看護師転職の求人数は他の一般職の求人と比べると多いため、入職希望の医療機関を一つには絞れない場合があります。そのようなとき、「ひとつの志望先に絞ったほうがいいのか」、それとも「複数の志望先を併願しても大丈夫なのか」について迷うことがあります。

結論からいえば、併願して応募することは問題ありません。ただ、併願した場合「第一希望の志望先に対して、不利に働いてしまうのではないか」と心配になる人がいます。

nそこで今回は、「看護師が転職する際に、併願するメリット・デメリット」や「併願する場合の面接回答例」、「併願する際のコツ」について説明し、併願による心配点を解消していきたいと思います。

看護師の転職で併願するメリット・デメリット

まずは看護師が転職をする際に併願するメリットとデメリットについて述べていきます。

併願するメリット

併願するメリットは次のとおりです。

  • 転職期間を短くすることができる
  • 万が一、希望する病院が不採用となっても、選択肢が残っている
  • 数回、面接をこなすことで場慣れできる
  • 希望する病院を比べることができる

併願するメリットは、複数の病院の採用試験を同じ時期に受けるため、転職期間を短くできます。単願(一つの求人しか受けないこと)をする場合、「第一希望の病院が不採用だったので、次の求人先を探し、履歴書を書き、申し込み、面接を受ける」など続けていると、無駄にだらだらと転職期間が長くなってしまいます。

短期間で効率よく転職できなければ、無職の期間ができてしまいます。

また、不採用となっても他の病院へ併願しているのであれば、採用への選択肢が残っていることになります。

さらに、併願だと面接を数回受けることになるので、最初の面接での反省点を活かして次の面接に臨むことができます。できれば第一希望の病院の面接が2~3番目になるように調整すると良いでしょう。面接で極度に緊張してしまう方は、練習を兼ねて併願すると良いでしょう。

さらに、併願のメリットとして、複数の病院求人へ申し込むと視野が広がり求人先を比較できるので、自分と相性のよい職場を選びやすくなります。

病院の雰囲気や風土はホームページやパンフレットではなく、実際に自分の足を運んでみなければ実感することはできません。病院の雰囲気を実際に味わってみると、実は自分の思い描いていたイメージとは異なることが多々あります。

その点、併願することによって複数の病院を比較することができるので「雰囲気が良いか」「自分に合う職場か」などを把握できます。

実際に併願を行った私の友人である看護師の話をします。

友人は、3つの高齢者施設を併願し、転職面接を受けた経験があります。

友人がいうには、「併願のほうが、スタッフがどのように利用者さんへ対応しているのか見学して比較することができるので、入職したときの自分をイメージしやすくなる」とのことでした。

友人は第一希望にしていた施設へ面接に向かったそうです。事前に取り寄せた施設のパンフレットには職員や利用者の笑顔の写真が多く、友人はそれが印象深くてその施設に心惹かれていました。

しかし、実際に施設を訪れている間中、利用者やスタッフの笑い声どころか、話し声ひとつ聞こえてきませんでした。利用者は友人を見かけても誰一人として笑顔を返してくれる人はおらず、自室から出てくる人もいませんでした。

そして面接の際、採用官は誇らしげに「ここは落ち着いた静かな施設」とアピールしたそうです。しかしそれを聞いた友人は「ここで働く自分をイメージできない」と感じました。

次に友人は第二希望の施設に面接にいきました。すると、そこでは利用者とスタッフの笑い声が絶えず聞こえてきたそうです。そして、友人を見かけると、利用者やスタッフが元気よく挨拶をしてくれたそうです。

友人は、アットホームな温かい雰囲気の施設で働きたかったので、第二希望の施設で働くことに決めました。

友人は「私は施設で働くのは初めてだった。そのため、施設とはどういうものは分からなかった。もし第一希望にしていた施設だけに絞って転職活動を行っていたら、『施設とは、どこも静かなところなのだ』と思ってしまったかもしれない。ひとつの施設だけを受けて、入職を決めなくて良かった」といっていました。

転職活動は、自分が選ばれる立場であると同時に、自分に合った職場を選ぶことでもあるのです。

単願で最初から一つに絞ってしまうと、面接や見学で希望する病院の良い面しか見えず、入職後に「このようなはずではなかった」と後悔することが出てきます。併願していれば、様々な病院の長所・短所を比べることができるので、視野を広げることができます。

またどこの病院でも聞かれる質問は大体同じなので、面接などを複数回こなすことでより良い答え方を模索することができます。「このように答えれば良かった」と後悔したことを、次の面接で活かすことが可能です。

「どうしてもこの病院でなければならない」という強い希望がないのであれば、転職の場合、併願しておくほうが無難といえます。

併願するデメリット

では、併願するデメリットとはどのようなことでしょうか。

  • スケジュール管理が大変になる
  • 履歴書や面接準備が大変
  • 単願よりも、アピールが弱くなる
  • 内定が複数出たら、決断を迫られる

併願するデメリットは、複数の求人先へ転職活動を行わなければならないため、スケジュール管理が難しくなる点です。仕事をしながら併願すれば、仕事との折り合いをつけて、複数の病院の面接日の調整を行わなければなりません。

また、病院ごとに志望動機や自己PRを変える必要もでてきます。同じような内容の志望動機であると、採用側はそのことを見抜き、採用への道は遠くなってしまいます。希望する病院でなければならないオンリーワンの理由を明瞭に述べるよう心がけましょう。

さらに単願であれば、ひとつの希望先に絞って病院研究を行うことができます。そのため、採用側にアピールしやすくなります。

他には、内定を複数もらった場合、どの求人先に転職するかの選択を迫られることがあります。

私自身、いま勤めているところの採用面接で質問が終わった後に、院長に「あなたを採用したいから、この場ですぐに答えを出してもらえるとありがたい」といわれました。私はここを第一希望にしており、面接を通して、院長の人柄や病院の雰囲気も良いと感じることができたので即、返答をしました。

ただ、第一希望ではない病院であったり、まだ他に面接が残っていたりしていて、決断を迫られてもすぐに返答できずに困ってしまう状況も考えられます。

このように併願のデメリットはあるのですが、単願ばかりで無職になる期間を生じてしまうよりは、短期集中で併願するほうがスムーズに転職を終了させることができるのです。

併願する場合の面接での回答例

面接で、「他の病院にも応募しているのか」と聞かれることがあります。そのようなときは、どのように答えるとよいのでしょうか。

この質問のポイントは、正直に答えることにあります。よく中途採用の転職で「御院しか受けていません」といえば、PRになると勘違いしている人がいます。しかし中途採用の転職の場合、プラスに働くことは少ないです。

例えば、「失業中であるにも関わらず、ひとつの病院しか応募していない」となると、転職活動を本気で取り組む気があるのか不審がられることがあります。

この質問には正直に答えることが大切です。ただし、例外が一つあります。

看護師のほかに保健師など他業種に応募している場合や、救急病棟と高齢者施設など仕事内容が全く異なる業種を併願している場合などです。このような場合、「転職の軸がブレている」と採用側に思われることがあります。

もし、その理由をきちんと説明できないようであれば、あえて併願していることに触れないほうが得策です。

その一方で、他の求人先の病院の面接で高評価をもらっている場合、そのことは採用面でプラスに働きます。選考が進んでいる他の病院の進捗状況を面接で伝えると良いでしょう。

例えば、「A病院の面接の日程が早く、採用をいただきました。いまは返答を待ってもらっている状況です。私としては、できれば御院で長く働いていきたいと考えております」などです。

このことを聞いた採用側は「この人はA病院で評価されている」と考えます。採用となれば、A病院に「あなたという貴重な人材」を取られてしまわないように、給与面で待遇を良くするなど好条件になる可能性が高くなります。

なお、併願していることを伝えると採用側に「応募先の病院の志望度が低いと思われるのではないか」と懸念する人がいます。

しかし、「他の病院の採用の進捗具合」と「応募先の病院の志望度」は別の話です。

何でもかんでも「御院しか受けていません。御院が第一希望と考えております」と述べるほうが、切羽詰まった感じがして好印象を与えることはできません。

回答例ですが、次のようになります。正直に併願状況について話したあと、最後に応募先の医療機関に好感をもっていることを伝えると、評価されやすくなります。

「複数の病院に応募している」場合の面接回答例

現在は、前職と同じ総合病院の内科に3院ほど応募させていただいております。

転職という人生を左右する転機であるため、できるだけ多くの病院と出会いたいと思っております。やはり、実際に病院を見たり、説明会で話を聞いたりしたうえで、面接で直接話をしなければ、病院の雰囲気を掴むことはできないと考えております。

最初に面接を受けた病院の内定は頂きましたが、現在、返事を待ってもらっている状況です。

御院は先日の説明会で、看護師の仕事内容について親切丁寧にご説明いただき、自分が御院で生き生きと働けるイメージをもつことができました。できれば、私は御院のスタッフの一員となり、患者様とそのご家族の立場に立ち、尽力していきたいと考えております。

併願するなら2~3つに絞る

看護師が転職する際に併願するコツについて、解説していきます。まず大事なポイントとしては、あまり多くの医療機関に併願しないことが挙げられます。

いま仕事を続けながら転職活動をしているのであれば、2~3つくらいが丁度良いです。もしそれ以上になると、仕事をしながら履歴書の中の志望動機を書き分けたり、面接日の調整をしたりしなければいけないからです。

何度も面接の日程を調整することになれば、採用側に好印象を与えることはできません。

ただ現在離職していてフリーの状態である場合、4~5つくらいまでなら併願しても大丈夫でしょう。5つを越してしまうと、それぞれの面接対策が難しくなるので「たくさん応募したのに、ひとつも採用されなかった」という事態に陥ってしまう危険が出てきてしまいます。

複数応募しても、実際に働けるのは1つの医療機関や施設のみです。手当たり次第に応募しても、転職は「数撃ちゃ当たる」ものではありません。

志望動機はそれぞれの医療機関に合わせて作成しなければなりません。採用担当者は、応募者の人柄を見極めようと必死です。

そのため、ホームページなどに掲載されている「転職に関する志望動機」を真似して少しアレンジしたような、どの医療機関にも通じる、ありきたりのことを書いても意味がないのです。同じような内容の志望動機ほど、あなたの印象を悪くしてしまうことはありません。

履歴書の中でも志望動機は「なぜ、その病院でなければならないのか」「自分は何が貢献できるのか」などを伝える大変重要な項目です。初めて会う採用担当者に、あなたの第一印象を良くするよう、応募先に合わせた内容を書き上げることが重要です。

ただ、志望動機などを作成するときに情報収集がうまくできず、「希望先の医療機関に合わせた文章を書くのは難しい」と感じることがあります。

そのような場合は、転職サイトのコンサルタント(転職エージェント)から希望する医療機関の情報を教えてもらう方法があります。また、転職サイトのコンサルタントに志望動機の内容を添削してもらうこともできます。

転職サイトの中には「看護のお仕事」のように「相談だけの利用でも構わない」とするところがあります。情報収集や志望動機の作成に自信がない方は、活用してみると良いでしょう。

引用:看護のお仕事

また、転職コンサルタントに面接日の調整を行ってもらうと「現職とのスケジュール調整が非常に楽になった」という声を聞きます。

個人的に面接日の調整などを行うと、仕事中に何度も求人先の担当者から電話がかかってきているのに気づかず、失礼な態度をとってしまうことがあります。これでは、面接前から採用側によい印象を与えることはできません。

その点、転職コンサルタントが仲介を行えば、スケジュール調整を行ってくれるので相手側に失礼な態度を取らなくて済むという利点があります。

内定を辞退するときの対処法

複数の病院から内定をいただいたときは、どのように対処すればよいのでしょうか。

内定を辞退する場合、一般的には電話で構いません。採用担当者が不在の場合は、メールで伝えると良いでしょう。転職サイトを利用した場合は、内定の断りはコンサルタント経由で行ってくれるため、精神的に非常に楽です。

内定辞退となると、採用担当者に申し訳ない気持ちになります。しかし「連絡をしない」のは一番やってはいけないことです。

採用担当者は、あなたが入職すると予測を立てて、ほかの応募者の採用を保留にしていることがあります。そのため、早めに連絡を入れることが大切です。あなたが断りの電話をいれなければ、ずっと保留状態が続き、ほかの応募者が次の行動を取れなくなってしまいます。

電話やメールでは「面接の機会をいただけたこと」「採用してくださったこと」「今回は辞退させていただくこと」など感謝の気持ちを伝えるとともに、お詫びの言葉も添えるようにしましょう。具体例は次のとおりです。

電話

お世話になります。この度、看護師募集の件で内定をいただきましたAです。採用担当の方はいらっしゃいますでしょうか。

この度は、内定のご連絡、誠にありがとうございます。

大変申し上げにくいのですが、この度、検討させていただいた結果、御院よりいただいた内定を辞退させていただきたく、ご連絡いたしました。

本来であれば、直接お詫びに伺うべきですが、失礼ながらお電話でご連絡を述べさせていただきました。御院には、大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。失礼いたします。

メール

件名:内定辞退の件でのご連絡

本文:

医療法人 A総合病院 採用担当者

B様

お世話になっております。看護師採用の件で、内定をいただきましたCです。

先ほどお電話をさせていただいたのですが、ご不在でしたので、メールにて失礼いたします。

この度は、内定をいただき、ありがとうございました。

大変申し上げにくいのですが、この度、内定を辞退させていただきたく連絡をいたしました。

面接で温かいご対応をしてくださり、貴重なお時間を私のために割いてくださったにも関わらず、このようなご連絡を差し上げますことを、大変申し訳なく感じております。

本来であれば、直接お詫びに伺うべきですが、失礼ながらメールにてご連絡させていただきました。貴院には、大変ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございませんでした。

最後になりますが、貴院の益々のご発展をお祈り申し上げます。

C

辞退の理由を具体的に述べる必要はありません。もちろん、入職予定の医療機関名を挙げることも必要ないでしょう。

もし急な引っ越しなどの理由で転職自体を諦めなければならなくなった場合などであれば、その理由を説明し「機会をもう一度頂けるなら、再度改めて選考していただきたい」と一言付け加えると良いでしょう。そうすれば再度、応募しやすくなります。

ただ、実際はほとんどの看護師が転職サイトを利用するため、こうしたことは考えなくても問題ありません。転職サイトのコンサルタントに伝えるだけで大丈夫だからです。

転職は併願するほうが無難

以上のようなことから、中途で転職する場合は、併願するほうが「また一から志望先を探さなければならない」「志望先の良いところしか見えておらず、入職してから後悔した」など、単願の転職で起きやすいトラブルを避けることができます。

もちろんスケジュール調整や各々の履歴書作成などは大変ですが、それ以上に併願するメリットのほうが大きいのです。

もし、いまから転職活動を始めようとするのであれば、「私にはこの病院しかない」と自分を追い詰めるのではなく、幅広く自分の可能性を信じて、複数の希望先を選んでみると良いでしょう。

そして面接を受けて、あなたが受けた印象から志望先を絞っていくと、後悔の少ない転職の実現につながります。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く