30代の看護師転職は成功する確率が高いことを知っていますか?

「30代だから、もう転職は難しいのではないか」などと考えていると採用側にあなたの不安を読み取られ、希望する給与額にならないなど満足する転職を実現することはできません。

まずは、30代看護師の強みを知って、さらに弱みを補強すれば、より良い条件の求人先に転職することが可能となります。

そこで今回は、30代看護師の転職時の強みや弱みなどを知り、転職時に活用できる話をしていきたいと思います。

30代の看護師転職、成功率が高い理由

30代の看護師は「働き盛り」ということもあり、求人数が多く、転職しやすい年代といえます。

20代の看護師よりも優れた点として、30代の看護師は、いままで築き上げてきたスキルや実績に加えて、リーダーシップ能力を兼ね備えて周囲をまとめていける人が多いです。

そのため、即戦力としてだけでなく、職場全体のモチベーションを高めて、チームのパフォーマンスを最大限に発揮させる可能性を秘めています。活躍が期待できる人財(材)として大変重宝されるのが30代の看護師なのです。

そこで30代看護師の強みと弱みについて具体的にみていきましょう。

30代看護師の転職時の強み

30代看護師の強みとはどういったものがあるのか確認していきます。

・体力がある

30代の看護師は体力があります。20代の看護師には劣りますが、40・50代の看護師と比較すると、30代看護師は体力があり、夜勤や時間外労働なども充分にこなすことができます。

また緊急事態が発生した場合、機敏に動ける身軽さも兼ね備えていることが多いです。

・経験がある

30代看護師は、一般的に看護師として10年以上経験を積んでいる人が多く、看護師キャリアとスキルをもっています。これが20代の看護師との大きな違いです。

緊急時でも、いままでの経験を活かして「どのように動けばいいのか」を知っているため、冷静に動けることが多いです。医師にとっても心強いパートナーとなります。

看護師経験の他にも「子育ての経験」「介護者としての経験」など、さまざまな人生経験を積んできているため、人間としての深みをもっている人が多いです。患者さんの痛みや苦しみについて共感できるのも、様々な人生経験を積んできた30代ごろです。

いままでの様々な経験を基盤として、常識ある行動、思いやりのある看護、周囲を配慮できる心配りなどを行えるのが30代看護師の強みといえるでしょう。

リーダーシップ能力がある

30代看護師は、リーダーシップ能力をもっている人が多いです。30代ともなると後輩が増え、教えられる立場から教える立場へとシフトしている時期です。仕事内容だけでなく、委員会・勉強会・講習会などといった院外でも役員を任される経験が増えてきます。

また、自分に与えられた仕事で精一杯だった20代のころと比べ、職場全体を見渡す余裕があるのも30代看護師です。仕事をどのような流れで行えば、効率よくスムーズに進められるのかといった要領を分かっている人が多いです。

さらに30代ともなると、新人看護師時代に自分自身苦労したり、新人看護師が育成されるところをみたりしています。そのため、「どのように新人看護師を育成していけばいいのか」について把握している人も多くなります。

このように30代看護師はみんなをまとめ上げるリーダーシップ能力、新人看護師の育成能力を身につけている人が多くなります。

・コミュニケーション能力がある

30代看護師は看護師経験だけでなく、人生経験も積んできているため、20代看護師よりコミュニケーション能力に長けている人が多くなります。

コミュニケーション能力に優れている看護師は、いままでの経験から患者さんの立場や文化、個人的要素などを会話の中から把握し、看護に活かすことができます。どのような言葉がけを行えば、患者さんは傷つかず、疾患に対して前向きになってもらえるのかを知っています。

以下のように患者さんとの何気ない会話を例に挙げてみます。患者Aさんは、既往歴に良性発作性頭位めまい症があるとします。

【コミュニケーション能力の低い看護師との会話】

患者Aさん:今日は雨がずっと降っていて、気持ちが沈みますね。こういう日はめまいが起こりそうで嫌です……

コミュニケーション能力の低い看護師:そうですね、めまいが起こると、くらくらして倒れそうになりますからね。お気を付けてください。

患者Aさん:はい(あぁ、めまいが起きて、実際に倒れてしまったらどうしよう。不安だな…… )。

コミュニケーション能力に優れた看護師との会話

患者Aさん:今日は雨がずっと降っていて、気持ちが沈みますね。こういう日はめまいが起こりそうで嫌です…

コミュニケーション能力に優れた看護師:本当に、雨ばかりだと何だか暗くなりますね。でも、Aさんは雨の日にめまいが起きやすいということを分かっていらっしゃるので、めまいの予防対策をすると良いですね。

患者Aさん:そう、めまいが起きそうになったら、私の場合、横になって頭を低くして、ゆっくり左右に動かせばいいのよね。

コミュニケーション能力に優れた看護師:そうです。めまい予防対策のプリントお持ちですか?

患者Aさん:はい。以前、医師からそのプリントは頂きました。暇なときに、この体操をやっています。

コミュニケーション能力に優れた看護師:それなら安心です。この体操を続けて行っていらっしゃる患者さんの8割くらいが、めまいが改善したとおっしゃっています。あれ、そういえばAさんもめまいを起こす間隔が以前よりも長くなったのではないですか。

患者Aさん:そういわれると、確かにめまいを起こす回数が少なくなったように思います。

コミュニケーション能力に優れた看護師:それを聞いて安心しました。さすがAさんですね。でもめまい症状が現れて心配でしたら、いつでもご来院くださいね。

患者Aさん:はい、ありがとうございます(教えられためまい予防体操は効果があるから続けよう。こまめに体操していて良かった)。

コミュニケーション能力に優れた看護師は会話を通して、患者さんから「めまいに対するセルフケア能力」を上手に引き出すことができます。このような会話は、20代の新人看護師に一つひとつ教えるようなものではありません。経験や看護観から次第に培われていくものです。

その人自身の能力ともいえますが、30代看護師のほうが患者さんの立場で物事を考えられる能力を身につけられているため、看護の深みをもって、コミュニケーションを図れている人が多いのが特徴といえます。

・のびしろがある

30代看護師といえば、まだまだのびしろがあります。勉強する能力、勉強したことを活用できる能力をもっています。

一方、これが50代・60代の看護師だと、どうしても自分のやり方に凝り固まってしまい、伸び悩んでしまうことが多いのが現状です。

のびしろがあるということは、更なる看護師としてのキャリアや専門性を今後も積み上げていくことができるのです。雇用側も成長を期待できる人材として重宝します。

また、のびしろのある人がいるだけで職場に新しい風を吹きこみ、良い影響を与えることになります。

30代看護師の転職時の弱み

一方で、30代看護師が転職時に抱えやすい弱みとはどのようなことでしょうか。次に示す採用側に対する30代看護師の弱みを解消できれば、30代の看護師ほど転職に有利な人材はいません。

・出産・育児中のことが多い

30代といえば、ライフイベントの豊富な時期にあります。例えば、結婚・妊娠・出産・育児などです。

子供が小学校の高学年くらいで、急な発熱などがあっても家で留守番できるくらいの年齢であれば問題はありません。しかし、まだ子供が小さく、病気やケガで急に仕事を休むような事態が多ければ、周囲は困ってしまいます。まだまだ、看護師不足である職場が多いからです。

子供の発熱時などの対応について家族内で話し合い、「病児保育に預ける」「祖父母が預かってくれる」など仕事に支障がないような環境を事前に整えておけば、採用側は安心してあなたを雇うことができます。

・前職のクセが抜けない

30代看護師の経験は強みですが、経験があるがゆえに、前職で身につけた変なクセがなかなか抜けきれず、頭が固くなっている人がいます。変なクセに自身で気が付けばいいのですが、自分の行っているクセ自体に気づかず、自分のやり方を押し通してしまうのです。

新しい職場からいくら教わっても「以前のやり方のほうがいい」などと思っていると、身についたクセは抜けきれません。これでは新しい職場で周囲の反感を買うことになってしまいます。「せっかく時間を割いて教えたことをやってくれていない」となると、先輩看護師は面白くありません。

「新しく教えてもらったやり方は間違っている」と思っても、まずは教えられた通りに従うことが大切です。疑問があれば、その場で質問し納得できると尚良いでしょう。

また、30代看護師を採用する側は「この人は頭が固くなっていないか」という点を必ず確認します。その対策として、転職時には「自分は柔軟な考えをもっている」ことを具体的なエピソードを添えてアピールすると、説得力が増すので試してみてください。

例えば、以下のようなエピソードです。

私は看護技術に関して、今まで身につけた技術にとらわれないよう意識して取り組むようにしています。

例えば、おむつ交換一つとっても「いままでの方法で行っていれば、患者様に苦痛を与えることはなかったので、今後も従来の方法に従っていけばよい」とするのは私の看護観に反します。

「苦痛を与えなかったのを良しとする」のではなく、患者様におむつ交換という同じ看護技術を提供するにせよ、毎回「より改善された快適さ」を追及していきたいと思っています。

そのため柔軟な思考をもって、新しい職場でも様々な技術やスキルを吸収していきたいと考えています。

・前職と現職を比較してしまう

30代の看護師となると経験を積んできただけに、前職と現職を比較してしまいがちです。新人看護師であれば「このようなものだろう」と受け流せる事柄に30代看護師は引っかかってしまうことが多くなります。

私の勤める職場に、何かにつけて前職と比較して、前職の優れている点を取り上げて話題にする人がいました。その話を次にしたいと思います。

その人は、「前の職場はこのような福利厚生があって良かったけれど、ここではそれがない」「前の職場では院長への不平・不満を看護師長が前面に立って代弁してくれていたけれど、ここではそれがない」など、口を開けば前の職場と比べながら今の職場を批判していました。

最初のうち、スタッフは「そうだよね、この職場はそういうところがあるから直さないといけない」とその人の言うことに耳を傾けていました。

しかし、毎日いま勤めている職場の批判ばかり聞かされていると、徐々にスタッフの間から「あの人は口を開けば、この職場の文句が出てくる。そのように批判して何が楽しいのだろう」と言うようになりました。

その人の批判的な話を聞いて、仕事のモチベーションが上がる人はいません。結局、その人は短期間で退職してしまいました。

転職して間もないと、無意識に前職と比較してしまうでしょう。周囲から「前の職場はどうだった?」と聞かれても、「こういう点で前職のほうが良かった」ということを口に出さない方が無難です。

これを言ってしまうと、中には「職場の悪口だ」と捉える人がいます。来たばかりの新人にいま働いている職場の悪口をいわれると、誰しも嫌な気持ちになります。

もし前の職場のことについて聞かれるとしたら、いまの職場を褒めるようにしましょう。

「ここの職場は風通しが良くて、働きやすいです」「この職場にはこのような良い一面があるので、大変うれしく思っています」など、良い面を伝えることで、あなた自身も働きやすくなります。

30代看護師の転職を好機と捉えよう

既婚者でも独身でも、人は30歳や35歳くらいなると「人生をどう進むべきか」の選択を迫られる時期になるといえます。「キャリアを積んでいきたいのか」「仕事と家庭を両立したいのか」など、人によってさまざまです。

ただ看護師ではなくて一般の会社員の場合、35歳くらいになると人生の選択肢が少なくなり、転職は難しくなるのが現状です。しかし、30代看護師の転職は難しくありません。人材不足の看護業界であれば、まだまだチャンスがたくさん転がっているのです。

30代で、看護師資格をもっており「転職したい」「現状を変えたい」と考えるのであれば、このチャンスを逃す理由はありません。

いまを人生の好機と捉えて、現状を変えるチャンスかもしれません。あなたらしさを発揮して働けるように行動していってもらえたらと思います。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く