看護師は動き回る仕事が多く、重たい患者さんを車椅子やベッドに移乗したり、入浴介助を行ったりして、ひざを痛める人が多いです。ひざ痛は歩くなど軽い日常の動作にも影響するため、今後、看護師として仕事ができるかどうか不安を抱えやすい疾患の一つです。

そこで今回は、変形性膝関節症などのひざ痛について原因とその対処方法を述べ、ひざ痛に不安のある看護師にオススメの仕事についてお話ししていきたいと思います。

「仕事は無理」と諦めてしまう前に、どのような手立てがあるのか知っておくことが大切です。

看護師のひざ痛の原因や症状

まずはひざ痛について、その原因や症状について確認していきます。

歩くときのひざの痛みを起こす病気はいくつかあります。40歳以上で、ひざの痛みで不安を抱いている人数は全国で推定800万人存在するといわれています。そのなかでも最も頻度が高い一般的な病気は変形性膝関節症です。

変形性膝関節症は、さまざまな原因により関節の質が悪くなり、本来であればかからない外力が軟骨にかかり、軟骨が損傷や摩耗していく疾患のことをいいます。下図を参考にしてください。

特にひざは自分の体重を支える関節であるため、体重をかけた際に痛みを生じて、歩く動作が困難になります。

変形性膝関節症の主な原因として、加齢が挙げられます。また、理由は明らかになっていませんが男性よりも女性のほうがひざ痛を訴える割合が高いです。ほかにも、遺伝的要素やメタボリックシンドロームもひざ痛に関係があるとされています。

看護師は立ち仕事が多く、その大半を女性で占める職業です。さらに、夜勤などのストレスで太り気味の人が多いです。このようなことから40代以降の看護師であれば、多くの人がひざ痛を抱えるリスクがあります。ひざ痛が原因となり、退職を余儀なくされた看護師は多く存在します。

ひざ痛で一番に出やすい症状は「痛み」です。治療などにより一度痛みが消失しても、しばらくすると再度、痛みが出てきます。

ひざ痛は磨耗した軟骨のかけらなどが関節内に遊離し、滑膜を刺激することで炎症が生じます。これを滑膜炎といいます。滑膜には、血管や神経線維が豊富に存在するため、炎症が起きると痛みを生じます。

この病気は慢性疾患です。長期的にみれば、痛みがある時期と無い時期を繰り返しながら、歳を重ねるとともにゆっくり進行していきます。

では、どのような場合に痛みを生じやすいのでしょうか。

変形性関節症では関節軟骨が摩耗し滑膜炎が生じます。つまり、関節に負担のかかる「歩行などの移動行為」を行うと痛みが出ます。反対に、座っているときや寝ているときなどの安静時には痛みを感じることは少ないです。

また階段を上るよりも下りる方が、ひざにかかる力が大きく負担を感じやすいので、階段の利用が多い職場などでは注意が必要です。

それでは、ひざ痛が出ないようにすることはできるのでしょうか。

知り合いの整形外科医に尋ねたところ、「できる」とのことです。痛みがある程度引いてきたら、次の痛みが出現しないように具体策を講じるようにします。

まずは痛みが続くようであれば専門医を早く受診し、痛みを減らすようにしましょう。そして痛みが落ち着いてきたら、専門医から指示された痛みの予防法を実践し、セルフコントロールできるようになることが重要です。

「ひざ痛は放っておけばそのうち治る」と安易に考える看護師は多くいますが、医療従事者の看護師だからこそ早期対策として、医療機関の受診を心がけましょう。

ただ、仕事の都合などでなかなか受診できないことがあります。次の項ではひざ痛をセルフケアする方法について述べていきたいと思います。

自分でできるひざ痛を改善させる方法

ひざの痛みは、痛いからといって患部を動かさないでいると、筋力が低下して筋拘縮が起こります。また、悪化してくると軟骨はすり減り、骨の変形が進みます。痛みの悪循環を断ち切るためにもセルフケアの方法を知っておくと便利です。

ひざ痛の改善は、3つのステップに分けられます。まず、ステップ1で痛みを和らげ、ステップ2でひざの動きを良くして、ステップ3で活動範囲を広げていきます。

ステップ1:痛みを和らげる方法

まずはひざ痛の原因となった炎症を抑えて、痛みを和らげていきます。

痛みが強く、腫脹したり熱をもっていたりする場合、強い炎症が起こっています。この時期は急性期であるため、無理して動かさず安静を心がけます。ひざをアイス枕や冷湿布などでアイシングをしたり、痛み止めを服用したりして、2~3日様子をみます。痛みが強く「看護の仕事は無理」と考えてしまいやすい時期です。

ただし、強い痛みではないものの慢性的に痛みが続く場合、冷やしたり、痛み止めを服用したりするのは逆効果になります。ぬるめの湯船に長くつかる、蒸しタオルなどでひざを温めるなど血行を良くすることで痛みは軽減します。

膝の血行を良くすると、炎症を強めている化学物質サイトカインが流れて取り除かれるだけでなく、緊張した筋肉をほぐす効果も得られます。

ひざが冷えてしまうと、血行が悪化してひざ痛を感じやすくなります。とくに冬季や梅雨どき、季節の変わり目はひざ痛を感じやすいときです。

このように痛みをそれほど感じない場合は、上記のような「温め」ケアを続けることで、痛みの度合いは軽減し、再発も予防できます。逆に痛みを放ったらかしにしておくと、再発の可能性が高くなるばかりか悪化してしまいます。

・市販の痛み止めの概要

市販の痛み止めには、内服薬と外用薬があります。

消炎鎮痛効果のある内服薬の多くは非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)に分類されます。ロキソニンやボルタレンなどが有名です。これらは高い効果が得られる反面、胃液の分泌を抑える働きがあり、胃腸障害などをきたすことがあります。とくに胃潰瘍経験者は服用に注意が必要です。

非ステロイド系抗炎症薬の中でも胃腸障害を起こしにくい薬剤が開発されています。セレコックスがその代表といえますが、鎮痛効果はやや弱めになります。

また非ステロイド系抗炎症薬のもう一つの副作用として腎臓障害があり、注意が必要です。

このほかの消炎鎮痛効果の期待できる内服薬としてカロナールがあります。ただ、胃腸障害や腎臓障害を引き起こさないカロナールなどのアセトアミノフェンは、肝臓障害をきたす可能性があります。アルコール多飲者や肝機能の低下した人は服用に注意が必要です。

一方、外用薬は、皮膚から消炎鎮痛薬を吸収させて痛みを緩和させる効果があります。湿布やローション、クリーム、スティックタイプなど、下記のように様々なタイプがあります。

外用薬は基本的には塗布した部分にだけ効果が及ぶように作られているため、内服薬のような副作用の心配は少ないのが特徴です。汗をかくような仕事を多くするような人にとって湿布はかぶれやすいため、クリームやローションタイプが良いでしょう。

ステップ2:ひざの動きを良くする方法

ひざに激しい痛みを感じているときは安静が第一ですが、痛みが緩和されて、ひざが動かせるようになったら積極的に動かすことが大切です。ステップ1のひざのケアを続けていくうちに痛みがだんだんと軽くなってきたら、痛みの程度に応じて、活動量を増やしていくようにしましょう。

メタボリック気味の人は、減量するだけでもひざの負担を大幅に減らすことができます。BMIが22の人(例:身長 150cm、体重 53kg)と25の人(例:身長 155cm、体重60kg)であれば、下表のようにひざにかかる負担は異なってきます。

ひざへの負担 BMIが22の人 BMIが25の人 負担の差
平地での歩行

(体重の約3倍で計算)

約159kg 約18okg + 21kg
階段の上り

(体重の約4倍で計算)

約212kg 約240kg + 28kg
階段の下り

(体重の約5倍で計算)

約265kg 約300kg + 35kg

このように平地を歩いているだけでも、BMI25の人はひざに余計な負担がかかっているのです。

また、減量とともに、ひざ周囲の筋肉を強化することも重要です。体操やストレッチを習慣的に行うことで、低下していた筋力や軟骨、靭帯、骨が強化され、炎症の再発予防に役立ちます。そこでひざ関節を鍛えられる簡単な運動についてご紹介します。

・ひざ関節を鍛える簡単な運動

ひざ関節を支えている太ももの筋肉を鍛えるには、以下のような脚上げ体操が効果的です。

仰向けになり、反対側のひざを90度以上に曲げておきます。そして、もう一方のひざを伸ばし、かかとを床から10cm以上ゆっくり挙げます。そのとき、足関節は背屈させるようにしましょう。そのまま5秒間保ちます。ゆっくり脚を下ろし、5秒程度休みます。この動作を左右10回ずつ、1日に2回行います。

次は横上げ体操です。

下側の脚は90度に曲げ、上側の脚は伸ばします。上側の脚をゆっくり挙げていきます。床から脚を15cm程度上げたら、ひざを伸ばしたままで5秒間保ちます。5秒かけて、床へゆっくり脚を下ろします。5秒休んで上下10回ずつ、1日に2回行います。

また、100均で売られているボールを使っての、次のような体操も効果的です。

床に足を伸ばして座ります。脚をボールの幅に開いて、ボールを大腿で挟みます。ボールの重心を押しつぶすようにして、両方の大腿で5秒間、ゆっくりと力を込めていきます。その後、力を抜きます。これを10回繰り返します。1日に2回行います。

このようにひざ関節周りの筋肉を鍛えるのに簡単にできる、脚を上げるなどの運動を実行してみましょう。これらの動きであれば、痛みを感じることは少なく、空き時間を利用して実践することが可能です。

・ひざ用サポーターの利用

また、ひざ用のサポーターを利用し、ひざを安定させると歩きやすくなります。ひざのサポーターには、保温目的に使用するもの、ひざを支えて固定するものなどさまざまな種類があります。

こちらが保温目的のひざ用のサポーターの一例です。

保温タイプのサポーターは遠赤外線効果で、ひざを温めて血行を良くするメリットがあります。ほかに紹介するひざ用サポーターと比較して、材質は柔らかく締め付け感がないため、動き回る仕事の多い看護師にお勧めです。こちらは一般のドラッグストアで購入できます。

一方、支持タイプのサポーターは、変形した脚を外側から支えて固定する働きがあります。例えば、以下のような商品です。

変形性膝関節症が進行すると、脚はO脚に変形して、関節軟骨がすり減っている内側にますます体重がかかるようになります。そのような脚を支持するのがこちらのサポーターです。こちらもドラッグストアで販売しています。

他にもスポーツショップで市販されているひざ用サポーターもあります。それがこちらです。

一般的なタイプかスポーツタイプを選ぶかは、ひざ痛の程度によります。どちらも自分で締め付けを調節することができるため、自分のひざの痛みに合わせることができます。また、パンツタイプのナース服であれば、周囲の人にサポーターを装着していることはほとんど気づかれることはありません。

ただ、締め付け感が強すぎると返って血行障害や皮膚かぶれを起こしてしまうことがあるので、締めすぎないよう注意が必要です。

また、金属の入った支持性の強いサポーターを使用したい場合は、整形外科などで買うと良いでしょう。整形外科では以下のようなサポーターを購入することができます。

・日頃の姿勢にも注意を払う

また、長年続けてきた姿勢や動作がひざに負担を与えて、痛みの原因となっていることが多いです。看護師は立ち仕事が多く、とくに基本となる姿勢が重要です。

立位で立ち仕事をするときは背筋を伸ばしてアゴを引き、肩の力を抜いて足の親指の付け根に体の重心を置きます。歩行時は、かかとから着地して、足の裏で地面をとらえ、足の指全体を使って軽く地面を蹴ります。このとき、ひざは伸ばすようにしましょう。

また、階段を上り下りするときの注意点を述べます。

上るときは痛くない方の足から、下りるときは痛む方の足から出します。一段進むごとに両足を揃えるようにすると、ひざに負担がかかりにくくなります。手すりがあれば、手すりを使いしっかり体を支えながら上り下りしましょう。

他には、「重いものをもたない」「走らない」といったことも大切になります。

変形や痛みが強いようであれば、専門医を受診するようにしましょう。ひざ痛の程度によっては「ヒアルロン酸の関節内注射で関節の摩擦を少なくする」「人工膝関節術を受ける」などの処置が必要になることもあります。

・ヒアルロン酸の関節内注射は効果があるのか

看護師の間では「変形性膝関節症の治療にヒアルロン酸の関節内注射を行うこと」について、疑問視する声をよく聞きます。

ヒアルロン酸は皮膚や目、関節軟骨や関節液に含まれる成分で、粘り気のある無色透明の薬剤です。ヒアルロン酸の効果として「関節軟骨の表面を保護して炎症を鎮める」「関節軟骨の栄養になる」「関節の潤滑剤となる」などが挙げられます。

一般的な治療方法として、ひざ関節に週1回5週間ほど注入し、それ以後は2週間以上間隔をあけて続けることもあります。6回目から2週間以上間隔をあけるのは治療上必要だからというわけではなく、高価な薬剤であるため、保険上の制約が設定されているためです。

なぜ、医療従事者の間でこのヒアルロン酸の関節内注射について疑問視する声があるのかというと、過去にアメリカの整形外科学会が変形性膝関節症に対して「ヒアルロン酸注射は無効」と公表したことがあったためです。

ただ、アメリカは医療費が高額で、通院治療が困難であるため、変形性膝関節症が重症化してから初めて受診する人が多いのが一般的です。そのため、日本の整形外科医は「アメリカの症例では、すでにヒアルロン酸の関節内注射は対応できないくらいに変形し悪化しているからだ」と考えています。

結論をいえば、悪化する前に「整形外科を受診し、何らかの手立てを打つに越したことはない」ということになります。

ステップ3:活動範囲を広げる方法

日常動作に注意して、肥満を解消し、筋肉をつける運動やストレッチをしていると、ひざに痛みを感じることは減少してきます。

ひざ痛が治まったのであれば、より活動的な生活を目指すと良いでしょう。そのために重要なのは、全身運動と日常生活の工夫です。

全身運動は、ひざの痛みを軽減させるだけでなく、メタボリック解消の効果もあります。全身運動は骨や筋肉、心臓や肺、血管といった全身の機能を高めて、老化を防ぐことにつながります。老化を遅らせるということは、ひざ痛の根本的原因の発生を遅らせるということになります。

具体的には、じんわり汗が出るくらいのウォーキングや水中運動、自転車こぎなどがよいとされています。ただし、ジョギングはひざに強い衝撃を与えるため、ひざ痛のある人には向いていません。

・看護の仕事上でひざ痛予防の工夫点

日常生活の工夫で、看護師としてできることは自分の足に合った歩きやすい靴を選ぶことです。

足に合った靴選びの基本は、「きつすぎず、ゆるすぎず、かかとを十分に包みこむように支えるもの」を選択することです。靴底はある程度の厚さがあり、弾力性があると尚良いです。かかと部分は1~2cmと低くて大きく、安定しているものを選ぶようにしましょう。

靴底に弾力がない場合は、インソールの利用をお勧めします。ドラッグストアなどには、以下の写真のようなインソールが置いてあります。

また、サンダルタイプのナースシューズよりもスニーカータイプのヒモで結ぶタイプの方が、安定性は良いです。

購入する際は必ず実際に履いてみて、「足の甲と靴の甲のカーブが合っているか」「つま先部分は指を動かせる余裕があるか」「足の指の付け根部分がしっかり曲がるか」など、履き心地を確認しましょう。

O脚の傾向が強いと感じる人は、実際に靴底をみて確認してみましょう。靴底の外側がすり減っているようであればO脚気味です。その場合、「足底板」を利用して脚のバランスを補正してみることをお勧めします。こちらも以下のようにドラッグストアなどで簡単に手に入ります。

足底板を入れようと思う方は、一度足底板を入れた状態で靴を履いてみて、フィットしているかどうかの確認をしましょう。

ただ残念なことに、一旦すり減った軟骨はいくら筋力トレーニングをしても、元に戻ることはありません。しかし、弱ったひざ関節を鍛えることで、ひざ関節は着実に強化されていきます。ひざ周辺が強くなれば、以前のようにわずかな負担で生じていたひざ痛が少なくなります。

ひざ痛を再発させないためにも、すぐに行動に移すことが大切です。

変形性膝関節症などひざが悪くてもできる仕事

では変形性膝関節症などにより、ひざが悪くてもできる仕事にはどのような職種があるのでしょうか。次に、看護師免許を活かした仕事について紹介していきたいと思います。

コールセンター

コールセンターとは、主に従業員や健康保険組合員、保険締結者の健康相談などを電話で行う仕事になります。健康に関する内容であるため、看護師免許を活かして働くことができます。

電話での相談応対になるため、ほとんど座っての仕事になります。ひざ痛を抱える看護師には、もってこいの仕事だといえるでしょう。

また、雇用形態は様々に設定されていることが多く、「日勤のみ」「夜勤あり」「時短勤務」「パート」といった自分の都合に合わせた働き方を実現しやすい利点があります。顧客との会話が主であるため、職員間での人間関係に悩んでいる人も少ないです。さらに、未経験でもきちんとしたマニュアルを完備しているところが多く、安心して仕事にとりかかることが可能です。

できれば看護師経験のほかに、簡単なPCスキルやコミュニケーション能力、落ち着いた対応などができれば、採用されやすくなります。

コールセンターでの平均月収は日勤で20万円程度です。夜勤を行う企業が多く、夜勤をこなしていけば月収は20万円より増えます。夜勤といっても病棟での夜勤とは異なり、電話相談が主な仕事であるため、ひざが悪くてもでき、体力的には安心して長く働ける一面があります。

コールセンター求人の一例を挙げます。

このようにコールセンター勤務の場合、病棟勤務の看護師のときと同じくらいのシフトで働いたとしても、給与は変わらないことが多いです。体力的には、かなり楽になるのが特徴です。ひざが悪くてもできる仕事の中で、コールセンターは一番お勧めできます。

企業内看護師

企業内看護師とは、企業内医務室で従業員の健康に関する相談を行うのが主な仕事です。看護といっても、病棟看護師のようにバタバタと動き回ることはなく、健康診断の開催、資料整理、健康教育、健康相談などを行います。

ただ求人倍率は非常に高く、求人が出ても、すぐに埋まる傾向にあります。転職サイトでは「非公開求人」である可能性が高いですが、非公開求人に多くの応募が集まります。

ただし、雇用形態が「派遣」であれば、ある程度の求人数があります。正職員の場合、「経験者優遇」と掲載されていることが多いため、まずは、派遣看護師として経験を積んでいくという方法をお勧めします。

派遣看護師の企業内看護師の求人例を挙げます。

忙しくないクリニック

忙しくないクリニックの場合、患者さんの来院がないときに、座って休憩できる職場があります。事前に「ひざ痛があるので、あまり動き回れない」ことを伝えておくと安心して仕事にとりかかることが可能です。

オペのない眼科や予約制の心療内科ですと、看護師の仕事は、診療の補助、検査、採血や点滴だけと少なく、急患が出て動き回る必要は少なくなります。

私の働くクリニックはとても忙しく、患者さんが一日で150名前後、来院します。問診や血圧測定に始まり、胃カメラ検査、大腸カメラ検査、超音波検査、心電図、レントゲン、CTなど検査が多く、病棟のように広くないフロアであるにも関わらず、バタバタと動き回り、汗が出ます。そして、ほとんど早歩きで立ち仕事になります。

私はひざ痛の経験はないのですが、同僚でひざ痛を抱えている同僚は多いです。そして、一日の終盤になると脚は重だるくなります。仕事を終えて帰宅したら、お風呂で毎日のようにふくらはぎマッサージをしてケアしないと、次の日に影響があります。

一方、私の勤める職場の近隣のクリニックは、来院患者数が一日平均20名前後です。クリニックに置いてある検査機器は少なく、「検査の必要がある」と判断されると他院へ紹介となります。私は以前、まだ今の職場に勤める前に予防接種を受けようと待ち時間の少ない、そのクリニックに行ったことがありました。

誰もいない院内で、医師の問診後「隣の部屋へどうぞ」と案内され、カーテンを開けて入ると、奥の休憩室のドアを開けたままで看護師2名が座っていました。一人は雑誌を見ていて、もう一人は爪を研いでいました。私を見かけた爪を研いでいたほうの看護師がゆっくりと出てきて、私の予防接種を行ってくれました。

患者さんが来ないため看護師の仕事は無く、大変暇そうでした。しかし、驚くべきことがありました。たまたま、そのクリニックの求人を見かけることがあったのですが、私の勤めるクリニックより看護師パートの時給が高いのです。

私はそこでさまざまなクリニックの求人を比較してみることにしました。すると、忙しいクリニックと忙しくないクリニックの看護師の時給はあまり変わらないことが判明しました。

もし、ひざ痛を抱えていて、あまり動き回る仕事は無理なようであれば、月給や時給がある程度確保された、忙しくないクリニックを探して勤めるのも一つの方法だといえます。

転職サイトを利用する場合は、担当コンサルタントに平均患者数を尋ねておくと安心です。また、以下のように患者数を掲載している求人もあるのでチェックしておきましょう。

有料老人ホーム・デイサービス

高齢者施設であれば、体重の重い利用者さんを抱え上げる仕事があるのではないかと考える人が多いです。ただ、有料老人ホームやデイサービスの場合、介護度に応じて入所できる施設が決まっているため、利用者さんの自立度の高い職場を選べば、そのような仕事はあまり存在せず、ひざへの負担が少なくて済みます。

また有料老人ホームやデイサービスでの看護師の主な役割は、利用者さんの健康管理です。具体的には、バイタル測定やケガの処置、入浴が可能かどうかの判断を行う、入浴後の薬塗布、救急時の対応などです。「移乗や入浴・排泄介助などの力仕事は介護スタッフが行う」と、きちんとした線引きを行っているところがあります。

介護度が比較的低い施設であれば、利用者さんとのコミュニケーションを中心とした仕事内容が多くなります。

ただし、介護系の看護師は、法律上介護の仕事を行ってもいいことになっています。そのため新人で入職した場合、先輩介護士に「仕事を手伝ってほしい」といわれると、断りづらい一面があります。

気になる求人があれば、事前に「介護と看護の線引きがきちんと行われている施設かどうか」を確認しておく必要があります。

以下に求人の一例を挙げます。転職サイトを利用する際は、さらに仕事内容を詳しく聞いておくと良いでしょう。

イベントナース

イベントナースは、催し物やお祭りなどのイベント中、医務室で待機して急病人やけが人が出たときに看護を行う仕事です。参加するイベントによって異なりますが、急病人が出なければ一日ほとんどが待機だけで終わることもあります。立ち仕事ではなく、待ち仕事です。

夏のイベントであれば、熱中症になる人が出てくることが多く、動き回ることが多くなります。一方、冬のイベントでは急病人が運ばれてくることはあまり無く、どちらかといえば楽になりますが冬のイベント自体が少なく求人もありません。

ただし、冬のイベントでも人と人がぶつかり合うような激しいお祭りなどのイベントやコンサートであれば、ある程度のけが人を想定する必要があります。

また救護室といっても、真夏だと炎天下に設営されたテントの中での待機ということがあり、自分自身の健康状態も注意が必要です。さらに、こちらは派遣看護師やアルバイトのことが多く、正社員での求人はほとんどありません。イベントナースの求人例は次の通りです。

ひざ痛でも仕事は無理ではない

このようにひざ痛を抱えていても、自分でケアをして、自己コントロールし、再発を予防することができれば、仕事は無理ではありません。看護職はまだまだ人手不足の業界ですので変形性質関節症といったひざ痛があっても、できる仕事はあるのです。

退職を考え、看護師を諦める前に再度、小さなことから構わないので行動に移してみてはいかがでしょうか。

もしかすると、ひざ痛を抱えたことで天職と巡り合える可能性があります。何も行動せず諦めていては何も始まりません。少しでも前へ進んでみることが大切です。


看護師転職での失敗を避け、理想の求人を探すには

求人を探すとき、看護師の多くが転職サイト(転職エージェント)を活用します。自分一人では頑張っても1~2社へのアプローチであり、さらに労働条件や年収の交渉までしなければいけません。

一方で専門のコンサルタントに頼めば、100社ほどの求人から最適の条件を選択できます。このとき、病院やクリニック、その他企業との年収・労働条件の交渉まですべて行ってくれます。

ただ、転職サイトによって「対応エリア(応募地域)」「取り扱う仕事内容」「非常勤(パート)まで対応しているか」など、それぞれ違いがあります。

これらを理解したうえで専門のコンサルタントを活用するようにしましょう。以下のページでは転職サイトの特徴を解説しているため、それぞれの転職サイトの違いを学ぶことで、転職での失敗を防ぐことができます。

注目の人気記事

・転職サイトを活用した看護師転職の体験談

看護師として活動するうえで、私自身も転職活動をしたことがあります。このときは転職サイト(転職エージェント)を利用したため、そのときの実体験や方法を踏まえ、失敗しない転職について紹介します。

管理人による転職体験記

・転職エージェントを活用し、看護師転職で成功する

看護師の転職で失敗しない方法として、必ず意識すべきことの一つに「転職サイト(転職エージェント)を活用する」ことがあります。年収交渉や勤務条件を含めすべて代行してくれるからです。そこで、具体的にどのように活用すればいいのかを確認していきます。

転職サイトの活用法

・看護師転職サイトのお勧めランキング

看護師の転職サイトはそれぞれ特徴があります。「対応地域が限定されている」「取り扱う仕事内容に特徴がある」「非常勤(パート)に対応していない」などサイトごとの特性を理解したうえで活用すれば、転職での失敗を防げます。

お勧め転職サイトランキング

新たな看護師の働き方

・美容クリニック・美容皮膚科への転職

夜勤なしで高年収を実現できる求人として、美容クリニック・美容皮膚科があります。死と隣り合わせの職場ではなく、患者さんを美しくする手伝いを行うのが美容クリニックです。

美容クリニックへ転職する

・派遣看護師で高時給・好待遇を狙う

一つの職場で働き続けるという形態ではなく、3ヵ月や半年など一定期間だけ勤務する派遣看護師という方法も存在します。高時給を実現でき、人間関係のもつれがなく、「派遣が終わった後は長期の旅行に行く」など自由な働き方を実現できます。

派遣看護師で働く

・単発・日払いの高時給求人を探すには

「今月は苦しいため、もう少し稼ぎたい」「好きなときだけ働きたい」など、こうしたときは高時給を実現できる単発・スポットバイトが適しています。健診やツアーナースなど、看護師ではさまざまな単発案件が存在します。

単発・スポットバイトで働く