転職したい理由は人によって様々です。「人間関係をいちから構築し直したい」「今のところではやりがいが見いだせない」などが、転職理由として挙がります。その中でも特に看護師が転職したい理由の上位に「労働力に対して給料が見合っていない」という不満があります。

しかし、看護師が転職をきっかけに給料や手取りが下がってしまうことがあります。せっかく転職をするのであれば、今回を機に「いま働いている職場よりも給料や年収を上げたい」と思うのは当然です。

ただ実際には、転職により給料額は上がるのでしょうか。下がるのでしょうか。

ここでは「転職をした看護師の給料が上がるのか下がるのか」について解説していきます。また、給与交渉の方法について事前に知っておけば、転職先での給与面での不満は回避できることになります。給料交渉のコツについても述べていきます。

看護師は転職すると給料下がる?

転職時に「新しい職場で、いちからのスタートとなると給与は下がるのではないか」と不安に思う人が多いです。

実際には面接時に給料交渉をするのは難しく、入職が決まった後で具体的な給与額を伝えられる場合が多いです。私自身、入職を決定した後で、月給と賞与額について教えてもらいました。たとえ提示額に不満があったとしても、入職した後で「その給与額では納得できない」とは言い出しにくいのが現状でしょう。

そこで看護師は転職すると、一般的に給与は上がるのでしょうか。下がるのでしょうか。現状について確認していきたいと思います。

転職すると看護師の給与は現状維持か下がることが多い

転職した看護師の給与は以下のように、「転職で上がった」とする人が全体の2割くらいで、「現状維持・変わりなし」が3~4割、「給料は下がった人」が4~5割のことがほとんどです。

引用:ナースフル

「転職しても、給与が上がらない」ことを疑問視する人もいるでしょう。これには「看護師は一般的な会社員などと比べて、様々な働き方を選べる背景」が関係しています。

例えば、「夜勤や残業、移乗など体力面で仕事についていけなくなった」「急患の少ない、精神的にゆとりのある職場で働きたい」とする看護師は、給与よりも職場環境を重視して次の職場を決めます。「病棟看護師から、外来看護師に転職する」といった場合です。

体力的にも精神的にもハードであった職場からゆとりのある職場に転職すれば、それなりに給与が下がるのは当然です。例えば、夜勤のある職場から夜勤の無い職場に転職するとなると、以下のように夜勤1回12,000円前後ですので、月の給料は5万円以上下がる計算になります。

ただ看護師が転職する際には「収入は前の職場と同じ程度か下がってでもいいので、勤務条件や職場環境を改善していきたい」と希望する人が多いです。夜勤や残業が多い職場では精神的にも体力的にも無理が生じてしまい、「長く働き続けるのは難しい」と感じる看護師が多いからです。

若いときであれば、待遇面に目が移りやすく、給与の高い病院を選んでしまいがちです。看護師免許をもっていれば、あなたのやる気によっては年収600万円以上貰える職場はあります。

しかし、実際に働き始めると、仕事がハードすぎて「お金では変えられない、ゆとりや時間などが欲しい」と考え直し、転職する看護師が多いのです。

ただ、あまりに転職で給料が下がると、仕事へのモチベーションを保つことが難しくなってしまいます。できれば以前の職場よりも労働条件が改善された応募内容のある求人を探し、満足のいく給与額で働きたいものです。

そこで、「看護師の給料の高い職場」や「都道府県による賃金の違い」を確認していきたいと思います。

看護師の手取りの高い求人・安い求人とは

看護師の手取りの高い職場として、残業が付きに45時間以上などのオーバーワークを強いられて手取りが多くなる職場ではなく、働きに見合った基本給を貰える職場を挙げたいと思います。看護師の給料の高い職場は以下の通りです。

  • 精神病院
  • 訪問看護ステーション
  • 産業保健師・産業看護師
  • 有料老人ホーム
  • 透析クリニック
  • CRC
  • 美容外科クリニック・美容皮膚科クリニック など

それぞれについて説明していきます。

・精神科は特別手当がつくことがある

精神病院では、患者さんから暴力や暴言行為のある可能性が高いため、特別手当が付与されたり、最初から給料が高めに設定されていたりすることがあります。例えば以下のように、愛媛大学付属病院の精神科に勤める看護師の手当です。

給料に8%の調整額が支給されます。例えば、月収が20万円だとすると、16,000円の上乗せ分があるということです。ただ、他の一般的な病棟よりも精神科のほうが精神的に強い人物でなければ長く勤め続けられないので注意が必要です。

・精神科の訪問看護ステーションも高給与が狙える

精神科専門の訪問看護ステーションも、病院の精神科同様、高給与の求人が多いです。例えば以下は、熊本県にある精神科に特化した訪問看護ステーションの求人案件です。

一般的に、訪問看護ステーションは臨床経験の豊富な看護師のみを募集する傾向にありますが、未経験でも月収30万円からと高めの給料が設定されています。

こちらも訪問看護ステーションの場合、女性一人で患者さん宅に訪問しなければならないことがあり、病棟のように他のスタッフの助けがない場合があります。患者さんが暴言や暴力をした際は、どのような対策をとっているのかなど詳しく尋ね、納得した上で応募するように心がけましょう。

・産業保健師・産業看護師

・有料老人ホーム

・透析クリニック

・CRC

・美容外科クリニック・美容皮膚科クリニック

反対に労働対価に見合っていないと感じやすい給料の安い職場とは以下の通りです。

  • 公務員(準公務員含む)
  • クリニック

 

都道府県別、看護師の給料の差

看護師の平均年収の高い都道府県は、首都圏・関西・東海などの都市圏です。反対に平均年収の低い都道府県は、東北・中国・四国・九州などの地方です。

厚生労働省が発表した都道府県別の看護師平均年収は、1位の東京都(534.7万円)と47位の福島県(402.8万円)では132万円の差があります。

もちろん平均年齢などの条件が異なるため、都道府県だけで一概にはわかりませんが、同じ規模の病院で同じような仕事内容であっても、地域によって年収に差が生じるということです。

例えば、看護師転職の人気ランキングで常に上位に位置している東京にある順天堂大学医学部付属順天堂医院の看護師の給料は以下の通りです。

初任給は21万円からと給料は安い印象をうけますが、賞与が6.2ヵ月分(128万円)あります。すると、新卒でも年収は450万円程度になります。

他にも看護師の人気病院ランキングにはいつも掲載される慶応義塾大学病院の看護師の給料は以下のとおりです。

こちらも基本給は21万円ですが、諸手当を含めると初任給が30万以上あります。さらに賞与は年3回、6.4ヵ月分支給されるため、年収は500万円を超えます。

一方で、看護師の平均年収の低い四国の愛媛大学付属病院の看護師の給料は以下の通りです。

初任給が東京にある大学病院と比較すると1万円低く、さらに賞与は4.3ケ月分です。夜勤を月に4回を行い手当1万円だとして、年収計算すると380万円くらいになります。

このように都道府県によって、看護師の年収には格差が生じます。隣の県まで足を伸ばせば、同じ仕事内容でも年収が高くなることがあるので、確認しておくとよいでしょう。

看護師の給与交渉のコツ

では次に給与交渉のコツについてお話していきます。

強引な給与交渉は内定が取り消される場合もある

面接で内定の方向へ話が進んでいくと、中には条件面での話が出てくることがあります。ここで一番気になるのが、「給与額」です。

子どもの教育費や住宅ローン、マイカーローン、親の介護費など、「働き世代=出費がかさむ時期」ともいえます。給与面で妥協できない各家庭の事情もあるでしょう。

しかし、内定の方向に話が進んでいる段階で、強引に給与交渉をしてしまうと、せっかく採用してもらえそうな段階にあったにもかかわらず、採用に至らなくなるケースがあります。

とくに医師など医療関係者ですと「お金のことでうるさくいってくる人」を嫌う傾向にあります。もちろん採用側も、応募者にとって給与は「生活を支えるうえでの重要な事柄」という認識はあります。

退職前に働いていた病院での給与額を前提として、教育ローンや住宅ローンを組んでいる人もいるでしょう。また、夫や家族に働けない事情があり主な家計をあなたが支えていたり、補填していたりする場合なども考えられます。

そのため転職するのであれば、「以前の病院でいただいていた以上の金額を貰わないと生活していけない」とする場合も多々あります。

あなたが抱えている生活面での事情を話せば、採用側も理解や共感を示してくれることはあります。

しかし、ローンの話も生活費を自分が補填している話も、採用側としては関係のない話です。「給与額を増やしてほしい」とするあなたの切実な願いに理解や共感はするものの、「規定額に上乗せした給与を出すほどの価値が、この人にあるのだろうか」と採用側も冷静に見極めようとします。

そして、あなたと同じような経歴をもつ別の看護師の応募書類に目がいきます。次にその応募者と面接をしたところ、その人は給与について、あまり強引な交渉をしませんでした。

その結果、採用側はあなたの採用を見送る結果としてしまいました。

もちろん給与は誰でも多いほうが良いですが、給与を交渉するのは大変難しいといえます。そこで次に、あなたが希望する給与額が通りにくい場合と、通りやすい場合についてお話します。

希望する給与額が通りにくい場合

まずは、あなたの希望する給与額が通りにくいケースについて述べていきます。

採用側から提示された給与額に対して、交渉での上乗せが難しいとされるのは以下のケースです。

給与体系や給与テーブルなど固定で決められている場合(大病院や国立・公立病院など)

・病院の規模に関わらず、給与体系や給与制度が確立している場合(いくら経験や資格があっても「特例」として認めらないケースが多い)

・最近、あなたと同じような経歴をもつ看護師を中途採用したばかりで、給与差をつけにくい場合

・最近、給与改定を行ったばかりで特例を作りづらい場合

このように、給与面で融通が利かない職場が多くあります。上記のような病院やクリニックに転職する場合、いくら給与交渉しても希望額が通らない可能性が高いことを知っておきましょう。

希望する給与額が通りやすい場合

一方、クリニックや個人が経営している病院などでは、中途採用者の給与額に対して柔軟に対応してくれるケースもあります。

このようなところでは、高度な看護スキルや「認定看護師」「専門看護師」などのさまざまな資格を積極的に取得してきた人材であれば、一般の看護師とは公平性を保つ必要が無いと判断することがあります。この場合、一般的な給与テーブルから外された高い給与額を提示してくれるケースがあるのです。

これらはすべて「決定権を持つ人の一声」で給与額が決まります。

看護師同士の情報で「あそこのクリニックの院長はスタッフを大切にしてくれている」といった話が聞ける職場などでは、希望する給与額が通りやすい傾向にあります。

給与交渉で使えるコツ

しかし、あなた一人が給与額の交渉を行うのであれば、採用側に一方的に「これだけの給与額にしてほしい」と希望の給与額を直訴するのはあまりおススメしません。

給与交渉を行いたい場合は「これだけの給与額を貰うためには、どれだけの成果を挙げればいいか」という聞き方をすると良いでしょう。

もしくは、あなたより前に入職した中途採用者がいるのであれば、「その方はどのようにして給与アップをしていったのか」という実例を聞いてみるという方法もあります。

例えば、30代後半、40代、50代の経験を積んできた看護師であれば、役職が1つ高くなるだけで、給与額も大幅にアップする可能性も出てくるのです。

このような中途採用者がいる場合、昇進や昇給をモチベーションにその職場で働いていけるため、「昇給をアップさせるために、どのような働きを見せたのか、成果はどのように出していたのか」を尋ねてみると良いでしょう。

給与交渉で希望額が叶えられても前途多難

もしあなたが面接時に給与交渉を行ったとして、希望額が叶えられたとします。その場は大変うれしく思うでしょう。しかし、希望額を入手できたことで入職後に辛くなってしまう場合があります。

病院やクリニック側としては、通常の給与規定よりも多い給与を出しているため、他の看護師よりもあなたに高いパフォーマンスを期待します。あなたはどのように辛い仕事が与えられたとしても、「希望額を貰っているのだから」と不平や不満は口に出しづらい立場となってしまうのです。

それが転職者にとって、かえってプレッシャーとなってしまいます。

さらに入職当初から規定外の給与額を貰っている場合、よほどの成果を上げたり、院長から認められたりすることが無い限り、今以上の給与アップは見込めないことが多いです。これでは仕事へのモチベーションは上がりません。

実績を上げていくことで給与交渉を

そこで私がおすすめする給与交渉の方法をお話します。

最初から給与交渉をするよりも、「最初はあなたの経歴に合わせた妥当な給与額からスタートし、ここから実績を上げていき、その実績をもとに給与交渉をする」ほうが健全といえます。

明確に目標を見据えるためにも、「どのような成果を挙げたら、希望する給与額になっていくのか」を病院やクリニック側に確認しておきましょう。

この交渉の方法であれば、入職後「結果を出していくという覚悟と意欲」が採用側に伝わりやすくなります。

ちなみに私の勤めているクリニックの例を挙げます。

看護師の場合、認定看護師の資格を取得すれば、院長から「月8000円の給与アップをする」と約束してもらっています。また、「認定看護師だけでなく他の資格取得をした場合でも、遠慮なく給与交渉をしてほしい」といわれています(当初、資格取得に関する費用は看護師が負担します。しかし、資格取得後に必要経費として申請すると院長が返金してくれる仕組みになっています)。

さらに外部の研修会や講習会に参加して、学んできたことを基に院内で勉強会を開催すれば、一回に付き5000円貰える仕組みになっています。このように他にも、スタッフのモチベーションが上がるような仕組みが様々に用意されています。

このように「結果を出していくことで給与が段々上がっていくスキーム(構想)」によって交渉したほうが、仕事へのモチベーションも保て、看護師としてのスキルアップにもつながっていきます。

転職サイトのエージェントも給与交渉を代行してくれる

ただ地方のクリニックや病院などで近隣に競合するような病院が無い場合、看護師の給与アップにあまり積極的ではない病院やクリニックも存在します。

給与アップに積極的ではない病院やクリニックを見極めたい場合、転職サイトを通じて応募すると、給与交渉など、本人が直接聞きにくいことを代行してもらえます。

転職サイトの担当エージェント(コンサルタント)は、病院やクリニック側の給与テーブルを見て、応募者の入職時の希望給与額に病院・クリニックの規定給与額が満たないと判断した場合には給与交渉を行ってくれることが良くあります。

例えば、「支度金などの名目で、差額を補てんしてもらえないでしょうか」、「入職後どのような成果を挙げれば、希望額まで引き上げてもらえるのかを応募者に明示してもらっても良いでしょうか」といった交渉です。

「応募者と希望する病院、双方の希望や意見を聞き出しながら、お互いの着地点を見つけていく」という交渉は、素人には非常に困難です。それを可能にしたいのであれば、転職サイト経由で応募して、担当コンサルタントに給与面の相談をしてみると良いでしょう。

転職サイトに登録することで「強引に転職を勧められるのではないか」と思われる方もいます。しかし、転職サイトのコンサルタントと話すことで転職に関しての視野が広がり、自分の新たな可能性を見出したり、給与面や勤務条件で満足できたりする看護師が多いのが事実です。

あなたは自分を過小評価していないか

もう一点、注意しておきたいことがあります。自分を過小評価をしていて、本来貰える給与よりも低い給与で妥協して転職活動を行っている看護師もいます。あなたはその一人ではないでしょうか。

私は実際その一人でした。

「看護師経験が少ないから」という理由で転職に際して、給与面では諦めていました。なぜなら以前勤めていた眼科クリニックのことなのですが、ハローワーク経由での転職で、求人票に記載されていた基本給与額よりも実際の給与が1万円減額されていたからです。

院長夫人に恐る恐る「給与が減額された理由」について尋ねてみると「あなたは看護師経験が少ないから、基本給が他の看護師さんと比べて少ないのは仕方ないわよ」といわれました。

その眼科クリニックに勤める前の病院もわずか10ケ月で退職していた負い目から、「そうか。私は看護師としての経験は少ないから基本給さえも減らされる可能性があるのか。仕方ない」と自分を無理やり納得させていました。

その後、いじめなどを理由にその眼科クリニックの退職を決意しました。わずか6ケ月での退職です。そして、藁をも掴む思いで転職サイトに登録をしたのです。

そのとき私の転職条件として「給与は高くなくても良い」とするのに対し、担当コンサルタントは「なぜ給与が高くなくてよいと思うのか」理由を聞いてきました。私は、その眼科クリニックでの出来事を話しました。

すると担当コンサルタントは、「あなたは看護で4年制の国立大学も出ているし、本来貰える給与はこの程度ではない。なぜ、その眼科クリニックは求人票に記載している基本給から、さらに1万円減額するなんて不当にもほどがある。基本給というのは『最低でもこの賃金は補償する』とする額であるにも関わらず…やはりあそこは噂に違わず、ブラッククリニックであることに間違いは無いですね」と怒っていました。

そして担当コンサルタントは「あなたに対して、このような不当な給与額を提示したら、自分なら交渉します。でも、最初からこの眼科はブラックってことが分かっているから、そもそも紹介は絶対にしません」といってもらえ、私は看護師として自信を取り戻すことができました。

転職サイトの担当コンサルタントは、あなたの経歴に関して「正当に貰える給与額」についても把握しています。

「希望する病院で、あなたが実際にどのくらいの給与を手にすることが妥当であるのか」を担当コンサルタントに事前に教えてもらっておけば、「提示された給与が不当か、妥当か」という判断がつきます。

あなたが思っていたより提示された給与が少ない場合、入職当初から仕事に対するモチベーションを下げてしまうことにつながります。せっかく転職したにも関わらず、「新人なのに、やる気が感じられない」と思われてしまっては損です。

できれば、あなたの経歴に見合った妥当なラインから仕事をスタートさせ実績を挙げ、給与を上げる交渉ができるようになることが大切です。

転職を前向きに捉えよう

転職で給料が上がると「今までの自分の経歴が評価された」と大変嬉しくなり、モチベーションも上がります。

しかし、最初からあまりに高い給与が設定されてしまうと、それはそれで「どこまで期待に応えなければならないのだろう」「どのような過酷な仕事を与えられるのだろう」といった不安にもつながります。

まずは、あなたの経歴以上でも以下でもない妥当な給与額を知り、「それからどのように給与を上げていこうか」前向きに考えていくことが仕事のモチベーションへとつながります。

転職で気分一新、あなたらしく満足いく職場で働けるようにしていくことが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く