看護知識や技術を積極的に身に付けていきたいと考えています。

御ステーションでは、勉強会が多く開催されると聞いています。これらの勉強会に積極的に参加し、患者様から頼られる訪問看護師になっていきたいと思っています」

「自分ができること」と「これから目標とすること」を掲げ、キャリアを積んでいくというのが示された回答になっています。また、前の職場にはなかった応募先の病院の特徴について触れ、それを介してキャリアアップを図りたいと具体的に伝えましょう。

回答例のように「整形外科での経験や知識を活かす」といった前職での培ってきたスキルや経験を伝えると、採用側はあなたのことを「新しい風」としてプラスに捉えやすくなります。

単純にキャリアアップやスキルアップを志望動機にするのは、ただのマニュアル表現と思われてしまいます。印象が悪くなるばかりか、腰を据えて頑張れず、飽きやすい人と思われる可能性がでてきてしまいます。

志望動機が具体的ではないと面接に落ちる

「希望する病院への志望理由が具体的ではない」といったことも不採用につながってしまいます。

例えば「自分には御院で何か他のことができるのではないかと感じた」といったような曖昧な回答です。そのような回答をした人に「それでは具体的にどのようなことができるのでしょうか」と問い正すと、答えられない人が大半です。

具体的に説明できないような抽象論になってしまっては、説得力がないばかりか、無責任な発言に聞こえてしまいます。自分なりに具体的な志望理由を考え、面接に臨むようにしましょう。

そのためには希望する病院やクリニックの情報を集め「どうしてその病院やクリニックでなければならないのか」といった理由を明確にしましょう。似たような求人があるなかで、どうしてその病院を選んだのでしょうか。

「看護師として採用されれば、どこの病院でもいい」と採用側に捉えられてしまうと、「この人はなにか嫌なことや不都合なことがあったら、すぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまいます。

できるだけ具体的なイメージをもって、この病院でしか実現できないことを伝えるようにしましょう。

看護観のない、不適切な表現を使っている

もしかして、知らず知らずのうちに不適切な表現を面接の回答で使っていないでしょうか。

例えば「御院のような小さなクリニック」や「昔ながらのやり方」といった表現です。あなたは好感をもって、これらの表現を使ったとしても、採用側にはあなたの気持ちは伝わらない確率のほうが高いといえます。

写真のような小さな眼科クリニックであっても、小規模だからこその良さがあります。それを小さなクリニックと一言で片づけてはいけません。

もしこのような表現を使いたい場合は、以下のような言い回しをするようにしましょう。

  • 御院のような小さなクリニック → 地域で信頼されるクリニック、これから成長するクリニック
  • 昔ながらのやり方 → 心のこもった対応、心温かい手法

このような言い方を選択したほうが無難といえます。失礼な言い回しをしていないか、自分の発言を振り返ってみましょう。

・ネガティブな発言はもちろんNG

他にも、ネガティブな発言も面接で落ちる原因となります。例えば、「前職でのルーティンワークに嫌気がさした」「いままでの仕事でのマンネリを打破したい」といったものから、「前職は自分の力を発揮できなかった。もっと自分の力を試せると考えた」などといった回答です。

このような回答は、「次の病院で働いたとしても同じように不平不満を漏らすようになる可能性が高い」と判断されて落とされてしまうので注意が必要です。

面接で繰り返し質問される内容・聞かれることと回答例

そこで、看護師の転職面接で、繰り返し聞かれる質問内容とその回答例について挙げてみます。

どこの病院でも面接の際に大体聞かれる質問には以下のようなものがあります。

  • なぜ、この病院(クリニック)に応募したのか
  • 前職の仕事内容はどのようなものか
  • 大きな失敗をしたことはあるか など

どの質問にも、必ず採用側の本音があります。そこをしっかり考慮して回答を行えば、好印象を与えることができます。それでは各質問での採用側の本音と回答例についてみていきます。

病院(クリニック)に応募した理由は必ず聞かれる

面接の定番質問のなかでも、志望動機は面接選考の中核を占める質問です。この応募理由に関しての採用側の本音は以下の通りです。

採用側の本音

看護師として採用されれば、どこの病院でもいいのではないか。仕事に対して基本的な理解はできているか。

その病院でなければ実現できない看護について、具体的な理由を明確に説明することが大切です。事前に病院分析を行い、希望する病院での面接で伝えるべき内容や具体的なポイントをまとめておきましょう。

もちろん「看護師の空きがあったので応募しました」というような回答は論外です。

採用側が聞きたいのは「仕事内容や応募条件など似たような求人があるなかで、どうしてこの病院を選んだのか」ということです。これを明確に説明できないと、誠実さも仕事に対する熱意も感じられない人だと判断されてしまいます。

そこでそれぞれのパターンに応じた回答例を挙げていきます。

・看護師の仕事内容に興味を感じた場合

求人先の看護師の仕事内容に魅力を感じている場合、「御院の看護師の仕事内容に興味を覚えて応募しました」と面接時に伝えるのはNGです。なぜなら、同じような仕事内容の病院はいくらでも存在するからです。

なぜ、この病院の看護師の仕事内容に興味を持ったのか、具体的に説明する必要があります。例えば、面接では志望動機として以下のように答えなければいけません。

回答モデル:

御院の看護師の仕事内容として、外来における医師の診療の補助だけでなく、医師が行う訪問診療に看護師が同行できる点に魅力を感じました。

私の祖母は地元で訪問診療を受け、在宅で安心して余生を過ごすことができました。家族も病院ではなく、家で看取ることができて幸せだったといっております。

御院は、地域において積極的に訪問診療をおこなっており、在宅で患者様が安心して過ごせる基盤を作っていることに大変感銘を受けております。

私も御院の外来業務や訪問診療に携わることで、患者様やそのご家族と深く関わり、在宅での患者様の生活を支える一助となりたいと強く思い、応募させていただきました。

・前職経験を生かせると考えた場合

また、前職の経験を発揮できると考え、志望理由を考えても問題ありません。ただ、「御院であれば、いままでの私の看護経験を生かせると思いました」という簡単な志望理由ではダメです。

どういう経験をどのように生かせるのかについて具体的なコメントを加え、説得力のある話をすることが大切です。

回答モデル:

子供が病気になった際は御院にいつもお世話になっております。以前から、病気で辛そうにしている子供だけでなく心配している親にまで、こまめに心配りをして声をかけてくださる御院の看護師さんのご対応に好感を抱いていました。

例えば、御院の看護師さんは、病気の子供に対して自宅や学校でどのように過ごせばいいのかなど、母親が心配に思う点をいつも気さくに教えてくださいます。そのため地域においては、足を運びやすく、相談しやすい病院としても有名です。

私は前職で内科や外科の経験があり、さらには母親でもあります。子供が幼少期のころは喘息発作が頻回に出ていたため、病気の子供を持つ母親の不安な気持ちがよくわかります。

それらの経験を生かし、患者様や患者様のご家族の目線に立ち、気持ちに寄り添いながらも専門性を発揮し、御院に貢献したいと考えたのが応募理由です。

・職場の雰囲気が自分に合うと感じた場合

病院の雰囲気を志望動機にするのは、場合によっては不採用になるリスクが伴います。

求人広告でよく目にする「和気あいあいで楽しい職場」などといったフレーズを引き合いに出して、そこに賛同する回答は幼稚で軽薄な印象を与えがちです。

実際に働いてみないと職場の雰囲気に関する実態はわかりません。そこで職場の雰囲気を志望動機として挙げる場合は、「職場の雰囲気が良い」ことを実際に自分の目で確認したことをあげて、仕事に結びつけた回答をするとよいでしょう。

回答モデル:

応募に当たって、御院の施設を利用されている知り合いのAさんに同行させてもらい、勝手ながら御院を拝見させていただいたことがありました。

そのとき御院で、看護師さんたちが利用者様に対して笑顔でキビキビと働く姿が印象に残りました。

また、ときおり声に出してお互いの仕事内容を確認しあう姿などがみられ、看護師さん同士の連携や協力体制がとれていることに感銘を受けました。

これが御院のキャッチフレーズである「和気あいあいで楽しい職場」であるのだと実感することができした。このようなことから、御院のスタッフの一員となりたいと考え、応募させていただきました。

前職の仕事内容を整理し、これまでの経験を伝える

「以前の職場ではどのような仕事をしていたのか」に関する質問も、面接では志望動機や退職理由と並んで定番の質問のひとつです。この質問に対する採用側の本音は以下の通りです。

採用側の本音:

どの程度、即戦力として使えるか。この病院(クリニック)で役立つスキル・経験・適正はあるのか。

前職での仕事内容を聞かれるのは、「即戦力として働けるかどうか」を見極めたいからです。そのため、あなたが実際に経験してきた具体的な仕事内容を採用側の病院やクリニックのニーズに合わせて、説明することが大切です。

このような質問をされたとき、避けたい言い回しは次のようなものです。

「いろいろ仕事をしてきましたので、ひとことでは説明が難しいのですが……」などの回りくどい答え方です。これでは、結論がなにか把握できません。

また「小さなクリニックでしたので、いわば何でも屋として、掃除から受付業務、看護業務まで幅広くやっていました」といった漠然とした説明もまた不明瞭です。これらの回答では、面接で落とされる可能性が高くなってしまいます。

つまり、単に経験年数や大ざっぱな業務を相手に伝えるだけでは、採用側はあなたの看護師としての実力を把握できないのです。このような質問の場合は、具体的な仕事内容を伝えなければなりません。

それでは、看護師としての経験がある場合と、未経験の分野に応募する場合に分けて述べます。

・看護師としての経験を積んできた場合

経験を積んできた人は、簡潔な回答を心掛けることが大切です。

経験がある人にありがちな、不採用になりやすい回答があります。それは、自分の幅広い経験をアピールしようと「あれもやってきた、これもできる」などと無選別にだらだらと伝えることです。

また、自分なりの工夫や実績に対する職場の評価などをまとまりなく、長々と話すのも考えものです。長くても40~50秒で話せるように準備しておきましょう。要は、話す内容を一つに絞るのです。

前職の仕事内容を伝えるには、応募先の病院やクリニックが求めている業務内容と似ている点に焦点を合わせ伝えると、即戦力になることを採用側に把握してもらえます。例えば、以下のような内容になります。

回答例(同じ科のある病院に転職を希望する場合)

私はA病院で脳外科、小児科、消化器内科で14年勤務してまいりました。その中でも、ここ8年間は消化器内科に従事してきました。勤務内容としては、外来から検査、病棟勤務まで勤めてきました。

特に、上部内視鏡検査や大腸内視鏡検査においては、医師の補助業務をおこない、年間200症例以上携わってきました。内視鏡勉強会なども開催し、医師と看護師の連携を大切にしてきました。

そのため、御院の最新技術を用いた内視鏡検査や内科業務に関して大変興味を持っています。

・未経験の分野に応募する場合

未経験の分野に応募しようとする場合、いくら前職で立派な経験があったとしても評価されにくいのが現実です。希望する病院の仕事内容を整理し、必要とされている基礎スキルや適性、役立つ経験に焦点を当てた説明を心がけましょう。

たとえ未経験の科であっても、採用側は看護師としての経験よりも「素質(伸びしろ)」をみている場合があります。そのため、あなたがいままでにした経験の中から何を得たのか、何に貢献したのかを伝えると、採用側に好印象を与えることができます。

このときの回答例としては、以下のようになります。

回答例(内科から外科への転職を考えている場合)

私は看護師になってから、いままでずっと病棟の内科で勤務しておりました。

私は内科看護師をやってきましたが、患者様の早期離床を目的として環境調整委員会に加わり活動してきました。リハビリ科の看護師や理学療法士などとチームをつくり、主に早期離床のための環境調整やリハビリ促進を計画的に行う活動を行ってきました。

これらの活動から約1年で院内での早期離床率が5%改善されたことが認められ、院内にて表彰されました。

こうした経験からオペ後の早期離床における看護のかかわりの重要性を実感しました。また早期離床をすることで、患者様の笑顔をいち早く拝見することができるため、看護の達成感も感じてきました。

御院は早期離床に大変尽力されているとお聞きしております。そこで今後は御院で外科の看護師として転身し、多くの患者様の早期離床に尽力していきたいと思っております。

大きな失敗・インシデントを起こしたことはあるか

看護師業務の失敗に関する質問は、もともとは看護への取り組み姿勢や問題解決力など、看護師としての基礎スキルを判断する狙いで提示されるのが一般的です。この質問の場合の採用側の本音は以下のとおりです。

採用側の本音

仕事に対する問題意識の高い人間か。看護業務に対する責任感(看護観)をもっているか。

この質問で避けたいのは、「インシデントを起こしたことは一度もありません」や「思い当たるような大きな失敗はありません」といった回答です。なぜなら、仕事上での失敗は誰にでも必ずあるものだからです。

失敗を自覚していない看護師は「失敗を受け止める問題意識や看護観が低い」か「責任をほかに転嫁して、自分の失敗とは感じていない人である」とみなされてしまう可能性があります。

看護師が犯す重大な医療事故やインシデントの多くは、ささいなミスや思い込みから生じます。この質問を通し、あなたは「小さなミスであっても、大きな事故やインシデントにつながる可能性があることを自覚しているか」を問われているのです。

以下の回答モデルのように、失敗をどう解決・克服したかに加えて「インシデント再発防止のために努力したこと」「失敗をきっかけに業務改善に取り組んだこと」など、失敗体験を糧にした行動も簡単に説明しましょう。「失敗を糧に成長できる人間である」というアピールにつなげることができます。

回答モデル

私のミスで、患者様を取り違えたことがあります。

外来で、診察の順番になったので、患者様の名前をフルネームで呼びました。しかし、ご高齢で耳が遠かった別の患者様が、自分が呼ばれたと勘違いされてました。診察室から出てきた私と目が合ったからです。そのため本来呼ぶべき患者様とは違う患者様が、診察を受けてしまいました。

その患者様の診察が終わり、受付で会計をするときに、患者様を取り違えていたことが判明しました。誤診にもなりかねず、患者様に対して多大な迷惑をおかけしてしまいました。

そのことは受付で気づき、検査や処置などがなかったため、事なきを得ました。それを機にいまでは、患者様の近くまで行き、名前を何度も確認するように心がけています。

この件以来、「目が合ったから、私が呼んだ患者様だ」との自分の思い込みの怖さについても再認識できるようになりました。

この経験を通し、他の看護業務においても曖昧なことについては確認を行い、さらには思い込みを排除するように意識して行えるようになりました。

緊張せず、アピールポイントを具体的に伝える

以上のように質問内容に曖昧な答え方をしていては、採用側には伝わらず、面接で落ちる原因となってしまいます。アピールポイントはできるだけ具体例を伝え、採用側が明確にイメージできるように留意しましょう。

ただ、面接での質問に不安を感じる場合、転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)を利用すれば、面接前に練習してくれます。練習によって面接で聞かれる内容の受け答えに慣れておけば、本番では緊張が軽減し、あなたらしさを発揮できます。

私自身、転職サイトのコンサルタントと面接の前に近くのカフェで練習しました。転職サイトのコンサルタントは、以前にも応募先の面接に何度も同行していたため、そのクリニックの面接で必ず聞かれる質問を私に教えてくれました。おかげで、そのクリニックに採用が決まり、満足いく働き方が実現できています。

このように転職サイトをうまく利用すれば、面接での質問内容を予習でき、落ち着いて答えることができます。もし、面接で不安を感じるようであれば、転職サイトをうまく活用するといいです。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く