看護師転職サイトには「当社で転職が決まれば最大〇〇万円のお祝い金を差し上げます」と書かれているものがあります。

このお祝い金は、大体3~10万円前後のところが多いのですが、中には「最大40万円ものお祝い金を出す」と宣言している転職サイトがあり、このように書かれていると大変目を引きます。

「せっかく同じように転職サイトを利用して転職するのだから、お祝い金をもらえる転職サイトから申し込んだほうが得である」と考えるのは当然のことです。

しかし、当サイトで様々な看護師転職について述べてきた私としてはこの「お祝い金制度のある転職サイトからの転職」に良い印象をもっていません。このようなサイトを利用すると、転職後に後悔することが多いと考えています。

今回はその理由と、実際にお祝い金制度のある転職サイトを利用した友人の実際の体験談を交えて、お話していきたいと思います。

お祝い金(支援金)の仕組みとは

まずは、お祝い金とはどのようなものであるのか、その仕組みについて述べていきます。

お祝い金とは、お祝い金制度を設置している転職サイト経由で就職すると、支給してもらえるお金のことです。転職サイトによって「HAPPY ボーナス」「転職支援金」など呼び方が異なることもあります。

お祝い金は、医療機関など採用側が出すのではなく、その転職サイトの利益の一部を入職の決まった看護師に分配しているものになります。

そもそも「転職したい看護師」と「看護師が欲しい医療機関」を引き合わせ、医療機関から手数料(入職が決まった看護師の年収の20~30%)を得ることで転職サイトの運営は成り立っています。その手数料の一部を、採用者(看護師)にお祝い金として分配しているのです。

転職サイトを運営していくためには、なによりも「人材=転職したい看護師」を集めることが重要です。

そのため各転職サイトは、広告をだしたり、転職に必要なサービス(履歴書添削や面接同行サポート、給与アップ交渉、求人紹介など)を充実させたりします。

そのサービスの一つとして行われているのが「お祝い金制度」です。

お祝い金制度は転職者にとっては魅力的です。転職のタイミングによっては無収入の時期があったり、引っ越ししたりして、経済的に不安を抱えることが多くなります。転職時に少しでもお祝い金をもらえるのであれば、経済的に助かることは間違いありません。

しかし、転職したい看護師を集める方法のひとつとして「お祝い金という名の現金を支給する」というのは微妙です。

応募してきた看護師一人ひとりに対して満足いくサービスを提供している転職サイトであれば、口コミでどんどん広まっていくため、現金を支給してまで転職希望の看護師を集める必要はありません。

一方で、お祝い金を出す転職サイトのすべてというわけではありませんが一部のサイトでは「お祝い金という魅力的なメリットを提供しなければ転職希望の看護師が集まりにくい、提供されるサービスに満足できない」などのケースが起こる場合もあるのです。

誰もが転職時にお祝い金を満額受け取れるわけではない

転職サイトに「最大〇〇万円お祝い金をプレゼント」と記載があると、満額もらえるかのような錯覚に陥ることがあります。しかし、誰もがサイトに掲載されているような満額のお祝い金をもらえるわけではありません。

実は転職サイトごとに細かな規定が設けられているため、すべての条件を満たして全額支給される人は少ないのが現状です。

例えば「転職支援金35万円」と記載のあるナースJJの場合、下記のような支給額となります。

引用:ナースJJ

上記のように転職した看護師全員が35万円もらえるわけではありません。また常勤ではなく非常勤やパートなどですと、このお祝い金が支給されないこともあります。

さらに注目していただきたいのは、この支援金が記載されている下の部分です。

引用:ナースJJ

ナースJJの場合、転職支援金は転職してから3ケ月後と6ケ月後、アンケートに答えた場合のみ、2回に分けてもらえます。「転職後、お祝い金はすぐに支給されるものではない」ということです。

これはナースJJに限ったことではありません。お祝い金が支給される他の転職サイトでも、下記のような規定を設けていることが多いです。

「看護プロ」の場合ですと、下記のようにお祝い金は3万円です。

引用:看護プロ

「3万円なら、転職後すぐに全額もらえるだろう」と考えてしまうかもしれません。しかし、このお祝い金にも下記のような注意事項の掲載があります。

引用:看護プロ

看護プロの場合ですと、お祝い金は入職すれば一括してもらえる仕組みになっています。しかし、こちらも「入職後半年」と規定があります。しかも、夜勤のある常勤看護師なら3万円、日勤のみの常勤なら2万円、非常勤であれば1万円と、細かい金額の設定がされています。

このようにお祝い金を出す転職サイト経由で転職したからといって、「サイトに記載されているお祝い金は満額ではなく、しかも入職後すぐにもらえるものでもない」ということを知っておきましょう。

お祝い金を出す本当の理由

上記のようなことから、お祝い金を出す理由は次の通り2つ考えられます。

  1.  転職希望の看護師登録者を増やすため
  2.  採用された看護師が短期間で退職するのを防ぐため

それぞれ詳しくみていきます。

1. 転職希望の看護師登録者を増やすため

転職サイトにとって、「転職希望の看護師」はまさに「人財」です。この転職希望の看護師登録者数が多ければ多いほど、より多くの医療機関に紹介できるのです。

そうなれば、当然ですが採用される看護師数が増え、売り上げを上げられます。つまり登録する看護師が多ければ多いほど、儲かる仕組みになっているのです。

 2.  採用された看護師が短期間で退職するのを防ぐため

転職希望の看護師を転職サイト経由で採用した場合、その医療機関は転職サイトに紹介手数料を支払わなければなりません。

しかし紹介手数料には、返金規定というものが設けられています。この返金規定とは、短期間(おおよそ3ケ月~半年くらい)で採用した看護師が退職した場合、転職サイトは医療機関に紹介手数料を返還しなければならない決まりになっています。

そのため転職サイトとしては、紹介した看護師には最低でも半年は勤めてもらわなければ売り上げにならないのです。

このようなことから、お祝い金は入職が決まったからといってすぐに貰えるものではなく、3ケ月から半年くらい勤めて、初めて貰えるのです。

お祝い金を出すタイミングを先延ばしにすることで採用された看護師に長く勤めてもらい、医療機関への返金をなくすようにするのが狙いです。

注意しておきたいお祝い金制度

ただ、お祝い金制度のある転職サイトから紹介された医療機関は本当に「あなたの条件に合う満足した働き方が実現できる医療機関なのか」ということを考えてみてください。

もし労働環境の良い医療機関を紹介されたのであれば、お祝い金を貰わなくても誰しも長く勤め続けたいと考えます。

しかし、誰もが敬遠する人気のない医療機関の場合、お祝い金がなければ、長く勤められません。

もちろん、すべてがすべて「退職したくなるような医療機関を紹介される」とは限りません。しかし、お祝い金を支給する転職サイトの情報や口コミを調べてみると、実際あまり良い評判はありません。的外れな求人が多いです。

「半年経ってお祝い金をもらったけれど、この先、この職場で勤めるのは限界…… 」となってしまわないように、長い目でみて良質なサービスを提供して、満足いく職場を紹介してくれる転職サイトを選ぶことが重要なのです。

・お祝い金により転職サイト自体にも悪影響がある

また、お祝い金制度は、転職サイトのコンサルタントの質や提供するサービスも低下させます。

お祝い金を出さない転職サイトであれば、お祝い金の分だけ担当コンサルタントやサービスを充実させることができます。

一方で、お祝い金制度のある転職サイトは、お祝い金を提供する分だけ、担当コンサルタントやサービスに力を注げない一面があります。

お祝い金を出す転職サイトでは「余計な広告を出さない分、それを転職者に支払うことが可能」と書いてあることがあります。

例えば、最大40万円ものお祝い金を出す「ジョブデポ看護師」をみてみましょう。

引用:ジョブデポ看護師

「余計な広告にお金を使わず、その分を採用した看護師に還元してくれる仕組み」となると、大変うれしいサービスのように思えます。

しかし、さらに詳しくどのようなサービスを行うのか具体的にみてみると、次のような文言がありました。

引用:ジョブデポ看護師

この質問に対して、ジョブデポ看護師では「他社から紹介された求人でも、ジョブデポ看護師で紹介可能」としています。

引用:ジョブデポ看護師

このように「他社で紹介された求人でも面接前(面接日程が決まっていない状況)であれば、ジョプデポ看護師経由に変えて転職することが可能」としているのです。

これはどのようなことかといえば、売り上げとしてお金になる部分だけ他社から横取りしているといえるのです。

他の転職サイトでは、広告を出したり、サービス(転職相談・履歴書添削・面接同行など)を充実させたりして、転職希望の看護師を集め、希望条件にあった求人を紹介して仲介します。

そしてその看護師を希望の医療機関とマッチングさせて採用が決まれば、始めて報酬を手にすることができ、売り上げに結びつくのです。

このように採用までには、かなりのサービスを行い、費用をかけていることが分かります。

一方で、ジョプデポ看護師では、他の転職サイトが費用をかけてコツコツ頑張ってきた最後の売り上げの部分だけをいとも簡単に奪っているといえるのです。

広告を出す・出さないが問題なのではなく、もともと「転職希望の看護師を集め、医療機関と提携する」といった会社全体の営業能力がないのです。

実際にジョブデポ看護師にある求人情報をみてみると、一見すると全国的に多くの求人数を保有していることを確認できます。地方の小さい町であっても、ハローワークに載っていたことのあるような医療機関や施設であれば、そのほとんどの求人(正職員・パート・アルバイトなど)が掲載されています。

しかしそれらの求人の詳細をみてみると、多くの求人は募集が終了していたり、とっくの昔に閉院していたりしています。

私の住んでいる近隣の市の医療機関・施設などは、大小合わせて十数件しかありません。しかし、ジョブデポ看護師にはその市だけで99件の看護師求人が掲載されていました。ハローワークを調べてみると、ハローワークでさえパート・非正規職員をいれて12件の求人しかでていません。

私は、募集が終了していることを承知のうえで、ハローワークには掲載がなく、ジョブデポのみに掲載されている医療機関の数件に直接電話をかけて「看護師募集の有無」を尋ねてみました。

すると、すべての医療機関で「看護師の募集は現在行っていない」との返答が返ってきました。

このようにリアルな求人広告を掲載しているのではなく、ただ転職希望の看護師を集める目的で吊りの求人広告を掲載している可能性が非常に高いのです。

さらに、そのようなお祝い金を提供する転職サイトでは質の低いコンサルタントしか集まらなかったり、質の悪いサービスしか提供できなかったりする可能性が高いのです。

質の低い転職サイトでは、多くの社員が転職コンサルタント未経験のことが多いです。経験がなければ医療機関とのつながりが薄いため、転職希望の看護師に満足いくサポートを提供できません。

また、質の悪いサービスとなると「面接に同行せず電話だけの対応で終わる」「質問に対する電話をかけ直してこない」「転職後のフォローをしない」など、本来であれば行われるべきサービスが提供されない恐れがあるのです。

お祝い金制度は今後少なくなる

ちなみに、お祝い金制度を設けている転職サイトは減少傾向にあります。これは2018年1月より厚生労働省による「職業安定法の改正」が影響しています。この職業安定法とは、労働者に職を斡旋するルールを定めた法律になります。

下記が「職業安定法の改正」になります。

引用:厚生労働省「平成29年職業安定法の改正について」

なぜ職業安定法が改正されたのでしょうか。それには、以下のような理由があります。

以前、ある転職サイトがお祝い金制度を始めたところ、労働者をたくさん集めることができ事業拡大に成功しました。それから多くの転職サイトで、お祝い金制度を確立していくようになりました。

しかし、そのうち「お祝い金目的で転職を繰り返す人」が出てき始めたのです。このようなことでは、採用した企業や医療機関は人材を育成しても短期間で退職してしまうため、採用に消極的になり雇用促進が図れなくなってしまいます。

また、お祝い金目的で吊り上げた労働者を、粗悪な労働環境の職場に紹介してトラブルに発展する転職サイトも増加してきました。

労働者も転職サイトも「満足した転職を行う」という本来の目的を失い始めたのです。

このような経緯から労働安定法を改正することで、労働者と採用側双方にとって、良い労働環境を作っていかなければならないと厚生労働省は考えたのです。もちろん、お祝い金の問題だけが今回の法改正の理由ではありませんが、原因の一つとはいえるでしょう。

この法改正の中で次のような内容が記されています。

引用:厚生労働省「平成29年職業安定法の改正について」

上記のようにお祝い金制度自体は禁止ではありません。しかし「望ましくない」と明記されています。

そのため、看護師転職サイト以外の転職サイトでも、この法改正のコンプライアンス(法令順守)を行うため、お祝い金制度を無くす企業が増えてきています。

お祝い金制度のある転職サイトを利用した友人の話

そこで、お祝い金制度のある転職サイトを利用した私の友人のお話をしたいと思います。

私の友人である看護師は「お祝い金がもらえる転職サイトがある」と、ある転職サイトに登録しました。その転職サイトは全国レベルで求人検索が行えるようになっているため、全国に支社があると思っていたようですが、事業所は東京にしかありませんでした。

登録後、担当コンサルタントから電話がかかってきて「ほかの転職サイトにも登録していますか。もしそこで紹介された求人があれば、こちらでも紹介することが可能です」といわれたそうです。

友人はお祝い金に目がくらんでしまい、他の転職サイトのコンサルタントが紹介してくれた非公開求人の案件(病院名)を教えたそうです。

すると後日、担当コンサルタントから「その非公開求人の病院の面接日が決まった」とのメール連絡が入りました。地方の医療機関であったため、担当者とは電話とメールだけの連絡で、面接への同行はもちろんありませんでした。

また、その病院の詳しい情報を聞こうにも、地方の求人情報が手薄であるため、担当コンサルタントは把握していないとのことでした。「この病院を紹介してくれた転職サイトで詳細を聞かれなかったのですか。どうしても知りたいようであれば、その医療機関に電話して聞いてみますが…… 」といわれたそうです。

友人は、救命救急やICUで10年以上の看護経験があったことから、表面上は「お祝い金制度のある転職サイト経由」という形を取りながら、ほぼ自力で採用される結果となりました。

入職後、友人は「お祝い金がもらえる」と喜んでいたのですが、半年経っても担当コンサルタントから連絡の電話がかかってきませんでした。

そこで友人は担当コンサルタントに電話してみると、「あなたの希望した求人はお祝い金制度に該当していない職場だ」といわれたそうです。

事前に担当コンサルタントにお祝い金の出る求人かどうか確認を取っておけばよかったのですが、友人はお金のことで尋ねるのは気が引けて、確認を取っていませんでした。また事業所は東京にしかないため、直接会って担当コンサルタントと話をするわけにもいきません。

結局、友人はお祝い金を諦めることになってしまいました。

もともと他の転職サイトから紹介してもらった求人であったため、満足いく働き方はできているといっていました。しかし友人は「腑に落ちない転職であったため、今後はお祝い金制度のある転職サイトは利用することはないだろう」と反省していました。

転職サイトはお祝い金ではなく「質の高さ」で選ぶ

ここまで看護師の転職にまつわるお祝い金について話してきました。

お祝い金制度は下記のようなデメリットがあります。

  • お祝い金は満額もらえない可能性が高い
  • 仮に悪質な労働環境であっても試用期間に辞めるのは難しい
  • 転職サポートを十分に受けられない
  • 職業安定法が改正され、「お祝い金制度は望ましくない」という時代の流れになっている

このようなことから、やはり「お祝い金制度」をアピールするような転職サイトはおすすめできません。

いま、あなたは転職をして自分の置かれている状況を変える人生の好機にいるのです。

長い目でみると、お祝い金以上の給与がもらえたり、満足いく働き方を実現できたりする条件の良い求人があるにもかかわらず、目先のお祝い金に目が行ってしまえば、これらの優良求人を逃してしまう可能性があるのです。

あなたの転職の目的は「あなたらしく満足して働ける職場に転職する」ことです。目先のお祝い金をもらうために、転職するのではありません。

このことを第一に考えれば、おのずとどのような転職サイトを選べばよいのか見えてくるはずです。転職サイトは質の高いサービスを提供し、あなたの転職を成功に導いてくれるところを選ぶよう心がけましょう。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

派遣看護師として転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く