%e7%9c%8b%e8%ad%b7%e5%b8%ab%e3%80%80%e6%b3%a3%e3%81%8f

日本看護協会によると「毎年、常勤看護師で約11%、新卒看護師で約8%が離職している」とされています。夢や希望を抱いて入職した病院であったはずですが、約10人に一人は離職を余儀なくされているのです。

どうしてこのように多くの看護師が離職を経験することになるのでしょうか。

看護師が離職する理由として「自分が描いていたようなスキルアップができなかった」「育児に専念したかった」などが上位になっています。ただそれは、上司に退職理由を伝えるときの建前として使われることが多いです。

退職の本音は「人間関係の悪さ(いじめ・パワハラ)」ということが多く、これが看護師の離職理由の実情だといえます。

それでは、看護師が「いじめ・パワハラなどで辞めたい」と悩んだときにどのような対策を講じたらいいのでしょうか。いじめられない方法はあるのでしょうか。ここでは、いじめやパワハラに対する具体的な対処法について述べていきます。

なぜ看護師はいじめやパワハラが起こりやすいのか

まず、なぜ看護師はいじめやパワハラといった人間関係で悩むことが多いのか考えていきたいと思います。看護の職場でいじめやパワハラが起こりやすい原因には、以下の二つがあるとされています。

  • 忙しく、心に余裕のない看護師が多い
  • 看護職は過剰な指導が許される環境にある

それぞれについて説明していきます。

・忙しく、心に余裕のない看護師が多い

看護の職場は人材不足や不規則勤務ということもあり、一人ひとりの受けもつ仕事量が許容量を超えており、余裕のない状況に追い込まれることが多くあります。心に余裕のない人の場合、自分より弱い立場の人間を見つけ出して優位に立ち、一時的にでも心にゆとりをもとうとします。

例えば、以下のような立場が弱かったり少数派だったりする人は、いじめのターゲットになりやすいとされています。

  • 1年目の新人看護師
  • パート・派遣看護師
  • ブランクのある看護師
  • 妊婦の看護師
  • 中途採用の看護師
  • 男性看護師
  • 社会人経験のある看護師
  • 大卒の看護師 など

こうした人は、看護の職場ではどうしても少数派になりやすいです。少数派であれば、いじめやパワハラなどを受けても反抗しないことが多く、どうしてもターゲットになりやすいといえます。

・看護職は過剰な指導が許される環境にある

また、仕事の特徴上、経験のある看護師であれば絶対的に立場が上になり、過剰な指導や行き過ぎた教育が許されてしまう傾向にもあります。

私自身、社会人として働き、看護師免許を取得したのは30代後半であるため、一般の新人社会人と新人看護師の教育の違いについて比べてみることができます。

例えば、「注射の角度が〇度おかしい」「看護ケアの根拠を述べよ」など、いくらでもあらさがしできる状況にあると感じました。看護ケアは先輩看護師によって言うことが異なることが多く、その先輩に合わせた根拠を述べなければ、レポートは再提出となります。

このように看護師の場合、いじめやパワハラが発生する条件が揃っているといえるのです。他にも以下に、看護師間で起こりやすいパワハラやいじめの例について載せておきます。

  • ミーティングや申し送りのときに、みんなの前で「馬鹿だ」「仕事ができない」と非難される
  • 上司や同僚から、人格を否定するようなことを言われる
  • 患者さんの前で同僚看護師から「この看護師は使えない」などと見下される
  • 仕事のミスで怒鳴られる
  • 新人だからと休憩中や休日に仕事を強いる
  • 挨拶や質問をしても無視される
  • 忘年会など、職場内で行う行事に誘われない
  • 妊娠を告げたら「フルタイム」から「パートタイム」へ雇用形態を変えるよう言われた など

看護師に話を聞けば、耳を塞ぎたくなるようないじめのエピソードをもっている人が非常に多いです。悪質な例となると、ナース服や私物が切り裂かれていたり、私物に医療用の針で針山が作られていたりと、壮絶ないじめを経験している看護師もいます。

また当サイトの管理人である私自身も、以前勤めていた眼科クリニックで、お局(おつぼね)化した師長をはじめ、主任や同僚から壮絶ないじめを受けました。無視・聞こえるような陰口は当然で、洗濯物を別にされます。さらに昼休憩は私だけ小さな机を用意されるなど、挙げればきりがないくらいです。

誰もいない薄暗い倉庫で深呼吸をして、何度、落ち込んだ気持ちを奮い立たせたか分かりません。

指導とパワハラの線引きは非常に難しいです。ただ「指導だ」「パワハラだ」と争っている時点で、すでに職場で何らかの問題が起きているといえます。

いじめやパワハラを放置していると、もっと問題が複雑化してしまう可能性が高くなってしまいます。ただ、転職は最後の手段と考え、できるならいまの職場で働き続けるほうがいいのは確かです。

まずは問題が大きくなる前に、いまからお話しする対処法について、実践してみるとよいでしょう。

看護師のいじめ(イジメ)・パワハラの対処法

いじめやパワハラの対処法にはどのようなものがあるのか、述べていきます。このときの対策としては、主に以下のようなものがあります。

  • 自分の言動・行動が正しいか振り返る
  • 「自分が悪い」と思いこまない
  • 相談役となる先輩や上司(師長や主任など)をつくり、3者で話しあう
  • 職場の相談窓口・労働組合に伝え、配置転換や異動を考える
  • 転職を考え、現状を打破する

具体的に、次に説明していきます。

自分の言動・行動が正しいか振り返る

まずは自分自身を振り返ってみましょう。

もしかしたら、あなたは無意識のうちに職場の上司や医師、先輩、同僚などに対して嫌な思いをさせているのかもしれません。あなたはいじめを受けている被害者ではなく、加害者かもしれないのです。

私の経験談ですが、入職して1ケ月に満たない20代前半の新人看護師が、患者さんから「ここの職場は楽しそうでいいね」といわれたことがありました。すると、周囲に他の患者さんも看護師もいるにも関わらず、その新人看護師は大きな声で「そうでもない。みんな表面上だけ楽しそうなふりをしている」と発言しました。

この発言には、スタッフだけでなく患者さんも驚きました。本人は冗談で言ったつもりかもしれませんが、周囲の人は聞いていて面白くありません。またこの新人看護師は、「医師(院長)のことは好きだけど、周囲の看護師とはうまくやっていけない」などと悪気もなく、患者さんに愚痴っているのを複数の看護師が耳にしたこともありました。

さすがにその発言を耳にして見かねた60代のベテラン看護師は、その新人看護師を注意しました。すると泣き出してトイレに閉じこもってしまい、30分以上出てきませんでした。職場はいままでにないほど、嫌な雰囲気に包まれました。

その後、看護副師長である私がフォローに回ったのですが、その新人看護師は「あの先輩看護師は些細なことで注意してくるから怖い」と避けるようになってしまいました。いまも、そのベテラン看護師が仕事を頼んでも、2回に1回は聞こえないふりをするようになったので、ベテラン看護師は仕事を頼まなくなりました。

このようなことでは教える側は、いくら教えても「成長がみられない」と感じて、指導を放棄してしまいます。ここまではいかないまでも、この新人看護師のように、あなたも無意識のうちに周囲を嫌な気持ちにさせていないでしょうか。

もし、上司や先輩、同僚があなたを嫌っている納得のいく理由を把握できれば、それを止めればよいだけです。

ただ、いじめやパワハラを受ける理由がよくわからないようであれば、上司や先輩、同僚に直接か、もしくは相手をよく知る第三者に「どうして私を毛嫌いしているのか」について尋ねてみるとよいでしょう。

自分の欠点を指摘されるのは耳が痛いことですが、理由が分かれば、嫌われている行動を慎むようにすればいいだけなのです。これ以上、苦しむことのないよう、欠点を直すように心がけてみましょう。

「自分が悪い」と思い込まない

しかし、指摘されたことを直してもいじめやパワハラが続くことは多々あります。仕事ができないから、あなたを嫌っていじめているのではなく、相手はただ単に「いじめたいという欲求を満たす」ために行っている場合があるのです。

このようなときは「自分が悪い」と思う必要はありません。

もともとパワハラの多くは、職場自体に何らかの原因があることが多いです。相手があなたを攻撃してくることに明確な理由はありません。原因を探って修正するだけ無駄です。現状は何も変わりません。

それどころかいじめやパワハラを我慢し続けていると、自信を失いはじめ「自分は看護師に向いていない」「仕事ができない自分が悪い」などと思い込んで、精神的に病んでくるなど問題が深刻化してきます。

相談役となる先輩や上司(師長や主任など)をつくり、3者で話しあう

問題が深刻化する前に、職場の中に誰か信頼できる人を見つけて相談しておくことが大切です。「これくらい自分が我慢すれば大丈夫」と思って放置しておくと、大きな問題に発展してしまうことがあります。小さなうちに対処しておけば、解決のときの時間や労力、精神的苦痛はそれほど生じません。

まずは「これはパワハラかもしれない」と感じたら、同僚の中でも信頼できる先輩や上司に相談してみましょう。パワハラは職場に原因があるために生じている問題なので、相談によって問題を客観的に捉えることができます。

もし上司からパワハラを受けているようであれば、その上の上司に相談するとよいでしょう。公正な目で、中立的な立場になってくれる適任者を探すようにしましょう。看護師長、主任、先輩看護師でも構いません。

そして3者(あなた・相手・相談役)で話し合う機会を作りましょう。ここでは相談役である第三者が立ち入ることがポイントです。第三者が入るほうが、双方が冷静に話し合いを進めることができます。

ただし、暴行や侮辱、名誉棄損などの重大なレベルのパワハラですと、部署内の第三者を交えたとしても、解決は難しい場合が多いです。その場合は、次に示すような「職場での相談窓口」などに頼るようにしましょう。

職場の相談窓口・労働組合に伝え、配置転換や異動を考える

また、リエゾンナースが在籍している場合や、院内に新人看護師のための相談窓口や教育係がいるならば、そちらに相談してみるのも一つの方法です。

ちなみに、勤め先に労働組合がある場合、労働組合に相談する方法もあります。労働組合の強みは、団体交渉権を持っていることです。これを組織(雇用者)は拒否することはできません。

その場合の具体的なプロセスについてお話します。

1. 事実関係の聴取を行う

まずは相談者が「どのような解決方法を望んでいるのか」を聞き取ります。最初は、どのような解決方法が望ましいのか明確でない場合も多く、相談を通じて、徐々に相談者の気持ちを整理し解決策を模索していきます。また、相談者の同意を得たうえで、加害者側からも事情を聴取します。

2. 再発防止に向けての具体策を講じる

はっきりとパワハラだとは断言できなくても、相談者からの訴えがある限り、再発防止に向けての具体的な解決策を話し合います。第三者が入り、問題を整理することもあります。

3. 職場環境の改善の提案を行う

問題の背景に長時間労働や、ストレスフルな職場環境などがある場合、当事者間の問題にとどまらず、職場の問題の改善に踏み出します。

職場の相談窓口や労働組合に伝えた場合、あなたに対して重大な人権侵害が発覚すれば、就業規則に基づき加害者を処分することがあります。

また、当事者同士を引き離すために配置転換や部署異動が行われることもあります。そうでなければ、転職を視野に入れ始めるほうが良いでしょう。自分は悪くないとしても一度、騒動を起こした職場には居づらくなることが多いからです。

転職を考え、現状を打破する

最終手段として、仕返しを含めて「弁護士に相談し、裁判所に訴える」がありますが、これは現実的ではありません。裁判までいくと、費用や時間が莫大にかかってしまい、精神的に追い込まれることが多く、あなたの背負うリスクは高くなります。

「いじめやパワハラを受けて精神的に辛く、何とか現状を変えたい」「いじめた上司に仕返ししたい」という悔しい気持ちは共感できますが、そこでずっと立ちどまっていても現状は変わりません。

クリニックや中小規模の医療機関では部署異動も難しいので、転職を検討するほうが現状を簡単に打破できます

いじめやパワハラが原因で転職する看護師は大変多く、看護師の転職理由の上位は常に「人間関係」です。そのため、人間関係を理由に転職することを負い目に感じる必要は全くありません。

むしろ人間的に一回りも二回りも成長したと考え、新しい職場を探したほうが心機一転頑張ることができます。

いじめやパワハラに悩んだ看護師の転職時の注意点・対策

「転職すると、また同じようないじめやパワハラを受けてしまうのではないか」とトラウマを抱えてしまう人がいることでしょう。

その場合は、看護師専用の転職サイトに登録を行い、プロのコンサルタント(エージェント)に頼るのが良いです。

転職サイトや転職コンサルタントによって相性はありますが、「応募先の職場に直接、人間関係などの内情を聞いてくれるスタイル」をとっているサイトであれば、入職後、いじめやパワハラで悩むことは少なくなります。

また、転職コンサルタントは転職後も、あなたのことを定期的にサポートしてくれ、いじめやパワハラ、賃金や仕事内容などに問題が生じないように見守ってくれます。万が一、問題が発生した場合は、第三者として病院との間に入ってくれ、問題解決に動いてくれます。

転職先に不安を抱いている方は複数の転職サイトに登録したほうが、比較検討を行えるため、相性の良いコンサルタントに出会える可能性が高くなります。

このとき応募先について、担当コンサルタントに尋ねておきたい内容は以下のような事項になります。これらを確認すれば、応募先の人間関係が掴めてきます。

  • 患者数に対する看護師数
  • 看護師長や副師長、主任の人柄
  • (クリニックであれば)院長の人柄
  • 新人看護師の離職率
  • 辞めた看護師の退職理由
  • 看護師の平均在職年数 など

職場内でのトップの人柄に問題なければ、多くの職場ではいじめやパワハラといった問題は起こりにくいとされています。例えば、病院であれば看護師長や看護副師長がトップであるといえます。クリニックなら院長である医師がトップです。

このとき、次のようなコメントのある求人を選ぶと、トップがしっかりしているため、安心して働くことが可能です。

こちらは東京にある急性期の病院ですが、超多忙な急性期であっても働きやすさには定評のあるところです。

また具体的な「求人先が求人を出した理由」について知りたい場合も、転職コンサルタントが求人先から内情を詳しく教えてくれます。訪問看護ステーションや老人ホームなどであれば需要が高まり、事業拡大で看護師を募集していることがあります。

例えば、こちらは東京の訪問看護ステーションの求人のコメントです。

欠員となると、「前職者はなぜ辞めたのだろう」と気になるところですが、こちらの求人は増員ですので「誰かが職場を嫌になって辞めたのではない」ことが分かります。

他にも、求人先の看護師の退職理由について本音が知りたければ、転職コンサルタントに尋ねてみましょう。

私自身、以前に辞めた眼科クリニックの退職理由は、院長や看護師長には「一身上の都合で」と伝えました。しかし、転職コンサルタントにはかなり詳しく、そこで受けたいじめの内容について本音で語りました。

転職コンサルタントに本音を話しても、そのことが外部に漏れることはありません。むしろ、いろいろな愚痴を聞いてもらうことで、自分を肯定でき、自分に向いた次の転職先を客観的に把握してもらえたように思えます。

転職コンサルタントは私の話を聞いて「絶対に人間関係の悪いところには紹介しません」と言い切ってくれました。そして、その転職コンサルタントのおかげで、実際にいまは先輩に恵まれた環境で働くことができています。このように、転職サイトのコンサルタントは求人先の生の情報をもっている場合が多いのです。

産業看護師・産業保健師なら人間関係良好のところが多い

また、いじめやパワハラが少なく、人間関係で比較的悩みにくくて済む職場も存在します。それが、産業看護師や産業保健師です。

産業看護師や保健師であると求人数は少ないのですが、主にデスクワークが多く、仕事にゆとりのある職場がほとんどです。したがって、人間関係で悩む人は少ない傾向にあります。

以下は、静岡県にある産業看護師の求人の一例です。

産業看護師・産業保健師では、病院勤めの看護師のように夜勤や体力仕事がありません。また主に関わる仕事が、企業に属する職員のメンタルヘルスとなるため、いじめやパワハラで悩むことが少なくなります。なかには臨床心理士の資格を取得し、産業看護師としてエキスパートになっていく人もいます。

「産業看護師は求人倍率が高く、採用されるか分からない」と不安に思う人がいます。しかし、いじめやパワハラで苦しんだという貴重な経験をもっているあなたこそが適任者といえるのです。メンタルに不調をきたした社員の立場になって考えられるのは、あなたなのです。

私自身、前職ではいじめで散々苦しみました。休み明けに出勤してくると、「もう(職場に)来なくていいのに」などと看護師長から冗談交じりで言われたことがありました。たとえ冗談半分で発した言葉だったとしも、立場の弱い人間からすると真に受けて、辛かったことを思い出します。

そしていま、私が看護副師長となって感じることは、あのときの苦い経験があるからこそ、私は少数派の新人看護師の立場になって指導が行えているのだと自負しています。冗談でも新人看護師を悪く言うようなことはありません。

いじめを受けた経験は、他の人に寄り添える看護師になるためのステップだったのかもしれません。辛い経験を克服し、活かしていく方法のひとつとして、このように産業看護師という選択肢があることを知っておくとよいでしょう。

訪問看護ステーションなら一人で行動できる

さらには訪問看護ステーションであると、基本的に患者さん宅に看護師一人が訪問します。そのため、病棟看護師のように先輩看護師に四六時中監視されることはなく、人間関係で悩む時間は少なくなります。

例えば、以下は東京にある訪問看護ステーションの看護師求人になります。

訪問看護ステーションの場合は、医師や看護師での人間関係の悩みは減りますが、患者さんやそのご家族との関係は病棟以上に密なものになります。また所長やケアマネージャーとの関係なども大切です。

訪問看護ステーションで求人を探す場合は、トップである所長の人柄やモラルなどを見極め、欠員ではなく増員の求人を見つけるように心がけましょう。

紹介予定派遣で人間関係を見極める

ただ、いくら評判が良い求人案件といっても、あまりにも以前の職場でのいじめやパワハラが辛すぎた場合、いきなり常勤(正社員)として働き始めることに二の足を踏む人がいるかもしれません。また、「いくら人間関係の良いところといっても、相性があるのではないか」と悩む人もいます。

そのようなケースであれば、紹介予定派遣という働き方をお勧めします。

紹介予定派遣とは、派遣看護師としての働き方のひとつです。1日~最長6ケ月で雇用契約を結び、その間は派遣看護師として働くことになります。主に3ケ月といった雇用期間を設けているところが多く、その間に職場内の人間関係や仕事内容を見極めることができます。

その職場が気に入れば、直接雇用となり、気に入らなければ断ればいいだけなので問題は生じません。例えば、以下は東京の有料老人ホームの求人です。

このような求人では、雇用形態は「常勤」か「紹介予定派遣」かの両方を提示されているため、いきなり常勤雇用で働くことも、とりあえず紹介予定派遣で働くことも、どちらでも選択可能です。

このとき最長6ケ月まで紹介予定派遣として働き続けることはできますが、求人先の職場の雰囲気が悪ければ、半年もの間を我慢した後に次の職場を探さなければなりません。紹介予定派遣であっても、最初に締結した雇用期間は守らなければならないので、いくら辛くなっても途中で辞めることはできません。

1~2ケ月程度、そこで働いていれば、仕事内容や上司や同僚の性格などは分かり、自分にとって働きやすい環境かどうかを把握できるはずです。そのため、1~2ケ月間の紹介予定派遣をお勧めします。

看護師の転職サイトには、「キーワードで探す」といった項目があります。ここに紹介予定派遣と入力すれば、紹介予定派遣の求人を検索することができます。

ただし、派遣看護師求人を取り扱っている転職エージェントや人材紹介会社でなければ、紹介予定派遣という雇用形態で働けない可能性があります。

紹介予定派遣に興味をもった方は、「パソナメディカル」や「MC-ナースネット」などの派遣看護師を取り扱っている人材派遣会社を選ぶようにしましょう。

ちなみに紹介予定派遣は双方の合意で正社員への登用が決まります。いくらあなた(応募者)が気に入っていても、働きぶりなどから断られることもあります。常に正式採用対象であるのかを判断されているのだと考え、派遣期間中の言動には特に注意が必要です。

あなたは一人ではありません

私は看護師になって3回の転職を繰り返し、ようやく自分に合った病院に巡り会え、充実した日々を過ごしています。そして現在、「看護師を辞めないでよかった」と改めて思います。

ある日、前の眼科クリニックでお世話したことのある患者さんが、わざわざ私を探していまの病院まで菓子折りを届けにきてくれたことがありました。「あなたにしてもらった看護が忘れられなかった。何かお礼がしたかった。ありがとうございます」といってくれました。

私は普段、菓子折りなどは受け取らないことにしていますが、そのときは私の背中をさすってもらえたようで、嬉しくて自然と涙がポロリとこぼれたことを思い出します。

頂いたお菓子は職場のみんなで分け、お菓子の入っていた缶箱は私の宝物となりました。いまでも大切に保管しています。

あなたは一人ではありません。あなたの周りにはあなたを応援してくれている人がいます。あなたの看護を待っている患者さんもいます。

ちょっとしたミスをオーバーに責められて落ち込んだり、パワハラを受けて悩んだりしている場合ではありません。いじめやパワハラにくじけず、部署替えや転職まで視野に入れて新しい一歩を踏み出しましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く