30代の看護師であれば、ライフスタイルの変化などで転職活動を行う人が増えてきます。30代といえば独身時代とは異なり、結婚や出産、育児、人によっては介護など様々なライフイベントが発生し、それに応じて自分の仕事内容や勤務時間の調整が必要となる時期です。

一般的に企業勤めの会社員であれば、転職は20代のほうが採用確率が高く、30代でも後半の35歳ともなると転職には限界があります。しかし看護師資格を保有している場合、人手不足の看護業界であることから35歳以降であっても転職を歓迎する医療機関が多いです。

ただ、同じ30代であっても、美容クリニックや救命救急など一部の医療機関では、35歳までなどと年齢制限を設けている医療機関があります。30代看護師の転職は、30歳くらいでは問題なくても、35歳を過ぎると選択肢が狭まってしまう恐れがあるのです。

そこで今回は、「30代看護師の場合、どのように転職活動を行えば、自分らしく満足して働き続けられる求人に巡りあうことができるのか」について述べていきます。

30代の看護師転職は成功率が高いのか

まず、30代の看護師が転職する意味を考えてみましょう。一概に30代といっても、20代の頃にどのような経歴を積んだかでキャリアに差が出てきます。

例えば、「救命救急で10年以上、昼夜をいとわずバリバリ働いてきた看護師」と「20代前半で出産し、しばらく看護師を辞めていたが、子育てがひと段落したので看護師に復帰した看護師」では、キャリアは全く異なります。もちろん前者のほうが求人の幅は広がり、自分の条件に合う職場に出会える可能性は高くなります。

看護師資格は専門学校や看護学校、大学卒業と、さまざまな取得方法があります。20代の看護師転職であれば、学歴などが転職で有利不利に働く可能性があります。しかし、30代の転職ともなると、学歴よりもその人がいままでにどのようなキャリアを積み上げてきたのかが大いに関係してきます。

クリニックや中規模病院よりも、やはり総合病院や大学病院といった医療機関で最先端の看護技術や知識を身につけ、緊急事態にも冷静に動ける看護師が好まれます。

実際に30代になると、以下のようなキャリアを積み上げていく看護師が多くなります。

  • 看護副師長、看護師長などの管理職に就く
  • 病院における看護師教育係・感染管理対策係などの要職に就く
  • 認定看護師や専門看護師資格を取得し、自院や自院以外の場所で講習会を開く

このような経験や知識、スキルの差が出始めているのが30代看護師です。いままで培った経歴が、満足いく転職につながるといっても過言ではありません。

新卒や未経験・職歴なし・ブランクありの転職はどうか

それでは、これまで社会人として働いてきて30代で看護師資格を取得した人や出産や育児でブランクが長い人、看護師資格は取得したものの企業に勤めて看護師未経験の人などの場合はどうなのでしょか。

一般的に看護師といえば20代でキャリアを積んでいくというイメージがあります。それだけに、30代で新卒やブランクあり、未経験であると、病院やクリニックへの転職に不安を感じてしまうことが多いでしょう。

この場合、30代でも新卒扱いとなり、21歳や22歳の新卒看護師と同等の扱いとなります。給料は20代の新卒看護師と同じです。

教育体制の整っていないクリニックや中規模病院では、採血や点滴など基本的な看護スキルを身につけている、「即戦力」となる看護師を必要としている求人が多いです。

しかし、その求人数と同じくらい、「未経験・職歴なし・ブランクあり・新卒を歓迎」と掲げている医療機関も存在します。例えば、こちらは大阪にあるクリニックの求人になります。

このように「未経験でも大歓迎」であれば、看護師として新しい一歩をスムーズに踏み出すことができます。

さらに月収28万円であれば、20代の新卒看護師が月に夜勤を行って得られる給料よりも多いといえます。もちろん東京や大阪、名古屋、福岡といった都市部のほうが給与水準は高く、希望する金額を得られる可能性が高いです。

しかし、地方でも30代から看護師に復帰した人を積極的に採用する求人は多く、同年代の看護師と比較して、看護経験やスキルが劣っていたとしても問題ありません。

実際に私は33歳で看護大学に入学したので、卒業すると37歳での新卒採用となりました。地方で、看護スキルや知識なし、30代後半となると、転職には非常に不利に働きそうですが、実際は応募した全ての求人に採用されました。

30代看護師であれば、スキルや知識が不十分でも、歓迎してくれる医療機関はまだまだあります。自分を過小評価せず、時間と労力をかけてじっくり転職活動を行うことが、転職での勝因になります。

総合病院であれば30代は問題なく採用されやすい

総合病院であれば、新卒看護師や新人看護師の教育体制が整っていることが多いです。また常時、人手不足ということもあり、30代であれば問題なく採用されます。

まだ伸びしろの多い30代看護師ですので、仕事に対する意欲さえあれば、病棟で中心的存在となってバリバリ働く看護師に成長していくことができます。その環境として適しているのが総合病院なのです。

急性期で勤めてみて体力的に難しいようであれば、慢性期や予防医療に配置転換を希望できます。融通が利きやすいため、30代看護師にはお勧めの職場です。

例えば以下は、千葉県にある総合病院です。「職員の7割が育児と両立させている」とのアピールポイントがあれば、育児中で看護師復帰を望んでいる人にとっては心強い職場となります。

総合病院は看護師の平均年齢が30代前半くらいの場合が多いですが、この病院では37歳です。30歳や35歳といった看護師であれば、働きやすい環境が整えられているため、平均年齢の高い総合病院の求人を選んでみると良いでしょう。

大学病院は30代からだと体力的に難しい

ただ同じ総合病院といっても、大学病院への転職は30代にとって難しいケースが多いです。一般的に大学病院は学校を卒業したばかりの新卒看護師が入職し、30代になり仕事を続けるのが難しくなって転職する場合が多いです。

そのくらい大学病院に30代から転職して成功するとなると、難しいのです。採用はされるかもしれません。どの大学病院も、交替勤務が行える人であるなら、「年齢制限はない」とするところが多いからです。

しかし、ハードな勤務に加え、夜勤や時間外勤務の多さなどから、35歳を超えると働き続けるのは難しいのが現状です。

例えば以下は、筑波大学附属病院の看護部の年齢構成です。

30代は29.6%と3分の1が働いていますが、40代になると14.5%とかなり減少します。平均年齢33歳という点を鑑みても、30代にとっては働きにくい職場であることが分かります。

また、未婚の独身看護師であれば、転職の選択肢のひとつとして大学病院を残しておきたいところです。しかし、今後のライフイベントなどを考え、体力的に自信のない方は大学病院への転職は辞めておいたほうが無難です。

美容外科や美容皮膚科などの美容クリニックであると30代後半は難しい

美容外科や美容皮膚科といった美容クリニックは、日勤だけで残業が少なく、高待遇(高年収・休日数が多い)であることが多く、病院勤務とは違った効率のよい働き方を実現できるため、就職先として人気のある求人です。

ただ美容クリニックの場合、主に20代の看護師を積極採用していることが多いです。30代前半であれば求人はあるものの、35歳を超えて30代後半となると難しいです。

例えば、以下のような求人を参考にしてください。こちらは千葉県にある新規オープンの美容クリニックです。20~30代のスタッフが活躍中とありますが、「20代の年齢層」との記載もあります。

美容クリニックに来院するお客様で多いのは20~30代であるため、同年代の看護師を配置する傾向にあります。

美容クリニックへの転職は、30代前半でも採用は難しいです。さらに35歳を超えると、どのように立派なキャリアをもっていたとしても、採用は厳しくなってしまいます。

ちなみに外科・オペ室勤務経験があれば、美容クリニック転職希望の場合は有利になります。もし該当するのであれば、35歳くらいまでなら採用される可能性が高いので、チャレンジしてみることをお勧めします。

30代看護師の転職時の辛い悩みと解決方法

それでは次に、30代看護師の転職時における辛い悩みについての解決方法を示していきたいと思います。30代の看護師は経歴が異なっても、同じような悩みを感じやすいです。

30代看護師が転職時に抱えやすい悩みは以下のとおりです。

  • 未経験分野やブランクありのため自信がない
  • 体力的に仕事についていけるか不安
  • 年収・給料が下がるのではないか心配
  • 妊娠中・子持ちでも働き続けられるか心配
  • 人間関係をうまく構築していけるか不安

それぞれの悩みに対する解決方法について説明していきます。

未経験分野やブランクありのため自信がない

もしあなたが同じ規模の、同じ領域の科で転職希望であれば、それまでの経験を活かして働くことができるのでスムーズに仕事に取り掛かることができるでしょう。

しかし、ブランクが長かったり、まったく違う領域の未経験の科に転職希望であったりするのならば、誰しも不安を抱えるのは当たり前です。

いくら看護経験が10年、15年あったからといって未経験の分野であれば、新人看護師として最初から全てを教えてもらうつもりで取り掛からなければなりません。ましてやブランクが長ければ、それだけ忘れている知識やスキルも多くなっているため、新卒看護師のような初心に戻る必要があります。

ただ、未経験の分野やブランクありで不安という場合でも、基本となる看護知識やスキルがあれば、習得にそれほど時間はかかりません。新卒看護師のように採血の仕方まで一から教わる必要がないからです。

それでも心配な人は、未経験やブランクがあっても採用実績のある求人を選ぶと良いでしょう。例えば、以下のような求人です。こちらは神奈川県にある訪問看護ステーションの求人です。

過去に採用実績があるということは、未経験でもブランクがあっても採用されるということです。また教育体制が整っている求人であれば、新人教育をしっかり行ってくれるため安心できます。

体力的に仕事についていけるか不安

男性看護師でも女性看護師でも、20代の頃は夜勤や時間外勤務のあとでも、遊びにいくなど余暇を楽しむ力は残っています。ただ、30代を超えると夜勤後の疲れが取れなくなり、体力の衰えを感じやすくなります。

しかし、それでも30代の看護師はまだまだ体力があります。20代の看護師には劣るでしょうが、40・50代の看護師と比較すると、夜勤や時間外労働なども充分にこなすことができます。

そうはいっても、今後は年齢的にも体力仕事がきつく感じやすくなることが多くなります。体に無理をして、夜勤や時間外勤務の多いところを選べば、短期間のうちに再度転職しなければならない恐れが出てきます。

それよりは30代看護師にとって体力的にあまりきつくなく、仕事をしていくうちに無理なく体力をつけられる職場で働くほうが健全だといえます。

例えば、以下の求人はリハビリに特化したデイサービスのものになります。

このような職場であれば、仕事を終えた後、くたくたになって疲れるというよりは、体を動かしたあとの心地よい疲労を感じる働き方が実現できます。

年収・給料が下がるのではないか心配

転職して年収が下がるのを心配する人がいます。30代でキャリアを積んできた看護師であれば、年収を上げるために、転職を考える人が多いです。

どのようにキャリアを積んできたとしても、以前に勤めていた職場のもともとの給料が高い場合は、下がる可能性を秘めています。

参考までに看護師の平均年収は478万2700円です(厚生労働省「平成29年賃金構造基本統計調査」)。こちらは、時間外勤務手当や夜勤手当、家族手当などを含みます。

その中でも30代看護師の平均年収と平均給与をグラフにまとめました。

平均年収 平均給与
30~34歳 409.5万円  34.1万円
35~39歳 467.3万円 38.9万円

では男女別の賃金を比較してみるとどうでしょうか。

平均年収 平均月収 平均賞与
男性看護師(平均年齢36.0歳) 489万4,200円 33万9,400円 82万1,400円
女性看護師(平均年齢39.6歳) 477万1,100円 33万1,100円 79万7,600円

この表を見ると、男性看護師のほうが、給料が高いことが分かります。これは、男性看護師のほうが正職員であったり、規模の大きな病院に勤務していたりするためと考えられます。

ちなみに、准看護師の場合の平均給料についても記載しておきます。

平均年収 平均月収 平均賞与
准看護師(平均年齢49.0歳) 405万6,800円 28万3,300円 65万7,200円

この表は地域差や役職については考慮されていません。特に看護師の給料は、各市町村の医師会が設けた基準で決められていることが多く、地域的な格差が大きいのが特徴です。また東京や大阪といった都市部のほうが物価が高く、それに比例して看護師の給与も高く設定されています。

そのため、こちらはあくまでも参考程度に留めておくとよいでしょう。ただ、大まかな統計データとはいえ大体の平均給与は把握できるので、いまあなたの貰っている給料の判断材料になります。

この表からみて分かるとおり、新卒から総合病院に勤務して夜勤もこなす35歳くらいの男性看護師で年収が450万円以下であれば低すぎます。たとえ、地方であっても同等の条件で転職を行えば、簡単に年収450万円以上に上がることが分かります。

また、年収アップを目指すのであれば、美容外科・美容皮膚科などの美容クリニックや透析看護、訪問看護などの求人を中心に探すことをお勧めします。これらの求人は他の求人と比較すると、給料が高い傾向にあります。

例えば以下は、東京にある透析クリニックの看護師求人になります。

このような求人であれば、日勤だけの勤務で体力仕事でなくて、高収入を得ることが可能です。

妊娠中・子持ちの育児中でも働き続けられるか心配

妊娠中や子持ちの育児中の看護師であると、自分の勤務時間の制約があり、働き続けることに不安を感じる人が多いです。

妊娠中は体に変化が起こりやすく、また出産後も育児に手間がかかることが多いからです。

そのような場合、バタバタと動き回るような職場ではなくて、患者数が比較的落ち着いたクリニックや外来などを希望すると、長く勤められる傾向にあります。

他にも、育児中の看護師の多い職場などを探すと、妊娠中や育児中の大変さを分かってくれる上司や同僚が多く、上手くいくことが多いです。

例えば以下のような求人です。こちらは神奈川県の療養病棟と精神科病棟をもつ病院の看護師求人となります。

このように育児を行っている場合、時間単位の休暇を取得できたり、時短勤務で正社員になれたりといった制度があると非常に助かります。

また託児所が併設されていれば、待機児童問題に巻き込まれる心配もありません。さらに、夜勤や残業を免除してもらえば、時間通りに仕事を終えることができ、家族との時間を共有できるのでお勧めです。

参考までに、雇われる側として想定しておきたいことは、「育児中はどのように元気な子どもであっても、我が子の病気やケガで急に仕事を休む必要がある」事態です。

子どもの緊急時の対応については家族内で話し合い、「病児保育に預ける」「祖父母が預かってくれる」など仕事に支障がないような環境を事前に整えておけば、採用側は安心してあなたを雇うことができます。特に小さい子どものいる家庭では、これらの点を明確にしてから、転職活動に臨むようにすると、採用率が高くなります。

・シングルマザー看護師の転職は病棟以外にも目を向けてみる

また、30代のシングルマザー看護師が転職する場合、子どもをみてくれる人がいないのであれば、やはり時短勤務があるところや時間外勤務(勉強会や委員会、残業など)の少ない職場を選んだほうが良いです。

こういうと家計を一人で支える責任感から、収入の減る心配をするシングルマザーがいます。

そのような場合、病棟以外の求人にも目を向けると、選択肢を増やすことができます。例えば、こちらは東京都にある保育園看護師の求人です。

このように「年収400万円ほど」「勤務時間に制限あり」という好条件の求人であれば、親子で暮らしていけるだけの収入を確保でき、さらに残業が少ないため、仕事と育児を両立しやすくなります。

ほかにも日勤のみで勤務時間が少ない割に待遇が良く、効率よく働ける職種としては、先ほどお話しした美容外科や美容皮膚科などの美容クリニック、透析クリニック、企業保健師などが挙げられます

ただ、すぐにはこのような良い求人は見つからないことがあります。3ケ月くらいじっくり時間をかけ、高待遇で働きやすい求人を探してみると良いでしょう。

人間関係をうまく構築していけるか不安

また、看護師の退職理由として上位に挙げられるのは、いつも人間関係です。30代看護師で、新しい職場でトラブルの原因になりやすいのが、前職と現職を比較してしまうことです。

新人看護師であれば「このようなものだろう」と受け流せる事柄に30代看護師は引っかかってしまうことが多くなります。

私の勤める職場に、何かにつけて前職と比較して、前職の優れている点を取り上げて、いつも話題にする30代の新人看護師がいました。その話を次にしたいと思います。

その新人看護師は、「前の職場はこのような福利厚生があって良かったけれど、ここではそれがない」「前の職場では院長への不平・不満を看護師長が前面に立って代弁してくれていたけれど、ここではそれがない」など、口を開けば前の職場と比べながら今の職場を批判していました。

最初のうち、周囲のスタッフは「そうだよね、この職場はそういうところがあるから直さないといけない」とその人の言うことに耳を傾けていました。

しかし、毎日いま勤めている職場の批判ばかり聞かされていると、徐々にスタッフの間から「あの人は口を開けば、この職場の文句が出てくる。批判ばかり繰り返して何が楽しいのだろう」と口に出すようになりました。

批判的な話を聞いて、仕事のモチベーションが上がる人はいません。結局、その人自身が居づらくしてしまい、短期間で退職してしまいました。

転職して間もないと、無意識に前職と比較してしまいます。ただ周囲から「前の職場はどうだった?」と聞かれても、「こういう点で前職のほうが良かった」などと口に出さない方が無難です。

これを言ってしまうと、中には「職場の悪口だ」と捉え、嫌な気持ちになる人がいます。来たばかりの新人にいま働いている職場の悪口をいわれると、長く働いている人であるほど嫌な気持ちになります。

もし前の職場のことについて聞かれるとしても、前職のことは置いておき、いまの職場を褒めるようにしましょう。

「ここの職場は風通しが良くて、働きやすいです」「この職場にはこのような良い一面があるので、大変うれしく思っています」など、良い面を伝えることで、あなた自身も働きやすくなります。

周囲のスタッフも労働環境を褒めてもらうことで、あなたのことを歓迎でき、「ここは働きやすい職場なんだ」と思えて気持ちよく働くことができます。

30代看護師、転職での失敗を避けるには

では、30代看護師が転職での失敗を避けるには、どのようなことに気を付けると良いのでしょうか。

30代で転職に失敗しやすい人の典型的な特徴は、「今回の転職で、何を実現していきたいのかという明確な目的が無い」ことです。転職するからには、年収であったり職場環境であったりと、何かを実現(改善)したいと考えているはずです。

もし転職の目的が明確でなくて、「いまの職場に居続けるのは、なんとなく辛い」「自分の看護師としての市場価値を転職で評価してもらおう」くらいの気持ちであれば、転職は止めておくのが得策です。

転職目的を明確にしておかなければ、困るのはあなたなのです。

例えば、転職理由が育児による時短勤務の場合は、ただ時短勤務のある職場を探すのではなくて、「時間外勤務がどの程度あるか」「何時までに帰宅したいのか」など具体的に整理しておかなければなりません。

実際、私の職場は時短勤務(1日6時間勤務)を採用しているのですが、残業(時間外勤務)はあります。スタッフは早番(8~15時)と遅番(12~18時)に分かれて交代勤務しています。私の勤める職場は、患者さんの来院数が多いため、遅番の日は、ほぼ毎回1時間以上の残業があるのです。

それを知らずに入職した30代の看護師で「遅番だと帰宅時間が遅くなり、保育園へのお迎えがギリギリになる」と、イライラし始める人がいました。

入職後であったので、帰宅時間を自分だけ早めてほしいとはなかなか言えずに、結局働きづらさを感じるようになり、早々に退職してしまいました。

人間関係や労働環境、残業の有無、給料、仕事内容など、人によって転職で叶えたい優先順位は異なります。あなたは今回の転職で、何を一番重視するのでしょうか。実際に、メモなどに書いて条件を具体化してみることをお勧めします。

・メモにした優先順位をもとに、転職サイトを利用する

あなたの書いたメモを有効に活かすためには、転職サイトを利用することをお勧めします。例えば、ハローワークに掲載しているような求人内容では、あなたがより具体化した条件が分からないからです。

以下が一般的なハローワークの看護師求人内容です。こちらは東京の港区にある健診クリニックの看護師求人です。仕事内容は、採血や血圧測定、婦人科介助、内視鏡検査介助などになります。

この場合、年俸制で記載されているため、具体的な月収額は分かりません。年収は330~365万円で賞与はありません。

また直接、医療機関に応募する場合になれば、さらに具体的な情報が少ないことがあります。以下は、同じ医療機関のサイトから引用した求人内容です。

驚くべきことに、直接クリニックの公式サイト経由で応募する場合に至っては、給与の記載が一切ありません。さらに、給与の下に記載されているのは、このクリニックの住所のみです。これ以外に、何も掲載されていないのです。

一方、転職サイトを利用した場合、同じクリニックの看護師求人になりますが、以下のような豊富な情報が記載されています。こちらはマイナビ看護師から引用しました。

月収は25万円~となっており、年収にすると350万円~という記載があります。これはハローワークで記載されている月収や年収よりも、高い金額になります。

さらに、ハローワーク経由では支給されなかった賞与の支給もあります。同じ求人であるのを疑いそうになりますが、これらは紛れもなく同じクリニックの求人になります。

転職サイトを経由して申し込んだほうが、あなたの条件に合った情報を拾えるだけでなく、同じ仕事内容であるにもかかわらず、月収や年収が高いことがあるのです。また、人間関係など求人票では知りえない内容について、担当コンサルタント(転職エージェント)が細かく調査して教えてくれます。

なぜハローワークや直接応募であれば、雇用条件が悪いのでしょうか。それは、ハローワークでは同じように条件の悪い求人が多いため、あえて好条件を提示する必要がないからです。直接応募に至っては、比較相手が不在であるため、より悪い雇用条件を出しても応募者に気づかれにくいです。

採用側にとってみれば、ハローワークや採用側の公式サイトから直接申し込んでくれたほうが、悪い条件でも受け入れて働いてくれる可能性が高いです。さらには、人件費を削減できます。

その点、転職サイトの場合は好条件を掲載した求人が多く、それなりに見栄えのよいものにしなければ応募する人はいません。

このようなことからハローワークや直接応募より、転職サイトを利用するほうが、賢い方法だといえるのです。3社以上に登録して、求人の選択肢を増やすだけでなく、あなたに合ったコンサルタントに巡りあえるようにすると、さらに転職成功率が高まります。

30歳や35歳の看護師転職は、転職の目的を明確に

子持ちの既婚者でも未婚の独身者でも、さらには男性・女性でも、人は30歳や35歳くらいなると「人生をどう進むべきか」「看護師の仕事をどうとらえるか」など、将来の選択を迫られる時期になるといえます。

これについては、「キャリアを積んでいきたいのか」「仕事と家庭を両立したいのか」など、人によってさまざまです。

このようなとき、転職の目的をはっきりさせ、自分にとって何を重要だと考えているのか明らかにすることが大切です。転職サイトのコンサルタントに希望条件を告げ、どのような職場であれば、あなたの目的を具現化していくことができるのか相談してみることをお勧めします。

場合によっては、転職コンサルタントがあなたの希望する条件に合うように、年収や勤務条件を求人先に提案してくれることもあります。既に求人先の医療機関との信頼関係が築かれており、個人では難しい交渉を行ってくれるのです。

他にも時短勤務を行っていなかった求人でも、転職コンサルタントの交渉次第で実現可能となるケースもあります。

まずはあなたの転職の目的をはっきりさせなければ、転職を成功に導くことはできません。何をあなたは最優先事項として考えているのかを明確にして、転職活動を行うようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く