「看護師として転職・復職を考えているけれど、ブランクがあるので不安」と悩みをもっている人は多くいます。

看護師の仕事は覚えることが多く、しかも体力仕事です。若いときに看護師を経験して、出産や育児などで一度、看護職を離れてしまった人からすると、「あのような職場に戻るのは至難の業で不安」と考えるのは当然です。ましてや精神的に病んでしまいうつ病になった人であると尚更です。

ただ、あなたのライフワークに合った職場に転職することができれば、いくらブランクが長くても復職への不安は払拭され、そこで生き生きと働き、キャリアップをしていくことができます。

私の勤める職場の看護師にはブランクが8年あり、仕事ができるかどうか不安なためパートで入職した人がいます。その後、仕事ぶりが評価され正社員(常勤)となり、いまでは内視鏡検査技師の資格を取得して「職場に必要な人物」として活躍しています。

そこで今回は「ブランクのある看護師が転職を成功に導く方法」について述べていきたいと思います。

ブランクによる悩みと正社員への不安解消方法

まず、ブランクのある看護師が抱えやすい悩みとはどのようなものでしょうか。ここでは、ひとつずつ検証し、その不安の解消方法についてお話ししていきます。

職場を工夫すれば仕事についていける

ブランクのある看護師が一番に悩むことは、仕事についていけるかどうかです。若い頃のような体力も記憶力も無くなっただけでなく、看護師というハードな仕事の第一線から退いていたあなたにとって、仕事復帰を不安に感じることが多いでしょう。

いきなり働き始めるとなると、いままでの生活が一変します。あなただけでなく家族にとっても、生活に変化が出てしまいます。あなたと家族にとって無理のない範囲で働ける職場を選び、徐々に仕事に慣れていくことが大切となります。

ブランクのある看護師にお勧めの職場は次のとおりです。

  • 規模の小さいクリニック
  • 予約制を採用している病院
  • 慢性期病棟(精神科・老人ホーム・老健など)
  • 透析や内視鏡介助、健診など専門的な仕事を行う職場
  • 研修制度が整っている病院
  • 日勤だけの病棟・病院
  • 勤務時間の相談に応じてくれる職場 など

急性期病棟などで夜勤や時間外勤務などをブランク前と同様にこなし、バリバリ働き始めると仕事内容がきつく、体に馴染まないことが多くあります。このような場合は、一旦復職はしたものの無理がたたってしまいます。

そうなるとあなた自身「頑張ろう」と思えなくなるばかりか、仕事復帰に対して家族の協力も得られなくなってしまいます。「やはり看護師として働くのは辞めよう」などと看護師自体、諦めてしまう人も出てきます。

そうならないためにも、まずは体に無理のない程度に、日勤だけの職場や、予約制をとっていて残業のない職場など、あまり忙しくない職場を選んだほうが長く勤め続けるには得策です。

ゆったりとしたクリニックでの復帰

ブランクがある方は、ゆったりとした雰囲気の職場で、自分のペースで看護の勘を取り戻していくことをお勧めします。

クリニック勤務希望であれば、来院患者数が少ないクリニック予約制を採用しているところを選ぶと良いでしょう。このような職場であれば、急がされることが少なく、ミスやインシデントに気づきやすく、スムーズに復職できます。

経験の浅いブランクのある看護師でも、先輩看護師から丁寧に教えてもらえることが多いです。以下は鹿児島県の有床クリニックの看護師求人になります。

上記のように看護師が常時4人在籍していて、平均外来患者数が50~60名程度であれば、仕事内容にも寄りますが、それほど忙しくないクリニックだといえます。

他の参考例として、私の勤めるクリニックは、看護師間では忙しいので有名な職場です。午前だけでも120名以上患者さんの来院があります。患者さんにとっても2~3時間待つのは当たり前の認識となっているクリニックです。

午前と午後の交替勤務になっており、それぞれ看護師4名で対応しています。100名以上の患者さんに対し、看護師4人で回します。

狭い院内を検査介助や採血・点滴などで動き回り、毎日汗がにじむほどです。このような職場であるため、新人看護師が入職しても仕事に追われ、なかなか教える暇がありません。

その点、上記のようなクリニックであれば、仕事にゆとりをもて、しっかりと仕事を教えてもらうことができます。そのため、経験の浅いブランクのある看護師には最適の職場といえます。

点滴や採血、注射が苦手な場合の求人

また点滴や採血、注射が苦手というブランクのある看護師は、老人ホームや特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、デイサービス、保育園看護師、ツアーナース・イベントナース(主に派遣看護師の求人)などといった職場を選ぶことをお勧めします。

このような職場であれば、点滴や採血、注射などの看護技術を必要としません。例えば、以下に挙げるのは大阪にあるデイサービスの看護師求人です。

デイサービスであれば、利用者さんのバイタル測定などの健康チェックや薬の管理が主な仕事になりますので、病棟の看護師のように採血や点滴といった医療行為を必要としません。

介護士が入浴介助などを行うなど、看護師と介護士の仕事の境界線がはっきりしている職場であれば、体力的にもハードな仕事は少なくて済みます。

ただ、医療行為を必要としない職場から必要とする職場へ将来転職したい場合は、看護技術が乏しくなるため不利になることが多いので注意が必要です。

ちなみに、訪問入浴などは思った以上に体力勝負であるため、仕事慣れしていないあなたにはあまりお勧めできません。慣れない重労働に腰を痛める恐れも出てきます。最初は、訪問入浴よりも比較的体力的に楽なデイサービスなどの職場を選びましょう。

また、訪問看護ですが、看護師一人の力量が問われる仕事であるため、ブランクのある場合はあまりお勧めできません。できれば、ある程度、看護の勘を取り戻してから、訪問看護に転職したほうが良いでしょう。

専門領域での復帰を目指したいときの考え方

長い期間ブランクがあって看護師としての復帰に不安を抱える人には、透析や内視鏡介助、健診などの専門領域で特定の仕事を極めるという働き方をお勧めします。

専門分野となると一見、ハードルが高そうなイメージがありますが、毎日同じ仕事を繰り返し行うことができます。一度覚えてしまえば、ブランクがあっても案外スムーズにこなせる人が多いです。

専門分野での復職を考えている場合、研修制度が整っている職場を選べば、ステップごとにレベル上げを実現できるので働きやすいといえます。

例えば、以下のような求人を選ぶとよいでしょう。こちらは東京にある透析クリニックの看護師求人です。

この求人はクリニックですが、プリセプター制度が整っています。

専門的な仕事を遂行していく上で、不安な点は何よりも「スムーズに仕事に取り掛かれるか」ということです。そのようなときに担当の教育係が側にいてくれれば、尋ねやすいだけでなく仕事上の相談にも乗ってもらえるので助かります。

専門領域だけの看護業務にさらに興味が沸いてくれば、「透析看護認定看護師」「内視鏡検査技師」などの専門資格取得という目標をもって、仕事を続けることも可能です。

今後、専門領域を狭く、深く身につけていきたいと思った方は、「未経験OKブランクOK・研修制度充実」など未経験でも教育制度がしっかり整った求人を選ぶと良いでしょう。

急性期病棟での復帰では正社員以外に派遣もある

それでもやはり、急性期病棟での復帰を希望する場合は、まずはお試しで「日勤のみの働き方を選べる職場で仕事の勘を取り戻す」「他の看護師よりは夜勤の回数を減らしてもらう」など、徐々に看護業務や変則勤務に体を慣らしていける環境に身を置くことを勧めします。

いきなり他の看護師と同じように即戦力として期待されると、体が仕事に慣れず、バーンアウト(燃え尽きてしまうこと)してしまう恐れがあります。

あなたが以前働いていたときの看護といまの看護では、技術や知識に進歩や改善があります。いくら昔、看護師として急性期病棟でバリバリ働いてきた人であっても、今は若くはなく、体力の衰えや忘れている看護技術もあるでしょう。

まずは仕事を行ってみて「3ケ月行えたら、もう3ケ月頑張ってみる」といった自分なりの目標を設けてみるとよいでしょう。そして、このように「3ケ月間など働く期間を決めて、急性期病棟を体験してみる」というお試しを実現できる方法があります。

それは、派遣看護師として働く方法です。短期のバイトやパートといった方法もありますが、派遣看護師であれば、期間限定で働くことが可能です。

例えば、いきなり正社員(常勤)になるのではなくて、急性期病棟で派遣看護師として、3ケ月働いてみて看護の勘を取り戻してみるのです。以下は奈良にある総合病院で、産休代替で派遣看護師を募集しています。

派遣看護師であれば「やはり復帰は難しそう」と万が一思った場合でも、例えば契約期間の3ケ月が過ぎれば、特に退職理由を考える必要なく、辞めることが可能です。

また、紹介予定派遣といった働き方を選択すれば、将来的に正社員になれる可能性も高いので、正社員を希望する方にはお勧めです。

この方法で、いくつかの急性期病棟で派遣看護師として働いていけば、仕事の勘を取り戻せるだけでなく、看護師としての自分に自信をもてます。

また、ブランクがあっても様々な職場で色々なやり方などの経験を積んでいることになり、視野を広く持つことができるのでお勧めです。

※復職への過剰な不安はあなたの価値を下げる

あなたが復職するにあって、注意してもらいたい点があります。それは復職を過剰に心配し、「自分は何もできない」と自分自身の価値を下げすぎることです。

私自身、自分の価値を卑下しすぎて基本給を下げられた経験があります。これからその話をします。

私は30代後半で看護師免許を取得したにもかかわらず、新卒で入職した総合病院を「看護技術が身につかない」と、わずか10ケ月で退職しました。慢性期病棟であったため、採血などに関わる機会があまりありませんでした。

同年代の看護師と比較すると、経験や知識の無さから、過剰に自分を卑下して、次の転職に臨みました。

当時の気持ちとしては、「前の病院をすぐに転職したし、採血などの技術力もないから、もうこのまま看護師として職につけないのではないか」という焦りのみでした。

退職後、すぐにハローワークに駆け込み、そこで紹介してもらった眼科クリニックを当日に決めました。

眼科クリニックの採用面接では、「自分は看護経験がない」ことを何度も伝え、「即戦力になれない私でよければ ……」という思いで転職しました。

しかし、このクリニックは転職サイトの間では有名な悪質クリニックで、ハローワークの求人案内にずっと出ているような案件でした。ハローワークの職員はそのことを知っているにも関わらず、私にそのことを伝えず、「あなたなら大丈夫だろう」といわれ紹介しました。

結局、そこのクリニックは私には合わず6ケ月で退職しました。悪質クリニックだといわれる所以は、人間関係の悪さや月に60時間を超えるサービス残業など様々な原因がありました。

中でも私は「看護経験がない」ことをアピールしすぎたせいか、入職後、初給料をもらうときに「あなたは看護経験も技術もないから」と、基本給を1万円減額されていました。基本給1万円マイナススタートというだけで、仕事のモチベーションが落ちました。

以下が、実際にハローワークで出ている私の応募した眼科クリニックの求人の一部です。

上記では基本給210,000円~となっていますが、次のとおり、私が受け取った給与明細の基本給は200,000円でした。私は正看護師であるため、資格手当30,000円は支給されていることが、下記の写真で分かります。

もともとこのクリニックには、年一回の昇給はあってないようなものでした。そのため基本給で引かれた1万円を、このクリニックで仕事を頑張って経験や技術を積んだとしても、もとの基本給210,000円に戻すことは定年まで無理な話です。

このように看護に自信がないからといって、採用時に自分を卑下して伝えすぎると、「この人には大した価値は無い」と思われ、私のような残念な目に遭ってしまうことがあるので注意が必要です。

ブランク期間中だったとしても、子育てや介護、療養など今後看護師としての能力を発揮する上で得るものがあったはずです。

例えば、保育園看護師などであれば、子育てを経験した看護師のほうが経験していない看護師よりも、たとえブランクがあったとしても、有利になります。一例を挙げれば、以下は東京にある保育園看護師の正社員の求人です。

保育園看護師は「未経験でブランクがあっても可」とする求人が多いです。保育園看護師は子育て中のママさん看護師に人気の求人となりますので、転職サイトを通したほうが、より多くの求人の中から選ぶことが可能になります。

「自分はブランクが長い」ということを気にしすぎるあまり、私のように焦って、悪質な求人に引っかからないようにしなければなりません。

良い看護師求人がなければ、アンテナを広げ、転職サイトを利用するのが効率よい転職の方法です。

人間関係の悩みの不安解決方法

ブランクのある看護師が抱えやすい悩みといえば、人間関係です。看護師を辞めた人に話を聞くと、たいていの人が「人間関係に問題があった」「いじめがあった」などと答えるくらいです。

職場での人間関係の悩みを少なくするには、同年代の看護師が多い職場のほうが、子育てや介護などの悩みなどを共有してもらいやすいのでお勧めです。

特にブランクなどが長く、30代・40代の方であれば、平均年齢の高い職場のほうが人間関係で心配することが少なくなります。もしあなたが30代や40代であれば、以下のような求人を選ぶとよいでしょう。こちらは東京にある中規模療養病院の看護師求人です。

30代・40代といった同じ年代の看護師で、しかも産休復帰後などであれば、保育園の送り迎えや子どもの急な発熱など、家庭環境を理解してもらえるため、働きやすい職場であるといえます。

私自身、看護師になってから感じたことは、「同年代、もしくは年上の看護師の存在はありがたい」という点です。

いまの職場に転職したとき、私は30代後半でしたが、当時、私は一番年下でした。世間的には中年で中堅ですが、50~60代の先輩看護師からすれば、若くて新人なのです。困ったことはすぐに先輩看護師に相談し、とてもかわいがってもらいました。そして多くの看護知識や技術を教えてもらいました。

また「若い」といわれるからには、必死で動き回り、他の看護師が嫌がる仕事を率先して行いました。そして、周囲のスタッフや院長から「あなたが入職したことで、助かってる」といってもらえるようになりました。

このように人間関係でスムーズにやっていくには、同年代、もしくは年上の看護師の多い職場で働くに越したことはありません。

未経験・経験なしだからこそ、人間関係がうまくいく

未経験であることに悩みを抱えている人は、逆に言えば、私のように「先輩看護師からいろいろ教えてもらうことができる立場にある」といえます。

未経験を弱みとするのではなく、未経験・経験なしを強みに変えて、「知らないことが多いから、教えていただく」という謙虚な姿勢をとると、周囲の先輩看護師からかわいがってもらいやすくなります。

一概に、キャリアのある看護師が、転職に成功し、満足いく働き方を実現できるかといえば、そういうわけではありません。転職とは、その人次第です。

例えば以前、大学病院から私の勤めるクリニックへ転職してきた看護師がいました。一見、キャリアがある看護師なので、「即戦力として職場にとって必要な人物」と喜ばれそうです。

しかし違いました。その人が入職してからというもの、職場はパニックに陥りました。キャリアがあり、専門的な知識と技術をもっているためか、いまの職場の看護のやり方を全否定するのです。

その人は、「ここでの看護は信じられないほどレベルが劣る」と長年いまの職場で勤務してきた先輩看護師のことを疎んだり、院長のことを蔑んだりしました。結局、否定する発言をすればするほど、その人はいづらくなって、結局、短期間で退職してしまいました。

後日、スーパーで偶然出会ったことがあるのですが、その人は次の職場(近隣の総合病院)でもうまくいかず、看護師自体、辞めていました。

このように既存の職員からすれば、「ブランクがあって、未経験。看護に自信がない。自分でも勉強するけれど、何でも相談したい、いろいろ教えてもらいたい。成長していきたい」という前向きで頑張る看護師のほうが、教えがいがあり「かわいがってあげよう」と思えるのです。

反対に、「何でも知っている・できる」といった新人看護師は、好かれることはなく、先輩看護師は教えるのをためらってしまいます。

未経験・経験なしは、人間関係を円滑にできる強みといえます。キャリアや経験がないことで、逆に人間関係での悩みを最小限に抑えることが可能となります。

家庭と仕事の両立は時短勤務で見極める

仕事をし始めると、それまでの生活が一変します。子育て中の看護師などで「家庭と仕事を両立するのが難しいのではないか」と不安に思う場合は、以下のような職場を選ぶとよいでしょう。

  • 時短勤務の相談可能な職場
  • 派遣看護師 など

無理せずに短時間から自分の興味のある領域で働いてみて、家庭と仕事の両立ができるかどうか確かめるほうが、家族にも自分にも負担をかけずに済みます。

例えば、以下のような時短勤務可能の正社員の求人です。東京にある訪問看護ステーションの求人になります。

パートやバイトなどの働き方であれば、「時短勤務が可能」と考えている方もいますが、実は正社員でも時短勤務可能のところは存在します。特に、転職サイトの求人案件であれば、求人のアピールポイントに時短勤務可能と出ているので、見つけやすいです。

ただ、「子どもがある程度大きくなったからと思って働きだした。しかし、寂しがって夜泣きをするようになった」「17時で帰れる契約であったが実際に働いてみると、自分だけすぐには帰ることのできない環境だった」などと、働き始めてからでないと分からないトラブルはよく起こります。

こうなると、働きづらくなるのはあなたで、苦しむのは大切な子どもたちです。そうかといって働いてみないと、実際にはどのような変化が家族に起こるか、分かりません。

そこで実際に期間限定で働き始めてみて、家族の変化を確かめてみる良い方法があります。その方法は急性期病棟のところでもお話ししましたが、派遣看護師という雇用方法です。

時短勤務やパート・バイトを検討する人がいますが、雇用期間の定められていない雇用方法の場合、やはり復職は無理だったからといって、すぐに退職を申し出にくいのが現状です

しかし派遣看護師であれば、勤務期間が定められていますので、「働き始めると、家族と自分にどのような変化がみられるのか」を見極めることができ、雇用期間が終了すれば、すんなりと退職できます。

例えば、以下のような派遣看護師の求人はいかがでしょうか。こちらは東京にある産業保健師の派遣求人です。

派遣看護師であれば、上記のような人気求人である産業保健師といった案件を多数扱っています。時間内勤務が可能で、看護師より体力的に楽という、働きやすい職場環境を手に入れることが可能です。

ちなみに上記の求人では、希望者には就業評価次第で、派遣期間終了後、常勤雇用も可能となっています。

このような求人は上記の求人案件だけではありません。紹介予定派遣といわれる求人であれば、将来正社員になることを前提に派遣看護師として働き始めることが可能です。家庭との両立に不安がある人は、このように派遣看護師から始めてみるのもお勧めです。

ブランクがあれば、悩み別に求人先を選ぼう

ブランク後の復職に際して、あなたはどのような悩みや不安をもっているのか、再度、箇条書きに整理してみましょう。その不安を解消するには、どのようなことに注意して求人先を選べばいいのか、この記事を参考に具体的に検討してみてください。

それでも不安なときは、転職サイトや人材派遣会社といったプロの手を借りることをお勧めします。一人で悩んでいても解決はしません。業界に詳しい人の意見も聞きつつ、あなたに合った求人先に出会い、満足いく働き方を手に入れるようにしましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く