30代の看護師であれば、ライフスタイルの変化などで転職活動を行う人が増えてきます。30代といえば独身時代とは異なり、結婚や出産・育児、人によっては介護など様々なライフイベントが発生し、それに応じて自分の仕事内容や勤務時間の調整が必要となる時期です。

一般的に企業勤めの会社員の転職であれば、20代のほうが採用確率は高く、35歳ともなると転職には限界があります。しかし看護師資格を保有している場合、人手不足の看護業界であることから35歳以降であっても転職を歓迎する医療機関が多いです。

ただ同じ30代であっても、大学病院など一部の医療機関では30代での転職をやめておいたほうがいいケースもあります。30歳や35歳にとって、すべての求人先が転職に優れているわけではないのです。

そこで30代看護師の場合、どのように転職活動を行えば、自分らしく働ける求人に巡りあえるのか解説していきます。

30代の看護師転職は人によって経験内容が異なる

一概に30代といっても、20代の頃にどのような経歴を積んできたかによってキャリアに差が出てきます。例えば、「救命救急で10年以上、昼夜をいとわずバリバリ働いてきた看護師」と「20代後半で出産し、しばらく看護師を辞めていたが復帰したい看護師」では全く状況が異なります。

もちろん前者のほうが求人の幅は広がり、自分の条件に合う職場に出会える可能性は高くなります。

看護師資格は専門学校や看護学校、大学卒業と、さまざまな取得方法があります。20代の看護師転職であれば、学歴などが転職で有利不利に働く可能性があります。しかし30代の転職では、学歴よりもその人がいままでにどのようなキャリアを積み上げてきたのかが関係してきます。

もちろんクリニックや中規模病院で働いていた看護師よりも、「総合病院や大学病院といった医療機関で最先端の看護技術や知識を身につけ、緊急事態にも冷静に動ける看護師」が転職では好まれます。

実際に30代になると、以下のようなキャリアを積み上げていく看護師が多くなります。

  • 看護副師長、看護師長などの管理職に就く
  • 看護師教育係・感染管理対策係などの要職に就く
  • 認定看護師を取得し、自院以外で講習会を開く

このような経験や知識、スキルの差が出始めているのが30代看護師です。いままで培った経歴が、満足いく転職につながるといっても過言ではありません。

新卒や未経験・職歴なし、ブランクありの転職はどうか

ただ30代だと、全員が医療機関で働いているわけではありません。以下のような人がそれなりにたくさんいます。

  • 30代で看護師資格を取得した人
  • 企業に勤めており、看護師未経験の人
  • 出産や育児でブランクが長い人

一般的に看護師といえば20代でキャリアを積んでいくというイメージがあります。それだけに30代で新卒や未経験・職歴なし、ブランクありだと、病院やクリニックへの転職に不安を感じてしまうケースが多いです。

この場合は30代でも新卒扱いとなり、21歳や22歳の新卒看護師と同等になります。給料は20代の新卒看護師と同じです。

特に教育体制の整っていないクリニックや中規模病院では、採血や点滴など基本的な看護スキルを身につけている看護師を即戦力として必要としている求人が多いです。

しかしその求人数と同じくらい、「新卒や未経験・職歴なし、ブランクありを歓迎」としている医療機関も存在します。例えば、以下は大阪にあるクリニックの求人になります。

このように「未経験でも大歓迎」であれば、看護師として新しい一歩をスムーズに踏み出すことができます。

さらにこの求人は月収28万円なので、20代の新卒看護師が月に夜勤をして得られる給料よりも多いといえます。

もちろん東京や大阪、名古屋、福岡といった都市部のほうが給与水準は高く、希望する金額を得られる可能性が高いです。しかし、地方でも30代からの未経験・ブランクあり看護師を積極的に採用する求人は多く、同年代の看護師と比較して看護経験やスキルが劣っていたとしても問題ありません。

30代看護師であればスキルや知識が不十分でも、歓迎してくれる医療機関はたくさんあります。自分を過小評価せず、時間と労力をかけてじっくり転職活動を行うことが転職で成功の秘訣です。

総合病院であれば30代は問題なく採用されやすい

そうしたとき総合病院であれば、新卒看護師や新人看護師の教育体制が整っているケースが多いです。また常に人手不足ということもあり、30代であれば問題なく採用されます。

まだ伸びしろの多い30代看護師のため、仕事に対する意欲さえあれば、未経験からでも病棟で中心的存在となってバリバリ働く看護師に成長していくことができます。その環境として適しているのが総合病院なのです。

仮に急性期病棟で勤めてみて体力的に難しいようであれば、慢性期病棟に配置転換を希望することもできます。融通が利きやすいため、30代看護師にはおすすめの職場です。例えば以下は、千葉県にある総合病院求人です。

「職員の7割が育児と両立させている」とのアピールポイントがあり、例えば育児中で看護師復帰を望んでいる人にとっては心強い職場となります。

総合病院は看護師の平均年齢が30代前半くらいの場合が多いですが、この病院では平均年齢が37歳です。30歳や35歳といった看護師であれば、働きやすい環境が整えられているため、平均年齢の高い総合病院の求人を選んでみるといいです。

・大学病院は30代からだと体力的に難しい

ただ同じ総合病院といっても、大学病院への転職は30代にとって難しいケースが多いです。一般的に大学病院は学校を卒業したばかりの新卒看護師が入職し、30代になり仕事を続けるのが難しくなって転職する場合が多いからです。

採用はされるかもしれませんがハードな勤務に加え、夜勤や時間外勤務の多さなどから、30歳や35歳を超えると働き続けるのは難しいのが現状です。例えば以下は、筑波大学附属病院の看護部の年齢構成です。

30代は29.6%と3分の1が働いていますが、40代になると14.5%とかなり減少します。平均年齢33歳という点をみても、30代にとっては働きにくい職場であることが分かります。

独身看護師であれば、転職の選択肢のひとつとして大学病院を残してもいいです。しかし今後のライフイベントなどを考え、体力的に自信のない方は大学病院への転職はやめておきましょう。

30歳・35歳で転職する悩みの解決方法

そうしたとき、30代看護師だからこそ転職時に悩みを覚えるケースがあります。30代の看護師は経歴が異なっても、同じような悩みを感じやすいのです。

30代看護師が転職時に抱えやすい悩みは以下のとおりです。

  • 妊娠中・子持ちでも働き続けられるか心配
  • 年収・給料が下がるのではないか心配
  • 未経験分野やブランクありのため自信がない

それぞれの悩みに対する解決方法について説明していきます。

妊娠中・子持ちの育児中でも働き続けられるか心配

30代看護師にとって、非常に多い転職理由にライフスタイルの変化があります。具体的には結婚や妊娠・出産です。

そのため結婚後の看護師だと、「出産後を想定すると、いまの職場でずっと働くのは厳しい」と感じた場合は転職を検討しはじめます。また妊娠中や子持ちの看護師であると、自分の勤務時間に制約があり、働き続けることに不安を感じる人が多いです。

妊娠中は体に変化が起こりやすく、また出産後も育児に手間がかかることが多いです。そのような場合、バタバタと動き回るような職場ではなく、患者数が比較的落ち着いたクリニックや外来などを希望すると長く勤められます。

他にも、育児中の看護師の多い職場を探すと、妊娠中や育児中の大変さを分かってくれる上司や同僚が多く、上手くいくことが多いです。例えば以下だと、神奈川県にて療養病棟と精神科病棟をもつ病院の看護師求人となります。

育児をしている場合、求人票にあるように時間単位の休暇を取得できたり、時短勤務で正社員になれたりすると非常に助かります。

また託児所が併設されていれば、待機児童問題に巻き込まれる心配もありません。さらに、夜勤や残業を免除してもらえば、時間通りに仕事を終えることができ、家族との時間を共有できます。

ライフスタイルの変化は転職理由として多いですし、結婚後で子供が欲しい(または既に子育てをしている)という場合、早めに転職することがよくあります。妊娠時や育児のときも問題なく働き続けられる職場を探す30代は非常に多いのです。

年収・給料が下がるのではないか心配

ただこのとき、転職して年収が下がるのを心配する人は多いです。総合病院などで勤務していたとしても、体力的な問題や育児の関係で夜勤なしを希望する看護師は非常に多くなります。

ただどのようにキャリアを積んできたとしても、以前に勤めていた職場のもともとの給料が高い場合は、年収は下がる可能性があります。

参考までに看護師の平均年収は478万2700円です(厚生労働省:賃金構造基本統計調査)。これには時間外勤務手当や夜勤手当、家族手当なども含まれます。そうした中でも、30代看護師の平均年収と平均給与を表にすると以下のようになります。

平均年収 平均給与
30~34歳 409.5万円  34.1万円
35~39歳 467.3万円 38.9万円

この表は地域差や役職については考慮されていません。特に看護師の給料は各市町村の医師会が設けた基準で決められている場合が多く、地域的な格差が大きいのが特徴です。また東京や大阪といった都市部のほうが物価が高く、それに比例して看護師の給与も高く設定されています。

ただ30代で転職する場合、20代とは違って急性期の大病院であくせく働く現場を目指すのではなく、ゆるい働き方を実現できる職場を目指すのが一般的です。要は、夜勤なしなどで働ける職場を探すのです。

しかしそうした就職先だと、転職によってほぼ年収が下がることは理解しなければいけません。ただ透析看護や訪問看護、精神科病院、美容外科など、他の求人に比較すると給料が高めの募集も存在します。例えば以下は、大阪にある透析クリニックの看護師求人になります。

日勤のみの勤務ですが、常勤勤務で月31万7,000円の給料です。もちろん人によって望むべき中途採用は異なりますが、たとえ総合病院からクリニックへ転職するにしても、こうした求人なら大幅な収入減はありません。

未経験分野やブランクありのため自信がない

また未経験の科やブランクありの再就職も30代看護師では多いです。あなたが「同じ規模の、同じ領域の科」で転職希望であれば、それまでの経験を活かして働くことができるので、スムーズに仕事に取り掛かることができるでしょう。

しかしブランクが長かったり、まったく違う領域の未経験の科に転職希望であったりするなら、誰しも不安を抱えるのは当たり前です。新卒や職歴なしに限らず、科が違うだけで不安に感じるのは全員共通なのです。

いくら看護経験が10~15年あったとしても、未経験の分野であれば新人看護師として最初から全てを教えてもらうつもりで仕事に取り掛からなければなりません。さらにはブランクが長ければ、それだけ忘れている知識やスキルも多くなっているため、新卒看護師のように初心に戻る必要があります。

ただ未経験の分野やブランクありでも、基本となる看護知識やスキルがあれば習得にそれほど時間はかかりません。新卒看護師のように採血の仕方まで一から教わる必要がないからです。

それでも心配な人は、未経験やブランクがあっても採用実績のある求人を選ぶといいでしょう。例えば、以下のような中途採用募集です。

神奈川県にある訪問看護ステーションの求人ですが、訪問看護未経験やブランクありの看護師であっても広く採用していることが分かります。また教育体制が整っている求人であれば、看護師自体が未経験であっても問題なく対応してくれます。

30代で転職するとき、こうした中途採用募集を探すとスムーズです。

30代看護師が転職での失敗を避けるには

そうしたとき、30代看護師が転職での失敗を避けるには、どのようなことに気を付けるといいのでしょうか。

30代で転職に失敗しやすい人の典型的な特徴は、「今回の転職で、何を実現していきたいのか明確な目的がない」ことです。転職するからには、年収であったり職場環境であったりと、何かを実現(改善)したいと考えているはずです。

転職の目的が明確でなく、「いまの職場に居続けるのは、なんとなく辛い」「自分の看護師としての市場価値を転職で評価してもらおう」くらいの気持ちであれば、転職は止めておくのが得策です。

例えば転職理由が育児による時短勤務の場合、単に時短勤務のある職場を探すのでは意味がありません。「残業がどの程度あるか」「何時までに帰宅したいのか」「子供が何歳になるまで時短勤務したいのか」など、具体的に整理しておかなければなりません。

例えば以下の求人であれば、8:45~15:45の時短勤務を実現できます。

ただ、それ以外の情報についても内容がどうなっているのか詳細に見極めなければいけません。

例えば私が働く医療機関は、育児女性に向けて時短勤務(1日6時間勤務)を採用していますが、残業(時間外勤務)はあります。患者さんの来院数が多いため、ほぼ毎回1時間以上の残業があるのです。

それを知らずに入職した30代の看護師では、「帰宅時間が遅くなり、保育園への迎えがギリギリになる」とイライラし始める人がいました。

また時短勤務は子供が小学校へ入学するまでのため、それ以降の時短勤務は認められていません。そのため小学生の子供がいても時短勤務をしたい場合、私が勤務する医療機関は正直なところ向いていないといえます。

人間関係や労働環境、残業の有無、給料、仕事内容など、人によって転職で叶えたい優先順位は異なります。そうしたとき、あなたは今回の転職で何を一番重視するのでしょうか。実際に、メモなどに書いて条件を具体化してみることをおすすめします。

30歳や35歳の看護師転職は転職の目的を明確にする

子持ちの既婚者でも未婚の独身者でも、人は30歳や35歳くらいなると「これからの人生をどう進むべきか」「看護師の仕事をどうするのか」など、将来の選択を迫られる時期になるといえます。これは女性に限らず、男性でも同じです。

優れた転職先への希望については、「キャリアを積んでいきたい」「仕事と家庭を両立したい」など、人によってさまざまです。

このようなとき転職の目的をはっきりさせ、自分にとって何を重要だと考えているのか明らかにするようにしましょう。今回の例で記したように、例えば「時短勤務をしたい」だけの条件では不十分であり、希望する詳細な内容を決めておかなければいけません。

30代の看護師はライフスタイルの変化があるため、そうしたときに転職で何を実現したいのか考えるようにしましょう。その後、優先事項を達成できる中途採用募集を探すと転職で成功できます。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く